5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中二病のせいで火だるまになった話

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 22:18:52.07 ID:NK6W6N6/0
書いてく 

スペック
俺 現在24歳 

中二の頃のスペック
長身 ガリ メガネ
中二当時は炎の精霊が俺に纏わり付いている
という設定で色々と痛い事をしてきた。

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 22:42:03.33 ID:jZA1EdJfP
そういうのいいから

18 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/05/09(木) 22:43:06.63 ID:hWRJtm1e0
>>16
炎の精霊wwwww

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 22:44:44.47 ID:NK6W6N6/0
実際は暖かくならずに
風邪を引いた。 このときはまだ俺が未熟で
あまり力を出す事が出来ないと思っていて
今度からはそんな無茶はやめようと思った。

しかし今度は力ではなく、炎を見ようとしていた
エイラのコピペではないが、火を見ると安心するんだなwwwwww

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 22:46:49.02 ID:L/h0f+jg0
なんだこの単発だらけのスレ

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 22:47:27.67 ID:cQ2qfmaZ0
まともな過去持ってる奴いねーのかよ

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 22:48:55.82 ID:NK6W6N6/0
そんなことは飛ばしてくか。

そんなこんなで中二、ここで精霊が頭角を現し始めた

まずは俺がなんとなくTVを見ていると
「赤口の日は血や火などの赤いものに注意する日だそうです」

と言われたので

赤口の日は一切外に出なかったwwwww

「俺は精霊がいるから炎が人々に災いを齎す、家でゆっくりとしていよう……」

的なノリでwwwwww

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 22:55:07.90 ID:Mmu62rkm0
>>21
おれはまともだ・・・多分
黒歴史1つあるけど思い出すだけで死にたくなる

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 22:56:21.79 ID:NK6W6N6/0
理科の実験の時にも新しい発見が起きた

ガスバーナーで有機物を熱するとどうなるかという
実験でガスバーナーに火を着けた。
赤い火から青い火になった時にDQNが俺に言った

「おい、お前!火に触ってみろwwwwwwwwwwww」

ただのボケで言ったつもりだろうが俺には精霊が憑いている。

コレは行ける!!!!!

俺は炎を手刀で切った……焼けるかも知れない……と、思っていると。

「おお!!!焼けていない!!!!!コレはすげぇ!!!!」

思わず声に出してしまった

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 22:57:26.19 ID:HG4CDP0l0
ワロタ

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:01:15.19 ID:NK6W6N6/0
本題に入る

俺は炎の中に入っても大丈夫な特別な存在となり。
精霊の力をコントロール出来ることがわかった。

俺は壮大なことを考えるようになった。

巨大な炎の中を全力疾走して
炎に包まれたい、炎と一体化したい!!!

こんな馬鹿げた事を考える事を始めたのである。

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:02:00.71 ID:Mmu62rkm0
おれ火に触った(触れた)ことあるけどアツゥイ!
(6年の頃、蝋燭に火をつけるコトになったんだけど
  俺火を扱ったことなかったからマッチ下に持ったら火が上に来た。すごくアツゥかった)

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:06:38.67 ID:NK6W6N6/0
まずはどうすれば炎の中に入れるかを考えた。

一番手っ取り早いのはドラマとかでよく見る
家に残された子供などを助けに
燃え盛る火の中に入っていく事だ。

しかしそんな都合のいいように火事は起きない。

そんな中、俺が深夜、部屋の中でアルコールランプの火を見つめていると
けたたましい音がなったのである。

どうやら歩いて五分くらいの所で火事があったようだ。
自分の家からでも分かる

「うっひょっひょおおおおおお!!!!」

意味の分からないほどハイテンションで外に飛び出し。
現場に走った。

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:12:04.28 ID:NK6W6N6/0
現場に着くともう野次馬が十人くらい来ていた。

そして、その家の人が外にいたが、別段なかに人が取り残されてもいなかった

しかし俺の脚は止まらない

「うおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!俺はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁくぁ!!!
炎に!!!!!入るぞ大オオ大尾おお!!!!!!!!」

叫びながら燃え盛る家に入ろうとした瞬間。

「おまえは死にたいのかあああああああ!!!!!」
鬼のような顔をした。消防の人に思いっきり殴られた

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:14:24.30 ID:NK6W6N6/0
ほどなくして親に連れられ
朝までこってりと怒られた。

しかし中二病の俺は炎に入る方法を
模索していた。

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:16:30.42 ID:Oefm4XEV0
なんだこれワロタ

32 : 忍法帖【Lv=22,xxxPT】(1+0:15) :2013/05/09(木) 23:19:18.54 ID:NK6W6N6/0
そしてまた炎に包まれる方法を編み出したのだ

ガソリンに火を着け、その炎の中を全力疾走する

という方法だった。

その方法を編み出した瞬間から俺の精霊が
実行に移した。

ガソリンは非常時のための携行缶のを使うようにした

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:22:05.99 ID:HG4CDP0l0
>>32
いきなりダイナミックになったなw

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:24:27.54 ID:NK6W6N6/0
その携行缶を手に持ち、俺は河原に向かった

橋の下に十分なスペースがあったのでそこで炎に包まれようとした。

ガソリンを入れるようなプールのようなものを探しているとそいつはすぐに見つかった

工事現場などで砂などを運ぶ一輪車の荷台が転がっていた

穴などは無く。きちんとガソリンを貯められそうだった

「コレで……お前と一緒になれるな……へへへへへへへ!!!」

荷台の部分にガソリンを並々と入れた俺は

それに火を放った。

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:28:25.60 ID:NK6W6N6/0
火を放った瞬間に巨大な火柱が立った

俺の身長を有に越す3mほどの火柱だった。

赤くゆらゆらと揺れる炎、その妖しい物はとても魅力的だった

西日も翳ってきて黄昏に染まる空、俺の前にはゆらゆら揺れる炎。

俺は炎と一体化するときが来たと確信した。

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:30:57.23 ID:NK6W6N6/0
俺は一瞬でどのように一体化するかを考えたが、答えはすぐに出た、

思いっきり炎に走って行き、ジャンプする、そして炎の中に飛び込み、

一体化する!!!



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:34:30.77 ID:NK6W6N6/0
「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

ガソリンを湛えた荷台に向かって俺は全力疾走をし、踏み切った!!!

見事に炎の中に入っている、長年の夢だった精霊と一体化したのだった

炎の中にいる時は一瞬だったが俺にはとても長く感じられ、とても幸せに

思うことができ、優越感に浸っていた。

しかし、大変な事が起きたのだった

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:34:35.92 ID:k6Zy9oqq0
追い付いたぞ
ハヤクー

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:36:33.84 ID:NK6W6N6/0
俺は早く炎と一体化したかったからか、かなり前で踏み切ってしまった。

そのせいで俺の両脚はガソリンの海へと入ってしまった。

もう、どうなったかは……分かるよな

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:37:59.86 ID:k6Zy9oqq0
うp!!

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:38:50.99 ID:wed9p/UY0
続きはよ

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:39:03.00 ID:NK6W6N6/0
両足が火だるまになったwwwww

けどその状態でも俺は中二病を貫き通した

熱くないだろ、俺は精霊に守られているのだから、と

しかし現実はそんなに甘くなかった。

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:39:09.44 ID:Lxc9dip+O
ワロタ

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:39:26.93 ID:bP6nhwJg0
つまり炎と一体化したわけか

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:43:31.23 ID:NK6W6N6/0
冬場で長袖長ズボンだったから良かったが

とても熱かった、焼けそうだった

俺は脚の炎を消そうとして必死にバタつかせた

しかしまた不幸は起こる、バタつかせすぎてガソリンを湛えた

荷台がダバぁしたのである

ガソリンは胸から下までかかり全身火だるまになった

身体が火だるまになり俺は何も出来なくなった

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:44:27.09 ID:k6Zy9oqq0
俺は炎ではないけど、空を飛べるんだと思い込んでた頃はあったな
校舎の窓や、マンションのベランダからよく身を乗り出してた
転落死してもおかしくないくらい思い込んでたわ
なんで死ななかったんだろ

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:45:42.56 ID:k6Zy9oqq0
確認ですけど、うpはしていただけるんですよね?

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:48:08.90 ID:NK6W6N6/0
俺はもう精霊なんか考える余地も無く、

死にたくない一身で何とか火を消そうと頑張った

ここで救世主登場!!

「君!!!一体何を……ああ!!!!」

そこら辺を見回っていた警察の人が見つけてくれた

「待ってろ!!!!!」

警察の人は何故か消火器を持ってきて俺に思いっきりぶっかけた……

俺は今、こうやって生きている、あと少しでも遅れたら死んでたかも知れない

あの時助けてくれた警察の人、ありがとうございます

おしまい。

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:49:22.74 ID:8LrzFJ6a0
おしまい、じゃねーよ。
面白いのはこの後だろうが。

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:50:14.33 ID:NK6W6N6/0
後日談聞きたい?

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:51:02.12 ID:Lxc9dip+O
>>48
事後談と現在の身体うpは当然ありますよね?

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:51:27.62 ID:HG4CDP0l0
>>50
聞きたい聞きたい

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:52:12.00 ID:NK6W6N6/0
>>51
実際あの時は服だけが燃えたので火傷とか無いぞ?

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:54:19.68 ID:Lxc9dip+O
>>53
なんだそうか
やっぱり精霊に護られてたんだな

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:55:47.19 ID:k6Zy9oqq0
精霊に守られてたのはホントだったのか

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:56:00.27 ID:NK6W6N6/0
後日談として俺はもう精霊なんかとは縁を切った

死にかけたからなwwwww

そして俺は精神科で精密な検査をした後、二ヶ月の通院を余儀なくされた。

中学で同じクラスのやつらに会うと。今でも

火だるまと言われる、もう今となっては黒歴史だけどなwwww

今はきちんと働けて、食えてますのでいい生活です。

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:56:16.30 ID:NCDmROMf0
焼身自殺を疑われてもおかしくないぞ…

なんか妙に優しくされなかったか

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:56:30.88 ID:NK6W6N6/0
>>54
上手いなwwwww

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:57:45.36 ID:NK6W6N6/0
>>57
実際あの後に精神科の先生に

焼身自殺にまで至った経緯は何ですか?

と聞かれて、戸惑ったぜwwwwwwww

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:58:34.51 ID:Lxc9dip+O
中二病って精神科で治るのか
24になる後輩が患ってるから勧めてみるわ

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:59:26.19 ID:NK6W6N6/0
それでは明日早いので寝ます、こんな駄スレに付き合っていただきありがとうございました。

おやすみなさい

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:59:34.08 ID:NCDmROMf0
>>59
話さないと隠してると思われるらしいのかしつこかったろ多分

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/09(木) 23:59:49.83 ID:mj+OLRkxO
焼けてる時痛かった?

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/10(金) 00:00:47.74 ID:/XJOjj+SO
>>61
楽しんだわおやすみ

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/10(金) 00:01:05.21 ID:Q6mMqOTuP
焼身自殺とかよっぽどの覚悟がないとできないもんな...

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/10(金) 00:03:02.69 ID:HV6aFmon0
a

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)