5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ラウラ「嫁の部屋に行ったらベッドで折斑教官が寝ていた」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:12:51.69 ID:yJVQBrRT0
シャル「えっ?」

ラウラ「その際に、床に落ちていた折斑教官の物と思われるパンツがこれだ」

シャル「えっ?えっ!?」

ラウラ「思わず持ち出してきてしまったが、
コレの匂いを嗅いでみても問題ないだろうか?だろうか!?」フンフンッ

シャル「いやいや!?その話どこからツッコめばいいの!?」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:13:19.80 ID:86HfLmBx0
しゃるたそ〜

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:13:23.01 ID:ZX0pwyc70
おりはん教官?

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:18:24.39 ID:yJVQBrRT0
ラウラ「ダメか?やはり、下着の匂いを嗅ぐのはいかんか・・・」

シャル「いや!そうじゃなくてっ!」

シャル「ああもうっ!どういう事なの!?」

ラウラ「なんだ?匂いを嗅ぐ以外に何か問題があるのか?」

シャル「いや、そのね?問題って言うか、その、そもそもの話として・・・///」

ラウラ「ま、まさかお前も教官のパンツを嗅ぎたいのか!?」

シャル「違ーう!!」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:19:23.59 ID:yJVQBrRT0
織斑だったな

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:20:38.86 ID:yJVQBrRT0
ラウラ「そうか?なら、私が一人で嗅ぐとしよう!」ワクワク

シャル「それもダメー!?」

ラウラ「ダメなのか!?」ガーン

シャル「ああっ!もう!どこからツッコめばいいのこの状況!?」 ウロウロウロウロ

ラウラ「さっきから一人で何を悩んでいるのだ?」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:21:18.60 ID:yJVQBrRT0
シャル「・・・よし、時系列順に解決して行こう」

ラウラ「ふむ?」

シャル「ねぇラウラ。ラウラはどうして一夏の部屋に行こうと思ったのかな?」

ラウラ「嫁に『夜這い』をするためだ!」

シャル「アウトォーー!!」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:22:22.45 ID:yJVQBrRT0
ラウラ「な、何がだ!?」

シャル「・・・ラウラ、そんな言葉どこで憶えてきたのかな?」ジッ

ラウラ「うっ?それは、我が優秀な副官がだな・・・」

シャル「その副官は本当にクビにするべきだよっ!」キッ

ラウラ「ううむ。嫁といいお前といい、皆がそう言うのだな・・・」

シャル「とんでもないよその副官!」

ラウラ「だが!私は私の副官を信じるぞ!」ふんすっ

シャル「・・・まぁ、いいや。それで、一夏の部屋に行った時の状況を教えて欲しいかな」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:24:01.51 ID:yJVQBrRT0
ラウラ「嫁の部屋に行ったが、嫁は居なかったぞ」

シャル「そ、そうなんだ・・・良かった」

ラウラ「代わりにベッドに折斑教官が寝ていた」

シャル「!!?」

シャル「・・・えっ?」

ラウラ「折斑教官が嫁のベッドで眠っておられたのだ」

シャル「えっ?えっ・・・?それってどういう・・・?」 ぱたぱたぱたぱた

ラウラ「全裸でな」

シャル「へうっ!?///」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:25:43.08 ID:yJVQBrRT0
シャル「えっ?ええっ!?///」あたふた

ラウラ「折斑教官が嫁のベッドで全裸で眠っておられた」

シャル「えぇーーっ!?///」

ラウラ「ど、どうした?」

シャル「それって!それってぇっ!!!」

ラウラ「ああ、間違いない」

ラウラ「教官は入浴後にそのまま眠ってしまったようだ」 うむ

シャル「違うよ!?」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:27:01.21 ID:yJVQBrRT0
シャル「それだと、折斑先生は何で一夏の部屋でシャワー浴びたのかって話になるでしょ!?」

ラウラ「それは、姉弟なのだからそんな事もあろう」

シャル「ないよ!絶対にそれはないよっ!?」 ガタッ

ラウラ「そ、そうなのか?」

シャル「折斑先生と一夏・・・えっ?本当にそうなの??」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:32:05.54 ID:yJVQBrRT0
シャル「これは詳しく確認する必要がありそうな、確かめてはいけない出来事のような・・・」ドキドキ

ラウラ「どうしたのだシャルロット?」

シャル「ねぇラウラ。部屋の様子とか、織斑先生はその時どんな様子だったのか詳しく教えて?」

ラウラ「うむ。ベッドはひどく乱れていたな!」

シャル「やっぱり詳しく追求したらダメっぽい!?」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:33:35.24 ID:yJVQBrRT0
シャル「・・・この問題は一回置いておこう」

シャル「て言うか、思考停止してしまおう。うん」

ラウラ「ふむ」

シャル「って言うか、他にも追求すべき問題があった」

シャル「ラウラ、どうして織斑先生のパンツの匂いを嗅ごうと思ったのかな?」

ラウラ「それはもちろん!尊敬する教官のパンツの匂いを嗅ぐものだ、と副官が言っていたのでな!」ふんすっ

シャル「その副官やっぱりクビにしないとダメーーっ!!」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:41:50.74 ID:YsQSJJGli
しえ

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:44:24.88 ID:yJVQBrRT0
ラウラ「な、何故だ!?」

シャル「その副官はラウラの教育上よろしくありませんっ!」

ラウラ「そ、そんな事はないぞ!私に必要なアドバイスをくれるのだ!」

シャル「そのアドバイスが問題なんですっ!」

ラウラ「そんな事はないっ!副官は夜這いの方法を事細かに教え・・・」

シャル「記憶を失えーーっ!」ドガーン

ラウラ「ぎゃーっ!!」めこぉ

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:51:02.72 ID:yJVQBrRT0
ラウラ「あ、危ないではないかっ!」

シャル「とっさにISで防ぐとは。やるねラウラ」

ラウラ「そういう問題ではない!何故そんなに怒っているのだ!?」

シャル「これもラウラのためなんだよっ!」カチャ

シャル「ちょっとパーになるかもしれないけど、ラウラが記憶を失うまで撃ちまくるよ!」キュイーン

ラウラ「大問題ではないか!?」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:53:23.29 ID:7qfENeil0
C

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:53:33.12 ID:yJVQBrRT0
シャル「悪いのは君の副官だよラウラ!覚悟ー!!」ババババ

ラウラ「そんな事はない!副官は私にいろいろ教えてくれるのだ!」チュインチュインキーン

ラウラ「知っているかシャル?夜這いというのは男女のおしべとめしべを・・・」

シャル「わーっ///わーー!!///」バババババババ


チュインチィインキーン

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:54:16.24 ID:IvlynRc70
ラオウだと思ってこのスレを開いた

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 21:58:27.53 ID:yJVQBrRT0
ラウラ「・・・うーん」ぐったり

シャル「ごめんねラウラ。君のためなんだ」ヒュン

シャル「目覚めた時、もしパーになってたら今度は副官じゃなくて私がちゃんといろいろ教えてあげるからね・・・」ぐっ

ドンドンドン!

シャル「ん?」

千冬「何を騒いでいるかお前たち!!」

シャル「お、織斑先生!?」ドキッ

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 22:00:44.85 ID:yJVQBrRT0
千冬「入るぞ」ガチャ

ラウラ「うーん、うーん」ぐったり

千冬「ボーデヴィッヒ?」

千冬「デュノア。説明しろ」

シャル「あー、えっと、これはですね」あたふた

はらり

千冬「うん?」

シャル「あっ!!」びくっ

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 22:02:38.81 ID:yJVQBrRT0
千冬「・・・それは、私の下着ではないか」

シャル「へぁっ!?えっと、あのっ!これはですねっ!その、ラウラがっ!」あたふたあたふた

千冬「ボーデヴィッヒが?」

ラウラ「・・・う?」ぱちくり

千冬「む。目覚めたかボーデヴィッヒ」

ラウラ「お、織斑教官!?」

千冬「先生と呼べ!」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 22:03:30.74 ID:lFttAk0D0
しえん

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 22:05:01.36 ID:yJVQBrRT0
千冬「ボーデヴィッヒ。デュノアがこの下着についてお前が知っていると証言しているが、どうだ?」

シャル「・・・こうなったら仕方ないよラウラ。きちんと事情を説明しようよ」

ラウラ「・・・下着?」

シャル「えっ?」

ラウラ「いや、私はその下着については何も知りません。織斑教か・・・先生!」

千冬「そうか」ギロリ

シャル「えっ?ええっ!?」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 22:09:53.61 ID:yJVQBrRT0
千冬「さぁ、きちんと説明してもらおうか。デュノアよ」ギロッ

シャル「ラウラ、ラウラっ!これはさっきラウラが一夏の部屋から持ってきたものでしょう!?」

ラウラ「私が嫁の部屋から?いや、今日は嫁の部屋には行ってはいないな」

シャル「そんなー!?」

シャル(ラウラが、ラウラが本当に夜這いの記憶を失ってるー!?)

千冬「どうやら語るに落ちたようだなデュノアよ」ギンッ

シャル「!!?」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 22:14:42.80 ID:yJVQBrRT0
千冬「どうして貴様が、その下着が織斑一夏の部屋にあった物だと知っているのだ?」

シャル「へっ!?だから、それはさっきラウラが・・・」

ラウラ「??」きょとん

千冬「その下着は、先ほど私が織斑の部屋でシャワーを借りた際に盗まれた物だ」

千冬「何故織斑の部屋のシャワーを借りたかと言うと、私の部屋のシャワーが壊れたのでな。まぁ、臨時でな」

シャル(本当にシャワー借りただけだったー!!)

千冬「それを何故貴様が知っていて、そして現物を持っているのだ!!」

シャル「で、ですからラウラがぁ」ぐすっ

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 22:17:53.26 ID:yJVQBrRT0
ラウラ「私は知らぬぞ、シャルロット」

シャル「思い出して!?ねぇ思い出してラウラっ!」バタバタバタバタ

ラウラ「私は下着も一夏の部屋で教官がシャワーを借りた事も知らないぞ」

千冬「まだ他人に罪を被せようとするかっ!!」

シャル「ち、違・・・っ」

千冬「もういい!貴様は一晩廊下に立っていろーーっ!!」

シャル「そ、そんなぁ!」ぐすっ

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 22:21:26.38 ID:yJVQBrRT0
一夏「千冬姉、シャワー終わったかー?」

一夏「あれ、居ない。まぁそりゃそうか。もう何時間も経ってるしな」

一夏「さてと、寝るか」もぞもぞ

一夏「お休みー」

一夏「・・・あれ?」すんすん

一夏「・・・千冬姉の匂いがする///」ドキドキ


こうして、シャルの働きによって誰も夜這いすることなく一夏の貞操は守られたのであった!

頑張れシャルロット!負けるなシャルロット!

シャル「ううっ、どうしてこうなるの?」ぐすっ


終わり

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 22:31:07.11 ID:lFttAk0D0
おつー

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★