5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

優希「今日はいい夫婦の日だじぇ!」京太郎「らしいな」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 22:44:51.84 ID:YhC7PC9q0
落ちたので立て直し

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 22:45:43.23 ID:YhC7PC9q0
京太郎「で、お前は寝てる人の上に乗って何してるわけ?」

優希「いい夫婦の日なんだから寝てるなんてもったいないじぇ!」

京太郎「いや関係ないだろ、それは……」

優希「ほらほら、いい夫婦らしくイチャイチャしようじぇ、あなた♪」

京太郎「……どうせ嫌だって言っても聞かないんだろ?」

優希「もちろん!」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 22:46:29.31 ID:YhC7PC9q0
京太郎「満面の笑みで言う事じゃねー……わかった、わかったからとりあえず上から退いてくれ。ベッドから起き上がれん」

優希「私はベッドに入ったままイチャイチャしてもいいんだじぇ」

京太郎「アホ、いいからどけっての」ガバッ

優希「きゃうっ!?」ドサッ

京太郎「おいおい、まだ6時じゃねえか。全く普段なら後30分は眠れるってのに……」

優希「ううっ、頭打ったじぇ……」

京太郎「……」

京太郎(はあ、なんでここまで甘くなっちまったかなあ……)

京太郎「優希、ほら頭見せてみ。こぶには……なってないみたいだけど痛むか?」

優希「うー、撫でてくれたら完治するじぇ……」

京太郎「……はいはい」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 22:47:44.59 ID:YhC7PC9q0
優希「京太郎!大変だ!」

京太郎「なんだよ、タコスならさっき作ったぞ」

優希「京太郎のタコスを食べ過ぎたせいで私の身体がそれしか受け付けなくなってしまった!」

京太郎「はあ?」

優希「これは責任を取ってもらわないといけないじぇ!というわけで不束者ですがよろしくお願い……」

京太郎「朝ご飯出来たぞ」

優希「いただきまーす!」

京太郎「俺のタコス以外は身体が受け付けないんじゃなかったのかよ……」

優希「あっ」

京太郎「全く、何がしたいんだお前は」

優希「既成事実を作ろうとしたんだじょ!」

京太郎「お前それ意味わかって言ってんのか?」

優希「……も、もちろん」

京太郎「こっちを見ろ、こっちを」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 22:53:34.49 ID:YhC7PC9q0
優希「ところで京太郎」

京太郎「んー?」

優希「いい夫婦の日だけどいい夫婦って何をしたらいいんだ?」

京太郎「お前、そんなあやふやなのに人を叩き起こしたのかよ!」

優希「京太郎なら一緒に考えてくれるだろ?」

京太郎「……」

優希「ん?」

京太郎「いい夫婦ねぇ……そもそも俺達夫婦じゃないってツッコミはしたらダメか?」

優希「ダメだ!」

京太郎「さいですか……うーん、確かにいい夫婦って言われても具体的に何したらいいのかはわかんないな……」

優希「むむむ、頑張れ京太郎!何としてでも答えを見つけだすんだ!」

京太郎「お前も考えろっての!」ペシッ

優希「あうっ!」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 22:56:12.98 ID:A36VXNCl0
自分の携帯からでもレスしないとさる食らうぞ

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 22:57:56.91 ID:EVc2PgwtP


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 22:58:09.18 ID:vClnBN6d0
支援

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:00:06.72 ID:6uQejI3o0
同棲?

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:02:50.62 ID:YhC7PC9q0
京太郎「つうかさ、起きた時いい夫婦らしくイチャイチャしようとか言ってなかったか?」

優希「それはいつもしてるじぇ」

京太郎「は?」

優希「えっ?」

京太郎「いや、別に普段イチャイチャなんてしてないだろ」

優希「いやいや、十分イチャイチャしてるじぇ!」

京太郎「してねえ!」

優希「してる!」

京太郎「だったら具体的な例を挙げてみろよ!」

優希「……京太郎、昨日は狼だったじぇ」

京太郎「」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:09:10.99 ID:6uQejI3o0
C

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:09:11.71 ID:P4y7k4/BO
朝チュンじゃったか

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:09:35.63 ID:7p23z68/0
これ京太郎じゃなくてただのラノベ主人公じゃん

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:11:33.59 ID:YhC7PC9q0
優希「ダメだって言ってるのに私にあんな……この鬼畜め!」

京太郎「誤解されるような事を言うんじゃねえ!」

優希「むっ、何が誤解なんだ!」

京太郎「昨日はそもそもお前が人の家に乗り込んできた挙げ句泊まるとか言い出したんだろうが!」

優希「べ、別に私はそういう目的で泊まりに来たわけじゃないじぇ!」

優希(ただ京太郎がいつも使ってるシャツなんか貸すから……なんか、こう……)

京太郎「お、俺だって別にそういう事をしようとか思ってたわけじゃねえし……」

京太郎(ただ、なんつうか……泊まりに来といてパジャマ忘れたどっかのタコス娘が人のシャツ着てベッドに潜り込んでたから……)

京太郎・優希「……うん、そっちが悪い!」

京太郎・優希「なんでだ!?」

カピ「キュー……」ヤレヤレ

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:17:04.86 ID:qCNb+nc10
昨夜の様子を詳しく

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:18:00.55 ID:P4y7k4/BO
>>13
対優希だとそんな感じだからな

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:23:03.56 ID:BjvkSlyf0
咲にお姫様呼びとかして軽口叩けるくらいにはリア充属性とかあるしな

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:23:04.49 ID:YhC7PC9q0
――部室

京太郎「ったく、なんで俺が朝から罰としてタコス作らされなきゃいけないんだ」

京太郎(まあ素直に作る俺も大概っちゃ大概だけどな……)

京太郎「んー……こんなもんかな」

京太郎(だけど今やこんな風になったけど考えてみたらあいつって俺の好みと正反対なんだよな……それがまさか、なあ)

京太郎「不思議なもんだ……」

久「何がかしら」

京太郎「どわっ!?」

久「あら、ごめんなさい。そんなに驚くとは思わなかったわ」

京太郎「い、いえちょっとボーッとしてただけですから……部長だけですか?」

久「そうよー、優希じゃなくて残念だった?」

京太郎「い、いえいえ!今のは決してそんなつもりで言ったわけじゃありませんよ!?」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:28:25.52 ID:TzaxAlmb0
C

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:30:50.58 ID:gmoX+Mr40
支援

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:31:32.36 ID:YhC7PC9q0
久「ふふっ、わかってるわよ。それにしても部室でタコス作りなんてまた珍しい事してるわね」

京太郎「調理室が最初の授業で使うからって空いてなかったんですよ……っと」

久「また手際よく作るわねぇ……」

京太郎「先生がよかったもので。まあタコスしか作れませんけど」

久「いっそのことそっちの道に進んだら?」

京太郎「ははっ、それは無理ですよ」

久「あら、どうして?」

京太郎「俺の作ったタコスを食べ続けてくれんのなんて、どっかの物好きくらいしかいませんって」

久「……」

京太郎「それに今となってはあいつの舌に合う味付けにしちゃってますから、万人受けはしないと思います……よし、出来た」

久(須賀君、自分が相当恥ずかしい事言ってるって自覚してるのかしら?)

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:33:29.68 ID:qCNb+nc10
不幸自慢風ノロケかな?

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:39:49.65 ID:YhC7PC9q0
――教室

優希「むー……」

和「どうしました、ゆーき?具合でも悪いんですか?」

優希「あー、のどちゃん。ちょっと聞いてほしい事があるじぇ」

和「なんですか?」

優希「どうすればいい夫婦って言えると思う?」

和「いい夫婦?」

優希「そうだじぇ。今日はいい夫婦の日だからそれらしくいこうと思ったんだけど、どうしたらいいのかさっぱりわかんないんだじょ」

和「いい夫婦、ですか……やはり前提として仲睦まじい事ではないでしょうか」

優希「ふむふむ」

和「後はそうですね……お互いに思いやりを持って、大切にしていればそれはいい夫婦なのではないかと私は思いますけど」

優希「むう、よくわからないじぇ」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:44:22.13 ID:vpJlE51l0
C

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:46:01.06 ID:e4rEd+sT0
なんか暑くなってきた

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:49:33.67 ID:YhC7PC9q0
和「私達は学生ですからそんなものだと思いますよ」

優希「それはそうかもしれないけど……」

和「ちなみに、お相手はやはり須賀君ですか?」

優希「んなっ!?な、なぜそれを……まさかのどちゃんは心が読めるのか!?」

和「いえ、違います。そもそも普段のゆーきを見ていればわかりますよ」

優希「そ、そんなにわかりやすいのか……」

和「ええ。ですから最近の仲が良さそうなゆーきと須賀君の姿を見ていると親友としては喜ばしい限りです」

優希「……本当に、そうなのか?」

和「ゆーき?」

優希「……ありがとう、のどちゃん!ちょっと自分でもう少し考えてみるじぇ!」

和「は、はあ……少しでも役に立てたのならいいんですが」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:55:01.40 ID:6uQejI3o0
C

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:55:15.05 ID:vClnBN6d0
爆発

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:55:39.32 ID:P4y7k4/BO
夢はお嫁さん

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:55:57.71 ID:Ys5tNhlg0
支援

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:56:09.34 ID:YhC7PC9q0
――屋上

京太郎「ふぃー……お日様が気持ちいいな」

咲「あっ、こんな所にいた!」

京太郎「よぉ、咲。お前も昼寝にでも来たのか?」

咲「違いますー、私は京ちゃんを捜してたんだよ」

京太郎「俺を?」

咲「うん。先生がこの前のプリント出してないの京ちゃんだけだって捜してたからそのお手伝い」

京太郎「やべっ、そういえば忘れてたわ……怒ってたか?」

咲「怒ってるって言うより呆れてたけど。ほら、早く戻らないと本当に怒られちゃうよ!」

京太郎「ひ、引っ張るなって!」

咲「全く京ちゃんはしょうがないんだから……」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 23:58:08.23 ID:DMs2x57R0
C

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:00:55.39 ID:xDQfswMg0
H

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:03:57.52 ID:dti6yUvL0
京太郎「はい、はい……すいませんでした……ふうっ、やっと解放されたぜ」

咲「ちゃんと出さない京ちゃんがいけないんだからね」

京太郎「わかってるよ」

「また須賀は咲ちゃんにフォローしてもらったのか?」

京太郎「またって……おいおい、いつも俺が咲に面倒見てもらってるみたいに言うなよ!」

咲「むっ」

京太郎「確かにノートとか借りたりする時もあるけど、普段はむしろ俺が咲の面倒を見てるんだぞ?」

咲「そんな事ないよ!京ちゃんの方こそレディースランチとかで私が面倒見てるんだよ!」

京太郎「そ、それは……」

咲「ふんだ」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:09:48.81 ID:7mdz93nD0
    

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:12:23.59 ID:dti6yUvL0
「相変わらず仲いいねぇ。やっぱり咲ちゃんはいい嫁さんだな」

咲「嫁さん違います!」

京太郎「相変わらず即答だな、おい」

咲「だって京ちゃんには優希ちゃんがいるじゃない。むしろここは京ちゃんが即答して否定しないといけないんだよ?」

京太郎「そんなもんか?」

咲「そんなもんなの。優希ちゃんって普段は明るいけど落ち込む時は誰よりも落ち込んじゃうんだよ。多分今も不安を抱えてると思う」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 00:20:17.97 ID:jCIt+xGZ0
もう部内では公認の仲っすね

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)