5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

P「さすがに俺の家で5人暮らしはキツいって」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/30(火) 20:36:41.94 ID:x9nFcBPN0
あずさ「あらあら〜、でもなんだか楽しそうですね♪」

千早「えぇ。私はずっと一人暮らしだったから、大勢いるのは心強いわ」

貴音「あなた様。わたくしたちは同じ事務所の仲間として既に家族同然。なにもおかしな事などありませんよ」

P「い、いやそういうことじゃなくて…そもそもこんな狭いアパートにこの人数は」

春香「むー…プロデューサーさんと夢の同棲生活が…」ボソッ

千早「春香?」

春香「へっ?!あ、ごめん千早ちゃん、ちょっとボーッとしちゃってたよ、えへへ…」

P「おい、聞いてるのかお前ら…」

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/30(火) 23:42:46.19 ID:q+HhvXbJT
C

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/30(火) 23:43:12.96 ID:d//St8RMO
これ系のスレを見るたびに雪歩の不人気っぷりが浮かび上がってしまうな

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/30(火) 23:43:25.35 ID:x9nFcBPN0
事務所

P「おはようございます…」

美希「おはようなのー!」

小鳥「あ、美希ちゃんにプロデューサー…さん…?」

雪歩「あ、ふたりともおはようございますぅ」

真「な、なんだかお疲れみたいだね、プロデューサー…」

美希「仕方ないの。昨日は激しかったから」

雪歩「え?は、激しかったって…なにが?」

美希「ナニが」

小鳥「ブフゥッ」ピヨー

真「ああっ、小鳥さん!!大丈夫ですか?!」

P「もう…ゴールしても…いいよね…」フラフラ

真「ぷ、プロデューサーも!一体なにがあったのさ!!」

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/30(火) 23:44:39.29 ID:q+HhvXbJT
C

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/30(火) 23:50:17.31 ID:x9nFcBPN0
P(マズいな…薄々こうなりそうなことは予感してたが)

P(やはり俺の身が持たん!)

P(家に帰っても安らげる場所がなく…)

P(あんまり休めないまま職場に行っても
仕事捗らないし…)

P「かといって追い出すのはなぁ…」

P(とくに千早…事情がよく分からんだけに放り出すのは怖い…)

P「まぁ、春香は夏休みの間だけって話だったし、それまで耐えれば…」

P「……持つかなぁ、俺…」

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/30(火) 23:51:50.21 ID:q+HhvXbJT
C

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/30(火) 23:58:27.30 ID:x9nFcBPN0
ネタが切れた

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/30(火) 23:59:37.85 ID:XyaAKkyX0
大丈夫大丈夫いけるいける

94 :とりあえず思いつくままに:2013/05/01(水) 00:01:22.10 ID:2V8VKTYi0
キッチン

P「さて、今日の晩飯だが…」

美希「ハニー。ミキやりたいことがあるの」

P「お、美希が料理してくれるのか?」

美希「ううん。みんなで料理なの」

P「みんなで?」

美希「ミキね、こないだみたテレビのあれがやってみたいなーって」

P「みんなで料理…あれ…なんだ?」

美希「ほらアレ!闇鍋?とかいうの!」

P「おいおいおいおい」

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 00:06:10.25 ID:2V8VKTYi0
リビング

P「結局マジで闇鍋かよ…」

春香「醤油とダシをベースに…」まぜまぜ

千早「本当にするの?もう普通にこれに具を入れていきましょうよ…」

美希「あはっ、楽しみなの!」

あずさ「あら〜、闇鍋なんてやったことないからよく分からないわ〜」

貴音「はて、闇鍋…どのような料理なのでしょうか…」

P(大丈夫かこのメンツ…春香とあずささんはおそらく大丈夫そうだが…)

P(事務所の中でもヤバイのが三人…)

P(亜美真美が居なかっただけ幸い…か…?)

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 00:12:21.05 ID:2V8VKTYi0
春香「ではルールを説明しまーす」

春香「各人ひとつ具材を持ち寄り、誰にも見せないように鍋に入れる」

春香「で、順番に箸を入れていって、つかんだものは食べ切ること」

春香「以上!」

貴音「なるほど、単純明快ですね」

美希「腕が鳴るの〜」

千早「……」

P(だ、大丈夫だ…今日は冷蔵庫にそんなに変なもの入ってなかったはず…)

あずさ「じゃあまず私からいれますね」

春香「電気消しまーす!」

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 00:18:14.65 ID:2V8VKTYi0
美希「次はミキなの」プシュッ

P(ん…なんだ?缶詰か?)

春香「って臭っ!!なにそれ?!美希なにそれ!!」

あずさ「あらあら…これは…」

千早「終わったわね…もう食べたくないのだけれど…」

貴音「面妖な…」

美希「ヒミツなのー!食べてからのお楽しみ☆」

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 00:20:55.31 ID:2V8VKTYi0
P「ぜ、全員入れ終わったか…」

P(てかまだ臭いがするんだけど…)

春香「それでは…闇鍋開始したいと思います…」

美希「あは☆」

千早「もういや…」

貴音「どのようなモノが来ようと食すのみ…」

あずさ「最初は私よね?」

春香「はい。ではあずささんお願いします」

あずさ「はーいっ」スッ

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 00:22:44.11 ID:FUtT3cbb0
これもうなに引いても臭いよね

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 00:22:55.29 ID:Ydb8/eJ10
>プシュッ
>臭い


ルートビアかドクペかなんかだな!

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 00:24:11.48 ID:AlRZZubPO
シュールストレミングならこの程度では済まない

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 00:24:44.49 ID:2V8VKTYi0
あずさ「あら…なにかしらこれ…小魚?」

春香「はい、それ入れたのは誰?」

千早「あ、私かもしれませんね。にぼしです」

P「に、にぼしか…」

千早「えぇ…ダシが出るのかなと思って」

P(あんがいマトモなモノを入れてきたな、千早…)

あずさ「あんまり変なのが当たらなくてよかったわー。味はちょっとファンタジーだったけれど…」

P「うわぁ…もう食いたくねぇ…」

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 00:27:54.09 ID:7Dy3MVjq0
:∧_∧:
:(;゙゚'ω゚'): ピクピク
:/ つとl:
:しー-J :
. . .   . .
:<⌒ヽ--つ: バタンッ!
.<__つ_つ

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 00:29:46.46 ID:2V8VKTYi0
P「次は俺だったな…」

春香「はい、お願いします」

P「ええい…どうにでもなれっ!」グワシッ

P「…ん?なんだこれ」

P(細いな…もっと突っ込んでみるか…おお、いっぱい取れたな)

P「麺…だろうか。ソフト麺かな?」ズズーッ

貴音「おそらくそれはわたくしが」

あずさ「あら、貴音ちゃんらしいわね」

美希「なるほどって感じなの」

千早「プロデューサー、味はどうですか?」

P「うん。マズいよ」

春香「絶対美希のせいだよね…」

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 00:33:12.29 ID:2V8VKTYi0
千早「次は私…」

春香「はい、千早ちゃん!はりきってどうぞ!」

千早「…っ」ガシッ

千早「あら…なにかたくさん取れたわ」

千早「野菜のようだけれど…もやし?」シャクシャク

春香「あ、それ私だ」

P「も、もやしって…」

あずさ「まぁこのなかだと一番マシかもしれないわね〜」

千早「味がしない…」

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 00:38:10.89 ID:2V8VKTYi0
美希「次はミキなの」

春香「美希が自分で引いてくれますように、自分で引いてくれますように…」ボソボソ

美希「じゃあいくよー!」

美希「あれ、ちぎれたの…まぁいいや」ハムッ

美希「ん…揚げ豆腐?」

P「あぁ、それ俺だな」

美希「さすがハニーなの…モグモグ」ペッ

P「まぁ何がきてもいいようにって入れたが…予想外のものが入ってるみたいだからな…」

千早「というか、美希いま吐いたわよね…」

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 00:44:15.54 ID:2V8VKTYi0
春香「わ、私だ…」

P「頑張れ、春香」

春香「うぅ…美希のヤバイのがまだ残ってるんだよね…えいっ」

春香「…?なにこれ」ハムッ

春香「ゴフッ」ブフウッ

千早「春香ぁぁ!!」

P「春香!どうした!!」

春香「美希…何を入れたの…」

美希「チーズだよ」

P「缶詰のチーズ…?」

あずさ「エピキュアーチーズね…食べたことはないけど、すごい臭いって聞いてたから多分それね」

P「どっから入手したんだよそんなもん!!」

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 00:45:25.59 ID:boikrzWAT
C

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 00:45:51.71 ID:Sq20BmAPP
あずさがマミさんで再生される

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 00:49:33.50 ID:2V8VKTYi0
貴音「わたくしの番ですか」

P「おう、おまたせ。って、みんなの反応見て期待はしてないだろうが…」

貴音「いえ、どのような料理であろうとも、誠意をもって食べるべきです」

P「うん。俺ら完全に食いもの粗末にしてるよな」

貴音「いざ尋常に…」

貴音「……あなた様。なにやらたくさんあるようですが」

P「あー…俺たちが取りこぼしたものかな。食べてもいいぞ。食いたくはないだろうが」

春香「ちなみにあずささんは何を入れたんですか?」

あずさ「私はニラをいれてみたの…冷蔵庫にあったから」

千早「ニラですか…」

美希「ねぇハニー、せっかくだからみんなで食べようよ!」

P「いや、それはやめておこう…」

春香「死人がでそうだしね…」

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 00:53:27.28 ID:2V8VKTYi0
千早「死ぬかと思いました…」

春香「ま、まぁ企画としては面白かったし、いいんじゃないかな?なんて…」

美希「今度は事務所のみんなでやってみるの!」

P「やめとけ、マジで死人が出るぞ」

貴音「ですが、色々と新しいことが知れました」ズルズル←お口直しのカップ麺

あずさ「エピキュアーチーズの味はあんまり知りたくなかったけれど…」

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 00:58:48.30 ID:2V8VKTYi0


春香「プロデューサーさん…」ゴソッ

P「は、春香?!なんで俺の布団にっ」

春香「えへへ、来ちゃいました…」

P「っ、いいから戻れって、な?」

春香「プロデューサーさん…その…溜まってるんじゃないですか?」

P「……え?」

春香「私たちが四六時中一緒にいるから…オ…オナ………する暇ないんじゃないかな、って…」サワッ

P「は、はるかっ」ビクッ

春香「プロデューサーさん…泊めてもらってるお礼に、私が…」スリスリ

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 01:00:09.56 ID:qq2W0XxV0
味がしないってこの場合大当たりじゃん

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 01:04:42.51 ID:2V8VKTYi0
P「………」

P(なにやってんだか、俺……)

p<ヒトシゴトオエタキブンダゼ

P「まさか夢オチとは…」

P(まぁ、処理する暇もなかったし…)

P(しかし何て夢を見てんだ俺は…最低すぎる…)

P「……パンツ洗ってくるか」ガタッ

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 01:11:40.62 ID:2V8VKTYi0
自分で始めといて何だがマジで終わりがみえん

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 01:14:46.82 ID:xpQW7BZRO
春香の右腕
美希の左腕
千早の右足
あずさの左足
貴音の頭
Pの胴体

みんななかよくおなじふとんに

ハッピーエンド

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 01:14:51.81 ID:N2TO722L0
1000が来れば自動的に終わる

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 01:16:20.48 ID:2V8VKTYi0
事務所

P「そろそろ夏休みも終わりか」

春香「はい…残念です」

P「そういえば夏休みの間だけって話だったもんな」

美希「ミキはずっとハニーと同棲するの」

P「いや、ダメだって…」

春香「でも律子さんももう黙認状態でしたよね」

P「そうだがなぁ…まぁこれ以上続けたら俺の体がもたん」

美希「むー。つまんないの」

P「そう言うなよ…お前達の布団はあるんだから、またいつでも泊まりにくればいいさ」

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 01:24:40.00 ID:2V8VKTYi0
春香「そうですね…そうさせてもらいます!」

美希「ミキも隙があれば泊りにいくの!覚悟しててね、ハニー☆」

千早「私もそうさせてください、プロデューサー」

P「はははは…お手柔らかにな…」

P「あ、そういえば」

春香「はい?」

P「千早が新しく住む場所探してる理由って、結局なんだったんだ?」

千早「あぁ、それですか。そういえばちゃんと話してなかったですね」

P「あ、いや話しづらいことなら別にいいんだが…」

千早「いえ…普通に家賃滞納してたんで追い出されただけです」



P「…それだけかい!!!」

おわり

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 01:25:48.80 ID:2V8VKTYi0
途中から失速気味だったし変なことになる前に強制終了

グダってすんませんでした

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 01:26:11.65 ID:boikrzWAT
おつおつ

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 01:27:35.63 ID:18im0MHG0
変なことってなんですか
みたいです(ゲス顔)

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 01:30:57.54 ID:2V8VKTYi0
>>122
そりゃもうランコーパーチーとか
でも書き切る技術も体力もないので無理っすね

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 01:34:28.65 ID:Ydb8/eJ10
乙ありがとう。

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 02:46:11.21 ID:Zr9HAnI90
おつかれ

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 03:32:49.20 ID:h+GMIiQx0


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 03:35:25.69 ID:oz3BlWkwP
>>79
ここでまかのAC持ちが、面妖な変態技術者どもが!

128 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 【大吉】 :2013/05/01(水) 03:45:34.65 ID:P34MlSgz0
おつん

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 03:57:03.06 ID:QdJzDXuM0
面白かった

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 07:05:20.25 ID:tOmM7Xjhi
面白かった

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 09:09:40.29 ID:cz7AnYuo0
おつ

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 09:10:38.90 ID:BZjMY4s70
貴音かわいいよ貴音

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 09:30:26.42 ID:3t/YbahA0
ふははは

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 09:43:10.41 ID:JqgxYWhkP
otsu

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 11:50:57.38 ID:1IQuG+sV0

上条さんで似たような話あったな

43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)