5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

モバP「主演 村上巴」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 21:54:53.79 ID:bgFJxKKu0
アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。
以前あげた「主演 北条加蓮」というスレの続きです。
エセの広島弁を使用していることを予めお詫びします。

昨晩同じタイトルでスレを立てましたが、落としてしまい申し訳ありませんでした。
改めてはじめさせていただきます。

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 21:56:32.90 ID:bgFJxKKu0
加蓮「は……あ……あ……あ……っ!」ブルブル

凛「お……ん……ん……ふぁ……あっ!」ガクガク

奈緒「ほあぁ……っ、あ゛、あ゛……っ」ヒクヒク

――END

巴「…………」

桃華「…………」

巴「……のう、おぬしは知っておったか?」

桃華「ええ、はじめから」

巴「……チッ」ガタッ

桃華「お待ちなさい、どちらへ行くつもり?」

巴「決まっとる、Pに落とし前付けさせるんじゃ。おめこの汁啜って生きとるようなバカは、ただじゃあおけん」

桃華「あらあら、穏やかではありませんね」

巴「だーっとれ、アレはうちが見込んだ男じゃったが……買い被っていたんじゃろうか」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 21:58:32.49 ID:f91nXVT90
ほう

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 21:59:31.50 ID:bgFJxKKu0
……バタン

桃華「ウフフ」

桃華「あなたの目に狂いはなくってよ、巴ちゃま」

桃華「でも……主従を、雌雄を勘違いしていらっしゃるのは、頂けないですわ」

桃華「厭なことにならなければ、よいのですけど」



P「突然だったなー。でもどうして地元に来るのに、巴の実家に泊まらなかったんだろう」

P「こんな山奥に旅館なんて……ご実家が懇意にしてるという話だったが、それにしても豪勢だ」クピ

P「酒もちょっと入れすぎたかな――強いぞ、これ」

――スッ

P「おお……」

巴「――待たせたな、P」

P「着替え、持って来て居たのか」

巴「ああ」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:04:08.85 ID:bgFJxKKu0
巴「『畳じゃと、和装の方が落ち着くけえの』」

P「…………?」

P「『なるほどな』……?」

巴「…………」コクン

P「…………」



P「前の華やかな柄のも良かったけど、白一色っていうのも……ん?」クピ

巴「どうかしたかの?」

P「いや……しかし初詣の時も思ったが、あの時の巴もかわいかったよなー。今はもっとかわいいけれどさ」

巴「……」

P「ははっ、どうしたー? いつもならこのあたりで真っ赤になって、『うるさい』とか『黙っとれ』とか言うのになー」ナデナデ

巴「……ッ」ギリッ


            パンッ、

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:07:45.09 ID:bgFJxKKu0
巴「はー、はー、は……っ」

P「いてて……何もはたかなくても」

巴「――黙れ」

P「と、とも」

巴「もう一度だけ言う、黙れ」

P「…………」

巴「かわいい、か。初めて言うてくれたのは、うちと初詣に行った時じゃったな」

巴「うちは……恥ずかしくはあったが、それだけじゃなかった。その時は、何がなんだか分からなかったが――」

巴「あんたとおる内に、その感情が何かわかった。うちがいつもうとうていた、愛だの恋だのの情や」

巴「うちは、あんたと盃を交わそうと思った――そして、契った」

巴「あの時は、わけも分からないままになかされ続けたが――でも、あたたかかった」

P「…………」

巴「かなしいのう」

――コトッ

巴「全て、あんたの策略じゃったとはな」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:08:43.50 ID:he9AG9850
相次ぐ規制でvipの人口減ってるからな
保守に頼らんほうがいいぞ

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:12:04.83 ID:bgFJxKKu0
P「それは……っ!」ガタッ

巴「動くなッ!」

ドスッ

P「……くっ」

巴「ええヤッパじゃろう? うちが十になった時、親父からもろうたんじゃ。普段見せびらかすもんじゃないけえの、光栄に思え」

ギラリッ

巴「まだ話は終っておらん。座らんか」

P「…………」ギシッ

巴「さて――まずは、風呂の隙に勝手に鞄を漁って申し訳なかったの。だがあんた、これはなんだ?」

P「…………」

巴「答えろ」

巴「この注射器と、瓶の中身は何かと聞いとるんだ」

P「…………」

巴「ダンマリか――まあええ、嘘八百聞かされるよりはマシやな。今の表情もカッコええで? 虫も殺さんような優男が、そんな険しい目付きも出来るんやないか」

P「…………」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:18:22.22 ID:bgFJxKKu0
巴「ははっ――そうじゃないと、こんなことも出来んな」

P「……どこまで知っている?」

巴「大方全てじゃ。まったく骨が折れた。周りに感付かれんよう調べるのは。ああ――そう言えば、前にハワイで覗いたところにも似たようなモンがあったのう」

P「……危ない所に出入りしていたんだな。今度からはもっとちゃんと見ておかないと」

巴「はっはっは!! 心配無用じゃ、表通りの茶店でも売っとったし、ガキの小遣いでも買える値じゃった――もっとも」

コンコン

巴「ここまで精製されてなかったがな――それにあの島の、万事に付けて雑なことよ、このシゴトは似つかわしくない」

P「なるほど……土産で買った、という言い訳も潰されてしまったな」

巴「察しがええの。で――自分で使うならまだええ。よくはないが、あんたが真人間に戻るのを待つことも、許すこともできた」

巴「でもな?」

巴「誰に使うた?」

巴「なあ」




巴「なあァ!!!!!!!!!!!!!!」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:21:45.40 ID:bgFJxKKu0
巴「あんたが言えないのならうちが言うてやる!! あんたは、手ずから育てた女たちに打ったッ!!」

巴「さぞや愉しかったろうなァ!! 馬鹿な女がクスリでトチ狂って、信じ切ったあんたに股を開くザマを眺めるんは!!」

巴「目的は知らん――もとい、なんでもええ。カネか情婦か、その両方か」

――パリンッ

巴「これはうちに使うつもりやったのか? 残念やなぁ――末端御幾らのクスリも、畳に零れればただの染み。そして」

ギラッ、

巴「あんたとうちの血も、すぐそこに混じる」

P「……どういうことだ?」

――グイ

巴「喉仏、あまり動かさんがええで? 余計な痛みを与えるのは本意じゃない」

P「…………」

巴「――そうじゃ。うちはあんたを許すことは出来ん。あんたは、幾人も奈落に引き摺り込んだ。そして如何な形であれ、クスリは法度。それが村上の掟――村上だけとも言わんがの」

巴「だがな、仮にも一度愛した男を、身内の恥として処断されるのを見るのも忍びない。たとえどんなに道を踏み外してもな」

――ググッ、

巴「逃げようなんて思うなよ? もう旅館の者はおらん。廃業していたのを買い取り、無理を言って一晩勤めてもらっていたからの」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:27:15.94 ID:bgFJxKKu0
P「……そうか、その左前の白装束は、そういうことか……いい宿だった。残念なのは、朝を迎えられそうにないことだな」

巴「これがうちの情けじゃ。六道は一緒に廻ったる――ちいっと地獄は長そうじゃが―――のっ!!」

ブンッ!!

P「ぐっ――」ヒュッ

巴「くそっ!!」

巴(振り解かれた?!)

P「…………」スチャッ

巴「な」


――ズブッ

巴「きゃ、あ」

巴(……っ、も、もういっぽん、あったじゃと)

巴「あ……ああ………」

巴(く、首筋に……)

巴「かっはぁ……っ、う、あ、あぁ……ぁ?!」ブルブル

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:30:26.94 ID:bgFJxKKu0
ポロ……、カランッ

巴(や、ヤッパが……ちから、が、はいらな……ぁ)ヒクッ

P「はぁー、はぁー、は……っあ!」

ズブッ、グッ、ググッ――、ッグ!!

巴「ふぁぁあ?! あ、くはぁっ?! ぁ……!!」ガクガク

巴(液が、はいって、くるっ!!)

きゅぽん!!

P「はぁっ、はー、はー……っ」

巴「あくっ、う、く、くそった……うっ、あ、あ……」ズルズル

巴(カラダが、壁をずり落ちて……たて、ん……)



P「……瞳孔、開き始めてるな。もうキマってきてるか」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:35:01.94 ID:bgFJxKKu0
早苗「…………」バリバリモグモグ
レナ「…………」バリバリモグモグ
真奈美「…………」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:37:18.56 ID:pgyQxn3H0
桃華はそれでいいのか

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:40:51.18 ID:cnkx5Yygi
だんだん酔っ払ってる設定が無くなって来てるな

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:41:26.88 ID:bgFJxKKu0
巴「あ……え……、な、んや……んんぁ?」ズリッ

巴(いつのまにか、後ろから、抱えられとる……っ)

P「巴……」

さすっ、さすっ、

巴「や、な、あんっ?!」ビクッ

巴(な、なんや……っ? さすられただけで、カラダ、電気はしったみたい、に……ぃ)ヒクヒク

P「綺麗な脚だな……」

しゅりゅっ、すべ、すべすべ……っ

巴「はぁん……っ?! んはっ、んあ……っ!! あっあっあ……っ」ゾクゾクッ

巴(おか、おかし……っ、ゆびが、這い回るゆびが、神経全部逆撫でしとる……っ)

P「これを打つとな、快感が段違いなんだよ。いや、桁違いと言ってもいい。理性や誇りは簡単に吹き飛び、唯々快楽を享受するだけの動物に成り下がる」

さす……さす、すべすべ、さすさすさすさす……っ

巴「ほく……ぅ、うぁ、あんっ、や、やめ……ぇ!!」フルフル

じゅく……、

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:47:23.15 ID:bgFJxKKu0
P「内腿を撫でられているだけなのに、気を遣ってしまいそうな程だろ。肌もしっとりして、吸いついてきてるぞ、巴」

巴「ふざけ……っ、かはーっ、はーっはーぁ……はぁーはーっ、ざけん、なぁ……はーっはーはーはーはーっ」ヒクッ

巴(こきゅうが……しんぞうのうごきに、おいつかん……っ)

じゅくっ、じゅん……っ、

P「お前の言う通りさ。誰も彼も、このクスリを打てばすぐにヨガり狂って俺に抱かれた。身を以て知るといい」

さすっ、さす……もにゅっ、むぬっ、むにゅ……ぷにゅ……ぅ、

巴「きもちよく、なんか……ぁ、んはぁぁ!! あぅ、うっ!!!!」

巴(カラダの中で……血がたぎって……ぇ、さわってくるところぉ、ビンカン、に……っ)

P「愛してるぞ、巴」

……ぺろっ

巴「んきゃうっ?!!!!!!!!!」ゾクゾク

じゅくぅぅぅぅ……っ、

巴(あ、あたまのなか、ひかり、はしった……ぁ?)

巴「あ」

巴(ひかりが……てんめつしてぇ……、むねんなか、おりてくる……っ)

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:53:00.82 ID:bgFJxKKu0
巴「あい、あいして」ゾクッ

巴「あいして、る……?」ゾクゾク

じゅんじゅん、じゅんじゅんじゅん……っ、

P「ほら……顔、うしろむいて、巴」

巴「うちのこと、あいして、ん……っ」

ちゅっ――

巴(接吻……んっ、からめ、とられる……っ)

むちゅっ、じゅぽっ、ぢゅっぢゅっ、

巴「……あむっ、んちゅっ、んみゅぅ……ちゅぱっ、ぢゅぱ……ぁ、P、P、……ンんンん〜〜っ!!」ビクンビクン

P「……やっと、呼んでくれたな」

巴「んふぁ、ああ……え、えっ?」

P「俺の名前だよ、巴」

ちゅぱっ

巴「んあ……、ああ……っ!!」ゾクッ

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:58:06.62 ID:bgFJxKKu0
P「突き放された様で寂しかったよ、巴」チュッ

じゅぽじゅぽっ、むちゅっ、れるれるれろっ、むちゅっ、むちゅぅぅぅぅぅぅぅぅ……っ

巴「か、かってなぁ……ん、こと、んんんっ、んちゅ、んちゅっちゅっ、んふ〜〜〜っ?! あふぁ……ぁぁぁ」

巴(そ、そうじゃ……たぁ、うち、Pのこと、キライにならんとっておもって……ぇ、で、でも……)フルフル

巴「んふぁああ、あんむ、ちゅぅっ、れろぉ、んちゅぅぅぅぅ……あんっ!! んっ!!」ギュー

巴(ら、りゃめなんじゃぁ、うち、うち……ぃ、Pのことがあふれて、とまらんのじゃぁ……)

P「クスリはな、心に大きく作用するんだ。相手のことが愛おしくなれば、それだけ身体も感じやすくなる……ん」チュッ

ちゅ、ちゅうぅぅぅぅ……れろっ、はむっ、きゅるきゅる……っ

巴「な……あんっ、んっ……!! ちゅぱっ、んちゅぅ……ぅあ……っ!! みみぃ、なめる、なぁ……」ゾクゾク

巴(ベロが……い、いや、こえが、いきが……ぁ、ふれるだけ、で……せつのうなるぅ!!)

しゅる……っ

P「巴……乳首、こんなにかたくして……巴、ともえ」

巴「よ、よぶ、よぶなぁ……んあっ!! うちのなま、えぇ、よばれたら……ぁ!! んちゅっ、ちゅうぅぅっ」

巴(こ、んなのぉ……おか、おかし、いっ、なんで……っ、こんな、かんじるんじゃ……あ!!)

こりゅこりゅ、きゅむっ、きゅっきゅっきゅっきゅっ、

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:02:46.91 ID:bgFJxKKu0
ぐじゅっ、ぐじゅじゅっ、じゅぷっじゅぷっ、

P「股ぐらも、洪水じみてるな。あんまり耕す必要もなさそうだが――指に纏わりつくこの感覚、クセになりそうだ」

ずぷっ、

巴「やめ――っ、ら、らめになる……っ、やめりょ、やめ――」

じゅっじゅっじゅっじゅっじゅっぷぅぅぅぅ、

巴「ふうぁぁああ?! あんふっ、ううふぁああっ、んああああ……っ!!」

びくんっ!!

びくっ、びくっ!!

びくっびくっびくっびく…………っ!!!!

巴「んあっ!! あっ!! あっ!! あんあっあっあ――あああああああああ!!」

巴(あ―――――――だめ――――)

びくっ、びくぅぅぅ……っ、



巴(――――だめに――――なった―――――ぁ)

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:07:28.24 ID:1bNr13sy0
ごくり

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:08:16.99 ID:bgFJxKKu0
ぴゅぴゅっ、ぴゅっ

ひくっ、ひくひくっ、

P「」



巴(―――――――――――――――なんや、これ――――――ぇ)

P「」


ぴゅ――――


巴(うちが―――――――カラダ、とけて―――――――)

P「」


巴(けしきも―――――とけて、めのなかで、うずまいとる―――――)


巴(―――――――――――――きれい、じゃ)

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:09:18.33 ID:VBY5/NkY0
やっぱりPには勝てなかったよ…

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:10:12.90 ID:DlJ0VD7a0
空きれいになってまうで

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:11:23.09 ID:xAPdGJcWP
じゅんじゅん、じゅんじゅんじゅん……っ、
むちゅっ、じゅぽっ、ぢゅっぢゅっ、
じゅぽじゅぽっ、むちゅっ、れるれるれろっ、むちゅっ、むちゅぅぅぅぅぅぅぅぅ……っ
ちゅ、ちゅうぅぅぅぅ……れろっ、はむっ、きゅるきゅる……っ
こりゅこりゅ、きゅむっ、きゅっきゅっきゅっきゅっ、
ぐじゅっ、ぐじゅじゅっ、じゅぷっじゅぷっ、
じゅっじゅっじゅっじゅっじゅっぷぅぅぅぅ、
びくんっ!!
びくっ、びくっ!!
びくっびくっびくっびく…………っ!!!!
ぴゅぴゅっ、ぴゅっ
ひくっ、ひくひくっ、
ぴゅ――――

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:15:11.89 ID:bgFJxKKu0
巴(―――――――ぁ)


P「」


とろ、とろ……ぉ

ひくひくっ、ひくっ、ひくひくひくっ、



巴(―――――よるみたいや―――――なんも――――きこえ、な―――――)



P「」

ひく――っ、ひく……っ

巴「あう、あ、あ――――――?」

巴(――カラダ……うきあがって、きた……ぁ?)




P「……」

巴(あ――うち、い、イシキ、とんで、アタマ、まっしろになってた……?)

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:20:08.54 ID:bgFJxKKu0
巴(こんなの、うち、しらん……)

ひく、ひく……っ、

巴(こんなかんかく、うち、しらん……)

――カチャカチャ

――ズルッ、

――くぱぁ



P「――戻ってきたか」

巴「――――ふぁ、あ?」

巴(うち……組み敷かれて、ゆび、絡められて……ぇ?)

P「白い肌に浮かんだ刺青、いつ見ても綺麗だな」

巴(ああ……帯ほどかれて、股……おっぴろげて、はしたないの……ぉ)

巴(そういえば、うち……なにを)

――ぴとっ

P「俺も――残りのクスリを打った。一緒にトぼう、巴」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:24:57.14 ID:FRZtsZr20


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:28:07.14 ID:bgFJxKKu0
巴(はいって―――きたぁぁ……!! ハラ、やぶれる……っ!!)

巴「あかっ―――――はっ、くぁぁぁぁぁぁ……?!」ビクッビクッ

P「流石に狭いが……しゃぶり付いてきて、いい反応だよ、巴」

じゅぽっ!! ずちゅっ!! ずちゅっずちゅっ!! じゅちゅじゅちゅっじゅちゅじゅちゅじゅちゅ!!

巴「ほあっ?! あっ!! やぁんああっ!! あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ!!」ビクンビクン

巴(い、いきなり突かれたらぁ……おかし、おかしなるっ!! うちのナカ、Pのでぐちゃぐちゃにかきまぜられて、カタチ、けずられよるぅぅぅ!!)

ずぷっずぷずぷ、ずぷっずぷっずぷっずぷっううううう、

巴「やぁ!! うっ、うっぐぅ〜〜〜〜〜〜〜っ?!」ジュルッ

巴(た、耐えな、こらえ……っ!!)

巴「は――っ、は――っ、は――っ、は――っ、は――――」ブルブル

P「ふは――っ、奥も狭すぎて、すぐに子宮口まで叩けちゃうな――巴の肉が、妊娠しようって必死で俺のを絞ってる」

巴「は――んぐぁっ?! う、うそじゃうそじゃあ!! そんな……んあっ、あ゛っ!! あ゛あ゛!!」

ごぢゅごぢゅっ、ごちゅごちゅごちゅごちゅっ、ぢゅっ! 

巴「きゃぅ?!」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:31:54.00 ID:bgFJxKKu0
ぢゅっ!!

ぢゅっ!!

ぢゅっ!!

ぢゅぶっ!!

巴「うあ゛っ!! あ゛っ!! きゃっ!!! やあああああ!!!!!」ビクビクッ

巴(おく……ぅ、おしこまれてっ、しきゅーが、けーれんしとるぅっ!!)

じゅぎゅっ、ずぐゅずぐゅ、ごりゅぐりゅごりゅぐりゅごりゅっ、

巴「くぁ――っ?! あかっ、はぁっ、あっはっあっむ、んちゅっ、ずゅぱ、れろぉ………んっん〜〜っ?!」

巴(くちづけながらハメられてぇ……アタマ、あまく煮詰まって、こしのおく、やききれるぅっ――カラダんなか、ひきつる……ぅ!!)ポロッ

P「……ぷはっ、泣くほどイキまくってる……完全にクスリ極まっているからか」

巴(ないて……うち、ないておるんか……ぁ)ポタッ

じゅぷっじゅぷっ、じゅっぷじゅっぷじゅっぷじゅぷっ、

巴「おほうっ?! うなっ、にゃっ、あ!! あっ!! あんっ!!!」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:32:35.11 ID:hhkxLcYI0
早苗さんこいつです

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:35:21.67 ID:bgFJxKKu0
巴(でも、こんな、とめんと、だめなのにぃ……しかたないんじゃ……ぁ)ポタッポタッ

巴「んんっ、んちゅっ、ぢゅぽっ、んなぁ、あっあっん!! んちゅぅぅぅぅぅ……」

巴(Pに抱かれて、つらぬかれて……ぇ、しあわせなんじゃ……!! おんなの想い、とめられないんじゃ………ぁ!!!!)ポロポロ

ぱんぱん、ぱんぱん、ぱんぱん、ぱんぱんぱんぱん、

巴「あ、う、ぐすっ、うううううううぁ!!!」ボロボロ

はむっ、

こりゅこりゅ、れろぉ……かりっ、こりこりこり……がぷっ、、

巴「あんっ?! やめ、あうっ!! む、むね、噛むなぁあううあああっ!! あ゛んんんん!!!」

巴(だめじゃ……ぁ、くみしかれて、ウエもシタもすきほうだいにいじられて、シビれてぇ……!! ひばなっ、ちるっ!!)

P「……っぅ、巴、そろそろイくぞ、巴のナカ、いっぱいにしてやるぞ。は――っ」

ぱちゅんぱちゅんぱちゅんぱちゅんぱちゅんぱちゅんぱちゅんぱちゅんっ!!

巴「ほああっ?! だ、りゃめじゃっ!! ナカは、膣内はりゃめぇっ!! し、じぬっ!! しんで……っい゛い゛っい゛っあ゛っ!!!!」ビクビクッ

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:41:58.24 ID:bgFJxKKu0
巴(は、はげしすぎるぅぅぅぅ……!! いま、あついの、ナカにかけられたらぁ……ぁ、とけるっ!! ほどけるっ!!!)

かりかりかりかりかりかりかりかりかり――

――ぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷぬぷ、

巴「んぐっ、う?! あんっあんあっあっあっあっあっあっあっあっあっあっあっあっあっあっあ――――」ガクガク

巴(ひきぬかれて、おしこまれてぇ……カラダが、にくが、すいついて、カッテにきもちよくなりよるぅぅぅ……っ!!)

――――こちゅん!!

巴「ふぎゃっあ?!」ブルルッ

巴(じゅ、じゅーこーおしつけられて……しきゅーのナカっ、うたれるっ! あかんぼのタネ、うちこまれるっ!!!!)

こちゅんこちゅんこちゅんこちゅん――ごちゅんごちゅんごちゅんごちゅんごちゅんごちゅんごちゅんごちゅんごちゅんっ!!!!

巴「んんっ、ん゛っ! ん゛! ん゛じゅぱっ、んぢゅ……ん゛っん゛ん゛〜〜〜!!!!」トロトロ

巴(だめじゃぁ……おく、こづかれても……した、からめとられて、くちづけされたらぁ……ていこう、できな……っ!!)

巴(こし、おさえつけられてぇ――ナカに、ナマ出し……ぃ)ガシッ

ずりゅ――

ぱちゅ!!!!!

巴「んあ゛っ」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:47:39.34 ID:/gXNfb9j0
支援

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:48:39.25 ID:bgFJxKKu0
ぱちゅんんんんんっ!!

巴「―――っ、あ」ヒクッ…

どぷっ、

ごぷごぷごぷごぷごぷっっっっっっっ!


巴「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!!!!」ガクガクガクガクッ


P「ぐっ……」ギュッ

巴「――――――――っ、―――――――――――――――――」ガクガクッガク

ごぷぐぷっ、ぐぷ〜〜、ぐぷ〜〜ぐぷ〜〜〜ぐぷ〜〜〜っ!!

ぐぷ〜、どぷどぷ……っ、とぷとぷとぷとぷとぷとぷとぷとぷとぷっ、

巴(――――――――――――――――――――――――――――――――――ぁ)パクパク

びくびゅくっ、びゅくんびゅくっびゅくっびゅくっびゅくっ

巴「ほぁ――――――――う゛、う゛、あ゛、あ゛、あ゛、あ…………」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:51:08.72 ID:pgyQxn3H0
開き直ったのか

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:56:29.37 ID:xoGqUgKji
しえ

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:57:50.72 ID:bgFJxKKu0
……とょろっ

巴「あ、はあ、ああああああ――――――」ブルッ


とょろとょろとょろとろとろ…………


P「は……っ、どうだ、ともえぇ……ぜー、ぜー、クスリを使った交尾は――はーっ、っく」

とろとろ……ぼたっ、ぼたっぼたっ、ぼたぁ……

巴「こひゅ――――っ、こひゅ―――――っ、ひゅ―――――っ………………ぅ――」ビクッ……ビクッ

P「腕も足も、俺のカラダに巻き付けたまま……気を失ったか、無理もない、この体格差で、全力で抑え込まなきゃいけないくらい痙攣してたからな」

巴「こひゅ――――っ、は……んっ――――――――――――、けほっ、こほ……っ」

P「俺も――そろそろ、駄目だな。もう――ガマンできそうにない。お互い、致死量のクスリだった」

巴「ふ――――っ、は―――っ、は――ぁ、は……」

P「巴が俺と死ぬか、それとも、俺が巴と死ぬか……」


P「心中劇の結末は……どうなるんだろうな」ギュッ

巴「あ……」ギュゥ

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:04:47.98 ID:htBLf8CY0
ぱんぱん、ぱんぱんぱんぱんっ、

「あん――っ、あっ、あっ、あ―――――――っ」

(うち、どれくらいのあいだ、こうしてるんじゃろう?)

ぱちゅぱちゅっ、ぱちゅんぱちゅんぱちゅん、

「ほあっ、あ――あんっ、あ――――っ、あ――――っ」

(おなかのなかで、ぴぃ(P)のがぐるぐるうごいて――そのたび、こしがとろけて、だらしないこえが、でてしまうんじゃ――)

こちゅっこちゅっこちゅっこちゅっ、こちゅこちゅこちゅこちゅ、

「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」

(あったかくて、きもちよくて――でも、うでをうしろにひっぱられてこしをうちつけられるのはくるしいし――ぴぃのかおがみえないのは、さみしいのう)

どぷー、どぷーどぷー、どぷ……っ、

「あ〜〜〜〜〜っ、ああ〜〜〜〜〜〜〜〜っ」

(また――ぴぃが、うちのなか、こちゅこちゅってたたいて、おなかのなかに、ねばねばだしとる――もうおなか、はちきれそうじゃ――)

「は――、は――、は――、は――ぁ……」

(おなかにだされたら、きもちよすぎて、ちからがぬけてしまうんじゃ――)

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:06:31.18 ID:Xmif/CeD0
あぁ^〜気持ちいいんじゃ^〜

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:08:21.47 ID:htBLf8CY0
ぷにっ、もにゅもにゅっ、ぷにゅっ、ぷにゅぷにゅっ、

「あうっ、うっ、ん―――、あ――――っ、あっあっあ……っ」

(うで、はなされて、たおれそうになったけど……ぴぃ、うちのおっぱい、うしろからかかえて、ぷにぷにしてきた)

ぷにゅ……こりっ、こりこり、ぎゅー、ぎゅぎゅっ、ぎゅ――っ、

「んはっ、んっんっんっ、きゃあっ、あん、あ――、ひぅっ、う……」

(さきっぽ、ぎゅーってされたら、びりびりして……うちも、おなかのなかのぴぃを、いっぱいぎゅーってしてしまうんじゃ)

(うちは、ぎゅーってされて、ちょっといたいけどすきじゃけど、うちのおっぱい、ちっちゃいから、ぴぃ、がっかりしてないじゃろか)

「ふぁ、あ――――っ、あ、ぴぃ、ぴぃ――――んちゅっ、ちゅぱ、ちゅっちゅっ、ふぅ――ちゅうっ」

(ぴぃが、うちをだっこしてくれた。ぴぃのかおがみえて、ちゅうできて……うちはいちばん、これがすきじゃ……)

「あふんっ、んっんっんっんっ、ん―――――――っ、ん――――――――っ」

(ちゅーってしながら、ぴぃがこちゅこちゅして、うちもあわせてぴぃをぎゅぎゅってして……あしも、うでも、ぴぃにからめて)

「んんっ、あっ、あ〜〜〜〜〜っ、あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ」

(うちのいちばんふかいところで……ぴぃが、どぷーって)

「あ…………………………っ」

(した、ら……すごく、ねむく、なるんじゃ)

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:13:12.86 ID:eRldDXbU0
はよ

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:13:20.37 ID:htBLf8CY0
「…………………………」

(おっこちるみたいに……ねむくなるんじゃ)

(なにか……たいせつで、かなしいこと……を、おもいだしそうになるけど)

(しずかで、らくで……うちとぴぃだけが……いるところへ……)

(おっこちる…………みたいに)


―――――――――××ヵ月後

ガチャ……

P「ふーっ……ただいま」

――――――――――――とてとてとてとてとてっ、

巴「……ぐすっ、どこにいっとったんじゃぁ……」ベソベソ

P「ごめんなともえ、ちょっと買い物だよ」ナデナデ

巴「んっ……うち、うち、おきたら、ぴぃ(P)がいなくてっ、うっ、ぐすっ、ふぇぇ……」モジモジ

P「もう、ともえは甘えんぼだな」


P「もうすぐおかあさんになるのに」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:17:49.69 ID:htBLf8CY0
巴「……っ、う、ひっくっ、うう……」ギュー

P「ほらほら泣くな、あんまり強く抱きつくと、あかちゃんびっくりしちゃうぞ……それで」

巴「んん……」ギュー

P「いったいどうしたのかな? そんなにモジモジして」

巴「あ……っ、う……」モジモジ

P「おなかすいたのか?」

巴「…………」ブンブン

P「おしっこ?」

巴「…………」ブンブン

P「もしかして」ペラッ

ぬちゅ……

巴「ひゃぅ……っ」

P「こまったおかあさんだな。あかちゃんがいるのに、ずっとあかちゃんのおへやのとこ、ひとりでいじってたんだな?」

巴「う、うち……さみしくて、ぴぃのことかんがえてたら、う、ううぅ……」ギュー

P「……」ギュッ

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:20:14.69 ID:htBLf8CY0
ぱちゅんぱちゅん!!

巴「あんっ、ぴぃ、ぴぃ!!」ビクッビクッ

P「おお……もうワンピースの上からでも、だいぶ目立ってきたな、ともえのおなか」

ぱちゅんぱちゅん!!

巴「んっ!! ぴぃのおうまさんっ、もっと、もっとはねてぇっ!!」

P「……おっぱいもふくらんできて、おっ、ちょっと母乳出してるな」

ちゅぱちゅぱっ……じゅぅぅぅぅ!!

巴「んあああっ!! ぴ、ぴぃのいぢわるっ、それ、あかちゃんのみるく!! んっんっあ!!」

P「ぷは……っぐ、それじゃ俺も、あかちゃんにミルク、あげるからなっ」

どぷ、

巴「ひゃぁあんっ!!」ビクン!!

どぷーどぷーどぷーどぷー、

巴「ひあ……っ、ぴぃの、おちんちん、うちのなかであばれて、あつい……ぃ」ビクッ……ビクッ

巴「ぴぃ……ぴぃ……」

巴「しゅきや……ぴぃ…………」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:24:02.78 ID:htBLf8CY0
桃華「……ようやく戻ってきましたわね、待ちくたびれましたわ」

P「すまないな……また巴がぐずって」

桃華「ふぅん……おこちゃまはいいですわね、何の苦労も無く構ってもらえて」

P「そんなこと――」

桃華「あらあら? ひとり永らえ、心中相手をあんな風にした張本人が、随分と威勢のいいこと」

P「ぐっ……」

桃華「わたくしの密偵が村上の別荘を探っていなければ、二人仲良く召されていたのでしょうけど」

P「…………」

桃華「うふ……まあいいですわ。お人形ひとり置くくらい、櫻井の家では造作もございません。でも」

しゅる――――ふぁさっ、

桃華「お人形遊びばかりされては、些か心配ですわ――さ、Pちゃま」

くぱぁ……

桃華「お注射は、適量でおねがいしますの」ニタァ

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:24:54.45 ID:vkpAkARR0
しえ

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:27:22.74 ID:htBLf8CY0
レナ「…………」クピ

真奈美「…………」クイッ

早苗「…………」グビッ

早苗「けっこーエグい内容ねー」ポリポリ

レナ「『脚本:荒木比奈』だって」モグモグ

早苗「比奈ちゃんこーいうのも描くんだねー」

レナ「表現の幅を広げる的な?」

早苗「……最近さー、ちょっと年齢層低めじゃない?」

レナ「そうよねー。あ、ねえねえ、あの注射器っておもちゃ?」

真奈美「駄菓子屋によくあったな。水あめが入っているやつだ」

早苗「うわっ、懐かし。んでもってP君もノリノリよねぇ」

レナ「まあ、酔ってるか否かで、ドSかSかの違いだけどね。んー……これは『借り』、かな」モジモジ

早苗「ちょっ、ズルくない?」

レナ「早い者勝ち〜」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:36:08.32 ID:htBLf8CY0
早苗「むむ……。そういえば桃華ちゃんも、この配役でよく満足したわね」

レナ「あっ、はいはーい!! きっとこの後、下克上されるんじゃない? で、もーこれでもかっていうくらいあの幼いカラダに……」ゴクリ

早苗「甘々なのはノンアルでやってたからねぇ……あのさ。ホントならさ、P君これもあれもそれもどれも即タイホレベルなんだけどー」

レナ「うんうん」

早苗「オトナの魅力を改めて思い知らせて、改心させてからでも遅くないと思わない?」

レナ「……チャンスを与えてあげる度量も、オトナならでは、よね?」

早苗「そゆことそゆこと♪」グビー

レナ「ウフフ♪」クピー

真奈美「……勝てる未来が見えないな」クイー

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:42:22.90 ID:htBLf8CY0
〜〜〜〜NGシーン〜〜〜〜

巴「――だがあんた、これはなんだ?」

P「……ええと」


P「これはただのビタミン剤じゃ」

巴「Pうそをつけっ」


P「……ちがうな、なんだっけ?」ポケー

巴「……ここはカットじゃのう」

P「ノリで合わせてるが……貸してくれた漫画の通りやってるんだよな?」

巴「お、おう……」プイッ

P「……にんしんしちゃうの?」

巴「……詰め物じゃ」

――ひしっ

P「本気でいくぞ?」

巴「……望む、ところじゃ」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:46:42.03 ID:htBLf8CY0
――了


……Pさん

……Pさん、Pさぁん

まゆ「ふふ……Pさんったらぁ」

智絵里「えへへ、Pさん……えへ」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:51:23.87 ID:htBLf8CY0
これで終了です。
昨日から支援して下さった方、保守してくださった方、読んでくださった方、ありがとうございました。

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:52:08.23 ID:Nupt86lF0

次は早苗さんオナシャス!

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:54:28.80 ID:nE7d6k0w0
純潔を散らされる鷺沢さんが読みたい

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)