5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

貴子「池田ァァッ!!」池田「はいっ!コーチ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 21:13:15.21 ID:bO4Rb4+c0
風越女子高校 麻雀部部室 


ワイワイ ガヤガヤ

華菜「ツモ!メンタンピン三色ドラ2。4000、8000!裏はめくらないでおいてやる!」

モブ部員「は、はい」

未春「華菜ちゃん調子いいね」

純代「ウザさも絶好調」フフッ

星夏「それにしてもコーチ遅いですね」

美穂子「…そうね、もうすぐ来るかと思うけど」

ガチャ

貴子「はぁ〜、話長かった〜」

一同「コーチ!おはようございますっ!」

貴子「おう、おはよう。それと池田ァァッ!!」

華菜「はいっ!コーチ!」

貴子「おはよう池田」チュッ

華菜「うん、いきなりほっぺたにキスとかマジキチだし」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 22:32:30.70 ID:bO4Rb4+c0
咲「…和ちゃん、態度を改めるのは私の方だよ…和ちゃんがそんなに私のことを想ってくれてたなんて」

和「…」ポロポロ

咲「ほら、和ちゃん立って…」

和「はい…」グスッ

咲「…今日は和ちゃんの気持ちが聞けて嬉しかった…ありがとう」

和「はい…」

咲「私この話断るよ、東京には行かない…だって私も和ちゃんが好き!これからもずっと一緒にいたい!」

和「さ、咲さん…」

咲「私の恋人になってください!!」

和「はい、私でよければ喜んで!」ポロポロ

華菜(宮永も原村もおめでとうだし…)グスッ

ママさん達(…おめでとう)グスッ

咲「和ちゃーん!」ギュ

和「咲さーん!」ギュ

番組スタッフ「すいません、そこの二人うるさいんで出ていってください」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 22:33:32.82 ID:tsn9BAv20
スタッフはプロ

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 22:35:49.42 ID:bO4Rb4+c0
和「…スタジオ追い出されちゃいましたね」

咲「そうだね、あとで瑞原プロに会って謝ってくるよ。この話はお断りしますって」

和「…ほんとに良いんですか?」

咲「うん、和ちゃんと一緒にいられるだけで私は幸せだから」

和「わ、私も幸せです///」

咲「ふふっ、ありがと。…あっ、お姉ちゃんに東京に行かないって電話しないと」ピポパ

和「…そうですね」

咲「うん、早めに伝えた方が良いよね」prrr

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 22:37:09.94 ID:2R38ZTwa0
池田とコーチもイチャらせて下さい

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 22:40:32.48 ID:bO4Rb4+c0
一方その頃 白糸台高校麻雀部 チーム虎姫の部室


淡「テルとスミレまだかな〜」

誠子「3年生は少し遅れるって言ってたけど、もうそろそろ来るんじゃないかな」

尭深「…」ズズッ

淡「それにしてもテル、妹と仲直りしてから毎日楽しそうだよね」

誠子「確か、妹さんが近々東京に来て一緒に住むって言ってたな」

淡「なるほど、それで最近は特にテンションが高かったのか」フムフム

尭深「…テンションが高いというか、少しやばい」ズズッ

誠子「まぁ大好きな妹と同じ高校に通えるのがすごく嬉しいんだと思うよ…きっと…」

ガチャ

照「咲が好きだーと♪叫びーたい♪明日を変えてみーようー♪」ルンルン

誠子(なんか歌いながら入って来た!)ガビーン

照「……ふふっ」ガラガラ

照「さきーーー!!好きだーーーっ!!」

誠子「窓から叫んじゃダメ!」

45 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/12/10(火) 22:41:34.39 ID:4DA/G2380
あぁ…

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 22:43:31.54 ID:Xm4Bu/NnO
どんどんスレタイからそれてるぞ池田ァァッ!!

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 22:44:24.67 ID:bO4Rb4+c0
誠子「宮永先輩ちょっと落ちついてください」

淡「ほらテル、一緒にソファー座ろう」

照「うん」スタスタ ポフッ

照「…ねえ尭深、知ってる?」

尭深「…何をですか」ズズッ

照「私ってね、咲のことが好きなんだよ」フフッ

尭深「…はい」

照「そしてその咲がもうすぐ東京に来るっ!」

誠子「あっ、もういつ来るか決まったんですか?」

照「ううん、まだ。でも咲が来たら今までないがしろにしてた分、いっぱい甘えさせてあげるんだー」

誠子「そうですか、妹さんも喜ぶと思いますよ」フフッ

照「そして毎日お昼は一緒に食べて、それから」prrr

照「あっ、噂をすれば咲から電話だ!」パァァ

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 22:47:14.68 ID:tsn9BAv20
なんかこのポンコツさ懐かしいな

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 22:48:58.99 ID:bO4Rb4+c0
照「もしもし咲!珍しいねこんな時間に!…うん…うん…えっ…」

照「…東京に来ないの?」

淡・誠子・尭深「!?」

照「ウン…ウン…咲が決めたことならお姉ちゃんは良いと思うよ…」

照「ウン…じゃあまた電話するね…バイバイ」プツッ

誠子「み、宮永先輩…」

照「うぅ…」ポロポロ

淡「テル…」

誠子「ほ、ほら、何も一生会えないわけじゃないですし。ねえ尭深」アタフタ

尭深「そ、そうですよ」

誠子(やばい!この状況を宮永照大好き人間の弘世先輩に見られたら、問答無用でロン(物理)されかねない!)

ガチャ

菫「飛ーんでいっちゃえ♪テルのもとへーわたーしの♪ぴゅあぴゅあはーと〜♪」ルンルン

誠子(来たーー!!)

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 22:52:36.81 ID:bO4Rb4+c0
菫「うん?」

照「…」ポロポロ

菫「……亦野、ちょっとこっちに来い」

誠子「…はい」スタスタ

菫「…どういう事か教えてくれ、場合によっちゃお前達をロン(物理)せにゃならん」

誠子「はい、実は〜」←説明中

菫「なるほど、それで照は泣いているのか…。亦野、すまんがこれでお菓子を買ってきてくれ」スッ

誠子「えっ、でも部室でお菓子は禁止って…」

菫「馬鹿野郎っ!!照が泣いてるんだ、とびっきり甘くて高カロリーのお菓子買ってこいっ!!」

誠子「わ、わかりました!(カロリーは関係あるのか!?)」タッタッタ

照「うぅ…」ポロポロ


菫「…照、私達が一緒にいるから。そんなに泣くな」ギュ

尭深「そうですよ宮永先輩」ギュ

淡「テルは笑顔が1番かわいいんだから」ナデナデ

照「…うん」グスッ

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 22:52:39.65 ID:X7bXpdms0
C

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 22:55:01.81 ID:6jG4TmKL0
うんじゃねえよ

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 22:56:11.31 ID:bO4Rb4+c0
『牌のおねえさんといっしょ』の収録 長野のスタジオ


はやり「はーいみんな!次で最後の歌だよー☆」

幼児1「ねーねー、牌のおねえさん。質問してもいーい?」

はやり「うーん?どうしたのかなー?」

幼児1「赤ちゃんはどうやって出来るの?」

はやり「!?」

幼児2「あーそれ私も聞きたーい!」

幼児3「私も―!」

ワタシモワタシモー オシエテー ワタシモシリタイー

はやり「そ、それはね。コウノトリさんが運んでくるのよ☆」

幼児4「そうじゃなくて、どうやったら出来るか知りたいのー」

幼児1「うん、教えてよー」

胡桃「セックスだよ」

幼児1「えっ」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 22:57:54.06 ID:6jG4TmKL0
おいぬいぐるみと交換しろ

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:00:28.54 ID:bO4Rb4+c0
胡桃「iPS技術をつかって女性同士で愛し合うと赤ちゃんが生まれるんだよ」

幼児1「えっ」

胡桃「ついでにサンタはいないよ」

幼児1「えっ」

衣「えっ」

ざわ…ざわ…


白望「ほら…塞が胡桃の羞恥心を塞ぐから変なことになった…」

塞「こ、これはしょうがないよ…」モノクルー


ざわ…ざわ…

はやり(なにこの子余計なことしてくれてるの!!てか他の子より少しでけえよ!!)

はやり(子供たちが動揺しちゃってるじゃない…どうにかしないと…)

緋菜「…わ、私は牌のおねえさんを信じる!」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:01:48.97 ID:9SO0E7+v0
ころたんも動揺しとる
これは胡桃ちゃんとうかにころころされてしまいますわ

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:01:51.56 ID:6jG4TmKL0
ころもぉ!

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:04:08.54 ID:bO4Rb4+c0
緋菜「おねえさんが、赤ちゃんはコウノトリさんが運んでくるって言うならそれを信じる!」

城菜「私もー!おねえさんを信じるー!」

菜沙「その答えで納得できないなら、大きくなってから自分で調べたらいいし!」

幼児1「そ、そうだな…うん納得した…」

幼児2「うん…私も納得した…」

衣「で、でも…サンタさんがいないって…」

緋菜「サンタさんはいるよ!みんなが良い子にしてたらきっとプレゼントくれるし!」

衣「そ、そうだな!」パァァ

幼児5「私良い子にしてるー」 

幼児6「私もー!」

ワタシモー! イイコニシテルー! サンタサンバンザーイ!!

はやり(ふふっ、ありがとう三つ子ちゃん)


華菜「アレねっ、私の妹なんすよ!!」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:06:12.06 ID:6jG4TmKL0
コンビニか!

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:09:03.64 ID:bO4Rb4+c0
はやり「さあ、みんなー☆最後の歌いくよー!」

幼児達「はーい!」

はやり「でもその前に、おねえさんのお友達呼んでもいいかなー?☆」

幼児達「やったー!いいよ−!」

はやり「ふふっ、じゃあ呼ぶねー☆すこやおねえさーん!!」


健夜「は、はーいっ!!」ヒョコ ←はやりと同じような格好にネコミミ

健夜「すこやおねえさんだよー☆」グギ


幼児達「…」シーン

ママさん達「…」シーン

一同「…」シーン

純「……おぇ」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:09:25.22 ID:6jG4TmKL0
すこやあーん!

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:10:20.25 ID:F/nFf1080
うわきっつ…………

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:13:22.69 ID:bO4Rb4+c0
健夜「えっ?な、なにこの空気?」オロオロ


華菜(さ、さすがにキツいし!!)

豊音「小鍛治プロのお母さんが見たら、絶対泣いちゃうよー」

透華(冷)「…」ヒュー

一「あまりの衝撃に、透華が冷えちゃった」


健夜「…呼ばれたから来たのに、この扱いは何かな?」ゴゴゴゴォ


エイスリン「…」カキカキ バッ

白望「うん、アラフォーが鬼になったね」


はやり(まさかネコミミ付けてくるとは…そこまでしろとは言ってないよ…)

幼児1「あー!アラフォーだー!」

幼児2「ネコミミのアラフォーだ!」

健夜「アラサ―だよっ!!」ゴッ!

幼児達「ひぃ!!」ビクッ

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:17:06.94 ID:bO4Rb4+c0
幼児1「うわーん、こわいよー」ビエーン

幼児2「」ブクブク

ウワーン エーンエーン ブクブク

はやり「あーあー、みんな泣かないで」

健夜「えっ、えっ」オロオロ


番組スタッフ「あー、こりゃ駄目だな…」

番組スタッフ「すいませーん!収録はこれで終わりまーす!皆様お疲れ様でしたっ!」


ママさん1「こわかったね、すぐに帰りましょう」ナデナデ

幼児1「…」グスッ

ママさん2「寝てないで帰るわよ、ほら行きましょう」

幼児2「」ブクブク


健夜「…」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:17:48.15 ID:6jG4TmKL0
うっ

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:18:30.52 ID:9SO0E7+v0
すこやん…

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:20:21.33 ID:bO4Rb4+c0
緋菜「おねーちゃん」ギュ

華菜「うん、よく泣かないで頑張ったなー。えらいぞ」ナデナデ

城菜「えへへっ、じゃあお菓子買ってくれる?」

華菜「わかった、1人1個までなー」ナデナデ

菜沙「やったーーっ!!」ワーイ

華菜「瑞原プロにサインももらったし、帰るぞー」

緋菜・菜沙・城菜「はーい」トテテ


はやり「ふぅ、私も早く帰ろうっと」トコトコ


健夜「…」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:24:50.54 ID:bO4Rb4+c0
一「ボク達も帰ろ」

衣「うん!ありがとう、今日は楽しかった!」

透華「ふふっ、それは何よりですわ」

純「ほら名残惜しいのはわかるけど、帰るぞ智紀」

智紀「……わかった」

智紀(くそぅ、最後の歌見たかったな…この気分を晴らすためVIPにスレ立てよう…)カタカタ




  【速報】小鍛治プロのオーラで幼女が気絶したwwwwwww

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 20XX/XX/XX(日) 15:06:40.60 ID:tmkeyped0

  ひらめいた

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:29:28.41 ID:6jG4TmKL0
おまわりさんこいつです

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:29:43.99 ID:bO4Rb4+c0
胡桃「臼沢塞ぇぇ……」ゴォォォ

豊音「ひぃ!ちょー怖いんだけどー」

白望「…ダルい」

エイスリン「クルミ、メカラヒガデテル…」

胡桃「許さない…臼沢塞…」ゴォォォ

塞「はーい、その感情塞ぎまーす」モノクルー

胡桃「くっ…ぶ、ぶん殴ってやるっ…」ゴォ

塞「はーい、塞ぎまーす」モノクルー

胡桃「うっ…さ、さえ…」

塞「はーい、塞ぎまーす」モノクルー


胡桃「…私、塞が好き」

塞「………えっ?」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:30:55.49 ID:tsn9BAv20
胡塞すき

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:31:44.69 ID:rF297YRb0
豊音はすこやんのサイン貰いにいけよ!

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:31:45.54 ID:6jG4TmKL0
ワロタ

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:32:41.72 ID:F7H1wIwN0
麻雀力(Adh)が低い人間が麻雀力がくそ高い人間を直視すると危険らしいな


つまりすこやんの麻雀力はスーパーアーリア人並!!?!

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:33:32.83 ID:bO4Rb4+c0
胡桃「…私、塞が好き///」

塞「はい?」

胡桃「この気持ちだけは…塞がせない…」

胡桃「昔、塞のことボンバーマンって言ったことあるでしょ…」

塞「う、うん…」

胡桃「わ、私……塞になら爆破されても良いよ///」カァァ

塞「」

胡桃「きゃっ言っちゃった恥ずかしい///」タッタッタ

豊音「あっ、走ってちゃった…」

エイスリン「ワタシタチモカエル!」

白望「うん…悪いけど豊音、放心状態の塞連れてきてもらっていい?」

豊音「わかったよー」グイグイ

塞「」ズルズル

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:36:46.99 ID:bO4Rb4+c0
番組スタッフ「えーっと、みんな撤収したっと…誰も残ってませんよねーっ!」

シーン

番組スタッフ「ふぅ、じゃあ俺も帰るか」スタスタ

ガチャ バタン

健夜「…」ポツーン

健夜「せっかく頑張ってネコミミまで付けたのに…なんでこんなことに…」

健夜「もうやだ…」グスッ

健夜「助けてよ…こーこちゃん…」

ガチャ

健夜(えっ、まさかこーこちゃ…)クルッ

貴子「池田ァァッ!!すまん遅れた―っ!!」バーン

健夜「…」

貴子「くそっ!もう収録終わったのか!でもまだ近くにいるかも…池田ァー!!」

バタン

健夜「……私も帰ろう」スタスタ

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:37:40.61 ID:0ptlUoRV0
(すこやんかわいい)

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:39:32.97 ID:bO4Rb4+c0
それから数日後 風越女子高校


貴子「…失礼しました」バタン

貴子(はあ、また文句言われたよ…)スタスタ

貴子(最近だらけてるんじゃないかとか来年は頼むよとか、毎回毎回同じことしか言えないのかあの人達は…)スタスタ

貴子「はあ…この仕事辞めようかな…」ボソッ

緋菜・菜沙・城菜「…」ジー

貴子「うわぁ!!」ビクッ

緋菜「?」

貴子「お、お前ら池田の妹か?何してるんだこんなところで…」

菜沙「おねーちゃんがお弁当忘れたから、持ってきた」

貴子「えっ…お前らだけで来たのか?」

城菜「うん!途中犬に吠えられたり、公園で遊びそうになったけどなんとかこれた!」

貴子「す、すごいな…」

緋菜「おねーちゃんだれ?」

貴子「私か?私は麻雀部のコーチだ」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:42:34.35 ID:bO4Rb4+c0
緋菜「あー、この人がおねーちゃんがいつも話してるコーチかー」

貴子「な、なんだと」

菜沙「おねーちゃんいつも家でコーチの話ししてるよ」

貴子(そうだよな…気持ち悪いとか教えるの下手とか言われてるよな…)

城菜「今日はコーチがこんなことしてきて楽しかったとか」

貴子「えっ」

城菜「コーチとどんなこと話したとか、うれしそうに話してるよー」

貴子「ほ、ほんとか?」

緋菜「ほんとだよ!コーチのこと好きなの?って聞いたら、好きって言っておねーちゃん顔赤くしてた!」

貴子「まじかよ…」

菜沙「コーチのためにも麻雀がんばるって言ってたよ!」

貴子(池田がそこまで……それなのに私はコーチを辞めようだなんて…)

城菜「…なにか嫌なことあったの?」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:47:30.80 ID:bO4Rb4+c0
貴子「ううん…大丈夫…」

緋菜「…コーチ!私達大きくなったら風越に入る!」

菜沙「まーじゃん部入っていっぱい練習する!」

城菜「そして全国で優勝する!!」

貴子「お、お前ら…」

緋菜「だから…それまでやめないでね…」

貴子「!? さっきの聞いてたのか…」

菜沙「私達と一緒に全国で優勝だし!」

城菜「そのときコーチも一緒じゃなきゃ嫌だし!」

貴子「私その時何歳だよ……でも、ありがとう」グスッ

緋菜・菜沙・城菜「約束だし!」

貴子「ああっ!約束だっ!」ギュウ

緋菜・菜沙・城菜「く、くるしいし」


星夏「あ、もしもし警察ですか…」

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:48:36.13 ID:ccu6kzyx0
C

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:50:33.06 ID:tsn9BAv20
文堂ァ!!

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:50:49.38 ID:bO4Rb4+c0
それから風越女子は県予選を突破したり、出来なかったりを繰り返し

県予選を突破した年でも、全国で優勝するには至らなかった

そして…


「…ここだし」

ガチャ

「失礼しますっ!」

貴子「おっ…ついに来たか…」

緋菜「しょうがないから、あのときの約束を果たしに来たし!!」

菜沙「清澄も龍門渕も鶴賀も、私の相手じゃないし!!」

城菜「この城菜ちゃんがいれば全国も楽勝だし!!」

緋菜・菜沙・城菜「貴子お義姉ちゃん!今日からよろしくお願いだし!!」

貴子「ここではコーチって呼べっ!池田ァァッ!!」

緋菜・菜沙・城菜「はいっ!コーチ!」


end

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:52:09.33 ID:4DA/G2380
おつ

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:53:13.80 ID:Z3uoIu+T0
乙!

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/10(火) 23:54:17.68 ID:1veyDz9k0
乙!

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/11(水) 00:00:11.46 ID:Im9z4jKO0
家では華菜ァァッ!って呼んでるのかな?

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/11(水) 00:09:38.87 ID:Va/jiMfZ0
乙乙ー!

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/11(水) 00:13:43.28 ID:KN4c4mIO0
カップリング多くてよかった


40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★