5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

パパス「おう 俺!目がさめたようだな」俺「・・・あ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:43:05.40 ID:T1zFYvbo0
俺「!?・・・ここはどこだ? てめえだれだ!!」ガバッ

パパス「なに?父親の顔を忘れたのか?
    わっはっは!ねぼけているな。
  
    眠気ざましに外へでもいって 風にあたってきたらどうだ」

俺「・・・なんなんだこのおっさんは・・・?夢か?」

パパス「父さんはここにいるから 気をつけていってくるんだぞ」

俺「理解に苦しむ・・・夢ならいいが、リアリティが並じゃねえ。ここは慎重かつ冷静に判断するべきだ」

パパス「父さんはここにいるから 気をつけていってくるんだぞ」

俺「少し前に流行った、霊能力者による催眠か?しかしこの俺が催眠術ごときにかかるはずはない・・・」ブツブツ

パパス「父さんはここにいるから 気をつけていってくるんだぞ」


俺「やかましい!俺は今考え事をしている!!!」クワッ

パパス「それなら外へでもいって 風にあたってきたらどうだ。父さんはここにいるから 気をつけていってくるんだぞ」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:43:37.03 ID:xNRnq1Fa0
ほう

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:43:43.86 ID:qSj44F7i0
FF4かーなつかしい

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:44:51.60 ID:52Ui7H3nP
再放送してんなカスが

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:45:00.41 ID:T1zFYvbo0
俺「まともじゃねえ状況にまともじゃねえおっさん・・・ここにいたら気が狂いそうだ。外に出てみるとしよう」ヒョイッ


俺「!!?なんだこのボディは!ガキじゃねえか!!」

パパス「わっはっは!ねぼけているな。お前の年齢は―――」

俺「この体格、体つき、肉体をみる限り6歳ってところか。ずいぶん若返っちまったぜ(ヤレヤレ) 状況確認アーンド状況整理が優先だな。外に行ってみよう」

スタスタ ガチャッ


パパス「私の息子・・・あんなんだっけ?」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:45:03.49 ID:T2RNecVe0
この前の続き?

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:45:24.65 ID:Kdy1hoay0
パパさん……
いけねぇっ瞳が潤んできやがった

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:45:56.52 ID:XJpYZ5LT0
俺がうぜえ

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:46:37.53 ID:Q0/BrQhk0
僕は悪いスライムだよ

10 : 忍法帖【Lv=22,xxxPT】(1+0:15) :2014/02/07(金) 23:47:11.15 ID:Zwgjqe7y0
ぬわー

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:48:08.46 ID:T1zFYvbo0
<船外>

俺「・・・船の上だったのか」

俺「(俺が覚えている現実の最後の記憶は・・・そうだ、学校のくだらん授業を聞いているうちにウトウトして・・・)」

俺「ちっ、いつの間にか寝てしまったようだな。とすると今の俺はレム睡眠状態・・・
  ったく、夢の分際で驚かせやがって」


俺「だがまあ、くだらねえ現実世界に飽き飽きしてたとこだ。せめて目が覚めるまで付き合ってやるか」ニマァ




ガチャ

俺「状況はだいたい掴めた。せいぜい楽しませてく―――」

パパス「そうか 港に着いたか!

    村にもどるのは ほぼ2年ぶりだ・・・

    お前はまだ小さかったから 村のことをおぼえていまい。

    ではいくかっ!

    俺。忘れ物をしないように じゅんびするんだぞ」

俺「・・・・・・」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:48:57.27 ID:T1zFYvbo0
>>4 >>6
前はさるくらっちまったんだすまない



パパス「さてと そろそろ港におりるとするか

    おや!船長 どなたか船に乗り込まれるようだな」

船長「おお!ルドマンさま。お待たせいたしました!」

ルドマン「これは旅のお方。お先に失礼しますよ。

     ごくろうだったな 船長」

船長「お帰りなさいませ ルドマンさま!

   そのご様子では 今回の旅はすばらしいものだったようですな」

ルドマン「もちろんだよ船長。さあ わしの娘を紹介しよう!

     フローラや。こちらへあがっておいで。

     おや? フローラには この入り口は高すぎたかな?」

パパス「どれ 私が手をかしましょう」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:48:57.55 ID:PewmYOCt0
はやくどれいになれー!

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:49:01.29 ID:2TtBsxrO0
ドラッグストア

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:49:49.94 ID:uRyHSuuoP
リメイク版かよ

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:50:11.90 ID:SDZRIaKni
>>1は糞ハゲ

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:50:57.86 ID:T1zFYvbo0
フローラ「あ ありがとう・・・」

ルドマン「これは 旅のお方 ありがとうございました

     坊や。待たせて悪かったね。気を付けて行くんだよ」

俺「あんたもな。海をなめてると・・・死ぬぜ?」


 
フローラ「あなただあれ?え?お父さんといっしょに旅してるの?

     わたしもお父さまといっしょに来たのよ。

     海ってなんだか広くてこわいのね」

俺「静かにしろ。俺は騒がしい女は嫌いなんだ」

フローラ「」

ルドマン「」

パパス「ご、ごほん 息子は反抗期みたいで・・・
    わ、忘れものはないな?タンスのなかも調べたか?」

俺「俺に必要なのは己の肉体のみ。他は足手まといになるだけだ」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:53:12.29 ID:T1zFYvbo0
パパス「なに?調べていないのか?すぐに見て来なさい。父さんはここで待ってるから」

俺「必要ないな」

パパス「すぐに見て来なさい。父さんはここで待ってるから」

俺「いらねえよ」

パパス「すぐに見て来なさい。父さんはここで待ってるから」

俺「・・・」

パパス「すぐに見て来なさい。父さんはここで待ってるから」

パパス「すぐに見て来なさい。父さんはここで待ってるから」

パパス「すぐに見て来なさい。父さんはここで待ってるから」

俺「・・・悪かったよ」スタスタ


パパス「ちゃんととってきたようだな じゃあ船長!ずいぶん世話になった……身体に気を付けてな!」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:54:09.52 ID:PewmYOCt0
すぐに見てきなさい

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:54:14.54 ID:BcxrG2BXi
俺がやってた行動まんまだわwww

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:55:35.51 ID:T1zFYvbo0
<ビスタ港>

港の主(あるじ)「あっ あんたは パパスさん!?

         やっぱりパパスさんじゃないか!無事に帰ってきたんだね!」

パパス「わっはっは。

    やせても枯れてもこのパパス おいそれとは死ぬものかっ」

パパス「俺。父さんはこの人と話があるので そのへんで遊んでいなさい。

    とりあえずお前にこの地図をわたしておこう」

俺はふしぎな地図をうけとった!

俺はふしぎな地図を手に入れた!

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:58:22.19 ID:T1zFYvbo0
俺「・・・なんだこのあからさまな地図は」

パパス「父さんの昔の友だちが特別に作ってくれた大切な地図だ。

    なくさないように 大事に持っておくんだぞ。

    あまり遠くへ行かないようにな」

俺「見知らぬ土地でむやみに動き回るようなアホじゃねーよ。気分転換に散歩でもしてくるぜ」


港の主「・・・パパスさんの息子、しばらく見ないうちに変わっちまったな」

パパス「ううむ、やはり母親の存在は大きいのかもしれん・・・」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:59:39.92 ID:T1zFYvbo0
俺「港から一歩出たら草原か・・・とんでもなく田舎だな」

俺「見晴らしは良好・・・・危険はなさそうだ――――」

テテテテテテテテテーテ

スライムが あらわれた!

俺「なんだと?突然現れやがった!!この俺に気配を悟られずして忍び寄るとはいいセンスだ・・・
  それにしてもなんだこの生物は なんともメルヘンな夢を見るようになっちまったぜ(フゥ)」

スライムAの こうげき!
俺は ひらりと みをかわした!

俺「っと。いきなり攻撃たぁやってくれるじゃねーか。3対1か・・・まあいい、かかってこいよ」コキッ

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:00:56.67 ID:kWjYcAQ30
スライムBの こうげき!
ミス! 俺は ダメージを うけない!

スライムCの こうげき!
俺は 1 の ダメージを うけた!

俺「ふん、無脊椎動物じゃあこんなもんか。もっと強くなってから出直すんだな」

スライムたちは おどろき とまどっている!

俺「とっとと行けぃ!!俺は無駄な殺しはしたくないんだ!!!」クワッ

スライムたちは にげだした!
しかし まわりこまれて しまった!

パパス「俺!大丈夫か!!」

なんと パパスが たすけにきた!
パパスが せんとうに くわわった!

25 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2014/02/08(土) 00:02:08.55 ID:LMVutOPd0
懐かしい

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:02:51.47 ID:Nhc1QHnrP
前にも同じスレ立てたろ
子ねカスが

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:04:28.15 ID:mf6QTRCJ0
俺「なっ 余計な真似はするな。こいつらは俺の強さを理解したんだ!ほうっておけ」

パパスの こうげき!
スライムBに 47の ダメージ!!
スライムBを たおした!

パパスの こうげき!
スライムCに 50の ダメージ!!
スライムBを たおした!


俺「・・・てめえ・・・・・・・・」ビキビキ

パパス「大丈夫か?俺。
    まだまだおもてのひとり歩きはキケンだ。」

パパスの こうげき!
なんと 俺が スライムAを かばった!
俺は 1 ダメージを うけた!

パパスは こんらんした!

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:08:04.95 ID:T1zFYvbo0
俺の こうげき!
パパスに 102の ダメージ!
俺の こうげき!
パパスに 100の ダメージ!
俺の こうげき!
かいしんの いちげき!
パパスに 168の ダメージ!

パパス「ぬわっ!? 俺 いったい何をするんだ。父さんは お前を助けようと・・・」

俺「やかましい!!!!てめえのしたことはただの虐殺だ!!
  どうしても戦うってんならせめて正々堂々やりやがれ!連続攻撃なんかしやがって・・・ヘドがでるぜ」カァーペッ

パパス「(3回攻撃してきたのに・・・)す、すまん・・・お前がそんなに優しいとは 思わなかったぞ」

俺「優しさとかそんなんじゃねえよ。俺は快楽殺人者じゃねえ。むやみに命を奪うことになんの意味があるというのだ?
  奪わなければいけない命もある。だがどんな場合でも殺めるということの意味をしっかり考えるんだな

  でなければ殺すぞ」ギロッ

パパス「うっ うむ・・・」

俺「わかればいいんだ。村に行くんだろ?ぐずぐずするな」スタスタ

パパス「・・・こいつ、本当に6歳なのだろうか・・・・・」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:09:08.83 ID:o3kplEKai
>>27
ワロタwwwww

防御力高いなwwwwww

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:12:39.43 ID:mf6QTRCJ0
<サンタローズ>

番人「やや! パパスさんでは!?2年も村を出たまま いったい どこに……!?
   ともかく おかえりなさい!おっと こうしちゃいられない。みんなに 知らせなくっちゃ! 」


番人「おーい!パパスさんが 帰ってきたぞーっ!」

俺「ったく、この世界はずいぶん騒がしいな・・・って俺が見てる夢だったな」フゥ


サンチョ「だっ だんなさま! おかえりなさいませ!」

サンチョ「このサンチョ だんなさまのおもどりを どれほど待ちわびたことか……。
     さあ ともかく 中へ!」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:12:45.81 ID:lcaso6gW0
俺初見だから続けて

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:16:04.17 ID:mf6QTRCJ0
ビアンカ「おじさま おかえりなさい。」

パパス「???    この女の子は?」

おかみさん「あたしの娘だよ パパス!」

パパス「やあ! となり町に住むダンカンのおかみさんじゃないか!」

サンチョ「この村に ご主人の薬をとりにきたってゆうんで 寄ってもらったんですよ。」

俺「いうんで だろボケ」

サンチョ「」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:17:56.51 ID:IQHeNp/GO
俺うぜえな
つええし

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:20:58.36 ID:mf6QTRCJ0
ビアンカ「ねえ 大人の話って長くなるから 上にいかない?」

俺「そうだな、こいつらのくだらん話を聞くよりは有意義な時間を過ごせそうだ」スタスタ

ビアンカ「わたしは ビアンカ。わたしのこと おぼえてる?」

俺「ふぅん?ビアンカねえ・・・?」ジロジロ


俺「興味ないね」

ビアンカ「ほんとかしら……。」


ビアンカ「わたしは8才だから あなたより6つも おねえさんなのよ。
     ねっ!ご本を よんであげようか?ちょっと まっててね。」

俺「ったく・・・騒がしい女だぜ」

ビアンカ「じゃ よんであげるね!
     えーと……。そ…ら…に…。えーと……。く…せし……ありきしか……。

ビアンカ「これは だめだわ。だってむずかしい字が多すぎるんですもの!」

俺「空に高く存在せし城ありき。しかし、その城オーブを失い地に落ちる……。オーブを取りもどす時、その城ふたたび天空に帰らん……。だ」

ビアンカ「す、すごいわね・・・」

俺「・・・」ニマァ

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:25:12.07 ID:mf6QTRCJ0
おかみさん「ビアンカ そろそろ宿にもどりますよ!」

ビアンカ「はーい ママ!じゃあね 俺!」タッタッタッ

俺「(しかしあの本にあった内容  空を飛ぶ城・・・天空城ってとこか。そんなものが存在するのか?
  やれやれ、ずいぶんとメルヘンな夢を見るようになっちまったなぁ)」


俺「ふぁあ・・・夢の中だってのに眠くなってきやがった
  ま、俺は不眠症だからな」ヤレヤレ

俺「ちょうどベッドもあるし、今日のところは寝るとしよう

  ・・・このマクラで寝れるかな・・・・・・」

テーレーレーレーレッテッテー

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:26:14.82 ID:OJYdM5PW0


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:26:46.22 ID:1D34agZ5O
>>34
>わたしは8才だから あなたより6つも おねえさんなのよ。

俺は6才の設定なのにおかしくね?

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:27:47.32 ID:fga32ieQ0
>>37
ビアンカがアホの子なんだろ

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:29:51.55 ID:mf6QTRCJ0
俺「ん・・・・・ぁあーーー よく寝た。
  まだ夢の中みたいだな。とりあえず下におりるか」テクテク

サンチョ「俺坊っちゃん だんだんとお母上に似てきましたなあ。
     お母上のマーサさまはそれは それは おやさしいおかたで――――」

俺「まずはおはようございますだろうがボケ。どんな教育を受けてきたんだ?」

サンチョ「」

俺「たく。・・・お前はどうなんだ?あ?」ギロッ

パパス「お、おはよう俺 昨日は よく寝られたか?」

俺「Good morning.ああ、おかげで元気百倍よ」ムキッ

パパス「そ、そうか、それはよかった。
    さて……と。父さんは ちょっと出かけるが、いい子にしてるんだよ。」

俺「心配にはおよばねえ。見知らぬ土地で・・・あとは言わなくてもわかるな?」

パパス「・・・うむ。ではいってくる」


俺「俺も暇だしちょっくら村を見て回るか。 そういやビアンカは宿に泊まってるんだったか?
  ・・・・・行ってみるかな」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:34:07.21 ID:mf6QTRCJ0
<宿屋>

俺「うぃーす」ガチャ

ビアンカ「あ、俺! おはよう!!」

俺「Good morning everyone. 
  ん?お姉さん、浮かない顔してどうかしたのか?」


おかみさん「んまあ///お姉さんだねんて・・・///
      はっ! そ、それより 薬を とりにいってくれた人がまだ もどってこないのよ。
      本当は だれかにさがしに いってもらいたいけど、あんたの父さんのパパスもいそがしそうだしねえ……。」


おかみさん「だれか 洞くつの奥までようすを 見にいってくれる人はいないものかねえ……。」

俺「たく、一級フラグ建築士かっての(ヤレヤレ) 俺が行かずして誰が行くんだ?え?おい
  様子を見てきてやるよ」ガチャ


テクテク 

俺「ん? ここが洞窟か」

戦士「坊や この先は洞くつだ。迷子になっても おじさんは知らないぞ。」

俺「きえろ ぶっとばされんうちにな」スタスタ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:38:16.03 ID:lkj3lcri0
懐かしいw w w w w w

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:38:32.05 ID:ePOBkMjS0
はよ

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:39:11.74 ID:mf6QTRCJ0
すんません>>34のビアンカはアホの子でお願いします

<洞窟内>

俺「ふうん・・・?この感じ・・・・やつらが出るな」スタスタ


まもののむれが あらわれた!

俺「来たな 今回は昆虫か。どっちにしろたいしたことはなさそうだぜ」

セミモグラの こうげき!
ミス! 俺は ダメージを うけない!

とげぼうずの こうげき!
俺は 1の ダメージを うけた!

俺の こうげき!
俺は さついをこめて にらみつけた!

まもののむれは にげだした!

俺「くくく、それでいい。感じるんだ。野生の勘ってのは命を救うんだぜ?」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:42:36.93 ID:WyVZppdhi
C

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:43:56.61 ID:mf6QTRCJ0
俺「ここもたいしたMonsterはいないみたいだな やれやれ、期待外れだぜ
 
  ん?お前は無脊椎動物・・・」

スライム「いじめないで!ボク わるいスライムじゃ ないよ。」

俺「いじめること自体が問題なんだ。そこに善悪は関係ない。相手が何者であってもいじめは絶対にだめだ」

スライム「あ!キミは ぼくの仲間を助けてくれた人だね!
     そうだ!いいことを 教えてあげる。この世界は 夢でもなんでもないよ。現実だよ!」

俺「ああ。このリアリティ、夢ではないと薄々感づいてはいた。だがお前の言葉で確信に変わったよ。ありがとな」

スライム「りかいりょくが すさまじいんだね・・・ きをつけてね!!」

俺「・・・(ウィンク)」


俺「これが現実、か・・・。にわかには信じがたいが人生とは不思議なことが常につきまとうもの。その現実を受け入れるだけさ」

俺「それに・・・こっちの世界のほうが面白そうだからなァ」ニヤッ

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:45:58.40 ID:68STHh5q0
俺無双開始

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:47:33.51 ID:mf6QTRCJ0
支援保守ありがとう



俺「ん?あの岩につぶされているおっさんはまさか・・・
  おい!大丈夫か!?」

店主「ぐうぐう……。は! いかん いかん!動けないので いつのまにか ねむってしまったらしい!
   歩いていたら とつぜん上から大きな岩が落ちてきて……。
坊や わるいが この岩をちょっと 押してくれるか!もう少しで動かせそうなんだ。」

俺「のんきなおっさんだなぁおい。 オラ!」バコォ!!!


店主「岩が くだけちった・・・なんという パゥワーだ!!
   やれやれ たすかった!坊や ありがとう!これでダンカンのおかみさんに くすりをわたせるってもんだ!
   おっと こうしちゃいられない!もどって このくすりを調合しなくっちゃな!」
ザッザッザッザッ


俺「俺も戻るか」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:48:07.83 ID:IQHeNp/GO
ゲマ戦はよ

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:49:17.49 ID:68STHh5q0
永遠に許されないゲマ

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:51:29.51 ID:mf6QTRCJ0
戦士「ほう!この洞くつから 無事に帰ってくるとは!
   坊や なかなか 腕がたつようだな どれ、おじさんが けいこを つけてやろう!!」

俺「きえろ ぶっとばされんうちにな」

戦士「・・・」


俺「さて、薬を調合する時間を考えると・・・・明日の朝ってとこか。果報は寝て待てとはよく言ったもんだ。
  今日は寝るとしよう」

テーレーレーレーレッテッテー

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:53:34.88 ID:ePOBkMjS0
つーかこれストーリー全部やんの?

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:54:32.67 ID:0NBed26l0
幼女とのフラグをキチンと建てないとな

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:56:04.23 ID:mf6QTRCJ0
俺「ふぁぁ こっちの世界ではよく眠れるようだな・・・。ククッ 体の調子が最高だぜ」グッグッ


パパス「おきてきたか 俺!薬が手に入ったのでおかみさんと ビアンカは 今日帰ってしまうらしい。
    しかし 女ふたりではなにかと あぶない。ふたりを アルカパまでおくっていこうと思うのだが お前もついてくるか?」

俺「二人で来れたんだから帰ることだってできるだろ」

パパス「まあ そういわずに 一緒に いこうではないか!」

俺「甘やかすばかりでは成長できねえよ。世の厳しさってのは身をもって経験しねーとわからねえもんだ」

パパス「まあ そういわずに 一緒に いこうではないか!」


俺「チッ マニュアル人間が・・・。そんなんじゃ社会では通用しねーぜ?」

パパス「よし そうと決まったら さっそく出かけることにしよう!」

サンチョ「だんなさま どうか お気をつけて いってらっしゃいませ!」

俺「俺たちには気をつけての一言もねーのか?俺はいいとしても女性の体を気遣うぐらい当然だろボケが」

サンチョ「」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:58:25.64 ID:mf6QTRCJ0
<アルカパ>

パパス「魔物との戦闘もなく 無事に到着したな!
    さて、おかみさん ダンカンに 薬を!!」

おかみさん「ええ、これで主人もよくなると思うわ。」

パパス「俺。もし たいくつなら そのへんを散歩してきてもいいぞ」

俺「言われなくてもそのつもりだ」

パパス「う、うむ・・・」


ビアンカ「お散歩に いくの?わたしも つき合うわ。」

俺「ちっ ・・・どうせ断ってもついてくるんだろ? 勝手にしろ」プイッ

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:58:42.43 ID:TBpPfoaYO
この俺はゲマも裸足で逃げるレベル

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:59:48.29 ID:mf6QTRCJ0
ビアンカ「あら? あの子たち なにしてるのかしら? ねえ、なにしてるの?」

悪がきA「なんだよう!今こいつをいじめて遊んでるんだ!ジャマすんなよなっ!」

ネコ「ガルルルルー!」

悪がきB「かわったネコだろ!?変な声でなくから面白いぜっ ほら もっとなけ!」

ビアンカ「やめなさいよ!かわいそうでしょう。その子を―――」


シュンッ ボゴォッ!!!

悪がきA「!!? おげぇぇぇぇぇえええええええ!!!!」ゲロゲロゲロ

悪がきB「!? い、いっしゅんで 悪がきAとの まあいを つめやがった!!!」

ビアンカ「・・・!!?」

俺「クソどもが。弱者をいたぶって楽しむとは、哀れな人生だなオイ。
  死にたくなけりゃとっとと失せるんだな」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:02:29.30 ID:yV08rNKP0
プチタークと仲間になるすごろくはよ

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:05:11.69 ID:mf6QTRCJ0
悪がきB「ひ、ひぃぃ」ガクガク

俺「俺は同じことを二度も言わんぞ!!!!!!!死にたくなけりゃとっとと失せろ!!!!!!!」クワッ

悪がき「びゃあああああああーーーーーーー」スタコラサッサ

ビアンカ「あなた・・・強いわね・・・ おじさまより 強いんじゃない?」

俺「ったりめーだ。あんな片乳出したおっさんなんて、ワンパン余裕だぜ
  っとそれより、こいつどうする?」

ビアンカ「そうだわ! このネコさんに 名前をつけてあげなきゃ!なにか いい名前はある?」

俺「雷迅愚周徒ー武なんてどうだ?」ニマァ

ビアンカ「…………
     ね、ねえ…… ゲレゲレってどうかしら?」

俺「げっ ゲレゲレ・・・・・・!!」




俺「なんという秀逸な名前だ・・・ 一見単純な文字列だがその実 艶やかでもあり、かつ凶暴さも兼ね備えている・・・
  こいつにはピッタリだぜ ククッ 気に入った。お前は今日からゲレゲレだ」

ゲレゲレが 仲間に くわわった!

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:10:07.31 ID:mf6QTRCJ0
ビアンカ「ゲレゲレも助けたことだし 宿にもどりましょうか。
     ・・・なにか 大事なことを見落としてる 気がするけど・・・・・」

俺「悩んでばかりいるとシワになるぜ(ウィンク)」スタスタ



<宿>

パパス「待たせたな俺。ダンカンの病気はどうやらただのカゼらしい。

    さて そろそろサンタローズの村に帰ることにしよう!」

俺「もう帰るのか・・・俺としたことが少し口惜しいぜ」

おかみさん「パパスさん パパスさん このまま帰るなんてとんでもない!せめて今日だけでも泊まっていってくださいな!」

パパス「それではお言葉にあまえることにするかっ」

おかみさん「ああよかった。どうぞこちらへ  じゃあパパスさん どうぞごゆっくり」

パパス「さてと……。明日は早く出るぞ。村の皆が待っているからな。

    今日はもう 眠ることにしよう。おやすみ 俺」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:12:43.91 ID:lkj3lcri0
支援

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:15:30.11 ID:mf6QTRCJ0
ビアンカ「俺 おきて……。俺……。 」

俺「夜這いか・・・だが俺ぁてめえに興味はねえ。失せな」

ビアンカ「?   おきたわね 俺。じゃあ はやくいきましょう……」

俺「あぁん?どこへ?」

ビアンカ「どこへって?もちろん レヌール城へよ。なぜだかわからないけど お化け退治をしなくっちゃ いけない気がするの」

俺「お化け退治だぁ? 」

ビアンカ「レヌール城は この町から ずっと北にあるそうだわ。さあ いきましょう」

俺「・・・まぁそのお化けってやつなら 少しは俺を楽しませてくれそうだな(クックッ) オーケー、ついていってやる」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:20:48.53 ID:mf6QTRCJ0
パパス「ぐうぐう……。
    マーサ… わが妻マーサ… おまえの息子 俺は グレてしまったようだ。うーん…」

ビアンカ「・・・おじさま、うなされてるみたいね・・・かわいそうに」

俺「本当は起きてて嫌味言ってんじゃねえだろうな?」

ビアンカ「(将来、わたしの息子がこうなったら うなされる自信があるわ・・・) さ、いきましょう・・・」


<レヌール城>

ビアンカ「すごく 不気味ね・・・」

俺「ふぅん?西洋の城ってのも悪くねえな。 最上階にはひこにゃんとかいるのか?なーんてな(ニヤリ)」

ビアンカ「あなた、すっごくかわってるわね・・・ 入るわよ」

ガチャガチャ

ビアンカ「かぎがかかって いるわ。こまったわね。どこか ほかのところから中に 入れないかしら……」


俺「どけ」

バキッ!

俺「ほら、開いたぜ?」スタスタ

ビアンカ「・・・」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:25:52.06 ID:mf6QTRCJ0
ビアンカ「魔物もおばけも、ぜんぜん出ないわね・・・」

俺「・・・・ああ(女が一緒だからな、危険が迫らないよう殺気を出しているのさ)」ゴゴゴゴゴ・・・

スカルサーペント「ガクガクガクガク」
くびながイタチ「ガクガクガクガク」
おおねずみ「ガクガクガクガク」
バブルスライム「ガクガクガクガク」
ゴースト「ガクガクガクガク」
おばけキャンドル「ガクガクガクガク」


あたりから まものの けはいが きえさった!

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:28:50.39 ID:yV08rNKP0
おもしろい

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:30:56.74 ID:mf6QTRCJ0
俺「寝室か・・・ん? 誰だ!!!」クルッ

ソフィア「お願いです……。わたしたちの お墓をとりかえして下さい…。

ビアンカ「ゆ、ゆうれい・・・?」ビクビク

ソフィア「この小さな お城で…子供のいない わたしたちは たった2人きりで…

ソフィア「…でも 平和に暮らしていたのです。 どうか お願いです…わたしと エリックを――――」


俺「破ァ!!!!!」

ソフィア「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!」
シュ――・・・ン

ソフィアを ひかりのなかへ けしさった!

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:32:13.04 ID:1D34agZ5O
親分ゴースト「今すぐ出ていきます」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:36:03.93 ID:mf6QTRCJ0
俺「もう大丈夫だ。怖がることはない」(手を差し伸べる)

ビアンカ「あ、ありがとう・・・ でも あの幽霊 わるい人には 見えなかったけど・・・」

俺「や、やかましい!!先に進むぞ!!!」


エリック「い、いまの悲鳴は なんじゃ!!?ソフィアは!ソフィアはどこじゃ!?」

ビアンカ「逝ったわ・・・」

エリック「おお…ソフィアをけしさったのは そなたたちが 初めてじゃ……
     その強さを みこんで お願いじゃ! どうか――」

俺「おそらく何年か前から この城にゴーストたちが住みついてしまい、あんたとソフィアは 眠りにつくことも できなかった」
  そこで俺たちに ゴーストたちのボスを追いだしてくれと頼むつもりなんだろう?」

ビアンカ「・・・・」

エリック「・・・・」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:40:58.33 ID:mf6QTRCJ0
俺「そのボスってのは、ここいらで一番強いとみた。ようやく冒険っぽくなってきたぜ さっそく行くか」スタスタ

エリック「た、たのんだぞ」


俺「あ、それから ソフィアのことだが安心しな。ちゃんと成仏させてやったからよォ。親玉を追い出したら、あんたも安らかに眠らせてやるさ」

エリック「本当か!?それは よかった!」

ビアンカ「ほんとかしら・・・」

俺「いちいちうるせーぞ!!オラついてこい!!」

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:42:48.22 ID:IUzqU/Vr0
しぇ

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:43:24.96 ID:yV08rNKP0


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:43:58.99 ID:yV08rNKP0


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:44:32.54 ID:yV08rNKP0


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:44:51.91 ID:mf6QTRCJ0
支援保守ありがとう!




俺「最上階だな・・・」

ビアンカ「ええ・・・」

俺「・・・・・明らかに怪しいやつが玉座に座ってるな」

ビアンカ「ええ・・・話しかけてくるのを まってるみたいね・・・・・」


俺「HIPHOPなナリしてやがるぜ Hey!!」

ボス「ほほう……。ここまで来るとは たいしたガキどもだ。
   ほうびに お前たちを おいしい料理に してやろう……」

ガタンッ

ビアンカ「!! 落とし穴だわ!  落ち―――」



シュッ  ガシッ!!
俺「大丈夫か?」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:45:03.79 ID:yV08rNKP0


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:45:48.12 ID:yV08rNKP0
さるよけー

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:46:29.95 ID:yV08rNKP0
さるよけー

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:47:11.30 ID:yV08rNKP0
この俺ならミルドラースも謝るな

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:47:53.66 ID:mf6QTRCJ0
ビアンカ「え、ええ・・・ありがとう  ・・・・・とんでもなく スピーディな動きね・・・」

俺「穴が開き重力に支配される寸前で横に回避しただけだ。なあに、慣れりゃだれにでもできる」

ボス「な、なんと… がいこつどもは お前たちを 食べそこねたようだな……
   では このオレさまが 食ってやろう!」

デンッテテテテテテテテテテテテ…デーデンッドドンドンドドーンドドドドンドドーン テレンテテレンテテーテンッ!

おやぶんゴーストが あらわれた!


俺「おやぶんっていうぐらいだ。相当強いんだろうな?」

おやぶんゴースト「ひっひっひ あたりまえだ!オレさまは このあたりで最強の モンスターさ!」

俺「くっくっく そいつは楽しみだ。よし、一発無料(タダ)で殴らせてやる。 本気の一撃見せてみろよ」クイックイッ

おやぶんゴースト「つくづく かんに さわるヤローだ!!!」

おやぶんゴーストの こうげき!
つうこんの いちげき!
俺は 2の ダメージを うけた!




おやぶんゴースト「え?」

ビアンカ「え?」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:49:02.01 ID:yV08rNKP0
パパス「え?」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:51:59.69 ID:mf6QTRCJ0
俺「チッ そこらの雑魚と変わらねえ・・・期待して損した」

おやぶんゴースト「ば、ばかな!!これならどうだ!」

おやぶんゴーストは メラを となえた!

俺「!? なんだこれは!! 貴様《イフリート》との契約者だったのか!!」


俺は ひらりと みをかわした!

おやぶんゴースト「ひゃっひゃっひゃ さすがに 呪文は 避けるようだな!
         ならば これならどうだ!!グループ攻撃だー! うけざるを えんぞ!」

おやぶんゴーストは ギラを となえ―――

俺「ちょ待てよ(キムタク風) 次は俺たちの番だろ?なに連チャンで攻撃しようとしてんだ?あ?
  ルールも守れねえやつが・・・何を守れるっていうんだ!!!!!!てめえだけは許さん!!!」

ビアンカ「とつぜん 怒り出したわ・・・ ほんと かわってるわね・・・」

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:53:12.30 ID:urqGgIMx0
俺さんは何気にルールは破ってないな

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:55:26.25 ID:mf6QTRCJ0
俺の こうげき!
おやぶんゴーストに 110の ダメージ!!
俺の こうげき!
おやぶんゴーストに 105の ダメージ!!

おやぶんゴーストを やっつけた!



おやぶんゴースト「たっ……助けてくれー!王と王妃の 墓は もとの通りにするから!」

俺「あぁ?そんなもんで俺の気が収まると思うか?」ギロッ

ビアンカ「まぁまぁ・・・許してあげましょうよ」

俺「ちっ 甘いな、アマチュア野郎が・・・ 勝手にしろ」

おやぶんゴースト「へっへっへ。ありがたい。あんた りっぱな 大人になるぜ……。」シュウン

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:58:04.74 ID:mf6QTRCJ0
エリック「よくぞ やってくれた! 心から 礼をいうぞ。」

俺「破ァ!!!!!」

エリック「」ショワアアアアア・・・


俺「安らかに眠れ・・・。南無ダーマ」

ビアンカ「よかったわね。 これからは 2人 幸せに 眠りつづけるはずよ」


ピカーーーー



ビアンカ「あら? なにかしら? きれいな宝石ね。きっと お礼よ。 ねえ 持ってゆきましょう」


俺は ゴールドオーブを てにいれた!

俺「ったく、どんな最強の魔物がいるかと思えば とんだ期待はずれだったぜ」

ビアンカ「まぁいいじゃないの これから きっと もっと強い魔物が 現れるわよ」

俺「ククッ 楽しみだ・・・」

ビアンカ「じゃ、帰りましょ」

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:59:49.04 ID:mf6QTRCJ0
レヌール城の お化けを
俺が退治したというウワサは
その夜のうちに ひろまった……。

そして 夜が明けた……。

テーレーレーレーレッテッテー


おかみさん「子供ふたりだけで お化けを退治したとはねえ……。
      でも ビアンカ。夜中に出歩くなんて あぶないマネは これっきりだよ」

ダンカン「坊やは たいしたもんだ! その勇気はきっと 父親似だな」

俺「この片乳を出したおっさん似だと? へっ冗談じゃねーぜ」

ダンカン「・・・」

パパス「・・・ごほん
    さ、さて そろそろ いくとするかっ!?」

俺「そうだな」

パパス「ダンカン 世話に なったな!」

俺「あばよっ」

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:02:21.35 ID:IUzqU/Vr0
うぇい!

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:03:07.23 ID:mf6QTRCJ0
ビアンカ「俺!
     しばらく 会えないかも知れないから これを あげる……」

俺「あん?」

俺は ビアンカのリボンを
手に入れた!

ビアンカ「そうだわ! ゲレゲレちゃんに つけてあげるね」


ビアンカ「俺。 また いつか いっしょに 冒険しましょうね! ぜったいよ」

ビアンカ「元気でね 俺。」


俺「・・・・・・・・あばよ」(ウィンク)

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:08:21.82 ID:mf6QTRCJ0
パパス「ところで 俺……お化け退治のこと この父も 感心したぞ。
    といっても、今のお前なら 驚くこともない… しかし 一応 お前はまだ子供だ。あまり 無茶を するでないぞ」

俺「そんなことはどうでもいい。それより聞きたいことがある。答えてもらおう」

パパス「・・・・」


俺「レヌールの親玉が呪文とやらを使ってきた。炎の能力・・・イフリートとの契約だと俺は睨んでいる
  そこでだ、精霊との契約方法を教えてくれ。俺も呪文とやらを使いたいんだ」

パパス「呪文か? はっはっは 呪文は ほとんどのものが 使えるのだ! 精霊との契約など 必要ない。わっはっは」

俺「なにがおかしい!(クワッ) ならば俺にも使えるんだな? よし、さっそく教えてくれ」

パパス「うむ、それはいいが 呪文を覚えるには、経験が必要だ。お前には まだはやいと 思うがな」

パパス「だがまあ、物は試しと いうやつだ。 まずは回復呪文《ホイミ》を 試してみるがよい
    無理だとは おもうがな わっはっは」

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:13:17.28 ID:mf6QTRCJ0
俺「やってやる・・・・うぉおおおおおお!!ホイミ!!!!!!」

テレテレテレッ


俺は ベホマを となえた!
俺の キズが かんぜんに かいふくした!

パパス「あれ?」

俺「できた・・・が、唱えた呪文と違うものが発動したぞ?どうなってんだこりゃあ」

パパス「ば、ばかな・・・ベホマは ホイミの 上級呪文! お前、そんな呪文を覚えるほどに レベルアップ したのか!?
    しかし、私に100以上のダメージを与えたり 6歳とは思えない言動の数々・・・。相当レベルが高いのかも しれんな」

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:17:27.74 ID:yV08rNKP0
6さい

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:18:28.33 ID:mf6QTRCJ0
⇒つよさみる 
⇒俺

パパスのむすこ?
せいべつ:おとこ
レベル:1
HP: 20
MP: 0
ちから: 12
すばやさ: 255
みのまもり: 16
かしこさ: 1
うんのよさ: 999
さいだいHP: 20
さいだいMP: 0
こうげき力: 12
しゅび力: 16
Ex: 0


パパス「・・・・・・頭が悪いな・・・・
    い、いや 驚くべきは レベルが1だということ・・・!!
    そして 運のよさが 異常なまでに高い・・・・・いままでの行動 すべてが 運任せだと いうのか・・・?

    あれ?てかMP0やのに魔法唱えてるやん・・・もう運とかそういう次元ちゃうやん・・・・・
    しかも運の最大値255や・・・999て何?バグ? 意味わからん・・・もういや

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:20:00.81 ID:IUzqU/Vr0
へい

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:21:19.18 ID:yV08rNKP0
パパスが関西弁
クソワロタ

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:23:44.71 ID:mf6QTRCJ0
俺「なにをごちゃごちゃ言ってんだよ。それよりもっと他の呪文 教えてくれよ」

パパス「あ、いや・・・私はホイミとベホイミしか使えんのだ・・・・・ここから先は自分で なんとかしてみるんだな」

俺「しゃーねえな。 おやぶんゴーストが使ってきた呪文・・・確かメラとギラだっけな?それも試してみるか」

パパス「待て 修行は おあずけだ! まずは サンタローズに かえるぞ」

俺「そうだな・・・たまには素直に従ってやる」

パパス「(ほっ) では いくとしよう!」



めがさめると そこは みしらぬばしょ。 そして かたちちを だした おとこ。
そんな じょうきょうでも れいせいに はんだんし こうどうする 俺。
じょじょに このせかいにも なれ、あっとうてきな パゥワーを みせつけ みごと おばけたいじを なしとげた。
はたして 俺は ぶじ もとのせかいへ かえれるのか!? また、この せかいで いったい なにを するのか? ▼

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:25:03.61 ID:IUzqU/Vr0
かたちちを だした おとこwww

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:27:54.35 ID:mf6QTRCJ0
支援ありがとうございます
引き続き書いていくのでよろしくお願いします





パパス「おはよう 俺 よく ねむってたようだな。
    父さんは 調べることがあるので 今日は家にいるが お前も村の外に出たりしないようにな」

俺「おっはー。 村の外に出ても大して面白くないからな。新しい呪文でも習得しとくさ」

ザッザッザッザッ

サンチョ「おはよう 坊っちゃん。
     ところで 坊っちゃんは まな板を どこかにしまったりしませんよね。
     おかしいなあ。どこへ やったんだろ……」

俺「俺がまな板を隠しててめぇを困らせてるって言いたいのか?あん?
  てめーじゃあるまいし、そんな陰湿なことするかよボケ」

サンチョ「」


俺「じゃあな、俺は忙しいんだ。まな板ぐらい自分で見つけろ」スタスタ

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:28:28.59 ID:kspzTXGd0
続き始まったら教えろチンコ

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:32:36.60 ID:mf6QTRCJ0
俺「さて さっそくメラとギラを唱えてみよう。炎を奏でし者・・・か(ニマァ)
  いくぜ!メ――  んん?教会の横でこっちをみているあいつ・・・あのイケメン、どこかで見た面だな」

俺「へい なにジロジロ見てんだよ。喧嘩ならいつでもやってやるぜ?」シュッシュッ

?「ふん・・・この俺に向かって生意気な口を利きやがる。やはりまだまだガキだな。
  それに、俺の姿を見ても気づかねえとは。我ながら情けないぜ」ヤレヤレ

俺「あ?何言ってやがる・・・?俺はコケにされるのが大嫌いなんだよォ・・・ぶっ殺―――」

シュンッ

俺「!?消えた!!?後ろか!」クルッ

?「残念、上だ」






俺「知っている。オラァ!!!!」ブンッ

スカッ

?「残像だ」

俺「な、二重トラップだと・・・?てめぇタダもんじゃねーな。正体を明かせ!!!」

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:37:07.46 ID:mf6QTRCJ0
?「ったくよォ・・・いい加減気づけっての(フゥ) おい、俺の顔、よく見ろ」

俺「あぁん?・・・」ジロジロ


俺「!!? 思い出した!! その顔・・・・・・・・
  ここにくる前の 俺の顔!!!!!」

俺(青年)「Exactry. ようやくわかったかマヌケ」

俺「ああ、そういうことか・・・・」

俺(青年)「(ふっ さすがは俺。最初は取り乱したものの、一瞬で頭の中を整理したようだな)
      もう説明はいらねえな?」

俺「ああ。お前は未来から来た俺ってわけだろ? そしてわざわざ未来からきたってことは
  この先なんらかの重大なトラブルが待ち受けている・・・。それを回避するためってとこか」

俺(青年)「ああ。ある程度の問題なら 俺のことだ、簡単に切り抜けられるだろう
      だがどうしても・・・過去を変えてでも回避しなきゃいけねえことができちまってな」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:40:27.38 ID:ZaX2FDpd0
そういえばパパスのホイミはベホマ級の回復力だったよな

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:41:51.65 ID:mf6QTRCJ0
俺「レヌールで手に入れた、この光る玉が関係してそうだなァ」

俺(青年)「さすがは俺、よくわかってるじゃねーの(ククッ) 詳しいことはいえねーが、その玉ちょっと貸せ」

俺「ほらよっ」ポイ

俺は ゴールドオーブを 手わたした。

俺(青年)「助かったぜ。ほらよ」ポイ

俺は ゴールドオーブを 返してもらった。

俺(青年)「さて、目的は達成したことだし 俺は帰るぜ。
      てめえに一つ、いいことを教えてやる。これから先、冒険を続けて損はねーぜ?少なくとも、退屈はしない」

俺「ほんとかよ? 今んとこ、あっちの現実世界よりはマシって程度だぜ」

俺(青年)「俺が言うんだから 間違いねえよ」ニマァ

俺「くくっ そりゃそうだ」ニマァ

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:46:44.21 ID:mf6QTRCJ0
俺(青年)「じゃ、そろそろ行くわ。
      ・・・・・パパスを 大切にしてやれよ」シュンッ

俺「あぁ?なんだそりゃ?
  いっちまった」


俺「だが、これから先の冒険・・・続けて損はない、か・・・・・
  ふっ 面白くなりそうだぜェ」

俺「未来の俺が来たことによって この村になにか変化はないか調べてみる必要があるな
  よし、聞き込み開始(すたーと)だ」




呪文の修行を すっかり忘れている かしこさ1の 俺であった・・・・

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:49:36.57 ID:V0m/RaxC0
支援

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:51:03.27 ID:mf6QTRCJ0
シスター「教会の前にいた ステキな人が 洞くつの方へ 行くのを 見かけたけど 大丈夫かしら?
     坊やは あぶない所へ 行っちゃ ダメよ」


武器屋「さいきん 村に おかしなことが おこるんだ。
    先日 村にやってきた あの変なヤローのせいじゃ ねえのかなあ……」

武器屋の奥さん「あらあら タンスのなかに入れたと思った おさいほう箱が イスの上に。
        おかしなことが あるものねえ」

婦人「ありゃ? おなべのなかが いつのまにか からっぽだわ。
   おじいちゃんも おなかが すいたなら そう いえばいいのに……」

老人「わしゃ 食べとらんぞ!わしのことを子供あつかいして こまったヤツじゃわい」


宿屋「ありゃりゃ 宿帳に おかしな いたずら書きが してあるぞ。
   坊やじゃないだろうね?」

老人「わしゃ 食べとらんぞ!わしのことを子供あつかいして こまったヤツじゃわい」

老人「わしゃ 食べとらんぞ!わしのことを子供あつかいして こまったヤツじゃわい」

老人「わしゃ 食べとらんぞ!わしのことを子供あつかいして こまったヤツじゃわい」

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:52:06.60 ID:mf6QTRCJ0
俺「ふむ・・・・・・ サンチョのヤロウやジジイの話だけ聞くと、ただのボケかと思ってしまいそうだが
  こうも不思議なことが起こっているとなると・・・これぁなにかあるな」

俺「物がいつの間にか移動していたり、なくなっていたりする・・・
  これは村人に見えない《何か》の仕業と見て間違いないだろう。これといって害はなさそうだが、その何か を突き止める必要があるな」


俺「Mission accepted.
  そういやまだ、酒場に行ってなかったな。行ってみるか」


カランカラン

俺「へいマスター 最近どぉ?」

マスター「おや? コップが ないぞ……。 うん? こんな所にあったか。
     どうも 最近 こういうことが多いなあ……」

俺「ここもか・・・ ったく、肝心の犯人はどこにもいねえってのに――
  !!!なんだてめぇ〜〜〜〜〜〜ッッ!?いつからそこにいやがった!!」ガタッ

エルフ「まあっ!あなたには 私が見えるの!?」

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:53:44.85 ID:ES06QVAh0
何でサンチョに厳しいんだよwww

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:54:18.59 ID:V0m/RaxC0
>>105
サンチョだから仕方ない

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:56:04.67 ID:mf6QTRCJ0
スター「ど、どうした とつぜん 大声を出して!」


エルフ「よかった! やっと私に きがついてくれる 人を見つけたわ!
    私が 何者か――」

俺「破ぁ!!!!!!!!!!!!!!」

エルフ「!?ぎゃあああああ!!!!!!!!!!」

シュウウウ・・・・

エルフ「げふっ  こ この村に は 地下…室のあ…る家が あったわ……ね
    そ その地下室 に… いってて! 私も すぐに 逝く…か  ら……」……シュウウン

俺「悪霊退散・・・」ナムナム

マスター「いったい どうしたって いうんだ?」

俺「この村で起こっていた怪奇現象 ありゃ全て悪霊の仕業だ
  だが安心しろ、その悪霊は この俺がたった今消し去った。もうこの村でおかしなことは起きないだろうよ」

マスター「おお! あんた やっぱり パパスさんの息子だな!!」

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:57:29.79 ID:6CgIAMwk0
ワロタ

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:57:30.69 ID:mf6QTRCJ0
ゲレゲレ「クゥン・・・」

俺「ん?どうしたゲレゲレ。何か不満か?」 

ゲレゲレ「・・・・・クゥン」

俺「まいったな、俺ぁ動物の言葉なんざわからねえ
  しかしあの悪霊の件が関係しているように感じ取れた・・・

  地下室か・・・俺の家にあったはず。 行ってみるか」



俺「ただいま」ガチャ

サンチョ「なんと まな板が タンスのなかから 見つかったんですよ。
     どこかに イタズラ者が いるんですかねえ……」

俺「Fuck off.」

サンチョ「」

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:58:17.05 ID:g5o4DjID0
この前放置したやつか
再チャレンジとな

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:58:56.20 ID:mf6QTRCJ0
<地下室>

俺「来たはいいが、何もねえな。 ガセネタ掴まされたか?」ペッ

ヴゥー・・・・・・ン

俺「!! 上から光の階段・・・? なるほど、来いってか?
  おもしれえ 行ってやるよ」スタスタ



俺「ここは・・・異世界か とすると、酒場にいたあいつは 悪霊じゃなかったってことか?
  お前はそれを伝えたかったのか ゲレゲレ」

ゲレゲレ「ゥン・・・」

ベラ「よくもまぁ、来てくれやがったわねっ。 さあ ポワンさまに会って!」

俺「言葉に敵意が含まれてやがる・・・ やれやれ、根に持つタイプなんだな」

ベラ「殺されかけたのよ? 当然でしょ。 まっ 私は不死身で最強だけど
   さ、はやくきて!こっちよ」

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:59:45.99 ID:ES06QVAh0
外車で帰るぜ!

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 03:01:57.73 ID:mf6QTRCJ0
>>110
ばいさる食らって回復まってたら落ちてしもうた
ちゃんと完結させるつもりだから良かったら見ていってくれ




ベラ「ポワンさま おおせのとおり 人間族の戦士を 連れてまいりました」

ポワン「まあ なんて かわいい 戦士さまですこと」

ベラ「め めっそうもありません。
   こう見えましても 彼は 下界での私を瞬殺したのです! 
   下界では本来の力を出せないとはいえ、私を倒した彼の実力は本物です」

ポワン「いいわけは いいのですよ ベラ。すべては 見ておりました。
    あなたの実力は その程度と いうことです」

ベラ「ぐぬぬ・・・・・・・」

ポワン「俺と いいましたね。 私たちの姿が見えるのは あなたに不思議な力が あるためかも知れません。
    俺 あなたに たのみが あるのですが 引き受けてもらえますか?」

俺「ふぅん? ま、聞くだけ聞いてやろうじゃねーの」

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 03:03:53.46 ID:EXyF7ra2O
面白い


C

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 03:17:02.02 ID:IUzqU/Vr0
そろそろ前の所か

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 03:24:18.80 ID:g5o4DjID0
おう頑張れ

って言おうと思ったけど前回とほぼ同じところでサルさんかな

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 03:46:16.87 ID:KOjeQ7iG0
ふむ

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 03:53:25.12 ID:OJYdM5PW0


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:00:03.04 ID:mf6QTRCJ0
保守大変感謝です
お察しの通り、さる食らってた・・・
少しペース落として投下する。本当に申し訳ない

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:06:00.73 ID:Z2KUlWqI0
落としたくなけりゃSS速報いきゃいいのに 猿もないし
SS作者ってバカだな本当

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:06:12.49 ID:mf6QTRCJ0
ポワン「じつは 私たちの宝 はるかぜの フルートを ある者に うばわれて しまったのです。
    このフルートが なければ 世界に 春をつげることが できません。
    俺 はるかぜのフルートを とりもどしてくれませんか?」

俺「断る」クルッ スタスタ

ポワン「そうですか。 ざんねんですが しかたありませんわね……」


ベラ「どうして ことわったの? みそこなったわ!」

俺「てめえに見損なわれたところで どうってことねえよ。
  そもそも盗まれたのは てめえらの責任だ。俺は便利屋じゃねえ。盗まれるのが嫌なら 名前でも書いて肌身離さず持ってることだ


  第一、てめーは不死身で最強の妖精なんだろ?だったら自分で行って取り戻してこいよ」

ベラ「ぐぬぬ・・・」

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:12:15.33 ID:mf6QTRCJ0
俺「じゃあな。頑張れよ不死身の妖精さん」テクテク

ベラ「あ、ちょ、ちょっと待っ――」


ゲレゲレ「Wait.待ちなよ俺。力を貸してやってもいいんじゃないか?メリットとデメリットの比率を計算すれば、悪い話じゃないと思うが
     今回のデメリットってのは“めんどくさい”ってことだけだろう?でもここで妖精の親玉に借りを作っておけば・・・
     俺には必要のないことかもしれないが、万が一困ったときには助けてもらえるかもしれない。それにフルートを盗んだってやつ
     結構なやり手かもしれないぜ?強いやつならここで見逃しちゃもったいないと思わないか? まぁ最終的な判断は任せるがね」

ベラ「・・・・・・え?」

ベラ「しゃべったああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」


俺「スライムとかいう無脊椎動物だって喋るんだ。こいつが喋ったところでなんら不思議じゃあない
  それより・・・お前の言うことはもっともだな 恩を売るつもりはないが、強いやつがいる可能性ってのは拭い去れねぇ
  可能性があるならそれに向かって突き進むまでだ」

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:19:33.47 ID:mf6QTRCJ0
ゲレゲレ「さすが俺(ヒュウ) そうと決まればさっそく出発だ。Let`s go.」

俺「くくく 血の気の多いヤロウだ。 だが気に入った。俺に気に入られるなんて ついてるぜ?」ニマァ

ベラ「またしゃべったああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」

ゲレゲレ「おい うるせーぞ」


俺「むんッ!!」ドスッ!!

ベラ「!??  オロロロロロロロロロロ」ビチャビチャ

俺「悪いが眠っててもらうぜ。安心しな、フルートは俺が取り返してやる
  だがてめえがついてきても 邪魔になるだけだ。そこでゆっくりしていてくれ。 いくぞゲレゲレ」スタスタ

ゲレゲレ「オーケー  じゃあなお嬢さん、悪く思わないでくれよ?あいつ、騒がしい女が嫌いなんだ。COOLだからよォ
     ま、あんたを気絶させて置いていくのは、あいつなりの優しさなのかもしれないな・・・ 女を危険な目に合わせたくないってことさ
     俺たちについてきたら、苦しみを味わうことになる・・・・・ そう考えての行動だと思うぜ?その想いに甘えて、のんびり待ってな」タッタッタッ


ベラ「ぐぅぁああ・・・・・!!!!!は、はらがぁああ!!!!!!ごふっ・・・・おげぇえええ!!!」ゴロゴロ

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:20:39.45 ID:EXyF7ra2O
C

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:21:45.30 ID:KOjeQ7iG0
饒舌わんこ

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:23:13.59 ID:RKaOkwnO0
明らか気絶してねぇwwwwww

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:25:16.97 ID:mf6QTRCJ0
俺「さて、フィールドに出たはいいが・・・どこを探せばいいのやら」

ゲレゲレ「そんなことだろうと思って、妖精の村で情報収集をしておいたぜ」

俺「ほぅ?やるじゃねえか」

ゲレゲレ「俺はあんたの相棒だからよォ、あんたが常に滞りなく進めるように手はずを整える役なのさ
     西にある洞くつへ行き、ドワーフから《鍵の技法》ってやつを授かるそうだ
     ・・・・フルートを盗んだやつは北に住んでるらしいが、どうも家に鍵をかけてひきこもっているらしい」

俺「ケッ 親のすねかじりか・・・ すねをかじれる親がいるってのは幸せなことなんだ。親のすねじゃなく、親がいるという幸せを噛み締めやがれ!!!
  ・・・・・・俺にゃ親がいねえからな・・・・(目を細め遠くを見つめる)」

ゲレゲレ「俺もさ・・・。だが孤独じゃない 支えあえる仲間・・・・信じあえる友がいれば そんな悲しみも乗り越えられる
     そう教えてくれたのは あんただぜ?」

俺「くくっ ちげぇねえ。何かを失えば その代わりとなる大切なものが手に入る   だからどんなことがあっても、決して諦めるな
  どうしてもつらいときは 俺のことを思い出せ。俺はどんなにつらくても こうして強く生きている!!!



俺 は お 前 の 仲 間 だ ! ! ! !」  ド   ン  !  !

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:27:47.51 ID:ePOBkMjS0
(Exactryって…)

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:30:13.69 ID:mf6QTRCJ0
俺「っと、ガラにもねーこと言っちまったぜ(ヤレヤレ) 先、進もうか」

ゲレゲレ「ぐすっ 泣かせるじゃね゛ぇ゛か・・・ チーン
     西の洞くつに向かうんだな?」

俺「いや、北に向かう」

ゲレゲレ「!?しかし 鍵の技法は・・・」

俺「おいおい、俺を誰だと思ってんだァ?
  俺だぜ?」

ゲレゲレ「へへっ そうだった」ニマァ


ゲレゲレ「なら いこうぜ!!!!」

俺「ああ・・・!」



俺・ゲレゲレ「俺たちの冒険は これからだ!!!」



俺たちの ぼうけんは まだまだ つづく・・・・▼

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:32:12.25 ID:RFAs6Jql0
はい

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:36:16.33 ID:mf6QTRCJ0
<雪の館>

ゲレゲレ「お、ここか」

俺「ふぅん・・・・? 氷を奏でし者が住まう魅惑の館 ってとこか」

ゲレゲレ「魅惑の館 ってのはすごくいい表現だ。ここの主(あるじ)は 雪の女王ってやつらしい
     きっと絶世の美女だぜ?」

俺「・・・・・興味ないね」スタスタ

ゲレゲレ「ふっ 相変わらずだな   しかしでかい門だな こりゃ一筋縄では・・・・・」


ドッゴオン!!

俺「開いたぜ」ギイィ・・・

ゲレゲレ「いくみてぇだな、俺にかかれば」ニヤリ

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:36:57.38 ID:IQHeNp/GO
俺くんただの中二病の学生じゃないのか

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:37:27.28 ID:MqdwDYLP0
ナッパのやつは面白かった
朝まで残しといてくれよ

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:41:37.03 ID:mf6QTRCJ0
ゲレゲレ「中も一面氷だ――  うぉ!?なんだこの床」ツツー

俺「床も凍ってやがる・・・ うかつに進むと滑るわけだな」

ゲレゲレ「っとと 油断して滑っちまった  さて、俺は爪があるからどうにかなるが、あんたはどうする?」

俺「なぁに、簡単なことさ・・・    ぜぃ!!!」バキッ

ゲレゲレ「!!! 床を おもいっきり 踏みつけた?!」

俺「こうやって足を固定しながら進めば 滑らずに進めるってモンよ   ぜぃ!!」バキッ バキッ

ゲレゲレ「なるほど あったまいー!!(賢さは1だけどな)
     じゃ 行こうか」

俺「ああ  ぜぃ!!」バキッ

俺「ぜぃ!!」バキッ

俺「むんっ!」バキッ

俺「でぁ!!」バキッ


ゲレゲレ「(ちょっとうっとうしいな)」

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:42:11.80 ID:RKaOkwnO0
間を置くからぼうけんのしょの出番かと思ったら普通に続くのか

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:47:16.95 ID:mf6QTRCJ0
俺「っぜぃあ!!」バキッ

俺「・・・ん?あそこにガキがいるぞ」

ゲレゲレ「あいつが雪の女王か? どうみてもただのジャリだぜ」

俺「まあ待て。迷子の子猫ちゃんかもしれねーぜ?
  おいガキ。ここで何をしている」

ザイル「なんだ お前は!? そうか! ポワンにたのまれて フルートを とりもどしに きたんだなっ!」

ゲレゲレ「That's right.」

ザイル「ポワンは じいちゃんを 村から追いだした憎いヤツだ!
    フルートが欲しければ 力づくで うばってみろっ!」

ゲレゲレ「おい 聞いたか?」ニヤニヤ

俺「ああ 力づくで だとよ?」ニヨニヨ

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:48:06.99 ID:nbDifrh70
ほるもーーーーーーーーーーーー!!

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:52:27.13 ID:mf6QTRCJ0
俺「おもしれえ・・・かかってこいよ」クイックイッ

デンッテテテテテテテテテテテテ…デーデンッドドンドンドドーンドドドドンドドーン テレンテテレンテテーテンッ!

ザイルが あらわれた!

ザイルの こうげき!

ミス! 俺は ダメージを うけない!

ザイル「え?」

俺「ふぁあ・・・なんだそりゃ?攻撃なのか?ったく、あくびがでるぜ」

ザイル「く、くそう! 防御力だけは なかなかのようだな!」

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:55:19.71 ID:OJYdM5PW0


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:57:04.07 ID:mf6QTRCJ0
俺「すげぇのは防御力だけじゃ ねえぜ?」シュンッ

ザイル「!!? きっ 消えた!」

俺「」シュババババババッ

ザイル「うわあ!!! ど、どうなってんだ!?消えたり 現れたり しながら 俺の周りを 回っているぞ!!?」

ゲレゲレ「(目にも見えない速度で移動し、その中の動きに緩急をつけ 見える状態と見えない状態を作っている・・・
      そしてそのまま敵の周りを回ることで、圧倒的な威圧感を与え戦意を喪失させる。 こいつ、やはり天才だな・・・・・)」


俺「ほらほら どうした?かかってきなさい」シュババババ グルグルグルグル

ザイル「ひぃいいいい!!!!やめて!!!!やめてください!!!!!
    消えたり 現れたりしながら 俺の周りを回って しかも徐々に間合いを詰めてこないでぇーー!!!」ガクガク

俺「ふん 雑魚が」シュバババ… ピタッ


ザイルを やっつけた!

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:57:09.96 ID:SY994npq0
ほほほほーん

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 05:01:57.30 ID:mf6QTRCJ0
俺「すげぇのは防御力だけじゃ ねえぜ?」シュンッ

ザイル「!!? きっ 消えた!」

俺「」シュババババババッ

ザイル「うわあ!!! ど、どうなってんだ!?消えたり 現れたり しながら 俺の周りを 回っているぞ!!?」

ゲレゲレ「(目にも見えない速度で移動し、その中の動きに緩急をつけ 見える状態と見えない状態を作っている・・・
      そしてそのまま敵の周りを回ることで、圧倒的な威圧感を与え戦意を喪失させる。 こいつ、やはり天才だな・・・・・)」


俺「ほらほら どうした?かかってきなさい」シュババババ グルグルグルグル

ザイル「ひぃいいいい!!!!やめて!!!!やめてください!!!!!
    消えたり 現れたりしながら 俺の周りを回って しかも徐々に間合いを詰めてこないでぇーー!!!」ガクガク

俺「ふん 雑魚が」シュバババ… ピタッ


ザイルを やっつけた!

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 05:05:43.60 ID:mf6QTRCJ0
ザイル「くそー! お前は なかなか怖いな……。
    え? じいちゃんを 村から追いだしたのは ポワンさまじゃないって?
    けど 雪の女王さまが……」

俺「なんだこいつ・・・一人で話を進めてやがる・・・・・」

ゲレゲレ「恐怖で頭がイカレちまったんだろうよ」



ボワンッ
俺「!?誰だ!!」

女王「ククククク……。 やはり 子供をたぶらかせて という 私の考えは 甘いみたいでしたね」

ザイル「雪の女王さま・・・?」

ゲレゲレ「女王キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!」

俺「!?」

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 05:08:25.01 ID:J1P3YY6LP
ハマーさんみたいなことしてるな

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 05:11:25.46 ID:mf6QTRCJ0
女王「こんどは 私が相手です。 さあ いらっしゃい!」

ゲレゲレ「うほほwwwwwwいきますともイキますとも!!!!!!その豊満な胸に飛びこんでもいいッスか!!?」

なんと 女王は 怪物に姿を変えた!



ゲレゲレ「・・・・・・・・・・・・・・・・」

俺「これがやつの 本当の姿ってわけか・・・」



ゲレゲレ「ぶっ殺す!!!!!!!」

ゆきのじょおうが あらわれた!

ゆきのじょおうの こうげき!
俺は 2の ダメージを うけた!

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 05:16:54.06 ID:mf6QTRCJ0
ゆきのじょおう「ぐうぬ・・・堅いやつめ・・・・・
        ならばそっちの犬っころに 攻撃だ!!」

ゲレゲレ「ふん なめられたもんだな・・・ いいだろう、今回は俺が相手してやる。俺の出る幕じゃない
     俺、手出すんじゃないぞ?」

俺「いいだろう・・・。そういやお前の実力 まだ見たことがなかったな」(腕組み)

ゆきのじょおう「(くっ こいつもなかなかのやり手か・・・)だがそこのガキよりは弱いとみた!! 徐々にでも 弱らせてやる!」

ゲレゲレ「ふわぁ・・・ ごたくはいいからかかってこいYO」


ゆきのじょおうの こうげき!

ゲレゲレは 125の ダメージを うけた!

ゲレゲレは しんでしまった!



ゆきのじょおう「え? ちょ・・・あれ」

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 05:20:07.78 ID:7R+s+WML0
おいw

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 05:21:16.94 ID:mf6QTRCJ0
ゆきのじょおう「・・・・・」チラッ


俺「・・・・・」(腕組み)

ゆきのじょおう「(え?このガキなんで余裕こいてんの?仲間死んだんだよ?え?てか死んだよね?死んでないパターン?そういうことかぁ・・・!!)
        あっあやうく だまされるところだった! これは 演出か! だから きさまは 余裕があるのだな!!」


俺「・・・・・


  ・・・・・・よくも  ゲレゲレを・・・・・・」

ゆきのじょおう「(うわ まじで死んだん? 粋がってたわりによえぇ・・・わたし攻撃力50なのに120以上ダメージ食らってたやん)」

俺「ゆるさん・・・・・・・・・ゆるさんぞ 」ゴゴゴゴゴ

ゆきのじょおう「え?なんかわからんけどヤバイ!!!!防御せな防御!!」

ゆきのじょおうは みをまもっている。

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 05:26:08.35 ID:mf6QTRCJ0
俺「この・・・女豹(豹と氷をかけている)が・・・・・一滴の水分も 残さんぞぉおおおおおあああああ!!!!!!」


俺「くらいやがれえええ!!

   ギ ラ ! ! ! ! ! ! 」

テレテレテレッ

俺は メラゾーマを となえた!


ゴォオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!

ゆきのじょおう「!!?  ばかなぁああああああああああああ――――……」

ジョアッ




俺「ふん・・・一瞬で 蒸発しやがった やはりギラも炎属性だったようだな」



ゆきのじょおうを やっつけた!

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 05:33:51.74 ID:mf6QTRCJ0
俺「それより・・・ゲレゲレ・・・・・・」

ゲレゲレ「」(白目)

俺「・・・・・ほんとに死んでんのかァ・・・?」

⇒つよさみる
⇒ゲレゲレ †

ベビーパンサー
せいべつ:おとこ
レベル:2
HP: 44
MP: 0
ちから: 24
すばやさ: 18
みのまもり: 9
かしこさ: 1
うんのよさ: 1
さいだいHP: 44
さいだいMP: 0
こうげき力: 24
しゅび力: 9
Ex: 44


俺「こりゃあ    死んでるな
  ・・・・・・とりあえず たまたま携帯していた棺があるから これに入れよう」

ギイィー・・・ バタン

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 05:38:00.15 ID:mf6QTRCJ0
俺「・・・ゲレゲレ・・・・・」

ザイル「なんだ 雪の女王さまって 悪い怪物だったんだっ!オレ だまされてた みたいだなあ。
    うわー まずい! じいちゃんに しかられるぞ! かえらなくっちゃっ!
    あ、そうだ お前には いいことおしえてやる。しんだ仲間は 教会につれてくと 生き返らせて もらえるぜ!
    それから そこの宝箱に フルートはいれておいたよ   じゃあな!!」タッタッタッ

俺「なんだと・・・?! 神は、命をも弄ぶというのか・・・・・」ワナワナ




俺「とりあえずフルートを回収するか」

俺は たからばこを あけた!
なんと!
はるかぜのフルートを 見つけた!

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 05:43:43.35 ID:mf6QTRCJ0
<妖精の村>


ポワン「まあ! これは まさしく はるかぜのフルート!
    俺や よくやってくれました。 これで やっと 世界に 春をつげることが できますわ」
    なんて お礼をいって いいのやら……」

俺「・・・だが大いなる犠牲を払ってしまった・・・・・」

ベラ「(あのイヌっころ、死んだのね  ざまぁないわ)」

ポワン「そうだわ 約束しましょう。あなたが 大人になり もし なにか困ったとき 再び この国を訪ねなさい。
    きっと ちからに なりましょう。 いいですか? よく 覚えておくのですよ。」

俺「・・・・ああ なんだっていいさ」

ベラ「(二度と 来て欲しくないわね)」

ポワン「さあ そろそろ お別れの時です」

ベラ「俺 あなたの(した)ことは 忘れないわ。元気でね」

ベラ「(腹を殴られてから三日三晩苦しみ続けたもの・・・この苦しみは 絶対に忘れない・・・ 忘れては ならない)」

153 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2014/02/08(土) 06:00:17.81 ID:cLoIeEsC0
読んでます!頑張って完走してください
めっちゃオモロイぞ

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 06:09:11.12 ID:QlJiTn/UO
さるよけ

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 06:25:09.88 ID:/R4VvtsR0
何故本編でベラを嫁候補にできなかったのか

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 06:36:07.30 ID:mf6QTRCJ0
ポワンは はるかぜのフルートを
くちびるに あてた……。

ショワアアアアアアア・・・・・・・


俺「・・・・・・戻ってきたのか。この地下室に」

サンチョ「や! 坊っちゃん! いままで どこにっ!?だんなさまに ラインハットの城から使いが 来て 出かけることに なったんです!
     ぼっちゃんも 連れて いくつもりで ずいぶん さがしたんですが……。
     見つからなくて だんなさまは たった今 お出かけに なりましたっ。
     すぐに追いかければ まだ間に合うかも知れません。 さあ 坊っちゃん!」



俺「俺は今 喪に服してんだよ・・・ほんっと空気読めねえなァ ゲレゲレの代わりにてめーを連れて行けばよかったぜ」カァー ペッ!!

サンチョ「」

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 06:41:06.88 ID:3vq/oQMm0
ベラの扱いが酷すぎる

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 06:58:06.45 ID:SY994npq0
ほしゅ

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 07:06:19.82 ID:SY994npq0
眠くなってきた

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 07:09:39.36 ID:I2K+IXUE0
  バン   はよ
バン (∩`・ω・) バン はよ
  / ミつ/ ̄ ̄ ̄/
  ̄ ̄\/___/

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 07:19:07.11 ID:SY994npq0
寝たか

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 07:23:45.37 ID:3wNUMMy80


163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 07:33:25.96 ID:EXyF7ra2O
保守

誰か保守間隔張ってくれ

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 07:43:18.89 ID:I2K+IXUE0
新・保守時間目安表 (休日用)
00:00-02:00 10分以内
02:00-04:00 20分以内
04:00-09:00 40分以内
09:00-16:00 15分以内
16:00-19:00 10分以内
19:00-00:00 5分以内

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 08:05:37.14 ID:+i+dElJVP


166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 08:10:48.39 ID:51winFv/O
ビアンカに対して妙に優しいのが気持ち悪いなぁと思いました

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 08:11:34.62 ID:mQs+T7Te0
追いついたぞ
完走できんのかこれ・・・

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 08:42:26.54 ID:7rn+9gAG0
田中

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 08:49:46.51 ID:F2hYvv8D0
不眠症のくせに寝過ぎだろ

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:06:17.24 ID:yV08rNKP0


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:10:22.78 ID:mf6QTRCJ0
俺「なにぼさっと突っ立ってんだ?あ?目障りだからまな板探しの旅にでも出ろよ」

サンチョ「まな板は もう タンスの中から見つかったんですよ。どこかに イタズラ者が いるんですかねえ…」

俺「・・・・・・」

テレテレテレッ

俺は マヌーサを となえた!
サンチョは まぼろしに つつまれた!


サンチョ「それからね ぼっちゃん! まな板がなくなって タンスの中から出てきて――……」

俺「永遠に俺の幻影と戦い続けるが いい
  お前は 死にすら 値しない」



俺「なぁーんて かっこつけすぎたかな フッ」

俺「兎にも角にもまずは教会だ。 俺の相棒を蘇らせる
  ・・・・・たとえ悪魔と契約してでも な」

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:15:01.13 ID:mf6QTRCJ0
保守支援サンクス
気絶するように寝てたわ




俺「なにぼさっと突っ立ってんだ?あ?目障りだからまな板探しの旅にでも出ろよ」

サンチョ「まな板は もう タンスの中から見つかったんですよ。どこかに イタズラ者が いるんですかねえ…」

俺「・・・・・・」

テレテレテレッ

俺は マヌーサを となえた!
サンチョは まぼろしに つつまれた!


サンチョ「それからね ぼっちゃん! まな板がなくなって タンスの中から出てきて――……」

俺「永遠に俺の幻影と戦い続けるが いい
  お前は 死にすら 値しない」



俺「なぁーんて かっこつけすぎたかな フッ」

俺「兎にも角にもまずは教会だ。 俺の相棒を蘇らせる
  ・・・・・たとえ悪魔と契約してでも な」

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:19:36.20 ID:mf6QTRCJ0
<教会>

バァン!!!

神父「生きとし生けるものは みな 神の子。
   わが教会に どんな ご用かな? 」

俺「急患だ。見てくれ」

神父「どなたを 生きからせて ほしいのかの?」

俺「ゲレゲレだ!!!早くしろ 間に合わなくなってもしらんぞ!」

⇒ゲレゲレ †

神父「さすれば わが教会に 20ゴールドの ご寄付を。
   よろしいですかな?」

俺「金ならいくらでもくれてやる!!!Hurry up さっさとしやがれ!」

神父「おお わが主よ! 全知全能の神よ!
   いま ひとたび ゲレゲレに 命の息吹を あたえたまえ!」

テーレーレーレーレーーーレーーーーーレーーーーーーー

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:19:55.40 ID:mQs+T7Te0
おはよう

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:23:40.68 ID:mf6QTRCJ0
おはよう




ゲレゲレ「っぷはぁ!!!!! 死ぬかと おもったぜ!!!」


俺「・・・・・・・・・・」

ゲレゲレ「俺・・・ 世話  かけちまったな すまな――」

俺「心配させんじゃねーよ バカやろう」コツン

ゲレゲレ「ってぇ ・・・へへっ」

俺「・・・ふっ」


ゲレゲレは よみがえった!

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:26:15.38 ID:bQmKZdKn0
| ∧∧
|(´・ω・`)
|o   ヾ
|―u' C <ガシッ



|∧∧
|・ω・`) そ〜〜・・・
|oCo
|―u'



| ミ  ピャッ!
|

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:28:02.46 ID:9SM2b5KR0
支援

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:28:47.58 ID:mf6QTRCJ0
神父「他に ご用は おありかな?」

俺「いや、もう大丈夫だ。
  世話になったな」

神父「おお 神よ! この者に あなたさまの ご加護の あらんことを! 」

俺「・・・・あんたのその 神を操る技術(すきる)、いつか必ず習得(ますたー)してやる・・・・!!」

ゲレゲレ「(賢さ1だけどな)」

神父「おお 神よ・・・」


ゲレゲレ「して 俺よ。これからどうするんだ?」

俺「サンチョのヤロウが言うには、ラインハットという国に向かえばいいらしい」

ゲレゲレ「あいつの言うことを鵜呑みにすんのかァ?」

俺「冥土の土産に・・・な」クスクス

ゲレゲレ「?」

俺「いや、なんでもねえ 行くぞ」

ゲレゲレ「へんなやつぅ」

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:32:57.71 ID:mf6QTRCJ0
門番「こらこら 待ちなさい 村の外は キケンだ。 坊や いい子だから おうちに もどりなさい」

俺「ラインハットに行く用事があるんだ。パパスが先に行ったんで後を追う。邪魔すんじゃねえ」

門番「 え? パパスさんが 出ていかなかったかって? いや 見ていないぞ
   さ、いい子だから おうちに――」

シュッ

門番「え?消え――」

俺「・・・」トンッ

門番「あ・・・・・が・・・」ガクッ

ゲレゲレ「首の後ろを手刀でトンッとする技か ちょっと見ないうちにずいぶん腕を上げたな」

俺「腹を殴って気絶させるのは性に合わないんでね」スタスタ

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:37:21.52 ID:mQs+T7Te0
見てるぞ

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:38:42.38 ID:mf6QTRCJ0
<フィールド>

俺「ところで、ラインハットってのはどこにあるんだ」

ゲレゲレ「え?  まさか知らねえのに出てきたのかぁ?」

俺「ああ・・・だが情報通のお前がいれば問題ないだろう?」

ゲレゲレ「バカ言うな。俺はさっきまで死にかけてたんだぜ?情報収集する時間なんざ無かったよ」

俺「(確実に死んでいた が正しいんだがな) なに?じゃあ俺たちは右も左もわからねえで外に出たってのか!?はっ こいつぁ傑作だ」



おーーーい!!待て!待つんだ!!

ゲレゲレ「ん?あれは・・・・」

パパス「はぁ はぁ  門番の兵士が 倒れていたから まさかと思って来てみれば・・・・・
    まだ 一人歩きは 危険だと 言っただろう」

俺「No problem(もんだいない) 
  つーかまだ村にいたのか」

パパス「うむ、いろいろと旅支度を していたのだ」

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:42:01.17 ID:L/xeESUw0


183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:43:36.23 ID:mf6QTRCJ0
支援ありがとう


俺「そいつは変だな。サンチョのやつが あんたはもう出かけた って言ってたぜ?
  あのボケ・・・俺たちをハメようとしやがったのか?」

パパス「家から出た ということで 村から出たとは言ってないんじゃないのか?
    サンチョといえば、ここに来る途中 家のほうから サンチョの話し声がずっと聞こえていたが・・・」

俺「・・・疲れがたまってるんだろうよ」

パパス「むむ 少し 休ませてやらねばな・・・・・
    さて、そろそろいくか!今度の行き先は ラインハットのお城だ。
    まえの船旅とちがって そんなに長い旅には ならないだろう。
    この旅が終わったら 父さんは 少し落ち着く つもりだ。
    お前には いろいろ 淋しい思いをさせたが これからは遊んであげるぞ」

俺「別に遊んでいらね――」

『・・・・・パパスを 大切にしてやれよ』

俺「チッ・・・  まあ、そういうのも悪くねぇか・・・・・」

パパス「・・・・ああ!!いっぱい 遊んでやるとも!!!」ニコッ

俺「ふん」


俺「(家族・・・か)」

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:48:37.33 ID:mf6QTRCJ0
ゲレゲレ「おぉっと? 俺選手、どういった心境の変化かぁ!?父親の愛情を 受け入れはじめました!!」

俺「やっ やかましい!!!!!」

ゲレゲレ「おーこわ   息子らしい一面が 現れて よかったな パパス」

パパス「う、うむ (ん? え?なんかベビーパンサーがさも当たり前かのように喋りかけてきたんだけど・・・・)」


俺「おい おしゃべりはいい加減にして さっさと行こうぜ」

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:50:31.36 ID:mQs+T7Te0
支援

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:51:30.71 ID:8Na2Fz0N0
ゲレゲレのキャラは蛇足じゃなかろうか

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:52:56.12 ID:mf6QTRCJ0
<ラインハットへの道>


パパス「私は サンタローズに住む パパスというものだ」

ゲレゲレ「私は サンタローズにすむ パパスの息子の 俺に仕える ベビーパンサーの ゲレゲレというものだ」

兵士「え?喋っ・・・え?」


パパス「ごほん・・・ラインハット国王に呼ばれ お城にいく途中である。 どうか 通されたい!」

兵士「お、おお! あなたが パパスどのですか!? 連絡は うけています。 どうぞ お通りください!」


ゲレゲレ「さすがはパパス。顔パスだな パパスだけに」

俺「・・・・ぶふっ」

パパス「・・・・・
    ん?あんなところに 老人が・・・」

188 :monacoin:MEwS5BJEaoR1mbZBbNogTxCTUHCGhg42Wq:2014/02/08(土) 09:54:56.63 ID:lh4Chkcx0
支援

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:57:15.31 ID:57PCXmYD0
パパス「俺は目が覚めたようだな 」

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 10:00:44.18 ID:mf6QTRCJ0
パパス「もし……。 どうか されたか ご老人?」

老人「ほっといてくだされ。 わしは 川の流れを見ながら この国の ゆく末を 案じているだけじゃて……」


パパス「ふむ……。 あまり風にあたると 身体に 毒ですぞ。では ごめん!」クルッ

俺「この世界の風は少し障気を帯びている。気をつけるこった。じゃあな」クルッ

(振り返り、階段を降りてしまう名シーン)


パパス「!!」
俺「!!」

ゲレゲレ「やっぱ親子なんだな・・・」

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 10:06:39.68 ID:mf6QTRCJ0
<ラインハット>

兵士「待てっ! わが城に なに用だっ!?」

パパス「私は サンタローズに住む パパスという者だ。 国王に呼ばれ 来たのだが」

ゲレゲレ「私は サンタローズに住む パパスという者の息子の 俺という者に仕える ゲレゲレというものだ。パパスに連れて 来られたのだが」

兵士「え?喋って・・・・・
   はっ  おお! あなたが パパスどのですか!? 国王が お待ちかねです。
   さあ こちらへっ!」


俺「このくだり、毎回やんのかァ・・・?」

ゲレゲレ「ったりめーよ」



兵士「王さま! パパスどのを お連れしました!」

王「ふむ ごくろうであった。 そのほうは さがってよいぞ」

兵士「はっ!」

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 10:07:45.79 ID:MeqAeE1f0
面白い。おはようございます支援

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 10:12:13.33 ID:mf6QTRCJ0
王「さて パパスとやら そなたの勇猛さは このわしも 聞きおよんでいるぞ!
  その腕をみこんで ちと たのみがあるのだが……。
  コホン……。
  パパス もう少し そばに! 皆の者は さがってよいぞ!」

ゲレゲレ「なにやら 濃厚な 予感が・・・」

パパス「俺、ゲレゲレ そんな所に 立っていても たいくつだろう。
    いい機会だから 城の中を 見せてもらいなさい。
    ひととおり見るうちには 父さんたちの話も終わるはずだ」

俺「そうさせてもらおう。ジジイどもの話を延々待たされるなんてゴメンだ」

ゲレゲレ「すまない ホモ以外は帰ってくれ ってことか
     俺ぇ!!次期国王に挨拶しに行こうぜ!!」タッタッタ

俺「やれやれ ま、付き合ってやるか
  さっさと終わらせろよ?」ギロッ


王「…そなたの息子も 勇敢じゃのう」

パパス「はは……」

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 10:19:03.14 ID:mf6QTRCJ0
俺「ところで 次期国王ってのはいったいなんのことだ?」

ゲレゲレ「あのジジイ見たろ?ありゃいつ死んでも おかしくねえ
     あの王が死ねば あいつの息子が次の国王だ。そいつに顔売って損はねえぜ?

     なんたって俺たちは これから伝説になるんだからよォ?」ニマァ

俺「ふん 伝説なんざ興味はねえ
  が、お前がやりたいようにやりゃいいさ」ニマァ




衛兵「ここは 王妃さまと 第2王子デールさまの お部屋で あらせられるぞ」

俺「ああ。わかっている どいてろ」シッシッ

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 10:23:08.24 ID:7RNxbvOoi
途中までしか読んでないけど支援

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 10:24:02.09 ID:mf6QTRCJ0
ガチャッ

王妃「なんじゃ そなたは? わが子デールに あいさつに きたのですか?
   おほほほほ。そなたは 小さいくせに なかなか目先が きくとみえる。

俺「ま、そういうこった」

王妃「兄のヘンリーより このデールのほうが よほど 次の王に ふさわしいと そう 思ったのですね。おほほほほ」

俺「言ってる意味が よくわからんが とりあえず自己紹介だ。 俺の名前は俺。こいつはゲレゲレ
  いずれ世界に轟く名だ。よく覚えておけ」

デール「ボク 王さまなんかに なりたくないよお……」

ゲレゲレ「ボク 王さまなんかに なりたくないよお……
     だってよ。きもちわりい喋り方のガキだな・・・こんなのが次期国王とは・・・・・
     おい 行こうぜ」

俺「・・・・ああ」


ゲレゲレ「国王候補もたいしたことなかったなァ
     俺ぐらいしっかりした ガキじゃねーと 王様なんてつとまらねえっての」

俺「そんなガキいねえよ 俺以外はな」

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 10:25:38.70 ID:Xb4EsAWw0
最後までやるのならすごいな
ここまででも十分すごいけど

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 10:28:50.88 ID:mf6QTRCJ0
ゲレゲレ「城探索も飽きたな。案外たいしたことねーし」

俺「そうだな、レヌールの城のほうがよっぽど立派だぜ。そろそろパパスを連れて帰るか
  ・・・ん?適当にブラついてたどり着いた この部屋・・・・・
  なぜだか入らねばならない気がする・・・」

ゲレゲレ「あーん?なんだそりゃ??どうせなんもねぇって いこうぜ」

俺「いや・・・俺の第六感が語りかけている・・・・・・そして俺は 心の声には従うッッ!!!
  なぜなら この世でもっとも信頼できるものは 自分だからだッッッ!!!!!」

バァン!!!


ヘンリー「だれだ お前は? あっ! わかったぞ!
     親父に呼ばれて城に来た パパスとかいうヤツの 息子だろう!
     オレは この国の王子。 王さまの次に えらいんだ。 オレの子分に してやろうか?」

ゲレゲレ「な?」

俺「・・・・・」

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 10:32:38.07 ID:KwvrDVzQO


200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 10:33:46.10 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「はーん? よく聞こえないなあ……。  もう いちど聞くぞ。
     オレは この国の王子。 王さまの次に えらいんだ。 オレの子分に してやろうか?」

ゲレゲレ「行こうぜ じゃあなクソガキ ごっこ遊びは一人でやってな」

俺「・・・俺の勘が 外れた・・・・?ばかな・・・ありえん」ブツブツ


ヘンリー「わははははっ。 だれが お前みたいな 弱そうなヤツを子分にするか! 帰れ 帰れ!」


ゲレゲレ「そう落ち込むなよ ま、そういうこともあるって
     パパス連れてさっさと帰ろうぜぇ?」

俺「・・・・・ああ そうだな」

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 10:36:14.43 ID:7RNxbvOoi
追い付いた

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 10:43:46.47 ID:mf6QTRCJ0
ゲレゲレ「ん?パパスがいねぇ」

俺「おい パパスはどこだ?」

王「そなたは パパスの息子で あろう。 なかなか よい目をしておるな。
  パパスには わが長男 ヘンリーの おもりを してもらうことにした。
  そなたも ヘンリーの友だちに なってやってくれい。 たのむぞよ」

俺「勝手なことしてんじゃねえ!!!!!!!」クワッ

王「ビクゥ!!!」

俺「いいか、今の俺は気が立ってんだ・・・こんなシケた城からとっとと帰りてぇんだ。わかるか?
  わかったら失せろ!!!!!!」

王「す、すまぬ」ソソクサ

俺「ちっ    パパスを探しに行くぞ」

ゲレゲレ「うぃーす」

王「(失せろって ここ、ワシの城なんだけどなぁ・・・)」

203 :monacoin:MEwS5BJEaoR1mbZBbNogTxCTUHCGhg42Wq:2014/02/08(土) 10:47:22.87 ID:lh4Chkcx0
支援

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 10:51:17.55 ID:mf6QTRCJ0
パパス「おお 俺か! 父さんは ヘンリー王子の おもりを たのまれたのだ。
    本当は 王子のそばに いたいのだが まいったことに キラわれてしまったらしい」

パパス「だが お前なら子供どうし 友だちに なれるかも知れん。
    父さんは ここで 王子が 出歩かないよう見張ってるから がんばってみてくれぬか?
    たのんだぞ!」

俺「どいつもこいつも・・・イラつかせてくれるぜ
  ヘンリーだかチュンリーだか知らんが、一人で遊ぶように説得してきてやる!  パパスー!帰る準備をしておけ!!」ズカズカ

パパス「・・・・・えー・・・なんなん、めっちゃ怒ってるやん・・・」

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 10:55:18.16 ID:Tjwhn85D0
チュンリーwwww

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 10:55:48.15 ID:BiH98PB+0
これhやっぱり書き溜めしてんの?

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 10:56:09.70 ID:mf6QTRCJ0
バァン!!

ヘンリー「なんだ また お前か? やっぱり 子分になりたくて もどってきたのか?」

俺「やかましいわ!!!!俺たちは帰りてぇんだ!!!邪魔すんじゃねえ!!!!!邪魔するなら・・・・・



  殺すぞ」

ゲレゲレ「!!!!!」バッ

ゲレゲレ「(な、なんという殺気・・・・・本能から 思わず飛びのいてしまった・・・)」ガクガク


ヘンリー「あ・・・あ・・・・・・・」ガチガチ

ヘンリーは 生まれて初めて 心の底から震え上がった。真の恐怖と決定的な挫折に・・・
恐ろしさと絶望に涙すら流した これも初めてのことだった

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 10:56:45.43 ID:Xb4EsAWw0
支援

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:08:14.65 ID:UGZQVgLU0
お前アラサーだろ

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:08:31.87 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「う・・・うわああああああああああ!!!!!」ダッ

ゲレゲレ「目に見えぬプレッシャーに耐えかねて逃走か・・・ま、当然だな」

ヘンリー「うわあああああああああああああああ!!」

ヘンリーは いきおいよく イスをどけた
なんと 隠し階段が あった!
ヘンリーは 転げ落ちるように 階段をかけおりた!!

俺「ふん 他愛もない」


ゲレゲレ「見たかあいつの顔? ブフーッwwwこの世の終わりって表情してたぜ!!
     こんどは 俺が ビビらせてみよっとwwwww   待てコラー!!!!!!」

俺「ったく、大人げねえな・・・」


ヘンリー「!! ひぃい お、追いかけてきやがった!!!!!」

ゲレゲレ「グヒヒ・・・クッチマウゾ・・・・ジュルリ」

ヘンリー「あば・・・あばばばば」

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:12:54.57 ID:AgGn/79BO
ゲレゲレ弱いくせにwww

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:13:34.82 ID:mf6QTRCJ0
俺「おい ガキいたぶるのもいい加減にしとけ――
  ん?」


バタンッ

俺「!! なんだてめえら!」

ヘンリー「!! 誰だかしらないけど た、助けて!!!」

盗賊A「わるいが いっしょに 来てもらうぜっ!」バス ボゴッ ボキィ

ヘンリー「うぐっ!ごふっ!んげぇ!!」


俺「待てコラ!!!!おい!!!」ダッ

盗賊A「なっ 速っ!!!? おい! はやく王子を舟へ!」

盗賊B「へ へいっ!」

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:15:13.41 ID:yV08rNKP0
ミルドまでいけるのか?

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:17:48.72 ID:mf6QTRCJ0
俺「逃すかあああああ!!!!」

盗賊C「うわあ! 船を走って追いかけてくる!!!こええええ!!!!!」

盗賊D「全速力(ふるすぴーど)だあああ!!」

ギューーーン


俺「くっ・・・ やはり6才のボディじゃ限界があるか」

ゲレゲレ「おっ おい これって やばくね??」

俺「ああ、王子が誘拐された・・・こいつぁなかなかマズいぜ
  気はすすまんが、パパスに報告だ・・・・・」

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:21:17.17 ID:chEt0oOR0
面白い

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:21:52.12 ID:mf6QTRCJ0
パパス「なに…っ!!王子が さらわれただと!?」

パパス「なっ なんということだ!
    いいか 俺、ゲレゲレ。 このことは 誰にもいうな。
    わたしのクビが とぶことになる(ガクガク)
    とにかく 王子を 助けださないとっ! ついて来い!」ダッ

俺「ちょ待てよ」

ゲレゲレ「おわ!パパスはやっ!!!! 自分のことになると 真価を発揮するタイプか
     ・・・最低の人種だな」

俺「言うな・・・
  俺たちも行くぞ」

ゲレゲレ「ああ!! まってろよクソジャリ・・・もっとビビらせてやるからよォ!」


俺と ゲレゲレのせいで ヘンリーおうじが つれさられてしまった!!
いまだかつてない ピンチに 俺は どうたちむかうのか・・・!?

そして さんにんと いっぴきに しのびよる じゃあくな かげ・・・・・・
はたして ぶじにおうじを とりもどすことが できるのか!▼

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:24:33.54 ID:J2+ektHpi
このスレで完結できるのか?C

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:25:23.81 ID:Tjwhn85D0
パパス保身に走ったと思われてるwwww

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:26:21.66 ID:mf6QTRCJ0
支援保守ありがとう。本当に助かってます
一応書き溜めは途中まで、そこから先は考えながら書くつもり
ただストーリーをなぞるだけってのもgdgdになるんで、ちょっとずつ変化加えてみます


少し休憩してまた投下する

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:30:58.97 ID:G7Fe6Y1S0
やっと追いついた。面白い支援

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:31:36.69 ID:mf6QTRCJ0
ゲレゲレ「にしてもパパスのヤロー まじではえぇな・・・
     ぜんぜん追いつけねえ」

俺「だが辛うじて見失ってはいない このまま追跡を続けるぞ

  むっ あの遺跡に入ったようだ」


<古代の遺跡>

俺「この遺跡からは・・・古(いにしえ)のパワーを感じる・・・・・」

ゲレゲレ「今回は そういうどうでもいい話はナシだ!まだかなり序盤なのにスレが埋まっちまう!!」


俺「ん?こいつら・・・ヘンリーを拐ったやつだ
  おい!ヘンリーはどこだ!!!」

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:34:18.38 ID:Du0zAcOP0
追いついた
ベジータで再生されるのは俺だけじゃないはず

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:37:18.56 ID:mf6QTRCJ0
盗賊C「うん なんだ お前は?ああ キラーパンサーを 連れているところをみると お前も魔族だな。ひっく……」

盗賊B「かー! 仕事のあとの酒は たまんねえなあ。
    ともかく ここに子供を 連れてくると どれいとして 買ってくれる。いい話だよな」

盗賊A「ういー ひっく……。王妃に 王子を始末してくれと たのまれたけどよお
    殺せといわれたわけじゃないし 王子を どれいとして売れば また金が入る。こりゃあ一石二鳥ってもんだ。ひっく」

俺「ちっ 酔っ払いが 泥酔してて会話にならねえ
  ・・・にしてもまさか 黒幕があの王妃だったとはな
  とんだゲスヤローだぜ」ペッ


ゲレゲレ「のんだくれの話なんざどうでもいい!!!!さっさと来い!俺を怒らせたいか!!!」クワッ

俺「・・・・・」

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:37:59.48 ID:3wNUMMy80
支援

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:41:35.54 ID:mf6QTRCJ0
ゲレゲレ「お!パパス発見!!!!」

なんと パパスが
怪物たちと 戦っている!

スライムナイトが あらわれた!
ドラキーが あらわれた!
まほうつかいが あらわれた!

パパスの こうげき!
ドゥクシ!!ドゥクシ!!!


まもののむれを やっつけた!


パパス「おお! 俺か! はぐれてしまったと思ったが こんな所まで 来るとは……。
    お前も ずいぶん 成長したものだな。 父さんは うれしいぞ!
    さて ともかく 王子を助けださねば!
    お前が 先にいけ。ボスとかいたら 怖いからな!
    うしろの守りは 父さんが 引きうけたぞ!」

俺「・・・・・・・なんも言うことねぇよ」

ゲレゲレ「ここにきて ゲスっぷりが 炸裂してきたな」

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:44:18.33 ID:Tjwhn85D0
パパスの株が下げ止まらないwww

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:45:16.56 ID:mf6QTRCJ0
<牢屋>

パパス「へ ヘンリー王子!」

俺「牢屋に 閉じ込められている・・・」

パパス「く! カギが かかっている!
    ぬっ! ぬおおおおおおーーーっっ!! 」






パパス「はぁ・・・はぁ・・・・・だめだこりゃ びくともしねえや」



俺「ぬんッ」バキッ

パパス「・・・・・」

俺「ニマァ」

228 :monacoin:MEwS5BJEaoR1mbZBbNogTxCTUHCGhg42Wq:2014/02/08(土) 11:49:21.27 ID:lh4Chkcx0
支援

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:49:23.81 ID:rvZ9j5290
二ヤァ

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:49:49.02 ID:mf6QTRCJ0
ハパス「ヘンリー王子!」

ヘンリー「! ひっ こ、こんなとこまで きたのか・・・!!
     ごめんなさい ゆるしてぇえええ」

俺「心配すんな さっきの殺気は冗談だ。 今度は助けにきたのさ」

ゲレゲレ「さっきの殺気wwwwwwwうめえwwwwwwwwwwwww」

俺「・・・」ギロッ

ゲレゲレ「サーセンした」

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:50:37.98 ID:mf6QTRCJ0
ハパス「ヘンリー王子!」

ヘンリー「! ひっ こ、こんなとこまで きたのか・・・!!
     ごめんなさい ゆるしてぇえええ」

俺「心配すんな さっきの殺気は冗談だ。 今度は助けにきたのさ」

ゲレゲレ「さっきの殺気wwwwwwwうめえwwwwwwwwwwwww」

俺「・・・」ギロッ

ゲレゲレ「サーセンした」

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:52:14.45 ID:6zlnuPmh0
どうした

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 11:54:00.53 ID:mf6QTRCJ0
>>231はミス



ヘンリー「ふ、ふん! ずいぶん 助けにくるのが おそかったじゃないか。
     まあ いいや。どうせ オレは お城に もどるつもりは ないからな。
     王位は 弟がつぐ。 オレは いないほうがいいんだ」


パパス「王子!」

バス ボゴッ ボキィ

ヘンリー「ごぶっ  あ・・・が・・・
     なっ なぐったな オレをっ!!」

パパス「王子! あなたは 父上の お気持ちを 考えたことが あるのか!?
    父上は 父上は……」

ヘンリー「……………」

パパス「さあ ともかく
 追手のこないうちに ここを!」


俺「結局何が言いたいのか まったく伝わらかったな」

ゲレゲレ「単純に ヘンリーを殴りたかっただけだろ」

俺「なるほどな・・・」

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:05:38.74 ID:2nIUFi7/0
おもしろい支援

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:05:57.84 ID:mf6QTRCJ0
スゥ・・・
マーリン「けけけ そう簡単に 逃がさないよ」

メルビー「われら まほうつかい三姉妹が お相手してしんぜよう」

ジュモン「かかってきなさい」


パパス「く! さっそく あらわれたかっ!?」

ゲレゲレ「三姉妹って・・・そのナリで女だと・・・?!」ガクガク

パパス「俺! ここは 父さんが引きうけた!
    お前は 王子を連れて はやく外へ!」


俺「わかった そんなザコ三匹相手に時間かけるなよ

  ・・・親父」

パパス「!!   うむ!!!!」

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:14:14.24 ID:1D34agZ5O
このパパスはぬわーしなさそう

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:14:40.12 ID:mf6QTRCJ0
俺「ゲレゲレ!ヘンリー!いくぞ!もたもたするな!!」ダッ

ヘンリー「ぞんなこと いったって・・・殴られたせいで うまく走れないんだ・・・」ヨロヨロ

ゲレゲレ「走れオラァ!!!食っちまうぞ!!!」ガルルルル

ヘンリー「ひぃ!!!」ダッ


ヘンリー「はぁはぁ あと少しで 出口だ!!
     ひゃっほう!たすかったぜ!!!」

俺「待て!!
  ・・・・・・気配を感じる」

ヘンリー「? なにいってるんだ? 誰もいないじゃ――――」


ゲマ「ほっほっほっ ここから逃げだそうとは いけない子供たちですね」

ゲレゲレ「!!!い、いつの間に あらわれたんだ・・・・」


俺「・・・・・」

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:18:26.56 ID:yV08rNKP0
ゲマにぬわーされないと親父を大事にしろよの伏線が

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:18:49.56 ID:uB7ChXjH0


240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:20:05.10 ID:mf6QTRCJ0
ゲマ「この私が おしおきを してあげましょう。 さあ いらっしゃい!」


ゲマが あらわれた!

ゲマ「大サービスしてあげましょう。両手は使わないでいて あげますよ 」

ゲマは わらっている。


俺「ほーう?そいつぁ・・・・・・どうも!!!!!!!」ギュンッ

ゲマ「!!?はや―――」

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:20:11.14 ID:7RNxbvOoi
何かを感付いてる
さすが俺

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:21:48.28 ID:0NBed26l0
ここで無駄に鍛えまくってバギクロスとか撃ちまくっても笑っぱなしなんだよな

負け戦嫌だわ

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:24:23.01 ID:rvZ9j5290
ゲマ

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:25:47.12 ID:Xb4EsAWw0
未来の自分とのやり取り見てたら悶えてきた

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:26:30.89 ID:mf6QTRCJ0
俺「おっらぁ!!!!!!オラオラオラ!!!!んでぇぇぇぇい!!!!!」ボゴッドスッ

俺の こうげき!
ゲマに 82の ダメージ!!
俺の こうげき!
ゲマに 79の ダメージ!!
俺の こうげき!
ゲマに 85の ダメージ!!
俺の こうげき!
ゲマに 91の ダメージ!!
俺の こうげき!
かいしんの いちげき!
ゲマに 130の ダメージ!!

ゲマ「ぶぐくくぅ・・・・・かはっ・・・!!!」


ゲマ「ごほっ・・・す、少しはやるようですね・・・・・・」ガクガク

ゲマのひざは わらっている。

ゲマ「(! このわたしに これほどまでダメージを・・・!!)」

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:27:46.43 ID:+i+dElJVP
期待

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:28:35.07 ID:yV08rNKP0
ひのきのぼう装備はよ!

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:29:34.89 ID:sIxTbbrn0
ひざワロタ

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:30:58.81 ID:yR8eFHvv0
わろた

250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:32:03.85 ID:mf6QTRCJ0
俺「どうした?まだまだこんなもんじゃないぜ?
  おら、かかってこい。もっと俺を楽しませてくれェ・・・」シュッシュッ

ゲマ「(ぐぬぬ・・・どうしたものか・・・)」


タッタッタッタッ

パパス「こっ これは いったい! 俺!!」

俺「よう。遅かったじゃねーか。こっちはもう片付いちまうぜ?」



ゲマ「!!(弱そうな おっさん!!!)ごほ・・・ごっほっほっほっほっ。 あなたですね。私のかわいい 部下たちを やっつけて くれたのは……」

パパス「え?ワシ?」

251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:32:42.88 ID:1D34agZ5O
>>245
>ゲマのひざは わらっている。

誰がうまいことを(ry

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:38:12.83 ID:mf6QTRCJ0
ゲマ「出でよ ジャミ! ゴンズ!」

ジャミ「ぶるるるる・・・」

ゴンズ「ぶひぃ!!!ぶひひぃ!!」

ゲマ「さあ その なまいきな男を やっつけて おしまいなさい」


俺「その雑魚二匹の相手は 任せたぜ
  俺はこいつと決着をつける」ニヤリ

ゲマ「!!! おっお前も そのおっさんと 戦いなさい!!!」

俺「あぁ?なんでだよ この中じゃおめえが一番マシそうだから、選んでやってんだ
  いいからかかってこいやゴラ」ギロッ

ゲマ「ぐ・・・!そ、そうだ!!我が忠実な部下 ジャミとゴンズを 見事倒すことができれば 私の真の力を みせてあげましょう」

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:44:44.45 ID:mf6QTRCJ0
俺「くっくっく そいつぁ楽しみだ
  よし 親父!!一瞬で片付けるぞ!!!!!」

パパス「うむ!親子の共同作業だ!!」


ゲマ「(まずい・・・・・どうしようか・・・・・・・・このままじゃ・・・・死ぬ!!)」


ジャミが あらわれた!
ゴンズが あらわれた!

パパス「よし 俺! 一気に たたみかけるぞ!!!」

俺「無論 そのつもりだ。反撃の余地など・・・・・
  ない!!!」グオッ

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:45:45.11 ID:G7Fe6Y1S0
パパス生存ルートだといいな

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:49:03.93 ID:lPsXC5Go0
ヘンリー誘拐がバレてラインハットで処刑されるパパス

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:50:18.55 ID:mf6QTRCJ0
俺の こうげき!
かいしんの いちげき!
ジャミに 161の ダメージ!!
俺の こうげき!
かいしんの いちげき!
ジャミに 153の ダメージ!!
俺の こうげき!
かいしんの いちげき!
ジャミに 170の ダメージ!!
俺は メラゾーマを となえた!
ジャミに 315の ダメージ!!

ジャミ「ぎゃああああ!!!!!あぢいいいいい!!!あぢいよおおおお!!!!!!!!!」

ゴンズ「ジャミぃぃいいいい!!!!!」

257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:55:00.75 ID:mf6QTRCJ0
パパス「ぬおおお!!!」

パパスの こうげき!
ジャミに 45の ダメージ!!
パパスは ベホイミを となえた!
ジャミの きずが かいふくした!

俺「Good job.(ニマッ)」

ジャミ「あ・・・あが・・・・・・・」

パパス「わっはっは!!そう簡単に 楽にはさせんぞ!!!」


俺の こうげき!
俺の こうげき!
俺は メラゾーマを となえた!
   ・
   ・
   ・
パパスは ベホイミを となえた!
パパスは ベホイミを となえた!
   ・
   ・
   ・

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:55:47.64 ID:yV08rNKP0
ひでぇ

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:58:18.73 ID:CtneT0PV0
親子だわこいつらwwwwwwww

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:58:50.36 ID:mf6QTRCJ0
ジャミ「ごろじでぐでぇえええ゛え゛!!!!!!!!!」


ゲマ「あ、悪魔だ・・・・・・」ガタガタ

ゲレゲレ「(一瞬でケリをつけると言いながらじわじわとなぶり殺しにする か
     この男・・・やはり心理戦に長けている・・・ッ!!!)」

ゲマ「(に、人間は こんなにも恐ろしい生き物だったのですか・・・
   ゴンズは かんぜんに 戦意を 失っているし・・・・・ど、どうましょう・・・・・ はっ!そうだ!)」





ドサッ・・・・・・

ジャミ「」

俺「ふぅ、飽きたしこんなもんにしてやるか」

パパス「うむ。しかし メラゾーマのし過ぎで 馬肉の燻製に なってしまったな!わっはっは」

俺「次のメニューは豚の丸焼きだぜ?」

ゲレゲレ「馬肉うめえ」ガツガツ

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:01:41.92 ID:Tjwhn85D0
>>255
旧知の仲のパパスを処刑する鬼畜王ベルギスw
まあ、ヘンリー誘拐が真実だったとしても、ベルギスはあまり強くは言えないだろうけどな。
何たって、マーサをエルヘブンから誘拐した時のパパス一味に加わっていたんだからw

262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:02:14.80 ID:1D34agZ5O
食ってんじゃねぇよwwwwww

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:03:53.88 ID:mf6QTRCJ0
オラァ!!ヌワ!!ヌオォ!!メラゾーマ!!!ドララァ!!WANABEEEE!!!
バキボコドスッ

   ・
   ・
   ・


ゴンズ「」

ゲレゲレ「ガッシ!ボカ! 相手は死んだ。ゴンーズ(豚)」

パパス「やはり 私と俺の名コンビには かなわぬようだな!!!」

俺「さぁて 次はアンタの番だぜ ゲマさんよぉ」コキッコキッ

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:08:31.19 ID:S6d1z3KP0
しえんあげ

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:09:49.89 ID:mf6QTRCJ0
ゲマ「ほっほっほっほっ。 みごとな戦いぶりですね。
   でも こうすると どうでしょう……」

なんと! ゲマは
ヘンリーの のどもとに
死神のカマを あてがった!

ヘンリー「あわ・・・・あわわ・・・」ガクガク

パパス「ヘンリー王子!!」


ゲマ「この子供の命が おしくなければ ぞんぶんに 私に攻撃なさい。
   でも この子供のたましいは 永遠に じごくを さまよう ことに なるでしょう。
   ほっほっほっほっ」


俺「ちぃ・・・クソガキめ 邪魔しやがって」

ゲレゲレ「一気にピンチだな」

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:13:03.13 ID:mf6QTRCJ0
ゲマ「(ほっ さっきの 外道っぷりからして 容赦なく攻撃してくるかと思いましたが・・・所詮は人間、甘いですね)」


パパス「俺、お前の超スピードで ヘンリー王子を救出できないか?」ボソボソ

俺「あいつをなめちゃいけねーぜ? 俺の全力の攻撃を受けても生きてやがるんだからな
  多分、俺が消えた瞬間にヘンリーの首をかっきるだろう」

パパス「むぅ・・・万事休すか(ヘンリー王子を救えなかったとなれば 私の人生が・・・終わってしまう!それだけは・・・!!)」


ゲマの こうげき!
俺は 3の ダメージを うけた!
ゲマの こうげき!
パパスは 64の ダメージを うけた!

パパスたちは ただ ジッとたえている!
     ・
     ・
     ・

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:14:38.67 ID:XYYVWuBz0
追いついた

パパスぬわーーーしちゃやだーー!

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:15:50.22 ID:G7Fe6Y1S0
パパス―死ぬなー

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:18:12.80 ID:mf6QTRCJ0
ゲマ「ほっほっほっほっ。 ずいぶん 楽しませて くれました」

パパス「ううう……」

俺「ぐ・・・さすがに ダメージを 受けすぎた・・・・・」

ゲレゲレ「」(白目)


ゲマ「おや まだ 息が あるみたいですね」

俺「(だめだ・・・意識が・・・・・・・)」ガクッ



パパス「ううう……」


パパス「うううおおおおおお!!!!!!」

ゲマ「!!!まだ立ち上がって―――」

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:22:33.98 ID:ZIyK9Tu20


271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:25:09.62 ID:mf6QTRCJ0
パパス「ゲマさん!!部下を殺しちまって すいやせん!
    代わりに 私が ゲマさんの 手となり 足となりますぜ!!」ドゲザッ

ゲマ「・・・!?」

なんと パパスが おきあがり
なかまに なりたそうに ゲマをみている!

パパス「悪い話じゃないでしょう!?なんたって私は あなたの元部下よりも 強いんですから!」

ゲマ「(こいつ・・・何を考えているのでしょう・・・?作戦・・・?
    いやしかし、今のこいつらには なにもできない・・・となると、単純に 戦況を読んで 命乞いか・・・)」


ゲマ「ほっほっほ いいでしょう。あなたの その いとも容易く仲間を裏切る精神 気に入りました
   あなたのような者は むしろ 魔族にふさわしい ですよ」

パパス「わっはっは、世の中強いものについて行かねば 早死にするんですよ!」

パパスは うれしそうに ゲマのとなりに ならんだ!

272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:27:59.20 ID:1D34agZ5O
ちょwwwwww

273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:31:23.97 ID:mQs+T7Te0
は?

274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:31:49.67 ID:mf6QTRCJ0
パパス「さて、このガキどもはどうしましょうか」

ゲマ「ほっほっほっほっ。 子を思う親の気持ちは いつみても いいものですね。
   しかし 心配はいりません。お前の息子は わが教祖さまのどれいとして 一生幸せに くらすことでしょう
   まあ 私の右腕の息子ということで 幹部くらいにしてやっても いいですよ ほっほっほっほっ」

パパス「ぬわー!!なんという慈悲深きお言葉!!」


ゲマ「パパス!この子供たちを 運びだしなさい」

パパス「へいっ!!
    ゲマさま このキラーパンサーの子は?」


ゲマ「捨てておきなさい。野にかえれば やがて その魔性を とりもどすはず
   うん? 待ちなさい。この子供は ふしぎな宝石を 持っていますね」

ゲマは 俺から ゴールドオーブを 手にとった!

275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:32:41.96 ID:yV08rNKP0
これはパパスがヘンリーを助けるパトゥェーン

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:36:21.58 ID:mf6QTRCJ0
パパス「なんと いつのまに こんな代物を・・・」


ゲマ「この 宝石は もしや…?
   どちらにしろ こうしておくと しましょう」

ゲマは ゴールドオーブをにぎりしめ 強く念じた!

バリィィーン


なんと!ゴールドオーブは こなごなにくだけちった!

ゲマ「ほっほっほっほっ さあ いきましょう」

ゲマは ルーラを となえた!

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:41:01.77 ID:mf6QTRCJ0
   ・
   ・ 
   ・
   ・
かくして 俺は ヘンリー王子とともに
何処とも わからぬ所に運ばれた。

王子が死ねば 人生が終わる! そんなパパスの考えのせいで
さらわれた ヘンリーを 待ちうけていたのは

苛酷な どれいの日々であった。

そして 10余年の月日が流れた…。

278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:42:06.45 ID:S6d1z3KP0
パパス生存ルートきた!

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:43:35.55 ID:yV08rNKP0
やっと青年時代たぜ?

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:44:16.73 ID:c2GD2EjB0
追いついた

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:47:34.20 ID:mf6QTRCJ0
とりあえずこれで少年編は終わりです
原作通りに進めると思いのほか長くなってしまった

青年編は途中までしか書き溜めていないので、原作通りの流れは変えていくつもり
毎度のことながら支援保守に加えてたくさんのレス本当にありがとう
おかげでさるさん回避できてスムーズに投下できる

少し休憩して再投下します

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:48:36.66 ID:yV08rNKP0


283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:49:12.94 ID:G7Fe6Y1S0
面白い。生きててよかったよー!
保守

284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:51:25.92 ID:Xb4EsAWw0
俺が10年も大人しく奴隷をやっているとは思えないな

285 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】(1+0:15) :2014/02/08(土) 13:53:23.09 ID:lbTFCwod0
支援

286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:54:44.74 ID:mf6QTRCJ0
パパス「こらー! なにをしているっ! さっさと 岩をはこばんかっ!」ビシィッ

パパス「この石を 上の階に はこぶんだ!
    わが教祖さまは 大神殿の 完成を 待ちのぞまれているぞ」

パパス「さあ とっとと はこんで いきやがれ!
    ノタノタしてると この岩に 押しつぶされるぞ!」

パパス「なんだ その目つきはっ?
    ドレイはよお もっと 死んだような目を してるもんだぜ
    ええい 気分のわるいヤツめ! さあ はたらくんだっ!」ビシィッ

287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:56:05.06 ID:PvbkjZobP
ss速報でやればいいのに何故わざわざvip?

288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:58:44.05 ID:mf6QTRCJ0
ムチ男A「パパスさん! 新人がやってきたので 挨拶にあがりました!」

ムチ男B「はじめまして!今日から精一杯 ドレイをこきつかわせて いただきます!!よろしくおねがいします!」

パパス「うむ。なかなかよい 心がけだ
    なにかあったら すぐ 私に言うのだぞ。なんといっても この神殿の 最高責任者だからな!
    さあ おしゃべりはそこまでだ 新人! 今日は ゲマさまが 視察に来られる日だぞ! さあ はたらけ!!」


ムチ男B「はいっ!!
     ややっ さっそくあそこに サボっているやつ!!」


青年「・・・・・」

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:03:56.39 ID:mf6QTRCJ0
ムチ男B「おいキサマ!!!なにを ボサっとしている!ドレイはドレイらしくしていろ!!」

青年「・・・・・」

ムチ男B「コラー!聞いているのか!? オレたちの命令は ぜったいなんだぞ!!
     口で言ってもわからないなら ムチでたたいてやる!!!」ビュンッ

バシィ!!

ムチ男B「!! な! 音速を超えるといわれる ムチを 素手で・・・!!」

青年「・・・・・俺ぁよお・・・ここに来てから今までの10年間 誰の指図も受けてねぇんだ。
   ましてや こうやってたそがれている時間を 邪魔されるのが なにより嫌いでね・・・・・」グググ・・・

ムチ男B「うわ!な、なんという力だ・・・!!」

青年「そのムチ貸せよ。 俺が打ち方を教えてやる」グイッ

ムチ男B「あっ! 奪われた!!
     だっ 誰かきてくれーーーーーー!」

290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:05:06.46 ID:0NBed26l0
パパス…おまえ一応かなんかだったよな

291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:05:44.63 ID:0NBed26l0
王様かなんか

抜けてもうた

292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:06:36.30 ID:mQs+T7Te0
うんちっち〜

293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:07:49.34 ID:lkj3lcri0
嫁選び気になる

294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:08:50.30 ID:mf6QTRCJ0
ムチ男A「なんだなんだ!!!?」

ムチ男C「どうした!!」

ムチ男D「ドレイの反乱か!!?」



ムチ男AC「!!  あ・・・・・あれは・・・!」

ムチ男B「先輩がた!!助けてください!! あの男が 私のムチを・・・」


ムチ男A「・・・・」
ムチ男C「・・・・」

295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:12:22.92 ID:mf6QTRCJ0
ムチ男B「せ、先輩・・・・?」

ムチ男A「この神殿には・・・決して手を出しちゃいけねえヤツがいるんだ」

ムチ男C「お前は そいつに手を出しちまった・・・・・・ 俺たちにはどうしようもない」スタスタ


青年「ムチってのはそもそも 相手を死に至らしめずして 苦痛を与える道具なんだ・・・
   でもよォ・・・・・打つ人間によっては・・・・」


青年「覇ぁ!!!!!!!!」
ビッシャアアアアン!!!!

青年「この通り   地面だって割れるんだ・・・」

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:12:31.07 ID:8cXwP2IT0
はよ

297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:14:39.52 ID:XYYVWuBz0
>>286
ちょwwwwwパパスwwwwわろたwwww

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:14:40.25 ID:mQs+T7Te0
大きくなっても中学2年生

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:14:40.26 ID:6CgIAMwk0
まだ残ってたのか

300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:14:58.15 ID:mf6QTRCJ0
ムチ男B「あ・・・・・ああ・・・・・・・」ガタガタガタガタ

青年「今日のところは勘弁してやる。お前は俺の気まぐれによって助かったんだ
   だが次はないッ」ギロッ

ムチ男B「あ・・・・あ・・・」ジョボボボボ



青年「ふん・・・」

ヘンリー「やあ 俺! また新人いびりかい?ひねくれてるなあ」

青年(俺)「知るか・・・俺にちょっかいかけてきたあいつが悪い」

ヘンリー「しかしお前も よくわからないやつだな。そんなに強いなら とっとと逃げ出せばいいのに」

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:18:12.43 ID:mf6QTRCJ0
ゲマ「ほっほっほ パパス、うまくやっていますか?」

パパス「ぬお!これはゲマさま!! ええ 私の働きによって このとおり順調に 神殿は出来上がっています!」

ゲマ「さすが私が見込んだだけのことは ありますね。 教祖さまも お喜びですよ
   その調子で がんばってください」

パパス「はっ ありがたきお言葉〜〜〜
    さぁきさまら はたらけ! はたらけ! 死ぬまで はたらくんだ!」



俺「・・・・・親父があんなんだからな・・・放ってはいけねえよ」

ヘンリー「お前の親父には 本当に 申しわけなかったと 思っているよ」

ヘンリー「オレなんか ここを逃げだしても お城では 弟のデールが 王さまになってるだろうし……」

ヘンリー「と くどくど話してても しかたないなっ!
     さあ 仕事 仕事……」

302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:19:46.94 ID:mQs+T7Te0
パパスぬわお

303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:20:58.76 ID:mf6QTRCJ0
俺「仕事なんてしなくていいってのによォ・・・
  人間、育つ環境で変わるもんだな」


パパス「よーし! 今日は ここまでだ!
    明日も 朝は早いぞ! それぞれ 部屋に もどって さっさと 休むんだ!」



ヘンリー「ふぃー 今日も疲れた。 俺、部屋に戻ろうぜ」

俺「ああ」




<朝>

婦人「ちょっと聞いておくれよ。 そこのマリアちゃんは 教団の信者だったのに ドレイに されちゃったのよ。
   なんでも 不注意で 教祖さまの 大事なお皿を わってしまったとかで……。
   マリアちゃんの 兄さんは 教団の兵士をしてるって いうのに まったく ひどい話よねえ……」

マリア「いいんです 私……。 最近 教祖さまの お考えに ついていけないところが あったし…
    それに 今まで こんなに多くの人々が 教団のために ドレイなされて いるなんて 知りませんでした」

俺「聞いてもねーのにベラベラと喋りはじめやがって。俺はうるさい女が嫌いなんだ」

婦人「」
マリア「」

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:21:32.84 ID:XYYVWuBz0
さるよけ

305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:21:54.79 ID:1D34agZ5O
俺は相変わらずだな

306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:22:08.16 ID:mQs+T7Te0
一貫してるな俺

307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:22:35.74 ID:mf6QTRCJ0
パパス「おらおら! 仕事の時間だぞ! さっさと いかないと このムチが とぶぞ!」

ドレイ「もう朝か・・・ やれいそげ!!」


俺「・・・・」

パパス「おお 俺か お前はゆっくりしていれば いいぞ
    お前とヘンリーには なにかと気をきかせてあるからな。ぬわっはっは」

俺「ふん・・・・」スタスタ

パパス「・・・・・・・」



パパス「むう・・・俺は 10年間 まともに 口をきいてくれない・・・
    いったい どうしてしまったのか・・・・・父親として 間違ったことはしていないはずだが・・・」

308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:24:49.31 ID:XYYVWuBz0
大丈夫。パパスには何か考えがあるはずだ多分

309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:26:47.71 ID:mf6QTRCJ0
俺「(さて・・・今日は何をして暇をつぶすかな・・・・・
   ん?)」


老人「むごいのう……。 誰か なんとかしてやれん もんじゃろうか……」

俺「どうかしたか?」

老人「おお 俺さん
   ・・・あそこを見てくだされ ドレイの女の子が いじめられておるわい かわいそうに・・・」

俺「・・・ふぅん?」ジロジロ


なんと! ドレイの女が ムチで うたれているっ!

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:30:01.59 ID:JSO3/gho0
デボラは出番なしですかね?

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:30:47.09 ID:XYYVWuBz0
俺の息子もやっぱり厨二なのかな

312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:31:15.70 ID:mQs+T7Te0
はっきり言おう
パパスは本当に裏切っている

313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:31:33.13 ID:mf6QTRCJ0
ムチ男A「オレの足の上に 石を 落とすとは ふてえ女だ! その根性をたたき直してやる!」

マリア「ど… どうか おゆるしください……」

ムチ男A「いーや だめだ。 たしか おめえは ドレイに なったばかりだったなあ
     このさいだから 自分がドレイだってことを 身にしみて わからせてやる!」

マリア「ひいいい……。」


俺「・・・・」

ヘンリー「あれ 俺! いつのまに となりに いたんだっ!?
     まあ いい……。 オレは もう ガマン できないぞ!」ダッ

俺「やれやれ、おせっかいなやつだ」


ヘンリー「オレは もう ガマン できないぞ!」

314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:33:31.48 ID:mQs+T7Te0
ヘンリー「俺も混ぜてくれ!!!」

315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:35:39.03 ID:mf6QTRCJ0
マリア「いけません……。 私にかまうと あなたまで ムチで うたれてしまいますわ」

ムチ男A「なんだ! お前も はむかう気だなっ!? よーし 思い知らせてやる!」

ムチおとこが あらわれた!


ムチ男A「ん?きさまは パパスさんの お気に入りの一人じゃないか
     へっへっへ もう一人のキザなやつと違って お前は 強くないからな・・・
     パパスさんが見ていないうちに ギタギタにしてやる!!」


俺「・・・・・」

316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:41:57.19 ID:h4r+EqTM0
俺が問題児が〜の十六夜をイメージさせる

317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:42:47.18 ID:mf6QTRCJ0
老人「俺さん・・・!!あんた あの子と仲良しじゃなかったのかい!?
   助けてやらんのか!?」

俺「あいつは今・・・戦っている・・・・・」

老人「見りゃわかるわい! だから助けて―――」

俺「違う! あいつが戦っているのは・・・
  自分自身だ!!!だから俺が助けに行くわけにはいかねえんだよ」

老人「・・・・・・・・・・・



  (なに言ってんだこいつ)」

俺「・・・・勝てよ ヘンリー・・・」(思いつめた顔で遠くを眺める)

318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:47:26.05 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「はあはあ・・・」

ムチ男A「くっ・・・(こいつ いつのまに こんな力を・・・)」

ムチ男A「ドレイのぶんざいで・・・ 反抗するんじゃねええ〜〜〜〜〜ッッ!!!!」ビシッ

ムチ男C「助太刀いたす!!」ビシッバシッ

ヘンリー「ぐ!!」


俺「・・・潮時か」スタスタ

ムチ男A「そらそらぁ! さっきまでの 威勢はどうした!」

ムチ男C「おらもっと反抗しろ!!」

ヘンリー「ぐふ・・・ちくしょう・・・・・・・」

319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:52:29.52 ID:mf6QTRCJ0
ムチ男A「はーん?まだそんな目ができるのか?気にくわねえ
     二度と 睨めねえように 目ん玉 えぐってやる!!!」ビュッ

ヘンリー「!!!うわあ――・・・」


俺「肉のカーテンッッッ!!!」サッ

ガキィ!!

ムチ男A「なに!! 誰だ 邪魔をするやつは!!」

俺「・・・ばぁ」

ムチ男AC「!!!!!! お、俺さん・・・・・・」


俺「よお お前ら 反抗して欲しいんだってなァ・・・?
  その望み 俺が叶えてやるぜ」ニヤリ

320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:53:41.15 ID:7RNxbvOoi
さん付けww

321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:53:45.97 ID:mQs+T7Te0
支援

322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:54:35.96 ID:J+WAJMldO
ヘンリー「俺のゴールドオーブをみてくれ!!」

323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:56:02.79 ID:S6d1z3KP0
だが待って欲しい
本当はパパスは俺とヘンリーを守るためにゲマに従ってる振りをしているのではないだろうか
パパスがいなければ俺とヘンリーは奴隷としてこき使われた挙句に既に死んでいたかもしれない

324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:56:49.80 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「俺・・・!!
     でも 騒ぎを起こしちゃ まずいんじゃないか?  今は ゲマが視察に来てるし お前が反抗したら パパスさんが・・・」

俺「・・・今まで俺がここに留まり続けた理由・・・・・
  パパスが 改心するんじゃないかと思ってたからなんだよ。お前とパパスを無理やり連れて 脱出するなんざ簡単だったさ
  だが人は、自ら変わりたいと思わなければダメなんだ。だから俺は待った・・・待ち続けた
  パパスは・・・親父は・・・・・ 俺にとっちゃ やっと出来た繋がりなんだ・・・
 

  だけど もう無駄だってわかったからよォ・・・最後にひと暴れさせてもらおうじゃねーの!!」

ムチ男AC「びぃぃぃいいいいいい」ガクガク





ゲマ「なにやら騒がしいですね・・・・」

パパス「様子を見に行ってみましょう・・・
    なんだ なんだ この さわぎはっ!?」


俺「・・・・・・ちっ」

ヘンリー「・・・・・」

ムチ男A「は、はっ! この2人が 突然 はむかってきて……」

ムチ男C「た 助かったぁああ」ジョロロロ

325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:58:27.89 ID:XYYVWuBz0
娘が厨二だったら可愛いな
立花みたいな

326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:00:03.22 ID:mf6QTRCJ0
ゲマ「ふむ ここで二人を庇っては 他のドレイにしめしがつきませんね
   あなたたちには 罰を与え――」

パパス「きっさっまっるぁあああ!!!!!!!!!!
    よりにもよって ゲマさまの前で よくもこんなまね してくれたぬわああああああああ!!!!!!」ビリビリ…


ムチ男D「パ…パパスさんが あんなに怒っているのは 初めてみた……」
ムチ男E「そりゃ無理ないぜ なんたって上司であるゲマさまの前で こんな騒ぎを起こされたとなると・…」
ムチ男F「ああ。最高責任者であるパパスさんの責任ってことになるからな」
ムチ男G「いくらパパスさんの息子で 最強の俺さんでも タダじゃ済まされないだろうよ」
ムチ男H「それだけじゃなく パパスさんにも罰がありそうだな…」
ムチ男I「はんっ 自分の息子で、強くてちょっとかっこいいからって 甘やかしすぎたツケさ」
ムチ男J「不用意な発言は避けるべきだと推測する。なぜならこの神殿には俺殿のフアンが大勢いるからだ」
ムチ男K「そうだよな…まあ俺さんは男の俺から見ても かまり魅力的だし  そういやムチ男T、お前ファンだったろ?」
ムチ男T「なッ!!! ば、ばかいうな!!!俺はただちょっと憧れてただけというか……」
ムチ男W「ばーか そういうのをファンっていうんだよ!」ポカッ

ドッ ワハハハハ

327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:02:06.68 ID:Tjwhn85D0
ほのぼのすんなしwwww

328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:02:57.76 ID:1D34agZ5O
ムチ男だけにガチムチ男ってか

329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:03:09.50 ID:6miHi5Ry0
ムチ男多いなwwwwwwwww

330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:05:05.51 ID:mf6QTRCJ0
兵士「………………(今のうちに)
   マリア、いまだ!こっちへこい!!手当てしてやる」ボソボソ

マリア「え?でも…」

兵士「いいから このすきに!!」



パパス「今日という今日は もうかばいきれん・・・!!!
    お前たち二人は 死刑だ!!!!!」 ド  ン  ッ



ドレイ「そ、そんな・・・・」

ドレイ「ひどすぎる・・・!!!」

ドレイ「あんまりだ!!」

ゲマ「それはちょっと やりすぎではないでしょうか・・・・」

331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:05:05.92 ID:XYYVWuBz0
C

332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:05:49.15 ID:mQs+T7Te0
ゲマ優しい

333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:06:07.92 ID:8cXwP2IT0
ゲマwww

334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:06:14.68 ID:iMbI7vyP0
ゲマに人間の心が

335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:06:20.04 ID:lbTFCwod0
ゲマw

336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:06:36.23 ID:1j0zirhJO
ゲマさん随分と甘いなぁ

337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:08:22.79 ID:mf6QTRCJ0
パパス「ええい やかましい!!!! ただの死刑じゃないぞ
    生きたまま 島流しの刑だ!! 食料も 水もないまま 海をさまよい 苦しみながら 死んでいくのだ!」

パパス「わかったな?きさまら二人は みせしめだ・・・」

俺「・・・・・」

ヘンリー「・・・・・」



パパス「・・・ゲマさま たいへん見苦しいところを おみせして 申し訳ございません
    このパパス 最高責任者として 今回の不祥事を重く受け止めるとともに この身をもって 罪を償わさせていただきます!」

ゲマ「ほっほっほ あなたは何も悪くないのですから 罰などうけなくとも―――」

パパス「いえ!!! やせても枯れても このパパス 自分の管理の甘さが招いた責任 とらさせていただく!!!
    
私もキサマらとともに 地獄の島流しに 合うぞ!!」ドン!

ゲマ「いや あなたは死ななくとも―――」

パパス「いえ!!!これが責任者の使命なのです!!!!!!」ドン!!

ゲマ「そこまでしなく―――」

パパス「いえ!!!!!!!!!」ドン!!!


ゲマ「ほっほっほ………」

338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:08:30.12 ID:Tjwhn85D0
下手に俺さんを刺激して報復されると困るからなwwww
さんざんボコられたゲマはよく分かってるwww

339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:10:27.37 ID:g5o4DjID0
パパスが発言するごとに後ろの方でムチ男が太鼓を叩いてるのか

340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:11:32.30 ID:mf6QTRCJ0
パパス「さあ 来るんだっ!」ズンズン

俺「・・・」スタスタ

ヘンリー「・・・」スタスタ


<牢屋>

パパス「ここで待っていろ 準備をするからな!!」



ヘンリー「あーあ お前の親父のせいで 苦しみながら死ぬことになるのかーーー
     せめて 楽に死にたかったな・・・」

俺「・・・・そうでもねえかもしれないぜ?」

ヘンリー「はーん?どういうことだ?」



俺「(パパスを大切にしろ・・・か なるほどな) くっくっく」

ヘンリー「ひとりで笑ってやんの 気持ちわるいやつ・・・」

341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:11:35.23 ID:ZKsxddlB0
>>339
それ太鼓男じゃん

342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:12:16.32 ID:+i+dElJVP
面白い

343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:13:00.85 ID:mQs+T7Te0
なるほどそうきたか

344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:13:26.85 ID:XYYVWuBz0
やっぱりパパスはパパスやったんや!裏切ってなんかなかったんや!

345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:14:54.17 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「ん? だれか 来たみたいだぞ!」

兵士「・・・」コソコソ


ガチャン

ヘンリー「おいおい こいつ 牢屋をあけたぞ
     いったい なんだろう? おい いってみようぜっ」ダッ


マリア「さ さきほどは 助けていただいて 本当にありがとうございました」

兵士「妹のマリアを たすけてくれたそうで 本当に感謝している。 私は 兄のヨシュアだ
   まえから 思っていたのだが お前たちは どうも他のドレイとちがうらしい。 生きた目をしている!
   そのお前たちをみこんで たのみが あるのだ。 聞いてくれるな?」

ヘンリー「ああ。話してみろよ」

346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:18:38.67 ID:mQs+T7Te0
これセリフ全部暗記してんの?
それともゲームやりながら書いてんの?

347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:21:08.03 ID:XYYVWuBz0
テキストどっかで拾ってんじゃね

348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:21:15.09 ID:mf6QTRCJ0
>>346
ゲームやりながら書いたよ
あとセリフ集みたいな感じで載せているHPも少し参考にさせてもらった



ヨシュア「じつは まだウワサだが――」

俺「この神殿が 完成すれば 秘密を守るため ドレイたちを 皆殺しにするかも知れない。
  そうなれば 当然 妹のマリアも殺される
  だから妹のマリアを連れて 逃げてくれ  ってことだろう?」

ヨシュア「・・・」

マリア「・・・」

俺「ずいぶん自分勝手なヤロウだ。身内だから助けるなんてよォ!!!
  ・・・・・と怒鳴りつけてやりたいところだが、お前の考えが今は一番得策だとおもうぜ
  全員死ぬより一人でも助かるなら そっちのほうがいいに決まっている」

ヨシュア「!! では 願いを 聞いてくれるのか!」




パパス「きさまら!何をしている!!!」

349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:21:19.07 ID:3wNUMMy80
>>1はYの主人公だから思い出しながら書いてるよ

350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:22:20.09 ID:7vX6H6BRP
>>349
6かよ

351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:22:47.73 ID:XYYVWuBz0
>>348
パパスくんなwwwwwww

352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:23:22.94 ID:yV08rNKP0
パパスをホイミメラゾーマの刑に処す

353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:24:28.24 ID:3wNUMMy80
パパスさんェ…

354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:25:34.78 ID:mf6QTRCJ0
ヨシュア「し、しまった・・・!!見つかった!
     もうだめだ・・・」


パパス「きさまら 逃げるつもりだな? ぬわっはっは・・・ぬわーーーっはっはっは!!!!

    よかろう!共に行こうぞ!!!」

ヨシュア「・・・!?」

マリア「・・・!?」

ヘンリー「・・・!? そ、それってつまり この人たちも 一緒に死ねってこと・・・・・・?」

355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:25:53.15 ID:ZQRGgyB40
ジャマス

356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:27:27.80 ID:iMbI7vyP0
もうこいつヌワスに改名しろよ

357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:29:00.80 ID:3wNUMMy80
お嫁さんとの子づくり中でも笑いながら乱入してきそう

358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:29:04.14 ID:mf6QTRCJ0
パパス「王子!!」

バス ボゴッ ボキィ

ヘンリー「!! ゴフェ!!!!」


パパス「王子! あなたは 私の 気持ちを 考えたことが あるのか!?
    軽々しく 死ねなどと 口にするでない!!」

パパス「さあ ともかく
    追手のこないうちに ここを!」


ヨシュア「な、なにがどうなっているんだ」

マリア「さあ・・・」

俺「説明はあとだ!!!パパスの言うとおり、今はさっさとずらかったほうがいい
  さあ 樽に乗り込め!!!」

359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:34:11.96 ID:mf6QTRCJ0
ヨシュア「この水牢は ドレイの 死体を流すためのものだが タルに入っていれば たぶん 生きたまま出られるだろう
     しかし 私も一緒に乗ってしまったが 誰が水路を開けるボタンを押すんだ・・・?」

パパス「・・・あ」

ヨシュア「ボタンを押せば、樽はすぐに流されるだろう  やはり 私が残るしか・・・・・」

マリア「そ、そんな・・・」





俺「おいおい 忘れてもらっちゃ困るぜ
  空のように静かで 雷のように素早い この俺をな!!!」ギュオッ

ポチッ

ギュオッ

俺「ただいま」

360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:35:31.84 ID:IUzqU/Vr0
おかえりwww

361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:36:22.44 ID:6CgIAMwk0
ワロタ

362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:36:23.44 ID:3wNUMMy80
はやい!もう帰ってきたのか!

363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:38:08.12 ID:ZQRGgyB40
_俺
パマへ
_ヨ

364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:39:12.57 ID:mf6QTRCJ0
ヨシュア「み・・・見えなかった・・・・・」

ヘンリー「すげえ・・・」

マリア「まあ・・・」

パパス「さすがは 私の息子だな!!」

俺「ふん 大したことじゃない」ニマァ


ヘンリー「なにはともあれ これで自由の身だな!!!」

マリア「でも ほかの方を置き去りにして 自分だけ助かってしまうなんて・・・罪悪感で胸がいっぱいです」

ヨシュア「仕方がないんだ  彼らの分まで 生きよう」


俺「バーカ あいつらも助けるんだよ
  この俺がな」

365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:43:11.28 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「!! ・・・ああ!そうだな!!!
     そのためにも もっと強くならないと・・・」

パパス「うむ!!」


マリア「強い人たち・・・」

ヨシュア「そうだな・・・・・」


じごくの ドレイせいかつから だっしゅつした 俺たち!!
しかし かれらのたびは まだおわったわけでは ない・・・
ほかの ドレイも かならず すくう!! そんな あらたなもくひょうを むねに 俺たちは じゆうのかなたへと ながれてゆくのであった▼

366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:46:42.76 ID:h4r+EqTM0
いつパパ死ぬんだよ

367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:48:31.00 ID:mf6QTRCJ0
パパス「樽の中というのは 思っていたよりも 暇だな・・・」


ヘンリー「あ、そうだ 時間もあることだし 説明してくれよ!! なんで俺たちは 死刑にならずにすんだんだ!?」

ヨシュア「そうだな なぜパパスさんは 私たちを逃がしてくれたのかというところも 気がかりだ」

俺「それはだな・・・」

パパス「私の口から話そう!!」


パパスは話し始めた。10年前のあの日 ヘンリーがこのまま殺されてしまえば 自分の社会的地位が危ぶまれると悟り 靴の裏を舐めてでも助かろうと思った。
靴を舐め回そうと決意しかけたそのとき ある考えがパパスの頭を駆け巡った。ゲマに気に入られることで 息子やヘンリーの命も助かるのではないか。
いくら俺が強いとはいえ 人質がいてはどうすることもできない。だからあえてゲマの右腕となり、彼に従い、俺とヘンリーを連れて逃げ出すチャンスをうかがっていたのだ。
だがある日 パパスは思った。もうこのままでもいいんじゃね?と。そして ドレイを痛めつける生活が楽しくて仕方がなくなってきた頃・・・
俺とヘンリーが いつにも増して反抗的な態度をとった。それもゲマが視察に来ているタイミングで。この出来事が、脱出などどうでもよくなっていたパパスの心を再び焚きつけた!
みせしめと称し二人を樽で流せば、合法的にここから逃がすことができる! 責任を取るため自分も流れれば助かる!なによりもそれが嬉しくて仕方なかった。
ヨシュアとマリアは機嫌がいいパパスのもとに たまたま現れたのでついでに助けた。単なるきまぐれである。

368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:48:56.06 ID:g5o4DjID0
すげえな
本編だと骸骨になるはずのヨシュアをちゃっかり助けちまった

369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:53:52.55 ID:/Y3Z6ShK0
ps2版で種増やしまくって無双したの思い出した

370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:54:51.89 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「・・・・・・」

ヨシュア「・・・・・・」

マリア「・・・・・・」

ヘンリー「ところどころ いいやつなだけで ほとんどクズじゃねーか・・・」

パパス「魔物に仕えていたせいで 心が少し侵食されてしまったのだ なに、そのうち戻るさ!ぬわっはっは」


俺「なんだっていいじゃねーか 無事脱出できたんだからよ」

ヘンリー「へへ そうだな!」

パパス「さあ 今夜は宴だ!! 酒も食料も いっぱい用意してきたからな!!」

ヨシュア「いよっ!!!待ってました!!!!!!!!色男!!!!」ヒューヒュー

パパス「わっはっは!!!」



こうして 樽は どんどん流れていった・・・

371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:59:05.06 ID:S6d1z3KP0
樽の中で宴できるってどれだけ大きい樽だよ

372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:59:09.34 ID:sIxTbbrn0
樽すげえな

373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:00:34.39 ID:mf6QTRCJ0
     ・
     ・
     ・
     ・

俺「・・・・・・・・う・・・ん・・・」

シスター「よかった! 気がつかれましたのねっ!」

俺「ここは・・・・? うっ!!!あ、頭が・・・・・」

シスター「もう3日も 眠りっぱなしで このまま 起きないのではと 心配していましたのよ
    しかし タルの中に 人が はいっていたのには びっくりしましたわ。しかも みんな ぐでんぐでんに 酔っ払っているんですもの」

シスター「お連れの人から聞いたのですが 樽の中で とんでもなく楽しんでらしたとか……。
     ここは名もない海辺の修道院。 どうか 二日酔いが治るまで ゆっくりしていってくださいね」


俺「・・・・・・・おぇ  みんなを 探そう・・・」ヨロヨロ

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:00:50.64 ID:lPsXC5Go0
そしてゲマに拾われました

375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:04:32.35 ID:IUzqU/Vr0
お楽しみでしたね

376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:05:36.96 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「・・・・・・」

俺「お  ヘンリー・・・ 海なんか眺めて どうした?」トンッ

ヘンリー「んげぇええええええ」オロロロロロロ

俺「うお!! だ、大丈夫か!!!!!!!」

ヘンリー「よ、よせ・・・大声だすんじゃな んげぇええええええええ」ゲロロロロロロ


俺「・・・・ヘンリー!!!ヘンリー!!!!」

へんじがない… ただの しかばねの ようだ。


俺「・・・他のやつらは・・・・・?」

377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:07:04.56 ID:3wNUMMy80
二日酔いで死ぬなよwwwwww

378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:11:05.27 ID:MqdwDYLP0
支援

379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:11:07.90 ID:mf6QTRCJ0
マリア「んげぇええええええええ」

ヨシュア「んげぇえええええええ」



シスター「んげぇえええええええ」

パパス「わっはっは もらいゲロとは なさけない!!」


俺「・・・・・・悪夢だ」

地獄のような 一日が 過ぎていった……。
そして 夜が明けた……。

テーレーレーレーレッテッテー




※本作中に未成年が飲酒するシーンがありますが、未成年者の飲酒は法律でかたく禁止されています
ストーリー上のフィクションですので いくら俺がかっこいいからといっても、絶対に真似しないでください

380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:13:47.27 ID:G7Fe6Y1S0
だめだワロタww

381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:16:16.11 ID:IUzqU/Vr0
真面目かwww

382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:16:35.01 ID:7WSx7cKF0
注意書きするくらいなら、酒じゃなくて船酔いにしとけwww

383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:16:55.28 ID:XYYVWuBz0
C

384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:17:03.06 ID:mf6QTRCJ0
<朝>

ヘンリー「よぉーし!!ヘンリーさま 完全復活!!!!!」


ヨシュア「私は まだだめだ・・・あたまが・・・割れる・・・・・・・」

マリア「んげぇええええええ」


パパス「しかし 樽の中での宴は楽しかったな! まさか 逃亡生活がこんなにも充実しているとは・・・
    また経験したいぞ!わっはっは」

俺「まあ・・・楽しかったのは同意だが、アルコールは禁止だな
  ん?いつの間にか 着替えている・・・・・」

若シスター「そうですわ。その服は あなたが持っていた荷物に はいっていたものです。
      前の服は あまりにボロボロだったので 着がえさせて もらいましたのよ。ぽっ……。
      あと これも荷物の中に はいっていましたわ」


俺は ビアンカのリボンを手に取った。
俺は ゲレゲレのことを 思いだした……

俺「ゲレゲレ・・・あいつは今 どうしているのだろうか」

パパス「なぁに、きっと今頃立派な魔物になって 人々を食い殺しているだろう 心配するな」

俺「・・・・・」

385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:21:51.23 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「な、なあ それより あんまり長居するわけにもいかないと思うぜ?
     だって俺たちには ドレイを開放するって 重大な役目が あるだろう?」

俺「そうだな・・・・・俺たちが今いる正確な位置の把握を優先的に行うか
  ヘンリー パパス 旅支度を整えろ。すぐに出発する」

ヘンリー「ああ、わかった といっても 俺は荷物なんてなにももってないけどな
     世話になった人たちに 挨拶してくるぜ」ダッ

パパス「私は荷物をとってくるとしよう」テクテク



シスター「やはり いってしまうのですね。
     なんでも ドレイを救う旅とか。
     北にある 大きな町でなら 何か 分かるかもしれませんね。
     どうか お気をつけて」

ヘンリー「ありがとう。 お世話になりました」

386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:22:27.46 ID:I2K+IXUE0
さるよけ

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:25:00.49 ID:sIxTbbrn0
しぇん

388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:26:39.98 ID:goGjGkgZ0
C

389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:27:38.23 ID:mf6QTRCJ0
ヨシュア「きみたちのあかげで 私もマリアも助かることができた・・・
     この恩は 一生忘れないだろう」

マリア「んげぇえええ……本当に いろいろ ありがとうございました。
    私は ここに残り 多くのドレイの皆さんのために 毎日 祈ることにしました。んげぇ
    そして みなさんが 無事でいられるようにも……。
    どうか お気をつけんげぇええ…」

ヘンリー「ありがとう 元気でな!!
     あとこれ・・・つまらないものかもしれないけど 受け取ってくれ!」


ヘンリーは マリアに エチケットぶくろを てわたした!!

マリア「まあ・・・ありがとうございます!!」

ヘンリー「吐いてるキミも すてきだZE☆
     あばよ!!!!」タッタッタッ

マリア「…ぽっ」

390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:29:39.52 ID:XYYVWuBz0
ついに俺が仕切りだした

391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:32:36.10 ID:mf6QTRCJ0
支援ありがとう




ヘンリー「俺!おまたせ!!」

俺「あいさつはもう済んだのか?」

ヘンリー「ああ、ばっちりだぜ お前も 挨拶ぐらいしてこいよ」

俺「永遠の別れじゃねーんだ。会いたくなったらまた来ればいい
  ま、俺はならねえけど」

ヘンリー「そうだよな・・・!!」



パパス「またせたな!長旅になると思ったので 酒の種類を厳選していたら おもいのほか時間がかかってしまった!」

俺「・・・・・・」

ヘンリー「酒しか荷物ないのかよ・・・」

パパス「わっはっは!!」

俺「まあいい。では行くぞ
  世話になったな シスター」

392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:34:54.91 ID:wuBmuw7M0
かわいい女の子が吐く姿って興奮するよね
あの綺麗な顔のかわいい口から悪臭を放ちながら溢れる吐瀉物

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:35:48.05 ID:XYYVWuBz0
パパスが完全に賑やかし役にww

394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:37:00.47 ID:iMbI7vyP0
パラス……

395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:37:40.80 ID:mf6QTRCJ0
シスター「俺 あなたは もう大人です。これからは 自分の道を 自分で見つけなくては ならないでしょう」

パパス「父である私もパーティにいるんだがな!わっはっは」

シスター「しかし 神さまが 見守ってくれていることを わすれないでください。
     俺の旅に 神の ごかごが あらんことを」

俺「ふん 心にもないことを
         ・・・・・・ありがとよ」


ヘンリー「さあて いこうぜ!」

パパス「うむ!!」

396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:41:30.97 ID:0NBed26l0
さて…カジノの街か

397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:41:55.62 ID:mf6QTRCJ0
スライムが あらわれた!
俺「覇ぁ!!!」
ガスミンクが あらわれた!
パパス「ぬん!!」
ブラウニーが あらわれた!
俺「覇ぁ!!!」
ベビーニュートが あらわれた!
パパス「ぬん!!」
まどうしが あらわれた!
俺「覇ぁ!!!」
さんぞくウルフが あらわれた!
パパス「ぬん!!」
クックルーが あらわれた!
俺「覇ぁ!!!」
エビルアップルが あらわれた!
パパス「ぬん!!」

ヘンリー「・・・この旅に 俺って必要?」

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:45:33.43 ID:XYYVWuBz0
>>397
やっとパパスがパパスらしく…

399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:46:49.68 ID:mf6QTRCJ0
俺「町についたみたいだな」

ヘンリー「ずいぶんにぎやかな ところだな!!」

パパス「愚民どもの娯楽がある 町なんだろう
    ドレイ候補が わんさかいるぞ」

ヘンリー「なあ・・・こいつ本当に大丈夫なのか?」

俺「多少不安だ が、まあ多めにみてやってくれ・・・・・
  おい ここはなんという名の町だ?」

男「兄さんたち ここは初めてかい?
  ここは 誰もが夢を抱き やってくる オラクルベリーの都だ」

400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:49:11.71 ID:XYYVWuBz0
前言撤回

401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:50:03.26 ID:mf6QTRCJ0
パパス「オラクルベリー・・・ふむ 聞いたことないな  どうやらサンタローズからは かなり遠いらしい」

俺「この世界の地理状況がまったくわからねーが・・・おそらくサンタローズとは違う大陸なのだろう」

パパス「そのようだな さて どうしたものか」

ヘンリー「もっと話をきいてみようぜ
     それに 誰もが夢をいだいてやってくる都なんて 気になるじゃないか!!」


若者「やあ 負けた 負けた! 人生 やっぱり 楽をして かせげないもんだなあ」

娘「あたし 踊り子になりたくて この町に やってきたの。
  きっと トップダンサーに なってみせるわ」クルッ




俺「なるほど・・・ざっと聞いて回ったが やはり俺たちがいた大陸とは離れた場所のようだ」

ヘンリー「そうみたいだな あまり有益な情報も なかったし・・・長居は無用かな」


俺「ところで・・・パパスのヤロウはどこだ?」

ヘンリー「え? ・・・あれ いつのまに いなくなったんだ!?」

俺「ちっ いい年して迷子かよ つくづくお荷物なやつだ
  しかたねえ・・・探しにいくぞ」

402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:50:09.84 ID:Iu+AMOdO0
支援

403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:51:12.15 ID:1MCYZyU00
パパス(´・ω・`)

404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:51:46.42 ID:mQs+T7Te0
ぬわす・・・

405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:53:48.97 ID:mf6QTRCJ0
ガチャ

俺「失礼する ここに片乳を出したひげ面のおっさんが来なかったか?」

老婆「? そんなやつがわしの前にあらわれたら 襲ってしまうわい」

俺「そうか 邪魔したな」クルッ


老婆「まちな  わしは この町では ちょっと 名の知れた 占いババじゃ。
   本当は 夜しか 占わぬが おぬしは なかなかの男舞前で わしの好みだから いいことを 教えてあげるぞえ。」

老婆「巨大な闇の手が この世界を のみこもうと しておる!
   信じる 信じまいは おぬしの勝手じゃがな……。 ふぁっふぁっふぁっ」

ヘンリー「そんなこと急に言われても・・・なあ?」

俺「俺は信じるぜ。確かに嫌な予感がする  つっても俺にとっちゃ願ってもないことだがな(クックック)
  教えてくれてありがとよお姉さん じゃあな」

老婆「お姉さん…じゃと///」ポッ

406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:55:44.72 ID:G7Fe6Y1S0
老婆…

407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:58:07.71 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「にしてもパパスさん まじでどこいったんだ?
     ん?地下へ通じる 怪しげな階段・・・ パパスさんが いるかもしれない。行ってみようぜ」

ザッザッザッザッ

老人「わしが 有名な モンスターじいさんじゃ。」

ヘンリー「今度はジジイかよ・・・」

ヘンリー「ふむ……。おぬしは なかなか するどい目を しておるな。
   しかも ふしぎな目じゃ。もしかすると おぬしなら モンスターですら 改心させ 仲間にできるかも知れんの」

俺「ほう?」



老人「なに? それには どうしたら いいかだと? よろしい 教えてしんぜよう。
   まず 馬車を 手に入れることじゃ! そして……
   憎む心ではなく 愛をもって モンスターたちと戦うのじゃ。
   その おぬしの心が通じたとき モンスターは むこうから 仲間にしてくれと いってくる じゃろう。
   もっとも 彼らは 自分より 強い者しか尊敬しないから 仲間になりたいというのは こっちが勝ったあとじゃがな」

俺「ふん、モンスターを仲間にする気はさらさらない が・・・ 馬車か。そいつがあれば旅は楽になりそうだな

  あと言っておくが 俺はもともとやつらを憎んでなんかいない。生きとし生けるもの全ての命は平等だと考えているからな
  それからもうひとつ・・・俺より強いモンスターなど 存在しねえよ(ニマァ)
  じゃあな」

ザッザッザッザッ

408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:58:27.32 ID:fTnEKNkA0
ほしゅ

409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:00:42.55 ID:G7Fe6Y1S0
保守
明日まだ残ってたら見てみるよ

410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:02:03.57 ID:mf6QTRCJ0
俺「ここもハズレか・・・あのヤロウ・・・・・手間かけさせやがって
  どこを探せばいいってんだよ クソ」

ヘンリー「そういえば入り口付近に カジノがあったけど まさか・・・」

俺「いや あいつもそこまで落ちぶれちゃいないだろう。 あれでも俺の・・・親父なんだからな」

ヘンリー「そうだよな・・・!
     でもよう、カジノってたぶん 世界中から人が集まるんじゃないか? だったらすごい情報を 聞けるかも!」

俺「確かに・・・。賭け事に興味はないが、行ってみる価値はありそうだ」

ヘンリー「やりっ!! おれ 一回でいいから カジノに行ってみたかったんだ!!!」

俺「一度ギャンブルにハマれば全てを搾取される・・・人生までもな
  そんなのは愚か者のすることだ。それだけは肝に銘じておけ」

ヘンリー「おう!!おれは 愚か者なんかじゃないからな!!」

俺「よし では行くぞ」

411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:03:37.36 ID:7rn+9gAG0
期待してるぞパパス

412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:06:01.14 ID:Iu+AMOdO0


413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:08:06.87 ID:7U6JVjFF0
ぬわーに100G

414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:09:04.06 ID:mf6QTRCJ0
<カジノ>

バニー「ようこそ カジノへ。ここでは コインしか つかえません。
    そこの キャッシャーで コインを 買ってくださいね」

ヘンリー「ちょっとだけ・・・な!ちょっとだけ!」

俺「てめーの金だ 好きにしろ」

ヘンリー「ひゃっほう!!! おねーさん、50枚ちょうだい!!」


俺「ったく ガキだな・・・
  さて 俺はCOOLに情報収集でもするか」

415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:09:17.28 ID:GTp3F4620
レート100スロにぬわー

416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:11:59.67 ID:AZbWS9Sk0
どんなに俺が最強でも僕はエスターク様を信じます

417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:12:13.39 ID:AaqE/v9p0
それにしてもこの俺、ベジータを彷彿とさせるキャラだな

418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:12:59.07 ID:mf6QTRCJ0
<BAR>

マスター「いらっしゃいませ」

俺「マスター、一杯くれ」ドカッ

マスター「かしこまりました。何をお作りいたしましょう?」
     

俺「酒はダメなんで、オレンジジュースください」

マスター「あ・・・はい
     お兄さん、調子はどうです?勝ってますか?」

俺「いや 俺は付き添いで来ただけだ 賭けはやらねえ」

マスター「そうですか  せっかくカジノがある町に来たのに それじゃあ たいくつでしょう?」

俺「ああ・・・なにか面白い話でも聞かせてくれよ」

419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:16:42.17 ID:mf6QTRCJ0
マスター「そうですね・・・
     お客さん、伝説の勇者って 知っていますか?」


俺「伝説の 勇者・・・?」ズズズ・・

マスター「ええ、なんでも 世界を 闇が むしばむという ウワサが あるみたいですが
     その闇を うちやぶる 伝説の勇者が 現れるとか 現れないとか・・・

俺「ほう・・・?」(片眉をつりあげる)

マスター「どちらも あくまで ウワサですけどね
     そういう人が ホントに 出現するか どうか……。
     私は 出現するほうに コイン1000まい かけてるんですよっ」

俺「ふぅん? ならば俺も賭けよう」

マスター「おっ お客さん 初ギャンブルですか!! して 何に何を賭けるんです?」

420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:22:41.46 ID:mf6QTRCJ0
俺「光と闇・・・共に出現する方に賭けよう
  俺の人生を!!!!!」バン!

マスター「・・・!!!!
     はっはっは いや お客さん あなた 生粋の ギャンブラーですな!
     きっと この町で うまくやっていけますよ!」

俺「勘弁してくれ(クックック)
  ありがとよ 面白い話だったぜ」チャリン

マスター「あ、それからもう一つ これもタイムリーな話なんですがね
     今日 とんでもなく大負けした人がいるそうですよ!! ほかのお客さんの話を聞くかぎり
     なんでも 片乳を出した変態だとか。そういう人を見かけたら 近づかないことですね」

俺「なん・・・だと・・・・・・・・?」





すんませんちょっとだけ外出するのでもしよろしければ保守お願いします

421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:25:44.01 ID:sACD3QC20
パパス……(´・ω・`)

ほす

422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:27:57.12 ID:laFCZ05U0
両乳だしたハッサンに5の世界は早すぎたようだ・・・

保守

423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:28:21.12 ID:mQs+T7Te0
ほす

424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:30:33.86 ID:c2GD2EjB0
また追いついた

425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:34:18.38 ID:lkj3lcri0
ほしゅ

426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:41:45.90 ID:ZQRGgyB40
昨日の夜中から書いてるのかタフだな

427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:44:09.18 ID:lbTFCwod0
ほしゅ

428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:46:13.77 ID:sACD3QC20
俺さんならフローラとデボラ両方とも嫁にしそう

429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:46:51.47 ID:6J0cYkQ80
ビアンカは?

430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:53:05.69 ID:mQs+T7Te0


431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:53:34.80 ID:ZeXX7MII0
追いついた保守

432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 17:57:50.29 ID:mf6QTRCJ0
保守ありがとうございます




俺「ちくしょう・・・パパスのアホめ・・・・・まさか本当にカジノに来ていたとは
  しかも大敗だと? 一刻も早くあのアホを連れてこの町を出よう」

ヘンリー「あ、俺!!! 結局全部 スっちまったよ・・・クソ ぜってー遠隔だ」

俺「そんなことより やべえことを聞いちまった
  ここにパパスが来ていたらしい・・・ いや、ひょっとすると まだいるかもしれん」

ヘンリー「パパスさんが・・・?
     ん?!なんだか モンスター闘技場の方が 騒がしいぞ まさか・・・
     俺!行ってみよう」

俺「Shit...嫌な予感しかしねえぜ」

433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:00:44.09 ID:laFCZ05U0
パパスさんフリーダムすぎるwwwwwww

434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:04:50.31 ID:lPsXC5Go0
パパスの死因がなんとなく見えてくる

435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:10:55.01 ID:9/1Rv7L00


436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:13:38.25 ID:mf6QTRCJ0
パパス「おらっそこだ!!!!やれ!!!!ああ!!おいコラ!!!負けたらぶっ殺すぞ!!!!」

ディーラー「お、お客様!大声を出すのは やめてくださいと なんども・・・」

パパス「ええい やかましいぞ!! 私が賭けたモンスター、さっきから 一度も勝っていないぞ!!
    八百長でも してるんじゃないのか!んん!?」

ディーラー「そのようなことは決して・・・(大穴狙いでスライムにしか賭けてないんじゃ 勝てるはずないだろ)」

パパス「ああっ そうこうしているうちに また負けやがった・・・
    ええい もう我慢ならん!!!」ダッ


なんと パパスが せんとうに くわわった!!!

437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:14:22.47 ID:lbTFCwod0
パパス乱入w

438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:18:40.93 ID:mf6QTRCJ0
魔物のむれは おどろきとまどっている


パパスの こうげき!
パパスの こうげき!


パパス「わっはっは!!哀れなスライムに代わって 私が相手だ! 全員たたきつぶしてやる!」


パパスの こうげき!
パパスの こうげき!
ドゥクシ!ボガッ!ムテキビーム!


ヘンリー「予想以上にひどい有様だな・・・」

俺「次ゲマに会ったら 返してやろう」

ヘンリー「それが一番かもな この世界にとっても あいつにとっても」

439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:25:00.70 ID:mf6QTRCJ0
ディーラー「だれか 助けてくれーーーー!!」


俺「っと。 尻拭いにでも行ってくるか」シュンッ

ヘンリー「オーケー 頼んだぜ」


パパス「ぬわっはっは!!!!死ね!死ぬのだ!!!」

シュンッ

俺「・・・・・」

パパス「おお!俺じゃないか!! どうだ お前も一緒に 闘技場で戦うか?」

440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:28:12.40 ID:MqdwDYLP0
>>407
豹変したヘンリーに笑った

441 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:30:13.22 ID:mf6QTRCJ0
俺「てめえ・・・『覚悟して来てる人』だよなァ・・・

  モンスターを「始末」しようとするって事は、 逆に「始末」されるかもしれないという危険を
  常に『覚悟して来ている人』ってわけだよな・・・・・?」

パパス「なにを言って・・・」


俺「オレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレ!!!」ドゴドゴドゴドゴッ

パパス「うがげごがごぎご」

俺「オレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレ!!!」

俺「オレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレ!!!」

442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:32:11.01 ID:3wNUMMy80
俺さんラッシュもちかよwwww

443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:36:48.14 ID:mf6QTRCJ0
俺「オレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレ
  オレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレ
  オレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレ」

俺「オレオレオレオレオレオレオレオレ、オレェエエーーーーーーーーッッ!!!!!!」バゴォーン!!

パパス「ヤッダーバァアァァァァアアアアア!!!!」



俺「人に迷惑かけんじゃねえよ ボケが」




ディーラー「あ・・・あ・・・・・・」パクパク

俺「連れが邪魔したな。こいつは連れて出て行くから安心しな」グイッ

パパス「」

俺「いくぞ ヘンリー」

ヘンリー「あ、ああ・・・

444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:40:50.00 ID:ZaX2FDpd0
このパパスを生かしてたらグランバニア滅ぶぞ

445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:43:06.29 ID:6J0cYkQ80
そういえばグランバニア王継承しないのか
この際もう殺して王位奪い取れよ

446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:45:19.21 ID:mf6QTRCJ0
俺「オレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレ
  オレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレ
  オレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレオレ」

俺「オレオレオレオレオレオレオレオレ、オレェエエーーーーーーーーッッ!!!!!!」バゴォーン!!

パパス「ヤッダーバァアァァァァアアアアア!!!!」



俺「人に迷惑かけんじゃねえよ ボケが」




ディーラー「あ・・・あ・・・・・・」パクパク

俺「連れが邪魔したな。こいつは連れて出て行くから安心しな」グイッ

パパス「」

俺「いくぞ ヘンリー」

ヘンリー「あ、ああ・・・

447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:47:56.32 ID:mf6QTRCJ0
俺「やはりギャンブルにハマると ろくなことにならんな」

ヘンリー「(パパスさんはもともとろくでもない人間だったけど)」

俺「しかしこいつを担いで旅を続けるのは大変だな・・・チッ どうしたものか」



男「オーーイ!!にいさんたち!!ちょっと待ちな!!」

ヘンリー「ん?俺たちに言ってるのかな?」

俺「なにか用か?俺ぁ一刻も早く こんな町出たいんだ。邪魔をするな」

男「まあそう言うなよ。あんたらにいい話があるんだ!
  俺はこの町で オラクル屋って店をやってるんだがよ・・・」


男「お前さん 旅の人だろ? だったら 馬車のひとつも 買ってみないかい? そんな大男を担いで 旅するのは大変だろう?」

俺「ほう・・・ そいつは確かにありがたい話だ
  が、残念ながらギャンブル狂のクズどものせいで こっちは一文無しなんだ」ギロッ

ヘンリー「わ、わるかったよぅ・・・」

448 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:51:17.82 ID:S+PtTEqNO
>>447
「てめーの金だ 好きにしろ」とか言ってましたやん

449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:54:29.97 ID:laFCZ05U0
しかしむさくるしいパーティだなww

450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:55:13.37 ID:mf6QTRCJ0
男「金のことなら心配しなさんな!
  3000Gと いいたい ところだが まけにまけて 無料でさしあげよう!」

俺「・・・どういう風の吹き回しだ?なにを企んでいる」

男「なぁに さっきのカジノでの暴動 ちょっくら拝見させてもたってよ。あんたの強さに惚れちまっただけさ
  さ、俺の気が変わらんうちに 持っていきな!」


俺「そういうことなら ありがたくいただこう。すまんな」

男「へっ いいってことよ そのかわりと いっちゃあなんだが またこの町に来てくれよ!
  いちファンとしての 頼みだ」

俺「・・・ああ、わかった」

男「じゃあな兄さんたち! いい旅を!」タッタッタッ

451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:56:54.30 ID:mQs+T7Te0
いい男

452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 18:59:34.29 ID:V7i8SH0B0
>>418
とぐろかよw

453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 19:08:38.85 ID:mf6QTRCJ0
俺「なにはともあれ 必要なものは揃った
  行くぞ」

ヘンリー「応!!」




ヘンリー「とはいったものの・・・どこへ行けばいいんだろうか」

俺「この辺りの地理がわからん故に 目的地が定まらんが・・・
  パパスも気絶したままだ。  のんびり行こうや」

ヘンリー「了解、ボス」

454 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2014/02/08(土) 19:10:21.96 ID:rDDzZq180


455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 19:15:47.72 ID:laFCZ05U0
いいよー

456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 19:25:41.55 ID:qVUkJnTX0
しぇんん

457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 19:27:36.45 ID:9SM2b5KR0
しえぇぇ

458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 19:30:21.29 ID:Z9vz00k60


459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 19:33:25.11 ID:fTnEKNkA0
hosy

460 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 19:42:03.67 ID:sACD3QC20
ほす

461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 19:47:57.25 ID:sACD3QC20


462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 19:53:07.01 ID:sACD3QC20
保守

463 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 19:57:01.73 ID:laFCZ05U0
はよ

464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 19:58:51.19 ID:i7PToZ8y0
追いついた

465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:05:28.19 ID:sACD3QC20


466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:09:00.40 ID:laFCZ05U0


467 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:09:59.96 ID:GTp3F4620
エスタークまで書くなら明後日までかかりそうだな
でもおもしろいから保守

468 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:13:05.67 ID:nd/7qceY0


469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:20:05.66 ID:LdsiJrtf0
ほす

470 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:20:05.80 ID:rDY9GmTI0
久々に面白い
俺は応援しているぞ

471 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:24:24.55 ID:sACD3QC20
ほす

472 :monacoin:MEwS5BJEaoR1mbZBbNogTxCTUHCGhg42Wq:2014/02/08(土) 20:27:54.98 ID:lh4Chkcx0
保守

473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:34:03.55 ID:9SM2b5KR0
ほしゅしゅしゅしゅ

474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:37:46.33 ID:lbTFCwod0
ほしゅ

475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:38:38.51 ID:Iu+AMOdO0


476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:39:07.23 ID:OJYdM5PW0
消えたか...

477 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:39:50.57 ID:jCxYiF9F0
これ、俺さん石化しないんじゃねーの?
あ、でも嫁さん人質にされたらわからんか。

478 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:41:19.88 ID:iMbI7vyP0
直せと言われて直せるならキモオタじゃないだろ

479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:43:53.06 ID:iMbI7vyP0
誤爆してしまった

480 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:44:01.42 ID:i7PToZ8y0
寝ちまったか

481 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:54:31.97 ID:nmOv5Q970
つい最近5をやりはじめたおれにはタイムリーなスレだな

482 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:55:36.63 ID:LdsiJrtf0


483 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:56:25.54 ID:laFCZ05U0
パパス「おう >>1!目がさめたようだな」俺「・・・あ?」

484 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:02:37.86 ID:Iu+AMOdO0


485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:03:11.27 ID:mf6QTRCJ0
保守ありがとう!すまん知らない間に寝ていた
再開します



―――――――――――――――――――――
――――――――――――――――
――――――――――――

ヘンリー「ひぃひぃ・・・いったい・・・・・いつまで・・・・・歩くんだ・・・?
     もう 辺りは まっくらだぞ・・・・・ひぃひぃ」

俺「むぅ、やはり闇雲に歩くだけではだめか・・・
  今夜は野宿だな」

ヘンリー「ええー!冗談じゃないぜ ドレイだったころでも 天井のあるところで寝てたってのに――――
     あ!!おい、みろよ あっちの方向!!あれは・・・!」

俺「ん?   あれは・・・・・
  光だな」

ヘンリー「あそこに 町か村があるってことだ!!!!ひゃっほう!!野宿せずにすんだ!!
     俺ーーーいくぞ!!!」ダッ

俺「やれやれ、いつまでたってもガキだな
  俺たちはのんびり行こうぜ、馬王(まおう)」

馬「ヒヒーン」

俺「この名が気に入ったようだな(クックック)」

486 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:05:22.23 ID:laFCZ05U0
パパス「おう >>1!目がさめたようだな」>>1「・・・あ?」

487 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:06:55.79 ID:6CgIAMwk0


488 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:11:41.46 ID:sACD3QC20


489 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:17:31.54 ID:GTp3F4620
しえん

490 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:19:46.35 ID:HcwiD3Qd0


491 :monacoin:MEwS5BJEaoR1mbZBbNogTxCTUHCGhg42Wq:2014/02/08(土) 21:21:58.69 ID:lh4Chkcx0
また寝たか

492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:23:00.81 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「村だぁーーーーーーーーーー・・・・・

     ・・・・・こ・・・これは・・・!!」

俺「ひでえ有様だな 荒れ果ててやがる」

ヘンリー「魔物に・・・襲われたのかな?」



俺「・・・・・」(顎に手を当てしゃがみこむ)

俺「いや違うな
  見ろ、ここにある複数の足跡・・・規則正しく並んでいる。これは兵隊が通った跡だ
  それにこの型・・・靴底に円板がついているようだ どんな道でも滑らないよう工夫されたもの、主に兵士用として使われる靴だな」

ヘンリー「じゃあこの村・・・・人間に襲われたのか!!?」

俺「人間とは愚かだな・・・どこの世界でも」

馬「ヒヒン・・・」

493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:23:04.63 ID:Iu+AMOdO0


494 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:26:53.46 ID:mf6QTRCJ0
俺「こんな状態じゃ 人はいないだろうが・・・
  探すだけ探してみるか」

ヘンリー「・・・・・・ああ」



俺「教会か・・・」

ヘンリー「中に入ってみよう。誰かいるかもしれない!」

俺「淡い期待を抱くな。余計につらいだけだぞ」

ギィイ・・・

俺「な?誰もいねえだろ?」





シスター「誰!?」

ヘンリー「・・・」ドヤァ

俺「チッ」

495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:29:24.82 ID:laFCZ05U0
ヘンリーさんェ・・・

496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:29:58.58 ID:mf6QTRCJ0
シスター「旅の方でしたか  どうぞゆっくりしていってください。といっても 今は何もありませんが…
     その昔 ここは とても 美しい村でしたのよ。
     しかし ある日 ラインハットの兵士たちが 村を焼き払いに来て……。
     ひどい! ひどいわ! (プルプル)
     パパスさんのせいで 王子様が 行方不明になっただなんて!」

俺「(間違ってはいない)」

シスター「あら ごめんなさい。 あたしったら 急に とりみだしたりして……。見ず知らずに人に パパスさんの話をしても しかたなかったですわね……
     え? パパスさんを知ってる? あなたの父親ですって!? そんなっ……!」

俺「ったく この俺を忘れるとは 年をとったもんだな あんたも」ヤレヤレ

シスター「でも その憎たらしい話し方…確かに あの時の坊やのおもかけが……。
     俺! 俺なの!?
     こんなことって……。 こんなことって……。 ああ 神さま!
     パパスさんが死んだのは 残念だったわね……。でも負けちゃだめよ!強く生き―――」



パパス「ん?私がなんだって!?」バッ

497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:31:02.70 ID:xzOy1VsW0
追いついた!試験前なのに勉強できん

498 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:31:30.66 ID:i7PToZ8y0
いや勉強しろよ

499 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:33:13.67 ID:9SM2b5KR0
久しぶりにDQ5やるかな

500 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:35:21.60 ID:mf6QTRCJ0
シスター「ひぃ!!!馬車からパパスさんの 亡霊が!!!!」ガクガク

ヘンリー「とんでもなく いいタイミングで 目覚めたな・・・」

パパス「わっはっは このパパス おいそれとは気絶するものか」



俺「そんなことより ここはサンタローズだったのか・・・
  ひでぇ有様だな」

パパス「まったくだ・・・ラインハットのゴミどもめ、そう簡単に死ねると思うなよ」ワナワナ

俺「八割七分五厘お前のせいだけどな」

501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:37:33.66 ID:HcwiD3Qd0
バンナムコ

502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:40:04.36 ID:FhWeQ6H40
しえん

503 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:41:15.73 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「・・・・・」

俺「国の様子が 気になるか?」

ヘンリー「・・・ああ。デールが こんなひどいことを するとは思えない・・・
     きっと なにか 裏がある。そう思えて ならないんだ」

俺「俺も同感だ。どうもひっかかる・・・


  だがまあ、心配するな。あのガキはお前と違って優秀だ」

ヘンリー「なんだよそれ! まるで 俺様が 優秀じゃないみたいな 言い方だな!」

俺「くっくっく 冗談だ。  さあ もう少しサンタローズを探索して、ラインハットに向かうぞ。事実はこの目で見て確かめるもんだ」

ヘンリー「ああ
     ・・・ありがとよ 俺」ボソ

504 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:43:28.19 ID:rvZ9j5290
http://i.imgur.com/Dpt7LrF.jpg

505 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:44:19.88 ID:i7PToZ8y0
>>504
なんだよその画像wwww

506 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:44:51.57 ID:laFCZ05U0
支援

507 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:45:12.88 ID:mf6QTRCJ0
>>504
今週一ワロタwwwwww




パパス「やはり 男同士の友情って いいものだな
    サンチョ・・・・・・ はっ!!そうだ!ここがサンタローズなら 家に行ってみようではないか!!
    ひょっとすると サンチョがいるかもしれん!!」

俺「? 誰だそりゃあ」

パパス「サンチョを忘れただと!?
    まあいい、顔を見れば思い出すだろう  確か最後に見たのは、家でウワゴトをブツブツ言っていたときだったはず
    運がよければ まだウワゴトを言っているかもしれん!!」

俺「!!(思い出した! ごちゃごちゃとうるさかった サンチョのヤロウか
  しかし俺がマヌーサをかけたのは10年前だ。あのアホでもさすがに解けているだろ
  さすがに・・・な)」

508 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:47:23.27 ID:iMbI7vyP0
しえん

509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:51:07.38 ID:iMbI7vyP0
しえん

510 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:52:01.02 ID:IQHeNp/GO
追い付いたがパパスが偉いことになっててワロタ
未来俺くんの言う通りに大切にしていればこうはならなかったのか

511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:53:35.98 ID:WL6Xn9uU0
支援

512 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:56:58.51 ID:mf6QTRCJ0
<俺の家>

パパス「10年ぶりの我が家だ! といっても 本当の我が家ではないがな(ボソッ)
    サンチョ!!このパパスが戻ったぞ!」ガチャ


シーン

パパス「むう・・・やはり いないか。」

俺「視聴者の期待をたまに裏切るのが見所  ってか(ククク)」

パパス「あのサンチョなら 10年程度なら私を待っていると思ったのだが・・・・・
    いや、たまたま夕飯の買い物に 出かけているだけかもしれん!」

俺「平和堂にか? ふん くだらぬ希望は捨てることだ。あんなやつ いてもいなくても変わらん」

パパス「いいや 私はあきらめん!!ドレイ無き今 こき使えるのは あいつだけだからな!!なんとしても 見つけ出す!! 
    村中くまなく探すぞ!!ついてこい!」

513 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:57:08.27 ID:iMbI7vyP0
しえん

514 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:58:26.90 ID:sACD3QC20
まさかここで平和堂の名を聞くとは

515 : 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(1+0:15) :2014/02/08(土) 21:59:48.08 ID:+Dm9QE6L0
まさかの滋賀県民

516 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:00:45.90 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「・・・・・」

俺「・・・・・」

ヘンリー「なあ そろそろ 楽にしてやったほうが いいんじゃないか?」

俺「俺もそう思い始めた・・・」

ヘンリー「そのときは息子のお前に任せるよ とりあえず今は好きにさせてやろうぜ」

俺「・・・・・ああ」


パパス「サンチョー!おーい サンチョーー!!!おとなしく出て来い!!!
    ほら お前たちも サンチョを呼ぶのだ!」


俺「いい歳して大声出すなよ 恥ずかしい・・・
  聞き込みの方が効率的だと思うぜ? ま、無駄であることに変わりはないが
  おい爺さん ちょっといいか?」

老人「はて? どちらさま だったかのう……?」

俺「ん?“どちらさま だったか”ということは 俺のことを覚えているのか?
  俺の名前は俺。10年ほど前に この村に住んでいたんだが・・・」

517 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:04:51.58 ID:mf6QTRCJ0
老人「なんと! ハパスどのの 息子の 俺か!
   おお! おお! 大きゅうなって……。 立派に なったのう……。
   して パパスどのは?」


パパス「このとおり ピンピンしているぞ!」

老人「え?生き・・・え?あれ?台本と違う・・・」

パパス「台本だと? わっはっは ボケているな!!
    その様子では 今でも鍋の中身を食ったのに『わしゃ知らん!』とか言っているのだろう?わっはっは!」

老人「わしゃ 食べとらんぞ!!!!」

518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:07:57.22 ID:J2+ektHpi
C

519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:09:58.01 ID:mf6QTRCJ0
パパス「ところで 老人。サンチョはどこにいるか 知らないかね?」

老人「サンチョどの・・・おお なつかしい名前じゃ・・・・・
   この村が ラインハットの兵士に 襲われてから 姿を見ていないが・・・」

俺「な?」

パパス「‘この村には’いないだけだ!!」

ヘンリー「珍しく食い下がるなぁ・・・どんだけドレイがほしいんだよ」


パパス「他に サンチョのことを知っている人間を あたってみるとするか」

俺「俺はパスだ。はっきりいって興味ない  聞き込みなら一人でやるんだな」

ヘンリー「右に同じってとこだな」

パパス「むむむ・・・まあよい!ではお前たちは チャリ走でもして 適当に時間をつぶしていろ」タッタッタッ

520 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:13:09.20 ID:rvZ9j5290
チャリ走ww

521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:14:04.92 ID:mf6QTRCJ0
俺「さて、俺たちはどうする? この村でやることなんて 特にないぜ?」

ヘンリー「なにか 役に立ちそうなものは ないかな?」


老人「そういえば あの当時 パパスどのは 洞くつのなかに 大切な物をかくしていたようじゃ。
   なん年もたっているので どうなってるかは知らんが きっと まだあるはず! 気をつけて調べなされよ。」

俺「パパスの大切なもの ねぇ・・・ おもしろそうじゃねーか」ニマァ

ヘンリー「それ探し出して あいつに見せてやろうぜ!! なんだか知らないけど きっと 驚くだろうよ」

俺「暇つぶし程度にはなりそうだな よし 洞くつ探検といくか」

522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:14:49.98 ID:chEt0oOR0
あの時のスライム登場か!?

523 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:19:22.33 ID:mf6QTRCJ0
<洞くつ>

俺「ふっ ここは10年前となんら変わっちゃいねえな」

ヘンリー「へー 懐かしいか?」

俺「バーカ 昔馴染みが住んでいる町ならまだしも、ただの洞くつだぞ?
  思い入れもクソもねーよ」


テテテテテテテテテーテ

ヘンリー「うわ!魔物だ!!久しぶりに!」

俺「なに・・・?敵だと?(確かに殺気は抑えているが、俺の威圧感《プレッシャー》は感じるはず・・・
  ましてやここのモンスターは 俺の威圧感《プレッシャー》を一度覚えているだろう。なのになぜ・・・・・?)」

524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:23:10.49 ID:1VyfHpYQO
C

525 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:23:13.85 ID:HcwiD3Qd0
るるる

526 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:25:36.83 ID:mf6QTRCJ0
スライムが あらわれた!

ヘンリー「うへえっ スライムかよ 一撃でのしてやろうぜ」ブンッ

俺「スライム・・・?
  ヘンリー 待てぃ!!!」

ヘンリー「な、なんだよ俺・・・・・どうしてやらせない・・・?!」

俺「そいつにちょっと聞きたいことがある」

ヘンリー「スライム相手に 何を聞くっていうんだ?
     バカバカしい!俺は今 遊ぶぞ!」


俺「ヘンリーーー!!俺の言うことが聞けんのかァア!!!!!!!」クワッ!!

ヘンリー「ビクゥ!! あ、す、すまねえ・・・」ガクガク

527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:26:22.66 ID:7WSx7cKF0
ナッパwwww

528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:29:16.17 ID:mf6QTRCJ0
俺「よぉ。お前あのときの無脊椎野郎だろ?」

スライム「ピキー!おぼえていてくれたんだね!」

俺「ああ、もちろんだ。元気だったか?俺のプレッシャーを感じて出てきたんだな
  ほら 再会の握手だ」ガシッ

スライム「ボクはげんきだったよ! キミのほうはどう? このせかいに なれてきたかな?」

俺「ああ。それなりに満喫もしている(ニマァ)」

スライム「それはよかった! で、10年ぶりにここへきたワケは?」


ヘンリー「(スライムと握手するときはあの頭の突起をにぎるのか)」
   ・
   ・
   ・
   ・

529 :◆/kiri/z5FE :2014/02/08(土) 22:31:33.41 ID:ODS2HihaO ?2BP(3337)

支援する

530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:33:17.83 ID:mf6QTRCJ0
俺「というわけなんだ」

スライム「へえ。くろうしてきたんだね。 そういえば10年前に キミのお父さんがなにかを持って このどうくつにきたよ
     たしか あっちの階段を おりていったはず」

俺「ありがとよ 無駄に歩き回る手間が省けた。」

スライム「でもその先は きょうぼうなまものがいっぱいいるんだ
     気をつけてね!」

俺「おいおい、俺を誰だと思ってんだァ?」

スライム「それも そうだね!!」

俺「じゃーな。問題が解決したらまた遊びにくるぜ」(ウィンク)


ザッザッザッザッ

531 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:36:49.69 ID:GTp3F4620
スラりん仲間にならんかな

532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:38:31.44 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「まるで迷路だな・・・誰の手も加わらないで こんなのができるなんて 自然の力ってスゲー」

俺「自然ほど偉大な創造主はいない。人が崇める神とはまさに自然そのものなのだ」

ヘンリー「へー」


ヘンリー「それにしても ここにきて出てくる魔物が最初のスライム一匹だけって なんだかなぁ・・・
     凶暴な魔物がいっぱいだって 言ってたのに」

俺「不満か? 無駄な争いが起こらなくて いいじゃねーか」

ヘンリー「でもよぉ やっぱり自分の実力を試してみたいぜ
     俺はまだまともに戦ったこと ないんだし。  そうだ!」ゴソゴソ

533 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:40:03.82 ID:HcwiD3Qd0


534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:40:52.94 ID:mf6QTRCJ0
保守支援ありがとう




俺「どうした?」

ヘンリー「へっへー まもののエサ! なっ ちょとだけ自分の力を試してみてもいいだろ?」

俺「くだらねぇ」

ヘンリー「そういうなよ な?な?頼むよ〜」

俺「・・・ちっ 好きにしろ」

ヘンリー「やりっ!! そ〜れ魔物ちゃん エサだよーー」ポイポイッ

テテテテテテテテテーテ

メタルスライムが あらわれた!

535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:42:40.86 ID:Hk2b3TuE0
おうえん

536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:45:53.62 ID:SP2/hVZz0
ほしゅ
遂に俺のレベルが上がる時か

537 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:50:14.36 ID:i7PToZ8y0


538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:52:02.91 ID:gzPs2M7j0


539 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:55:09.44 ID:aAN9qPTW0


540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:56:37.01 ID:mf6QTRCJ0
俺「・・・・・!!」(目を見開く)

ヘンリー「うわあ!!すっげえ!メタルなスライムだぞ!
     でも所詮スライムの亜種だし、こいつには余裕で勝てそうだな」

ヘンリーの こうげき!
ミス!
メタルスライムに ダメージを あたえられない!

ヘンリー「え?」

メタルスライムの こうげき!
ヘンリーは 24の ダメージを うけた!

ヘンリー「ぐあっ いてぇ!も、もう一度だ!!」

541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:58:14.08 ID:2g0O7kZR0
ds版か?

542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:00:09.18 ID:mf6QTRCJ0
>>541
DSリメイクは未プレイなので一応PS2が軸になってる



ヘンリーの こうげき!
ミス!
メタルスライムに ダメージを あたえられない!


ヘンリー「こ、こいつめちゃくちゃ硬いぞ!!!それに なかなか強―――」
 
メタルスライムの こうげき!
ヘンリーは 25の ダメージを うけた!

ヘンリー「ごふっ く・・・くそう・・・・・・だ、だめだ」バタッ

メタルスライム「トトメダ」

メタルスライムの こうげき!
なんと 俺がヘンリーをかばった!
ミス! 俺は ダメージを うけない!

543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:00:16.88 ID:QFy5Zz220
あれの続きか

544 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:03:38.41 ID:mf6QTRCJ0
メタルスライム「!!」

俺の こうげき!

メタルスライムに 351の ダメージ!!
メタルスライムを やっつけた!

ヘンリーは レベル2にあがった!
ヘンリーは レベル3にあがった!
ヘンリーは レベル4にあがった!
ヘンリーは レベル5にあがった!
ヘンリーは レベル6にあがった!

ヘンリー「お・・・俺・・・・・」

俺「ったく 敵の強さもわからねーで挑むのはバカだけだ。」

俺は べホマを となえた!
ヘンリーの キズが かいふくした!

545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:05:45.29 ID:L+YY9AAP0
かしこさ1のくせに生意気な俺め
一人称も自分の名前だし

546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:05:57.27 ID:8sR27Cxq0


547 :monacoin:MEwS5BJEaoR1mbZBbNogTxCTUHCGhg42Wq:2014/02/08(土) 23:06:02.74 ID:lh4Chkcx0
>>544
レベル上がりすぎワロタwww

548 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:07:14.69 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「ふぅー 助かった。こいつぁいいぜ
     ごめんよ、あいつがあんなに強いだなんて 思わなかったんだ」

俺「敵の強さがわかるのも強さのうち だ
  これに懲りたらさっさと行く―――」

ヘンリー「うわ!レベルが一気に5も上がってる!あいつとんでもない経験値持ってるんだなぁ!!
     よーし メタル狩りの始まりだぁあ!!!ひゃっほう!」ダッ

俺「・・・・・愚かな」フルフル

――――――――――――

ヘンリー「さて いよいよ最深部って感じだな」ムキッ

俺「・・・そうだな」

ヘンリー「パパスさんはいったい 何を隠したんだろう」ムキッ

俺「・・・・・そうだな」

ヘンリー「おいおい なんだよその冷たい反応」ムキキッ

俺「・・・・・・いちいち筋肉を見せ付けてくるんじゃねーよ うっとうしい」

ヘンリー「だってよお レベルが一気に30まで上がって調子良いんだぜ?」

俺「はいはいわかりましたすごいですね
  オラ てめーの経験値稼ぎで時間食ってんだよ!!とっとと来い!!!」

549 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:09:16.94 ID:WEYxO74U0
この俺ならここにある武器装備できそうだな

550 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:11:58.50 ID:1D34agZ5O
所々にDBのセリフがあるのがDB好きの俺にはたまらん

551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:12:59.96 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「ん!?なんだか 明らかに怪しい小部屋だ」

俺「ここだけ人為的に作られたものだな。どうやらようやく着いたみたいだ」

ヘンリー「おい あれ見ろよ!!」

俺「ん?」


俺は 足もとを 調べた!
なんと!てんくうのつるぎを 見つけた!
俺は てんくうのつるぎを
手に入れた。

552 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:15:28.25 ID:mQs+T7Te0
キター

553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:16:10.10 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「こ、これは・・・・・!!!伝説の 勇者だけが装備できるという 天空のつるぎ・・・!」

俺「ふん・・・必要なのは己の肉体のみ。武器に頼るのは弱さの証だ」

ヘンリー「そりゃお前が バカみたいに強いからだろー・・・
     ん?まだなにかあるぞ」


俺は 足もとを 調べた!
なんと!パパスのてがみを 見つけた!

俺「うわっ・・・・・・」

ヘンリー「うわ・・・・・・」

俺「嫌な予感しかしねえが・・・・  読まなきゃだめか?」

ヘンリー「一応 な?頼むよ」

554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:19:03.19 ID:mQs+T7Te0
うわって言うなよワロタ

555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:20:47.92 ID:1D34agZ5O
今の落ちぶれたパパスを見ればそんな反応にもなるわな

556 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:23:03.71 ID:jCxYiF9F0
そら(今のパパスを見たら)そう(言う)よ。

557 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:24:17.45 ID:mf6QTRCJ0
俺は 嫌々パパスの手紙を 読みはじめた。

 (哀愁のBGM)
“俺よ。お前が これを読んでいるということは なんらかの理由で 私はすでに お前のそばに いないのだろう。
 すでに知っているかもしれんが 私は 妻のマーサを探しだすため 旅をしている。

 私の妻 お前の母は ある日を境に 突如姿を消した。
 それは あろうことかお前が生まれた日なのだ。
 あの日のことを思い出しても 原因はまったくわからない。

558 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:27:20.89 ID:jCxYiF9F0
ヌワスェ……

559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:27:58.11 ID:mf6QTRCJ0
 お前も知っての通り 私の名はパパス。そして母はマーサという。
 偶然か必然か、これは父親という意味の《パパ》と母という意味の《マザー》に酷似しているではないか。
 そう考えた私はお前の名を、息子と私の名にちなんで《ペニス》と名づけよう と提案したのだが やけに反対されてな・・・
 どうしても首を縦に振らないので 出生届に無理やり《ペニス》と記入しておいたのだ。

 次の日 マーサは消えていた・・・・・
 

 いったい なぜこうなったのか・・・私には よくわからぬ。

 たぶん妻は 魔界に連れ去られたのであろう。
 こうなったのは きっとお前に付けようとした名前が姓名判断的に良くなかったのだ。
 これ以上不幸になりたくないので やむなく《俺》という名に変更しておいた。

 俺よ!妻を魔界から連れ戻すのだ!

560 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:28:37.66 ID:mQs+T7Te0
クソワロタ

561 :monacoin:MEwS5BJEaoR1mbZBbNogTxCTUHCGhg42Wq:2014/02/08(土) 23:29:10.96 ID:lh4Chkcx0
おいwwwwwwwwwクッソワロタwwwwwwwww

562 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】(1+0:15) :2014/02/08(土) 23:29:36.94 ID:awh+Uivr0
ペニwwwwwスwwwwww

563 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:30:03.51 ID:SOp1WIYC0
これは酷いwwww

564 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:30:22.31 ID:mf6QTRCJ0
 ちなみに 魔界への行き方は 攻略本を読破したので完璧だ!伝説の勇者なんて探さなくても 大丈夫だぞ!
 魔界の入り口は エルヘブンという町の近くにある。なおマーサはエビルマウンテンにいるらしので 必ずしもエルヘブンに寄る必要はないぞ
 その前に カボチ村というところでフラグを、かつて訪れた妖精の村で伏線をそれぞれ回収しておけ!それからエビルマウンテンへ向かうのだ!
 
 私は 世界中を旅して 天空のつるぎを見つけたが、こんな鉄くずなどなくとも マーサは救えるのだ。
 元の世界をなぞるだけじゃあ つまらないからな!決して手抜きじゃないぞ……。

 俺よ! 数々のフラグを集め わが妻マーサを 助け出すのだ。
 たのんだぞ 俺!


 PS 私がいつも片乳を出しているのは ‘父’にちなんで だぞ!!”


俺は パパスのてがみを破り捨てた。

565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:31:47.35 ID:jCxYiF9F0
元からクズじゃねーかwwwwwww

566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:31:53.56 ID:mQs+T7Te0
これなんてソードマスターヤマト?

567 :monacoin:MEwS5BJEaoR1mbZBbNogTxCTUHCGhg42Wq:2014/02/08(土) 23:32:16.89 ID:lh4Chkcx0
カボチ村がガチホモ村に見えた

568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:32:54.83 ID:3wNUMMy80
今日一番ワロタ

569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:34:02.16 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「こいつはひでぇ。ぐうの音もでねえや」

俺「万死に値する」

ヘンリー「お前ほど周りに恵まれない人間は そうそういないだろうな
     ま、あんまり落ち込むなよ」

俺「安心しろ もうあきらめている
  さあ もうここに用はない。とっとと出ようぜ」


<サンタローズ>

老人「なんと 洞くつで 天空のつるぎというのを 見つけなされたか!
   して そのつるぎは 特に必要ないと。なるほどのう……。
   かつて パパスどのが 時間を無駄にした 最初から攻略本を買っておけばと なげいておったのは その つるぎじゃったのか。
   パパスどのの あんなに くやしそうな姿を見たのは 息子に希望の名をつけられなかったと言っていたとき以来じゃのう」

ヘンリー「頭の悪い女並の執着心だな。名前に関しては」

パパス「おーい サンチョはどうやら 別の大きな国へ移り住んでいるらしい!!
    ここから近くて大きい国といえば ラインハットだ!!きっとそこにいるぞ!

    ん?何の話だ?私も仲間に入れてくれ」

570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:34:27.60 ID:1D34agZ5O
駄目だこいつ・・・早くなんとかしないと・・・

571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:38:11.17 ID:mf6QTRCJ0
俺「Shut the fuck up!!黙ってろ!!」

俺は メダパニを となえた!
パパスは こんらんした!

パパス「フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ」

俺「ふん・・・しばらくはそうしててもらうぜ ボケナス」


ヘンリー「黙ってはないけど・・・まぁいいか」


ヘンリー「さて隊長、これからの予定は?」

俺「・・・・・・・

  ラインハットへ向かう」

ヘンリー「!!  パパスのためにか?」

俺「ちげーよ! ま、利害の一致ってやつだ
  お前はラインハットの様子が気になる。パパスはサンチョを探したい
  そして俺は お前らの願いを聞き入れてやりたい。ただそれだけだ」ニマア

ヘンリー「・・・粋なまねしやがって へへっ」

俺「ふっ」

パパス「フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ」

572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:39:08.49 ID:jCxYiF9F0
このパパスは尊敬できない

573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:39:47.47 ID:mQs+T7Te0
混乱ってレベルじゃねえ!

574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:40:35.86 ID:laFCZ05U0
パパス・・・

575 :電気屋 ショットガン@18 スーパーwith不良:2014/02/08(土) 23:41:02.54 ID:LSyvw+bE0
トリップしてやがるw

576 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:41:46.38 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「サンチョサンチョうるさいのも鬱陶しいけど これはこれで・・・」

俺「癇に障るな。だが俺の命令には忠実だぜ?
  おらパパス 行くぞ」

パパス「フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ」テクテク

ヘンリー「おお ちゃんとついてくる・・・」

俺「ハウス!!」

パパス「フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ」ササッ

ヘンリー「おお 馬車の中に入った!!
     すげーよ 俺!」

俺「まぁな(ニヤリ)
  さて 行くか・・・お前のふるさと、ラインハットへ!」

577 :monacoin:MEwS5BJEaoR1mbZBbNogTxCTUHCGhg42Wq:2014/02/08(土) 23:43:48.87 ID:lh4Chkcx0
もとに戻せよwwwww

578 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:44:21.52 ID:mf6QTRCJ0
シスター「待って 俺!」

俺「ん?なんだ?何か用か?」

シスター「もしかして 伝説の勇者さまを さがしだす旅に出るの!? 本気なの?」

俺「いや、俺は伝説の勇者など興味――――」

シスター「そうなの……。そういえば昔 アルカパの町で 勇者さまの話を聞いたことがあるわ。
     アルカパといえば 俺のおささなじみのビアンカさんもいたわね。元気かしら」

俺「ちっ この世界のやつらは 相変わらず人の話をきかねーな



  ん?・・・ビアンカ・・・・・?ビア・・・・ンカ・・・」

579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:45:13.72 ID:jCxYiF9F0
いいことおもいついた。馬車の中にずっと入れといて餓死させればいいんじゃね?

580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:47:49.66 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「知ってるのか?」



俺「いや、記憶にないな。そんなことよりさっさと行くぞ もうすぐ日が暮れる」

ヘンリー「そうだな。 お城は夜になると 閉まるから 日暮れまでに行こう!」

俺「行くぞ、馬王」

馬「ヒヒーン」パカラッパカラッ



ヘンリー「結局 真っ暗になっちまったな・・・・・」

俺「仕方ない、あそこの田舎町に泊まるとするか
  明日は朝イチで出発するぞ」


<アルカパ>

ヘンリー「へー こんなところにも 町があったなんて ぜんぜん知らなかったよ」

俺「なぜか 懐かしい感じがする・・・・・」

581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:49:28.67 ID:ePOBkMjS0
さすが賢さ1

582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:49:41.50 ID:N/4Okqdj0
追いついた、おもしろい

583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:50:48.56 ID:jCxYiF9F0
フローラも普通に忘れられてそう

584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:50:53.61 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「俺 お前、ここに来たことがあるのか?」

俺「わからない。
  だがここで 大事なやつと 出合った気がするんだ」

ヘンリー「ふーん? 町の人間に聞いてみたら何かわかるかもしれないな
     ちょうどあそこに人がいるぞ  おーい!ここは なんて町だい?」

青年「ん?旅の人かい?ここはアルカパの町だよ
   ところで聞いてくれよ。こいつ ラインハットから逃げだしてきたんだぜ。」

ヘンリー「え?ラインハットだって!?」

青年「うわさには聞いていたけど ラインハットのお城が それほどひどくなってるとは 知らなかったな。」

兵士「まいっちゃったよなあ。 わがまま王子がいなくなって 弟が王位をついだと聞いたから あの城の兵士になったのに……。
   実権をにぎってるのは 王さまの母親の 太后さまで これが とんでもないんだもん。 あの城も もう おしまいだな。」

ヘンリー「…………。」

585 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:54:16.78 ID:mf6QTRCJ0
俺「覇ァ!!」ボゴッ

青年「ゲロロォォ!!!!!!!」ビチャビチャ


兵士「な、何をす―――」

俺「むん!!!」メメコォ

兵士「モロロロロロ」ビチチチッ


俺「てめえの忍耐力が足りなかっただけだろーが。それを上のせいにするな
  ヘンリー、こんなザコの言うこと気にする必要はない。きっと何かの間違いだ」

ヘンリー「ああ・・・ありがとう」

俺「さ、宿に行こう。こんな胸クソわりぃ町さっさと出たいぜ」スタスタ

586 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:55:11.96 ID:mQs+T7Te0
まさか俺くんて・・・Tさん・・・?

587 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:56:01.41 ID:g5o4DjID0
こっとこの世界最強はラスボスとかではなく
馬車馬パトリシアちゃん

588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:57:43.68 ID:mf6QTRCJ0
ヘンリー「あれ、宿の前に じいさんが突っ立ってるぞ どうしたんだろう」

俺「Hey、じーさん、どうかしたか?」

老人「わしは 昔この宿をやってた ダンカンさんの知り合いでの。ひさしぶりに会いに来たのじゃ。
   けど ダンカンさんは 身体をわるくして宿屋をやめ はるか海のむこうの山奥の村に引っこしていったらしい。
   あの かわいい娘さんにも 会いたかったのう。ざんねんじゃわい……。」

パパス「ダンカン!!!!!ダンカン!!!!!!!!」バッ

俺「!?」

ヘンリー「うわあ! ど どうしたんだよ!?」

パパス「ダンカン!!オレ シッテル ダンカン トモダチ!トモダチ!!」


俺「バカな、俺のメダパニがもう解けたのか・・・?」

ヘンリー「ダンカン って名前に 反応してるみたいだぜ・・・・・?
     パパスさん、ダンカンって人を知ってるのかい?」

パパス「フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ」

俺「・・・ただのウワゴトだったみたいだな
  さあ おとなしくしているうちに チェックインしちまうぞ」スタスタ

ヘンリー「そうは思えなかったけどなぁ・・・」テクテク

589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:58:26.79 ID:7U6JVjFF0
寺生まれの

590 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:01:10.02 ID:8rqWOsgo0
ガチャ

婦人「いらっしゃい!!」

俺「夜分遅くにすまないな  ・・・ほう。田舎町にしちゃ 立派な宿だな奥さん」
 
婦人「そのほめ言葉は 前の持ち主に言ってやりなよ
   あたしら夫婦は 7年ほど前ダンカンていう人から ここを買いとって 宿をはじめたのさ。」

ヘンリー「またダンカンか・・・」チラッ

パパス「ダンカン・・・ダンカン!ダンカンヘラヘラヘラ、ダンダダダダダンカカカカカカカカモモンジャダンカンダンカンダンカンンカ」

俺「すまない、ちょっと魔物の毒にやられちまったんだ
  他の客の迷惑にならないようにはする」

婦人「お気の毒に・・・ 教会で牧師さまに 治療してもらったほうがいいかもしれないね
   どうぞ 泊まっておゆきよ。周りに客のいない部屋を用意してあげるからさっ
   それに うちに泊まれば なにかいいことがあるかも知れないよっ!」

俺「恩にきる」

591 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:02:00.99 ID:+IyVJF0a0
ラインハットとアルカパって方向真逆だよな
全く素直じゃない奴だな

592 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:03:52.64 ID:la2aboGQ0
>>591
ヒント:賢さ

593 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:05:09.27 ID:OIGkThTE0
サンタローズから西でアルカパ更に西でラインハットじゃないっけか

594 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:05:43.24 ID:8rqWOsgo0
ヘンリー「ふぃー。今日はもう くたくただよ
     それにしてもいいことがあるかもしれないって いったいなにがあるってんだろうな?」

俺「客引きの口実だろう、期待しても仕方がない
  それよりもいい寝床にありつけたことに感謝して 今日はもう寝るんだな」

ヘンリー「それもそうだな・・・
     じゃ おやすみ俺、パパスさん。また明日」

俺「Good night.」

パパス「ダンカンダンカンサンチョチョチチチサンチョダンカントモダチサンチョドレイサンチョサササンコン」

テーレーレーレーレッテッテー

595 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:06:37.53 ID:xrE3gKi60
>>593
だよな

596 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:07:04.66 ID:N/4Okqdj0
パパスは寝たら治るのだろうか

597 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:07:31.02 ID:d+EyO2FU0
支援

598 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:08:55.47 ID:mEu/ITogO
>>593,595
ラインハットは東の川渡った先だぞ

599 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:09:09.59 ID:QfNOE/Wt0
ラインハットは東

西から順に
レヌール城→アルカパ→サンタローズ→川→行く末の老人→階段→ラインハット

600 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:10:23.26 ID:8rqWOsgo0
俺「ん・・・・相も変わらずよく眠れたぜ。やはり旅をすると疲労がたまり、それが睡眠を促すのか
  ずいぶん健康的になっちまったなァ」クックック

ヘンリー「ふわあ おはよう 俺」

俺「おはよう よく眠れたか?」

ヘンリー「ああ、寝る前はパパスさんがうるさくって心配だったけど、寝付いてからは静かにしててくれたみたいだし。
     ところでパパスさんは?」


パパス「ん?呼んだか?」

なんと パパスが われにかえった!


俺「ちっ」

601 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:13:42.41 ID:91eObUNvP
パパスのキャラひでぇなww

602 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:15:13.32 ID:8rqWOsgo0
パパス「なにやら とてつもなく長い夢を見ていた気分だ・・・
    だが朝になって夢も覚めたようだな」

ヘンリー「おかみさんの言ってた 良いことって パパスさんのメダパニが 解けることだったのか・・・・・」

俺「まあでも、あれはあれで鬱陶しかったからなァ
  結果オーライってことにしておこうぜ」

パパス「??」

俺「おい ボサっとしてんじゃねー。ラインハットに向かうぞ!」

パパス「ランハット! なんとも懐かしい響きだ
    し、しかし私が行っても大丈夫か・・・?死刑にされたら嫌だしな・・・
    いやだが私はゲマさまの元右腕。一国を落とすくらいわけない。いまさら何を怖がる必要があるのだ」ブツブツ

俺「ごちゃごちゃうるせーぞ!さっさとついて来い!!」

603 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:20:39.90 ID:8rqWOsgo0
パパス「ん?兵士が橋を 通せんぼしているようだ」

俺「んなモン顔パスだろ(爽やかな笑顔)
  うっす、お疲れー」スタスタ

兵士「待て!!!ここから先は ラインハットの国だ。太后さまの命令で 許可証のないよそ者は通すわけにいかぬぞ!

俺「あ゛?」ギロッ

兵士「ひっ・・・!」

ヘンリー「まぁまぁ、落ち着けよ俺
     ここは俺に任せてくれ」


兵士「な、なんだキサマは!逆らうというのなら 容赦はせんぞ!」

ヘンリー「ポカリ! えらそうだな トム!」

兵士「あいたた! タンコプが……。 無礼なヤツ!
   何者だ!? どうして 私の名前を???」

ヘンリー「あいかわらず カエルは苦手なのか? ベッドにカエルを入れておいたときが いちばん けっさくだったな。」

兵士「…………!
   そ そんな…… まさか……。」

ヘンリー「そう。オレだよ トム。」

604 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:23:54.09 ID:Gzt+7cr70
とむ

605 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:24:26.37 ID:gBfiBXRMO
このパパスはミスターサタンの声で再生される

606 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:24:31.43 ID:8rqWOsgo0
兵士「ヘンリー王子さま!
   ま まさか生きていたとは… おなつかしゅうございます!
   思えば あの頃が楽しかった。今の わが国は……。」

ヘンリー「なにもいうな トム。兵士のお前が 国の悪口をいえば なにかと問題が多いだろう。」

兵士「はっ…………。」

ヘンリー「通してくれるな? トム。」

兵士「はい! よろこんで!」


俺「へーぇ?案外やるじゃねえか」

ヘンリー「これでも王子だからな。元だけど・・・」

607 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:24:37.41 ID:RZw+HF260
ポカリ

608 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:25:40.04 ID:OIGkThTE0
>>598>>599
俺の勘違いだった。こんな機会でもなきゃワールドマップとか見る機会無かったかもしれんな。すまん

609 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:27:00.36 ID:8rqWOsgo0
俺「なに、国に戻ったらまた皇族として歓迎されるだろうよ」

ヘンリー「そうだよな・・・!
     俺が王様になっても お前たちのことは忘れないから 安心しろよ!」

俺「ったく、急に偉そうになりやがって。そうなったら暇つぶしに裸一貫単身で攻め落としてやるよ」ニマァ

ヘンリー「おいおいやめてくれよ その頃には俺も 可愛い奥さんと幸せに暮らしてるんだからさー」

俺「くっくっく よく言うぜ」


パパス「うむ!なら私も 魔物の軍勢で攻めてやろう!!」

俺「・・・・・」

ヘンリー「・・・・・冗談に聞こえないな」

俺「まったくだ」

610 :monacoin:MEwS5BJEaoR1mbZBbNogTxCTUHCGhg42Wq:2014/02/09(日) 00:27:49.39 ID:hCtqjYIV0
パパス…

611 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:28:56.61 ID:SSSHvRKl0
タンコプ

612 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:29:02.68 ID:TgamLxIf0
パパスwwww

613 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:29:46.31 ID:8rqWOsgo0
ヘンリー「お?なにやら思いつめた顔で川を見つめるじいさんが・・・」

パパス「もし……。 どうか されたか ご老人?」

老人「ほっといてくだされ。 わしは 川の流れを見ながら この国の ゆく末を 案じているだけじゃて……。」

パパス「ふむ……。 あまり風にあたると 身体に 毒ですぞ。では ごめん!」クルッ

俺「この世界の風は少し障気を帯びている。気をつけるこった。じゃあな」クルッ


俺「・・・・・」

パパス「・・・・・」

614 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:30:57.10 ID:lxsnoNgy0
この俺なら神の塔の勇気の道飛び越えられそう

615 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:34:01.76 ID:8rqWOsgo0
パパス「今のこのやりとり 10年前にもやったような気が・・・」

俺「ああ 俺も同じことを考えていた
  これはいわゆるデジャビュってやつだな」

ヘンリー「でもよう、二人同時にデジャブを経験するなんて あるのか?」

俺「‘デジャビュ’だ。 確立は低いだろう
  だが、あのジジイが10年も川を眺め続けているよりは 高確率だと思うぜ?」

パパス「うむ、確かにそうだ。10年もの時を経て、今日たまたま同じように再会したとも考えにくい」

ヘンリー「うーーん じゃあやっぱりデジャブなのかなぁ」

俺「デジャビュ」

パパス「まあまあ そんなくだらないことで悩んでいても しかたがない。さあ ラインハットはもう目の前だ。行くぞ」

616 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:34:22.24 ID:OI2+w2J90
ゲレゲレ・・・

617 :monacoin:MEwS5BJEaoR1mbZBbNogTxCTUHCGhg42Wq:2014/02/09(日) 00:38:45.83 ID:hCtqjYIV0
>>616
あいつはもう消した!

618 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:38:56.24 ID:PU9booQR0
ゲレゲレはよ

619 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:39:23.05 ID:+B/7XDnnO
これよんでるとパパスはべつにぬわーする必要なかったのでは…

620 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:39:30.57 ID:8rqWOsgo0
<ラインハット>


商人「国が豊かになっても 国民は貧しくなるいっぽう。これが 飲まずに いられますかてんだ! ヒック……。」



戦士「なんでも この国の前の王は9年ほど前に 亡くなったそうだ。
   自分の死期を知り その前にヘンリーという第一王子に王位をゆずろうとしたが ある日 王子は行方知れずに。
   そんなことがあり 今は 第二王子だったデールさまが王さまというわけだ。」

ヘンリー「そんな・・・父さんが・・・・・」

俺「・・・ヘンリー」


老人「おまえさん なにをしに 来たのかは知らんが命がおしかったら あんまり城に近づかんほうが ええぞ。」

621 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:43:21.33 ID:8rqWOsgo0
パパス「おい あんなところに ドレイがいるぞ!」

男の子「おなかが すいたよお。」

女「どうか おめぐみを……。 もう3日も なにも食べていないんです。」

俺「予想以上に腐ってやがるな・・・・・
  こいつァ魔物が裏に潜んでる気がするぜ」

俺「ヘンリー、感傷に浸るのは後だ。まずはデールに接触して様子をみよう」


ヘンリー「ちょっと待ってくれよ。
     いっておくけど とりあえず事情が わかるまでオレが誰だかは ナイショにしておこうと思うんだ。
     しばらくは オレは ただの旅人だぜ。さあ いこうか。」

622 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:45:03.90 ID:lxsnoNgy0
確かにキャラグラは奴隷だけどさ

623 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:47:49.87 ID:snR2qfOt0
追いついた言いたいことはいろいろあるがとりあえずシエン

624 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:48:51.34 ID:8rqWOsgo0
ガチャッ
パパス「邪魔するでーー」

兵士「邪魔するんやったら帰ってー」

パパス「はーい」クルッ スタスタ



ヘンリー「おい! このままひきさがる つもりなのか? といっても 城の奥に入れなきゃ しかたないか……。
     いや まてよっ!たしか この城には 外から中に入れる 抜け道があったはずだ。
     抜け道の入り口はどこだったっけなあ……。」

俺「抜け道か・・・
  そんなもの必要ない」


ヘンリー「え?じゃあどうやって・・・・」

625 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:49:36.51 ID:mhewlhUy0
吉本かよwww

626 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:54:42.75 ID:8rqWOsgo0
俺「俺につかまれ」

ヘンリー「?」

俺「はやくしろッ!!!!」クワッ

ヘンリー「わ、わかったよ」ガシ

パパス「むん」ガシ

俺「待てパパス、お前は残れ」

パパス「え?」

627 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:56:51.02 ID:VrgGbZ7f0
しえん…明日の朝までのこっててくれよ

628 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:59:27.53 ID:Ub1aGMtB0
しえんでござるよ

629 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:02:12.25 ID:8rqWOsgo0
支援ありがとう



俺「なに、仲間はずれにしようってんじゃあない。お前には重大な任務を任せようと思ってな
  お前にしか頼めないことなんだ」

パパス「な、なんだそういうことか!ならばこのパパスに任せるがいい!」

俺「よし 耳を貸せ」

パパス「むん」ズイッ

俺「ごにょごにょごにょ っと言うわけだ。やってくれるな?」

パパス「むう・・・にわかには信じられんが、一応やってみよう!」


俺「よろしく(グッ)
  では王子、シートベルトをお締めください ってか(ニヤリ)
  いくぞ!!むんッッッ!!!!!!!」ダンッ

ギュオオオオオオーーーーー

ヘンリー「あばばばばば!! じゃ、ジャンプで上に行くってのかよぉおおおお」

630 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:05:41.95 ID:AC6SELiOO
親父なのにお前呼ばわりされるパパスの情けなさと言ったら

631 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:06:59.38 ID:8rqWOsgo0
シュタッ

俺「ご乗車ありがとうございました 最上階でございます」ペコッ

ヘンリー「まったく むちゃするよ・・・」

俺「さあいくぞ」


ガチャ

俺「よう、国王
  ちょっとツラかしてくれや」クイックイッ

大臣「ん?なんで上から・・・?
   まあいいや。わが国王に なにか用か?
   しかし デール王は気分が すぐれぬとのこと。出なおしてまいれっ。」

俺「てめーに言ってんじゃねえッ!!ひっこんでろ!!!」クワッ

大臣「ひぃ!!!!」

632 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:11:26.10 ID:+B/7XDnnO
パパスさんなさかっこいい

633 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:12:19.41 ID:8rqWOsgo0
デール「…………………………。
    そこにいる大臣から 聞いたであろう。今日は誰とも 話したくないのだ。さがるがよい。」

ヘンリー「ですが 王さま。 子分は 親分のいうことを聞くものですぞ。」

デール「…………!!そんな…………。 まさか………………。
    おい 大臣! 私は この者と話がある。さがっておれ!」

大臣「え?え?」

俺「下がれといってるのがわからんのかァ!!!!!!!!!」

大臣「ぎゃあああーーーーー」ダッ



デール「兄さん! ヘンリー兄さん 生きていたんだね!

ヘンリー「ああ ずいぶんと留守にして 悪かったな。」

デール「それで 話って?」

俺「俺から話そう。実はだな・・・・」

634 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:15:53.82 ID:8rqWOsgo0
デール「…………………………。
    そこにいる大臣から 聞いたであろう。今日は誰とも 話したくないのだ。さがるがよい。」

ヘンリー「ですが 王さま。 子分は 親分のいうことを聞くものですぞ。」

デール「…………!!そんな…………。 まさか………………。
    おい 大臣! 私は この者と話がある。さがっておれ!」

大臣「え?え?」

俺「下がれといってるのがわからんのかァ!!!!!!!!!」

大臣「ぎゃあああーーーーー」ダッ



デール「兄さん! ヘンリー兄さん 生きていたんだね!

ヘンリー「ああ ずいぶんと留守にして 悪かったな。」

デール「それで 話って?」

俺「俺から話そう。実はだな・・・・」

635 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:17:32.65 ID:L5QTlGeP0
支援

636 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:19:18.45 ID:9u45Q99X0
しえんど

637 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:22:19.33 ID:2RHpQwpW0
追いついた支援

638 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:23:29.92 ID:8rqWOsgo0
   ・
   ・
   ・

デール「え! 母上が!?」

俺「ああ。あくまで予想だが、間違いないだろう
  心の声は 嘘をつかない」


デール「……そういえば いろいろ思いあたることが あるな……。
    いつだったか ボク読んだことが あるんだ。ふしぎな鏡の伝説を。
    この城の 倉庫の本だな だったと思うな。
    そうだ。このカギを持っておいきよ。きっと 役にたつから。」

俺は ラインハットのカギを手に入れた。

デール「無理をしないようにね。」

ヘンリー「ああ。お前も気をつけるんだな」


大臣「この私まで さけるとは いったい わが国王はやる気が あるのだろうか!
   もっとも 太后さまさえ いれば わが国は安泰だがな。」ボソボソ

俺「そういってられるのもいまのうちだぜ?」

639 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:29:51.74 ID:8rqWOsgo0
ヘンリー「デールの言っていた鏡の伝説って いったいどんな話なんだろう」

俺「それにしてもパパスのやつ おせえ・・・
  サボってんじゃないだろうな」

パパス「はあはあ。さぼってなどいるものか!
    探し出してきたぞ!!お前の言ったとおりだった!!」

俺「そうか やはりな・・・
  よし 役者は揃った。関係者は王の部屋に集まれ!パパスが先頭だ」

パパス「まかせておけ!」


ザッザッザッザッ


大臣「わが王に なにか用か? しかし 今は それどころではないのだ!
   なんと 片乳を出した変質者がどこからか 太后さまをお連れして……。
   おどろくなかれっ 太后さまが 2人になってしまったんじゃっ!」

俺「その件で話をするところだ
  とっとと王の部屋に行かんか!!」

大臣「ひええ なまんだぶなまんだぶ」

640 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:33:58.32 ID:2RHpQwpW0
紫煙

641 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:34:34.13 ID:1smn3uAe0
しえん

642 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:36:03.66 ID:8rqWOsgo0
王の部屋

太后1「この偽者め!わらわになりかわって 何をたくらんでおる!」
太后2「偽者はそっちであろう!」

ガヤガヤ

デール「これは・・・・・・」

ヘンリー「いったいどういうことなんだ!?俺もさっぱりだぜ」


俺「まあそう慌てるな。説明してやる

  結論からいうと この2人の太后のうち 1人、いや1匹は偽者だ!」バンッ

デール「なんだってー!?」

ヘンリー「なんだってー!?」

大臣「なんですと!?」


パパス「誰が見てもわかるぞ!」

643 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:39:06.43 ID:JpJ/cSQo0
しえん

644 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:41:43.10 ID:BTlrZHVZ0


645 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:42:35.71 ID:SsdEvvam0
支援

646 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:42:35.58 ID:8rqWOsgo0
俺「この城に入る前、ヘンリーが言っていた『秘密の抜け道』。それはつまり、特定の者しか知らない秘密の道ってことだ!」

パパス「うむ、そのまんまの意味だな!」

俺「そういう抜け道ってのは たいてい地下牢に使われているもんだ。そこでピンときたね
  突如おかしくなった国の数々の噂、その実権を握っているのは王ではなくその母親
  これらのヒントから導き出される答えは一つ・・・・・」

俺「何者かが母親になりすまし、そいつが国を動かしよからぬことを企んでいるんだ!!」ババンッ

デール「なんだってー!?」

ヘンリー「なんだってー!?」

大臣「なんですと!?」

俺「だから俺はパパスに調べてもらっていたのさ
  城周辺に秘密の抜け道がある。そしてそこは地下牢になっていて、本物の太后が幽閉されているはずだ
  その抜け道を探し出し、本物の太后を見つけたら上に連れて来い ってな」

647 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:45:59.50 ID:91eObUNvP
この推理力もはや賢さ1じゃない…

648 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:50:00.16 ID:OI2+w2J90
支援

649 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:50:14.34 ID:8rqWOsgo0
パパス「俺の言ったとおり 抜け道も太后も発見したぞ!わっはっは さすが私の息子だ!!
    ちなみにその前に、ボケたじじいも見つけたから逃がしておいたぞ」

俺「ま、要はパパスが連れてきたほうが本物で ずっとここにいたほうが偽者ってことだ
  さあ 偽者をこらしめてやろうぜェ?」


大臣「そ、それが・・・さきほどのつかみ合いで どっちがどっちか・・・・・」

パパス「この ド低脳がァー!!!しっかり見張っておかんか!!!」

大臣「す、すいません!!!取り乱してしまって・・・」




デール「いったい どちらが本物の母上だろうか……。
    ああ ラーの鏡さえあれば」

太后1「デールや この母がわからぬのですか? さあ こっちへ いらっしゃい。」
太后2「ええい! 私が 本物だと なぜ わからぬのかっ!
   この うすぎたない女を 早く 牢に入れておしまい!」


ヘンリー「おい やっぱり鏡が必要だったんじゃないか  どうするんだよ」

俺「騒ぐな。俺に任せろ」スタスタ

650 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2014/02/09(日) 01:50:53.36 ID:eQpxAten0
俺がラックの種食べる展開希望ww

651 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:55:29.65 ID:8rqWOsgo0
太后1「な、なんですかあなたは・・・?」

俺「ふぅん?」ジロジロ

太后1「・・・・・」

俺「・・・・・」ジー

太后「・・・・・ぽっ///」

俺「ふん・・・次だ」スタスタ


俺「ジロジロ」

太后2「なんじゃキサマは!ジロジロと人のことを見おって!私が本物だと言うとろうが!」

俺「・・・」ジー

太后2「人の目をまじまじとみつめるな、無礼なやつめ!こんなやつ 早く 牢に入れておしまい!」

652 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:59:53.87 ID:2RHpQwpW0
しえ

653 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:00:12.71 ID:1smn3uAe0
しえん

654 : 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(1+0:15) :2014/02/09(日) 02:01:16.22 ID:OUDRbaS20
サンチョww

655 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:05:13.72 ID:8rqWOsgo0
俺「わかったぜ

  偽者は おまえだ・・・」ビッ

デール「!」

ヘンリー「!」

大臣「!」

太后1「!」

パパス「おお このベッドふかふかだぞ!!」バインバイーン



太后2「・・・!! ばばばば、ばかな 何を根拠に!!」

俺「ふっ 人間の女ってのはなぁ・・・俺に見つめられると 必ず顔を赤らめるんだよォ・・・・・恋する乙女のようにな
  そうならなかったお前は 魔物だって言ってるようなモンなんだよ!!!!」デデーン

太后2「!!!!! し、しまったぁ〜〜〜!
    ええい 正体がバレては しかたがない!」ボゴボゴ・・・

大臣「あわわ 太后さまが 化け物の姿に変わってゆく・・・」

怪物「こうなったら みな殺しに してくれるわっ!」

ヘンリー「やってみろよ」ニヤリ

656 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:05:54.12 ID:Ub1aGMtB0
これヘンリー独身フラグじゃね?

657 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:08:22.27 ID:jEdmiNL9O
エチケット袋渡してフラグ立ててたぞ

658 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:12:34.94 ID:8rqWOsgo0
ニセたいこうが あらわれた!

ヘンリー「俺、パパスさん こいつは俺にやらせてくれ」

パパス「もちろんだ!」

俺「今こそ鍛え上げたパゥワーを見せるときだな」



ニセたいこう「ぐぬぬ たった一人で挑もうとは・・・!なめられたものだ!くらえぃ!!」

ビシッ ガキィン! テレテレテレッ ドゴゴゴッ ズバァーン!!


怪物「おろかな人間どもよ……。オレさまを殺さなければこの国の王は 世界の王になれたものを……。ぐふっ!」

ニセたいこうを やっつけた!

659 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:15:58.64 ID:Ub1aGMtB0
就寝前の支援

660 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:17:59.61 ID:8rqWOsgo0
太后「ヘンリー わらわはとんでもないことをした・・・。実は10年前―――」

俺「10年前 ヘンリーをさらわせ 亡き者にさせようとしたのは お前だ。
  しかし それもデールを王にさせたかったあわれな親心から……。
  今では 本当に悪かったと 改心している ってことが言いたいんだろう?
  貴様を許すか否かを決めるのは ヘンリーだ。どうする?」

ヘンリー「・・・これからも俺とデールをよろしく頼むよ
     母さん」

太后「ヘンリー……」ブワッ


俺「ヘンリー・・・(よく言った)」

ヘンリー「お前には ほんと せわになったな ありがとう!」

俺「気にするな朋友」(ウィンク)

661 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:22:30.95 ID:8rqWOsgo0
俺「(ふっ  家族・・・か)」

パパス「なにを哀愁じみた顔している!!お前のおかげで また幸せになれた人間が増えたな!わっはっは」

俺「・・・・・そういや俺にもいたぜ。
  家族と言う名の足かせがな」ニマァ


なんと 太后さまは ニセ者だった。

このウワサはまたたく間に 国中に ひろがり
そして 夜が 明けた……。


テーレーレーレーレッテッテー

662 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:27:05.22 ID:p2S3uwrY0
しえん

663 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:27:51.30 ID:8rqWOsgo0
デール「俺さん。兄上とともに よくぞ 母上のニセ者をたおしてくれました。
    心から 礼をいいますぞ。 あのままだと この国がどうなっていたか……。
    まったく ボクは 王さまとしては 失格ですね。
    だから 俺さんからもたのんでくれませんか?兄上が 王さまに なるように。」

ヘンリー「王さま その話は おことわり したはずですが。」

デール「しかし 兄上……。」

ヘンリー「子分は 親分の いうことを 聞くものですぞ。
     それに俺たちには やらなきゃいけないことが残っているからな。」


ヘンリー「というわけで俺、引き続きよろしく頼むぜ
     城に戻るのは ドレイを助けてからでも遅くないからな」

俺「お前のその心意気、しっかりと受け止めたぜ」

664 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:28:49.80 ID:8rqWOsgo0
ヘンリー「国が もとに もどって まもなくビスタの港にもまた 船が入ってくるはずだ。
     その船に乗って カボチ村ってところを目指そうぜ」

俺「ああ。カボチ村、妖精の村でさらに腕を磨き、ドレイたちの待つ 大神殿へ向かう」


太后「そなたには 本当になんといったら よいか……。 お礼の言葉も ないぞよ。
   すべては わらわの思いあがりから でたこと。
   これからは でしゃばらず かげながら 王を助けてゆくぞよ。安心してたもれ。」

俺「そうだな。親は何よりも子を思うこと、それが一番大切なんだ。何があってもな…
  もう間違いなんて起こすんじゃねーぞ?せっかくの美貌を血に染めるなよ」

太后「ぽっ」

665 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:29:48.14 ID:8rqWOsgo0
俺「じゃあなラインハット。この国がいつまでも平和であるように・・・」(胸に手を当て目を閉じる)

俺「じゃ 行こうか」


パパス「待て待て 大事な事を忘れているぞ サンチョはどこだ!!!!!!」

俺「・・・・・


  メダパニ!!!」





みごと ラインハットのくにを すくった 俺たちいっこう。このかつやくは とどまることをしらない!
パパスのてがみの おかげで むだなく すすめそうだぞ!!
がんばれ 俺!しゅうちゃくてんは もう もくぜんだ!▼

666 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:33:07.26 ID:Ub1aGMtB0
sien

667 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:33:20.31 ID:SsdEvvam0
支援

668 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:37:19.38 ID:8rqWOsgo0
とりあえずキリのいいところでいったん切ります
多くのレスいただいて本当にありがとう!予想していたよりもスレの消費が早いのは計算外だぜ・・・

とりあえず今から寝ます、明日の午前中は外に出る用事があるんで、昼頃から書き始めます
700近く埋まってるんで、保守していただいても埋まる可能性あるから落としてくれても大丈夫です
残ってたらここに、もし落ちてたら続きからのスレ新しく立てるんでまた見かけたらよろしくお願いします


指摘とかツッコミでめっちゃ笑わせてもらってるのでどんどんバカにしてくれ
おやすみ

669 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:38:12.34 ID:OI2+w2J90


670 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:38:30.66 ID:ueUHwWSx0
おつおつ

671 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:39:26.10 ID:SsdEvvam0
一旦乙

672 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:40:36.94 ID:Ub1aGMtB0
おつ

673 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:40:47.37 ID:+IyVJF0a0


674 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:43:12.36 ID:jEdmiNL9O
>>1
もし立てるならタイトル同じでお願い

675 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:44:14.72 ID:8rqWOsgo0
>>674
把握した

676 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:55:05.06 ID:9u45Q99X0
乙、おやすめ

677 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 03:02:11.78 ID:AC6SELiOO
こんなにもパパスが輝いてるSSは未だかつてあっただろうか

678 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 03:07:48.11 ID:QfNOE/Wt0


679 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 03:38:09.56 ID:gBfiBXRMO


680 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 03:43:32.29 ID:aw1/+nTq0


681 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 03:47:05.24 ID:S5xBs4s/0
追いついた乙

682 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 03:56:18.53 ID:REVM8yf10
DQ5は途中で中ボス倒せずに止まってたけど再開するか

683 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 04:33:10.44 ID:Ub1aGMtB0
ほしゅ

684 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 04:38:58.03 ID:lnYof/NS0
まさかヘンリーがパーティの良心になるとは

685 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 04:53:44.57 ID:Mro/HSnaO
保守

686 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 05:11:03.69 ID:ty+SumZKO


687 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 05:45:31.99 ID:/coJTXEMO


688 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 06:20:08.93 ID:NBoTSuvZ0
:;(∩´﹏`∩);:

689 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 06:39:46.15 ID:xrE3gKi60


690 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 06:55:38.64 ID:fkOEPbEX0


691 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 07:13:26.12 ID:craYW/s70


692 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 07:24:28.95 ID:8rqWOsgo0
保守ありがとう
今から仕事行ってくる。多分12時には再開できるはず

693 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 07:36:42.98 ID:+IyVJF0a0
>>692
把握

694 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 07:40:39.23 ID:6OnNJ48S0


695 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 07:59:49.67 ID:qKlJvCZN0


696 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 08:05:00.97 ID:xkOKzYnb0


697 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 08:22:20.91 ID:BxckCjHUi


698 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 08:39:34.08 ID:OvqlRsRt0
夜から見てた>>46だがこんな残ってたのか
乙支援

699 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 08:47:45.15 ID:xrE3gKi60


700 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 08:52:55.64 ID:6OnNJ48S0


701 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 09:07:13.38 ID:9Cj+bxxd0


702 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 09:18:23.94 ID:Z3k6YwlH0
俺のステータス見たいわ

703 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 09:34:10.23 ID:BxckCjHUi
どっかに書いてあったはず
その後レベルアップした記載はない

704 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 09:44:47.80 ID:PU9booQR0
ゲレゲレ復活はないかな

705 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 09:52:48.79 ID:Z3k6YwlH0
>>703
ここまで全て運と素早さでこれたのか



俺ってすごい

706 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 10:10:39.81 ID:/wnwAc2n0
あれで力もみのまもりも普通なのか

707 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 10:24:31.24 ID:jHSDXg1W0


708 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 10:40:52.89 ID:kpMkZyCfO
そういやPS2ならトレイバグでパパス青年編に連れていけたな

709 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 10:41:00.77 ID:RU4SpMzV0


710 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 10:41:23.37 ID:gBfiBXRMO


711 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 10:52:10.93 ID:VgRlA4YR0


712 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:02:25.01 ID:9Cj+bxxd0


713 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:04:26.84 ID:6jSr4LHt0


714 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:08:21.20 ID:xrE3gKi60


715 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:12:22.41 ID:8rqWOsgo0
ほもさま!保守ありがとう
いつもの三倍程の速度で仕事終わらせてきた
続きから投下していきます

716 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:14:08.65 ID:PU9booQR0
おかえり!

717 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:15:49.16 ID:8rqWOsgo0
ただいま!おまたせしてすまんね


<ビスタ港>

婦人「船が 来たよ! 船が 来たんだよ!
   何年ぶりだろうねえ!! 久しぶりすぎて びっくりしちゃっ―――」

パパス「うーむ ここも久しぶりだな!」


婦人「パッ!パパスさん!!!?
   なんてこったい!!船なんてどうでもいいよ!
   パパスさんが 来たよ! パパスさんが 来たんだよ!!!」

パパス「やあ!おかみさん 元気にしてたかい?」

婦人「昨日までは ラインハットの命(めい)で 船が来なくて商売あがったりだったさ
   それが今日になって 船は来るわ パパスさんは来るわで今までの苦労がすべてふっとんだよ!」

パパス「わっはっは このパパス、人を幸せにするのが生きがいだからな」

俺「・・・・・」

718 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:15:54.73 ID:xrE3gKi60
おかえり
雪かきして待ってた
でも疲れたから昼寝したい

719 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:19:41.77 ID:RU4SpMzV0
>>717
不幸しか呼び込んでねえじゃん

720 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:20:38.01 ID:8rqWOsgo0
婦人「パパスさんは相変わらず 元気そうだねぇ
   ところで そこの寡黙な男前はどちらさんだい?」

パパス「私の息子だ」

婦人「なんてこった!あの坊やかい!? えらい色男になったねー」

俺「・・・」ニマァ

パパス「なんといっても 私の息子だからな!」


ボーーーーーーー

婦人「あれま!井戸端会議が長引いちゃったみたいだね。出航の時間だ
   さあさ 早く いかなきゃ乗りおくれるよっ。」

721 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:24:29.88 ID:xAULXWii0
戻ってきたら始まってた
しえん

722 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:25:34.46 ID:8rqWOsgo0
主(あるじ)「さあさ 乗った 乗った!この船の 行き先は―――
       パッ!パパスさん!!?
       なんてこった!行き先の西の国なんて どうでもいい
       パパスさんが 来たよ! パパスさんが 来たんだよ!!!」


俺「ったく 騒がしい連中だぜ」

パパス「うむ・・・だが我々を慕って言っているのだ。許してやれ」

俺「まあな。悪い気はしねえよ
  さ、それより船に乗ろうぜ。乗り過ごしちまうなんてCOOLじゃねえ」

パパス「そうだな
    また戻ってきたときに ゆっくりと話をしよう!ではごめんっ」

タッタッタッ

   ・
   ・
   ・
船長「とうちゃーく!ここは南の国 ポートセルミだ
   良い旅をっ」

俺「ああ。ありがとよ」

723 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:29:10.84 ID:8rqWOsgo0
<ポートセルミ>

パパス「ポートセルミか 初めて来る国だな」

俺「・・・一つ聞くが なぜわざわざ船に乗り 知らない国へ来た?お前のコネでカボチとやらに直接向かうこともできただろう?
  ここにきたのはサンチョのヤロウを探すだけが目的じゃないな?」

パパス「・・・・・」

俺「言いたくないならいい。だいたい予想はつくからな
  手紙、読んだぜ。・・・俺の母親でありお前の妻、マーサを捜すため だろ?
  そしてその鍵である何かを―――」

パパス「・・・ジノ」ボソッ

俺「あん?」

724 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:31:24.04 ID:xrE3gKi60
まさかカジノじゃないよな
ここまできて・・・まさかな

725 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:33:30.72 ID:9u45Q99X0
このパパスならカジノだな

726 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:33:38.62 ID:8rqWOsgo0
パパス「カジノ 行きたい・・・オラクルベリーではブラックリストに登録されたから 知らない国のカジノを目指す・・・カジノ」ボソボソ



俺「・・・・・・・・
  ぜぁ!!」ボゴッ

パパス「う゛ぃ」バタッ

俺「馬王、悪いがこいつを乗せてくれ」

馬「ヒヒィーン(・・・大変ですね)」

俺「俺の苦労をわかってくれる そんな目をしているな」ナデナデ

馬「ブルルルルッ(馬の苦労なんて重荷を運ぶことと肉が食えないことぐらいです。あなたとは比べ物にならないですよ)」

俺「いまの俺にはお前だけが心の支えだ・・・もっとも、あいつさえいてくれれば話は別なんだがな
  ・・・っくくく、馬のお前に愚痴を言っても仕方がないな 邪魔な荷物があることだし、まずは宿の手配を済ませるか」

馬「それが得策ですね(ヒヒーン)」

727 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:34:53.24 ID:9u45Q99X0
アイエエエ!?シャベッタ!?ナンデ!?

728 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:36:31.14 ID:xrE3gKi60
ピエールはよ

729 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:38:06.18 ID:8rqWOsgo0
<宿>

俺「よぉ。予約なしだが三人泊まれるか?厩(うまや)なんかもあれば助かる」

おかみさん「おや これまた色っぽい男がきたもんだねえ。モデルさんかい?」

俺「ただの流離人さ・・・」

おかみさん「やだねえ 隠さなくってもいいんだよ!誰にも言わないから安心おし
      モデルさんが泊まってくれるってんなら ちゃんと御もてなししなきゃね。一番いい部屋を用意するよっ
      馬小屋は裏にあるから 好きにつかっておくれ!」

俺「・・・ああ ありがとよ」


俺「よっ と」ドサッ

パパス「」

俺「よし、パパスもベッドに寝かせたことだし ヘンリー、一杯引っ掛けにいくか」

ヘンリー「よかった 俺、俺に忘れられてるのかと思っちゃったぜ」

730 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:39:06.73 ID:4bLsnfP30
ヘンリーが詐欺師になってる

731 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:40:21.43 ID:fJLrx/H3O
俺も俺が忘れてるのかと思った

732 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:42:05.06 ID:8rqWOsgo0
<酒場>

俺「よう マスター。もうかってるかい?一杯くれ」ドカッ

マスター「いらっしゃいませ ぼちぼちですよ  何になさいますか?」

俺「酒はダメなんでオレンジジュース」

ヘンリー「俺もそれをひとつ」

マスター「かしこまりました どうぞ」コトッ

俺「ほう・・・?なかなかいいオゥリンジを使っているな」(グラスを指で挟み回しながら)

マスター「ありがとうございます。生絞りですので、果肉とともに自然の味をお楽しみくださいませ
     ん?」

ワイワイ ガヤガヤ


ヘンリー「なんだ・・・?」

俺「あっちの方が騒がしいな」チュー

マスター「なにやら ガラの悪い人たちがもめているようですね・・・」

俺「・・・・・」

733 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:45:49.27 ID:P2Eo3Lqd0
チューってことはストローで吸ってんのか

734 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:46:24.95 ID:8rqWOsgo0
農夫「ひー お助けを!」

山賊1「お助けをは ねえだろ!オレたちは おめえのたのみを聞いてやろうってんだぜ。」

山賊2「だから さっさとその金を わたしな!」

農夫「んにゃ!あんたらは 信用できねえだ。
   この金は 村のみんなが 村のために……。」

山賊1「強情な おとっつあんだぜ!  ん?」


スタスタ(山賊が俺に詰め寄る)

山賊1「なんだよ お前は? オレたちとやろうっていうのか?」

俺「・・・・・あ?」

山賊1「あ?じゃないだろ さっきから なにじろじろ見てるんだって 聞いてるんだよっ」

山賊2「気にいらねえ目つきで睨みやがって」

735 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:47:26.56 ID:9u45Q99X0
北斗の拳かな?

736 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:48:03.44 ID:fJLrx/H3O
山賊がホモだったら惚れちゃうのかな

737 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:50:18.13 ID:8rqWOsgo0
俺「ぎゃあぎゃあとうるさいやつらだ。俺は今オゥリンジジュースを飲んでいるんだ。この時間は何人(なんぴと)たりとも邪魔することはできない」チュー

ヘンリー「お、おい俺・・・ この人たち なんだかとってもおっかないぜ・・・あんまり刺激しないほうが・・・」

山賊1「上等だぜっ! そのナマイキなハナっぱしらを たたきおってやるっ!
    いくぞ!山賊2!!」

ヘンリー「ひえーー!や、やっぱり怖い人たちだーーー!」

山賊2「・・・・・」

山賊1「山賊2・・・?」




山賊2「」グラッ

ドサッ・・・

マスター「!!」

ヘンリー「!?!?」

山賊1「え!?山賊2!!?  死んでる・・・」

738 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:52:04.23 ID:9u45Q99X0
えっ?

739 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:54:01.02 ID:8rqWOsgo0
山賊1「てめぇ!なにしやがった!!」

俺「・・・・・・」パパウパウパウッ

ビシィッッ

山賊1「」ドサッ

マスター「こ、これはいったい・・・」

俺「邪魔したな。失礼する
  あ、マスター ひとついいか?」

マスター「え?あ、はい・・・」


俺「確かにオレンジジュースはうまかった が、客に出すときは 種が入らねえようにすることだ

  じゃあ ごちそうさん」スタスタ

ヘンリー「お、おい待ってくれよ、俺ー!!」

740 : 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(1+0:15) :2014/02/09(日) 11:54:42.23 ID:AHKicrC20
パウワウ?

741 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:58:46.21 ID:8rqWOsgo0
マスター「種・・・?
     !!よく見ると山賊の眉間に 小さな穴が・・・・・

     こっ これはまさか!!」

マスター「オレンジジュースに入っていた種を 口から高速で飛ばして 誰にも気づかれず 眉間を撃ちぬいたのか・・・・・!」

マスター「なんて人だ・・・!」




農夫「待ってくれだー!」

俺「ん?あんたはさっきの」

農夫「あぶねえところを ありがとうごぜえました。
   んだ! あんたなら 信用できるだ!
   おねげえだ。 オラのたのみを 聞いてけれ!」

俺「断る。これ以上厄介事に首を突っ込みたくないんでな」

ヘンリー「おい俺、話を聞くくらいいいんじゃないか?」

俺「甘いことをぬかすんじゃあねーぜ。俺たちにはやることがやまほどある
  悪いが他をあたりな」

742 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 11:59:20.67 ID:9u45Q99X0
なんだったっけ?小牟おばちゃんも真似してた奴。
ジョジョ?

743 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:01:16.95 ID:PU9booQR0
波紋カッター

744 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:02:22.76 ID:8rqWOsgo0
農夫「そういうふうに 安うけあい しないところがさっきの連中とは ちがうだよ。
   んだ! あんたなら 信用できるだ!
   おねげえだ。 オラのたのみを 聞いてけれ!」

俺「嫌だと言ってるだろう」

農夫「そういうふうに 安うけあい しないところがさっきの連中とは ちがうだよ。
   んだ! あんたなら 信用できるだ!
   おねげえだ。 オラのたのみを 聞いてけれ!
   そういうふうに 安うけあい しないところがさっきの連中とは ちがうだよ。
   んだ! あんたなら 信用できるだ!
   おねげえだ。 オラのたのみを 聞いてけれ!
   そういうふうに 安うけあい しないところがさっきの連中とは ちがうだよ。
   んだ! あんたなら 信用できるだ!
   おねげえだ。 オラのたのみを 聞いてけれ!」


俺「やかましい!!!いい加減にしろッッッ!!!!!」クワッ

農夫「おねげえだ。 オラのたのみを 聞いてけれ!」
農夫「おねげえだ。 オラのたのみを 聞いてけれ!」
農夫「おねげえだ。 オラのたのみを 聞いてけれ!」

俺「・・・・・」ヤレヤレ

ヘンリー「そろそろ慣れてきたって感じだな」

俺「・・・まあな」

745 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:04:20.04 ID:9u45Q99X0
ドラクエNPCのキ〇ガイさが解ってくるな……。

746 : 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(1+0:15) :2014/02/09(日) 12:05:57.32 ID:nqKvFUw30
ほしゅ

747 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:06:33.82 ID:8rqWOsgo0
農夫「やれ ありがたや!
    んじゃ いっぺんしか 言わんので よおく 聞いてけろよ。
    じつは オラの村のそばに すごい化け物が 住みついて 村のモンが殺されまくってるだ!
    このままじゃ オラたちは全滅だ……。だもんで村さ代表して オラがこの町に 強い戦士をさがしに来たっちゅうわけだ。
    あんたに たのめてよかっただよ。なかなか強ええみたいだしな。
    もちろん ただとは いわねえぞ!お礼は 3000ゴールド!
    今 半分 わたすだよ。」

俺「ほぉ・・・ そいつ、強いのか?」

農夫「もうバカみてえに 強いだよ。
   オラの村にはOPBF王者が7人、WBC王者が5人、WBA王者が4人住んでいたんだけども、全員が屍と化しただ」

ヘンリー「軽量級ばっかなんじゃねーの?」

農夫「いんや!オラんとこはみーんなスーパーミドルより上しかいなかっただよ」

ヘンリー「なんてこった!そいつらをみんな殺っちまうなんて 恐ろしいなんて次元じゃないぜ!」

俺「ヘンリー!余計なところに食いつくんじゃあない!!それに軽量級が弱いなんて古臭い考えは捨てるんだ!!
  ・・・ま、強いってんならやってやるか
  だが金はいらねえ。タダで引き受けてやるよ。その金は村の復興に使うんだな」

748 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:09:09.74 ID:2A+MLDbl0
殺してんのかよ

749 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:09:59.56 ID:8rqWOsgo0
農夫「なあんていいお方だ!!オラ感動しちまった

   んじゃ オラは 先に村に帰ってるから いつでもいい きっと来てくんろよ!
   オラの村は ここから ずっと南にいった カボチ村だかんな!」タッタッタッ


ヘンリー「ん・・・?あのおっさん 確か今カボチって・・・」

俺「ああ。お前の言うとおり 話を聞いておいて正解だったな。
  今日はここに泊まるとして、明日行ってみるか。俺たちの目的地、カボチ村へ」

ヘンリー「ああ!ボクサー殺し殺しの右ストレートが 火を噴くぜ!」
 

テーレーレーレーレッテッテー

750 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:13:05.15 ID:8rqWOsgo0
俺「朝か。 起きろヘンリー、パパス」

ヘンリー「ふわあ おはよう」

パパス「む・・・ここは?」

俺「ポートセルミの宿だ
  それより出発の支度をしろ」

パパス「なに?もう出発か!」

俺「ああ。ちょっと野暮用で一刻も早くカボチ村へ行くことになった
  カジノに寄っている 時間はないぜ? 残念だがな」ギロッ

パパス「う、うむ・・・カジノはもういい」

俺「それでいい 準備ができ次第カボチへいくぞ」

パパス「わかった」

ヘンリー「がってん!」


パパス「よし では行くとするかっ」

俺「カボチはここから南に行ったところにあるそうだ
  夜までには着くだろう」

751 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:15:45.21 ID:Z3k6YwlH0
ゲレゲレ再登場

752 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:16:23.29 ID:PU9booQR0
ゲレゲレ復活

753 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:16:49.72 ID:9u45Q99X0
ゲレゲレだったかな?

754 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:17:08.74 ID:8rqWOsgo0
<カボチ村>

畑の農夫「あいやー また 村人が 殺されとるだ!
     こんなことが 続けば オラたちは 絶滅 だよ。」

老婆「ここは カボチ村じゃぞ。
   けんど 化け物のせいで 近頃 村民が おらんでのう。
   わしも そろそろ お山に いこうかと思うとるよ。」


パパス「かなり大変な状況のようだな」

俺「ああ はやいとこ手を打ったほうがよさそうだ」

パパス「なに!人助けをするのか?」

俺「ふん 俺より強いやつを見つけ 倒す。ただそれだけだ」

パパス「素直じゃないな まったく」

ヘンリー「ほんとだよな」

755 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:19:55.03 ID:Za+WKICz0
追いついた

756 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:20:58.40 ID:6OnNJ48S0


757 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:21:37.58 ID:8rqWOsgo0
俺「やかましい!!
  ん?おいボウズ、どうした?暗い顔して」

子ども「最近 うちの おばあちゃん 変なんだよ。
    少し食べただけで オナカが いっぱいになって ボクにごはんを くれるんだ。
    病気かなあ……。」

パパス「うむ、それは間違いなく病気だ。もう三日と持たないだろうな 早いとこ墓の用意をしておいたほうが いいぞ!」

子ども「・・・・・」

ヘンリー「・・・・」

俺「・・・俺は昨日のやつを探してくる」

ヘンリー「お、おれも」

758 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:21:43.10 ID:AC6SELiOO
ゲレゲレあんなに弱かったのに今そんな強いのか

759 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:25:03.62 ID:8rqWOsgo0
<村長の家の前>

俺「この村で一番でかい家・・・ 村長が住んでいるとみた。ここにいけば 昨日のおっさんのことがわかるかもしれんな」

ガチャ

青年「とにかく オラは 反対だな!村のことを どこの馬の骨かも知れねえ よそ者にたのむなんて!
   んじゃ オラは 仕事があるで……。」スタスタ

青年「なんだ? あんたは?どいてけろ!」


俺「あ゛?」ギロッ

青年「ひっ・・・ オ、オラがどくだ」サッ


農夫「若いもんは 血の気が多くて いけねえだな。」

760 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:30:31.18 ID:8rqWOsgo0
農夫(昨日のおじさん)「おお あんたらは! オラだよ。ほれ ポートセルミで。やっぱり 来てくれただか。
   あんたを信用した オラの目に くるいは なかっただな! エヘン!
   んじゃ くわしい話は 村長さんに 聞いてくんろ。」

村長「こんたびは どんも オラたちの たのみを 引き受けてくれたそんで……。まことに すまんこってすだ。
   んで 退治してもらう 化け物のことじゃけど……。
   どこに 住んどるかは わからねえんです。
   
   ただ 西のほうからやってくるちゅうことだけは 皆知ってますだよ。
   この村から西に行けば 洞くつがあるだ。おそらくそこに住んでるんでねえかと思う。」

俺「なるほどね・・・
  わかった。あとのことは俺たちに任せておけ」

761 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:38:44.95 ID:8rqWOsgo0
<西の洞くつ>

俺「ここか・・・ ふぅん?雰囲気かもし出してるじゃねーか」

パパス「もう到着か・・・移動と戦闘がどんどん割愛されている気がするのは 気のせいだろうか」

ヘンリー「おれのセリフも なんだか少なくなってる気がするよ」

俺「Role-playing gameでも初めは戦闘が楽しいが、後々の雑魚敵との戦闘はうっとうしいだろう? それと一緒さ
  そんなことより 凶悪な雰囲気(オーラ)は微塵も感じねぇ・・・ホントにそんなやつがいるのかァ??」

ヘンリー「しかし プロボクサーを何人も殺めているそうじゃないか 油断はできないな」

俺「期待はずれだけは 勘弁だぜ ったく    とりあえず入るとすっか」


ザッザッザッザッ

パパス「暗くて よく見えぬ」

俺「やはり邪悪な雰囲気は無しか・・・・・ こりゃハズレつかまされたな」ペッ

762 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:39:26.48 ID:QfNOE/Wt0
主人公も馬もゲレゲレも喋る

763 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:43:49.92 ID:fjxYlh0Y0
しえ

764 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:44:33.30 ID:8rqWOsgo0
ヘンリー「どうやら 一番奥に着いたみたいだ
     でも 魔物どころか ありんこ一匹 見当たらないな
     村人の勘違いか 俺たちをからかったか・・・・・」

パパス「いつまでも ここにいても仕方がない  さあ俺、文句を言いに帰ろう
    返答次第では あの村が地図から消えることになるな わっはっは」

ザッ・・・

俺「!」ピクッ

パパス「ん?どうした?さあ 早く帰ろう」

俺「Wait.待て  今かすかに 物音がした・・・・・
  俺たちが来た方向、つまり入り口の方からだ」

765 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:47:55.88 ID:MDFl3ZQM0
しえん

766 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:49:00.46 ID:8rqWOsgo0
ヘンリー「えっ ということは 魔物のやつ 外出していたのか」

俺「・・・・・おそらくな。このタイミングで帰ってくるとは 運のないヤローだぜ」

パパス「ちょうどいいではないか! 村人のため、彼奴のクビを持って帰ってやろう!」


魔物「なんだァ・・・? やけに人間くさいな」ヌッ

パパス「こいつが 村を襲っている 犯人だな  なるほど みるからに凶暴そうだ
    ここであったが 百年目! 悪いが命はもらってゆくぞ!!!」

魔物「あー・・・・・てかお前パパスじゃね?」




パパス「え?」

767 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:52:14.06 ID:Z3k6YwlH0
感動の再開

768 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:52:57.91 ID:8rqWOsgo0
俺「・・・!!」

魔物「うわなっつwwwwパパスじゃんww
   え、てことは横にいるのは俺か?  うっわwwwwうっわwwwwwww懐かしいwwww実に10年ぶり、感動の再会wwwwww」


ヘンリー「あ・・・ああ・・・・・・・・・トラウマが・・・」ガクガク

俺「てめぇ・・・まさか・・・・・」

魔物「 ああ。お前の唯一無二の相棒 その名も―――」

俺「ゲレゲレ・・・・・!!!!」





ゲレゲレ「よぉ・・・元気してたか?」ニマッ

769 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:55:03.49 ID:AC6SELiOO
ビアンカのリボン「」

770 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:57:01.88 ID:f1KGuNTB0
普通に覚えていた

771 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:00:01.41 ID:PU9booQR0
ゲレゲレきたああああああ

772 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:05:22.22 ID:ZsbcThVz0
ゲレゲレって馬肉食ったあとどうしたんだっけ

773 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:07:00.86 ID:q2kFgYzu0
支援

774 : 忍法帖【Lv=10,xxxPT】(1+0:15) :2014/02/09(日) 13:11:25.78 ID:a955FUO10
ほしゅ

775 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:11:29.09 ID:kIxnb+Hm0
おもしろい!
ドラクエやりたくなるなぁ
支援!

776 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:12:39.44 ID:1smn3uAe0
すまんこ

777 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:14:15.66 ID:f1KGuNTB0
>>772
ゲマによって逃がされた

778 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:17:19.87 ID:9u45Q99X0
いまDS版やってるけど、誰を嫁にするつもりなんやろ

779 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:19:33.73 ID:xrE3gKi60
ピエールはよ

780 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:22:11.76 ID:8rqWOsgo0
パパス「なんと あの薄汚い ベビーパンサーか これは驚いた。
    しかし 私の予想通り 立派な魔族になったようだな! 今もカボチで 殺戮の限りを尽くしてきたのだろう?」

ゲレゲレ「おいおい そいつはとんでもない勘違いだぜ?村を襲ってるのは―――」

俺「こいつではなく他のやつだろう。俺がそう思う理由は二つ
  まずゲレゲレの爪を見てみろ。血や肉がこべりついているが、血も肉も禍々しい色をしている。これは魔物のモンだ」

俺「それからもう一つ・・・ずっと気になってはいたんだが、村を襲っているのが魔物ならなぜ皆殺しにせず戦闘に長けているものだけを狙っているのか
  それはおそらく、あの村に何らかの価値を見出しているからだ。金銭的なものか、地理的なものか 理由はわからんがな
  だが魔物がそこまで計画的に行動するとは思えん。 すなわち敵は ゲレゲレに罪をなすりつけようとしている盗賊の類 ってとこだな」

ゲレゲレ「さっすが俺。相変わらずキレてんね(ヒュウ)」

781 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:25:59.92 ID:8rqWOsgo0
パパス「なるほど・・・
    だがそこまでわかっていて なぜ村を離れたのだ?」

俺「確信が持てなかったんだよ。もしかすると 相当頭の切れる魔物の犯行かもしれねえしな
  それに、俺の勘が当たっていたとしても 用心棒の俺たちが村に居座ってたんじゃあ 真犯人は襲ってこないだろうからな
  一旦村から離れる必要があると考えたんだ。  にしても、魔物の正体がゲレゲレだとは思いもよらなかったぜ」

ゲレゲレ「オレもまさか またアンタと出会えるとは思わなかったよ
     これも何かの縁だ、聞かせてくれよ。オレの知らないお前の10年間ってやつをよ」

俺「くくく そうだな・・・・・」


俺は話し始めた。不覚をつかれたとはいえ、生まれて初めての敗北・・・ドレイらしからぬドレイ生活・・・ヘンリーとの間に芽生えた友情・・・
かつての相棒に昔話を聞かせている俺の顔は 今までにない程、輝いて見えた」

782 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:31:14.80 ID:BuEUS73ai
C

783 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:32:26.05 ID:8rqWOsgo0
パパス「おい 俺、盛り上がっているところ悪いのだが・・・」

ゲレゲレ「あ?んだよ、こっちは今思い出話に花を咲かせてるってのに」

パパス「いや お前がさっき言っていた 村を襲っている真犯人とやらを 待ち伏せしなくていいのか?
    村を出て もうかなり時間が経っているぞ」

俺「・・・・・」

パパス「村にいては そいつが来ないというのも、ゲレゲレが犯人である可能性があったというのも わかったのだが
    ゲレゲレが犯人ではないと わかったことだし 村の近くで待ち伏せをしておいたほうが いいと思うぞ
    お前なりに 何か考えがあるというなら そっちを優先するが・・・」

俺「・・・・・


  しまったぁあぁあああああ!!!!!!!」ガバッ

パパス「なんと!忘れていたのか!?」



俺「やかましい!
  ええい、ぐずぐずするな!!!さっさと村に戻るぞ!!!!」ダッ

784 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:33:51.74 ID:8rqWOsgo0
ゲレゲレ「ったく、相変わらず忙しいやつだな
     オーケー、俺も同行してやる」

俺「なんだっていい!とっととしやがれ!間に合わなくなっても知らんぞーーーーー!」

パパス「かしこさのたねを拾ったら つかってやろう・・・」

   ・
   ・ 
   ・
俺「はぁはぁ、見えたぞ!!」


ギャーーーー! 命だけは勘弁してけろーーーーー!!


ヘンリー「あれは 村人の声だ
     まずいぞ俺!」

俺「今行く!! 
  ・・・これ以上 無駄な血は流させん・・・・・・!!!」ギュオッ

ゲレゲレ「速い・・・! 俺のやつ、怒りによって身体能力が向上してやがる

785 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:39:18.80 ID:KB00t7BY0
さるよけ

786 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:41:34.05 ID:UdSUoDNC0
C

787 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:42:46.08 ID:zSzwLIWMP
終わり切らなかったらss速報いけよ
間違ってもパートスレ化すんなよ

788 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:43:27.35 ID:69Jj+QOQ0
出たよ自治厨

789 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:44:27.86 ID:PU9booQR0
出たよ自治中

790 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:45:52.33 ID:OvqlRsRt0
出たよ自治厨

ほす

791 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:47:35.86 ID:zSzwLIWMP
は?お前らみたいのがいるから隔離しろって
いってんだよ
落ちやすいvipでやる意味もない

792 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:48:59.03 ID:69Jj+QOQ0
ニヤニヤ

793 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:49:45.58 ID:UdSUoDNC0
>>1ー!はやくきてくれーっ!!

794 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:50:32.40 ID:8rqWOsgo0
<カボチ村>

俺「大丈夫か!!」バッ

農民「ひぃぃ・・・た、助けて・・・・・!」

俺「もう大丈夫だ。俺の後ろに隠れていろ

  てめえらが真犯人だなァ?」


盗賊1「ほう 魔物の仕業に偽装していたことに気づく奴がいるとはな・・・・・」

盗賊2「少しは頭が切れるようだが・・・ 見抜いたところでどうにもならないぜ?ケケケ」

盗賊3「この村は俺たちのアジトになるんだぁ〜 心配しなくても、農民どもはドレイとして 一生コキつかってやるさ!」


パパス「ばかどもめ  この私を差し置いて ドレイをつくるなど 許されるはずがないだろう!」

ゲレゲレ「オレ様をダシに使って良いように動いてくれたみてぇダシな(ワロスww)
     覚悟はいいか?オレはできてる」

ヘンリー「どっちが悪党だかわからないな・・・」

795 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:51:46.85 ID:PU9booQR0
パパスの屑化が止まらない

796 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:52:52.32 ID:8rqWOsgo0
盗賊1「なんだ? 邪魔すると言うのなら 容赦せんぞ」

盗賊2「邪魔しなくても ぶっ殺す予定だけどな!ケケケケケ」

盗賊3「世界最強の盗賊ギルド カンダタカンパニーの恐ろしさを おもいしらせてやる!!」


カンダタこぶんがあらわれた!


ゲレゲレ「カンダタカンパニーと言えば この世界でもっとも大きな盗賊ギルドだ
     といっても ボスのカンダタは行方知れずらしいが・・・」

俺「ボスのいない組織がどうなるか知っているか? 統率を無くし、暴走し、そして滅ぶ
  これは定石だ。  暴走しちまったてめえらもそうなる運命なんだよ」

797 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:54:03.61 ID:8rqWOsgo0
賊1「俺たちが滅ぶ?はっ 笑わせてくれる
    さあごたくはいいからかかってこいよ」

ゲレゲレ「・・・・・」

盗賊2「おらおらどうした?ビビっちまったかオイ」

ゲレゲレ「めでたい奴だ。気づきもしなかったのか?」

盗賊1「何をわけわかんねえ事を言ってやがる?さあ かかってきやが」


盗賊1「あ・・・」ドサ…

盗賊2「んへぇ」ドサ…

盗賊3「」ドサ…

ゲレゲレ「もう行った」


俺「・・・!」

ヘンリー「!?」

パパス「なんと・・・このワシにさえ見えなかった・・・・・!!」

798 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:58:45.17 ID:8rqWOsgo0
ゲレゲレ「ま、こんなもんかな
     なんつーの?野生に揉まれて、オレも一皮剥けたんだわ」

俺「(くそったれゲレゲレのヤロウ・・・とんでもなく成長してやがる!!!)」ワナワナ


ゲレゲレ「これで昔の汚名返上・・・かな」

俺「ふん 弱かろうが強かろうがお前はお前であり俺の友人であることに微塵の狂いなど生じない
  改めてよろしく頼むぜ、“強い”ゲレゲレよォ」ニヤッ

ゲレゲレ「まかせろってんだぁ!」ニヤリ




なつかしい ともとのさいかいを はたした俺
いつもぶあいそうな そのかおにも えみがうかぶ!

そしてカボチのむらにも へいわがおとずれた
フラグのかいしゅうに せいこうした 俺いっこうは そっとむらを あとにするのであった▼

799 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:00:02.06 ID:+Fmx1R1u0
実際再加入後のゲレゲレ弱すぎて使えない

800 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:00:31.18 ID:8rqWOsgo0
パパス「おう俺、いいことをしたあとは気分もいいな!!!」

俺「やれやれ、ようやく人間らしさが戻ってきたか・・・・・」

ヘンリー「神殿にいたころは ほんとひどかったもんだ」

ゲレゲレ「相当苦労したんだな・・・
     お、村だ!今晩はあそこに泊まろうぜ!」


<ルラフェン>

ヘンリー「えらく 煙たい町だな・・・」

ゲレゲレ「んげ・・・・鼻がひんまがりそうだ・・・・・」

男「まったく ベネットじいさんは なにを研究しているんだか……。
  けむたくって しょうがないやっ ごほん ごほん……」

女「ほんと まいっちゃうわ どうにかならないかしら……」

801 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:01:08.56 ID:LXEyyHX20
なつかしい

802 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:01:24.34 ID:VgRlA4YR0
これ読めばドラクエやんなくてもストーリー分かるな

分かるのか?

803 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:02:11.64 ID:4bLsnfP30
>>802
このまんまだから安心しろ

804 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:02:34.32 ID:8rqWOsgo0
パパス「どうやらベネットとかいう 老人のせいみたいだな
    まったく これだから老害は」

俺「実験・・・か」

ゲレゲレ「どうした俺?気になるのか?」

俺「少しな」

パパス「ならば見てきてもいいぞ。 私たちは情報収集でも しておくからな」

ヘンリー「そうだな。ここから妖精の村へ行く方法でも探しておくとするよ」

ゲレゲレ「ついでに宿も取っておくか。パンサー可のな」

俺「ああ。じゃあまた後で」

805 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:03:43.07 ID:xrE3gKi60
>>802
パパス意外は大体同じ

806 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:04:00.63 ID:Z3k6YwlH0
>>802
パパスはぬわーする

807 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:05:11.93 ID:VgRlA4YR0
ぬわスしてない以外まんまか…
作り込んでんな

808 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:05:23.29 ID:lxsnoNgy0
パンサー可

809 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:06:12.55 ID:8rqWOsgo0
<ベネットの家>

ガチャ

俺「夜分遅くにすまない。失礼する」

ベネット「なんじゃ お前さんは?
     お前さんも けむたいとか文句を いいに来たのかえ?」

俺「いいや。ちょっと変わり者の研究とやらを見せてもらいたくてな」

ベネット「すると わしの研究を 見学に来たわけじゃな。
     なかなか 感心なヤツじゃ。
     もし 研究が成功すれば 古い呪文が ひとつ復活することに なるじゃろう。
     それは ルーラという 呪文でな 知っている場所であれば またたく間に移動できるという たいそう便利な呪文なのじゃ。」

俺「ほう・・・そいつは便利だな。
  旅人の俺にとっちゃあなんともおいしい話だ」

ベネット「そうじゃろう! しかし町のやつらは 文句ばっかりたれおってのう…」

810 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:09:07.73 ID:f1KGuNTB0
もうプレイしたのは何年も前だから殆どストーリー忘れてるけど、これ見てると結構思い出してくる

811 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:09:20.32 ID:8rqWOsgo0
俺「変わり者は迫害される・・・どこの世界でも同じだな
  それがたとえ天才であっても・・・・・・」

ベネット「お前さん タダ者じゃないのう…?
     わしと 同じ目をしておる。 孤独を知る目じゃ」

俺「・・・そうだな・・・・・」

ベネット「じゃが、同時にわしの持っておらんものを 持っている目でもある
     本当に大切なもの おぬしはもう 手に入れたのではないかね?」

俺「・・・・・・・・ああ」

ベネット「ほっほっほ うらやましいのう」

俺「確かにあんたには無いものかもしれない。
  だがそれを分け与えることはできるかもしれないぜ?」

ベネット「・・・・・?」



俺「その実験、俺が手伝ってやる」

812 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:12:36.44 ID:fjxYlh0Y0
あとヘンリーもにせ皇后倒したらパーティーから抜けるぞ

813 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:13:03.81 ID:Bu6upuLd0
ベネット?殺されたはずじゃ・・・

814 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:14:02.02 ID:8rqWOsgo0
ベネット「!」

俺「他のやつらの言うことなんざ気にするな。この実験、あんたは成し遂げたいんだろう?
  だったらいいじゃねえか。バカにされようが 煙たがられようが やりたいんだったらやればいい
  一人でできねえってんならこの俺が手伝ってやる。だから・・・

  
  夢を、諦めんじゃねーよ」


ベネット「!!!
     ふ、ふっふっふ……わはははは!!
     あっぱれ あっぱれ!きにいったぞ わかぞう!
     そのくーるな仮面の下には とんでもなくあつくるしい すがおが隠れておったか!わっはっはっは」

俺「ふん・・・」

ベネット「まさか名前も知らぬ わかぞうに 諭されるとはな
     長生き してみるもんじゃのう」

俺「こいつぁ失礼。まだ名乗っていなかったな
  俺の名は俺。異世界より舞い降りし光の救世主(めしあ)だ」

815 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:14:58.51 ID:xrE3gKi60
ピエールはよ

816 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:16:34.92 ID:8rqWOsgo0
ベネット「ほっほ こりゃまた たいそうなこった


     ところで俺とやらよ」

俺「なんだ?」



ベネット「さっきの『煙たがられようが』というセリフは わしの研究が煙を出すことにかけておるのか?」ニヤッ

俺「!!
  ・・・ふん。くえねえじいさんだ

  だがそこがGOOD」ニマァ



ベネット・俺「はっはっはっはっは!!!」




るいは ともを よぶのであった▼

817 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:18:30.89 ID:6FjP+5lz0
ヒュー

818 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:18:55.52 ID:8rqWOsgo0
俺「さて、そろそろ本題に入りたいんだが
  俺は何を手伝えばいい?」

ベネット「ふむ・・・・・


     実はもう 研究は完成しておるのじゃ」

俺「え?」

ベネット「お前さんが来る ほんのちょっと前、気晴らしに散歩をしていたんじゃが・・・
     そのとき偶然 光り輝く草を見つけてのう、そいつを材料にしてみると なんとまあ あっさり完成したんじゃ」

俺「・・・・・」

ベネット「飛行実験も済んでおるぞ!」

俺「・・・・・」

ベネット「ということで 残念じゃがお前さんの出番は いっさいないんじゃ!ほっほっほ」

俺「・・・・・」

819 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:19:33.66 ID:mEu/ITogO
>>807
ラインハットのイベ後にヘンリーが抜けるよ

820 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:24:01.77 ID:8rqWOsgo0
ベネット「まあ よいではないか 実験は 無事成功したんじゃ 
     さあ こっちへきなさい」

俺「・・・・・・・」スタスタ

ベネット「ルーラ覚えろ!えいっ!」ビビビッ

ベネット「これでおっけー☆じゃ。古に封じられし 移動呪文 ルーラを覚えたぞい」

俺「えらく適当だな・・・
  まあいい、この呪文を使えば 一度行ったことのあるところへなら 飛んで行けるというわけだな?」

ベネット「ああそうじゃ。まあ百聞は一見にしかずというコトワザがあるじゃろう。まずは使ってみんさい
     頭の中に 今一番行きたいところを思い浮かべて唱えるのじゃ!!!!!」

俺「・・・・・ル ー ラ ! ! !」
テレテレテレッ ギュイーン ギュイーーン

821 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:30:14.58 ID:gKCzrX2g0
しえんた

822 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:31:35.98 ID:8rqWOsgo0
<妖精の村>

ギュイーン ギュイーン スタッ

俺「さて・・・10年も経ってしまったが、知ってるやつはいるかァ・・・?」キョロキョロ

ポワン「まあ もしかして俺っ!なんてなつかしいんでしょう。
    あの時は本当に世話になりましたね。
    それで今日は 私になにか用なのですか?」

俺「誰かと思えば フルートを無くして困っていたアンタか。
  ・・・いや、用というわけではないんだが、ここで伏線を回収できるそうなんだ
  なにか心当たりはないか?」

ポワン「伏線・・・?なんのことか わかりませんが 妖精の城に行ってみれば なにかわかるかもしれませんわ。
    ちょうどこの村から出ている城行きのバスが到着したようです。それに乗ってお城に行くといいでしょう。
    俺 この定期券を持って行きなさい。
    私たち妖精国の女王が きっとチカラになってくれるでしょう。」

823 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:35:13.48 ID:AC6SELiOO
色々と飛ばしすぎだろwww

824 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:37:04.57 ID:8rqWOsgo0
俺はバスの定期券を受けとった!

俺はバスの定期券を手に入れた!

俺「ありがとよ。やはりあんたらを助けておいてよかったぜ
  くっくっく。ゲレゲレ、お前の考えは正しかったようだ」
    

<妖精のバス停>

運転手「おっ なんやニイチャン城行くんか? ラッキーやな!城行きのバスは一日一本しか走らんで」

俺「ああ。さすが俺ってとこか・・・(ニヤリ)
  ほら 定期だ。乗せてもらうぜ」

運転手「まいどーー!ほな行くでーー!ちゃんとシートベルト締めてやーー」プシューーッ ブロロロロロ

825 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:39:34.04 ID:YC0q6Onf0
お前徐々に面倒になってきただろ

826 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:40:01.16 ID:8rqWOsgo0
<妖精の城>

キキーーーーーーッ

運転手「ついたわ、はよ降り」ピーーーーッ ガコン

俺「ありがとよ」

運転手「帰りはもう来やんけど、どうもないか?何やったらタクの番号教えたるで」

俺「(ルーラで帰れるが、親切を無下にするのは心苦しい)ああ、頼む」

運転手「・・・」(手を差し出す)

俺「?」

運転手「百万円」

俺「・・・・・・・・・・」

運転手「がっはははははwwwwwジョーダンやwwwwwwwwww」

俺「・・・・・・・・・・」スタスタ

827 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:41:58.51 ID:xG30kYry0
ほしゅ

828 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:43:32.50 ID:OvqlRsRt0
いいキャラしてる

829 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:45:29.52 ID:8rqWOsgo0
<女王の間>
女王「よくぞまいられました。話はすでにポワンから聞いております。
   あなたが求める伏線とは 過去に戻り ゴールドオーブのすり替えるイベントのことでしょう。
   しかしもはや 天空城を浮上させるだとかをやっている時間はないのです。
   これをごらんなさい」

女王は ひかるオーブを取り出した!




女王「ぬぅん!!!!!!!!!」ベキキキ パァン!

ひかるオーブは こなごなに くだけちった!


女王「俺 よく聞きなさい。運命とは 強い願いで変えることができるのです。
   過去は過去・・・その過去から学ぶことは大切ですが いつまでも過去にしがみついていてはいけません
   あなたが辿ってきた運命は すでに変わっているのです。史実どおりに動く必要はありません。
   ドラえもんも 言っていたでしょう?『未来なんて ちょっとしたはずみで どんどんかわるから』と。
さあ お行きなさい!闇の世界 エビルマウンテンへ!そこにあなたのなすべきことが 待ち受けています!」


俺「・・・・・・・・・・・・・・」

女王「おっと それから これは私からのプレゼントです。エビルマウンテンへの道のりは長く厳しい(レス数的に)
   ぬぅん!!はぁああああああ・・・・・!!!
   ふう、あなたの記憶にエビルマウンテンのイメージを刷り込みました。これでルーラを使って一発で飛べるでしょう」

830 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:46:34.49 ID:4bLsnfP30
やっつけすぎ

831 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:46:43.94 ID:2A+MLDbl0
巻過ぎ

832 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:46:57.54 ID:lQI0qEl80
うん?

833 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:48:52.53 ID:8rqWOsgo0
俺「かなり無理やりご都合主義的に割愛された気がするが まあ、いいか
  ありがとう妖精の主。世話になったな」
  
女王「さようなら俺。あなたに幸せが訪れますように・・・
   もっとも 本当にほしかった幸せは すでに手に入れているのかもしれませんが・・・」


俺「ふん・・・・・・そうかもな
  じゃ 本当に行くぜ。アディオス 女王(ベジータがトランクスを見送るポーズ)
  ル ー ラ ! ! ! 」

テレテレテレッ ギュイーン… ゴンッ!!!!


俺「んぼぉ」メコッ

俺のあたまは てんじょうに めりこんだ!


俺「・・・」プランプラン

女王「・・・・・・・・」



ルーラを しつないでつかうのは きけんですので ぜったいに おやめください!▼

834 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:52:18.73 ID:8rqWOsgo0
<ルラフェン>


ベネット「おお、無事戻ってきたか
     なに?屋内でルーラを使ったら 天井にめり込んだだと?ふぉっふぉっふぉ、そいつは傑作じゃ!
     ワシの家は 近隣住民の嫌がらせで 屋根がはがされておるから 室内で使用できないなんぞ 知らなかったわい。ふぉっふぉっふぉ」

俺「・・・・・・・
  そ、それは置いといて 俺はそろそろ行くとする」

ベネット「その様子じゃと 何か掴めたか?」

俺「ああ。あんたのルーラのおかげで 俺という物語のページをめくることができたぜ」

ベネット「?ちょっと何をいっとるかわからんが まあよかったんじゃないか?」

俺「・・・・・・・・
  ま、とにかく礼は言うぜ。じゃあな」スタスタ

ベネット「(礼言えよ)」

835 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:53:24.32 ID:AC6SELiOO
まぁ確かにストーリー全てを書いていったらいつ終わるか分からんしな

836 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:54:51.43 ID:kIxnb+Hm0
焦りすぎなくてもいいんだぜ
支援

837 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:55:22.44 ID:8rqWOsgo0
パパス「おお!俺 帰ってきているではないか!」
ヘンリー「どうだ?何か成果はあったのか?」

俺「ああ・・・移動呪文を覚えた上に強化までしてもらった。これでエビルマウンテン直行だ
  それから妖精の国に行って伏線も回収してきた。バッチグーだぜ」(サムアップ)

パパス「それはよかった!」

ゲレゲレ「だとすりゃ あとはエビルマウンテンに向かうだけか・・・・・」

ヘンリー「そこに いまいましいゲマのやつも きっといるぜ」

俺「ゲマか・・・・・・・・・・
  あいつには世話になったしなァ・・・」

ヘンリー「そうだな・・・。でも俺たちは以前と見違えるほど強くなった。
     これで・・・あいつを倒せる!!」

パパス「うむ!もはやあんなやつにヘコヘコする必要もないな!ぬわっはっは!」

838 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:56:02.28 ID:5wxyB7HT0
しえん

839 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:56:21.42 ID:lxsnoNgy0
ケコーンと子供(主に娘)みたかったな

840 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:58:20.27 ID:9u45Q99X0
たしかに俺の娘は気になる

841 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:58:22.84 ID:8rqWOsgo0
ゲレゲレ「さ 行こうぜ俺」

パパス「うむ!」

ヘンリー「最終決戦だ!」

俺「ああ・・・・・友・・・仲間・・・家族・・・・・ここにきて かけがえのない者たちと 最後の戦いへいざ行かん
  ってな・・・ククク かっこつけすぎたかァ?
  行くぞてめーら。腹くくれ。チビんじゃねーぞ?」ニマァ


俺「ル ー ー ー ー ー ラ ッ ッ ! ! !」
テレテレテレッ ギュイーン ギュイーン



ものがたりは ついに さいしゅうしょうへ とつにゅうする!▼

842 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:59:03.65 ID:xrE3gKi60
ワロタ

843 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:59:17.24 ID:giPnpAi60
しえん

844 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:02:30.85 ID:8rqWOsgo0
どうにかこのスレ中に終われそうだ
俺もできればパート化は避けたかったのでこのまま行かせてもらうぞ・・・(ニマァ


毎度のコトながらたくさんの支援やレスありがとう

845 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:03:06.14 ID:OvqlRsRt0

さてゲマ戦

846 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:03:39.90 ID:8rqWOsgo0
<エビルマウンテン>
ギュイーン ギュイーン スタッ

ヘンリー「ここが・・・エビルマウンテン・・・
     魔界・・・・・・・」ゴクリ

パパス「ぬぅ・・・なるほど なんという 邪悪な空気・・・
    思わず まともになってしまった」

ゲレゲレ「これが本場の魔界の瘴気か・・・なるほど、笑えねえ
     俺、気をつけろ。ここの瘴気を吸っている時の魔物・・・・・
     あちの世界とは比べ物にならねえほど強力になるはずだ」

俺「なるほどな、ここでの力こそが真の実力というわけか
  さて、ゲマのヤロウはどこに・・・・・ん?あそこにだれかいるぞ・・・」

ヘンリー「人間・・・?」

パパス「!!!!!!!! あ、あれは・・・・・」





マーサ「ああ…俺…俺ですね…。」

俺「お・・・ふくろ・・・・・・」

847 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:03:48.06 ID:kIxnb+Hm0
fight!!

848 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:07:48.70 ID:8rqWOsgo0
マーサ「ああ…俺…母はどんなにか あなたに会いたかったことでしょう……。
    私があの男の元を去った日以来 あなたのことを考えぬ日はありませんでした。
    俺…。なんとたくましく 成長したことでしょう…。
    今こうしてあなたに会っていることが まるで夢のようです…。」

俺「・・・・・・・
  俺も・・・・・・会いたかったぜ
  おふくろ・・・・・・・・・」

ヘンリー「グスッ・・・よがっだなあ、俺ええ゛え゛」

ゲレゲレ「くっ・・・なんでだろうなァ・・・この感動的なシーンを 脳裏に焼き付けたいのに
     目の前がにじんでなんにも見えねえやチクショウ」


パパス「・・・・・・・・・・・」


マーサ「よくここまで会いにきてくれました 俺。
    もうこの母は なにも思いのこすことはありません。
    俺…。私は今ある使命のため この暗黒の地にいるのです
    世界を破滅へと導く 大魔王ミルドラースの魔力を封じることができるのは 私しかいません
    決してあなたのことを 捨てたわけではないのです。わかってください 俺…」

849 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:13:15.42 ID:8rqWOsgo0
俺「ああ・・・・・わかっている・・・・・・・・
  だから何も言わなくていいさ。あんたの愛は 十分伝わってるさ・・・」

マーサ「とても 強くたくましい男になったのですね 俺…。あなたに会えてよかった
    さあ さがっていなさい 私の 最後の仕事です。俺…大魔王ミルドラースを倒し、世界に光をもたらしてください
    私の…母からのさいごのお願いです」

俺「・・・!?何を・・・!」

マーサ「せめて せめて この私が この命にかえても その魔力を封じてみせましょう」

マーサ「全知全能の神よ わが願いを…」パアア…







スゥゥ・・・

ゲマ「ほっほっほ。いけませんね。あなたの役目は大魔王さまのためにトビラを開くこと…。
   余計なことをしてもらっては困るのです。
   ・・・もはやミルドラースさまに お前の魔力などいりません。邪魔をするというのなら消えてもらいましょうか」

850 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:17:40.48 ID:Za+WKICz0
ゲマ

851 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:17:46.10 ID:8rqWOsgo0
俺「・・・!ゲマ・・!」

ゲマ「ほっほっほ。ご苦労様でした。
   死になさい」ブゥゥン…


ゲマ「メ ラ ゾ ー マ ! ! !」テレテレテレッ


ヘンリー「ま、マーサさん!あぶない!!!」

俺「おふくろォォォオ!!!!!!!」ダッ

俺「く・・・そ・・・・・まにあわねえ・・・・・!」

マーサ「・・・!!きゃあああああああああ――――

852 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:19:47.98 ID:69Jj+QOQ0
まさか…ここで汚名返上か?

853 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:19:49.69 ID:4bLsnfP30
パパスが仕事するのか!!

854 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:20:07.67 ID:quNXDovB0
きめえ
チラ裏にでも書いてろ

855 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:20:09.58 ID:8rqWOsgo0
パパス「ぬおおおおおお!!!」ガバッ

マーサ「!?あ、あなた・・・!?」

パパス「久しぶりだな我が妻マーサよ。お前にはつらい思いをさせてしまって本当に申し訳ない



    せめて・・・最後は父親として、夫として・・・家族を守らせてもらうぞ」ギュッ

俺「パパス・・・・親父ィィ!!よせ!!!!!!!」


パパス「ぬわーーーーーーーーーっっ!」


ドゴオオオオオオオオオオオオオオオオン・・・・・・

856 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:21:33.48 ID:rSwzBHtV0
ここでぬわーかwwww

857 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:22:16.27 ID:o4hhxFn10
パパスーっ

858 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:22:55.88 ID:AC6SELiOO
ヌワス「パパーーーッ!!」

859 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:24:48.39 ID:8rqWOsgo0
俺「・・・・・・・・・・・・」

ゲレゲレ「な、なんてことだ・・・・・・・」

ヘンリー「そ、そんな・・・うそ・・・だろ・・・
     ここまで 来て そんな・・・」ヘナヘナ

ゲマ「ほーっほっほっほ おやおや パパスさんも 一緒だったのですか
   彼は いい僕だったのですが 最後の最後に 人間としての心を 取り戻してしまったようですねえ
   まあ 彼も愛する妻と 共に永遠の眠りにつくことができて さぞかし幸せでしょ―――

モクモク・・・



パパス「ふぅー いやはや 俺と一緒のパーティにいたせいか いつの間にかかなりレベルが上がっていたらしい
    だがまだ修行不足だな。さっきのメラゾーマで 左手の中指を突き指してしまった。ぬわっはっは!」

マーサ「ここはどこ?天国かしら?」

860 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:25:44.59 ID:gKCzrX2g0
なんで突き指住んだよワロタ

861 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:27:04.89 ID:8rqWOsgo0
ゲマ「!?!?」

ヘンリー「!?」

ゲレゲレ「!?」

俺「・・・・・・・・くくっ」

俺「あーーっはっはっは!まさかバカ親父に一本取られるとはなァ・・・くっくっく、こいつは傑作だぜ・・・」

ヘンリー「俺・・・・・・
     ぷっ くくく・・・・・」

ゲレゲレ「・・・・ふっ」


一同「「「わっはっはっはっはー!!!」」」

862 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:31:00.88 ID:8rqWOsgo0
俺「ったく 心配させやがって・・・
  だがもうこれで吹っ切れた。これで心置きなく戦えるぜ
  親父、おふくろ・・・おめーらはそっちで久しぶりの再会を楽しんどきな
  俺たちは因縁の相手と仲良くやらせてもらうからよォ」

ヘンリー「ああ、そうだな」

ゲレゲレ「俺を取り巻く風が・・・変わった・・・」


ゲマ「ぐ、ぐう・・・」


俺「さァーて。こっちも久しぶりの再会だもんで、お茶しながら昔話に花を咲かせるとするか?」

ゲマ「む、昔話に・・・ですか?」

俺「あーあ、そうとも
  ただし男らしく コブシで語り合おうぜ!!!!!!」ギュオッ

ゲマ「ーーーーッ!?!?」

863 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:33:46.08 ID:BuEUS73ai
C

864 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:35:57.96 ID:8rqWOsgo0
俺「オルァ!!!」ドゴァ!


俺の こうげき!
ゲマに 109の ダメージ!!

ゲマ「ッ!ま、魔界の瘴気を取り込んでいても これだけのダメージを・・・
   だ、だが耐えれないことはない!!次は私の・・・・」

ゲレゲレ「おっと、足元がお留守だぜ!」ボゴッ

ゲレゲレの こうげき!
ゲマに 95の ダメージ!!

ゲマ「〜〜〜〜〜〜〜ッッ!!!
   こ、こざかしいですね・・・!メラゾー―――」

ヘンリー「シッ!!させるかよ!!!」バギッ

ヘンリーの こうげき!
ゲマに 88の ダメージ!!

ゲマ「あぐッ」ズザザー

865 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:36:24.80 ID:o4hhxFn10
俺さんカッケー

866 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:38:13.31 ID:f1KGuNTB0
ヘンリー立派になったな

867 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:38:39.14 ID:QGhjbCRc0
追いついた

868 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:39:15.62 ID:8rqWOsgo0
俺「ふん・・・貴様の実力はやはりこの程度か・・・・・」

ゲレゲレ「あーあー、期待はずれだ」

ヘンリー「俺たちはしらない間に かなり強くなっていたみたいだな」


ゲマ「(ち・・・ちくしょおおおおお・・・・・・・・こ、この私が・・・・まるで子ども扱い・・・!
    な、なぜだ・・・・・なぜこんなガキどもに 勝てない・・・!!
    なぜ私が こんなやつらに おびえなければならないのですか・・!)」

ヘンリー「なぜ敵わないか って言いたげな顔をしているな」

ゲレゲレ「簡単なことだぜ・・・・・・それは・・・」


俺「 て め ー は 俺 を 怒 ら せ た 」

869 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】(1+0:15) :2014/02/09(日) 15:41:27.96 ID:oyAq2cNt0
ヘンリーに惚れた

870 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:41:52.37 ID:VgRlA4YR0
ぬわス

871 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:42:30.96 ID:8rqWOsgo0
ゲマ「・・・!?わ、わけのわからないことを・・!!
   私が・・・私が負けるはずないのですよ!!!!」ギュンッ

俺「はあああ・・・ホァタァ!!!!」ブンッ

メ ゴ ッ

ゲマ「ぎゃあああああ!!!!」

ゲレゲレ「俺の後ろ回し蹴り・・・ッ!ゲマの右腕に直撃だ
     ありゃ完全にイったぜ」

ヘンリー「これで得意のメラゾーマも打てない。勝負あったな
     なんだかとってもあっけなかったけど・・・まあ強くなりすぎるっていうのも 罪なんだな・・・」

ゲマ「お、おのれ・・・・・こ、こんなこと・・・こんなこと」ブラブラ

俺「これが圧倒的実力差ってやつだ
  てめえの命運は尽きた・・・恨むんならこんな人生を歩んできた自分自身を恨むことだ・・・」

872 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:46:10.08 ID:8rqWOsgo0
ゲマ「くっ・・・ ま、まだだ!!私の後ろには まだ
   大魔王ミルドラース様が控えておられるのです!!!!!」ダッ

ゲレゲレ「あ!後ろの扉に向かって走り出したぞ!
     ヤロウ、勝負すら放棄しやがった・・・ッ まるで靴の裏をなめてでも助かろうとするかのごとく 他者へすがる姿・・・ッ
     失望しか沸いてこないぜ・・・」

ヘンリー「で、でも大魔王ってやつと手を組んで襲い掛かってきたら さすがにまずいかもしれないぜ!
     追いかけよう!!」ダッ

俺「やれやれ、どうせどっちも始末しなきゃならねーんだ。だったらまとめてやってやろうぜ・・・そっちのほうがお得だ」ギュオッ

873 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:46:17.43 ID:9u45Q99X0
俺さんは丈太郎だったのか

874 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:47:52.65 ID:xrE3gKi60
寺生まれのTさんじゃなかったの?

875 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:48:17.47 ID:8rqWOsgo0
バァン!!!

<大魔王の玉座>

ミルドラース「・・・・・・・・・」

ゲマ「ハァハァ、ミルドラース様!お助けを!!こ、こいつらを 血祭りにあげてくださいませ!」

ミルドラース「・・・・・・・・・」

グラッ


ミルドラース「」ドサ・・・ゴロゴロ

ゲマ「ミルドラース・・・さま・・・?」




「ふふふ・・・・・・・・大魔王ってのも たいしたことないわね
 ただ強い魔物に生まれたってだけじゃあ 私には勝てないのよ」

876 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:48:54.77 ID:QGhjbCRc0
ま、まさか…

877 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:49:05.98 ID:8rqWOsgo0
ゲマ「あ、あなたは誰です?ミ ミルドラース様は・・・?いったい な、なにが・・・?
   どうなさったのですか?な、なぜミルドラース様の首が・・・取れて・・・ミルドラース様 へ 返事を・・・」

「うるさいわね・・・。邪魔よ、消えなさい」

バシュンッ ボオオオオオオ

ゲマ「ぐっぐはあ…! あ 熱いぃ〜っ! なんですかこの光は〜っ!?
   こっ この私が こんな光に焼かれるなどと…そんな そんな ことが あっては…
   ミッ ミルドラース様…」


バァン!!!

ヘンリー「やっと追いついたぞ!! って な、なんだこれは!
     あそで燃えているのは ゲマ・・・!? 〜〜〜ッそしてその奥に転がっている首は・・・!?」

ゲレゲレ「あ、あの首はミルドラース・・・・・・・
     いったいどうなってやがる・・・・・」

俺「・・・・・・・・!?」

878 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:49:57.63 ID:Rp0H7yJT0
これは予想外

879 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:50:50.34 ID:F0iARiRm0
あたしだ

880 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:51:13.13 ID:8rqWOsgo0
ちょっと用事ができたんで申し訳ないですが小一時間ほど外出してきます
帰ってきたら残り全部投下しますのでよろしければ保守お願いします

881 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:51:32.03 ID:f1KGuNTB0
スルーされたビアンカか?

882 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:51:46.05 ID:91eObUNvP
名もないNPCに…

883 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:53:44.59 ID:xrE3gKi60
イブールかな

884 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:53:58.42 ID:H11DBUna0
フローラじゃね?

885 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:54:01.86 ID:AC6SELiOO
まさにポルナレフ状態

886 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:55:20.79 ID:OvqlRsRt0
よー考えたらリアルタイムで最後までSS読むの初かもしれん
期待ほす

887 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:55:26.13 ID:Rp0H7yJT0
ブオーン

888 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:57:06.05 ID:qyw4lIb20
デボラさんだろ

889 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:59:57.05 ID:9u45Q99X0
ビアンカだな……?

890 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:00:48.54 ID:xrE3gKi60
お前ら最近スレ見直せよ
どう考えてもサンチョだろうが

891 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:04:02.59 ID:lyC6nKvg0
支援

892 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:04:56.52 ID:w+MUqfMs0
べr……

893 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:05:00.41 ID:8rqWOsgo0
やばいお前らの予想レスが予想外すぎてこのままじゃ埋まる危険性が極めて高い。投下し終わってから出かける


ゲマ「げぐぁ〜っ!!」シュウウウウウウ…


ヘンリー「ゲマが・・・死んだ・・・?
     あ、あっさりと・・・・・・・・」

ゲレゲレ「・・・・・・・・・気をつけろさらに奥、誰かいるぞ
     おそらく、ミルドラースとゲマをやったやつだ・・・」 



「生まれ持った素質や力なんて たかがしれている。こいつらを見ればわかるわよね
 復讐心こそ本当の力よ。そう思うでしょ?俺・・・」


俺「・・・・・・てめえは・・・・ッ」

ゲレゲレ「あのときの・・・!」







ベラ「久しぶり…本当に久しぶりね 俺・・・」

894 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:05:59.42 ID:xrE3gKi60
なんということだ

895 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:07:10.76 ID:OvqlRsRt0
なん.....だと.....

896 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:07:55.72 ID:8rqWOsgo0
俺「・・・ベラ・・・・・・・」

ベラ「あら、物覚えの悪いあなたたちでも私のことは覚えててくれたんだ。うれしいわ
   私もね あなたたちのことは 今まで一日たりとも忘れなかったわ。そう、一日も

   あの苦しみを忘れたことはなかった・・・」

俺「・・・・・・・・・」

ベラ「あなたたちへの復讐だけを誓って10年間みっちり修行をしてきたの・・・・」






ベラは ひらりと上着を 脱ぎ捨てた!
なんと 筋骨隆々の 肉体が あらわれた!!

897 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:09:16.09 ID:xrE3gKi60
なんでや!俺さん逃げてー

898 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:09:23.78 ID:6FjP+5lz0
oh...

899 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:09:52.02 ID:REVM8yf10
ベラって誰だっけ

900 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:10:45.81 ID:8rqWOsgo0
ベラ「10年間欠かすことなくジムに通い続けた結果よ・・・継続は力なりって言うでしょう?
   今の私の体重は180kg。 体脂肪率は


   5%だ・・・」


スッ・・・



ベラは ゆっくりと かまえをとる

ベラ「さあ・・・・・いまこそ積年の恨み そして往年の因果を断ち切る 最後の戦いを始めようではないか・・・・」




ベラが あらわれた!!!

901 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:10:53.40 ID:mDBu9Pp/0
>>899
確か妖精

902 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:11:12.25 ID:H11DBUna0
>>899
はやく人間になりたーい!の妖精

903 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:12:40.49 ID:8rqWOsgo0
ベラ「行くぞ俺・・・・・・・

   
   シッッ!!!」ビュン

俺「!!」サッ

ボゴォォ!!!!!!!!

俺「・・・・ッぐあ!」ドザザー ボゴォン!


ヘンリー「!?
     はっ 速い! 一瞬で間合いを詰めて ジャンピングニー
     あの俺が・・・ガードするだけで精一杯だった・・・!」

ゲレゲレ「な、なんて威力だ・・・・!攻撃を受けた俺が 30m以上吹っ飛んだぞ!」



ベラ「期待はずれね。こんなもんかしら?」タンッタンッ


俺「(ぐ・・・な、なんというスピーディな攻撃・・・ッ 今までの魔物とは比べ物にならねえ・・・!
   パ、パワーもダンチだ・・・!こ、こいつ間違いなく今までで最強の敵・・・・・!)」ガクガク

904 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:13:36.97 ID:OvqlRsRt0
あの俺が....押されている...

905 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:13:37.45 ID:9u45Q99X0
いきなりバキっぽくなったな。

906 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:13:56.23 ID:VgRlA4YR0
10年ジムに通えばこうなれるん?

907 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:14:19.65 ID:xrE3gKi60
俺は俺を信じてる

908 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:15:28.87 ID:8rqWOsgo0
ベラ「あら?どうしたの?まさかもう勝てっこないってことを悟ってしまったのしから?」スタスタ

俺「・・・・・・・・・・・・・




  だが、なぜだろうなァ・・・・・。今までにないくらい・・・心が躍ってるぜ・・・
  まるでこの闘いのために 生きてきたって感じだァ・・・」スゥゥ…

俺「ベラァアアアアアアアッッ!!!!!!!!!!!」クワッ!!

ベラ「ビクゥ!!  な、なによ!!」

俺「あの時 なぜてめえの延髄ではなく 腹を殴って気絶させたのか・・・・
  今ようやくわかった気がするぜ」

ベラ「(気絶してないからこうなってるんだけどね)・・・何よ」

俺「すべては・・・てめーみたいな強者と
  今こうして闘うためだったんだよォ・・・

  最後の最後に 俺を満足させてくれる敵に出逢えてよかったぜ」ニマァ

909 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:17:40.28 ID:8rqWOsgo0
ベラ「・・・減らず口を
   あくまで自分が優位に 立つつもりね
   だけどあなたに私を倒せるとは思えないわ
   死になさい!!シッッ!!!」ブオォン!バギッ!

俺「クッ!ガハァ!!」ドシャッ

ベラ「全然ダメね。視覚で捉えられていても 体がついてこれてないわ
   さっさとおしまいにしましょう」

ヘンリー「だ、だめだぁ〜 俺には 俺が勝つビジョンがまったく見えない・・・っ!
     こりゃ本当に 絶対絶命だぞ〜」

ゲレゲレ「いや、そうは思えんな
     俺の顔・・・ありゃなにか策があるって風に見えないか?」



俺「・・・やれやれ、確かにとんでもない力だ。”このまま”では勝てないな」

910 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:19:26.87 ID:xrE3gKi60
ルーラするのか!?

911 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:19:33.03 ID:YnBE6t7j0
ちょくちょく幽遊白書まぜんなww

912 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:20:06.38 ID:8rqWOsgo0
ベラ「負け惜しみ? そんなことで 私が動揺すると思っているなら 残念な作戦ね」

俺「ふん・・・・・・・
  親父ィ!!!聞こえるかッッ!!!」


パパス「・・・でさー、ヘンリーのやつ、なんて言ったと思う?
    『吐いてるキミも 素敵だぜ☆』だってよーwwww」
マーサ「キャーー!さっむーいww」
パパス「だろ〜?wwww
    まあワシは どんなお前でも愛しているけどな」
マーサ「やだあ〜///」イチャイチャ

俺「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

パパス「おお、俺 何か言ったか?」

913 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:20:21.49 ID:Qz9Sq3SU0
SSで久々にワロタ

914 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:21:06.20 ID:giPnpAi60
パパスwwwwwww

915 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:21:06.74 ID:8rqWOsgo0
俺「・・・あれ 外すぞ って 一応 許可を・・・」

パパス「ぬ!あれを外すほどの強敵か!!そうかそうか
    別にワシの許可なんていらんぞ。勝手に外せばいい」

俺「いや・・・・許可する!みたいな感じのほうが盛り上がるかなと思っただけだが・・・」

パパス「あーわかったわかった
    かまわん!外せ!!!っと
    はいどーぞ」

俺「・・・・・・・・・・」

ベラ「なんだか あんた 一気に小物臭がするようになったわね・・・」

俺「いいんだよ・・・あいつが幸せならそれで・・・
  さて 気を取り直して  許可も出たことだし、外すぜ」ベリッ

916 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:23:58.68 ID:Rp0H7yJT0
覆面か

917 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:24:41.47 ID:6FjP+5lz0
ニップレスか?

918 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:25:31.71 ID:REVM8yf10
おっぱい

919 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:25:56.70 ID:8rqWOsgo0
ヘンリー「!?あ、あれは!!!

     少年漫画でよくある めっちゃ重い装備!!!」

ゲレゲレ「なるほど、考えたな。視覚では追える範囲の速度なのだから それに肉体が追いつけばいいだけの話
     これで互角の戦いに持ち込める!」

ベラ「そんな古臭い修行方法で 私に勝てると思っているなんて なめられたもの―――」


ドガァン!!!!!!!!!!ドガァン!!!!!!!!!!!ズボボボボボボボ

ベラ「!?!?!?  お、重りが・・・・・・・地面にめり込んで・・・・!?」


ブシュウウウウウウ


ヘンリー「え!?重りがめり込んだ場所から 黒い液体が噴出した!?
     あ、あれは・・・・・・」

ゲレゲレ「石油・・・!?!? 石油が噴出すところまで 重りが到達したというのか・・・!!
     くっくっく、グレートだぜ俺。どれだけ重い装備で今まで生活していたんだよォ・・・まったく(ヤレヤレ)」

ヘンリー「(この演出は明らかにNARUTOのパクリだと思うんだけどなぁ)」

920 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:27:14.49 ID:8rqWOsgo0
ベラ「(こ、こいつら 前から思っていたけど やっぱおかしい・・・!!理屈で考えちゃダメよ・・・!狂ってるのよ!
    こんなやつらに関わったことが すべての過ちよ!)」

俺「さぁて・・・第二ラウンド 開始だ」ユラァ

ベラ「チッ かかってきなさい!!」

俺「なら 遠慮なく・・・っ!ぜあッ!!」

俺の こうげき!
ベラに 205のダメージ!!
俺の こうげき!
ベラに 199のダメージ!!
俺の こうげき!
ベラに 212のダメージ!!
俺の こうげき!
ベラに 203のダメージ!!
俺の こうげき!
ベラに 215のダメージ!!
俺の こうげき!
かいしんの いちげき!
ベラに 551のダメージ!!

921 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:27:42.52 ID:6FjP+5lz0
お金持ちじゃんやったね

922 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:29:06.29 ID:8rqWOsgo0
ヘンリー「俺 怒涛のラッシュだああああああーーッ!!!
     これはエグイ!!相手が女だろうと 容赦しないッ!!」

ゲレゲレ「いや・・・それは違うな・・・・・
     フッ 粋な真似をしやがる。 よく見ろ
     
     あいつ 顔には一切の攻撃を加えていない」

ヘンリー「!?!? な、なんということだ! 顔は女の命・・・ッ どんなに憎まれ 殺しにかかってくる相手でも
     顔だけは攻撃しないというのか 俺・・・!!」
  
ゲレゲレ「あいつはすげーやつだよ・・・誰よりも強くて・・・・・誰より優しい・・・(シミジミ)」



ベラ「ぐ・・・つ、強い!!!ゴホッ
   なんて強さなの・・・!10年間みっちり鍛えた私が 微量とはいえダメージを・・・!」

923 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:31:51.34 ID:8rqWOsgo0
俺「・・・お前には 悪いと思っている
  だが同時に 感謝もしているんだ

  俺にとって 最高の敵(とも)となって 現れてくれたことをな・・・・・
  だから最大の敬意をもって 戦わせてもらうッ!!!」

ベラ「みんな 何も言わないけれど あんたの考え方って 絶対おかしいわ!腐ってる!クズよクズ!!
   このやり場のない怒りや怨念・・・すべて私の力にしてあなたをぶち殺すわ!!!!!」ゴゴゴゴゴ

俺「ほう・・・ここに来てまだパワーアップとはな・・・恐れ入ったぜ・・・」


ベラ「ベギラゴン!!!!イオナズン!!!!!マヒャド!!!バギクロス!!!」

よっつの じゅもんが ベラのまわりに あつまる!

924 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:32:54.98 ID:ftm9YXq90
ヒャダイン

925 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:34:55.75 ID:8rqWOsgo0
ベラ「強大な4つの呪文を混ぜて繰り出す 私が生み出した最強の呪文・・・・・!
   これで終わりよ・・・死になさい



   ベ ラ ゾ ー マ ! ! !」テレテレテレッ


グオオオオオオオオン


俺「・・・・!!!な、なんて力だ・・・!!!
  くッ 避け――いや、後ろにはヘンリーたちが・・・! チッ 受けとめてやる・・・!!」


ドゴゴゴゴ グググ…

俺「ぐァ!!!こ、これは 強力すぎる・・・!!マジにき、きついぜ・・・」

ベラ「はあ・・・はあ・・・当たり前よ。私の全MPを使った究極の魔法だもの
   防げるはずがないわ」


ゲレゲレ「俺ェーーー!!」

ヘンリー「負けるな 俺ーーー!!!!」

926 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:36:09.28 ID:OvqlRsRt0
なにそれこわい
どうなった...?

927 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:37:08.37 ID:MSFf6Lmh0
追いついた支援
俺頑張れ―!

928 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:38:36.35 ID:6FjP+5lz0
>>927
くさ

929 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:38:55.52 ID:8rqWOsgo0
俺「ケッ・・・か、簡単に言ってくれるぜ・・・・・・・」ポタポタ

グググ・・・


ヘンリー「ああッ だ、だめだあ〜!どんどん押されてる・・!!」

ゲレゲレ「くそ・・・ここまでか・・・・ あの魔法さえ打ち破れば・・・!
     勝利は目前だというのに・・・ッ 恨むぞ・・・己の力のなさを・・・」ジダンダッ

パパス「なんてことだ・・・!再び手に入れた幸せを また手放さねばならぬというのか・・!」

マーサ「そんな・・・あんまりですわ・・・!」



ベラ「ふ、ふふふ・・・絶望的な雰囲気・・・素敵だわ
   私の勝ちね!!!」

930 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:39:57.47 ID:jIcd7iWkO
二日前見た

931 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:40:18.79 ID:8rqWOsgo0
俺「も・・・もうだめだ・・・・・・・限・・・界・・・・・だ・・・・・
  



  
 
  我慢の限界だ・・・・・使わせてもらうとする。最後の切り札を」

ヘンリー「え?」

ゲレゲレ「え?」

パパス「え?」

マーサ「え?」

ベラ「え?」


俺「アストロン」テレテレテレッ
ガシィィン! 俺の からだが てつのかたまりに なった!
俺は てつのかたまりに なっている!

932 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:40:52.93 ID:OvqlRsRt0
え?

933 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:42:18.42 ID:8rqWOsgo0
ドゴゴゴオオオオオン!ベラゾーマが 直撃した!
しかし 俺の からだは てつのかたまりとなり なにものも うけつけない!

ベラ「・・・・・・・(白目)」

俺「ふうう・・・アストロンを使っても これだけ痛いとはな・・・。なんとも恐ろしい攻撃だった」パッパッ


ゲレゲレ「なるほどな・・・アストロンは いかなる攻撃も無効化する・・・最後にとっておきを披露するたぁ いかにも俺らしいぜ(クックック)」

ヘンリー「(いつ覚えたんだよ・・・)」

ベラ「ハッ むちゃくちゃな展開すぎて 一瞬意識を失っていたわ
   で、でもこれでお互いMPは底を尽きている!肉弾戦ならまだまだ私に分があるわ!!
   これで本当に終わりにしてあげ―――」

俺「おふくろ」


マーサ「はい
    バイキルト」テレテレテレッ

マーサは バイキルトを となえた!
俺の こうげきりょくが 2ばいになった!

934 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:42:27.53 ID:8SHTuF8Ri
これは俺さんの作戦勝ちですわ

935 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:43:30.87 ID:8rqWOsgo0
ベラ「え」

俺「ふぅーこいつはいいモンだ
  俺の戦闘力の2倍・・・こいつがどういうことかわかるな?」(コキャッ)

ベラ「あ・・・ああ・・・」ガタガタガタガタ



俺「すなわち・・・・・・この俺・・・・・


  3人分のパワーってことだよォ!!!!!!!!!!」ブオォ!!!


パパス「2人分だバカもの」

ゲレゲレ「ま、賢さは最後まで1だもんな・・・仕方ねえよ」


俺「覚悟はいいか?俺はできてる
  破ァッ!!!!!!!!!!!!!」ボゴッムチチッメキゴッビチャビチャッバキャッ
     ・
     ・
     ・

ベラを やっつけた!!!

936 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:43:31.52 ID:mDBu9Pp/0
マホカンタでいいじゃん…

937 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:44:35.65 ID:8rqWOsgo0
俺「終わっ・・・た・・・・・・」ドサッ

ゲレゲレ「ああ、そうだな
     ふっ 俺のやつ 疲れ果てて 倒れちまったぜ」

ヘンリー「まあ、あれだけ暴力の限りを尽くしたんだからなあ・・・疲れるに決まってるさ(チラッ)」


ベラだった肉「」

パパス「しかし・・・これで世界にはびこる闇は 完全に消え去ったわけだ!!
    よくやったぞ 俺よ」

マーサ「ほんとうに よくやってくれました・・・ あなたは 私の自慢の息子です」

938 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:45:15.24 ID:2A+MLDbl0
ベラァァァァァ

939 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2014/02/09(日) 16:46:09.64 ID:xVDYdEmF0
全員生存ルートかよwwwwww

940 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:46:15.40 ID:8rqWOsgo0
俺「・・・・・・・・ああ。長かった・・・本当に長い旅だった
  最初はわけがわからなかったが・・・・・・・まあ・・・仲間や家族ってのも




  悪くねえんじゃねーか?(ニマァ)」


ゲレゲレ「ふっ・・・ようやく素直になりやがって(ニチャァ)」



はっはっはっはっは・・・・・・・



こうして この世界は 俺たちの 手によって 救われたのだった!!!▼

941 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:48:47.62 ID:8rqWOsgo0
俺「さて・・・と・・・」フラフラ

ヘンリー「おいおい、体力はほとんど無いんだから 無理すんなよ」ガシッ

俺「すまない・・・だが、俺にはまだひとつ やることがあるんだ・・・」

ゲレゲレ「・・・?」


俺「・・・・・」フラフラ

肉「」

俺「・・・・・・・なにがお前をここまで変えちまったんだろうな・・・
  俺にはわからねえ・・・・」

ヘンリー「(いや・・・そこはわかろうぜ)」

俺「だけど・・・何もお前一人で背負い込んで 死ぬことはない
  俺はそう思う」

ヘンリー「・・・・・・・・・」

942 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:51:16.46 ID:9u45Q99X0
伝説の武器なんて要らんかったんや……

943 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:51:29.50 ID:8rqWOsgo0
俺「確かにお前は 越えちゃいけないラインを 越えてしまった
  だが もう一度くらい チャンスがあったってバチはあたらねえよなァ・・・・・?」

ゲレゲレ「・・・!?俺 何を・・・?」


俺「俺はこの旅を通じて あっちの世界じゃ持っていなかった 本当に欲しかったものを手に入れることができた
  お前は・・・10年間・・・・・・・・無駄に過ごしちまって なにが欲しいのかもわからないまま あの世にいっちまったんだよな

  それって・・・なんかすっげえ悲しいじゃねーかよ・・・!
  だから 次はてめーの番だ。  てめーが
  
  本当の幸せってやつを 自分で見つけてみな!!!!そのためなら 俺の命くらい安いもんだ!!!」プァアアア…

パパス「俺・・・!?俺!!!お前 まさか・・・!」

944 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:52:00.25 ID:lyC6nKvg0
奴隷は助かるのか・・・?

945 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:52:16.53 ID:8rqWOsgo0
俺「楽しかったぜ。

  家族を・・・友を・・・・幸せを・・・ありがとう。南無ダーマ」



俺は メガザルを となえた!
ベラは いきかえった!
ぜんいんの キズが かいふくした!










俺は ちからつき いきたえた。

946 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:52:22.21 ID:w+MUqfMs0
メガンテ!

947 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:52:55.52 ID:O0x6odjJ0
神父くるな

948 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:55:01.58 ID:8rqWOsgo0
・・・・・・・・・・・きろ

・・・・・・おきろ

・・・おきろ 俺!!!







俺「!?!?」ガバッ

先生「コラー!俺、お前まーた寝とったなあー!」

俺「こ、ここは・・・?俺は・・・・・?」キョロキョロ

先生「まだ寝ぼけておるなー!まったく 勉強ができるからっていつも寝てると内申に影響するぞ!」

女1「くすくす 俺君、座りなよ」

女2「かーわいーw」


俺「(・・・・・・・・どうなってやがる・・・)」

949 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:58:23.39 ID:Z3k6YwlH0
まさかの夢オチ

950 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:58:33.24 ID:8rqWOsgo0
キーンコーンカーンコーン


<昼休み>

俺「あれは・・・夢・・・・・?
  だがあの死の瞬間・・・いまだに身も凍るこの感覚・・・夢なはずが・・・いやしかし・・・」

男1「俺ーどうした?気分でも悪いのか?」

男2「大丈夫かよ〜 顔色わるいぜ」

俺「あ、ああ・・・なんでもない ちょっと気分が優れんだけだ」

女1「こわい夢でも見ちゃった〜?ww」

俺「(夢・・・・そうだよな・・・・あんな現実離れしたことが・・・突然起こるはずがない・・・)」

951 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:58:37.86 ID:o4hhxFn10
トリップから回帰しちまったのか…

952 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:59:07.78 ID:8rqWOsgo0
男3「てかよー、今日午後から授業参観じゃん!最悪だぜー」

男1「うげ!?忘れてたーッ! だりいなあーー親とかまじいらねえし」

俺「・・・・・・・」

女2「ち、ちょっと・・・男1・・・!」

男1「あ、ご、ごめん俺・・・お前んとこ 親・・・・・いないんだったな・・・・ごめん・・・」

俺「・・・・ああ。大丈夫だ。もう慣れちまったよ 孤独には な・・・
  (そうさ 俺は最初っから一人じゃねーか・・・いまさらまた一人に戻ったところで どうってことない
   今までどおりの日常になった。ただそれだけのことだ)」

953 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:00:18.51 ID:jEdmiNL9O
>>948
かしこさ1なのに勉強ができるだと…?

954 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:00:26.52 ID:8rqWOsgo0
ガヤガヤ ザワザワ

女1「あ、そろそろ親が来始めたみたいね・・・
   なんか騒がしくない?」

男2「・・・?ほんとだ なんだろ
   ちょっと行ってみようぜ」


ウワナンダコイツ!!!不審者ダ!!!
ハナセーー!!!ワシハホゴシャダゾー!!!!!


男1「な、なんだ!?不審者が紛れ込んだのか!?!」

女1「やだーこわーい・・・」

女2「だ、大丈夫よ!なんかやばそうだったら 俺君が助けてくれるし!」

俺「ふん・・・・・
   しかし白昼堂々やってくるたァ たいした肝ッ玉のヤロウだな どんなやつだ」ジロジロ

俺「チッ 人が多すぎて見えやしないぜ」


ハナセーー!!!!ヤ、ヤメロー!!!
ぬわーーーーーーっ!!


俺「!!!?」

955 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:00:37.64 ID:8SHTuF8Ri
フラグと片チクビがビンビンだな

956 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:01:01.99 ID:AC6SELiOO
大神殿の奴隷「」

957 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:01:32.38 ID:o4hhxFn10
ぬわっー!

958 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:01:41.26 ID:mDBu9Pp/0
片乳の男か!?

959 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:01:51.34 ID:8rqWOsgo0
男1「あ、おい!人ごみを掻き分けて来た! 姿が見えたぞ!!!」

男2「ゲェーー!!原始人みたいな格好だぜ!ありゃ 本格的にやばいやつか!?」

女1「キャーー!変態よ!片乳を出した変態がこっちを見ているわ!!!」

女2「他にも 貴族みたいな服装のイケメンと で、でっかい虎!?
   調教師っぽいムキムキの女もいるわ!!!」

女3「避難よーーーーみんな!直ちに逃げましょー!!!!!!」


ギャーギャードタバタ ドンガラガッシャーン


シーーーン・・・

960 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:02:03.20 ID:kIxnb+Hm0
ルーラじいさんのくだりの「孤独を知る目」とやらはこれだったのか

961 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:02:05.24 ID:tE7oaoQaO
俺くんなんだよただのエリートだったのかよ

962 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2014/02/09(日) 17:02:27.76 ID:xVDYdEmF0
果たして終われるのか

963 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:03:23.20 ID:8rqWOsgo0
俺「・・・・・(腕を組み教室のドアにもたれかかる)」


「ふう・・・保護者として 授業参観に来ただけなのに 不審者扱いされて大変だったぞ!」

「その格好じゃあどこへ行っても変態としか言いようがないとおもうけどな・・・
 俺、元気そうでよかったよ」

「とりあえず家に帰ったら オレの住める場所でも探してもらおうかなァ」

「勝手に殺されて 生き返らされて 文句も言わせないで消えるなんて ほんっとクズだわ
 せ、責任とりなさいよね!!」


パパス「さあ みなで帰ろうか 母さんがこっちのお前の家で 飯を作って待っているぞ!!!」




俺「やれやれ・・・・・・・・・・

  こっちの世界も   まだまだ捨てたもんじゃあないな!!!」ニマァ




END

964 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:03:24.11 ID:xG30kYry0
ルーラの町の後
フローラのいる街にいって、火山行って水の洞窟行って
二人のどっちかと結婚して、船もらって
山登って山頂の村でビアンカがぶっ倒れて
山を降りたらグランバニアで、そこで試練の洞窟だかに行ってカンダタ倒して
塔に上ったらジャミだかゴンズだかがいて、石にされて
そのままどこかの島で何年も石にされ、勇者がやってきて石化を解いて
エルヘブン行ってゴーレム仲間にして魔法の絨毯手に入れたらトロッコのってるマスタードラゴン(人間)を救って
天空の城に行くけど、そこでゴールドオーブのため妖精の国にいって過去に戻って
天空の城を浮かせたら、竜の左目とか右目とかいう塔に上ってゲマ倒して
マスタドラゴンがとべるようになったら神殿でイブールとか倒して
その後エルヘブン付近のとこから魔界に行って
エビルマウンテンでミルドラ倒して、ついでにクリア後エスターク倒して終わり
こんな感じだったっけ

965 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:03:55.33 ID:3/OkACxR0
乙、だったな(ニマァ)

966 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:04:19.15 ID:8SHTuF8Ri


967 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2014/02/09(日) 17:04:27.67 ID:xVDYdEmF0


968 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:04:55.91 ID:2A+MLDbl0
おつんつん

969 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:05:10.91 ID:giPnpAi60

糞面白かった

970 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:05:16.91 ID:6OnNJ48S0
ベラとのちょめちょめは?

971 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:05:29.41 ID:MSFf6Lmh0


972 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:05:30.79 ID:OvqlRsRt0
乙だッ

973 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:05:34.24 ID:9u45Q99X0
乙、だな(ニマァ)

974 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:05:35.00 ID:8rqWOsgo0
くぅ疲
まじで疲れたわ。こんな長いとは思ってなかった

土日まるまる潰すことになるとは・・・


いろいろ言いたいことはあると思うけど最後まで見てくれてありがとう
何度も言うが保守支援本当に助かったよ

975 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:05:55.66 ID:5/JnLfxx0
まあ乙

976 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:06:04.55 ID:6FjP+5lz0
>>1、お前は本当にCOOLなやつだぜ(ニマァ

977 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:06:16.76 ID:8rqWOsgo0
おまけ


ドレイ「ヒーヒー い、いったいいつまで 働けばいいんだろうか・・・・・
    だ、だれか 助けにきて・・・くれないのだろうか・・・」

ムチおとこ「さあはたらけ 死ぬまではたらくのだ!!」ピシィ!

ドレイ「も、もうだめだ・・・希望もなんもないだよ・・・・オラもうしんだほうがマシだ・・・」ガク


?「やや、諦めたらそこで 試合終了ですよ!」

ドレイ「・・・あ、あなたは・・・?」

978 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:06:32.57 ID:kIxnb+Hm0
乙!最高だったぜ俺!
気力あったら後日番外編希望

979 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:07:09.93 ID:8rqWOsgo0
?「大丈夫ですか?この水をお飲みなさい
  さあさ ドレイの皆さん あなた方を救いに来ましたよ」

ムチおとこ「誰だ貴様!! 邪魔をするというのなら タダじゃ済まさんぞ!」ピシィ

?「ややっ この私と戦うおつもりですか
  よろしい 相手をしてあげましょう・・・」

ドレイ「あ、あなたは一体・・・?」

?「よくぞ聞いてくれましたね
  私はこの世に光をもたらす 愛の戦士・・・」



サンチョ「サンチョ・パンサである!!!!!」デデーン!!!!!!!!!


サンチョは あたらしいしごとを てにいれた!!▼




ビアンカ「あれ?」

フローラ「あれ?」


END

980 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:08:00.00 ID:OvqlRsRt0
サンチョさんマジイケメソ!

981 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:08:30.48 ID:f1KGuNTB0
面白かった 乙

982 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:09:57.34 ID:8rqWOsgo0
よし ドレイも救ったしこれでみんな幸せになった!はい


結婚とか子どもとかも考えてたんだけど、てかやりたかったんだけど絶対1スレじゃ無理だってことで省いた
それによく考えてみろよ。俺が結婚なんてできるわけねえだろ


もうスレも埋まるし質問とかは答えられんなコリャ(ヤレヤレ)
また俺系のやつ書くと思うしそのときは見てくれ

それから最後に・・・



親は大切にしろよ(ニマァ

983 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:10:30.15 ID:Bu6upuLd0


984 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】(1+0:15) :2014/02/09(日) 17:10:38.92 ID:oyAq2cNt0
ぜひともまとめて欲しいなぁ

985 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:10:46.12 ID:4q/wtUD60
おつ

986 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:11:52.09 ID:QGhjbCRc0


987 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:15:02.01 ID:5F9tK/iHO
乙でした
最後まで読んでしまった不思議

988 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:16:32.43 ID:o4hhxFn10
>>1000ならサンチョはオレの奴隷

>>1
俺TUEEEEなメアリースーだったけどキャラ生存やらパロディネタやら
二次創作の醍醐味がたくさん詰まった最高のSSだったぜ(ニマァ
後味いいしもうこっちが正史でいいんじゃないかな

989 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:16:37.71 ID:VgRlA4YR0
ニヤァ

990 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:17:50.20 ID:d+EyO2FU0
ようし埋めるか

991 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:18:19.64 ID:Rrdl59Js0
面白かった

992 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:18:33.12 ID:6OnNJ48S0
つぎもよろ

993 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:18:38.22 ID:BuEUS73ai


994 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:18:40.63 ID:giPnpAi60
いか(ニマァ スレ

995 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:18:55.90 ID:d+EyO2FU0
埋め

996 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:19:11.47 ID:8rqWOsgo0
1000ならビアンカは俺の嫁(ニマァ

997 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:19:42.70 ID:d+EyO2FU0
>>1000ならベラは俺の嫁

998 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:19:53.03 ID:giPnpAi60
1000なら俺がドラクエの世界へ

999 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:19:56.98 ID:F2+V1Ave0
乙(ニマァ

1000 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 17:20:04.07 ID:VgRlA4YR0
ふっ

1001 :1001:Over 1000 Thread
16歳♀暇だから全レスします☆     こちらスネーク        1990年生まれ集まれ〜☆       安価でお絵描き
   中学生      遊戯王        新ジャンル    VIPで本格的にRPG作ろうぜ   XBOX360
        全力で釣られるのがVIPPERだろ!w   ポケモン      コテデビューする                  ら
が    カレシと別れそう・・・   初心者   鬱病♀だけど     彼氏/彼女いないVIPPERちょっとこぃ♪       き
っ      唇スレ         mixi招待するお     釣った厨房に安価でメールwwwww               ☆
こ  さみしい・・・誰かかまって       425はどこも変えてなかった              ピカ厨       自    す
う     時代の流れ     デブきめぇんだよ           捨てアド晒してメル友     メンヘラ     殺     た
い  VIPヌクモリティ   顔晒し      馴れ合いスレ  「〜だお」              コテ雑         し
き     今のVIPが嫌ならVIPから出てけww        A雑    大阪VIPPER集まれ!!☆        ま
た 工作員 18歳♀が16歳♂に安価メール   VIPでMMO           ネタにマジレスの嵐         す
く    隠れオタ           skype       パートスレ   Skype         mp3垂れ流し
な  住所ギリギリまで晒して近かったらラーメン               二番煎じ
い       空気読め    リア充          ニコニコ動画   >>1 そっヵ、残念やわ(´・ω・`)
お   付き合ってくだしあ><       今から元カノに痛メする  >>3 ウチは高校生だぉ☆
                                           >>9 うはwwこれがVIPクオリティw
    ∩∩ V I P は ぼ く ら の 時 代 だ !!  V∩     >>2 自重しろwwwww          Be
ハ  (7ヌ)                               (/ /    >>7 ブラウザゲーやらないか?
ル  / /                 ∧_∧         ||                          モリタポ
ヒ / /  ∧_∧     ∧_∧  _( ゚ω゚ ) ∧_∧   || 埼  >>5 2chって有料なんですか?
  \ \( ゚ω゚ )―--( ゚ω゚ ) ̄      ⌒ヽ( ゚ω゚ ) //  玉  >>6 え?俺マジ貧乏なんだけど
    \       /⌒   ⌒ ̄ヽ ゆとり /~⌒    ⌒ /    O  >>8 お母さんに何て言えば
     |      |ー、      / ̄|    //`i構って女/     F   安価で絵描くお
低    | 恋愛 | | 厨房 / (ミ   ミ)  |    |     F   14歳♀中学生処女だけど質問ある?  ハ
年    |    | |     | /      \ |    |                                  ム
齢    |    |  )    /   /\   \|       ヽ   PCに詳しい人ちょっときて!!!   イ      ス
化    /   ノ | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  |        電車男              ミ       タ
     |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |  /  サーセンwwwwwwwwwwwwwww   フ      |


                                                              ニュー速VIP
                                                             http://hayabusa.2ch.net/news4vip/


338 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)