5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

佐天「吸血鬼を召喚し使役する能力かぁ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:46:22.94 ID:OlVElI3f0
初春「……ずいぶん変わった能力ですね」

佐天「吸血鬼って、なんかすごくない!?」

黒子「この学園都市で、非常識な能力ですわね」

初春「うーん、何かの比喩でしょうか?」

佐天「吸血鬼かぁ、なんだかわくわくするわね!」キラキラ

黒子「ばっかばかしい。そんなの都市伝説に決まってますわ」

佐天「そんなー」ガッカリ

黒子「だったら、実際に使ってみたらどうでしょうか?」

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 01:53:10.11 ID:V16Gr/cW0
てか一対一で真っ向から旦那に勝てるやつなんていんの?

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 01:54:30.39 ID:OlVElI3f0
一方通行の目の前に絶望が広がる。
こいつは本物の化物だ。
もう演算も糞もない。
ただただ、一方通行は怯えていた。
今まで忘れていた恐怖を、思い出していた。

アーカード「ほう、貴様……」

アーカードが何かに気付いた。

アーカード「天使の、いや、天使の偽姿をその身に宿すか」

アーカード「なるほど。貴様のその能力もそれならば頷ける」

アーカード「だがこれではっきりした。貴様では私を倒せない」

アーカード「私を倒すのは、倒していいのは……」

佐天「待って!」

アーカードと一方通行の間に、割って入る者がいた。
佐天だ。

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 01:56:54.95 ID:OlVElI3f0
アーカード「……」

佐天「もういいです!もういいんです!」

佐天「どうかこの人を、見逃してあげてください!」

眼前の少女は怯えていた。
しかし、その双眸はしっかりと見開かれ、アーカードを捉えていた。

アーカード「どけ」

佐天「どきません!」

アーカード「これが闘争の契約だ」

アーカード「何者かを打ち倒しに来た者は、何者かに打ち倒されなければならん」

佐天「そんなの知りません!」

佐天「どうしても闘うというのなら、私が相手になります!」

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 01:57:36.68 ID:c6WYeQ7a0
>>102
確かに同じナチの残党だがDies iraeじゃなくヘルシングの方だ

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 01:58:23.93 ID:OlVElI3f0
アーカード「……ふん」

アーカードが踵を返す。

佐天「アーカードさん……」

アーカード「走狗は飼い主を噛まん。好きにしろ」

アーカード「……いいのかもしれない。お前のようなものがいても」

佐天「アーカードさん……」

佐天の顔に安堵がにじむ。

上条「おい、あんた……」

見ると、両脇を2人の少女に支えられて、少年が立っていた。

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:00:13.19 ID:OlVElI3f0
上条「助けてもらったみたいだな。礼を言うぜ」

アーカード「……!」

吸血鬼の眼が見開かれる。

アーカード「幻想殺しか。まさかここで、こんなものに出会えるとはな」

上条「あんた、これを知ってるのか?」

アーカード「小僧、名を何と言う」

上条「上条当麻だ。あんた、吸血鬼か?」

アーカード「ふふ、だったらどうする」

上条「どうもしない。俺には興味もない。ただ」

少年の表情が険しくなる。

上条「あんたが俺や俺の仲間の敵になるってんなら、容赦はしない」

アーカード「くくく、楽しみにしておこう、”機械仕掛けの神(デウス・エクス・マキーナ)”よ」

上条「え?」

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:01:47.93 ID:aKgtA48u0
アーカードさんなんで幻想殺し知ってんだ

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:02:43.20 ID:1Q73Le4A0
>>111
ssにそれは野暮ってものだよ。

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:03:19.17 ID:OlVElI3f0
アーカード「だがお前では私を倒せない」

アーカード「お前のような、”人々の願った英雄”ではな」

上条「……どういうことだ?」

アーカード「化け物を倒すのはいつだって人間だ」

アーカード「英雄や機械仕掛けの神の如き、自動存在ではない」

アーカード「人間でなくちゃあならないのだ」

上条「?」

アーカード「お前は不幸になる」

上条「もう十分すぎるほど不幸ですよ……」

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:04:56.59 ID:OlVElI3f0
アーカード「これから先、お前を待っているのは血塗られた運命だけだ」

アーカード「その中でお前は闘い続ける」

アーカード「それがお前の宿命だ」

上条「よく分かんねーけど、ひとつだけはっきりさせておくぜ」

上条「宿命だか運命だか知らねぇが、そんなもの、俺が全部ぶち殺してやるぜ」

少年は拳を突き出す。
吸血鬼は笑う。

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:06:33.99 ID:OlVElI3f0
アーカード「帰るぞ、涙子」

佐天「あ、ちょっと、待って下さいよ!」

佐天「みんな怪我してるんですよ!」

アーカード「知らん」スタスタ

佐天「この、一方通行さんはどうするんです?」

アーカード「奴の能力なら、千切れた手足を繋ぎとめることもできよう」スタスタ

佐天「そんな無責任な……」

御坂「佐天さん!」

御坂が呼び止める。

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:08:22.32 ID:OlVElI3f0
佐天「御坂さん、大丈夫ですか!?」

御坂「私たちは平気。佐天さん」

佐天「な、なんですか?」

御坂「ありがとう」

佐天「そんな、私何も……」

御坂「そんなことないよ。本当に、ありがとう……」

佐天「そんなお礼なんてー。あははははー」

佐天「わ、私、もう行きますね!邪魔みたいですし!」

御坂「ちょ!ちょっとこれはそんなんじゃ!///」ビリビリ

上条「うわ痛ぇ!何しやがるビリビリ!」

御坂「うっさいわねー!支えてあげてるんだからありがたく思いなさいよね!」

ミサカ妹「お姉さま、照れ隠しは良くないですとミサカは」

御坂「あんたは黙ってなさいよ!」ビリビリ

上条「不幸だー!」

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:10:03.13 ID:OlVElI3f0
帰り道

佐天「って、あれ?」

佐天「アーカードさん、そう言えばさっき、私を名前で呼びませんでした?」

アーカード「ふん、小娘が」

佐天「ひっどーい!私にはちゃんと佐天涙子って立派な名前が」

アーカード「五月蠅い。お前なんかただの娘で十分だ」

アーカード(そう、ただの娘で十分だ)

死人が舞い地獄が歌う、死の世界
自分はそこで生きてきた。
そんなものとは無縁の、無垢な少女
ただの娘

アーカード(永い間、忘れていた)

アーカード(これもまた人間の姿なのだ)

アーカード(闘争も戦争も知らない、何も知らない、なんと甘美で暖かな……)

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:10:38.53 ID:lhDuyGSc0
そして放置される一方さん

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:11:30.12 ID:OlVElI3f0
深夜、佐天の部屋

佐天「今日はなんだか疲れてしまいました〜」

ベッドに入り、少女が笑う。
吸血鬼は、それを見つめる。

佐天「アーカードさん」

アーカード「どうした」

佐天「眠るまで、手を握っててください」

佐天「命令ですっ」

にっこりと佐天が微笑む。

アーカード「ヤー、マイマスター」

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:13:34.40 ID:OlVElI3f0
眠る佐天を見つめる。
その首筋を見つめる。

アーカード「……」

佐天「って、何やってるんですかああああああ!!!」

バキーン

佐天「もう!乙女の血を吸おうとするなんて、信じらんない!」

アーカード「く、ははは」

アーカード「お前は本当にいい女だ。血を吸いたくなる」

佐天「もう///」

アーカードが佐天の手を包む。

アーカード「おやすみ、お嬢さん(フロイライン)」

佐天「おやすみなさい、アーカードさん」

アーカード「ああ、おやすみ。涙子」

少女が眠る。
夢を見る。

そう、すべては夢。

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:15:12.15 ID:rkZGh90Fi
「私の出番……」

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:15:26.22 ID:OlVElI3f0
朝、佐天の部屋

佐天「ん〜、よく寝た!」

佐天「今朝はなんだか調子がいいぞ〜」

佐天「あれ?こんなとこ怪我してる」

指先の怪我をじっと見つめる佐天。

佐天「なんだっけ、何か大事な……」

佐天「うーん、忘れた!」

少女の1日が始まる。

いつもどおりの、平和な日常が。

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:16:38.51 ID:OlVElI3f0
2030年、ロンドン

アーカード「……」

セラス「あ、やっと起きましたね、マスター」

アーカード「セラスか……」

セラス「椅子の上で眠れるなんて、本当に器用ですね」

セラス「これも吸血鬼の力?」

アーカード「……」

セラス「もー、寝ぼけてないで手伝ってください」

セラス「さっきインテグラ様から命令で、中東のテロリストぶっ殺して来いーだとか、」

セラス「異教徒殲滅して来いーだとか言われたんですから」

セラス「本当に、人使いが荒いですよ。だから小ジワが……」

インテグラ「聞こえてるぞ、セラス」

セラス「ギャー!銃を向けないで!銀の弾丸装填しないで!ギャー!」

アーカード「相変わらず、騒々しい連中だ」

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:17:00.68 ID:vUrdz+G70
次れみりゃでオナシャス!

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:17:55.80 ID:OlVElI3f0
インテグラ「ん?どうしたアーカード」

アーカード「何がだ?」

インテグラ「ずいぶん上機嫌だな。良い夢でも見たのか」

セラス「へー、どんな夢見たんですか、マスター。ちなみに私はですねー」

インテグラ「お前の話は聞いとらん」

セラス「うう、ひどい……」

アーカード「……」

インテグラ「何をニヤけている、気持ち悪い」

アーカード「ふん、なんでもないさ、お嬢さん」

立ち上がり、インテグラの前に跪く。

アーカード「オーダーを。我が主」


END

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:18:59.33 ID:J6ybBJuK0
>>1乙 吸血鬼のキャラクターからランダムで使役出来るってことなんだな


また佐天さん旦那に会えるといいね

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:19:13.61 ID:MUvMfqHbi
■■「私は?」

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:19:40.71 ID:QviFStCR0
乙乙!

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:21:52.25 ID:EMrivbPQ0
一方さん手足もげたうえにこのあと脳もやられるなんて

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:21:57.68 ID:OlVElI3f0
スレ建てる時間を間違えた
こんな犬の糞のような駄文を読むなんて、あなたたちヒマ人ね!

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:22:43.00 ID:J6ybBJuK0
いやこの時間帯の方が荒れにくいからよかったかも

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:24:21.32 ID:V16Gr/cW0
犬の糞って...ここは便所の落書きだぜ?
便器の中くらい観察してもいいだろうが(暴論)

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:24:32.16 ID:bSQnWZ4B0
>>1乙!!!!

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:24:46.40 ID:Ux3+55FJ0


次はDIOでお願いします

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:25:13.63 ID:OlVElI3f0
なんか姫神好きな奴が多いっぽいのが申し訳ない
でも姫神ってあれじゃん
あれじゃん、あれ

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:25:34.71 ID:F5lyIsxP0
吸血鬼ブレイカーって居ましたよね?確か

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:26:51.27 ID:EMrivbPQ0
姫神吸って死ぬなら旦那満足なのか?異能だから駄目なのかな

138 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】(1+0:15) :2013/09/05(木) 02:27:52.42 ID:brqhbr630
次はジロウを

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:29:01.38 ID:MUvMfqHbi
一回吸えば死ぬのか命のストック分吸わないと死なないのか

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:30:11.63 ID:OlVElI3f0
佐天さんが吸血鬼キャラ召喚しまくるってのも面白そうだな
誰か書け

俺は寝る

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:33:36.06 ID:bEzNS9CL0
おつ

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:34:37.43 ID:impLQCXv0
アーカードの旦那が死にきるのと■■が干からびるのはどっちが早いのだろうな?

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 02:56:25.43 ID:lXU4t3Z90
禁書世界においての吸血鬼のチートさは半端ないからな
真祖じゃない乱造雑魚吸血鬼が全知全能になれるレベルだから
そこで旦那っていうチートが重なったら・・・

ぶっちゃけ、姫神も存在を知られてたら能力加減してる今なら対策取れるわけだし

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 03:13:34.72 ID:AgHZHnTFO


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 03:17:11.46 ID:wfWaHS0c0
暴君ヴァルバトーゼ(以下暴君で)「……む。ここは何処だ」

佐天「あ、ここは学園都市です」

暴君「学園都市? 聞いた事がないな」

佐天「あの、貴方は吸血鬼ですよ、ね」

暴君「そうだが」

佐天「なんで太陽の下なのに平気なんです」

暴君「……? なんの事だ」

佐天「え、吸血鬼って太陽の下だと灰になるんじゃ……」

暴君「知らんな。太陽の下では能力が下がりはするが、灰になるといった事はないな」

※吸血鬼が日光で燃え尽きるという演出を最初に行ったのはF・W・ムルナウ監督映画『ノスフェラトウ』(1922年)からで、以後はこの演出が頻繁に使われるようになり一般化ものです

初春「あ、佐天さん。アリサさんとの待ち合わせ時間が……って、誰です! その人は!!」


この後、色々と有り、エンディミオン倒壊を閣下の膨大な魔力で防いだりしたとか。

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 03:18:20.65 ID:0LJFUCbXP
>>143
チートも何も吸血鬼なんか出てきてねーじゃねーか・・・・

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 03:20:00.29 ID:impLQCXv0
>>146
ステイル(僕っていったいなんなんだろうね?)

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 03:29:57.18 ID:/5RjoeHw0
>>146
伝説か姫神の話の中では出て来てるよ!
エルフもドワーフも大体伝説通りチートだったから吸血鬼のチートは信憑性高い

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 03:33:07.53 ID:AgHZHnTFO
佐天『吸血鬼召喚!』
DIO「貴様は今まで食べたパンの枚数を覚えているのか?」
レミリア「私の友人は十三枚だそうよ」
アルクェイド「志貴いないなら早く帰りたいんだけど!」
ブレイド「同胞と共闘とはな」
伯爵「やめて太陽銃やめて」
ヴァンプ「激しく同意」
セラーナ「早く太陽の無い所へ……」
令裡「誰か招いて下さるの?」
デミトリ「come on baby...」
萌香「身の程を知れ」
荒木飛呂彦「若さの秘訣は波紋法です」

ざっとこれくらいか
案外出てこないなぁ

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 03:38:04.90 ID:RJX4lluN0
???「ねこみみもーどでーす」

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 03:38:32.18 ID:Z/jD96X30
一人究極生命体が混じってるぞ

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 03:40:14.03 ID:vUrdz+G70
れみりゃでかいちくり〜

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 03:40:19.80 ID:sYQXjPUGP
吸血鬼ハンターDを忘れるな

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 03:49:16.65 ID:VSmLjVkb0
良いなあ

44 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★