5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

雪乃「由比ヶ浜結衣を奉仕部から追放したい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 00:21:02.82 ID:QkFH1v2+0
雪乃「由比ヶ浜結衣・・・突然この奉仕部に入って来た女・・・」

雪乃「髪は染めてなにかちゃらちゃらした感じの私の嫌いなタイプの女・・・」

雪乃「馬鹿のくせに私にやたらと慣れなれしく接してくる女・・・」

雪乃「何より毎回私と比企谷くんの間に居座る邪魔な女・・・」

雪乃「なんとしても彼女を奉仕部から排除する」



八幡「・・・雪ノ下?なにブツブツ言ってんだ?」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 00:30:51.67 ID:QkFH1v2+0
雪乃「なにかしら?比企谷くん」

八幡「いやお前さっきからブツブツなんか言ってるからさ・・・」

雪乃「比企谷くん、あなたついに幻聴まで聞こえるようになったのね。良い耳鼻科紹介してあげましょうか?いえ、精神科の方がよろしいかしら」

八幡「おい耳鼻科話ともかく精神科は洒落にならんぞ」

雪乃「そう。あなたに最適なところだと思うのだけれど」

ガラ
結衣「やっはろー!」

雪乃「チッ」

八幡「おう・・・てお前今舌うちしなかったか?」

雪乃「こんにちは由比ヶ浜さん。比企谷くん、さっきから私をからかっているのかしら?それとも本当に精神科にに行くべきかしら?」

結衣「ヒッキーとゆきのん今日も仲良しだね♪」

雪乃「チッ・・・そんことあるわけないわ。こんな捻くれた精神障害者と仲が良くなるなんてありえないことよ」

八幡「・・・・」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 00:32:17.16 ID:JYktp2ZS0
これは…支援

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 00:32:54.16 ID:aHEzkmya0
なんとなくゆきのんの気持ちわかる

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 00:35:50.65 ID:QkFH1v2+0
結衣「だははーなんかよくわかんないけどゆきのん面白ーい♪」

雪乃「チィッ!」

結衣「え!?ゆきのん?」

雪乃「何かしら?由比ヶ浜さん」

結衣「え・・今なんか舌うちみたいなのが聞こえないんだけど・・・」

雪乃「気のせいよ由比ヶ浜さん。私がそんなことするわけないじゃない」

結衣「そ・・・そうだよね・・・」

八幡(今日の雪ノ下超こええ・・・)

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 00:36:59.88 ID:sILYBS3/0
聞こえなかったのか

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 00:37:12.86 ID:QkFH1v2+0
結衣「え・・今なんか舌うちみたいなのが聞こえたんだけど・・・」


ね、すまん

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 00:39:05.52 ID:TU5ei0ozP
おい
お前らどんだけ由比ヶ浜いじめりゃ気が済むんだよ

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 00:41:04.67 ID:Tv7iKa2U0
>>7
チッ

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 00:44:28.50 ID:HQi/7XpR0
リア充は放課後カラオケでも行ってろって思うよな

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 00:44:35.81 ID:QkFH1v2+0
結衣「(ねえねえヒッキー、今日のゆきのんなんだかピリピリしてない?)」

八「(俺も思った・・・なんかブツブツ独り言言ってるし・・・)」

雪乃「チィィィィィィィィ!!!!!」

結衣・八幡「「!!!!」」ビクッ

結衣「ゆ・・・ゆきのん?なの?」

八幡「雪ノ下・・・何の冗談だ・・・?」

雪乃「な・ん・の・こ・と・かしら?由比ヶ浜さん、比企谷くん?」

結衣「ゆきのん・・だよね?さっきの・・・」

八幡「さすがにもう幻聴とは言わせないぞ雪ノ下」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 00:45:19.51 ID:XOCchyO30 ?2BP(1685)

ふふっ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 00:47:02.23 ID:kwbHWwm10
紫煙

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 00:52:27.71 ID:QkFH1v2+0
雪乃「はぁー・・・どうやら比企谷くんの幻聴は伝染性の疾患のようね・・・由比ヶ浜さんにまで感染しているなんて」

結衣「え!?疾患?感染?」

八幡「その理屈はおかしい」

雪乃「これだから愚民は・・・」

八幡「おい今愚民っつったよな?」

結衣「ぐみん?なにそれ?グミ?」

雪乃「やはり伝染性の幻聴のようね・・・ここにいたら私までうつされてしまいそうだわ」

八幡「やはりその理屈はおかしい」

雪乃「とりあえず由比ヶ浜さん、出て行ってもらえるかしら」

結衣「え!?な、なんで!?ゆきのんどうしちゃったの?」

八幡「は?何言ってんだ雪ノ下?」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 00:58:24.95 ID:0g5UbA140
やんでれのんクルー?

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:02:38.23 ID:QkFH1v2+0
雪乃「聞こえなかったの?由比ヶ浜さん、出て行ってもらえないかしら?」

結衣「え?出ていけ?え?」

八幡「おい雪ノ下。悪ふざけにも程があるぞ。なんでってそんなに由比ヶ浜に厳しく当たるんだ?」

雪乃「厳しく?私としてはいつも通りの対応なのだけれども。」

八幡「そんなわけねーだろ。俺にだけ厳しいならともかく、由比ヶ浜にまでこんなに厳しいなんて。お前じゃないみたいだ」

結衣「ヒッキーいいよ・・・きっとゆきのん今日は虫の居所が悪いんだよ・・・私帰るね・・・」

八幡「由比ヶ浜・・・じゃあ俺も帰るわ」

雪乃「!」ピク

結衣「いいよヒッキー!そんな・・・」

雪乃「そうよ比企谷くん。あなたは帰る必要ないわ。それに部活はまだ終わっていないのよ」

八幡「いいや帰るわ。正直雪ノ下、お前には失望した。そんな奴だとは思わなかったわ。じゃあな、行くぞ由比ヶ浜」

結衣「あ、うん・・・じゃあねゆきのん・・・」

雪乃「え・・・ちょっと・・・」

ガラガラ ピシャッ

雪乃「・・・」ポツーン

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:06:21.43 ID:QkFH1v2+0
雪乃「・・・」

雪乃「なんでこうなるんだよ!」バゴーン

雪乃「あの泥棒猫が!!!」ドゴーン

雪乃「あの鈍感根暗野郎も!!!」バキーン

雪乃「クソ!!!」ガシャーン

雪乃「・・・」

雪乃「・・・」

雪乃「ふぅ・・・」

雪乃「私としたことが・・・少し事を急ぎ過ぎた様ね・・・」

雪乃「もっとじっくりやるべきだわ・・・」

雪乃「そうよ・・・」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:07:15.33 ID:ZiJ2vqR00
私怨

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:09:48.48 ID:QkFH1v2+0
翌日

雪乃「来ないわね・・・」

翌日

雪乃「今日も来ないのかしら・・・」

翌日

雪乃「・・・」

翌日

雪乃「・・・」プチ

雪乃「あのクソあまああああああああああああああああああ」ガシャーン

雪乃「フーフー」

雪乃「これは想定外ね・・・」

雪乃「どうしてくれようかしら・・・」



変なところに誤爆したわくそアマが

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:15:23.75 ID:QkFH1v2+0
雪乃「比企谷くん、ちょっと」

八幡「雪ノ下・・・」

雪乃「聞きたいことは色々あるけれども。なぜ部活に来ないの?」

八幡「なんで来ないのって・・・お前わかんないのか?」

雪乃「質問に質問で返さないでくれないかしらこの愚図」

八幡「はぁ・・・雪ノ下、お前自分がおかしいって自覚ないのか?」

雪乃「おかしい?心外ね。特にあなたに言われるのは」

八幡「駄目だこりゃ・・・すまんな雪ノ下、今日も部活いけねーわ」ダ

雪乃「ちょ、待ちなさい比企谷くん!」

雪乃「何なのよ・・・私がなにをしたというの・・・怪しいわ、尾行が必要ね」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:17:04.06 ID:qVTb+Ox+O
↓ハゲが一言

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:20:37.15 ID:QkFH1v2+0
八幡「由比ヶ浜、行くか」

結衣「うん・・・」

八幡「さっき雪ノ下に話しかけられた」

結衣「・・・どうだった?」

八幡「話にならなかった・・・」

結衣「そっか・・・どうしちゃたんだろゆきのん・・・」





雪乃「あの泥棒猫いったい何をしているのかしら?」ピキピキ

雪乃「比企谷くんをたぶらかしてどうするつもりなのかしら」ギギギ

雪乃「・・・」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:22:38.56 ID:TU5ei0ozP
ギギギ……

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:23:38.30 ID:QkFH1v2+0
翌日

結衣「やっはろーヒッキー」

八幡「うす」

結衣「今日は、どうする?」

八幡「あの調子じゃなぁ・・・」

下駄箱

結衣「痛っ!」グサ

八幡「ど、どうした!」

結衣「うぅ・・・上履きに画びょうが・・・」

八幡「誰がこんなことを・・・」



雪乃「・・・」ジー

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:24:45.46 ID:knaFMH4hO
ねぇ。口調が変よ
本当は、黙って見なかったフリをしようと思っていたのだけど、ここまでくると流石に指摘せざるを得ないわ

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:24:48.64 ID:GDDJuQsE0
ナズェミテルンディス

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:25:46.70 ID:uMIyrgyH0
       {    !      _,, -ェェュ、   |
ィ彡三ミヽ  `ヽ     ,ィハミミミミミミミミミヽ、|
彡'⌒ヾミヽ   `ー  /ililハilミilミliliミliliミミヾ|
     ヾ、        /iiiiイ!ヾヾミ、ミニ=ー-ミii|
  _    `ー―' i!ハ:.:.\\_::::::::::::::/:.|
彡三ミミヽ        i! ヽ:.:.:.:冫': : :::/,,∠|
彡'   ヾ、    _ノ i!::: ̄二ー:: : ::::ソ ・ ,|
      `ー '    {ヘラ' ・_>シ;テツ"''''"|
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ ヽヘ`" 彡' 〈     |
彡'      ` ̄       `\   ー-=ェっ |
      _  __ ノ  {ミ;ヽ、   ⌒   |
   ,ィ彡'   ̄        ヾミミミミト-- '  |
ミ三彡'        /⌒ / ̄ ̄ | : ::::::::::|
       ィニニ=- '     / i   `ー-(二つ
     ,ィ彡'         { ミi      (二⊃
   //        /  l ミii       ト、二)
 彡'       __,ノ   | ミソ     :..`ト-'

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:27:35.58 ID:0Yu2oMtlO
最後はナイフで これはゲームにもいれて欲しいな ヤンデレバッドエンド
はやみんはヤンデレストだしww

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:27:54.15 ID:QkFH1v2+0
八幡「とりあえず保険室に行くぞ」

結衣「うん・・・」



雪乃「チッ」

教室

八幡「とりあえず由比ヶ浜を保険室の置いてきたけど・・・由比ヶ浜にあんなことする奴って・・・」

ガヤガヤ ガヤガヤ

八幡「ん?なんか騒がしいな」

ガラ

八幡「こ、これは!?」

葉山「いったい誰がこんなことを・・・」

戸部「つーか今時机に花瓶ってありえないっしょ!」

三浦「結衣の机にこんなもん置きやがって・・・マジゆるさねー」

八幡「どうなってんだ・・・」


雪乃「・・・」ジー

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:28:49.51 ID:dNgAHXGpP
ヤンデレかわいい

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:35:55.10 ID:QkFH1v2+0
葉山「まぁ気を落とさないで」

戸部「気にすることないっしょ!」

結衣「・・・うん」

三浦「安心しな、私が犯人とっちめてやっから」



八幡(結局保険室から戻ってきた由比ヶ浜は今日1日ずっと俯いたままだ・・・)

八幡(由比ヶ浜の上履きに画びょうを仕込み、机の上に花瓶を設置した犯人・・・)

八幡(正直、心当たりがある・・・)

八幡(それは由比ヶ浜も同じだろう・・・)

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:41:25.84 ID:kwbHWwm10


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:42:51.67 ID:QkFH1v2+0
放課後

結衣「ヒッキー・・・」

八幡「ああ、分かってる」

ガラ

雪ノ下「あら、こんにちは比企谷くん。と、誰だったかしら」

結衣「ゆきのん・・・」

八幡「おい雪ノ下、どういうことだ」

雪ノ下「何のことかしら?」

八幡「とぼけるなよ。お前だろ、画鋲も花瓶も」

雪ノ下「なぜそんなことが言えるの?証拠はあるのかしら?」

八幡「証拠なんてねえよ。でも由比ヶ浜にあんなことする奴お前しかいないだろ」

雪ノ下「あら、ずいぶんと結衣がはんさんのこと買い被っているのね。学校中探せば一人や二人彼女を嫌っている人くらい見つかるんじゃないかしら?」

八幡「ああ、探した結果お前しかいなかったよ・・・」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:49:09.21 ID:QkFH1v2+0
八幡「由比ヶ浜はな、八方美人でな、人一倍空気が読めてな、絶対に敵を作らない人間なんだよ。
    校内一のひねくれ者の俺にだって、校内一の高嶺の花のお前にだってわけ隔てなく接してくれるんだよ。
    そんな聖母みたいな奴を嫌うような人間はいない。ただ一人お前を除いてな。なんでお前が由比ヶ浜をここまで
    嫌っているかは知らないが、これ以上由比ヶ浜に何かしようと思っているなら俺が許さない」

結衣「ヒッキー・・・」

雪乃「・・・」ピキ

八幡「おい、なんとか言ったら」

雪乃「・・・ザケンナ」

八幡「あ?なんだって」

雪乃「ふざけんな!!!!!」ドンッ

八幡・結衣「「!!」」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:49:57.31 ID:dNgAHXGpP
ゆきのんwwwww

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:52:21.18 ID:ZiJ2vqR00
バッドエンドは勘弁な

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/03(水) 01:59:11.05 ID:QkFH1v2+0
雪乃「黙って聞いてらy好きかって言いやがってよお!!!!!!!」ドゴーン

八幡「ちょ、雪ノ下、おお落ちつけ」

雪乃「なぁぁにが八方美人だああ??なぁぁにが空気が読めるだああ???ちゃらっちゃらした格好しやがってよお!!!!」

結衣「ヒィ!」ガタガタ

雪乃「ただの風見鶏じゃねえがこのクソビッチが!!!!校内一のひねくれ者と仲良しぃ?校内一の高根の花と仲良しぃ?ふざけんじゃねーよ!!!!」

八幡「はわわわわわ」

雪乃「私に馴れ馴れしくべったべたしてきやがってよ!!!!!きっもちわりーんだよこのブス!!!」

結衣「ぶ・・ぶす!?」

雪乃「大体なんでてめえ奉仕部に居座ってんだよ!!!!たかが相談者風情が舐めたことしてんじゃねえよ!!!!!!」

八幡「あばばばばば」

雪乃「そこのクソ童貞野郎もだよ!!!!!なーにが俺は友達なんていらないだこら!!!!!カッコつけてんじゃねーよ!!!!」

八幡(俺もかよー)

雪乃「私がどんだけセックスアピールしても見向きもしないでよ!!!!そんなに牛みたいな乳が好きかこのド変態が!!!!!!!」

八幡「」ガビーン

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★