5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

幽霊「私の我儘を聞いてくれませんか?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 14:15:03.74 ID:T8Z/eWWwi
〜屋上〜

男「あーくそ、何で学校のトイレが使えないんだよ!」

男「夏休みの水やりに来たのはいいけど途中で腹痛に襲われて慌てて校内に入ったのは良いんだけど…」

男「まさか夏休みの間にトイレを全て工事なんて堪んねぇよなー!あーくそっ!」

男「もう我慢出来ない……だから」スルッ

男「ここでうんこ垂れ流しちゃいます」

ブリュリュリュ…ブピッブピッ……バブリャィリュ

男「あ"〜、炎天下の中でする野糞ってたまんねぇ…」ブピー‼

幽霊「あ、あのぉ」

男「どうせ誰にも気づかれないだろ、それに暑さで乾くからバレる心配も無いしな」

幽霊「あっ、あの!」

男「えーっと、紙は制服で良いよな」フキフキ

幽霊「あのー!!」

男「うおっ!?み、見てたのかよ変態!」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 14:20:36.08 ID:T8Z/eWWwi
幽霊「いや、変態じゃなくて……い、一応見てたのは謝っと来ます」

男「お前、まさか俺の野糞を録画してそっから俺を奴隷にとか考えてやがるな」

幽霊「……そんな事しませんし録画する道具も持ってません」

男「……ん?あのさ、なんでお前、下が透けてるんだ?」

幽霊「今更なんですか…私、幽霊なんですけど」

男「あははは、またまたそんな嘘ついて……はい、チーズ」 パシャ

男「………」

幽霊「映らないでしょ?私の姿」

男「ほんとだ、つーか……幽霊って実在したんだな」

幽霊「前置きはこの位にしてですね、少し協力して欲しい事があるんです」

男「ゆ、幽霊が人間の俺に…?」

幽霊「はい、良かったら着いて来てください」

男「あ、あぁ…わかった」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 14:21:55.89 ID:4Pm+odT2P
糞、溜めて待つぜ。

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 14:25:45.77 ID:T8Z/eWWwi
〜理科室〜

幽霊「こっちですよ〜」

男「理科室になんの用事なんだ?たまたま空いてたから入れたものの…」

幽霊「う〜ん、取り敢えず助けて欲しくて」

男「た、助け?幽霊の君じゃ出来ないのか?」

幽霊「はい……私じゃどうする事も出来なくて、だから協力して欲しいんです!」

男「協力するのは良いんだけど…」

幽霊「と、とにかくこの奥の準備室なんです!」

男「あ、あぁ…」

幽霊「屋上で野糞を平気でする貴方にしか頼めないんです」


男「……(なんかバカにされてる気がするけど…まぁ、いいか)」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 14:27:08.17 ID:ebXRBik+0
おもしろくない

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 14:30:41.67 ID:T8Z/eWWwi
〜準備室〜

男「ほう"っ!!くっさ!」

幽霊「そ、そんな事言わないでください!泣きそうになっちゃいますから」

男「いや、薬品の臭いだろ?……しかし、めちゃくちゃ臭いな」

男「熱気のせいも有るけど…薬品ってこんなに臭いんだな」

幽霊「……あっ、ここです!このロッカーです」

男「ん?ロッカーの前に荷物が積まれてるけど、これをどければいいんだな……よいしょ」

幽霊「それで、このロッカーの中を」

男「はいはい、分かってますよっと」ガチャ

ドサッ

死体「……」

男「……」

幽霊「ありがとうございます!本当にありが

男「お"え"ぇえ"っげぇええぇ!」ゲボゲボゲボ

幽霊「わわわー!なに私の身体にゲボをブチまけてるんですかー!」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 14:32:10.82 ID:+C3XkUac0
幽霊ちゃんイメージ的にこのなかのどれ?

http://i.imgur.com/QQejG.jpg
http://i.imgur.com/1W7LJ.jpg
http://i.imgur.com/DDe8I.jpg
http://i.imgur.com/kU3RP.jpg
http://i.imgur.com/rXUvi.jpg
http://i.imgur.com/WlHIx.jpg
http://i.imgur.com/HMMcG.jpg
http://i.imgur.com/gpv4G.jpg
http://i.imgur.com/mXKtO.jpg
http://i.imgur.com/5P8G6.jpg
http://i.imgur.com/N2g2t.jpg
http://i.imgur.com/KriMA.jpg
http://i.imgur.com/7AHpC.jpg
http://i.imgur.com/nNa36.jpg
http://i.imgur.com/ChSep.jpg
http://i.imgur.com/ZIA13.jpg
http://i.imgur.com/gwI6o.jpg
http://i.imgur.com/9rmPk.jpg

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 14:34:24.81 ID:T8Z/eWWwi
男「ぼう"っげへえぇぇえ!!」ゲボゲボゲボ

幽霊「だ、だから私の身体にブチまけないでくださいよー!」

男「げほっ…はぁはぁっはっはっ」

男「な、なんだよコレ……なんで準備室のロッカーの中に死体が有るんだよ」

幽霊「これ、私の死体なんです!」

男「そ、そんなに明るく振舞われても……うっぷ」ベチャベチャベチャ

幽霊「だから私の身体にブチまけないでくださいってばー!あんまりですよ!」

男「く、くうぅっさ!!つーか腐敗してんじゃねーかこれ!くっさ!くーっさ!!」

幽霊「……それ以上言わないでください…流石に凹みます」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 14:37:28.04 ID:4Pm+odT2P
>>7
コピペすんな

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 14:38:32.48 ID:T8Z/eWWwi
〜理科室〜

幽霊「あっ、優しく洗ってくださいよ!?」

男「……」バシャバシャ

死体「……」

男「な、なぁ…これ、君の死体って言ってたよな?なんで準備室のロッカーの中に有るんだよ」

幽霊「い、言わなきゃいけないんですか?」

男「そりゃあ、気になるしさ、何よりこれ、死んでからかなり経ってるよな?」

幽霊「もう3年前ですからね〜、いやぁ、まさかあの時は死ぬとは思いませんでしたから」

男「虐められて、とかじゃないよな?」

幽霊「それは違います、あの日はそうですねぇ、昼休みの事だったんですけどぉ」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 14:43:24.25 ID:T8Z/eWWwi
幽霊「私達、隠れん坊してたんですよ」

男「……あ〜、なんとなく理解出来た」

男「アレだろ?その時にロッカーに隠れてたんだけど理科の先生が準備室に来てロッカーの前に荷物か何かを置いて行ったから閉じ込められました」

男「気付いたらそのままで苦しんで死にましたと…」

幽霊「凄いですね!100点です100点!」

男「褒められても嬉しくないから…」バシャバシャ

幽霊「辛かったんですよ〜?3年間も誰からも救って貰えなかったんですからね〜」

幽霊「生徒に声を掛けても悲鳴を上げて逃げ出される始末ですから…」

男「……で?」

幽霊「はい?」

男「この死体、どうすればいいんだ?」

死体「……」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 14:49:29.93 ID:T8Z/eWWwi
幽霊「あっ…」

男「考えて無かったのか……どうすんの?遺族に返すのか」

幽霊「私の両親は今は県外に居るみたいなんで……う〜ん、どうしましょっか」

男「いや、俺に言われてもさ……あっ!なら俺にくれない?」

幽霊「私の死体をですか?」

男「うん、オナホールに使おうかなって思ってさ」

幽霊「えー!?それは嫌です!私まだ処女なんですよ!!」

男「じゃあどうすんのさ…火葬場に持っていって燃やして貰うのか?言っとくけどそんな金出せないぞ」

幽霊「う、う〜ん……」

男「まっ、取り敢えず俺の家に持って帰るからな」

幽霊「んなっ!?」

男「仕方ないだろ?死体をここに置いとく訳にも行かないし」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 14:50:57.33 ID:MzuESpHg0
3年間ロッカーが開けられないとかどういうこと
それに3年だと洗えるような腐敗状況じゃない

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 14:53:03.82 ID:T8Z/eWWwi
〜校門前〜

男「ふぅ、やっぱ死体ってだけあって軽いんだな」

幽霊「……」

男「ん?どうしたんだよ」

幽霊「いえ、私って地縛霊なので学校の外に出た事が無いんですよぉ」

男「大丈夫なんじゃないのか?現に死体を持ち歩いてるんだし……まっ、為せば成るさ」

幽霊「は、はい…」スイー

男「な、出られただろ?」

幽霊「ほんとだ、出られちゃいました」

男「んじゃ、とっとと俺の家に行くかね」

幽霊「あっ、はい…」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 14:56:07.53 ID:7C1dDAgw0
どんな美人さんでも最終的には腐ったり骨になったりするんだよなぁ…やっぱり二次元の方が良いや

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 14:58:21.65 ID:T8Z/eWWwi
〜部屋〜

男「よいしょっと」

死体「……」

幽霊「あの、本当にここに置いとくつもりなんですか…?」

男「うん、暇な時にオナホに使う予定だけど使わない時はベッドの横に置いとこうかなって思ってる」

幽霊「……変態さんなんですか?」

男「変態じゃねーよ、ただ屍姦をやってみたいってだけ」

幽霊「お、思いっきり変態じゃないですか…」

男「それに、魔除けに成るだろ」

幽霊「魔除けって……人の死体をなんと思ってるんですか」

男「よし、とにかく死体に関してはここに置いとくから、お前はこれからどうするんだ?」

幽霊「え?」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 15:04:20.01 ID:T8Z/eWWwi
男「いや、お前の願いは叶えてやったんだぞ?それに学校から出られたんだからお前は自由なんだぞ」

幽霊「あっ、そういえばそうですね」

男「それとも、お前を置き去りにした友達とやらに復讐でもするか?」

幽霊「それは大丈夫です、呪い殺しましたから、2年程前に」

男「そ、そうなのか……惨い事するんだな」

幽霊「当たり前じゃないですか!私を放置したんですよ!?死んで当然です」

男「まぁ、それは良いとしてさ、どうすんだよ」

幽霊「うう〜ん、全く考えてませんでした」

男「はぁ……俺、今から行かなきゃいけないとこが有るからさ、帰ってくるまでに決めといてくれよ」

幽霊「あのぉ、どこにいくんですか?」

男「神社」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 15:10:24.08 ID:T8Z/eWWwi
〜神社〜

男「……で、なんで着いて来てんの?」

幽霊「えへへ、暇ですから」

男「まぁ良いけどさ……っと、賽銭をいれてっと」チャリーン

男「夏休みが終わるまでにセックス出来ます様に夏休みが終わるまでにセックス出来ます様に……」

幽霊「うわぁ、酷いお願いですね」

男「別に良いだろ……あっ!」

巫女「今日も来てくれたんですね、ありがとうございます」

男「こんちはーっす!今日も寄付しに来ました」

巫女「……あら?隣に居るのは…誰ですか?」

幽霊「あの、3年前に死んでこの世を彷徨ってる幽霊です!」

巫女「幽霊……ですか?」

男「今日こいつに話し掛けられたんですよ、ビックリしました。俺の通ってる学校に死体を放置されてたみたいで」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 15:14:56.59 ID:T8Z/eWWwi
巫女「幽霊……」

男「……あの、巫女さん?」

巫女「南無南無南無南無」

幽霊「はうっ!!く、苦しいです!」

巫女「男さん、安心してください。私が今すぐ成仏させてあげますから」

男「いや、巫女さん!良いんですって!」

巫女「大丈夫です、こう見えて私、除霊師準2級持ってますから……南無南無」

幽霊「お、男さーん!と、止めてください!お、お願いしますー!」

男「巫女さんってば!成仏しなくて良いんですってば!」

巫女「け、けど…」

男「こいつはまだやり残した事が有るみたいなんで!」

巫女「……まぁ、貴方がそこまで言うなら」

幽霊「うぅっ…し、死ぬかと思いました」

男「いや、もう死んでるだろ」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 15:20:31.47 ID:0fIqypj40
期待

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 15:22:34.51 ID:4Pm+odT2P


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 15:27:51.07 ID:vb3uTw300
期待

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 15:30:56.13 ID:Z1RAs7cw0
sage

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 15:54:26.06 ID:oMrTe3qW0
ん?

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 16:23:57.29 ID:T8Z/eWWwi
巫女「……そうなのですか、3年も」

幽霊「ううう、分かってくれますか私の気持ち」

巫女「はい、私も同じ様なものですから」

男「巫女さん、こいつは俺がなんとかしますから安心してください」

巫女「えぇ……ですが」

巫女「幽霊とは、この世に居ては為らぬ存在ですので、早目に彼女を解放してあげてくださいね?」

男「?は、はい」

巫女「なにか困った時はお賽銭をもってこの神社に顔を出してくださいね?お力になりますよ」

男「そ、その時はお願いします……さっ、行くぞ」

幽霊「へ?あぁ、はい」

巫女「……(幽霊と共にですか…何もなければ宜しいのですが)」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 16:29:36.10 ID:T8Z/eWWwi
幽霊「……」

男「ん〜?どうしたんだよ、もう成仏だなんだされないから安心しなって」

幽霊「いや、この神社にはよく来てるんですか?」

男「そうだけど……なんでだ?」

幽霊「なんかあの神社、不思議な感じがするな〜って思って」

男「ふ〜ん、俺はあの巫女さんの顔見に行ってるだけなんだけどな〜。あそこ、中々人が来ないみたいで暇してるみたいだし」

幽霊「へ〜、好きなんです?あの巫女さん」

男「ないない、だってあの人21歳なんだぞ?高校生が恋したって意味ないかんな〜」

幽霊「ふ〜ん、それで、今からどうするんですか?お家に帰るんですか」

男「……どっか行きたいとことか有るのか?」

幽霊「海に行きたいですね〜」

男「海、か…」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 16:32:45.10 ID:T8Z/eWWwi
〜山〜

幽霊「……」

男「どうしたんだよ、さっきまでの元気が無いじゃんか」

幽霊「いや、あの…私、海に行きたいって言いませんでしたか?」

男「うん、言ったね」

幽霊「ここ、山ですよ……」

男「だって神社の近くだったからさ、文句言うなら帰ってても良いんだぞ?」

幽霊「……着いて行きますよ」

男「じゃあ行こうぜ?途中に自販機有るからそこで何か買ってやるよ」

幽霊「いや、幽霊だから飲めないんですけど…」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 16:38:37.49 ID:T8Z/eWWwi
男「そういえばさ、幽霊ってお腹とか空くもんなのか?」スタスタ

幽霊「う〜ん、食べるに食べれませんからねぇ。それに学校に居た時は何も口にしてませんし……空くって感覚が無いんだと思います」スイー

男「ふ〜ん、そんなもんなのか……なんか可哀想だなお前」

幽霊「そうですか?すっごく燃費良いと思うんですけど」

男「もしかしたらさ、あの死体にお供え物したら食べれるんじゃないのかな」

幽霊「お供え物ですか?別に良いですよぉ、もう3年は何も口にしてないんですから」

男「そう?なら良いや」

幽霊「……や、やっぱりお供え物、してください!」

男「はぁ?今言ったろ自分で、お供え物は要らないって」

幽霊「どうせして貰えるなら甘えようかなと思ったんです!」

男「あ、そう…」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 17:04:05.89 ID:Plk4dCFj0


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 17:22:27.09 ID:vb3uTw300


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 17:28:35.29 ID:RRyGJ2+A0


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 17:29:39.79 ID:gRBmsmXo0
幼女喰うSSのひと?

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 18:06:29.06 ID:Rf7B9M140


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 18:09:26.22 ID:vb3uTw300


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 18:37:23.55 ID:vNySyBJm0


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 18:56:24.29 ID:vNySyBJm0


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/13(火) 19:30:21.97 ID:Rf7B9M140


16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)