5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

女騎士「なんで私は不幸なんだ……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:15:56.54 ID:h2InOowU0
女騎士「朝も……」


女騎士「んんー、風呂入るかぁ……」ぎいっ

むにゅん

女騎士「んっ……」

女賢者「あわあわ……」かぁっ

女騎士「いや、あの、そんなつもりじゃ」

女賢者「こ、このレズビアン!」

ぱしんっ


女騎士「不幸だ……」ひりひり

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:16:40.05 ID:9C5RQw+C0
どんな顔して打ってんの?

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:18:16.09 ID:gvWuN0wX0
wktk

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:18:52.29 ID:h2InOowU0
女賢者「ふん」

女騎士「あぁ、いや、そんなに怒らないでくれよ」

女賢者「女騎士さんがそんなに変態だなんて思ってもみませんでした」

女騎士「誤解だってばぁ、別にレイプしようだなんてそんな」

女賢者「……思い切ってしてくれればいいのに」

女騎士「えっ?」

女賢者「なんでもありません。さぁ行きましょう女騎士様」

女騎士「あ、もう待ってよぉ」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:23:31.95 ID:h2InOowU0
女騎士「最初に会った時のこと、覚えてる?」

女賢者「最初?」

女騎士「ほら、私の家で」


女「はぁ……」

女「仕事ねえなぁ……」ぼさぼさ

女「せっかく上京してきたのに、バイト見つかんなきゃ実家に帰らなきゃなぁ」

ガタッ ピンポーン

女「んっ、宅急便かな」

女「はいはい出ます〜」

ガチャッ

女賢者「……」

女「……どなた?」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:23:47.14 ID:veNLL8Ps0
男騎士「わっふるわっふる」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:26:52.41 ID:h2InOowU0
賢者「……」ふらふら

女「ちょ、ちょっと大丈夫?」

賢者「……あっ」ばたっ

女「あぁっ!」

女「どうしましょう……」

女「……? アパートの前に人が……」

「あの女はどこだ!」「確かにこの近くに逃げたはずだ!」

女「……何事かしら」

女賢者「……たす……けて……」

女「……」


女「ちょっと部屋汚いけど、このベッドで我慢してね」

女賢者「……はい……」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:31:18.39 ID:KHLx7XG70
禁書かよ

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:32:24.28 ID:h2InOowU0
賢者「すぅっ、すぅっ」すやすや

女「誰なのかしら……日本人には見えないし」

女「外人さん、よね? 追われてるってことは」

女「不法、入国?」

ピンポーン

女「……はぁい」

黒服「こんにちは」

女「貴方は?」

黒服「警察のものです。この女性を探しているのですが」チラッ

女(……あの子ね)

黒服「いわゆる麻薬組織の一員でして、この近くに潜んでいる、という情報を聞いたのですが、心当たりは」

女「うーん、さっきバイトから帰ってきたばかりなのよねぇ。見てないわぁ」

黒服「そうですか。もし見かけたらすぐに警察へご連絡ください」すたすた


女「……本当はもう一週間バイトしてないんだけどね」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:33:45.94 ID:Ed7jtmcn0
エロ画像スレじゃないの?

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:34:41.98 ID:ci2vTPum0
オークとか触手にレイプされるから不幸ってことかとおもったんだが

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:35:38.46 ID:h2InOowU0
賢者「……はっ……」

女「あっ、起きた?」

賢者「……はぁっ、はぁっ……」

女「深呼吸して、平気よ? 追ってきたやつは追っ払ったわ」

賢者「……ありがとう……」

女「日本語はしゃべれるのね。貴方は?」

賢者「……私は……私は?」

女「……どうしたの?」

賢者「……私は、誰?」

女「……えぇっ?」

賢者「思い出せない……」

女「困ったわね……」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:39:36.03 ID:Wi44nUjo0
きたい

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:40:09.42 ID:h2InOowU0
女「……とりあえず、服脱いで」

賢者「……」

女「ほら、なにか大事な持ってるかもしれないから」

賢者「……うん」ぬぎっ

賢者「これで……」むちっきゅっ

女(結構エロい体つきしてるわねぇ、でも胸はないわね)

女「服の中とかには……」

メモ帳 チョコ 写真入りロケット ペン

女「う、うーん……メモ帳やロケットの中、確認していいかしら?」

賢者「……わかんない」

女「まぁ、記憶がないんだからそうよね」

女「じゃあ、ロケットの中は……」

ぱんっ

女「……五芒星?」

賢者「……うっ」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:41:33.00 ID:i73Qk3hW0
賢者「ふぅ……」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:42:44.69 ID:/giFP4cL0
女騎士「ええい!寄るな!!」

ヒッター伯「そんなあ〜!アナタの美しさに惹かれるのはシゴク当然のことデース!スリスリしたいデース!!」

女騎士「私を愚弄する気か!貴様も騎士の端くれなら剣を取れ!その曲がり切った根性を叩き斬ってやる!!」

ヒッター伯「イイんデスか?ホントーに?」

女騎士「ああ!!さっさと来い!!」

ヒッター伯「……」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:43:18.32 ID:h2InOowU0
女「何か思い出せそう?」

賢者「……あっ…………ダメ」

女「残念」

賢者「……メモ帳」

女「こっち?」ぱらり

女「……ダメ、読めないわ。これってアルファベットなの?」

賢者「この文字は……」

賢者「……****……」

女「……読めるの」

賢者「**********」

女「意味は?」

賢者「……ダメ、発音は知ってるけど、意味は思い出せない」

女「そんなぁ」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:48:01.29 ID:h2InOowU0
女「どうしましょう。こう言うのは医者に見せたほうが早いんだろうけど」

賢者「……」ふるふる

女「……出たくないわよね」

賢者「……」こくり

女「……本当に麻薬組織だったりしないわよね? 副作用で記憶喪失とか」

賢者「……違う……」

女「ほら、こっちのチョコとか、よく隠語で使われてるし……」はむっ

賢者「……違うわ……」

女「うん、普通にメーカーのパッケージしてあるんだから本物ね。美味しい」

賢者「……あぁっ」

女「……あぁごめんなさい、貴方のなのに」


賢者「……んっ」ちゅぷっ

女「んぅっ……!?!?!?」

賢者「……美味しい……」

女「ちょっ……」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:51:19.92 ID:Wi44nUjo0
しえ

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:53:57.88 ID:h2InOowU0
賢者「……ごめんなさい」しゅん

女「……何だったのかしら」


賢者「……」

女「……外は」がらっ

女「黒服はまだ少しいるわね」

賢者「……怖い」

女「警察に連絡しろ、って言ってたけど私にはわかる。あいつらは本物じゃないわ」

女「でも通報したらあいつらが来る、って言ってたってことは」

女「多分警察内部にも入り込んでる大きな組織の人間」

女「うかつに電話なんかしたら盗聴されてるかもしれないわ」

女「夜になるのを待つのが得策ね」

賢者「……外に出るの?」

女「こういう時のための心強い味方が居るのよ。貴方が来たのがちょうど今日で良かったわ」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 01:56:54.56 ID:h2InOowU0
賢者「……おなかへった」

女「……あいつが来るのは8時だから……まだ3時間あるわ」

女「ご飯、食べましょうか」

賢者「……」

女「どうせ何も食べてないんでしょう?」


女「ほらっ、私が腕によりをかけて作った」

賢者「もやし炒め……」

女「……お肉も少し入ってるから許して」

賢者「……あーん」はむっ、もしゃっもしゃっ

女「……美味しい?」

賢者「……美味しい」

女「……ありがと」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:00:54.60 ID:h2InOowU0
ぶろろろ、ききぃっ、すたすたすたすた

女「来たわ」

姉「おらぁっ!妹いるかぁ!」

女「あぁっ、いとしのおねえちゃん!」

姉「ははっ、私を待ってたのかぁ」

女「うん、とってもよ」

姉「……お前何やった?」

女「……何にもしてないわ」

姉「ならアパートの近くにあんなに貼りこみがいる理由は」

女「あ、わかっちゃう? 流石姉さん探偵ねぇ」

姉「あのなぁ、姉さんを誰だと思ってるわけ」

女「愛しのお姉ちゃん」

姉「……はぁっ、2週間に一度の妹とのラブラブドライブだってのに……そっちのトランクは目立たせないように詰め込むぞ」

賢者「……狭い」

女「えへへ」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:05:36.02 ID:h2InOowU0
ぶろろろろ

姉「ふふーん♪」

女「……そろそろ出てきていいよ」

賢者「……ばあっ」

姉「妹ちゃんもついにやるようになったわねぇ」

女「何が」

姉「誘拐」

女「違うよ」

姉「そう? でも追われてるわよ」

女「えっ? あら本当だわ」

姉「ちょっと捕まってなさい」

女「はぁいっ、賢者ちゃんも」ぎゅっ

賢者「……」


黒服「くっ、早すぎる!」

黒服「ナンバーは覚えた。時期に見つかるさ」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:08:26.18 ID:h2InOowU0
海岸沿い

姉「ふふーん」べりっ

女「偽装ナンバーとか、その内捕まるよ?」

姉「平気よ平気、貴方の家に行く時はいつも偽装してるんだから」

女「それはちょっと奇特すぎるんじゃないかなぁ」

姉「だって女ちゃんって昔からよく警察に目をつけられてたじゃない?」

女「だから、違いとかよくわかるんだけどね」

姉「で、どうなのそいつらって」

女「うーん、宗教団体的な香りがした」

姉「宗教団体、へぇ、じゃああの子は教祖様かしら」

賢者「……綺麗」ざぶーん

女「かもしれないわね」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:10:20.72 ID:Wi44nUjo0


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:12:29.94 ID:XLnZ/AU50
はよ

27 :/:2013/11/22(金) 02:15:13.19 ID:h2InOowU0
姉「ところで、アパートどうするのよ。帰れないでしょ?」

女「どうするったって、あの雑な管理人さんのことだから」


管理人「えっー……あぁ、あの部屋に住んでる人ね、この人だったかしら」

黒服「87歳のおばあさん……いや、もっと若い女性だったはずだけど」

管理人「えっ、あぁそれ前に住んでた人だわアラヤダ」

黒服「はぁっ……」


女「あんな人だから家賃滞納も数ヶ月見逃してくれてたんだけど」

姉「貴方最低ねぇ。じゃあこれからはどこで暮らすの?」

女「そりゃ、実家?」

姉「はぁ、そうね、母さんもよろこぶわね。孫の顔が見れるって」

女「孫は増えないかなぁ。娘は増えるかも」

姉「娘が記憶喪失の女性誘拐してくるなんて母さんも泡吹いて倒れちゃうわよ」

賢者「……ちべたい」

女「そうねぇ……」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:19:38.74 ID:h2InOowU0
女「じゃあ、お姉ちゃんの家でいいじゃん」

姉「私の? あんまりオススメしないんだけどなぁ」

女「いいよ、お姉ちゃんのことだから男はいないだろうし。賢者行くよー」

賢者「……はい」

姉「本当にオススメしないんだけどねぇ」


女性1「あらっ、貴方が妹さん?」すりすり

女性2「ふふふ、こっちの外人さんは可愛いわねぇ」ぎゅぅー

女性3「あなた達も交ざって一緒にしましょう?」むちゅー

姉「だから言ったでしょう? んっ……」ちゅぷっ

女「あぁ、ちょっとこれは……」

賢者「ひいっ……!」

女「もう! お姉ちゃんのバカ! 賢者怖がっちゃったじゃない!」

姉「レズビアンの家に来るのが悪いのに……」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:20:43.23 ID:Wi44nUjo0
oh

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:22:36.81 ID:h2InOowU0
姉「はぁっ、気持よかった」

女「やっと帰った……賢者は……」

賢者「こわいこわい……」がくがくぶるぶる

女「結構本気で来てるわね……」

姉「……あの黒服達全員女子だったわよね」

女「えっ?」

姉「もしかして、もう一回賢者ちゃんに脱いでもらえないかしら」

女「……できる?」

賢者「……うん……」ふるふる


姉「……! やっぱり」

女「どうしたの?」

姉「……この子、レズレイプされたあとがいっぱいあるわ」

女「えぇっ!?」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:25:24.35 ID:h2InOowU0
賢者「……レズレイプ……あぁっ……!!」

女「どうしたの!?」

賢者「頭が、頭が痛い……」

姉「まさか……」

賢者「あぁっあっ……!!」



賢者「……また、ベッド」

女「平気?」

賢者「……思い出した」

姉「……説明できる?辛かったらしなくていいのよ?」

賢者「……うん……」

賢者「私、あの人達に研究されてたの……」

女「研究……って?」

賢者「……魔法の……」

姉「魔法?」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:28:20.48 ID:XLnZ/AU50
そういう展開になるのか

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:28:54.39 ID:h2InOowU0
賢者「私……魔法使いなんだ」

女「えぇっ……?」

賢者「嘘じゃないよ。このペンを開けて……」ぽん

賢者「空中に術式を描くと……」かきかき

ぽんっ、ぼわっ

女「うわっ!」

姉「……それで、あの黒服は?」

賢者「……魔術協会の奴ら……」

賢者「私の魔力を求めて……それで……」

姉「レズセックスするとそれが取り出せる、ってわけ?」

賢者「……そう……強い魔力は女性同士の性交渉により生じる……」ふるふる

姉「……かわいそうに」

女「そんな……あんまりよ」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:29:33.53 ID:6gigLOxN0
女のキ ャラぶれすぎじゃね

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:33:35.80 ID:h2InOowU0
賢者「本当は、本当は、本当に愛しあった人間としか魔力を練り合わせちゃいけないのに」

賢者「あいつらは、あいつらは……」

姉「……賢者ちゃん」

女「……こっち来て」ぎゅぅっ

賢者「えっ……」むぎゅっ

女「……ほら、もう怖くない。こわいお姉さん達は私達が追い払ったから」

姉「……そうよ、もう無理に性交を強いられることもないの」

賢者「……女さん……お姉さん……」


どごぉっ!!

姉「なにっ!?」

女戦士「みいつけたぁ。探したんだぞ賢者ぁ」

賢者「戦士……!!」がくがく

女「賢者ちゃん!?」

賢者「あいつが、あいつがあたしを」

戦士「私は悲しいよ。あんなに愛し合ったのに他の女に逃げるなんて」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:35:00.26 ID:Jsjq/Ksx0
百合支援

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:40:24.74 ID:h2InOowU0
戦士「でも、それも終わりだぁ。そこのおじゃま虫を片付けたあとまた愛しあおうなぁ」

賢者「やめて! 二人には危害をあたえないで! 私はどうなってもいいから!」

女「賢者ちゃん! だめっ! もう自分だけを苦しめるのはやめて!」

戦士「おうおう、それでいいんだよ。お前は私のものなんだからなぁ」

賢者「……二人には、絶対手を出さないで」

戦士「あたりまえだよなぁ……でも」

女「……賢者ちゃん……ダメよ」じりじり

戦士「元カノはまだ諦めてないようだぜ?」

賢者「女さん……!」

姉(……どうする、かしら)

戦士「……はぁっ、仕方ないなあ。一回痛い目見せないとな」

賢者「えっ!? ダメよ! 約束と違――」

戦士「おらぁっ!!!」がしゅっ

女「きゃぁっ!!」どんっ

姉「妹ちゃん!」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:41:39.76 ID:XLnZ/AU50
この戦士脇とか臭そう

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:45:58.41 ID:h2InOowU0
女「……」ぱらぱらぱら

戦士「ははぁっ、いい気味だぜ。俺の女を寝取ろうとしたんだからよぉ」

賢者「女さん!女さん!」

戦士「……はぁっ、私も振られたようだなぁ。あとでたっぷり調教してやらないと」

姉「妹ちゃん! 起きなさい妹!!」

賢者「女さん!女さん!」

女「……賢者ちゃん……お姉ちゃん」

賢者「ごめんなさい……ごめんなさい……」

女「泣かないでよ。私、こういうの憧れてたんだ……」

女「騎士になってね、王女様を守ってあげて……それで……」かふっ

姉「おいっ! 目を開けろ妹っ!」

女「あぁ、でも、騎士って契約とかしないとなれないんだっけ……じゃあ、だめかなぁ……」

賢者「女さん! しっかりしてください! 女さん!」

女「……あぁっ、せめて結婚でもしてれば、よかったかなぁ……」

賢者「……女さん……契約なら! 結婚の契約なら! 今ここでできます!」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:50:04.54 ID:h2InOowU0
戦士「おいっ、何を」

賢者「お姉さん! 女さんの服を」ぬぎっ

姉「賢者……!わかった!」

賢者「女さん、貴方は、貴方は、もう立派な私のナイトです!」

賢者「今、この婚姻の契を持ってして、貴方を正式な騎士に任命します」

女「……賢者ちゃん……」

戦士「まさかっ! やめろぉっ!!」

姉「……はぁっ!」レズはめ波

戦士「ぐあぁっ!」

姉「……はぁっ、はぁっ、普段からレズだから、撃とうと思えば撃てたのね……でも、一発だけみたい」ばたりっ

賢者「……女さん、くちづけを……」

女「……うんっ……」ちゅぷっ

賢者「んっ……」ちゅぷっちゅぷっ

女「んぬっ……」じゅぷっじゅぷっ

戦士「な、なんだこの光はあああああああああああああああ」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:53:55.60 ID:h2InOowU0
賢者「……ありがとう、愛してます。女、いえ、女騎士さん」

女騎士「……私もよ、賢者ちゃん」



騎士「さぁ、かかってきなさい」

戦士「ちっ、ちくしょぉおおお!!!」

騎士「ふんっ!」すらっしゅ

戦士「かはっっ!!」

騎士「情けない、それでも戦士なの?」

戦士「き、貴様ぁっ!」

騎士「……もう、勝負はついてるわ」

戦士「えっ……あっ……」ぐらっ

騎士「貴方を空間ごと切り落としたわ。永遠に消えて、どうぞ」

戦士「あっ、あああああああああああああああああああああああ」ばしゅーん


騎士「……あら、なにこの姿、あれっ?」

賢者「……すてき……」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 02:58:01.38 ID:XLnZ/AU50
ぱねぇ

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 03:00:43.45 ID:h2InOowU0
姉「……で、起きたら何故か、妹が騎士になってて、賢者ちゃんがべた惚れと」

賢者「べた惚れではありません。女さんは私の騎士なのです」

騎士「ということで……どうしようか」

姉「う、うーん、私も妹ちゃんと契約してみたいなぁ」

騎士「なんでいきなりシスコンキャラ発動してるの」

賢者「騎士様は私の騎士なのです! さぁ、女騎士さん、一緒に暮らしましょう」

騎士「まぁ、肉体関係を持った以上、はねぇ」

姉「じゃあ、賢者ちゃんの家族に挨拶しにいったほうがいいんじゃない?」

賢者「家族っ? あっ」

騎士「どうしたの?」

賢者「……魔法教会のことは思い出したんですけど……身元が思い出せてません」

騎士「えぇっ!?」

賢者「うーん、多分ヨーロッパのどこかにある教会名簿を見れば私の名前が載ってるはずなんですけど……」

騎士「……仕方ないわね。じゃあ、一応行きましょうか。契約したんだし」

賢者「……はいっ!」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 03:03:32.44 ID:h2InOowU0
騎士「あんなこともあったんだなぁ」

賢者「……騎士様」

騎士「んっ?」

賢者「……私はレイプは許しません、でも」

騎士「……わかってるわかってる」ちゅぅっ

賢者「……えへへ」

騎士「これからもずっと一緒よ?」

賢者「はいっ!」


姉「……やっぱり二人じゃ危険だわ! 付いて行きましょう! ついでに二人共完堕ちさせてやる」

無計画SSおわり

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/22(金) 03:06:19.45 ID:XLnZ/AU50
ちょっとは計画性あればな
敬語ヒロインとシスコン姉は良かったけど

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)