5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

亜美「好きな人とかいるの?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 13:29:10.31 ID:PfkSHwfs0
真美「へ?いないよ?」

亜美「へー、いないんだー」

真美「亜美はいるの?」

亜美「いるよ」

真美「え!?いんの!?だれ!?」

亜美「真美」

真美「えっ」

亜美「真美」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 13:29:52.32 ID:QXDrVBtC0
はよ

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 13:34:40.50 ID:g9RPia7x0
セーラームーンスレ

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 13:36:16.46 ID:5z12hjIf0
>>3
ヴィーナス一択

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 13:38:16.01 ID:FRlHT3Is0
\   \\   \  \\  , ェェェェェェ、\  \\ \
\\   \\   \  \,ィ三三三三三三ヽ.  \\ \
\\\   \\, -‐≦三三三三三三三三三ヽ   \\
  \\\    /   ィエミ ヾ三三三ツ" ̄`ヾ三ヲ\   \\
\  \\\  l     !三リ  ヾ三ヲ'   ヽ、  \  \   \
  \  \ f三ミ        /三三     `ヽ.、 \  \
\  \  ` ヾ三        ヾ三三    ,ィ全、 \ \  \
\\  \  \.゛l    f≧  ノ三三  ./三三、   ヽ. \
  \\  \    、 fn,  ~   /三三".  ,'三三三、.  l  \
\  \\  \  .i≧ュ __,、 /三三"  ,'三三三三、 ノ
  \  \\  \ |三ミ≧≠三彡"    l三三三三三「\\
   \  \\  `!三三三リー - 、._ !三三三三三   \\
\   \  \\ }三三彡 \\\  ヾ三三三彡"≧,   \
  \   \  \.ノ三三リ\  \\\     ヾ三三ミ、
━━━━━━━{三三彡━━━━━━━━━━ ̄━━
            ̄ ̄
ケ  ケ   /\      ー―≠―   ー―≠
┼┼┼ /┌┴┐\      /       /
│└┘   [ 二 ]   ー 、   |       ー― 、
└──   レ`く_   _)  \_    くZ_ノ
  |二二|  /\   |  | |       _|           ||
┼└─┘/__ \ .|  | |         |/⌒ヽ     ||
┴ 7二二 ┌─┐  |     ー十十ヽ /|  _ノ 二   ||
  / / / /  |__|   ヽ_ノ     .|  ノ  |  (_ノヽ /乙  。

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 13:39:22.02 ID:PfkSHwfs0
真美「いや、え?」

亜美「ねえ、真美」

真美「えっ、ちょっとなんで近づいて…」

亜美「チュー、しよ?」

真美「いやだよ、…ちょっとなんで近づくの?」

亜美「減るものじゃないから…」

真美「そういう問題じゃないよ!」

亜美「ちょっとだけだって」

真美「ちょどこさわって…ひゃあああぁぁぁ!」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 13:39:25.46 ID:Z/vOZzdGi
http://i.imgur.com/8Luu6i8.jpg

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 13:47:15.27 ID:PfkSHwfs0
スパーン

亜美「痛っ!」

真美「もう!やりすぎだって!」

亜美「えー!?」

真美「まったく、いたずらでもやっていいことと悪いことがあるんだかんね!」

亜美「本気なんだけどなー…」

真美「なんか言った?」

亜美「なんでもないよー!」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 13:58:49.20 ID:PfkSHwfs0
雪歩「はい、お茶どうぞ」

真美「えー?真美ジュース持ってるんだけど…」

雪歩「えっ」ウルウル

真美「お茶飲みたい気分だったんだ!」ゴクゴク

雪歩「えへへ、おかわりもあるよ?」

雪歩「(私のあれが真美ちゃんの中に…)」ハアハア

真美「(なんかしょっぱい…)」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 13:59:47.67 ID:vCHptpb70
俺ものみたい

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 14:04:59.44 ID:hdEA+RKq0
どれだよ

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 14:09:02.44 ID:URWGxhl60
ナニいれたんだよ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 14:09:28.68 ID:PfkSHwfs0
千早「真美、レッスンはしっかりやってるかしら?」

真美「もちろんだよ!真美は努力家だからね!」

千早「自分で言うのね…まあ頑張ってるのは本当みたいね」

真美「あ!そういえばちょっと教えてほしいんだけど…」スッ

千早「どこかしら?(真美がこんなに近くに…)」ハアハア

真美「ここなんだけど…って大丈夫?千早お姉ちゃん?」

千早「だ、大丈夫…」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 14:10:30.04 ID:vrDtVFI90
真美ハーレムか。たいへんよろしい

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 14:15:15.63 ID:k6MT+rps0
続けてください

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 14:20:10.51 ID:PfkSHwfs0
真「真美」ギュッ

真美「ま、ま、まこちん!?」

真「レッスン、しようよ」

真美「それは…真美が大人になるための…?」

真「そうだよ」

真美「…やさしくしてね?」

――――――――

――――

小鳥「ぴよへへへへぇー」

律子「仕事してください」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 14:21:00.50 ID:7+kdGVm40
なんだ事務員の妄想だったか

18 : 忍法帖【Lv=10,xxxPT】(1+0:15) :2013/10/22(火) 14:21:52.01 ID:auxLva/Y0
真美総受け!

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 14:22:06.28 ID:vCHptpb70
異常は無い

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 14:27:55.96 ID:PfkSHwfs0
真「真美!レッスンいこうよ!」

真美「いいよ!真美の速さについてこれるかな?」

真「それは真美のほうじゃないの?」

真美「いったねー?じゃあ勝負だよ!」

真「のぞむところだ!」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 14:34:11.93 ID:PfkSHwfs0
真美「はあ、はあ、負けたー!」

真「はあ、はあ、なかなかやるね…」

真美「飲み物…あ!?」

真「どうしたの?」

真美「飲み物忘れた…」

真「…僕の飲む?」

真美「ホントに!?ありがとー!」ゴクゴク

真「(あれ?これって間接キス?)」キュン

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 14:41:16.49 ID:PfkSHwfs0
美希「あふぅ…眠いの」

真美「ホントによく寝るねー」

美希「…真美も一緒にねる?」

真美「えー?どうしようゲームしたいしなー」

美希「迷ったら寝るの」

真美「ちょミキミキ!?」

美希「…真美やわらかいの…」Zzz

真美「もう寝てる…」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 14:49:19.24 ID:qywdsCj00
                _,. : : : ̄ ̄ ̄: : :- 、__ /: : : ヽ
           ,. : :´: : : : : : : : : : :--:、: :__/: : : : : : ハ
          /: : : :, : : : : : :l: : : : : : : :(__。)_:_: : : : : |
         ,:': : : : :/: : : : : ::/_: ,: : :__: : : :(__。): , : : : :!
          /: ; : : : {: : : : : :./ `/イ: : -: : : :{: : : : : : :|
        ,: : l: : : : : :j: : : :.l     \: :_/:ハ: : : : : :.|
         |: : }: : : : :/!: : l:/         l: :,ィハ |: : : : : :|
         }: イ: : : : / l: : l:{    /   }:// } !: ; : : : :!:.
         l/ ∨: :/、_ Y!リ 、__/_   ,: { ' / |:/: :; : :.|::.
             Wrtチテ从  伐テテ' }  |:/_,/  {: : / : : l: :.
            }ハ  ̄ ,    ` ̄    j:{/`ヽ. |: /: : :.:.|: :}
               }           /リ / },!イ: : : : :!: ;
              人  ー-、   ,..ィ   /  //: :!: : : : :|:/
             >---- ≦   / / / {:.ハ: : : :.j/
             /   /   __/ /  {/ l/  }: : :/

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 14:50:51.16 ID:YqVftjSg0
               _____,,,,___
          _.....::::::::::::::::::::::::::`::....、` 、
        _.::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ:.、
      /::::::/:::::::/::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::\ ヽ:..
      , ::::::l:::/::::::::,'l:::::::::::::l::/:::::::ll:::::::::::::::\i::::.
    /i:::::::::l::l:::\:i l--─/  ̄ ̄ !:::::::::::::::::::l::::::.
.    ' l:::l::::::l:|   丶       /   !:::::::::::::::::::l:::::::.
    |  l::::::::リ ‐ - _    ∠ __  !::::::::::::::::::l::::::::i
    l  l:::::::::::} - ‐ ¨           l::::::::::::::::::l::::::::l
     l:::::::::::}              l:::::::::::::::::,'::::l::,'
     l:::::::::::i   __ ,,.... -‐ ´`i,__|::::::::::::::/::::::l;'
       l::l:::::人   乂  (⌒⌒) , ´  `i::::::::/::::l:/
      l:l ゙::::::::` -,_・\ \//     }:::::/l/´ _
        l  ヾ:::::l ‖` -` 二 i    //--‐ッ ´  ゙ 、
         ` i弋三⊇/l _L....-‐ '‐-、: :/     i
             ___,r''´ /{       }´       l
         ,..-'!: : {  ̄`〔_〉ー‐‐‐‐  〈、      /
        j´  |/:` ̄厂.|〉 ,_  _, 丿',      /
         ∧ /: : : : :ノ__.ノヽ   ̄  ,〉  〉     /
  .      / /.: : : : : : : : : : :〈   ̄ 丿 /丶  〈

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 14:53:12.51 ID:PfkSHwfs0
真美「これはオス、これは…」

響「何してるんだ?真美」

真美「いやーひびきんのペットがオスなのかメスなのか確認してたんだよ」

響「ペットじゃなくて家族だぞ…
…そんなの自分に聞けば一発なのに」

真美「こーゆーのは自分で見なきゃでしょ」

響「そういうもの…なのか?」

真美「そういうものなんだよ」

響「じゃあ自分も確認してみる?」

真美「えっ」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 14:58:13.57 ID:PfkSHwfs0
響「いやいや、冗談だぞ?」

真美「だよねー!
…なんか最近冗談に聞こえなくってさ」

響「?へんなの」

真美「うーん、気のせいなのかな?」

響「なんかよくわかんないけどなんくるないさー!」

真美「うーん?」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 15:06:24.19 ID:PfkSHwfs0
春香「真美、クッキー焼いたんだけど食べる?」

真美「食べる食べる!」

モグモグ

春香「どうかな?」

真美「美味しいよ!はるるんは天才だね!」

春香「えー?そうかなー?」ニコニコ

真美「そうだよ!」

春香「えへへ」ニコニコ

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 15:06:52.52 ID:qB0sju280
かわいい

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 15:12:09.05 ID:CsKe18SW0
真美の正妻はやよい

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 15:14:19.30 ID:Hv/Cdl7v0
くりぃむれもんスレかと思った俺のときめきを返せ!

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 15:19:59.92 ID:PfkSHwfs0
真美「…」ズルズル

貴音「…」ズルズル

真美「もう限界だよ!多すぎ!」

貴音「…真美、最後まで食べるというのが礼儀というものです」

真美「そんなこといっても…無理なんだよ…」

貴音「仕方ありませんね真美、らぁめんをこちらに」

真美「はい、どうぞ」

貴音「(これが真美の使っていたはしですか…)」ズルズル

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 15:29:27.26 ID:PfkSHwfs0
真美「スウ…スウ…」

あずさ「あらあらー真美ちゃんぐっすりね」

真美「スウ…スウ…」

あずさ「ふふ…」

あずさ「女の子同士でも子供が作れるらしいわね…」

あずさ「…」

あずさ「ふふ…」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 15:30:36.24 ID:YqVftjSg0
あら^〜いいですわゾ〜

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 15:31:39.25 ID:vrDtVFI90
一人だけ重さが違う

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 15:32:24.38 ID:O60IsRez0
いいゾ〜これ

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 15:38:35.10 ID:PfkSHwfs0
真美「いおりん!あーそーぼ!」

伊織「あとでね」

真美「あとでっていつさ!」

伊織「そうね、二人の子供が出来たらいつでもたくさん遊べるんじゃないかしら」

真美「い、いおりん…?冗談だよね…?」

伊織「もちろん冗談に決まってるじゃない」

真美「だ、だよねー」

伊織「もちろん…ね」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 15:45:19.03 ID:PfkSHwfs0
やよい「もやし祭りですー!」

真美「わーい!」

やよい「どんどんたべてね!」

真美「うーん意外といけますなあ」

やよい「えへへ、もっとあるよ?」

真美「うん、ありがとー!」

やよい「ふふ…」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 15:47:26.22 ID:YqVftjSg0
    __         ___
  /: : ::__r,>‐─…─-<,==: : :`ヽ
 ( : : : : |/ : : : : : : : : : : \L_: : : :)
 /::: : 「/: : : : : : : : : : : : : : : ヽ}: : :ハ
  ヽ: : ::|: : :/_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|: : :|: : : ::}
  〈: : : :|: : |==;=  =;==|: : :l: : : /
.  ヽ::/l: : | ` ̄ "||`  ̄´ |: : :l : /
   |/ l: :l、   、|レ   .|: |/∨
     _,,ハ.ト.` ̄ ̄ ̄´ ,イ|/\_    ふふ…
    ̄:::;':::::゙! \.  ̄ / |'::::::::|::: ̄
  :::::::::l:::::::::l  \/   !::::::::::|:::::::::
  ::::::::l:/ヽ:ヽ__    __/:/\:|::::::::
  :::::::‘:::::::::::o:ヽ`  ´/::::::::┌──┐
  :::::::::::::::::::::::::::ヽー/::::::::::: l:::::::::::::::l

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 15:50:00.69 ID:PfkSHwfs0
真美「あーおいしかった!」

やよい「えへへ、また来てね!」

真美「うん、絶対また来るよ」

やよい「よかった…」

真美「ばいばーい」ノシ

やよい「…そのうち一緒に住もうね」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 15:59:10.81 ID:PfkSHwfs0
律子「ここはこうで…ここは…」

真美「りっちゃん!なにしてるの?」

律子「ああ真美ね 、家の間取りを考えてるのよ」

真美「りっちゃん引っ越すの?」

律子「将来的にはね」

真美「ふーん、頑張ってねー」

律子「…真美との部屋は一緒に、ベットはもっと狭くていいかしら」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 16:09:21.54 ID:PfkSHwfs0
真美「兄ちゃん、ちょっといい?」

P「ん?どうしたんだ?」

真美「いやね、ちょっと相談があるんだ」

律子「相談?私じゃだめ?」

真美「兄ちゃんじゃないとだめなんだ」

P「そうか、ちょっと外にいこうか」

真美「うん…」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 16:13:30.57 ID:qywdsCj00
                       _,...、
            ,. . . :―‐-. .、  /:_: : : : ヽ
         , . :´: : : : : : : : : : : `ヽ、__): : : : :{
         /: : : :,: : : : : : : : : : : : :_: ヽ_): : : : :.
       /: : : :/: : : : : : : : : : : : : : :ヽ: :、: : : : :!
        ,: : : :./: : : , :': : : : : : :,: : : : : : :}_: ',: : : : l
      l: : :/:{: : : /: : : : : : : :/: : : : : : /ィ: : ,: : : :!
       {: :/: :!: : /: /: :,ィ: :./: :,: : : : :/ Y:!: : : {
      ∨-、|:,イ: :/://イ /:イ: : :/:/   }/: : : :.!
        {-、.|: l:./  __-― '/: //ー--/: : : : :.|
       d_|: |'  イ斥_/イ   ィ心イ : : : : :.:|
          |: |    弋ソ     {,ソ/|: : : : : : |
          |: |、            ,   { ,リ: : : : : :|
         ヾ!        _   人!:l: : : ハ: j
          |   :.、   ´  /  |:ハ: : | ;/
        /|    ` r- ‐ ´   / }: :/
     _//イ       { ヽ、_       l:/
    /:、  \ \     ヾ /  `ヽ、  /
   /:::::::::\  `ヽ \   /イ   /:::::l

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 16:17:13.68 ID:PfkSHwfs0
P「ここなら大丈夫だろう」

真美「あのね、なんか最近みんなおかしいんだ」

P「おかしい?」

真美「そう、なーんかやけに真美に優しいんだ」

P「いいことじゃないか」

真美「それがね、なんか不気味なんだよ」

P「不気味?」

真美「そう不気味
真美が何かやってるとみんなニコニコ笑ってて
いつも真美のほうをチラチラ見て、それでまた笑ってるんだ」

P「それはちょっと怖いな」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 16:26:20.39 ID:PfkSHwfs0
真美「しかもね、みんな言葉も変なんだ」

P「ほう」

真美「真美みるとキスがどうとか結婚がどうとか子供がどうとか」

P「ほ…う?」

真美「前までは亜美だけだったんだけど最近はみんな、ホントにみんながいってくるんだ」

P「…」

真美「なんか怖いんだ…みんながみんななんか不気味で」

P「それは困ったな…」

真美「でしょ?それで…」

P「真美は俺の嫁なのにな」

真美「…………えっ?」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 16:27:13.23 ID:NGW9dvd20
ふーん、つづけて?

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 16:35:54.28 ID:umSUiDGx0
真美は合法

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 16:36:29.55 ID:BUHLV5vy0
実はこれ怖い話なんじゃね?

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 16:38:19.23 ID:PfkSHwfs0
真美「な、なにいってるの?兄ちゃん…?」

P「まったく困るよな真美は俺のことが好きなのにな」

真美「兄ちゃん…?」

P「なあ真美、俺のことすきだよな?」

真美「いや、こないで…」

P「真美!」ガバッ

真美「いや…いやぁ!」

ドゴッ!!

真美「!?」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 16:45:53.98 ID:PfkSHwfs0
亜美「大丈夫!?真美!」

真美「あ、亜美」

伊織「まったく、とんだ獣ね野蛮よ野蛮」

真美「どうしてここが?」

伊織「どうしてって


付いてきたからに決まってるじゃない」

真美「…!」ゾッ

亜美「盗聴機がなかったら危なかったね!」

真美「なんで…なんで…」

ダッ

亜美「真美!?」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 16:47:04.30 ID:eec9LOCN0
まあ真美は俺の嫁だけどね

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 16:53:42.20 ID:/9AZNThW0
世にも奇妙な物語っぽくなってきたな

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 17:04:01.28 ID:PfkSHwfs0
真美「盗聴機!あった!」ポイ

真美「(どうしようみんなダメだ
誰が大丈夫…?りっちゃん?いやダメだ!ピヨちゃん!)」タタタッ

ppp

小鳥『はいこちら765プロです』

真美「ピヨちゃん!?真美だけどちょっと来てほしいんだけど!」タタタッ

小鳥『えっ真美ちゃん?よくわからないけど…えっとじゃあ律子さんを…』

真美「ピヨちゃんじゃないとだめなんだよ!」 タタタッ

小鳥『…わかったわ、それでどこに行けばいいのかしら』

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 17:13:37.99 ID:PfkSHwfs0
小鳥「まったかしら」

真美「ううん、助かったよ…」

小鳥「それでどうしたの?かなり焦っていたみたいだけど
…あれ?プロデューサーさんは?」

真美「あのね、兄ちゃんに相談してたら襲って来て、それで…それで…」

小鳥「…取り敢えず落ち着いてからにしましょう
私の家でいいかしら?」

真美「…うん」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 17:13:38.32 ID:KY1nHdjb0
ここだよ(ボロン

55 : 【18.4m】 :2013/10/22(火) 17:20:08.39 ID:quraKbGI0
C

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 17:22:26.95 ID:PfkSHwfs0
小鳥「ここが私の家よ」

真美「ふーん、なんか女の子っぽくないね」

小鳥「あはは…はい、くつろいでていいわ」

真美「うん」

小鳥「それじゃあ話を…」

ppp

小鳥「はい、もしもし…はい…はい…すいません…では」カチ

真美「どうしたの?」

小鳥「仕事がね…ごめんね後で話を聞くわ」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 17:26:41.89 ID:PfkSHwfs0
真美「ピヨちゃん!」

小鳥「なにかしら」

真美「あのね、ここにいること誰にも言わないでほしいんだ」

小鳥「わかったわ」

真美「絶対だよ?」

小鳥「約束するわ」

真美「うん、じゃあいってらっしゃい!」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 17:34:47.89 ID:PfkSHwfs0
――――

―――――――

ガチャ

小鳥「ただいま」

真美「おかえり!」


小鳥「あのね」


小鳥「実は」


小鳥「真美ちゃんに会いたいって娘が」


小鳥「いるんだけど」


亜美「やっほー真美」

真美「あ、亜美」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 17:38:23.75 ID:JrupwPmY0
ハハハ、うっかり言っちゃうなんてぴよちゃんはおちゃめだなぁ(真顔)

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 17:44:16.46 ID:PfkSHwfs0
真美「ピヨちゃん!約束したよね!?なんで!?どうして!」

小鳥「だって、ね?」


小鳥「独り占めはしないっていう」


小鳥「約束だったもの」


亜美「真美はね」


雪歩「一人だけのものじゃないんだよ?」


真「みんなで分け合うんだよ?」


春香「わかってくれるよね?」


「ねえ、真美?」


真美「うああああああああああああああああああああああああああああ」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 17:45:11.61 ID:PfkSHwfs0
真美はみんなのものEND

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 17:45:13.68 ID:UWRs/7HEi
うわああああああああああああ

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 17:45:21.01 ID:NGW9dvd20
真美が輪姦される展開キボンヌ

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 17:46:36.43 ID:PfkSHwfs0
終わりです

何か質問とか有ればどうぞ

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 17:47:47.88 ID:Xa61Dz3v0
みんなのものってことは俺にも分け前がくるってことか

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 17:49:57.67 ID:qB0sju280
あずささんに膝枕されて両手を雪歩と千早に押さえつけられ
真に処女を奪われて痛いのを我慢しながら唇をかみしめてうっすら涙を流してる真美を恍惚の表情で眺めてる春香さんはまだですか

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 17:50:43.16 ID:92FaALmG0
>>64
社長は765プロのみんなに入らないということですか?

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 17:51:03.73 ID:NGW9dvd20
みんなに乳首つねられ舐められ口に舌いくつもいれられ全身舐められてアソコに指突っ込まれて肛門もベロベロ舐められてなんども失禁しながらイかされる展開キボンヌ

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/22(火) 17:56:47.83 ID:PfkSHwfs0
>>67
初めは小鳥さんじゃなくて社長のところにいくつもりだったけど
社長もプロデューサーと同じように独り占めすると思ったのでやめました

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)