5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本史で意外と知られてないこと

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:09:25.70 ID:aYLO/JfG0
源頼朝に兄が二人いたこと

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:10:32.37 ID:oDAhMPuN0
知らなかった

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:10:48.33 ID:HnMi8khu0
神様が近親相姦してたこと

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:11:11.84 ID:leXwyVas0
俺がニートなこと

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:11:32.15 ID:aYLO/JfG0
>>2
頼朝の兄と平清盛の長男が一騎打ちで戦ったことがあるんだぜ

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:11:46.55 ID:SCXaGewa0
鎌倉幕府ができたのが1192年じゃないこと

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:12:43.44 ID:U5BJgPwG0
>>3
天皇も近親相姦多いよな

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:12:48.29 ID:zabxF6XZ0
縄文時代は約1万年だが、弥生時代は300年間くらいしかない

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:13:31.33 ID:ttFXSRTF0
前田利家が11歳の嫁を孕ませたこと

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:15:29.07 ID:zmHRh3F70
諏訪信仰の秘密

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:15:44.13 ID:aYLO/JfG0
>>8
逆に言うと縄文時代からたった300年くらいで古墳時代になったのか

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:17:33.63 ID:qgcgCET90
マニア以外は日本史なんてまともに知らないこと

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:18:53.10 ID:9jSXJLI30
江戸時代に信長の子孫が藩主をつとめる藩が何個かあったこと

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:19:20.17 ID:2oRwsFIJ0
>>11
縄文時代ってのが、
「縄文70%、その他30%」〜「縄文20%、弥生60%、その他20%」ぐらいまでの期間を指してる。
緩やかに「弥生っぽさ」が広まったのに すごくアバウトに線引きしてるから、こうなっちゃった。

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:21:36.41 ID:7031tPZI0
吉良上野介の子孫が名君として知られる上杉鷹山
ひ孫だったっけな

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:21:50.40 ID:NQCOtBkF0
昔は男色が普通だった

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:22:00.17 ID:aYLO/JfG0
>>13
足利氏の子孫の藩もあったよ
あと後北条も藩として存続してる

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:23:06.98 ID:cz3hcpPP0
福井は意外と都会でした

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:23:12.49 ID:/a5TB6ov0
藤原京以前は首都が一定してなかった
天皇が変わる度に宮(住む場所)が変わって、天皇はその宮の名前で呼ばれてた

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:24:01.24 ID:ULBNBP/YO
江戸時代は日本海側も栄えてた

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:24:13.33 ID:aYLO/JfG0
西郷隆盛の子が京都市長をつとめた

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:24:24.93 ID:G8E52FKs0
「神の手」とかいう畜生考古学者がいたこと

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:24:41.06 ID:zabxF6XZ0
>>11
むしろ時代の括り方を間違えたまま、うやむやにしちゃってる感

「使ってた土器で時代分けようか」
「これ、弥生町から出た土器だから、これ使ってたのは弥生時代にしょう!」
「こっちは、縄目があるから縄文土器の縄文時代だな!」
→縄文土器が延々と出土
「縄文ナゲエ…」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:25:13.56 ID:isINPd2/0
豊臣秀吉は藤原家の養子に無理矢理なって藤原秀吉と名乗っていた時期がある

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:25:13.88 ID:UKu9RciE0
>>20
新潟って明治とかまで凄い人口多かったんだっけ

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:27:24.16 ID:aYLO/JfG0
>>24
信長の織田家も先祖が平氏だって自称してたらしいな

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:27:34.92 ID:Q+EzWMXB0
>>23
実は場所が違かったからそれの文化の違いで模様が別れてたりしてなwww

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:28:26.03 ID:cSDNlCfA0
>>14
へー
なら弥生時代なんて無いのと一緒じゃん

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:28:29.44 ID:2oRwsFIJ0
>>24
近衛さんとか九条さんじゃないと、関白なれないもんな。
「家柄を捏造する」「今からでもそこんちの子になる」の2択で悩んだろうなぁ・・・と思うと可愛い。

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:29:46.12 ID:B9OKEVSoO
大日本帝国で優生学が弾圧されてたせいで戦後日本は優生学大国に成り下がった

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:30:29.23 ID:G8E52FKs0
地方の大将ならともかく、関白とか太政大臣とか征夷大将軍は貴種じゃないとお話にならんしな

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:32:37.75 ID:ULBNBP/YO
武家政権を幕府と呼ぶようになったのは江戸時代からで、鎌倉幕府とか室町幕府とかは後から遡ってつけたもの

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:33:28.37 ID:/HVoyoB70
道鏡はでかちん

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:34:16.06 ID:lTXZBXQCO
>>22
こいつのせいで色々考古学の世界はダメージ受けたよな

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:35:53.31 ID:aYLO/JfG0
>>22
あの事件のあと精神病んでヤバいことになったらしい

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:38:53.18 ID:wbdxUCANO
利家と信長の関係

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:39:55.24 ID:isINPd2/0
長篠の戦いで武田軍は鉄砲を持っていた
銃撃で織田側の城が穴ボコだらけになったという記録もある
ちなみに投石部隊とかはない
足軽はほぼみんな持ってたから

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:40:19.28 ID:wbdxUCANO
4代以降の鎌倉将軍

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:42:04.18 ID:/Yh3uoe80
>>38
一応学校では習うけど名前とか覚えてる奴はほとんどいないだろうな
ただのお飾りだし

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:44:06.91 ID:aYLO/JfG0
源氏将軍が絶えた後に鎌倉幕府を牛耳った北条氏は実は平氏

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:44:38.67 ID:9NQy0d8Z0
昔は日本は朝鮮半島の国と仲良かったこと

天皇は昔は近親相姦繰り返しまくったこと

道鏡っていう人と女性の天皇が恋愛して
女性の天皇は道鏡の言うことしか効かなくなって藤原氏が振り回されたこと

昔は障害者は人間扱いされていなかったこと

戦国時代の人たちは男色だった

和歌を作るのは、国家規模だった

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:44:51.71 ID:hEG0Wk0k0
江戸時代、奉行所の役人の過労死率は20%オーバー

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:45:18.60 ID:wbdxUCANO
征夷大将軍になれるのは源氏の系統のみ






というのはガセ

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:46:02.10 ID:G8E52FKs0
田村麻呂は征夷大将軍の一発屋だけじゃなくて薬子の変とかでも活躍してること

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:47:17.41 ID:Q+EzWMXB0
>>44
東北を開拓したんだっけ

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:47:31.83 ID:zmHRh3F70
諏訪信仰が日本の配下に置かれる事象について多く書かれていないのは諏訪信者による隠蔽だということ
一つの朝廷が潰れたのに教科書にも乗らないってのはおかしい
諏訪の秘密を解きあかせば日本史の謎の半分はわかると言われていること

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:48:00.78 ID:aYLO/JfG0
>>44
清水寺建てたのも田村麻呂

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:48:27.92 ID:WP54mnnc0
平安時代が一番長い

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:49:45.10 ID:lTXZBXQCO
>>36
主君に掘られる事がステータス化してたからな
同じぐらいな身分の奴らに嫉妬されてたらしい

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:50:30.93 ID:G8E52FKs0
藤原頼長だかがホモホモしい日記残してたりとかな

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:51:29.95 ID:PyqRd4Gu0
>>48
ラスト100年はグダグダだけどな

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:53:09.42 ID:3EFRTxk+0
縄文時代の食事は
鮭の塩焼き
木イチゴなどの果物
ドングリ、菜の花などを茹でた炒め物
猪料理
カモシカ料理
ハマグリの塩焼き
稀に熊料理
など

海水が内陸部まで流れてきて、塩が簡単に手に入る環境だったため
食文化が早い段階で発達していた

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:53:12.76 ID:2oRwsFIJ0
ホモといえば平賀源内先生を忘れてもらっては困る。
「乱菊穴捜(みだれぎくあなさがし)」という素晴らしい作品を残した。

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:55:44.41 ID:fWvn+RxD0
木曽道国吉が信長の首を取ったこと

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 20:57:11.72 ID:hEG0Wk0k0
縄文時代の人間は、高確率で死ぬかもしれないと分かっているのに
その美味さからフグを食って死にまくった

貝塚から、一家全員フグ毒で死んだ骨が何体も出て来ている

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:06:11.79 ID:lEnXf8BT0
豊臣秀頼の体型

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:06:51.26 ID:lTXZBXQCO
>>56
マッチョだったんだっけ?

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:08:32.99 ID:lEnXf8BT0
>>57
197センチ160キロ
ボブサップより遙かにでかい

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:09:59.33 ID:G8E52FKs0
>>58
それマッチョなのか
むしろ……

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:11:45.35 ID:AkYPheLo0
来年から国風文化はなくなる

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:12:44.32 ID:5OpZq+nn0
リットン調査団は日本の言い分を大体認めてた

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:13:37.33 ID:lTXZBXQCO
>>58
この時代にこのスペックで死んだ歳を考えると巨人症を疑うな

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:15:01.04 ID:WmYvcMiW0
太平洋戦争で負けたこと

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:16:54.47 ID:aYLO/JfG0
>>62
江戸時代には身長227センチの力士がいたらしい
まぁ巨人症だろうけど

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:19:08.65 ID:6H8pmkbl0
○○天皇って後醍醐帝以外のほとんどは死後に名前を送られたこと

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:20:36.42 ID:1Kq/4IeL0
スターウォーズに出てくるダース・ベイダーの姿は、伊達政宗の鎧をモチーフにしている

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:21:14.55 ID:5OpZq+nn0
>>65
在命中はなんて呼ばれてたんだろ
普通に今上の帝とかか

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:21:15.70 ID:tnhsFBgy0
豊臣秀吉、右手の指が6本あったらしい

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:22:40.57 ID:wbdxUCANO
籤引きで選ばれた将軍がいる

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:23:33.43 ID:ubB64Dlv0
>>33
正座したら膝が三つあったらしいなwww

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:24:11.01 ID:4v2+yA+R0
秀頼の体型は祖父にあたる浅井長政の血かなあ
あの人もでかくて恰幅良かったみたいだし

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:24:57.40 ID:6H8pmkbl0
昨年の大河でなぜかスルーされたが
頼朝と義経の間には源範頼がいること

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:26:29.15 ID:m66fIRl50
平氏攻めの最中は義経の無茶っぷりと横暴に悩まされて、平氏滅亡後は意味わからん言いがかりで殺された範頼

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:27:08.76 ID:6H8pmkbl0
頼朝は落馬で死んだこと

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:27:13.64 ID:E3LF8BAq0
日本で唯一腹上死をした首相 田中義一

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:27:34.37 ID:5OpZq+nn0
>>69
富子がしゃしゃり出たときもそうすれば戦国時代は無かったかもしれねえな

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:30:51.11 ID:FjiFzAVC0
ペリーはホモ

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:31:01.12 ID:EUyPpsQo0
(´・ω・`)

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:32:37.91 ID:FjiFzAVC0
http://i.imgur.com/SqaGB8Q.jpg

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:32:58.54 ID:4v2+yA+R0
ペリーはハゲで肖像画もカツラかぶった姿だったとか

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:33:58.71 ID:2oRwsFIJ0
>>79 ケリー?

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:35:42.47 ID:J2JWIJJF0
>>37
小山田信茂の投石部隊は嘘なの?

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:36:07.60 ID:lTXZBXQCO
>>71
浅井長政とお市とも高身長だったみたいだが・・・
正宗の人骨調査した時にはスペックとか公表してたのに
何故秀頼の人骨調査の時はスペック公表してなくて伝記だけなんだよ・・・

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:38:11.31 ID:6H8pmkbl0
賤ヶ岳は七本槍が有名だが七本槍より石田三成のほうが勲功多く褒美も多くもらっていること

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:38:57.20 ID:4v2+yA+R0
秀頼骨なんて残ってんのかな

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:40:12.77 ID:RNievGBa0
明智光秀は100`を越す巨漢

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:40:48.83 ID:ubB64Dlv0
三本の矢で有名な毛利元就の子供は10人以上いたこと

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:41:14.10 ID:isINPd2/0
>>82
強肩を集めて集団にしたとかはあるかもしれんけど、恒久的な"部隊"ではないと思う
弓が引けない雑兵は石と槍で戦うのが一番だし、それくらいはどこでもやってたと思うよ

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:42:10.19 ID:5xdcovCE0
邪馬台国の卑弥呼は曹操の孫に使いを送った

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:44:20.11 ID:ubB64Dlv0
>>89
魏志倭人伝って名前だけは出てくるけど関連付けて教える教師は稀だよね

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:45:12.39 ID:4v2+yA+R0
人口不足に悩む三国志の孫権は日本(と思われる地域)に軍勢を送って人狩りに行かせた
軍勢は疫病とかでバタバタ死んだので少しは日本人(?)連れ帰ったものの死んだ呉の兵の方が多くて収支マイナス
責任者は処刑された

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:45:43.39 ID:aYLO/JfG0
>>87
長男と末っ子で44歳離れてるからな

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:46:21.90 ID:ubB64Dlv0
>>92
しかも末子が生まれた時には長男死んでるっていう

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:47:28.20 ID:WmYvcMiW0
タイ(当時の国名はシャム)から仏舎利を送られて
日本の仏教宗派が宗派の垣根を越えて合同で建立した「日暹寺(ニッシャムジ)」というお寺がある
俺の知る限り、日本唯一の宗派の垣根を越えたお寺
シャムが国名をタイに変えた時に、お寺の名前も「日泰寺(ニッタイジ)」に変わった

日本史というには新しめの話題ですが

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:50:44.20 ID:YkBOzHtI0
春秋戦国の時代から朝鮮半島跨いで日本に渡来してた

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:50:52.19 ID:6H8pmkbl0
子子子子子子子子子子子子

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:59:18.01 ID:/8tQQWpB0
(´・ω・`)

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:59:28.79 ID:B1zZnXRPO
>>96
ねこのここねこししのここじし

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 21:59:39.30 ID:6H8pmkbl0
ノモンハン事件ではソ連の損害のほうが多かったこと

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:02:58.10 ID:aYLO/JfG0
>>99
ソ連崩壊まで情報が開示されてなかったからな

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:04:13.85 ID:2oRwsFIJ0
>>99 ソ連はしゃーない。
初期:
 とりあえず2人に1人銃を持たす。残りはタマだけ持たす。
 みんなで一斉に「Ураーーーーーーーーーーーーーー!!!!」
中期:
 とりあえず3人に1人銃を持たす。残りはタマだけ持たす。
 戦車と一緒に「Ураーーーーーーーーーーーーーーー!!!!」
後期:
 とりあえず5人に1人銃を持たす。残りはタマだけ持たす。
 多連装ロケット砲と戦車と一緒に「Ураーーーーーーー!!!!」

これだから。

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:04:16.85 ID:isINPd2/0
真珠湾攻撃時の艦攻機にはソ連から輸入した石油が使われていた

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:05:27.69 ID:isINPd2/0
>>101
1943年あたりからはそうでもなくなったけどな
まあ1920年代辺りの年代物のフランス軍ヘルメット被ってた兵士もいたが

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:06:39.78 ID:6H8pmkbl0
憲政の神様尾崎行雄は江戸時代から戦後までの長寿だったこと

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:06:59.56 ID:9NQy0d8Z0
日本一でかい古墳は、かつては仁徳天皇陵古墳という名前だったが
今は仁徳天皇陵古墳とはいわず、大仙古墳(たいせんりょうこふん)という

ちなみに第二の古墳は誉田山古墳(こんだやまこふん)

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:07:22.05 ID:vEmwNiUC0
高野長英は自殺じゃなくて捕手にリンチされて死んだ
さすがにリンチして殺しましたって上に報告すると拙いので自殺した事にされた
ソースは風雲児たち

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:08:39.21 ID:4v2+yA+R0
>>106
あの漫画の長英の娘の末路は泣いた…(´;ω;`)

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:09:52.87 ID:isINPd2/0
東郷平八郎は晩年老害と化した
日本軍は年功序列で日清日露の英雄の存在があまりにも大きすぎ
ソ連やドイツのように無理矢理人事が刷新される事もなかったので棺桶に片足突っ込んだようなジジイ達が軍に口を出していた

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:11:44.33 ID:4v2+yA+R0
秋山真之も晩年新興宗教(大本教だったかな)にハマってしまって
同僚を勧誘して財産失う人も出たりして結構周囲から恨まれたとか

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:12:06.15 ID:6H8pmkbl0
>>106
作者のみなもと太郎先生は今回もコミケにでていること

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:12:21.79 ID:aYLO/JfG0
>>105
二位の古墳聞いたこともないわ
応神天皇の古墳が二位だと思ってた

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:14:03.01 ID:5OMpg6l40
>>109
日露戦争以降完全に存在感ないよな
兄はその後も学校の校長やったりしてるけど

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:14:36.26 ID:6H8pmkbl0
>>111
横だがそれが誉田御廟山古墳

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:15:52.67 ID:5OpZq+nn0
>>108
陸軍では山県有朋が老害過ぎて
東条英機や永田鉄山が何とかしようとして結局ああなっちゃったんだよなぁ

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:16:41.97 ID:DWrAtj/u0
馬はサラブレッドみたいなデカいのではなくよく牧場にいるようなポニーサイズ

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:18:30.79 ID:isINPd2/0
>>114
鉄山先生は有能として東条英機は人物評とか聞く限りそこまで極悪人には見えないんだよね…
諸悪の根元みたいに言われてるけど

天才に詰め込み教育して留学も積極的にさせたおかげで若い士官は有能なの多かったんだけどな

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:19:34.58 ID:BWfZSqk70
平氏と平家の違い知ってる人はそんなにいない

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:19:44.58 ID:6H8pmkbl0
適塾は正式には適々斎塾ということ

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:19:54.87 ID:2ILTY7Fr0
江戸時代にはいろんな大食い競争があった
しょうゆとか泥とか

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:20:00.80 ID:DWrAtj/u0
>>117
一緒じゃねえの!?

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:20:06.07 ID:UbWVlwm90
>>115
教科書にはのらないけど好きな人には常識レベル
といっても分類上ポニーであって
想像よりでかいと思う人がほとんど
http://www.youtube.com/watch?v=rz1Am9Aob3Q
サラより頑丈だし

それでも騎士の馬よりは小さい

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:21:32.84 ID:BWfZSqk70
>>120
結構意味違うぞ?教科書には載ってにいけど

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:23:43.90 ID:ubB64Dlv0
そもそも義務教育レベルの日本史で氏姓制度なんて理解できない

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:23:47.25 ID:DWrAtj/u0
>>121
見たことないのに知ったかしました!すみませんでした!
意外とデカかいのな。退役サラブレッドしか乗ったことないから知らんかった
>>122
kwsk

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:24:01.07 ID:I2dM60fF0
>>122
詳しく頼む

青森県にはキリストの墓(ピラミッド?)と言われる山と石の遺跡がある
たしか昭和初期の怪しい学者が唱え始めた説なので
源義経=チンギスハーン並みの与太話

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:28:23.32 ID:UbWVlwm90
>>124
ちなみに上野動物園で見れるよ〜
戦車でいうとチハとパンターが中戦車として扱われるように
普通に見られるシェトランドポニーがポニーとしては小さいほう=チハ
木曽がポニーで大きいほうって事ですね=パンター

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:29:23.47 ID:t48DhyKuO
信長は神官の家系

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:29:30.43 ID:zauQUdIT0
>>121
暴れん坊将軍のオープニングは嘘という人が結構いるけど半分は本当
なぜなら当時徳川吉宗だけが西洋の馬を持っていたから。でもお付きの人は持ってなかった

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:31:12.17 ID:SVKurCdt0
平氏…すごく範囲が広い。平将門や平清盛や、平姓を名乗っていない北条氏とかも含まれる。桓武平氏以外もいる
平家…範囲が狭い。平氏の中でも、伊勢平氏と言われる嫡流の家系の人物たちをいう。平清盛やその兄弟、子孫たちを指す
つまり平将門は平家じゃない

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:31:51.09 ID:5OpZq+nn0
>>128
お中元に象もらってるしな

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:33:07.66 ID:DWrAtj/u0
>>126
ほう、詳しくありがとう

牧場とかでオッサンが引きながらちょっと乗せてくれる奴はポニーだっけ?
流鏑馬やってた時馬が全然いなくて退役したサラブレッドでやらされたんだけど木曽ならあるいは………

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:33:57.81 ID:6H8pmkbl0
応仁の乱のさなか両陣営は一度神輿の将軍を入れ替えてる

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:34:29.21 ID:4v2+yA+R0
>>129
へえ参考になった

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:35:30.63 ID:I2dM60fF0
>>129
ありがと
ちょっと自分でも調べてみる

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:36:27.90 ID:DWrAtj/u0
>>129
流れを汲むだけで名乗れるとは知らなかったわ

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:38:18.11 ID:UbWVlwm90
ちょっと調べたけど秀吉も西洋馬持ってたみたいだね

使節は帰国翌年の3 月に京都の聚
楽第で関白豊臣秀吉に謁見して,このアラビア馬を献上
した.
聚楽第に向かう使節の先頭を歩む大型のアラビア馬
は,見物していた全ての群衆を驚かせた.公家の『時慶
卿記』や神職の『兼見卿記』には, 共に体高5 尺
(150cm)余の馬と記述されており,当時の日本在来馬
(体高約130cm)よりはるかに大きな馬の雄姿が記録さ
れている。

吉宗
江戸時代に,幕府は馬の改良目的で西洋馬の輸入を行
っており,36 頭余りが輸入された.8 代将軍吉宗は特に
熱心で,9 度にわたって28 頭を輸入した.吉宗の派遣要
請により調馬師のケイゼルが11 年間に3 度もオランダ
商館員として来日し,西洋式の馬術,調教法や飼育管理
法などを伝えた。

>>131
まちまちじゃね?
俺は時代祭りのエキストラで馬の真後ろ歩かされて
糞の匂いと恐怖におびえてた、多分木曽

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:39:16.09 ID:E3LF8BAq0
>>116
東条は木戸幸一に嵌められたとか
木戸自身勝てる戦いではないとわかっていたから天皇を守るために東条へ押し付けた

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:39:51.17 ID:ubB64Dlv0
>>135
戦国時代とか流れを汲んですらないけど捏造して名乗ってましたし

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:44:11.14 ID:t48DhyKuO
源平籐橘の橘氏の子孫で有名なのは楠木正成のみ

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:44:41.72 ID:wlQhqo7T0
信長以前にも比叡山を焼き討ちした人物がいる

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:45:09.21 ID:FdFIXYQ+0
>>132
関係ないけど応仁の乱ほど無駄な戦いはないよな。京都焼け野原になったし

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:46:45.42 ID:2tDvmSpc0
縄文時代の何にでも模様つけちゃうっぷりは異常だろ

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:47:17.44 ID:6H8pmkbl0
チャイナドレスはもともと満州人の衣服で漢人の服ではない
広まったのは清代から

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:48:48.31 ID:n2H1eyxa0
クソ坊主こと一休さん

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:49:21.33 ID:lVBKdbo00
小野妹子は男の子

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:50:42.55 ID:wlQhqo7T0
秀吉が自分で明智討ちという作品を作って
自分で演じるくらいの能の愛好者だったこと

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:50:45.25 ID:aYLO/JfG0
幕末の福井藩主、松平春嶽の子が1976年まで生きていたこと

148 :辛くてスパイシー:2013/08/13(火) 22:51:50.30 ID:6t/uFUBx0
卑弥呼が日本にいたってこと

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:52:19.63 ID:FnF7A1XwO
>>145
…え?

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:53:25.94 ID:FdFIXYQ+0
>>147
マジか!?つい最近じゃん

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:53:30.67 ID:wlQhqo7T0
平氏→源氏→平氏(北条氏)→源氏(足利氏)ときて
次は平氏が天下を取るという噂があったので
信長が平信長と名乗っていたこと

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:56:38.43 ID:46MpCV/t0
>>53
kwsk

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 22:59:52.35 ID:dXxwdPWy0
幕末。アームストロング砲はそれほど活躍していない。
4斤山砲が官軍の主力兵器だった。

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:01:49.97 ID:3yQChYP8O
>>174
ぐぐってしまった

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:03:58.52 ID:wbdxUCANO
真田信繁(幸村)は武田信玄に仕えていない

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:05:48.09 ID:wlQhqo7T0
>>155
肥のひどい捏造やなw
しかもカプンコにパクられててワロタ

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:06:55.30 ID:379WP2/U0
今更だけど>>22についてkwsk

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:07:51.08 ID:+lS12GAY0
戊辰戦争の時に官軍に対抗して旧幕府側が擁立した皇族がいる

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:08:19.09 ID:UbWVlwm90
>>157
俺の大学時代の恩師もブちぎれてたな
旧石器時代捏造事件の藤森だったかな

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:08:45.65 ID:wbdxUCANO
>>157
神の手 考古学
でぐぐれ

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:10:09.07 ID:I2dM60fF0
>>157
考古学の世界でやたら世紀の発見する人がいた
その人の発見で歴史教科書もテストも新しく作られる
ある時その人が発掘調査中の遺跡に自分でモノを埋めてるのをすっぱ抜かれる
今までの発見の多くが捏造だとわかり当時大混乱になる

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:11:15.90 ID:aYLO/JfG0
>>158
北白川宮だな
戊辰戦争で新政府側が負けてたらもしかしたら南北朝時代の再来になったかもしれない
ちなみに北白川宮は台湾で亡くなってる

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:13:21.32 ID:zauQUdIT0
日本に鉄砲が伝来したら勝手に職人たちが改良合戦を初め実用化されなかったものの城攻め用の大口径の銃まで作ってた(今で言うRPGみたいな運用法)
あと鉄砲伝来のルートは1つじゃなくて中国からも結構入ってきてる

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:14:50.18 ID:wlQhqo7T0
>>163
それは蒙古軍がつかったてつはうじゃなくて
西洋式のものが入ってきてたということですか?

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:14:58.69 ID:DWrAtj/u0
>>163
確か海賊みたいな事やってた連中とか貿易商は既に使ってたんだっけか
そんな話をどっかで見た気がする

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:15:25.00 ID:9NQy0d8Z0
藤村新一だったかな
そのせいで、テストに出る旧石器時代に関する遺跡は
現在は
岩宿遺跡 野尻湖遺跡
の二つだけ
押さえておけばよくなっている。
旧石器時代は、覚えることが少ないからテストも狭い範囲しか出せず
確実に点数を取りたいところだ

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:15:37.52 ID:l9IayJqg0
>>87
孫の輝元が生まれた後も息子つくってるからな

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:16:04.50 ID:rTYaLuHs0
幕末の仙台藩に凄く開明的な考えを持つ藩士がいた。名前は真田喜平太
有名な真田幸村の子孫である

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:16:07.83 ID:wlQhqo7T0
>>165
なるほど

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:16:36.13 ID:8jwg0MA9O
五稜郭は合理性を追求した結果あの形になった

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:17:15.67 ID:t48DhyKuO
江戸時代
リサイクル都市だった江戸はウンコを肥やしとして買われていた
食い物がいい武家のウンコが高く売れたとか

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:17:25.45 ID:pxI3fIbkO
>>163
石銃だろ?

重すぎて鑑賞用だったらしいけど

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:17:41.42 ID:UbWVlwm90
>>164
もののけの石火矢とか

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:18:48.88 ID:DWrAtj/u0
>>171
授業でやったぞ俺

でも先生が話してくれたのか教科書に載ってたのかは忘れた

175 : 忍法帖【Lv=10,xxxPT】(1+0:15) :2013/08/13(火) 23:19:10.77 ID:UOThaJgM0
徳川家康は家系図を偽って源氏の子孫だと言い張り天皇に送って、征夷大将軍に任命された。ってのを本で読んだけど誰か聞いたことある?

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:20:15.38 ID:wlQhqo7T0
>>173
それは中国式のやつで僕のいった
てつはうと同じやつだね
火縄銃と違って人間にはあまり効かなかったので
建物を燃やしたり馬を驚かせたりするために使われた
応仁の乱ではこのせいで多くの建物が燃やされたという

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:21:41.58 ID:lVBKdbo00
>>171
ウンコはウンコでも

直接撒いたらダメ
発酵など処理しないと
肥料にならない

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:22:04.92 ID:rTYaLuHs0
幕末に日米修好通商条約締結で活躍した岩瀬忠震。誰もが知る超有名戦国武将の子孫です
さて、誰でしょうか!

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:23:03.53 ID:55XMdMWW0
藤村だか藤森が遺跡に埋めてる写真を最初に載せたのは俺が中2くらいの時の毎日新聞

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:23:07.40 ID:t48DhyKuO
そういえば、江戸時代は暗かったと聞いたことがある
芝居小屋も暗く、役者の顔をカンテラで照らす係りの者がいたとか
光源も蝋燭や油じゃ
屋内は暗かったんだな

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:24:37.03 ID:aYLO/JfG0
>>175
有名だよ。家康は藤原氏の子孫だって自称してた時期もあるから
曰く、松平初代の親氏は新田の子孫なんだってさ

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:26:28.60 ID:t48DhyKuO
>>174
まあ、最近出た雑誌に載ってたしな
屑鉄買い、紙屑買い、蝋燭の溶けカス買い、いろんな物がリサイクルされていたとか

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:26:29.54 ID:l9IayJqg0
600年に遣隋使が派遣されている
しかし日本が大恥かいたようで、日本側の資料には記述がない

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:26:44.70 ID:2oRwsFIJ0
>>180
だからみんなチョンマゲ結って頭を光らしてたんだよな

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:26:46.61 ID:pxI3fIbkO
>>175
厳密に言うと三河守の官位を貰う時に、「ついでに姓を変えたい」って事になって、関東に住んでた源氏の得川氏が三河に住み着いて徳川になりました!!
って、言い分を捏造家系作って朝廷に認めて貰ったって話

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:27:52.67 ID:6H8pmkbl0
>>175
源氏長者の話も参考までに

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:31:40.43 ID:lVBKdbo00
源氏ってたぶん
中高生に一番嫌われてる存在だよな

188 : 忍法帖【Lv=10,xxxPT】(1+0:15) :2013/08/13(火) 23:33:52.86 ID:UOThaJgM0
>>175だけと

聖徳太子の捏造は当時の藤原氏に効果あったの??

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:36:44.83 ID:t48DhyKuO
江戸は上下水道が完備された当時最高水準の衛生都市でペリーが本国に連絡するほど驚いた

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:39:20.94 ID:wihHN0oj0
>>187
俺的には藤原氏だと思う

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:48:43.85 ID:9NQy0d8Z0
天皇だったのに、死んでもいないのに一度天皇をやめて別の人に皇位を譲ったのに
また天皇になろうとした人が二人いる

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:52:51.14 ID:rTYaLuHs0
日本史スレは伸びないな(´;ω;`)

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:53:57.45 ID:CzKF+cPa0
>>183
馬子が大王だったんだから
そんなこと詳しく日本書紀に書けるわけがない

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:58:37.43 ID:fnU7yB9C0
時分が知ってる時点で
「意外と知られていない」なんて思えないから書くことがねぇなぁ

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 23:59:16.88 ID:t48DhyKuO
日本三大碑の田子碑にある羊大夫は実は景教徒のことで、古代日本にはすでにキリスト教が入っていたという説がある

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:01:21.96 ID:bDYhhIV3O
あっ、景教はネレウスト派とかいう古代キリスト教のこととか
中国にはいたのが確認されているらしい

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:01:49.53 ID:8jkVVArQ0
>>191
譲位は皇極帝(乙巳の変で譲位)以降は普通
大日本帝国憲法で譲位はしちゃダメってことになった

重祚した二人はいずれも女性天皇だし重祚した理由もイレギュラーだしな

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:05:05.82 ID:D9Rw5GZ/O
西郷隆盛は自殺志願者
死に場所を求めていた

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:05:11.76 ID:G+aQ1byT0
徳川慶喜は明治以降子作りしまくった

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:06:13.94 ID:gaVeFs0O0
>>198
月照と入水してるもんな。西南戦争も死に場所を探してた感じする

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:12:34.86 ID:gaVeFs0O0
(´・ω・`)

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:13:40.09 ID:uaTlbHtw0
前方後円墳と銅鐸は同じも

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:14:24.55 ID:D9Rw5GZ/O
>>200
司馬の影響か燃え付きやら欝と言われている木戸だが
西郷の方がこの気があるんだよな

木戸の辞表癖は策略としか思えん

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:19:19.94 ID:gaVeFs0O0
>>203
西郷は性格が真面目すぎて少しでも周りが不正とか拝金主義に走るとすぐやる気なくしちゃうんだよな
明治政府にも失望してたらしいし

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:20:56.87 ID:arNnmW7q0
徳川家光のいとこが家康によって殺された

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:29:29.68 ID:G+aQ1byT0
>>205
松平忠直?

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:31:18.78 ID:7gT1Oe3B0
>>205
「発想の転換」みたいな本で出てくる典型的な例だな
いろんな本で見たわ

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:32:13.58 ID:7gT1Oe3B0
>>206
豊臣秀頼
家光とは母親同士が姉妹

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:37:44.36 ID:qX9Ww1hd0
最近まで日本最初の女帝は推古天皇ではなく神功皇后とされていた

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:41:27.20 ID:Si5zVvgv0
織田信長と前田利家は若い頃アーッ!してた

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:44:05.12 ID:G+aQ1byT0
>>209
戦前じゃね?(´・ω・`)

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:44:51.24 ID:BblupuY90
江戸時代にはホモ風俗があった
ショタの頃から調教していたらしい
フェラのテクニックとして、半紙をねじったのを舌に結わえておくと下手くそでも熟練の舌使いになったらしい

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:45:22.60 ID:qX9Ww1hd0
>>211
最近じゃん

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:46:57.76 ID:MyCzPQhW0
縄文時代の人は、クジラも食べていた
漁業技術が優れていたことが窺がえる

土偶は、縄文時代の人が故意に壊していることが多い
理由はよくわからない

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:47:27.20 ID:Si5zVvgv0
弥生時代の日本は打製石器の発達した当時の先進国だった

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:47:30.99 ID:qX9Ww1hd0
天智天皇没後すぐ壬申の乱がおこり天武天皇が即位したとおもわれがちだが
実は天智天皇の息子が弘仁天皇として即位している

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:48:47.66 ID:ecL4+a0Q0
>>216
それは明治天皇だかが後からねじ込んだって聞いたけど
違う人だっけ?

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:48:58.73 ID:G+aQ1byT0
>>216
弘文天皇な
ちなみに弘文天皇が認められたのは明治以降だぞ。即位したかどうか諸説あり

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:50:50.10 ID:qX9Ww1hd0
>>217
>>218
ミスった
ともかく天武天皇がすぐに反旗を翻したわけじゃないのは事実

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:51:13.97 ID:Dig5M/9k0
普通に即位したんじゃないの
いくら叔父さんと争ってるとはいえ空位のままにしておくとも思えんけどね

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:51:30.62 ID:PYKDLCKWO
海賊の藤原純友はその名の通り初めは海賊を取り締まる側だった

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:52:07.59 ID:KmDRXNXH0
聖徳太子が小野妹子に託した国書の「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す」という書き出しに煬帝は激おこと言われているが
隋を「日没する処」と書かれたことに怒ったわけではなかった

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:52:11.20 ID:ZCCkjxIR0
http://ja.wikipedia.org/wiki/弘文天皇


おおともの皇子が 敗北したがわだったか。

明治期に天皇としてみとめられたとか なんかでみたようなきもする。

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:52:49.63 ID:ZCCkjxIR0
歴史はどんどんぼんやりしていくのが人類の運命だねえ。

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:53:35.73 ID:Si5zVvgv0
お茶々様の身長は180cm台

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:53:37.56 ID:arNnmW7q0
>>222
天子や致すがNG

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:55:06.00 ID:qX9Ww1hd0
勾玉といえば大極図の半分みたいなのを想像する人が多いが
時がたつにつれてコの字形の勾玉になっていった

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 00:57:03.95 ID:ZCCkjxIR0
単純に卑弥呼からしばらくは

まともな外交をしていないので どうだかなと思う。

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:02:14.84 ID:eN2qIyC70
卑弥呼死後から100年間が空白期間で何があったのかわかっていない

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:03:56.15 ID:wGzsnh0U0
教科書とかでよく見る西郷さんの写真は本人でない

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:05:19.81 ID:PSFhSM3hI
>>229
有名

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:06:10.53 ID:bA/87ZOP0
弘文天皇が即位したとする根拠は無理やり感がハンパねえ

<明治政府の主張>

光仁天皇の即位で天武系が断絶したのは天武天皇が根源的に”逆賊”だったからでは?
(壬申の乱で大海人皇子=天武天皇が政権を奪取したのはクーデタだ)
 ↓
だとすると、壬申の乱で敗けた大友皇子のほうが正当な天皇だったということになる
 ↓
じゃあ資料にはないけど、大友皇子が弘文天皇として即位してたことにしちゃえ!

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:07:07.06 ID:Dig5M/9k0
大陸側も大変だったしね
倭のことなんて記録に残してらんなかったかも

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:09:55.03 ID:4H75u3gJ0
徳政令は支配層ではなく被支配層からの求めによって制定された初めての法律

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:13:20.73 ID:eN2qIyC70
>>232
光仁天皇って60超えて天皇になったんだろ?当時としたらかなりのじいさんだわ

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:14:30.93 ID:KyqO+S8p0
戦前では超有名人だったけど今はそれほどでもない山中鹿之助さん

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:15:46.38 ID:YHGPlTglO
>>231
はいはい

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:16:21.65 ID:Dig5M/9k0
捕まった時一晩に何十回もうんこ行って見張りが嫌気さした頃に脱出した武勇伝の持ち主だっけ

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:16:41.67 ID:G+aQ1byT0
>>236
俺に苦難をくれ!って言った人か

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:17:57.22 ID:Fc11kAYA0
>>6
亀だけど今の教科書じゃ1185年だってな
良い国作ろう鎌倉幕府が今じゃいい箱作ろう鎌倉幕府だとさ

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:18:43.63 ID:5wbbaoo6O
人体実験していた(かもしれない)

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:20:00.28 ID:Fc11kAYA0
南北朝時代の天皇、長慶天皇は明治時代まで天皇に存在していたかしていないか分からなかったが
二人の学者によって大正時代に存在が確認された

天皇の癖に南北朝時代の資料が無くて存在が不明瞭だったそうだ

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:20:09.65 ID:KyqO+S8p0
731部隊の面々は米軍に資料提出して司法取引、全員無罪

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:21:54.17 ID:BblupuY90
>>243
731は衛生科部隊
浄水器や下水掃除などをしていた
アメリカで資料が公開されたとき中国の研究チームが喜び勇んで行ったが報告は見つからなかった

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:22:23.66 ID:Fc11kAYA0
井伊直弼を桜田門外の変で殺したのは水戸藩士だけど、その水戸藩士の名前は「有村次左衛門」

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:25:00.42 ID:KyqO+S8p0
>>245
薩摩では?

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:27:33.72 ID:bA/87ZOP0
>>240
今の学会で85年説が主流というだけで、異説が多い

@80年説→頼朝が鎌倉に住み始め、侍所を設置した年。実質的な東国支配権を行使

A83年説→寿永二年十月宣旨で朝廷から東国支配を公認

B85年説→守護・地頭の任命権を得る

C90年説→頼朝、念願の右近衛大将に(右近衛大将以上が幕府を設置できる)

D92年説→頼朝、征夷大将軍に

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:27:38.90 ID:Dig5M/9k0
薩摩も井伊暗殺に全面協力するつもりでいたのがアテが外れて有村だけになっちゃったんだっけか

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:28:07.42 ID:Fc11kAYA0
>>246
そやった!
薩摩藩士の有村次左衛門が水戸藩士を引き連れたんだ
すまんこ

250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:29:27.47 ID:NbdLRf9N0
咸臨丸で勝海舟らが渡米した際、勝は艦長のくせに船酔いでずっと自室で寝込んでいた。
そのくせ、周りには艦長だからって横柄な態度。
働きもしないくせにやたらと威張ってるから、同乗してた福沢諭吉をマジギレさせた。

251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:33:31.59 ID:f/FGo/BT0
>>250
アメリカに上陸した福沢諭吉はこっそり抜け出して写真屋の看板娘と写真とってる
帰りの船で自慢しまくってたら周りからボコられた
何やってすんか諭吉さん

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:35:19.89 ID:NbdLRf9N0
そもそも今は学校で「鎌倉幕府の設立は○○年」なんて教えない

「1185年に守護・地頭を置く」とか「1192年に征夷大将軍になる」って教える

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:36:45.11 ID:KyqO+S8p0
陸軍中野学校は大戦末期にはゲリラ養成所に仕事の役目が変わっていた
また二俣分校と合わせて大戦後も現地に残り残留日本兵として東南アジア諸国で将兵の育成や解放戦争に参加したものもいる

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:41:26.21 ID:KyqO+S8p0
親父を吹き飛ばされて西安事件起こした張学良さん
死んだのは2001年でついこの間

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:42:14.96 ID:Fc11kAYA0
>>252
へー
漏れみたいなおっさんの時代とは大違いだな

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:43:16.88 ID:1fqY6ABe0
鉄砲のネジの作り方が分からず
娘を偉人に売った鉄砲職人

257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:50:11.51 ID:hUSHzJda0
>>253
小野田寛郎少尉もそこ出身じゃなかったっけ

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 01:53:37.52 ID:eN2qIyC70
硫黄島←読み方は「いおうじま」ではなく「いおうとう」

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:00:20.63 ID:KyqO+S8p0
>>257
そうだね、今の時代じゃ想像もできないような人生を送ってらっしゃる

伊藤博文は4回総理になっているが在任期間最長ではない

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:02:48.48 ID:hUSHzJda0
>>259
http://www.onodashizenjuku.or.jp/index.html
調べたらまだ生きてたwwwwすげえwwwww
俺もこの塾なら受講したいわ

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:04:52.20 ID:G+aQ1byT0
>>259
桂太郎だろ

262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:09:26.88 ID:KyqO+S8p0
>>260
小野田△

>>261
その桂太郎の第三次内閣は62日で退陣と歴代2位の短命政権となった
ちなみに最短は東久邇宮で54日

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:18:18.12 ID:bA/87ZOP0
連続最長なら佐藤栄作だね

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:25:18.25 ID:DyNUYj790
てか毎日のように歴史スレ立ちすぎだろ

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:32:52.94 ID:G+aQ1byT0
>>262
日露戦争の時って桂内閣だったんだよな。あんまり印象ないけど

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:35:11.61 ID:D9Rw5GZ/O
桂太郎の伝記を呼んでる俺にはタイムリーなレスだな

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:37:24.00 ID:KyqO+S8p0
その桂の外交は弱腰だとして東大や学習院の教授により日露戦争やれとの意見書が提出された
これは満州を超えてシベリアまで攻め込めとのイケイケの主戦論であった

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:39:25.03 ID:G+aQ1byT0
>>267
東大教授とか凄い過激な論調だったな
戸水寛人とか
俺は最後まで和平を探ってた協商派の伊藤を評価してる

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:40:01.02 ID:7gT1Oe3B0
「今日から幕府ですよー」と宣言した瞬間がないからな
いつから、というのは規定されていない

だから1192年がダメなら、それと同じ理由で1185年もダメにならなきゃならないし、
だいたいそう捉えてる人が多いんだけど、
なぜか、1192年はダメだけど1185年ならいいと言ってる人が絶えない

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:43:52.72 ID:H67vwl7j0
中高と社会苦手で日本史大嫌いだったんだけど、
勉強離れて日本史の本読んでみると面白い面白い
俺なんで日本史できなかったんだろう・・・(年号覚えるの嫌いだったせいか)

271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:45:09.82 ID:KyqO+S8p0
>>268
どう考えても単なる机上の空論に過ぎないもんなぁ
戸水さんは本気でバイカル湖まで軍隊を進軍させることができるなんて考えてたんだろうか

確かに伊藤さんや井上さんの満韓交換論は理想的だったと思う
でもそうしてたら三国干渉とかで屈辱を味わってた国民が黙っちゃいなかったろうなぁ…
ポーツマス条約の内容ですら戒厳令発布まで発展したのだから

272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:46:10.66 ID:G+aQ1byT0
>>270
俺は逆に学生時代から日本史マニアだったが、今は数学にハマってる

273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:47:19.21 ID:uuS3mDUN0
空海は大学中退
しかもその後自分探しの旅に出た

274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:50:48.13 ID:H67vwl7j0
>>272
俺と逆だね
俺は数学マニアだった
大数とか数学オリンピックとか参加してたよ

戦国大名のいい話悪い話みたいなスレがあって(スレそのものを見たことはないけど)
そのまとめサイト読むのが面白くてハマったw

275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:51:40.33 ID:bA/87ZOP0
最澄と空海は本の貸し借りで揉めて絶交した

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:54:21.92 ID:KyqO+S8p0
高野山では今でも禅定している空海のため毎朝夜ごとに飯を出す

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:57:25.21 ID:SLBXCow70
>>212 陰間茶屋のことだな。坊主が上客だったとか。

278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:58:14.69 ID:sUI/SE110
>>276
こういう話好きだわ

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:59:01.49 ID:qyCIanRI0
>>61
これkwsk

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 02:59:21.24 ID:uuS3mDUN0
>>275
最澄「本貸してwww」

空海「いや、読むだけじゃ理解できないから俺んとこ来て俺の解説聞けって」

最澄「大丈夫大丈夫wwwお前でも理解できたんだしwww」

空海「いやいや、独学で読まない方がいいってば。いいから来いって。」

最澄「は?wwwwてかお前んとこで勉強してる俺の弟子(泰範)にそろそろ帰ってくるように言っといてwwww」

空海「あーあいつ帰る気ないみたいだよ。てかお前こそ前に貸した本まだ返して貰ってないんだけど?」

最澄「は?お前俺の弟子盗ったの?たぶらかしたの?もういいわ。絶交な。」

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 03:03:29.36 ID:KyqO+S8p0
>>279
柳条湖事件やそのあとは日本の自衛的行為ではないけど
今更後には戻れないし日本が満州において権益を持つのはしかるべき行為だよって結論だった

日本は特殊権益を認められたものの満州国は承認されなかったのでこの報告を突っぱねた

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 03:05:55.60 ID:uuS3mDUN0
>>276
なんか季節ごとだか年ごとに服も着せ替えてるんだっけ?

283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 03:06:35.62 ID:wEmlxA/40
比叡山では猿を神聖な動物として大切にしていた
このことを禅宗の坊さんに、著書の中でと皮肉られて
衆徒がブチ切れて相国寺の楼門を破却した

284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 03:06:37.60 ID:sUI/SE110
>>281
じゃあ国連脱退することなかったじゃねーか!

285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 03:14:51.00 ID:KyqO+S8p0
>>284
反発した日本に対して連盟は満州はやっぱ中国の土地で、国なんか認めないよjkって言い直して
ある程度の特殊権益は認めるけど九か国条約の原則まで戻れって通告、賛成42対反対1の結果に日本は脱退

286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 03:19:07.82 ID:bA/87ZOP0
まあ日満議定書まで結んでしまってる手前「はいはい」とは言えんわな

287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 03:21:17.28 ID:8Qo0Dlgr0
昭和天皇がボーイスカウトの勲章を持ってること

288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 03:24:26.11 ID:SLBXCow70
実は江戸時代の鎖国は、言われるほど厳しいものではないこと。

江戸庶民は、世界の七不思議を浮世絵などを通じて知っていたこと。
 楽徳海嶋銅人巨像/羅得島湊紅毛舩入津之図 :ロードス島の巨人像の浮世絵
 阨日多国尖形高台 :エジプトのピラミッドの浮世絵

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 03:28:54.02 ID:G+aQ1byT0
>>288
最近は江戸時代の評価変わってきてるよな
出島とかを通じて結構情報入ってたらしいね。ペリー来航も予め知ってたとか

290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 03:32:49.33 ID:uuS3mDUN0
なんか農民も実は困窮してなかったらしいね

もちろん時期や地域差はあるだろうけど

291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 03:36:58.62 ID:KyqO+S8p0
千利休は豊臣秀吉によって切腹させられた
その弟子古田織部は徳川家康によって切腹させられた

292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 03:42:22.71 ID:qyCIanRI0
>>285
なるほど
さんくす

293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 03:49:30.36 ID:SLBXCow70
>>290 江戸期は、身分と社会的地位が一致してない。
水呑み百姓でも、大富豪とか。

この場合、水呑み百姓=農地の所有権がないってだけ。

江戸期には、「士農工商」などの身分順位制度などそもそも存在していなかった。
身分=職業区分程度の違い。
その「身分」内での上下関係は強烈であるが、上級武士や公家を除いて、基本的にフラットな身分制度。

武士と町人の趣味仲間が集って祭りのイベント参加とか結構普通にある。

294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 03:53:16.32 ID:f/FGo/BT0
>>293
水呑み百姓でも大富豪って富山の海運屋さんとかだっけ?

295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 03:54:53.96 ID:oBxhlTf50
犯罪者のまま死んだ崇徳天皇(上皇)

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 03:56:43.88 ID:SLBXCow70
>>289 歴史を見ると、幕府や各藩は外国事情にやたら詳しいし、都市部の町人も変に知ってたりする。
幕末になると、こういう変な本も出版されるわけで・・・
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4075871.html

297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 04:02:16.96 ID:uuS3mDUN0
神仏判然令(神仏分離令)によって起きた廃仏毀釈運動により仏教界は多大なダメージを受けたけど、
仏教だけじゃなく神道の方も相当なダメージを受けた(その名残は今も続く)

まあ神道・仏教という概念すらもアレだけど

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 04:11:07.96 ID:BST+OxdsO
仁徳稜より大きかった古墳を崩して大坂城を建てた

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 04:50:06.93 ID:TbIgeGVS0
おそらく日本史の中で最も頭が良いのは
塙保己一であること

300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 06:02:22.83 ID:WQXCj0pwO
武田信玄と言われる恰幅のよい入道の肖像画は別人であるという説も根強い
晩年の信玄は痩せていたのではないかと思われるのがその根拠

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 07:59:18.25 ID:0/KPACvfO


302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 08:22:00.34 ID:liTj/YNo0
ペリー函館来たとき残した記録に、HAGODADIとあること。ハゴダディw方言そのまんま

303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/14(水) 08:23:26.28 ID:7gT1Oe3B0
「鎖国」という言葉は
江戸時代に、当時の学者が現在の自分たちの国の状態を表す言葉として作った

66 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)