5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

イビルジョー「おちんぽみるくほしゅいのおおおおおおおおお!!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:28:43.97 ID:t4dbLBKWP
リオレウス「……」

イビルジョー「ほしゅいのおおおおおおおお!!」

リオレウス「……」

イビルジョー「のおおおおおおおおおおお!!」

リオレウス「……」

イビルジョー「なに独りでブッ冷めしてんだよテメエッ!!」

リオレウス「いや、ないわ」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:30:04.38 ID:t4dbLBKWP
イビルジョー「淫語を叫ぶ淫乱イビルジョー様だぞー?」

イビルジョー「興奮しない?」

リオレウス「別に」

イビルジョー「畜生、他人の好意を無駄にしやがって……」

リオレウス「なんでもいいからさっさとしゃぶれ」ボロン

イビルジョー「はあん……?」

イビルジョー「なんだかんだいって興奮してんじゃねえかよテメエ」

リオレウス「それとこれとは関係ない」

イビルジョー「またまたー、そんなこと言ってレウスもエロエロなんだからー」

リオレウス「しゃぶるのか?しゃぶらないのか?」

イビルジョー「すみませんいただきます」パクッ

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:30:45.17 ID:QOS76ccO0
糞スレsage

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:30:49.68 ID:c++bft2y0
マジキチ

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:31:06.85 ID:yzRw2U0u0
何か聖☆お兄さんみたい

イエスもエロエロ何だからーの下り

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:32:02.28 ID:t4dbLBKWP
イビルジョー「んぐっ……」チュパチュパ

リオレウス「ほら、もっと舌の根元の筋肉使う」

イビルジョー「んほっ……んむっ」チュパチュパ

リオレウス「そうそう、上手いじゃないか」

イビルジョー「んんんっ……」チュウウウ

リオレウス「よし、とりあえず上澄み抜くぞ」どぴゅ

イビルジョー「んほう……」ゴクゴクゴク

リオレウス「美味いか?」

イビルジョー「美味しゅうございます」ペロリ

イビルジョー「やっぱり妻帯者の味は熟成されてるねえ」

リオレウス「そんなことは関係ないと思うがな」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:34:00.95 ID:t4dbLBKWP
イビルジョー「お前の嫁さんも、不倫相手が雄だって知ったらどうなるかなー?」

リオレウス「バラしたら殺す」ギロリ

イビルジョー「じょ、冗談だって……」

リオレウス「言っていい冗談と悪い冗談がある」

イビルジョー「はいはい、愛妻家様はお堅いことで」

イビルジョー「でも繁殖期以外は我慢できないんだよな?」

リオレウス「ただの性欲処理だよ」

イビルジョー「わーってるよ」

リオレウス「相手が雄なのも成り行きだ」

イビルジョー「言い訳しないでいいから」

リオレウス「ふんっ」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:35:16.45 ID:t4dbLBKWP
イビルジョー「そう、あれは暑い夏の日のことだった……」

リオレウス「なんだそれは?」

イビルジョー「いや、俺とお前の馴れ初めを回想でな」

リオレウス「は?」

リオレウス「んなもの今必要ないだろうさっさと続きをしろ」

イビルジョー「まあ待て、俺ら視点じゃ一瞬だから」

イビルジョー「というわけで、あれは暑い夏の日のことだった……」


ほわんほわんほわん

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:37:10.21 ID:t4dbLBKWP
片手剣『足を引きずり出した、もうすぐだぞみんな!』

リオレウス『くっ……私もここまでか……!』ガクッ

イビルジョー『やっほー!』ヒョイ

片手剣『なっ!』

ランス『ここで乱入……だと!?』

弓『ひいッ!!』ピシュン

片手剣『おいバカよせ!!』

イビルジョー『あ痛!』プスッ

イビルジョー『何すんだこいつ』ムカッ

片手剣『何やってる!早く武器をしまって逃げ』

イビルジョー『くるりーんぱっ!』ドゴオオオオオ

弓『』

[力尽きました]

片手剣『弓いいいいいいいいいいいいいいいいい!!!』

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:39:01.63 ID:t4dbLBKWP
ランス『畜生、弓のカタキッ!!』バッ

片手剣『なにやってんのランス!?』

イビルジョー『くるりーん』ゴリッ

ランス『あ、スタミナ消し飛んだ』

片手剣『馬鹿かお前!?』

イビルジョー『ぱっ!!』ドゴオオオオ

ランス『』

[力尽きました]

片手剣『ランスうううううううううううううううううううっ!!』

イビルジョー『……』ギロッ

狩猟笛『ひいっ!!』

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:39:09.08 ID:7ceMozIV0
またお前か

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:40:53.79 ID:t4dbLBKWP
片手剣『大丈夫だ、お前の機動力なら慌てずに避ければ……』

イビルジョー『くるりーん』

狩猟笛『このくらい……ッ!!』

[旋律効果が切れた]

狩猟笛『……あれ?』ガクン

イビルジョー『ぱっ!!!』ドゴオオオオ

狩猟笛『』

[力尽きました]

[報酬金が0zになりました]

[これ以上復活できません]

片手剣『かりかりぴー子おおおおおおおおおおおおおっ!!』

ネコタク『旦那さん、もう終わりですニャ』

ネコタク『速やかに撤退してくださいニャ』

片手剣『なんだよこれえええええええええええっ!!』

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:42:13.95 ID:t4dbLBKWP
リオレウス『……なぜ助けた』

イビルジョー『べっつにー?』

イビルジョー『あのハンターどもがムカついただけだし?』

リオレウス『……』

イビルジョー『まあ、お礼してくれるっていうならさ』

リオレウス『……なんだ?』

イビルジョー『ちょっくら飲んでいいか、アンタの』

リオレウス『は?』

イビルジョー『今の俺、雄に飢えてんだよねえ』

リオレウス『……』


ほわんほわんほわん

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:44:01.72 ID:t4dbLBKWP
イビルジョー「……」ダラア

リオレウス「なぜ涎を垂らす」

イビルジョー「いやあ、あの時の味を思い出すと」

リオレウス「さっき飲んだばかりだろ」

リオレウス「……私もなぜあの時にお前を受け入れたのか」

イビルジョー「あれ、最初っからそういうの好きじゃなかったの?」

リオレウス「多分、死に瀕して生存本能が昂っていたのだろうな」

リオレウス「きっと内容が『掘らしてくれ』なら断っていた」

イビルジョー「俺も死にかけの奴にそんな負担かけるほど鬼じゃねーぞ」

リオレウス「瀕死の奴から搾り取るだけで充分異常だよ」

イビルジョー「まあいいじゃん、助かったんだし」

リオレウス「あれから断りにくくてズルズルきてしまったが……」

イビルジョー「後悔してる?」

リオレウス「もういい、別にどうでも」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:45:32.74 ID:t4dbLBKWP
イビルジョー「じゃあ折角だから思い出しついでにもう1発飲んでいいか?」

リオレウス「何が折角だ」

リオレウス「まあお前の尻も慣らさねばならんからな」

リオレウス「その間にまた咥えていろ」

イビルジョー「ここで飲んで、その後ケツに出して大丈夫か?」

リオレウス「とりあえず出るだけ絞り出すつもりで来たしな」

イビルジョー「まあ絶倫」

イビルジョー「それじゃいただきまーす」パクッ

リオレウス「うむ」ペロッ

イビルジョー「うめえ」チュパチュパ

リオレウス「お前も本当に好きだな」ペロペロ

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:47:05.28 ID:t4dbLBKWP
イビルジョー「おちんぽみるくだけで生きていきたい」チュパチュパ

リオレウス「……さっきから言っているそれはなんだ?」ペロペロ

イビルジョー「ああ、ラギアの野郎に借りたハンターどもの本に書いてあった」シコシコ

イビルジョー「あいつの趣味は良くわからんがフレーズだけ気に入ってな」ペロペロ

リオレウス「人間の考えることは良くわからん」グニグニ

リオレウス「こっちはもういいぞ」

イビルジョー「俺のケツの穴に防御ダウンの追加効果!!」

リオレウス「は?」

イビルジョー「ゴメン黙ってしゃぶる」チュパチュパ

リオレウス「まあいい……出すぞ」どぴゅ

イビルジョー「ん」ゴクゴクゴク

イビルジョー「ぷはあ!この一杯の為に生きてる!!」

リオレウス「多分その言葉は使いどころを間違ってる」

イビルジョー「俺にとっては正解なんだよ」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:49:36.56 ID:t4dbLBKWP
リオレウス「じゃあ挿入れるぞ」ズプッ

イビルジョー「うわあ……レウスの大きい……///」

リオレウス「何を今更」ズプププ

イビルジョー「いいんだよこういうのは雰囲気なんだから」

イビルジョー「それに、俺を掘ってくれるやつって結構貴重だし?」

リオレウス「そうなのか?」

イビルジョー「ラギアの野郎は『俺の童貞卒業は男の娘にきめてますう!』とか言ってるし」

リオレウス「……それはお前ではダメなのか?」

イビルジョー「ダメらしいぞ、何度説明受けても意味不明だけど」

リオレウス「そうか……そろそろ動かすぞ」ヌプ

イビルジョー「いいぞ……んっ」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:51:17.65 ID:t4dbLBKWP
イビルジョー「うあ……久々のケツ穴攻めは効くう……」

リオレウス「感じるか?」ヌプヌプ

イビルジョー「ビンビンきてる、もうイきそう……くっ」

リオレウス「俺に合わせる必要ないから我慢せずに出せよ」ズンズン

イビルジョー「それは……あ、でもダメ、限界」ビクンッ

イビルジョー「いく……ううっ!」どぴゅ

リオレウス「早いな」

イビルジョー「お前のしゃぶって興奮しまくってたからなー」

リオレウス「そうか、じゃあ続けるぞ」パンパン

イビルジョー「ちょ!レウス……連続はキツい……ひあっ!?」

リオレウス「お前が勝手に先にイったのだろうが」パンパン

イビルジョー「おまっ!……ひどっ……いいっ!?」

リオレウス「くっ、中に出すぞ!!」ドクドクドク

イビルジョー「ぬあっ!……また……くうっ……」どぴゅ

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:51:25.77 ID:Jgyxx6SwI
ジョーなら細けぇこたぁいいんだよで噛みちぎりそう

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:53:05.91 ID:t4dbLBKWP
イビルジョー「ぜえ……ぜえ……」

リオレウス「まだお前は2発目だろう」

リオレウス「私は3発目だぞ、だらしがない」

イビルジョー「だって俺は……連続だし……」

イビルジョー「自分のペースで……出したわけでも……」

リオレウス「御託はいいから続きをするぞ」

イビルジョー「も、もうちょっと待って……」

リオレウス「今の感じだとあと4〜5発は出したいからな」ヌプ

イビルジョー「い゙っ!?」

リオレウス「あまり遅くなって嫁に勘繰られるのも困るからな」ズンズン

リオレウス「急ぐぞ」パンパンパン

イビルジョー「あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙っ!?」ビュル

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:54:01.35 ID:GDBYcPha0
火竜の体液…

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:54:59.01 ID:DwUQiDsm0
おーおーまれに見るマジキチじゃのう

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:55:02.98 ID:t4dbLBKWP
ほわんほわんほわん


イビルジョー「ということがあってだな」

ラギアクルス「それで?」

イビルジョー「俺があと4〜5回イったあたりから記憶が飛んで」

イビルジョー「気づいたらレウスは帰ってて俺は真っ白に染まってた」

ラギアクルス「うわあ……上には上がいるもんですねえ」

イビルジョー「なあ、男らしくてガチで惚れそうだよなあ」

ラギアクルス「それは無いです」

ラギアクルス「っていうかそんな話を俺にしていいんですか?」

イビルジョー「ああ、っていうかお前ぐらいにしかこういう話はせんしな」

イビルジョー「だからレウスの嫁さんにバレてもお前が犯人ってすぐわかるし」

ラギアクルス「根本的な原因である自分のことは棚上げですか」

イビルジョー「そうだ、この前借りてた本返すわ」

ラギアクルス「どうでしたか!?」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:56:30.27 ID:t4dbLBKWP
イビルジョー「内容は別にして色々面白い言葉は勉強になった」

ラギアクルス「例えば?」

イビルジョー「『おちんぽみるくさいこおおおお!!』とか」

イビルジョー「『お尻の穴で孕んじゃうううう!!妊娠確実!!』とか」

ラギアクルス「ああ、そういう……」

イビルジョー「というワケでお前が試してみてくれ」

ラギアクルス「はい?」

イビルジョー「レウスは初っ端からノリが悪かったし、途中から言える余裕とか無かったし」

ラギアクルス「いやいや、俺もジョーさんのそんな声聞いたところで」

イビルジョー「だからお前が言うんだよ、そういう台詞を」

ラギアクルス「俺もそういう台詞は相手に言って欲しいのであって自分では……」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:57:44.08 ID:t4dbLBKWP
ラギアクルス「っていうかジョーさん、さっきの話だと限界まで絞られたんでしょ?」

イビルジョー「ああもう回復した」

ラギアクルス「いつの話だったんですか?」

イビルジョー「一昨日の晩」

ラギアクルス「丸一日ちょっとしか経ってないじゃないですかあ!?」

イビルジョー「いいからいいから」

イビルジョー「本渡したのはお前だし責任とれよ?」

ラギアクルス「お、俺は男の娘の伝道師としてジョーさんに正しい知識をですね……」

イビルジョー「はい、復唱!!」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 19:59:30.15 ID:t4dbLBKWP
イビルジョー「おちんぽみるくほしゅいのおおおおおおおおお!!」

ラギアクルス「お、おちんぽみるくほしいのおおお……」

イビルジョー「もっと大きな声で!!」

イビルジョー「おちんぽみるくほしゅいのおおおおおおおおお!!」

ラギアクルス「おちんぽみるくほしゅいのおおおおおおおおお!!」

イビルジョー「処女膜から声が出てない!!」

ラギアクルス「どこで覚えた!?」

イビルジョー「ほらもう一度!!」

イビルジョー「おちんぽみるくほしゅいのおおおおおおおおお!!」

ラギアクルス「おちんぽみるくほしゅいのおおおおおおおおお!!」

ラギアクルス「はあ……何やってんだよ俺」


おわり

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 20:01:45.17 ID:s3Bx2Aqy0


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 20:02:45.53 ID:W6Q4O2H70
マジキチ

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 20:03:04.25 ID:+tt7kE740
ブラキのフェラに期待

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)