5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

梓「私たちのライブ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 22:56:44.50 ID:V3wjNEy20
部室!

唯「はぁ〜疲れたー、ムギちゃんお茶ちょーだい」

紬「わかったわ、チョッと待っててね」

律「ムギ、私の分も頼む〜」

紬「任せて〜」

澪「おいおい、まだ休憩なんて早くないか?まだ一回あわせただけだぞ、ムギもあんまり二人を甘やかさないでやってくれ」

梓「そうです、澪先輩の言うとおりです。唯先輩も律先輩も休憩はもっと練習してからにしましょうよ」

唯「うぅ...澪ちゃんもあずにゃんもひどいよー、最近すぐつかれちゃうんだよ〜」

梓「またそういって、ただ休憩したいだけなんじゃないですか?」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 22:58:55.81 ID:Yl0WuxUc0
唯ちゃん死んでまうん…(´;ω;`)

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:00:50.49 ID:lTcmDebk0
続けr

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:02:29.36 ID:o53ICtpr0
はい

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:04:45.29 ID:V3wjNEy20
一応おおまかにはかきとめしてあるけど訂正しながら投下していくから
遅かったらごめん

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:06:48.78 ID:V3wjNEy20
唯「えっと、、、ごめんなさい」

梓「やっぱりそうじゃないですか!」

紬「お茶がはいったわよ〜♪梓ちゃんチョッとだけ休憩にしましょ?練習はその後しっかりやりましょ」

澪「ムギまで...仕方ないなぁ、梓少し休憩にしよう」

梓「うぅ、澪先輩やムギ先輩が言うなら.....でも少しだけですからね」

唯「わぁ〜い!やったー、ありがとう、あずにゃん♪」ダキッ

梓「あーはいはいわかりましたからくっつかないで下さい、そのかわりしっかり練習してくださいよ。卒業ライブも近いんですから」

唯「わかってるよー!あ、りっちゃんそのクッキー分けて〜」

律「だめだ唯、これは私が先に見つけたんだ」

唯「ぶ〜、、、りっちゃんのけちんぼ」

梓(本当にもう、ライブやるって実感がないんだから...)

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:07:20.86 ID:Yl0WuxUc0
くっさ
黙って書けよゴミ

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:09:06.28 ID:V3wjNEy20
律「そういえば今日テレビで予言のやつやるよな」

澪「あ、私もしってるぞいつもこの時期になるとやってるよな、うさんくさい預言者が来るやつ」

紬「その予言って当たるの?」

澪「うさんくさいんだけど、なぜか当たることが多いんだよな、去年も新種の生物が見つかること予言してたし...」

唯「おぉ!そのひとすごいんだね、私も今日見なきゃ」

梓(予言か...少し興味あるなぁ)

唯「あずにゃんももちろん見るよね?」

梓「みませんよ、そんなくだらない番組!私はそんな暇あったら練習してますよ」

唯「あずにゃんが怒った〜...怖い」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:10:12.45 ID:Yl0WuxUc0
面白そう
C

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:10:51.80 ID:V3wjNEy20
>>7ごめんな
出来るだけ黙っておくよ



紬「あずさちゃんは本当に練習熱心よねぇ〜関心関心」

澪「そうだよなぁ、私たちも梓を見習わないとな」

律「そうだぞ!唯しっかり梓を見習うんだぞ」

澪「お前もだろ、このバカ律」ボカッ

律「いって〜〜〜殴ることないだろ」


キーンコーンカーンコーン

律「やばっ、時間だ戻ろうぜ」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:12:59.91 ID:Yl0WuxUc0
そういうのもいらないです(#^ω^)

一応つC

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:17:10.50 ID:V3wjNEy20
ごめん、ミスがあった
>>6
梓「あーはいはいわかりましたからくっつかないで下さい、そのかわりしっかり練習してくださいよ。卒業ライブも近いんですから」
は卒業ライブじゃなくて、ただのライブね


移動中!

唯「いそがなきゃいそがなきゃっ」ドテッ

梓「だ、大丈夫ですか?どうして突然こけるんですか」

律「おいおい唯だいじょーぶか?」

唯「いや〜、なんでだろう最近何もないところでこけることがたまにあるんだよねぇ〜」

澪「しっかりしてくれよ」

唯「ごめんごめん!」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:20:07.44 ID:V3wjNEy20
あずにゃんの家!

梓(まったく、なんで唯先輩はあんなに練習してくれないんだろう、おっちょこちょいだし...)

テレビピッ

司会「さぁ!今年も預言者は言う!の放送の季節がやってまいりました、今回も生放送でお送りいたします」

梓(あ、これ今日先輩たちが話してた番組だ、いざやってると気になるな)

司会「今年も毎年みなさまが仰天するような予言をしてくださるMrエリックさんがアメリカから緊急来日してくださりました」

梓(こういう人って必ず緊急来日なんだよな...)

エリック「ーーーーーーーーーーー」
通訳「私が今回来日したのには訳があります、この予言を聞いて被害が少なくなってくれたらよいと思っています」

エリック「ーーーーーーーーーーーーー」
通訳「これはちょうど一週間前に神が私に告げてくれた言葉なのですが、日本時間の○月○日の○時に△県で震度5の地震が起こると神は言ってました」

エリック「ーーーーーーーーーーl」
通訳「この予言を信じるか信じないかはあなた次第ですが、警戒することをおすすめします」

司会「怖いですね〜、エリックさんありがとうございました、続いては奇跡の魔術師の登場です」

梓(本当に予言が当たったらすごいな...)

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:23:17.40 ID:V3wjNEy20
翌日、部室!


律「昨日の予言見たか?本当に○県で今朝震度5の地震があったみたいだな」

唯「すごいね!あずにゃんも見てくれたでしょ」

梓「あ、はい一応見ました、予言って本当にあたるものなんですね」

澪「まさか本当にあんな予言まであたっちゃうなんてな」

紬「本当にすごいわね、まるであの人が言ってるから実際におこってるみたいだわ」

唯「よしっ!私も予言してみるっ!なんだか和ちゃんがいまココに現れる気がする」

律「唯、ほんとうか!ちょうどおんなじこと考えてた!もしかしたら私たちも預言者だったりして」

梓「わたしは、なんだかさわちゃんの気がします...」

バタッ

さわこ「みんな〜練習まじめにやってる?あ、ムギちゃん薄めのお茶貰っていいかしら」

紬「わかりました〜!」

澪「梓すごいな、本当に先生がきたぞ」

唯「あずにゃんさすがだよ!さすが私のあずにゃんだよ」ダキッ

梓「私の、ってなんですか!?それと離れてくださいー」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:29:07.21 ID:V3wjNEy20
律「そにしても本当にすごいな、ためしに今日の夕飯予想いてみろよ」

梓「あ、はい!わかりました、なんだか冷やし中華の気がします」

唯「あずにゃん、さっそく電話で確認だよ」

梓「はい、ちょと待ってください,,,,」
pipipi

梓「あ、もしもしお母さん?うん、たいした用事じゃないんだけど今日の夕食って何?え、本当に!!ううん、なんでもない、ばいばい」

梓「冷やし中華だったみたいです...」

唯「わ〜〜〜あずにゃん本当にすごいよ、預言者あずにゃんだね」

澪「本当にあずさが預言者のきがしてきた...」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:29:44.10 ID:9DHty6E60
C

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:32:13.30 ID:veh4887v0
紫煙

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:34:11.84 ID:Yl0WuxUc0
>律「そにしても本当にすごいな

おいこら

訂正しっかりせいwww(^O^)

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:35:51.82 ID:V3wjNEy20
>>18見落とした
すまない、そしてありがとう

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:36:43.53 ID:Yl0WuxUc0
くっさ

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:38:57.14 ID:V3wjNEy20
梓「まぁ、そんなこと今はどうでもいいんです!練習しましょう」

唯「ええ〜、まだ早いよあずにゃん疲れちゃうよ〜〜」

梓「唯先輩またそれですか?それは昨日と同じ作戦なんですか?」

唯「いや〜なんだか最近本当にすぐ疲れちゃうんだよね...」

梓(唯先輩の言うこと信じていいのだろうか...
無理にやらせるのも可哀想だしな...)

梓「はぁ...そうですね、それならもう少し休憩しましょう」

唯「やったー!さすが私のあずにゃん♪ありがとー」ダキッ

梓(また昨日と同じ事を...)

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:42:17.41 ID:V3wjNEy20
梓「あ、唯先輩それから一つ言いたいことがあるんですけど」

唯「ほえ?どうしたの、あずにゃん」

梓「憂から聞いたんですけど、唯先輩いつもお腹出してねてるみたいじゃないですか、」

唯「いやぁ〜、、ごめんね、つい暑くって...」

梓「いやぁ〜、じゃありませんよ!そんなんで体調くずしたらどうするんですか?ライブ当日に唯先輩がいなかったどうにもならないんですからねっ!」

唯「あずにゃん心配してくれてるの?ありがと〜よしよし」ナデナデ

梓「なでないでくださいっ!」

澪「あの二人はなんというか...」

律「なかよし、だよな」

紬「そうね...」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:44:50.36 ID:V3wjNEy20
唯の家!

唯「でね〜あずにゃんの予言がすごいあたるんだよ〜」

憂「へぇ、あずさちゃんってすごいんだね♪」

唯「そうなんだ〜、だからあずにゃんは預言者あずにゃんなんだよっ!」

憂「うん!そうだね、おねいちゃん」

唯「あぁ、あとね実は最近すぐに疲れちゃうんだ〜、突然転んじゃうこともあるし...」

憂「えぇ!そうなの?大丈夫なの??」

唯「うん、全然大丈夫なんだけと、体力つけないといけないから明日から朝ジョギングするんだー」

憂「うん、がんばってね私もついてくよ」

唯「ほんと〜!ありがと」

憂「ううん、だって私のおねえちゃんだもん」

唯「さすが私のいもうとだ〜〜〜」

唯・憂「えへへ〜...」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:48:23.58 ID:Yl0WuxUc0
>唯「うん、全然大丈夫なんだけと、

おいこらwww

なんだけ「ど」だろ

もはやわざとやってるのかと疑うレベル(^O^)

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:48:27.08 ID:V3wjNEy20
翌朝!

憂「おねーちゃんおきて〜ジョギング行くんでしょ?」

唯「んん...そうだった、よし憂早速行こう〜」

土手!

唯「いちにっ、いちにっ」

憂「おねいちゃん頑張って〜」

唯「うん!がんばるよ、コレなら体力つきそうな気がする」イチニッイチニッ

憂「はい、いっぱい運動したらちゃんと水分取らなきゃだめだよ、熱中症にでもなったら大変だから」

唯「ありがとー、うい、でももう少し後でいいやなんだかいっぱい汗かくとやせてる気がして気分もいいし」

憂「それでもちゃんと水分はとらないとだよっ!」

唯「それもそうだね、それじゃあ貰うよ」テクテク
バッタン!!

憂「うわ〜〜おねーちゃん!どうしたの!?大丈夫」ユサユサ

唯「........」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:50:10.51 ID:V3wjNEy20
>>24本当に申し訳ない

いろいろな意味でありがとう

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:51:20.69 ID:9DHty6E60
え?病気?
C

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:53:00.68 ID:V3wjNEy20
病院!

唯「スースー.....」

医者「暑い中、運動をして水分を取らなかったから脱水症状を起こしたみたいだね、今日一日休んでればよくなるよ、念のため詳しい検査もしておこう」

憂「はぁ、そうですか、良かったです。よろしくお願いします」


けんさちゅう・・・
医者「,,,むぅ,,,妹さん少し、いいですか?」

憂「はい、どうかしましたか?」

医者「最近おねえさんの変わったところはなにかありませんでしたか?どんな些細なことでもかましませんので」

憂「えっと、最近すぐにつかれる、なにもないところで転んでしまうことがある、とは言ってましたけど?それがどうかしたんですか?」

医者「そうですか、実はあなたのおねいさんは筋力がどんどん衰える病気にかかっています」

憂「え、なおるんですよね?その病気は」

医者「残念ながら進行を遅らすことしかできないんだ、始めはすぐ疲れる、転ぶなどの生活には対して影響がないものなんだが進行するにつれて、ご飯が自力で食べれなくなったり、歩けなくなったりする、そして最終的には...」

憂「どうしたら、どうしたらいいんですか?」ウルウル

医者「症状の進行はひとそれぞれですので、しばらく入院して様子をみましょう...もっと詳しく調べてみますので」

憂「......そんなっ...グスッ」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:55:17.89 ID:V3wjNEy20
病室!

ガラガラー
唯「あー憂ごめんね迷惑かけて、脱水症状だっけ?」

憂「うん!すぐに良くなるってでもしばらく入院したほうがいいんだって」

憂(,,,だめだおねいちゃんが病気だなんていえない、信じれないよ...)

唯「え〜!どうして?私はもう元気だよっ」

憂「だめだよ!おねいちゃん、お医者さんのいうことちゃんと聞かないと」

唯「わかった、じゃあ明日はみんなに会えないのかぁ残念だな」

憂「明日学校終わったらおみまいにくるね」

唯「ありがと、うい、ばいばーい」

憂(こんなに元気なのに...)

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:57:17.94 ID:V3wjNEy20
月曜日!

梓「おはよーございます、」

紬「おはよー、あずさちゃん」

律「よ、あずさ」

澪「あずさ、おはよう」

梓「あの、唯先輩はまだ来てないんですか?」

律「そうなんだよなぁ、もしかしてアイツ今日欠席か?あずさが体調壊しますよ〜とかいうから」

澪「おい、律ふざけるな、そんなわけないだろ!」ゴツ

梓「どうしよう、私のせいで唯先輩が体調崩しちゃった...」

憂「あの〜、失礼します」

律「おぉっどうした?」

憂「実はおねいちゃん昨日土手走ってて、脱水症状で倒れちゃったんです、だから別に梓ちゃんのせいじゃありません、それで今日は安静って事でしばらく入院するっことになったんです」

澪(脱水症状で入院?)

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 23:59:23.85 ID:V3wjNEy20
梓「じゃあ私のせいで、体調壊したわけじゃなかったんだ...良かった」ホッ

憂「うん、大丈夫梓ちゃんは何にも関係ないよ、だから皆様には迷惑かけますがお姉ちゃんはしばらく休むと思いますので宜しくお願いします」

律「ういちゃんは相変わらずしっかりしてるなー」

紬「わかったわ〜それじゃあお見舞いに行きましょう!」

梓「そうですね!」

律「ムギ、ナイスアイディアー!!」

澪(本当に、なんともないならいいんだが...)

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:03:20.87 ID:/RQrfjnH0
C

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:03:32.06 ID:V3wjNEy20
その頃病院!


唯「はぁ〜暇だな〜〜〜」ブツブツ

唯(学校でみんなに会えないってこんなに暇なんだなぁ...)

唯(早く憂かえってきてくれないかな...)

唯(だいたい、何でこんなに元気なのに入院なんてしなきゃならないんだろ)

唯(よしっ!平沢隊員探検することをきめました!)フンス

ヨロッ

唯(う〜う...立っただけなのによろけちゃった...やっぱりずっと寝てるとこうなっちゃうんだね)

唯(あ〜、あずにゃんに会いたいな〜他のみんなにも...)

唯(あずにゃんにゃんにゃん♪)テクテクテク...

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:06:45.24 ID:mI+vgnB50
平沢隊員探検中!


唯(あ、お医者さんだ、あいさつしとこうかな〜)

看護婦「先生、平沢さんの診断詳しい診断結果が出ました」

医者「どれ、見せてくれ...フムやっぱりそうだったか...」

看護婦「まだ、本人は知らないんですよね?」

医者「あぁ、まだ妹さんも知らせていないと思う、私たちが伝えるべきものではないからね」

看護婦「そうですね、、、私平沢さんの様子見にに行ってきます」

医者「わかった、よろしくたのむよ、くれぐれもこのことに関しては触れないでくれ」

看護婦「もちろんわかってますよ、それでは」

唯(え...?知らないってどうゆうこと、脱水症状ってことぐらいしってるのに...それに私たちが伝えるべきじゃないって,,,)
カツ、カツ、カツ

唯(やばい、看護婦さん来ちゃうよ、速く部屋に戻って安静にしてないと)タッタッタ...

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:08:53.50 ID:mI+vgnB50
病室!

ガラガラ〜

看護婦「失礼します、平沢さん起きてますか?」

唯「あ、はい起きてますよ」(ぎりぎりせーふ・・・)

看護婦「あの、体調のほうは大丈夫ですか?」

唯「もちろんです!今すぐにでも退院できます」フンス

看護婦「ふふっ、元気なようでよかったです♪妹さんすっごく心配してたんですよ」

唯「はい、ありがとうございます、それでいつ退院できるんですか?」

看護婦「えっと、、、それは...平沢さんの体調が万全になったらです」

唯(....やっぱりなんか隠している)

唯(まさか最近すぐ疲れたり、こけたりするのと関係あるのかな...?)

唯(よし、あとでさっきの診断表みてみよう)

看護婦「っと、それじゃあ失礼します」

ガラガラ〜

唯(よし、でていった、早速みにいこーっと)

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:11:13.15 ID:mI+vgnB50
唯(たしかここの部屋だよね〜、よし、看護婦さんもお医者さんもいない今がチャンス)

唯(それで〜確かこの引き出しにしまってたよね...)ガラッ

唯(ほえ...?なにこれ....病気?)

唯(でもただの脱水症状...だよね、だからきっとコレは別の人の...)

唯(平沢...唯、わたしだ、でも憂もただの脱水症状って..)

唯(疲れやすくなり、筋肉が徐々に衰え....)

唯(もしかして、本当に病気なのかな....?)

唯(憂が帰ってきたら、きいてみよう)トボトボトボ...

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:13:43.60 ID:mI+vgnB50
病室!

憂「おねーちゃーーーん、ただいま、元気だった?」

唯「あ、うい...」

憂「え....?おねえちゃんどうしたの、元気ないよ」

唯「これ、見て」

そういって姉は私に一枚の紙を見せてくれてた、

憂「えっと...これは」

唯「私の、診断書だよね、ういただの脱水症状だって...」

憂「えっとそれはね、おねえちゃん」

私は必死に姉に書ける言葉を捜した、でもこんな経験をしたことのない私が今、姉を安心させる言葉を見つけることが出来るわけがなかった・・・・

憂「ごめん...おねえちゃんだまってて....」

唯「,,,,,そっか、私死ぬんだ」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:16:01.47 ID:mI+vgnB50
憂「そんなことないよ!どうしてそんなこというの?」

唯「だって......この病気って助からn」

憂「.....っ」

唯「あっ、ういまって」

ガラッ

憂(だめだよ...あれ以上聞いていられないよ)グスッ

憂(なんか今戻れる気がしない...お姉ちゃんの顔見れないよ...)

憂(どうしよう、とりあえず一回おうちに帰ってお姉ちゃんの着替えを持ってきてあげよ・・・)

タッタッタ...

律「ん?今の憂ちゃんじゃなっかったか...?」

澪「あぁ、たぶんそうだな、どうして帰っちゃったんだろう」

梓「きっと唯先輩がういー、アイス買って来て〜、とかいったんじゃないですか?」

紬「じゃあ、お見舞いケーキじゃなくてアイスのほうが良かったかしら?」

律「いや、唯のことだからきっとムギちゃんのケーキが食べたいよぉ〜、とか思ってる頃だろうしだいじょうだろ」

梓「そうですよね!唯先輩ですもんね」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:17:37.74 ID:mI+vgnB50
平沢家!


憂(どうしよう,,,,お姉ちゃん病気の事気づいてたよ)

憂(逃げてきちゃったし、なんて説明すればいいんだろう)

憂(あの診断書もってたから、もう病気の事はごまかせないだろうし....)

憂(そうだ、それは、別の平沢さんだよって...さすがに無理がある)

憂「うぅ.....グスッどうしよ、うぅ,,,,,」

憂(とりあえず、お姉ちゃんのところに戻らないと...心配しちゃうし)

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:22:06.66 ID:t54A0R6y0
>>38

>律「いや、唯のことだからきっとムギちゃんのケーキが食べたいよぉ〜、とか思ってる頃だろうしだいじょうだろ」

>律「いや、唯のことだからきっとムギちゃんのケーキが食べたいよぉ〜、とか思ってる頃だろうしだいじょう『ぶ』だろ」

おいこら

いい加減にしろ(^O^)(^O^)(^O^)(^O^)(^O^)(^O^)(^O^)(^O^)(^O^)(^O^)

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:23:46.50 ID:/RQrfjnH0
>>40
細かすぎ
ほんのちょっとでも誤字脱字あったら読めないの?

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:25:56.39 ID:mI+vgnB50
病院!


憂(ん、?なんだか病室が騒がしいな)

ガラーッ

梓「え、冗談ですよね?唯先輩?」

律「おいおい、そんな冗談はよくないぞ〜ゆい〜」

唯「冗談なんかじゃないよ...私死んじゃうみたい...なんだ、はは」

紬「そんなことないわよきっと何かの間違いよ」

澪(.....唯)

唯「だって..この診断書........」

憂「おねえちゃん!確かにお姉ちゃんは病気だけど、絶対そんなこと言っちゃダメ、おねえちゃんは絶対大丈夫だから、絶対死なないから」ウルウル

梓「うぅ,,,ゆ、いせんぱぁい,,,,グスッ」

憂「すいません、皆さんせっかく来ていただいたんですが今日は、」

律「くそっ、どうにかならないのかよ!みんな帰るぞ」

憂「ごめんね、お姉ちゃん私も今日はかえるね.....」

唯「.....うん、また明日ね」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:27:41.06 ID:t54A0R6y0
>>41

>>5みたいな事書いてなかったら突っ込んでなかったよ!(^O^)

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:29:17.05 ID:/RQrfjnH0
>>43
お前がねちっこいのはよくわかった。
あとその顔うざい。

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:30:18.24 ID:mI+vgnB50
>>41ごめんね、ありがとうございます。でもミスしてるのはおれだから・・・

>>43毎度指摘どうもです、>>5はくさいですね、申し訳ないです

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:30:39.97 ID:bLcFZajV0
>>43
さくらcc煩い黙れ

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:31:50.96 ID:/RQrfjnH0
>>45
頑張って完走してくれ。
楽しく読ませてもらってるぞ。

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:33:00.02 ID:mI+vgnB50
部室!


一同「.................................」

律「どうなっちまったんだよ、あんなに元気なのに、くそっ」

澪「いまだに、信じられないよな、唯があんなことになってるなんて」

紬「ゆいちゃん....」

梓「................」

梓「みなさん、元気出してくださいよ、唯先輩が治らないわけないじゃないですか?
どうせすぐにみんなごめーん、とか言って戻ってきますよ、
絶対そうですよ、そんなときにみなさんがこんな雰囲気じゃあ唯先輩が戻ってきにくくなっちゃうじゃないですか、
そんなんじゃ絶対に、ダメです!!しっかりライブに向けて練習しましょう、
そして唯先輩が治ってきてみんなでライブを成功させるんです、こんな雰囲気じゃとてもダメです
唯先輩が戻っていた時にあれ〜?あんまり上手くないね、なんていわれないようにしっかりしましょうよ、
唯先輩の分までしっかり練習して成功させましょうよ!!」

律「そうだな、唯だもんな、絶対戻ってくるよな」

澪「梓の言うとおりだな、私たちがこんなんじゃダメだな唯が戻ってくるまでにもっと上手くなっていないと」

紬「そうね、それじゃあ練習しましょうか」ニコッ

律「おー!」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:34:15.52 ID:t54A0R6y0
>>44
うるせーわざとボケてんだから反応してやらないと可哀想だろo(`ω´ )o
もう来ないから安心しろ

後ねちっこいのはいつまでも粘着してくる>>46みたいな奴だから

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:36:34.14 ID:DQkhic2N0
この糞コテ個人情報バレしたからなざまぁww

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:36:56.51 ID:mI+vgnB50
一週間後!


梓「それでは、みなさんおさきに失礼します」タッタッタッ

律「梓、今日も唯の所行くんだな、絶対大丈夫ってわかってるのに」

澪「まぁ、普段べったりされてるからいないと、やっぱり寂しいんだろ」

紬「そうね、、、、唯ちゃんはやくなおるといいけど....」

律「治るにきまってるだろ、あの唯だぜ?」

紬「でもあの診断書には,,,,」

律「.....っ、おいムギ!!そんなこというんじゃねえよ、治るって言ったら治るんだよ」

澪「おい律!そんな怒鳴らなくたってムギだってわかってるよ、とりあえず私たちも今日は帰ろうぜ」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:39:42.45 ID:mI+vgnB50
病院!

ガラッー

梓「ゆ〜いせんぱいっ♪失礼しますね」

唯「あ、あずにゃ〜ん、今日もきてくれたんだ、ありがとぉ」

梓「いえいえ、体のほうは大丈夫ですか?」

唯「............」

梓「えっと、もしかしてあまりよくありませんでした?」

唯「あのね、あずにゃん実はねあんまりよくないんだ」

梓「そ、そうですか、でもすぐに良くなりますよ、絶対大丈夫です」

唯「うん、そうだといいね」

梓「何言ってるんですか?そうだといいね、じゃありませんよっ!」

唯「......わたしね人の事は全然わからないんだけど自分の事くらいはわかるんだ、
どんどん悪くなってるのが、それで昨日までは歩くことは出来たけどもうあるくこともできなくなっちゃったんだ、」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:40:54.74 ID:mI+vgnB50
唯「それでね...私はもうだめみたいなんだ」

梓「!?どうしてそんなこというんですか?治るに決まってるじゃないですか、ただ今までの人が助からなかっただけで唯先輩が助かった一人目になるにきまってるじゃないですか?」

唯「えへへ〜、そういってくれると嬉しいよ、でもね自分の事くらいはわかるんだ、ごめんね」

梓「唯先輩のことは私にだってわかります!ぜったいだいじょうぶです信じてください」

唯「.......」

梓「ゆいせんぱい!絶対私たちのライブさせるんですからね、とりあえず今日は失礼します」

ガラッー

梓(....ないちゃ、だめだ)

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:42:38.84 ID:mI+vgnB50
次の日!


梓(まだ朝の8時だけど、唯先輩おきてるかな?)

ガラッー

梓「せんぱーい、失礼します」

唯「あ〜ず〜にゃ〜〜〜ん♪」ダキッ

梓「えぇ!?唯せんぱい歩けないんじゃ?」

唯「自分でもよくわからないんだよ、朝起きたら急にずっと前みたいに普通にうごけるようになったみたい、お医者さんもね、どうして急に良くなったのかわからないって、久しぶりにあずにゃん分補給ぅ〜♪」ギュー

梓「....うぅ」ウルウル

唯「へ?あずにゃんどうしたのなんで泣いてるの?」

梓「唯先輩が良くなって、本当に、ほんとぉーに!よかったです...うわ〜〜ん」ギュー

唯「あずにゃん....ごめんね心配かけて、でももう大丈夫だから、みんなにも迷惑かけちゃったし、これから迷惑かけたぶんしっかりとりもどさなきゃ」

梓「そうですよ、唯先輩、本当に、みんな心配してくれてうぅー......」

唯「おぉ〜よしよし」ナデナデ

梓「先輩にはちゃんと練習してライブ成功させてもらいますからね」

唯「もちろんだよ〜、いままでごめんね、あずにゃん」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:43:46.84 ID:/RQrfjnH0
急・展・開!

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:44:07.97 ID:mI+vgnB50
梓「.........zzz」

梓「.......え?夢、そうだ唯先輩に会いにいかなきゃっ」

梓「正夢、だよねきっと」


病院!

ガラッー

梓「失礼します、ゆいせんぱい!!」

梓「........え?病室ここであってるよね?唯先輩は?」

憂「あ、あずさちゃん!やっぱりきた」

梓「憂?ここ唯先輩の病室だよね?なんで唯先輩いないの?」

憂「えっとね、お姉ちゃんは今ここにはいないんだ」

梓「どういうこと?」

憂「う〜んとね、お姉ちゃんはアメリカの病院にいったんだ」

梓「アメリカの?どうして」

憂「うん、実はね昨日梓ちゃんが帰ってからお医者さんがね、」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:45:41.52 ID:t54A0R6y0
急・展・開!★2

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:45:42.45 ID:mI+vgnB50
昨晩の出来事!


医者「実は今、アメリカで平沢さんの病気を完治できるかもしれない薬が開発されてるみたいなんだ
、まだその薬を実際の患者が使ったことはないけど、治る確率はだいぶ高いといわれてるんだ、
行くなら早いほうがいいから今夜の飛行機で出たほうがいいけど、どうする、いくかい?」

唯「はい、いきます、行かせてください、治る確率があるのならそれにかけたいです」

医者「わかった、向こうの病院に連絡を入れておくね」

唯「はい、ありがとうございます、あの....ライブがあるんですけどその日までには......?」

医者「なんともいえないけど、きっと間に合うと思うよ」

唯「ありがとうございますっ!」

医者「それでは、早速飛行機とかの手配もしておくね」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:48:09.78 ID:mI+vgnB50
憂「そんなことがあったんだ」

梓「えっ?唯先輩一人で?」

憂「ううん、違うよちゃんとお父さんも、お母さんも一緒だよ、お姉ちゃんのこと心配?」

梓「.....うん、あのさ、寂しく........ないの?」

憂「うん、全然平気だよ、だっておねえちゃんは元気になって絶対すぐ戻ってきてくれるってわかってるから」

梓「......あいかわらず憂は人間ができてるね」

憂「そんなことないよ、ただ、お姉ちゃんは大丈夫、それでねお姉ちゃんから渡してって頼まれたものがあるんだ」ハイ

梓「手紙?」

【〜あずにゃんへ〜】
『あずにゃん、突然外国なんていっちゃってごめんね、でももしかしたら治るかも知れないってお医者さんが言ってくれたから、
行く事に決めたんだ。それでね本当は電話が良かったんだけど、電話であずにゃんの声聞いちゃうとなんだかないちゃいそうだったから...
手紙にしたんだ、ライブまでには戻ってくるね、唯』

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:49:13.74 ID:mI+vgnB50
数日後、あずにゃん自宅!

梓(ゆい、先輩だいじょうぶかな)

梓(何考えてるんだろ、私、大丈夫にきまってるよね)

梓(でんわ、してみようかな.......)

prrrrrrrr prrrrrrrrr

唯『もしもし、あずにゃん?』

梓「唯先輩、ごめんなさい、突然電話しちゃって、どう、ですか?」

唯『う〜ん、まだよくわからないんだ、変化がない気がする』

梓「そうですか........そうだっ!」

唯『ん?どうしたのあずにゃん』

梓「唯先輩、前に部室で予言の話しましたよね?覚えていますか?」

唯『うん、覚えてるけど、それがどうかしたの?』

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:51:51.60 ID:mI+vgnB50
梓「そのときの事覚えていますか?」

唯『うん、昨日の事のように覚えているよ、だってあずにゃんがすごいんだもん』

梓「はい、そうでしたね、憂から聞いたんですけど、唯先輩私のこと預言者、だねんていってたみたいですね」

唯『うん、いったよ!だってあずにゃんあの時言ったこと全部当てちゃうんだもん』

梓「それじゃあ今から言うことは絶対に当たる、私の予言です、わかりましたね」

唯『うん、わかったよ!』

梓「まず、唯先輩は絶対に治ります!」

唯『うん』

梓「そして、みんなでライブをやります。わかりましたね?」

唯『うん、わかった、元気でたよ、ありがとうあずにゃん』

梓「私を預言者ではなく虚言者にしないでくださいよ?」

唯『わたしが、あずにゃんにそんなことすると思う』

梓「絶対ありません!」

唯『正解♪』

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:54:21.17 ID:mI+vgnB50
それから数日が過ぎた

部室!

憂「失礼します」

梓「あ、ういどうしたの?」

憂「実は昨日の夜病院から電話があって......」

梓「え、っまさか、そんな、冗談だよね」

憂「おねえちゃんが,,,,,,,」

一同「..........................................................」

憂「でも、私はないちゃダメなんだ、絶対にないちゃだめってお姉ちゃんに言われたから.....」

憂「それでね、お姉ちゃんがアメリカへ行く前に書いてた手紙...もし、私がしんじゃったらみんなに見せてっていってた手紙」

【みんなごめん!】
『この手紙をみんなが見てるってことは私はもう......
だけどみんな絶対に悲しまないで........ごめんねみんなには迷惑かけてばっかだったから。
私はもういないけど、ギータがいるよっ!みんなと卒業まで一緒にいたかったけど、むりだった。
でもライブを絶対成功させようね!』

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:54:26.01 ID:t54A0R6y0
       ___
    ;;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;   
  ;/ノ(( 。 )三( ゜ )∪\; よ、預言者だねんて…   
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.; 
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;  だねんて……
  ..;ノ   ⌒⌒     \;

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:57:26.32 ID:mI+vgnB50
その日、私含めてみんなショックが大きすぎて会話がほとんどありませんでした。

次の日
部室!

......................

律「私がいなくてもギータがいるよ、か」

澪「成功させてね、じゃなくて成功させようね、だもんな、唯らしいな」

紬「そうね、ゆいちゃんらしいわね」

梓「そうですね、先輩らしいです、先輩のためにもライブをなんとしてでも、成功させましょう」

律「そうだな、唯のためにも、ライブを成功させなきゃいけないな」

澪「よ〜し、そうと決まったらさっそく練習だ!」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 00:59:36.78 ID:mI+vgnB50
ライブ当日!


梓(うわ〜、体育館人でいっぱいだ、緊張する......)

律「みんあ準備はおっけーか?」

澪「あぁ、もちろんだ」コク

紬「大丈夫よ!」コク

梓「はい、もちろん平気です!」コク

梓(唯先輩、いま私の隣にいてくれてますか?ついにこの時がきましたね。【私達】でこのライブを絶対に成功させましょう)

律「よしっ!ワン,ツー,スリー」タタタターン




おしまい

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 01:00:31.99 ID:bLcFZajV0


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 01:01:42.26 ID:/RQrfjnH0
乙ー

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 01:03:38.81 ID:mI+vgnB50
何とか終えることが出来ました
支援してくださった皆さん、呼んでくださった皆さん、誤字脱字指定してくださった皆さん
本当にありがとうございました!!

本当に文の構成ももめちゃくちゃでオチも弱いし、伏線も上手くはれないし、誤字脱字だらけだし、、、
ss書く事の難しさを学ばせていただきました。

けいおん大好きです!

ありがとうございました

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 01:04:54.83 ID:t54A0R6y0
唯ちゃん死んでもうたのにさっぱりしすぎやで…(´;ω;`)

こんなんじゃ乙なんか言ってやらないんだからね!

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 01:07:03.96 ID:mI+vgnB50
あ、すいません最後に一言
>>2あなたが預言者でしたね

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/05(木) 01:12:12.92 ID:f4bnc7In0
ギー太には突っ込まないのか

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)