5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

上条「起源弾……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 14:57:40.65 ID:MzYh6WD80
上条(俺の右腕から摘出された骨をすり潰した粉が封入されている.22LR弾……右腕全部を使った上に弾そのものもコンパクトだから200発近く作れたぜ!!!)
上条「おかげで片腕になっちまったけどな…」
禁書「とうま…」
上条「よーし、早速誰かに使ってみるか!!!!」
禁書「>>5を撃ちに行くんだよ!!!」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 14:58:56.49 ID:3E8hEG0w0
クンニッ!

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 14:59:22.70 ID:gsbH1/jy0
ケイネス先生

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 14:59:46.45 ID:EjOP1Vdh0
ギルさん

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:00:29.42 ID:VfjmJ3f40
一方

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:01:54.29 ID:864QxbR/0
き、きかねえんじゃねーのwwwwwwwww

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:01:59.06 ID:MzYh6WD80
禁書「あくせられーたを撃ちに行くんだよ!」
上条「いきなりラスボスかよ……」
禁書「がんばるんだよとうま!」
上条「よーし! いっちょやってみますか!」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:03:23.10 ID:/pivF+d80
超能力者には効かねーだろ

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:04:15.66 ID:xCTFEzD0P
上条さん腕生えてくるから作り放題ですな

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:06:47.49 ID:MzYh6WD80
一方「……」ガッコンガッコン
上条「案の定いつものコンビニでいつものように缶コーヒー買ってるな」
上条「おーう、一方通行久しぶりだなー!」
一方「あァ…? チッ、面倒くせェ奴に会っちまった……」
上条「まあまあ……、そうだ久しぶりに会ったんだしちょっとあそこの公園で話でもしようぜ」
一方「はァ?」
上条「ほら行くぞ!」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:10:56.93 ID:MzYh6WD80
〜公園〜
一方「で、話ってのは何だ。下らねェ内容だったらミンチにすンぞオラ」
上条「まあまあ、コレを見て下さいよ」チャッ
一方「ッ、なんでテメェがンな物持ってンだ? そんでェそれをこの俺に向けるってのはどういう事だ?」
上条「こういう事ですよ」パシュッ
一方(はい反射ァ)

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:11:11.40 ID:864QxbR/0
保守

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:13:36.46 ID:Nou3WTz70
反射ァでワロタ

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:16:15.42 ID:MzYh6WD80
一方「ッがァ!?」
上条「おおー、効いた……」
一方(一体何が起きてやがる…!? 貫通はしてねェ、クソッとりあえず能力で銃弾を摘出して傷口を……)
一方「能力が…使えねぇ……」
上条「まあそうなりますよね」
一方「クソが……一体何を……、! テメェ右腕が……」
上条「そういうことですよ」
禁書(とーま、凄いんだよ)キラキラ
上条「じゃあな、最強」
一方(くッ、意識が……)

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:17:22.45 ID:IZgcoWkK0
ひっでぇ

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:19:38.29 ID:MzYh6WD80
上条「うおおおおお緊張したあああああ!いやマジで」
禁書「見てたんだよとーま。凄かったんだよ!」
上条「おお! 見ててくれたか! どうだった!? 俺の勇姿は!」
禁書「凄くかっこ良かったんだよ! でもちょっとギクシャクしてたかも」
上条「そりゃそうですよ! 相手はあの一方通行ですよ!? いきなりラスボスですよ! そりゃ緊張もするって!」
禁書「でもこれで……」
上条「ああ……、この弾丸の効果は実証された……」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:20:15.88 ID:MzYh6WD80
禁書「じゃあ次は>>20を撃ちに行くんだよ!」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:24:39.86 ID:/pivF+d80
インデックス

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:27:22.66 ID:HxHOJxk50
御坂

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:27:30.19 ID:kCxenRP00
ふきよせせいり

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:31:07.36 ID:MzYh6WD80
上条「とりあえず学校行くか」
禁書「そういえば今日は平日だったかも」
〜学校〜
上条「吹寄ぇぇぇぇぇえええ!撃たせてぇぇぇぇええええ!」
吹寄「はぁ!? 貴様は遅刻して来た上で何を意味不明な事を!」
禁書「わくわく」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:34:50.79 ID:MzYh6WD80
吹寄「いや、お前、その腕は……」
青ピ「か、かみやん……? その、右腕がな、僕には無いように見えるんやけど……」
上条「ああ、ねぇよ?」
小萌「か、上条ちゃん……?」
土御門「……」
上条「そして、その替わりがコレだ」カチャ…
青ピ「じゅ、銃!?」
ざわざわ…

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:39:38.04 ID:MzYh6WD80
吹寄「な、なぜ貴様がそんな……いや、それより……」
小萌「どうして吹寄ちゃんにそんなものを向けてるのですか!?」
青ピ「かみやん? 冗談やろ? それもおもちゃかなんかで、どっきりだったりするんやろ? い、いややなーかみやんは、そんな趣味の悪いどっきり……」
上条「おもちゃに見えるか?」
青ピ「……」
上条「冗談に見えるか?」
土御門「……」ジリジリ…
上条「おっと、土御門、動くなよ。動いたら撃つ」
土御門「ッ!」
上条「まあ、動かなくても撃つんだけど」パシュッパシュッパシュッ!

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:45:36.37 ID:MzYh6WD80
吹寄「あっ」
吹寄「」
小萌「あ…あ……」
青ピ「嘘やろ…嘘やろぉぉぉぉぉぉぉ!」
男子生徒「「うわ、うわあああああああ逃げろぉぉぉぉ!」」
女子生徒「「いやああああああああ」」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:46:09.56 ID:MzYh6WD80
上条「ふぅ、やっぱ銃である以上一般人にも効果あり、と」
上条「さて」
土御門「上条、お前は……」
上条「俺も逃げろおおおおおおおおお捕まりたくはないいいいいい!!!!!」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:49:50.38 ID:MzYh6WD80
上条「ぜーはーぜーはー……、だ、誰も追って来てないよな……?」
禁書「うーん、今回もあっさりしててあんまり面白くなかったかも」
上条「お、インデックスもそう思うか?」
禁書「周りの人たちが慌てふためくのは面白かったけど私が見たいのはそういうんじゃないんだよ!」
上条「そうだよなぁ……、そろそろ能力者と戦いたいな……」
禁書「なら>>30を撃ちに行くんだよ!」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:51:21.72 ID:Ncjmx7Xx0
超人ロック

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:51:29.46 ID:TeFKQzkG0
黒子

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:52:48.55 ID:M4ffytvE0
垣根

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:52:58.74 ID:g6z3fxCFP
五和

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:54:37.83 ID:HTo5QCJ2O
アレイスター

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:55:59.85 ID:M4ffytvE0
提督

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:56:56.44 ID:MzYh6WD80
上条「五和か……五和って今どこにいるんだろうか」
禁書「何かの用事で今学園都市にいるらしいんだよ!」
上条「マジか! じゃあそれは好都合だな!」
五和「あ、上条さん?」
上条「おっほ」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 15:59:51.71 ID:MzYh6WD80
上条「奇遇だな!」(きたああああああ!)
五和「そ、そうですね、ホント奇遇です!」
五和(休暇が取れたから偶然を装って会いに来たなんて言えない)
上条「そうだ五和! 頼みがあるんだ!」
五和「頼み?」
禁書「いつわにしか頼めない頼みなんだよ!」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:03:06.49 ID:MzYh6WD80
五和(わわわわわ私にしか頼めない頼み!? えええええ! な、何だろう…!も、もしかして人に言えないような……!?)
五和「えっと、それって私にしか出来ないような……?」
上条「そうなんだ! 五和にしか頼めないことなんだ!」
五和「か、上条さんがそういうんなら、無下には断れませんが……むしろ頼ってくれて嬉しい…というか」ゴニョゴニョ
禁書(のせるのがうまいんだよ)

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:04:40.69 ID:MzYh6WD80
五和「えっと、で、頼みというのは一体どのような……?」
上条「ああ、ちょっと射殺されてくれ! 抵抗してもいいぞ! むしろして下さい!」
五和「え?」
上条「ん?」
五和「え?」
禁書(まあそうなるんだよ)

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:07:45.60 ID:MzYh6WD80
上条「じゃあいくぞ五和!」スチャ
五和(銃!?)
五和「ちょ、上条さん正気ですか!?」
上条「俺は本気だ!」
五和「ッ!」
禁書(いつわの武器って何だっけ)

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:08:46.36 ID:HWgiKCjK0
右手って生えてくるんじゃ……

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:12:04.08 ID:MzYh6WD80
上条「おりゃ!」パシュッ!
五和「! 本気なんですね……」
上条「避けた!?」
五和「ふっ」シュッ
上条(マズい! 懐に飛び込まれた!)
禁書(そういえばいつわって普通に強かったんだよ)

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:15:34.68 ID:MzYh6WD80
上条(肉対戦は不利か……なら)
上条「おいおいちょっとは手加減してくれよ。こちとら」
上条「右腕が無いんだから」
五和「!?」
上条(今だ!)
上条「俺の勝ちだ」チャ…
五和(眉間に銃口を……)
禁書(うまいんだよ。一瞬の動揺から隙をついたんだよ)

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:18:04.56 ID:MzYh6WD80
五和「参りました……流石は上条さんです……」
五和「そして、大体の事情は飲み込みました。上条さんは何らかの事情で右腕を失ってしまったのですね。それでこんな方法で戦闘のリハビリを……」
上条「いや、全然違うけど?」
五和「え?」
上条「え?」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:20:02.60 ID:MzYh6WD80
上条「五和」
五和「はい……?」
上条「死んでくれ」
五和「!?」
禁書「絶望顔きたあああああああああああ!」

パシュッ!

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:23:51.07 ID:MzYh6WD80
禁書「五和の顔はすごく良かったんだよ!」
上条「そうか!」
禁書「とーまも凄くかっこ良かったんだよ!」
上条「うおおお!そういってもらえるとやる気が出るってもんですよ!」
禁書「でも」
上条「うん?」
禁書「起源弾、全然活かせてないね」
上条「うっ! 痛い所を突きますねインデックスさん……、でもこれは相手が悪いんであって…!」
禁書「はいはい分かったんだよ、次こそ活かしてほしいんだよ」
上条「はい……」
禁書「次の相手は>>45なんだよ」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:24:34.60 ID:qJdG/q0J0
美琴

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:24:48.28 ID:g6z3fxCFP
ローラ・スチュアート

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:24:50.73 ID:/pivF+d80
インデックス

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:33:11.24 ID:MzYh6WD80
禁書「ローラなんだよ!」
上条「魔術サイド! また魔術サイドですか! またですか!」
禁書「またなんだよ」
上条「科学サイドでお願いします。ほんと科学サイドの高位能力者でお願いします」
禁書「うーん、仕方ないんだよ。じゃあ>>50

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:34:10.22 ID:36v5m31F0
カザキリ

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:36:28.49 ID:/pivF+d80
さてんさん

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:37:38.34 ID:g6z3fxCFP
むぎの

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:38:02.06 ID:M/mPhH8li
垣根

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:39:39.71 ID:MzYh6WD80
禁書「むぎのんなんだよ!」
上条「むぎのんか……よし、いっちょやってみますか!」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:41:00.39 ID:bP08fQvqi
上条さん鬼畜すぎやで

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:41:18.52 ID:DdnBDibr0
はよ

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:44:01.95 ID:MzYh6WD80
麦野「で、アタシらの所に来たと」
上条「はい!」
麦野「バッカじゃねぇの!? 私を相手にそんなチンケな獲物で渡り合おうってか?」
上条「何卒! 何卒!」ドゲザー
絹旗「超無謀です」
麦野「分かった、分かった、じゃあ一発勝負な。ヨーイのドンでお互い一発売って立ってた方が勝ちだ」
麦野(まあ、一発ったって当たれば消し炭だしな。あちこち動き回られると面倒くせぇしこんなんでいいだろ)
上条「分かりました! 一発やらせてくれるんですね!!!」
麦野「変な言い方してんじゃねぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:48:24.93 ID:MzYh6WD80
絹旗「はいはい、じゃあ構えーー」(メンドクセッ
上条「よし」スチャッ
麦野「はぁ……、ちっちぇえ銃だなぁしかもサイレンサー付きかよ。こういうときに使う銃じゃないだろ……」
絹旗「はい、ヨーイの」
麦野(適当に銃弾ごと消し炭にするか……)
上条(ここが勝負所だな。タイミングは「ドン」に合わせればいい……。あとは軌道も合わせれば)
絹旗「ドン」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:51:22.62 ID:MzYh6WD80
上条「ッ!」パシュッ!
麦野「ふっ!」ビーム!
ピキューイ! ←あのSE

麦野「なっ!? ぐあ!?」
上条「よし! よし!! よし!!!」
絹旗「!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:56:18.53 ID:MzYh6WD80
上条(上手く合った、上手くいった! 銃弾があのビームをかき消した!)
麦野(くそ、撃たれた? 私が? 何が起こった!? 私の原始崩しがあんなションベンみてぇな銃弾に押し負けた……なんて事は考えられない……何だ…? 一体何が……!)
絹旗「む、麦野!? 大丈夫ですか!?」
麦野「こんなん、傷の内に入らないわよ…!」
上条「おお、まだ立てるのか! 凄いな、流石レベル5だ。じゃあ」
上条「もう一発!」パシュッ!
麦野「ぐあ!?」
絹旗「麦野ぉ!!」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:57:38.28 ID:iPVBBF460
これって弾が体内に残ると
能力が使えなくなるのか

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:01:53.40 ID:MzYh6WD80
麦野「くそ、消し炭にしてやる……! 絹旗、少し下がってて」
絹旗「でも!」
麦野「いいから、巻き込まれたくなかったら素直にどいてな」
絹旗(やっば、麦野超完全にイっちゃってます……)
麦野「一発勝負ぅ? しらねぇなぁ…、さっさと消えろや三下がぁぁぁぁぁぁ!」
絹旗(来る! ……来ない……?)
麦野(は? なんだよこりゃ、撃てない? この程度の痛みで演算が狂ってる訳でもない……、不快な音波も聞こえない……なら何故……!)
絹旗「え……どういう状況ですか……?」
上条「もういいか?」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:03:02.05 ID:864QxbR/0
上条はんイケメン鬼畜

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:06:38.14 ID:MzYh6WD80
絹旗(っ、麦野はどういう訳か能力が使えない……! なら私が…!)
麦野「絹旗、どいてろって……!」
絹旗「そういう訳にもいきません!」
上条「うーん、これはどうしようかなぁ……上条さん、困っちゃいますよ」
絹旗「余裕こいてられるのも今のうちですよ! 私だってレベル4の能力者! 油断さえしなければ私の窒素装甲で!」
上条(うーん、これは>>65だな……)

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:08:14.68 ID:Ve9zpww10
殺る

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:08:15.80 ID:kpoGbh7r0
にげるがかち

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:08:56.38 ID:qsUvqmiU0
腕がはえてそげぶ

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:12:41.91 ID:MzYh6WD80
上条(おや? 上条さんの右腕の様子が……?)
上条「っとその前に、」パシュパシュッ!
絹旗「ッ! あぐ!?」
上条「こんなもんか、よし、銃はもういらないな」
麦野「銃を捨てた!? 一体何のつもりだ!」
上条「ふうぅぅぅ……」ニョキニョキ
絹旗「!?」
麦野「腕が!?」
右腕「やあ」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:15:57.71 ID:MzYh6WD80
絹旗「腕が……生えて……? 肉体回復系の能力者……?」
上条「上条さんはレベル0でしてよ?」
麦野「化け物め……」
上条「さて……!」
上条「お前! 今まで一体何人殺して来たんだ!?」
麦野「はぁ!? 知るかよんなもん!」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:22:44.11 ID:MzYh6WD80
上条「「知るかよ」だと!? 自分でも分からない程殺して来たのか! ふざけるなよ! どんな理由があれ人を殺しちゃ……ましてや楽しみながら殺すなんてあっちゃならないんだ!!」

麦野「ふざけんな! 殺しちゃいけないだって!? 綺麗ごと言ってんじゃねぇよ! 私らに殺されるような人間はな、どうせ殺されても文句も言えないようなゴミ人間なんだよ!」

上条「殺されていい人間なんていない! なんでお前らは陽の当たる世界で生きようとしないんだ! 誰も殺さない!殺されない! そんな世界で生きてみたくはねぇのか!?」

麦野「陽の当たる世界だぁ!? 笑わせるんじゃねぇよ三下ァ!!! お前に私の何が分かる! 陽の当たる世界の住人が、闇の住人の何が分かるって言うんだよぉぉぉぉ!!!」

上条「いいぜ」
上条「てめえが、もう裏の世界から抜け出せないって言うのなら……!」
上条「まずは、そのふざけた幻想をぶち殺す!!!!!」ドグシャァァァァァァア!!!!

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:24:15.56 ID:MzYh6WD80
麦野「」ピクピク
絹旗「」ガクブル
上条「さて」
絹旗「ひっ」
上条「>>73

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:27:01.03 ID:kpoGbh7r0
お前を犯す

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:29:01.95 ID:qsUvqmiU0
かそ

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:31:40.44 ID:HTo5QCJ2O
腹パン

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:31:43.45 ID:g6z3fxCFP
二人ともさっさと始末して次に行くか

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:39:18.99 ID:MzYh6WD80
上条「二人ともさっさと始末して次に行くか」
絹旗「! 超……させません……!」
絹旗(!? 窒素装甲が使えるようになってる!? これなら……)
絹旗「あの銃さえなければああああああ!」
上条「そげぶ!!」
絹旗「!?」ドグシャァァァ
絹旗(なんでなんでなんでなんで!?)
上条「まあ、あの銃さえ気をつければ大丈夫って、そう思うよな」
絹旗「ッ……!!」
上条「まあそれは正解ですよ。『さっきまでは』だけどな。さて、銃を拾ってー、と」
絹旗(痛みで……演算が……!)
上条「じゃあ、な」
絹旗(来る……! 撃たれる……! だけど少し痛みも引いて来た今なら……!)
上条(一応右手で触れとくか)
ピキューイ!
上条「おっと防がれる所だった」
絹旗(なっ、なんで……!)
パシュ! パシュッ!

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:43:08.34 ID:MzYh6WD80
上条「さてと、このアジトからも退散しますかね……」
「おーい麦野ー! 帰ったぞー!」
「はまずら……声おおきい」
上条「!?」
浜面「あれ? 誰もいないの……か!?」
滝壺「!?」

上条「この状況……どうする……逃げるか…戦うか…適当に誤摩化すか…他に何かあれば…」
上条(そうだ……>>78だ!)

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:43:54.04 ID:X2BDP3rJ0
kskst

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:45:01.44 ID:Z3TaiOL10
絹旗をおかす

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:45:06.56 ID:g6z3fxCFP
面倒な事になる前にこいつらもやっちまうか

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:49:57.87 ID:MzYh6WD80
上条(面倒な事になる前にこいつらもやっちまうか)
上条「来てくれ! こっちで麦野さんたちが!!!!」
浜面「!! 麦野!? 絹旗!!! クソッ!!!! 一体誰が……!」
滝壺「はまづら! 後ろ!」
上条「遅い!」パシュパシュ!
浜面「ぐあ!?」
上条「……」パシュパシュパシュ!
上条「こんだけ撃てば大丈夫だろ……」
浜面「」
滝壺「あ……あ……」
上条「さてと、」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:52:52.44 ID:4gdh3vhW0
犯す

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:53:12.78 ID:MzYh6WD80
パシュッ!
滝壺「あ……」ドサッ

滝壺「」

上条「ふぅ……外出よ…」
上条「あーーー、なんだか久々の外って感じだ!」
禁書「とーまー!」
上条「インデックス! 見ててくれたか!? 4人だぞ!」
禁書「見てたんだよ! すごかったんだよ!」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:54:21.37 ID:Z3TaiOL10
犯せよおおおおおお

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:55:13.60 ID:HDYMwyxU0
上条は一体何が目的なんだ……

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:56:06.49 ID:6tNQ6ISs0
テンションたけーな

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:58:00.02 ID:MzYh6WD80
上条「いやー、今日は上条さん流石に疲れましたよ」
禁書「うん! がんばったね! 今日のとーまは最高にかっこよかったかも!!」
上条「うおおおお! インデェーックス!!」
禁書「とーーまーー!」
上条「今日はもう帰ろうぜ、腕も生えて来ちゃったしさ!」
禁書「また病院にいって切ってもらわなきゃいけないかも!」
上条「そうだな! でもそれは明日にしようぜ!」
禁書「うん! 明日も楽しみだね! とーま!」
上条「ああ!!」

おわり

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:58:43.06 ID:g6z3fxCFP
おわりかよwww

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 18:00:01.36 ID:MzYh6WD80
くぅ〜疲れましたw これにて完結です!
実は、何も考えずに初SSスレを立てたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
気まぐれを無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、禁書達のみんなへのメッセジをどぞ

禁書「みんな、見てくれてありがとう
ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

むぎのん「いやーありがと!
私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

吹寄「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

京子「見てくれありがとな!
正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

ほむら「・・・ありがと」ファサ

では、

まどか、さやか、マミ、京子、ほむら、俺「皆さんありがとうございました!」



まどか、さやか、マミ、京子、ほむら「って、なんで俺くんが!?
改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終わり

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 18:01:19.47 ID:Z3TaiOL10
おいww最後まで頑張れよww

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 18:03:31.71 ID:P6cDSPJE0
>>87 改変もっと頑張れwww

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)