5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

男「昔話のついでに」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:08:25.66 ID:EEsFThlm0
男「今だからこそ、話せることでも伝えておこうと思う」

女「なによ、改まって」

男「これは墓まで持っていこうか迷ったんだけど」

女「大仰ね」

男「昔さ、君の事好きだったんだ」

女「……少し、言うのが遅いわよ」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:11:21.55 ID:1rPk0aDp0
('仄')パイパイ

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:11:32.76 ID:EEsFThlm0
男「辛辣だなぁ」

女「相変わらず何事も後手後手ね、貴方」

男「仕方ないよ。気がついた時は遅かったんだから」

女「そう。残念ね、時期によっては両思いだったかも知れないのに」

男「そういう“もしも”は苦手なんだ。今より素敵な未来があったなんて分かったら後悔しちゃうだろ」

女「後悔するのが怖いの?」

男「怖くないものの方が少ないね」

女「ホント、相変わらず臆病者なのね」

男「死ぬまで治りそうにないのが困ったものだよ」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:13:15.86 ID:EEsFThlm0
男「でも、本当に久しぶりだね。 すごく懐かしいよ」

女「まさかこんな機会で再会するなんて夢にも思わなかったわ」

男「君は中学を卒業したら都会に引越しちゃったから」

女「本当はね、あの場所に残りたかったのよ」

男「そりゃそうか。慣れ親しんだ地を離れるのは、誰でも抵抗あるさ」

女「名残惜しい気持ちは確かにあったけれど、今思うとあんなに寂しく思えたのはもっと分かりやすい理由だった」

男「へぇ。それは?」

女「貴方がいたからよ」

男「……そっか」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:15:32.30 ID:EEsFThlm0
女「私の思春期は、貴方との思い出ばかりだったわ」

男「うん」

女「物心ついたときから一緒で」

男「うん」

女「小さい頃はよく喧嘩ばかり」

男「そうだったね」

女「喧嘩はしたけれど、いつも貴方が折れていたわね」

男「喧嘩が弱かっただけさ」

女「“ぼくはぼうりょくはんたいだー!”が口癖の男の子だったのよねぇ、貴方って」

男「仕方ないじゃないか。僕はそういうの苦手なんだよ」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:17:53.75 ID:EEsFThlm0
女「……喧嘩と言えば、覚えているかしら? 
  昔、近所のガキ大将のかっちゃんに私が喧嘩を挑まれたときの事」

男「おお、かっちゃん。懐かしいなぁ」

女「貴方は行くなって止めたんだったっけ」

男「そりゃそうさ。見るからに勝てない体格差だったわけだし」

女「ま、誰に止められようと結局行ったんだけれど」

男「……君って本当に無鉄砲だったんだね」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:20:55.62 ID:EEsFThlm0
女「結果は貴方も知ってのとおり」

男「ボロ負けだったらしいね」

女「色々と手は尽くしたんだけれどね」

男「どんな手を使ったのかはあえて聞かないでおくよ」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:23:33.38 ID:EEsFThlm0
女「それの帰り道だったかしら」

男「ん?」

女「貴方、泣きながらとぼとぼ帰る私を見て、一目散にどこかへ駆け出していったわね」

男「そりゃ、あんだけびぃびぃ泣いて鼻血を垂らしていたら驚いて逃げたくもなるもんさ」

女「その日の夕方、泣き腫らしたかっちゃんが私の家まで謝りに来たのよ」

男「へぇ。流石に悪いと思ったのかな」

女「……言ってたわよ。“謝って来い”ってボコボコにされたって」

男「きっと親にでも怒られたんだろうさ」

女「あのね」

男「ん?」

女「あの時は、ありがと」

男「何の事だかねぇ」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:26:53.31 ID:EEsFThlm0
女「あら、いつの間にかお茶請けが無くなってしまったわ」

男「おや、本当だ。最近デスクワークばかりで運動不足気味だったし、何か買ってこようかな」

女「そうねぇ。お煎餅が恋しいわ」

男「君も昔から相変わらずお煎餅好きだねぇ」

女「……ちょっと待って。私も行きたい」

男「体が弱ってるんだろう? 無理しちゃダメだ」

女「杖を使えば大丈夫よ。 お医者様からも適度な運動は体に良いって言われているの」

男「そっか。じゃあ、しっかりと介護させて貰おうかな」

女「あら、どの口が言うのかしら」

男「いひゃいひゃい。ごふぇんなふぁい」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:28:14.65 ID:OsLhBIJF0
しえん

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:29:56.16 ID:EEsFThlm0
男「歩く速さは大丈夫?」

女「ええ、丁度いいわ」

男「それは何より」

女「おんぶしてくれたらもっと有り難いんだけれど」

男「君もう引き返しなさいよ」

女「冗談よ」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:32:09.27 ID:EEsFThlm0
女「それにしても……久しぶりにこの町に戻ってきたけれど、もう昔とは随分違うのね」

男「土地開発が進んだからなぁ。でも、コンビニが出来たりして便利になったよ」

女「でも、昔のものが残らないのは何だか寂しいわ」

男「そうだねぇ。でも、ほら。あそこを見て」

女「あら、懐かしい。“幸せの一本松”ね」

男「お、ちゃんと覚えているんだ。正確には“幸いの一本松”だけれど」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:35:53.07 ID:EEsFThlm0
女「中学時代によく噂されていたわね。あそこで告白したら必ず成就される、って」

男「…………うん」

女「何よ、その罰の悪そうな顔は」

男「いや、あのね。あそこってもう“幸いの一本松”って呼ばれてないんだよ」

女「え、本当? やっぱり昔と今ではこういう噂話も違ってくるのかしら。
  それっていつ頃から呼ばれなくなったの?」

男「君が転校した直後くらいから」

女「あら、そんなに前から? じゃあ、今は何て呼ばれているの?」

男「……“幸いの一本引き松”」

女「『辛い』になってるじゃない。ロマンチックが台無しだわ」

男「原因は君にあるんだよ」

女「私?」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:40:18.26 ID:EEsFThlm0
男「……君ね、あそこに呼び出されて色んな人から告白されたでしょう?」

女「悉く振っていったのもよく覚えているわ」

男「それ以来、あそこって『あの松で告白すると必ず振られてしまう縁切り松』みたいになっているんだよ」

女「……」

男「……」

女「……」

男「……」

女「昔のものが変わり行くのは、長生きしている証拠よ」

男「無理やり収めたね」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:43:58.53 ID:EEsFThlm0
女「……」

男「……」

女「中学時代、ねぇ」

男「どうかしたの?」

女「貴方は中学時代、誰が好きだったのかしら」

男「思い返せば、多分君かなぁ」

女「そう」

男「君は、当時誰か好きな人でもいたのかい」

女「貴方よ」

男「そっか」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:46:17.83 ID:EEsFThlm0
女「両思いだったのね、当時の私達は」

男「それは結果論さ。あれを恋と呼ぶには僕は幼すぎて、君は大人すぎた」

女「貴方はどうして思いを隠していたの?」

男「隠していたんじゃない。さっきも言っただろう、気づくのが遅すぎたんだよ」

女「気づいてくれたのは、いつ?」

男「君が結婚した、っていう葉書をもらってからさ」

女「馬鹿ね、それは確かに遅すぎるわ」

男「ははは、ごもっとも」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:50:42.98 ID:EEsFThlm0
男「僕は知っていたんだよ、君の家が裕福だったのを」

女「うん」

男「そして知らなかった。僕らが缶蹴りで遊んでいる頃には既に、君は15歳で結婚が決まっていた事を」

女「うん」

男「つくづく、僕は子供だった」

女「いいえ、貴方は聡明だった。きっと、気づかない振りをしていただけ」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:53:03.30 ID:EEsFThlm0
女「もしもの話で御免なさい」

男「?」

女「もしも、私が。当時貴方の事を好きだと言ったら、何か変わっていたのかしら」

男「……」

女「……」

男「そうだね。きっと、何も変わらないよ。僕は断り、君は傷つき、そして後から僕は後悔する。
  恋心を自覚する時期が少し早くなるだけで、きっと僕らは今のままさ」

女「……それを聞いて安心したわ」

男「今より素敵な未来なんて、机上の空論。紙の中のケーキみたいなものさ。
  僕らは選ぶべくして腐れ縁を続けているだけだよ」

女「そうね。生涯続く腐れ縁も、割と嫌いじゃないわ」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:54:41.33 ID:b6g3XEKBO
支援
言い回しがなんか好き

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:56:47.72 ID:EEsFThlm0
男「それに、さ」

女「ん?」

男「僕らの“もしも”は、僕らの孫が叶えてくれるじゃないか」

女「ふふ、そうね」

男「まさか孫の婚約相手の祖母が、君だったなんてなぁ」

女「私も驚いたわよ。 ハンサムなおじいさんとは聞いていたけれど、貴方だったなんて」

男「妻を早々と亡くして、男手一つで育てあげた娘の子が……君の血縁者と結ばれるとは」

女「こっちも似たようなものよ。
  産廃のような借金と宝物のような子どもを残して消えた夫を背にして、
  あくせく生きていた結果が貴方との巡り合いに繋がるのね」

男「いやはや、運命の螺旋は妙な縁を繋げてくる」

女「『幼馴染』っていう、今昔の縁をね」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 02:58:41.91 ID:EEsFThlm0
男「ところで、足は大丈夫かい?」

女「ええ。不自由ばかりが多くなるから、歳は取りたくないものだわ」

男「歳を重ねないと自由の良さも分からないさ」

女「相変わらずの屁理屈上手ね」

男「屁理屈だって理屈のうちだよ」

女「偏屈なおじいさんになっちゃって、おばあさん悲しいわ」

男「ふふ、こうした軽口は良いね。昔に帰ったみたいだ」

女「そうね。これからは縁側でちょくちょく昔に帰ってみる生活はどうかしら?」

男「いいね、素敵だ。とっても素敵な案じゃないか」

女「それはどうも」

男「……照れると頬を小指で掻く癖まで、相変わらずなんだね」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 03:02:30.02 ID:EEsFThlm0
女「ねぇ、まだ時間はあるかしら」

男「娘夫婦が帰ってくるまで、まだまだたっぷりあるよ」

女「一つ、案があるの」

男「ん?」

女「昔を懐かしみながら、デートでもどうかしら?」

男「いいね。行き先はどうしようか?」

女「とりあえず、あそこに見える松の木でもどう?」

男「うん、分かった。そこで60年前に言えなかった事でもついでに呟いちゃおうかな」

女「……本当、言うのが相変わらず遅い人」




END

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 03:02:35.53 ID:cM6BmcV1O
でも二人とももう死んでるんでしょ?

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 03:05:09.49 ID:EEsFThlm0
読んで頂いて有難うございました
このスレが、今この時間に寝付けない方々の暇潰しにでもなれば幸いです

おやすみなさい


【〆の1曲】
http://www.youtube.com/watch?v=r0SOmcfomAk

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 03:08:22.23 ID:b6g3XEKBO


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 03:17:39.24 ID:5pbv+yK/0
ひっそりとVIPに咲いた良SS


27 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】(1+0:15) :2014/02/07(金) 03:21:24.71 ID:Om5HCVHd0
おつ

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 03:23:28.24 ID:8x7iTkTXO


12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)