5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

千早「プロデューサーにお願いしたいことが……」P「おう、何だ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:22:18.92 ID:JM+MBY8Y0
千早「あの、率直に申し上げますと。好きです」

P「ブフォッ!なななな、何をいいだすんだ!?」

千早「リアクションありがとうございます」

千早「ですが、高槻さんもとても可愛いと思うんです」

P「まあ、確かに」

千早「好きの意味は違いますが、できれば一人に絞りたくて……」

P「う、うん、それで?」

千早「ですから……」

P(これはまさかの逆プロポーズか、人生の春か!?)

千早「高槻さんの格好をしてください」

P「ざけんな」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:22:48.38 ID:DwrsFGaM0
わかった

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:27:57.54 ID:NuBUWU4F0
好き+好き=大好きではない良い例ですね

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:28:45.48 ID:JM+MBY8Y0
P「なんでおれがやよいの格好せにゃならんのだ」

千早「それは簡単な話です」

千早「プロデューサーが高槻さんの格好をしてくれれば」

千早「私は、同時に二人を愛している気分になれるんです」

P「そうか、わかった。ビンタするわ」

千早「ちょっ…!?話を、話をきいてください!」

千早「プロデューサーがこの服と、カツラを着てくだされば事態はおさまるんです」

P「オレがおさまらんわ!却下だ、却下!あきらめろ!」

千早「……だめですか?」 ジー

P「うっ……」

P「ちょっとだけだぞ」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:29:36.63 ID:RjZ6Yj/h0
千早(ちょろい)

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:31:02.34 ID:aXN189Pi0
よくわからないですけど高槻さんがPさんの格好をすればバッチグーでは?

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:32:19.35 ID:ytbU4mUB0
>>6
鬼才現る

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:33:28.63 ID:dMoTO7ys0
>>6
オチ殺し

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:34:05.81 ID:JM+MBY8Y0
P「まったく、こんなもんまで用意しやがって……」

千早「高槻さんへの情熱は誰にも負けません」

P「さいですか」

千早「ささ、はやく。待ちきれません」

P「お前いつかやよいに手を出して捕まったりしないだろうな……」

P(しょうがない、着替えるか。それが千早のやる気につながるなら、これもオレの立派な仕事だ)

伊織「ちょっと、待ちなさい!」

千早「水瀬さん!?」

P(救世主!)

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:35:07.91 ID:p0GSEelv0
http://i.imgur.com/MIjjQtT.jpg

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:38:03.90 ID:MVdSPz38i
http://i.imgur.com/6Imze9T.jpg
http://i.imgur.com/KT9nNE7.jpg
http://i.imgur.com/rnXzHId.jpg
http://i.imgur.com/z1FLbXi.jpg

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:38:06.30 ID:JM+MBY8Y0
伊織「話は聞かせてもらったわ」

伊織「千早、いったい何を考えているの!?」

P「そうだ、伊織!もっといってやれ!」

伊織「プロデューサーにやよいの格好をさせるなんて、正気の沙汰じゃないわ」

P「そうだそうだ、いいぞ!」

伊織「狂っているとしか思えない」

P「もっとだ!」

伊織「そんなの……」

伊織「想像しただけで頭がフットーしちゃうじゃない!」

P「ああ、ちくしょう。読めてたよ、この流れ」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:39:50.73 ID:aXN189Pi0
僕も読めてました!

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:40:38.97 ID:JM+MBY8Y0
伊織「だって、プロデューサーがやよいの格好でしょう?」

千早「これこそ、一粒で2度おいしいと言う物よ」

伊織「これほど合理的な策はないわね……!」

P「もうわかった、着替えるから。とりあえずあっちむいてて」

千早「あ、ちゃんと下着もはき替えてくださいね」

P「はいはい……、……はいぃ?」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:40:48.79 ID:ytbU4mUB0
ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:46:00.27 ID:JM+MBY8Y0
千早「高槻さんが普段身に着けてるものと、同じものを買ってきました」

P「ちょっとまて、入るわけねーだろ」

千早「少しキツいでしょうけど。そこは高槻さんになりきるためと思って」

伊織「やよいとおそろいの下着……、うらやましいけど。今回は譲ってあげるわ」

P「遠慮しなくていいんだぞ、お前がつけなさい。やよいも喜ぶ」

千早「はやくしてください、足がしびれそうです」

P「お前いつのまに正座したの!?」

千早「このようなすばらしいもの、正座して待たないと罰があたるので」

P「さいですか……」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:48:45.70 ID:JNS7zw430
http://i.imgur.com/rGXLKAA.jpg

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:50:08.55 ID:JM+MBY8Y0
P「ほら、着替えたぞ」

千早「ハァハァ……ッ、プロデューサー、ついでにお願いしてもいいですか!?」

P「息荒いな。……で、何?」

伊織「千早!?あんたまさか……」

千早「察しがいいわね、水瀬さん。想像のとおりだと思うわ」

伊織「やめなさい!そんなことしたら、私たちの理性が……!」

千早「わかっているわ、でも……私は我慢できないわ!」

P「早くして……」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:51:17.17 ID:GVu/V7WZ0
この感じはアカン

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:52:32.93 ID:p0GSEelv0
ビリビリッボロン

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:54:35.29 ID:JNS7zw430
うっうー!!!!!!!

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:54:47.28 ID:JM+MBY8Y0
伊織「……わかったわ。千早がそこまでいうなら、私ももう止めないわ」

伊織「それに、私だって……、そうさせたかったんだから」

千早「なら、遠慮なく。プロデューサー」

千早「うっうー、って言ってください」

P「え?う、うっうー?」

伊織「もっと、感情こめて!やよいになりきったつもりで言いなさい!」

P(意味わからねえ!)

P「ゴホン。……うっうー!」

千早「ブホハァっ!?」

伊織「ち、千早……鼻血が出てるわよ。はしたないわね……」

千早「そういう水瀬さんこそ、涎がでてるわ……」

P(白けてくれた方がまだましだった!!)

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:57:01.10 ID:JqyNLK7H0
    
                         _,............, __     _
                        ,/     `ヽ: . `ヽr'": : : :ヽ
                    _,...-r'  _,.rへ.   i  . .',: : : : : : :}
                ,r'    . ヽ l.:.:.:.:.:.:j   l .  . l/: : : .ノ  <うっうー(裏声)
                 /: : : : ::_ : : : } l:.:.:.:.:/   /.  . .j: : : ;イ:!
                | : : : :'": : : : / ..!:.::/  / . .  /  /: ,r'^''.ー--、
                  ヽ、':. :、: : : :.) `'   /.  . . /ヘ; ': :/ ァ'    .ヽ
        _,..。 -ーー┐  く;_: : : \: /    ノ__._,/  く:.:`(__rュ..ノ.i.  '、
      /    __,、 '、    ヽ: : : : :i    l . . . . .!       ヽ: :j   `"l   丶
      /   、  y.ヽj    (: :r' :.ノl    l . . . . .!      jノ    j    ‘、
      /    ;'^''"^''"     ':; : i' l   _l_,......、.!            l      ',
     ,'     j           ヽj  i .,r'":._,:。-- 、.ヽ、____  _,..-ー―' 、      i
    ,'      !         _,..--<.r'"_   、  `  `ヽ.       \   i
.    ,'     .'、,.。-ーーー-<"            Y               .,ノ
    l     ,/                    l              ,.r'
    !    .'´                     '  、,    ,.  r    ,. '"
    ',                  、,_   _,.。‐'"    `"''"  j::-ー'"
     '、_          ヽ、..,___      ̄      .| 、    /
     ` ̄ ̄ ̄`"""'''"~ ̄ `ヽ,`       /   .l  ヽ   ,i'
                   ヽ       '"    i      l

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:59:24.64 ID:47PxLS7Pi
>>23
気持ち悪い

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:00:20.05 ID:JM+MBY8Y0
伊織「次は私ね。プロデューサー、ハイタッチ」

P「へっ、あ、おう」 パシーン

伊織「……」 デローン

P「伊織!お前がしちゃいけないくらいにデレっとした顔になってるぞ!?」

千早「気持ちはわかるわ、私だってあんなことしたら……」 デローン

P「……ほら、もういいだろ。脱ぐぞ。」

伊織「裸になるですって……っ」 フラッ

千早「あぁっ、水瀬さん!」

伊織「ごめんなさい、想像しただけで頭がぼうっとなっちゃって」

P(もしかしてこれは新手のイジメなのでは)

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:08:26.80 ID:JM+MBY8Y0
伊織「はやく、はやく脱ぎなさいよ、待ちきれないわ!」

千早「私からもお願いします、脱いでください!」

P「ちょっと、なんでそんなに食い気味なんだよ、もう、わかった、上だけ脱ぐから!」

P(もう、なんでこんなことに……、もう家に帰りたい……) ヌギヌギ

P「ほら。脱いだぞ、これで満足か?」

千早「……ごふっ」 ビチャチャッ

伊織「なによこれ、……最高じゃない」 フラ

P「吐血と立ちくらみしてまで恍惚とした顔するのやめてくんない、怖いから……」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:09:16.17 ID:aXN189Pi0
Pの代わりに俺が行こう

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:09:55.34 ID:W/TAL7vY0
>>27
おまわりさんこっちです

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:10:08.94 ID:JqyNLK7H0


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:13:28.07 ID:JM+MBY8Y0
P「うっ、この時期に上半身裸だとさすがにキツイな……」

千早「水瀬さん」

伊織「ええ、わかってるわ」

P「げっ、……なんだその常軌を逸した目」

P「ちょっと、こないで、マジで怖いから!」

P「ほんとやめて、うっうー!うっうー!うっうー!」

P「うっうー!!!」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:14:25.59 ID:e7NlsbjHO
うっうー!!!

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:14:45.59 ID:JqyNLK7H0
うっうー!

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:19:04.98 ID:JM+MBY8Y0
P「……ねえ」

伊織「にひひっ♪」 スリスリ

P「あのさ」

千早「ふふっ」 スリスリ

P「あったまったから離れてください、なんかもう泣きそうです」

千早「泣きそうなプロデューサー、……かわいい」

伊織「いいえ、むしろこれはやよデューサーね」

千早「やよデューサー、かわいい」

P「やめて、ほんと……、胃が痛くなってきた」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:21:23.25 ID:inws6Dabi
やよデューサーって

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:22:56.05 ID:aXN189Pi0
今日から僕もやよデューサーになろう

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:24:31.15 ID:NuBUWU4F0
目を合わせるともやしになりそう

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:26:30.78 ID:JM+MBY8Y0
千早「ところでやよデューサー」

P「なんでしょうか」

千早「その……、千早さん、って呼んでください」 ポッ

P「何で距離感広がる呼び方なのに頬を赤らめるんだよ!?」

千早「その方が、高槻さん感がでますし」

伊織「千早だけずるいわよ。やよデューサー、私も伊織ちゃんって呼びなさい!」

P「……ち、千早さん?」

千早「はうっ」 キュゥン

P「伊織ちゃん?」

伊織「んん……っ」 キュゥン

P(あー、今夜はもやし炒めだー、あははは)

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:32:39.87 ID:JqyNLK7H0
もや
しえん

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:34:06.98 ID:X41f4eOF0
もうP成分関係なくなってるなw

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:34:57.95 ID:JM+MBY8Y0
P「もう、終わり。今日は終わり!」

千早「どうしてですか、やよデューサーをずっと愛でていたいのに」

P「どうしても!やよデューサーは疲れたの!千早さんお願いだからいう事きいて!」

伊織「待って、やよデューサー。もうすこしだけだから」

P「伊織ちゃーん、おでこをわき腹に擦り付けるのやめてー」

伊織「いいじゃないの、アンタが可愛いのが悪いのよ」

P「本物の方がもっと可愛いぞ……」

千早「プロデューサーと高槻さんのこのコラボがたまらないんですよ」

P「あー、もう。涎でてるから、拭きなさい」

千早「拭いて下さい」

伊織「私も出すわ、拭きなさい」

P「もう好きにして……」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:40:53.23 ID:4JrblqMp0
ん?

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:42:24.65 ID:JM+MBY8Y0
千早「……」 ダバァッ

P「……」 フキフキ

伊織「……」 ドパァッ

P「……」 フキフキ

P「……なんかもう、どうでもよくなってきたかなーって」

千早「あ!なら、ガルーン!ガルーンやってください!」

伊織「私も見たいわ、ほら、はやくしなさいよ!」








やよい「   」

小鳥「見ちゃだめ」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:45:14.95 ID:aXN189Pi0
本丸登場

やよいに引かれてガチで凹むちはいお要求

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:50:22.31 ID:5XhlnBCY0
人は自分の領域を脅かすものを恐れる

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:52:58.12 ID:JM+MBY8Y0
やよい「……あ、あの」

千早「!?」

伊織「ややややややややややや」

P「やよい……!やよい!やよい!助けてくれ!」

P「聞いてくれよ。千早と伊織がさー。オレにこの格好になるように言ってきて」

千早「何の話ですか?やめてください」

伊織「そうよ、あんたが勝手にやよいの格好になったんじゃないの」

P「お前らぁ!?」

やよい「……」

やよい「伊織ちゃん、私見てたよ?」

伊織「  」

やよい「千早さん、言いだしっぺですよね?」

千早「  」

やよい「……」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:56:52.41 ID:JqyNLK7H0
信頼と実績のお姉ちゃんモード

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:58:11.67 ID:aXN189Pi0
きましたわ

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 01:58:27.59 ID:JM+MBY8Y0
千早「ち、違うの、高槻さん、聞いて!違うの、違うの!」

伊織「そそそそ、そうよ、これは、その、…そう!パーフェクトコミュニケーションなのよ!」

P「バッドだよ」

やよい「……」

千早「だからね、高槻さん。その、……き、嫌わないで?っていうか、引かないでほしいの」

伊織「そ、そうよ。形はどうであれ、私たちはやよいを愛でていたのよ……、その心は本物なの」

P(ざまあみろ、へへ、もっといってやれ、やよい!本家本元!)

やよい「……ありですよね、やよデューサー!」

P「えっ」

やよい「かわいいですー!」

P「おう……」

千早「やよデューサーを可愛いっていう高槻さんかわいい……」

伊織「これはもう、楽園だわ」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 02:01:29.07 ID:JM+MBY8Y0
やよい「二人が夢中になるものわかりますー」

やよい「ただ、ちょっとウィッグの色が薄いかなーって」

千早「さ、さすが高槻さん。目のつけどころが全然違うわ!」

伊織「やよい、お願いがあるの。さらなるやよデューサーを作り上げるために、やよいの意見も聞かせてくれないかしら?」

やよい「もちろんだよ、伊織ちゃん!」

P「……ふっ」

P(母さん、オレ……、心が、折れました)

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 02:02:48.12 ID:2duaNDUU0
やよい「私が普段使ってる下着もかしてあげます」
よろしく

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 02:03:22.83 ID:W/TAL7vY0
>>50
言い値で買おう

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 02:04:10.58 ID:JM+MBY8Y0
千早「そうと決まれば、早速やよデューサーを連れてかえりましょう」

伊織「にひひ♪私たちがちゃーんと、もっとやよいに近づけてあげるから、覚悟しなさいよね」

やよい「うっうー!」

P「……うっうー」

P「うっうー!!」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 02:06:01.36 ID:0dfipa3E0
千早ちゃんといおりんにせまられるならなんだってするだろ

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 02:08:07.30 ID:JM+MBY8Y0
数週間後

P(酷い目にあった……)

P(なんだかんだ、やよいの服とかまで着せられて……)

P(やよいがどうやって普段身体を洗うとかも教え込まれ)

P(もう7割がたやよいになってしまった)

P(だが、それももう終わり!今日からオレは元通りだ!)

美希「すぅ…すぅ……」

P(美希は寝てるのか、そっとしておいてやるか)

ガチャ

雪歩「あの……」

P「雪歩か。どうした?」

雪歩「プロデューサーにお願いしたいことがあるんですぅ」






終わり

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 02:09:22.03 ID:/4CB6y660
まこデューサーはよ

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 02:10:47.89 ID:aXN189Pi0
いちおつ

Pの着せられた服はやよいよ着てるオレンジのあれでいいんだよな?

http://i.imgur.com/87onKBS.jpg

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 02:11:29.36 ID:0dfipa3E0
強靭なやよいの例の画像↓

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 02:13:54.81 ID:JM+MBY8Y0
みてくれてさんくすー。まこデューサーは眠いから簡便してくれ、オチだ。


>>56
そうそう。それそれ。

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 02:14:29.65 ID:Tb/eQxGx0
次回も期待


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 02:15:22.75 ID:JqyNLK7H0

よだれの擬音がよかった

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 02:21:25.10 ID:JM+MBY8Y0
それじゃ、おやすみなさい

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 02:22:02.00 ID:aXN189Pi0
おやすみ

今日は美希の誕生日だぞ

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 02:45:58.20 ID:I4ieYtkp0
まこでゅーさはよ

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)