5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

千早「私、今日からロリになります!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/29(火) 21:24:29.72 ID:QZlShMwz0
千早「きゃるる〜ん☆りゅんりゅん♪」

春香「え…?」

千早「ぷいぷいえ〜い☆」

春香「え、…え?」

千早「あ☆そこにいるのは!はりゅかちゃんだなぁ〜!」

春香「ひ、ひぃ!」

千早「はりゅかちゃ〜ん!」

春香「い、嫌あああ!!」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/30(水) 00:37:32.51 ID:RMI2VKKY0
>>86
お前のそういうところが人の72か大切なものを傷つけるんだよ!!

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/30(水) 00:37:55.23 ID:u7Hmuo3C0
千早「確かに、前よりは大きなステージに立てるようになった。全国のテレビにも出れるようになった」

千早「でも歌うたびに、私の中で何かが減っていってる気がするんです」

千早「今目の前にいる人は、ネットで私のことを悪く言ってる人なんだろうな」

千早「今目の前にいる人は、私の歌に興味なんてないんだろうな」

千早「今目の前にいる人は、なんで目の前にいるんだろうな」

P「千早…」

千早「例え私が心から、全身全霊で歌っても、きっと聞こえてないんだ…」

P「…」

千早「…プロデューサーは、こどものころ楽しかったですか?」

P「え?あ、そうだな…うん、楽しかったな」

P「毎日川に行って岸から岸へ石をつなげて橋を作ったり」

P「大きな砂場を迷路のように掘って、水を流して遊んだっけなぁ」

P「あのころは何も考えないで、すごく楽しかったな」

千早「そう、こどもは何を考えなくていいんです…」

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/30(水) 00:43:33.40 ID:u7Hmuo3C0
千早「こどもは何も考えてなくて、とても素直」

千早「きっとそんな大人たちがこの世の中にはたくさんいるんです」

千早「それって、その人たちはすごく楽だと思いませんか?」

P「それは…」

千早「それに私の体はこどもなんでしょう?」

千早「ただ、胸が他の人より小さいというだけで」

千早「私もこどもになってしまいたい、そうすればきっと楽になれるから」

千早「そうすればきっと…あのころのように楽しく歌を歌えるから」

千早「そうすればきっと…もう歌を手放しても苦しくないから」

P「千早は、それを本気で言っているのか?」

千早「え?」

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/30(水) 00:47:28.92 ID:by43nI4Z0
>>1からの急なシリアス展開で吹いた

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/30(水) 00:52:30.47 ID:u7Hmuo3C0
P「千早の評価の全てはネットだけなのか?」

千早「それは…」

P「千早の歌が好きで、ファンレターを送ってくる人たちの想いはどうなるんだ?」

P「千早のために便箋を選んで、買い、一生懸命推敲して、何度も何度も消しゴムで消した跡のある手紙に、千早は何も感じないのか?」

千早「…」

P「千早の歌を聞いて、感動した人が流す涙は嘘なのか?」

P「千早、お前はこどもになろうとしてるんじゃないんだよ」

P「こどもなんだよ」

千早「…!」

P「確かに、ネットの海にいる人たちと比べれば、良識のあるファンはもしかしたら少ないかもしれない」

P「だけど、その人たちの思いを汲み取ることが、千早にはもうできなくなったのか?」

千早「…」

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/30(水) 00:56:05.89 ID:jpKrFRCYO
支援は紳士のつとめ

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/30(水) 00:59:06.35 ID:u7Hmuo3C0
P「千早…千早の歌を待っている人がいるんだ。その人たちの思いを、無駄にしないでくれ」

千早「でも、もう、そんな人たちが…いないんだとしたら…」

P「それだけは絶対にないな」

千早「え?」

P「俺と千早が初めて会った日のこと、覚えているか?」

千早「…はい、もちろんです」

P「あの時はどうしようかと思ったよ。千早、すごく冷たかったからな」

千早「…ごめんなさい」

P「正直、その時は今後が不安だった。でもな、二人で初めてレコーディングをした日のことだ」

P「俺は千早の歌に心の底から感動した。この感動を他の人にも分けてやりたいと思ったね」

P「そして、そのとき、俺は千早のファンになった。俺は声を大にして言えるぞ、千早の最初のファンは俺だってな」

千早「プロデューサー…」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/30(水) 01:01:16.81 ID:8YDS9Esu0
マジで泣いてる自分に悔しいwww

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/30(水) 01:02:23.42 ID:oyQ4vb/q0
ちーちゃん結婚しよう

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/30(水) 01:04:35.80 ID:u7Hmuo3C0
P「俺はこれからも千早のプロデューサーであり、ファンなんだ」

P「それだけは忘れないでほしいな」

千早「…」

P「…」ギュッ

千早「う、うわぁ!ぷ、プロデューサー…!急に抱きつかれると…!」

P「今までずっと悩んでたんだな、気づいてやれなくて本当にごめんな、千早」

P「こんな細い体で、色んなことを受け止めてきたんだな」

P「何か小さな悩み事でもいい、何かあったら俺やみんなに相談するんだぞ、…約束、な」

千早「…はい」

P「…さて、天気もすごくいいし、こんなところで歌ったら気持ちいいんじゃないか」

千早「そうですね…きっと、そうです」

P「よし!今日はここでボーカルレッスンだ、千早!」

千早「…はい!」

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/30(水) 01:09:18.55 ID:u7Hmuo3C0
P(千早をレッスンしてて、最初のころを思い出す)

P(765プロがまだ弱小と呼ばれていたころ、千早は一人で頑張っていたんだ)

P(最初のうちはこうやって二人でレコーディングしたり、レッスンをしたな…)

P(そして輪が少しずつ大きくなって、みんなとやるようになった)

P(それって、団結するには大事なことかもしれないが、俺と千早の二人の時間が減ってきた、ということだったんだ)

P(俺は千早のことをしっかり面倒見ているつもりだった、でも、まだまだだったんだな)

P(きっと社長もそれに気づいてたんだ。だから二人っきりで話せる機会を作ったのだろう)

P(俺もまだまだ精進しないといけないな、他の子たちのためにも)

P(これからも歌ってくれよ、千早…)

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/30(水) 01:10:38.56 ID:YnPwytJ40
>>7


ありだな

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/30(水) 01:14:36.75 ID:u7Hmuo3C0
後日765プロ

千早「おはようございます、プロデューサー」

P「ああ、おはよう」

美希「ねぇハニー、ミキまだ眠いの…」スリスリ

P「おい美希!くっついてないで早く出かける準備をするんだ!」

美希「ハニーが一緒に行くならミキも行くのー!」

P「ええ!?」

小鳥(プロデューサーさんが千早ちゃんを連れ戻した後、千早ちゃんはすぐにみんなに謝罪した)

小鳥(みんなも事情が分かったようで、許してくれた)

小鳥(その件以来、アイドル達の団結力がより強くなったと思う)

小鳥(プロデューサーさんは、ちょっとだけ傷ついたみんなのフォローが大変だったようだけど)

亜美「にいちゃーん、亜美は亜美で」

真美「真美は真美だよねー?」

P「当たり前だろ!何言ってんだ!」

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/30(水) 01:20:32.53 ID:u7Hmuo3C0
小鳥(そこは流石プロデューサーとだけあって、みんなを上手く励ましたり慰めたりすることができたらしい)

貴音「あなた様、今日も私のお尻で顔を踏みつけてさしあげますね」

雪歩「えへへ〜プロデューサー…今日も穴掘って埋めてあげますぅ」

春香「見てくださいプロデューサーさん!今日はなんとリボンを10個もつけちゃいました!」

小鳥(……上手く励ましたり慰めたりすることができたらしい)

小鳥(でもなんだか、最近はお仕事ばっかりでデートもまともに行けてない)

小鳥(なんだか少しさみしいなぁ…)

小鳥(あ、そういえば美希ちゃんの件なんですが)

小鳥(あの件以来私に対抗心を燃やしているような…)

小鳥(わ、私も負けていられないわ!)

小鳥(とは言え、最近いろいろと停滞気味だし…)

小鳥「…そうだ!」

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/30(水) 01:23:25.25 ID:u7Hmuo3C0
千早「え、そんなことがあったんですか?」

P「ああ、あれは流石に参ったよ…」

千早「なんだかプロデューサーらしい気もしますけどね、ふふっ」

美希「ねぇ、ハニー眠いの…」スリスリ

P「あのなぁ、美希…」

小鳥「きゃるる〜ん☆りゅんりゅん♪」

P「なっ…」ゾクッ

千早「そ、その恰好は…!」

小鳥「私、今日からロリになります!」

P・千早「やめてええええええええええええええええええ!!!」

おしまい

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/30(水) 01:25:06.16 ID:SuMgEyag0


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/30(水) 01:25:15.68 ID:8YDS9Esu0
おつ
楽しかった

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/30(水) 01:26:01.84 ID:JP1eVlCzi
おつ

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/30(水) 01:32:03.90 ID:7FDVwiu50
おもしろかった乙

40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★