5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【貴方と私の】素直シュール【横断歩道】

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 22:08:41.58 ID:7R1otmKW0
女「突然なんだが。」
男「ん?」
女「・・・。」
男「・・・。」
女「・・・。」
男「・・・。」
女「米。」
男「・・・。」
女「・・・。」

避難所: http://yy27.60.kg/surrealism/

まとめ(初代):http://sur.ifdef.jp/
まとめ(弐代目):http://www41.atpages.jp/surreal/index.php
※リンクにある各サイトも必見です!

Wiki:http://www14.atwiki.jp/gaseousform/

うpろだ:http://www18.atpages.jp/surice/cgi-bin/upup2.html
絵を描いた人はここにうp!

うpろだ(画像以外向け):http://www18.atpages.jp/surice/cgi-bin/upup2_th.html

ツイッター素直シュールBOT:http://twitter.com/surre_bot

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 22:09:37.37 ID:7R1otmKW0
素直シュールとは http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C7%C4%BE%A5%B7%A5%E5%A1%BC%A5%EB

過去ログ
http://www41.atpages.jp/surreal/surlog/

ツンデレ
「別にあなたの事なんか好きじゃないんだから!
な、何笑ってるのよ!!本当だからね!」
素直クール
「君が好きだ。付き合ってくれないか?」
素直シュール
「米………そういえば君が好きだ」

【注意―Warning―】

ここは素直『シュール』スレです。
素直『クール』スレではありません。
書き込む際には確認をお願いします。

女「突然ですまないが君が好きだ」
男「実は俺も…」
女「あ、間違えた」
男「すk…え?」
女「みんなも誤爆には気をつけよう」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 22:10:13.29 ID:DeQtRu1r0
>>1
乙ュール

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 22:12:02.17 ID:DeQtRu1r0
女「……」
男「……」
女「……」
男「……」
女「……」スッ
男「?」

女「……」
男「痛っ」
女「うん」
男「なにすんだよ」
女「洗濯バサミをお前に付けると、抱き着きたいという衝動が若干緩和される」
男「凄く無駄な痛みが」
女「そこが難点だなぁ」
男「……」
女「……」
男「……」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 22:12:42.00 ID:wsZ2f4K4i
いちょつ

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 22:14:36.34 ID:DeQtRu1r0
 自動販売機


女「……」
女「……」
女(男は何が好きだったかな)
女(疲れてるだろうし、少し甘めの微炭酸で……)ピッ

 ゴトン  『無糖コーヒー 漢の苦味』

女「――」
女「……」
女(係の人が間違えたか。という事は珈琲のところに……)
女(いや、待て。まるまる全部間違える事はないはず。恐らくこの一本だけが)
女(だがもしまるまる全部間違えていた場合、珈琲が二本に)
女「……」
女「……」


 ――

男「シュー、遅かったな」
女「すまんな。ほれ」
男「……なにこれ」
女「みかん。絞ろうか?」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 22:17:42.38 ID:DeQtRu1r0
 雑誌

女「……」
女「……」ペラ
女「……」
女「……」ペラ

『彼の胸をきゅんきゅんさせちゃおう!』

女「ほう」ペラ

『彼と並んで座ってるときに、彼の服の裾を掴んで、』
『上目遣いに「もうちょっと一緒にいたいな」って言えば、きゅんきゅん間違いなし!』

女「かつるな……」


 ――

【手術中】

シベリア「男サン、手術成功すると良いデスね」
女「……」
シベリア「大丈夫デス、しゅーサンのせいじゃありまセンよ」
女「……」
シベリア「でも、ナンで胸にカザアナが」
女「思ってたより、きゅんきゅんが……足りないかな、って」
シベリア「キュン、キュン?」
女「きゅんきゅん……」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 22:20:06.51 ID:DeQtRu1r0
男「……」
女「えっと、せ、先輩!」
男「はい」
女「わた、私、その、お弁当作ってきたんです!」
男「はい」
女「良かったら、食べてくれま、せんか?」
男「はい」
女「ありがとうございます! 私、一生懸命作りました! きっと気に入って
男「あのさ」
女「なんだ」チッ

男「昨日も一昨日もその前も持ってきたよね」
女「ああ」
男「なんで毎回初々しい台詞を……」
女「乙女が弁当を渡す上で大切なのものは三つある」
男「……」
女「一つ、真心。二つ、羞恥心。三つ、初々しさ」
男「……」
女「一つ目は言わずもがな。二つ目はまぁ人によっては無くても良い」
男「……」
女「だが初々しさ! これは欠かせないだろう!」

 キーンコーンカーンコーン

男「あー」
女「あー」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 22:21:18.49 ID:DeQtRu1r0
 路地裏のバー

 キィ カランカラン

男「……」
女「いらっしゃい」
男「……」
女「……」
男「……」
女「いつもので?」
男「……」
女「……」

男「マスターをどこへやった」
女「くくっ、奴は手強かったが……まぁ今頃谷底でおねんねさ」
男「……」
女「奴の高速シェイクには手を焼いたが、今じゃ晴れて私がここのオーナーだ」
男「……」
女「意外と早い世代交代だったよ」
男「……くそっ!」
女「ふはははははははは、ご注文は?」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 22:22:09.92 ID:DeQtRu1r0
男「……」
男「……」
男「……シューさーん」

女「……」

男「人ん家の屋根で何やってんだよ」
女「寝そべってる」
男「まだちょっと寒いだろ。降りてこいよ」
女「男」
男「?」

女「私は人間だ」
男「マジ?」
女「死ね」
男「ごめん」
女「……私は人間だから、皮膚に葉緑素がないから、光合成は出来ない」
男「……」
女「でも太陽光発電はできる」
男「……」

女「今お前の家の中で動いてる家電製品。その電力は私が補ってる」
男「……人、間?」
女「人間の、近代科学の力だ!」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 22:23:06.40 ID:DeQtRu1r0
男「突然だが」
女「?」
男「肩がでてるセーターを着てほしい」
女「ああ、あの任天堂からでてる奴か」
男「?! 服だよ! セーター!」
女「ああ、分かってる分かってる。たぶん」
男「……」
女「……」

男「で、着てくれる?」
女「別に良いけど、なんでまた」
男「肩から鎖骨にかけて、」
女「……」
男「な、なめさせてほしい」
女「妙なものにハマったな」

男「……悪かったな」
女「自分のなめれば良いだろう。こうやって」ベロリン
男「うわぁきもちわるっ」
女「……」
男「お、俺はお前をなめたいの!」
女「それを聞きたかった」
男「先生……」

女「じゃあちょっとセーターと蜂蜜買ってくる」
男「なんかすごい間違った方向に見栄をはろうとしている……」
女「美味しい、って言われたいじゃないか」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 22:25:24.41 ID:DeQtRu1r0
女「日本にはもう慣れたか」
シベリア「ハイ! 皆サン本当に良い人達ばかりデ」
女「金髪好きな人」
シベリア「?」
女「でこ好きな人」
シベリア「……」
女「おっぱい好きな人」
シベリア「……」
女「片言好きな人」
シベリア「……」
女「日本には色々いるからな。大丈夫、お前はもう食っていける」
シベリア「……Ой(oh)」

男(日本が……日本が……)

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 22:28:14.11 ID:DeQtRu1r0
 男宅 リビング


男「……うう」グスッ
男「くっ」
男(やばい、この最新映画超名作だ。泣ける)
男「……」ズズ

男「――ッ」ズビー
男「はぁ」
男「……」

女「俳優の演技が素晴らしいな。ただヒロインに稲穂の束を贈るシーンはアングルをもう少し」
男「……どっから入ってきた」
女「そのツッコミ、一周まわって新しいな」
男「とにかく、人の感動に水を差すような真似はやめろよ。あとそんなシーンなかっただろ」
女「劇場版コメレンジャーのラストでも無表情だったお前を泣かせる映画に嫉妬した」
男「いやあれは……」
女「あれは?」

男「ひたすら外道なだけで別に泣くシーンなんてどこにも――」
女「この映画の続編で主人公最後に死ぬぞ」
男(まだ上映決まってさえない続編のネタバレ?!)

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 22:38:48.95 ID:DeQtRu1r0
稲穂

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 22:45:34.00 ID:DeQtRu1r0
規制祭中か

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 22:51:30.43 ID:DeQtRu1r0
 女宅


男「……」
男「……」
男「……」
男(あれは……あいつの、賞状?)


【金賞】

 あたなは道端に落ちているこの賞状を見事発見し、取得した
 その幸運を称え、これを賞します


男「……」
男「……」
男「……」
男「なんのこっちゃ」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 22:58:57.24 ID:wsZ2f4K4i
何分くらいもつんだろう

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 23:05:47.14 ID:DeQtRu1r0
10分くらい?



男「……」
女「……」
男「……」
女「……」
男「……」
女「……」
男「……」
女「……」

男「……」
女「……」
男「……」
女「忍者って、色のついた米粒を巻きながら歩いてたんだって」
男(唐突だな)
女「そうする事で迷わなかったとか」
男「へぇ」
女「私も、パンを巻きながら歩こうかな」
男「勿体ないからやめなさい」
女「……パンだよ?」
男(駄目だこいつ)

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 23:15:44.92 ID:DeQtRu1r0
男「……」
女「……」
男「……」
女「……」
男「……」
女「……」

女「名刺」
男「?」
女「作った」
男「へぇ」
女「一枚やる」スッ
男「……」

【     女     】


男「余白多ッ!! なんも書いてねーじゃん」
女「逆に印象に残ると思って」
男「連絡先くらい書かないと意味ないじゃん」
女「お前以外には渡さないからいい」
男「……」
女「……」
男「……」
女「……」

男「ええ……」
女「……」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 23:25:54.79 ID:DeQtRu1r0
女「……」
男「……」
女「……」
男「……」
女「……」
男「……」
女「なるほど」

男「……」
女「へそのおから栄養を送るのか」
男(何読んでんだこいつ)チラッ
女「男」
男「な、なんだよ」

女「私と通信しよう」
男「ゲームボーイのノリで言ったねこいつ」
女「肉のケーブルがあれば私からお前に栄養を送れるらしい」
男「いや、もうたぶん繋がってないよ」
女「なんの、肉のくだがお前の腹を食い破って」
男「もうそれお前の必殺技だよ勘弁してくれ(;´Д`)」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 23:36:11.52 ID:DeQtRu1r0
稲穂

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 23:46:07.23 ID:DeQtRu1r0


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 23:49:54.44 ID:DeQtRu1r0
★稲作代行始めました★
お腹が空いたけど食べる米が無い、米が食べたいけど育てる技術が無い、そんなときに!
田んぼ仕事で鍛えたスタッフたちが一生懸命あなたの代わりに稲を育ててくれます!
モチロン田んぼを用意する必要もありません!スタッフがあなたの家の近くの土地を無差別に耕しまくります!
1時間\1200〜  24時間営業 年中無休!


                      从⌒゙ヽ,  
             ,; |i   ______  _ヾ,  |!  
                 /    ヽ 、人  l!   
               从~|〒ソwvw″イ ,〉 k  稲作代行では同時にスタッフも募集しています
             γ゙   lw´‐ _‐ノv/ 〈,k_ノ  畑仕事に自信のあるそこのアナタ!一緒にお仕事してみませんか?
             (    ハ.,_,ノ r         台風の日に様子を見に行くだけの簡単なお仕事です!
             )'‐-‐'l   γ´⌒゙ヽ、
          ,、-ー''(    |!〜、,il      ゝ、   
        γ    |!   〈   ヽ ミ、    丿
       ゝ (     |  ノ  _,,,..、,,ゝ、 _,.イ  /     
    \'´  γ゙ヽ.,_  ) ゙|! ̄    ̄~゙il γ⌒ヽ`(/
    Σ    ゝ.,__゙゙'k{  ヾ /      !、,___丿 て
            > ゝ-ー'゙ <

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/26(金) 23:59:24.83 ID:DeQtRu1r0
男「ああー!」
女「どうした」
男「あの犬! あの犬!」
女「?」

男「靴の中に小石が入ったから脱いで払ってたら靴を片方もっていかれた!」
女「なんだと! 不届きな奴め」
男「頼む!」
女「任せろ! こんなときの為に私の靴は片方大き目のサイズにしてある!」
男「……?!」

女「ほら、隙間に足を突っ込め! 二人三脚で追いかけるぞ! 二人で三足あれば十分だと言う事をあの犬っころに教えてやろう!」
男「お前頭おかしいんじゃねえの!」
女「いっせーのーで!!」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 00:00:04.72 ID:WMoFNj700


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 00:09:11.13 ID:WMoFNj700
女「今宵は書き手が少ないな」
男「いきなりなんの話だよ……」
女「いや、いい。まぁメタネタというやつか」
男「それより早く食べちゃいなよ。冷めるでしょうが」
女「いや、カップラーメンは米の敵だろ?」
男「じゃあなんでお湯注いだんだよ……」
女「いやキミが使うかと思ってな」
男「使うって何にだよ……」
女「その通りナニに使うのだが、こう切れ込みをいれてだな」
男「おいまて」
女「そしてキミの……何をしている」
男「ブロックしていないと持っていかれそうだったので」
女「フリーキック受けるサッカー選手じゃないんだから……」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 00:10:09.19 ID:71c9aj4Mi
ほっしゅ

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 00:20:31.88 ID:mmbcTOo70
よく伸びた次の週は即落ちするというジンクスは健在だな……

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 00:32:36.27 ID:mmbcTOo70
しゅ

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 00:35:29.09 ID:jFrX9mh60
>>1


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 00:37:38.76 ID:mmbcTOo70
>>30
ガッ

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 00:47:05.94 ID:71c9aj4Mi
女「……」
男「……」
女「……」
男「……」
女「少年よ、稲穂を抱け」
男「……」
女「腹一杯食って大きくなれ」
男「……」
女「そして田んぼを耕すのだ」
男「……」
女「怖くない無限ループもあるんだな」
男「知らんがな(´・ω・`)」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 00:48:24.11 ID:WMoFNj700
女「……」
男「……」
女「あの」
男「……」
女「すまない」
男「……」
女「本当に申し訳のないことをした」
男「……」
女「許してくれこの通りだ」
男「……」
女「まさかキミがその、ひとりで……あのシているとは思わなかったんだ」
男(泣きたい……早めに出て行ってくれないかな)

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 00:54:10.02 ID:WMoFNj700
なんで最近のスレタイ禁書っぽいの?
貴方と私の
ゼブラクロス
横断歩道

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 00:55:25.14 ID:mmbcTOo70
>>34
気のせいだと思ふ
ここ数年結構な頻度で立ててるけど、他の作品意識した事一度もない

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 01:18:57.94 ID:mmbcTOo70
lw´‐ _‐ノv

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 01:28:47.28 ID:mmbcTOo70
男「……」
女「……」
男「……」
女「……」ズズズ
男「えっ」
女「……?」ズズズ

男「な、なに食ってんの」
女「……うどん」モグモグ
男「いや、さっきまで手ぶらだったじゃん。どこから熱々のうどんを」
女「……」ズズズズ ゴクゴク
男「……」
女「ぷはっ」

男「……」
女「愛とか、そのへんの力だよ」ゲプッ
男「……」
女「……」
男「……」
女「……」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 01:29:39.92 ID:Bbrr6Z//0
ブーン系かと

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 01:51:12.13 ID:mmbcTOo70
lw´‐ _‐ノv

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 02:18:43.83 ID:mmbcTOo70
女「見てくれ、マグナム銃だぞ」
男「銃刀法違反……」
女「用途は貴様のケツにぶち込む専用となっている」
男「おまわりさーん!!」
女「おまわりさんと呼んできた試しなどない!」
男「アッー!!」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 02:19:32.49 ID:jFrX9mh60
〒!

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 02:43:41.43 ID:71c9aj4Mi
ほっしゅ

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 02:56:46.92 ID:mmbcTOo70
女「……」スッ
男「?!」
女「ふふ、まるで何もないところからペンが出てきたみたいだろう?」
男「うん!」
女「これは手品の基本テクニックの一つだ」
男「へー、どうやんの?」
女「右手で注意を引きながら、左手の袖からペンを出すんだ」
男「お前今日半袖じゃん」

女「……」
男「……」
女「……」
男「……」
女「手品は失敗だ」
男「……」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 03:11:51.44 ID:mmbcTOo70
しゅ

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 03:16:56.09 ID:jFrX9mh60


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 04:04:07.33 ID:mmbcTOo70


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 04:12:26.91 ID:mmbcTOo70
女「黒くてでかい耳をつけてみた。ハハッ」
男「せめて二個つけようぜ」
女「一つならセーフ。ハハッ」
男「……ぎりぎりセーフかな」
女「ハハッ」





寝前ほ

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 06:22:30.02 ID:gJwLBoPAO
残ってるう

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 07:12:28.19 ID:71c9aj4Mi


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 09:23:51.37 ID:gJwLBoPAO
土曜でも2時間もつのか……びっくり

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 09:24:59.86 ID:FK5BcHQD0
おはイチオツ

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 10:23:28.07 ID:gJwLBoPAO
スレッドはあるけど書き込みがない

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 10:35:05.73 ID:mmbcTOo70
おはシュール
完全に「残念無念また来週」の気分だったのにスレ残ってるでござる

人がいるときは落ちやすくて、人がいないときは落ちにくい
なんか根本的におかしい気がする

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 10:56:33.01 ID:mmbcTOo70
 朝 男宅


男「……」
男「……」
男「……」
男「……」
男「……」


 ガチャ

男「……」
女「おう、おはよう。邪魔してるぞ」
男「……」
女「顔洗ってこい。酷い寝癖だぞ」
男「あのさ」
女「?」
男「毎朝、俺の息子の上にしいたけの傘部分乗せるのやめてくんない」
女「しいたけじゃ不服か」
男「そういう問題じゃねえよ!」
女「割と重要な問題だ」
男「そういう問題でもねえよ!!」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 10:57:35.86 ID:f2wItl+90
>>53
「それもまたシュール」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 11:13:39.53 ID:mmbcTOo70
>>55
(ヽ´ω`)



 授業中


女「……」
男「……」
女「……」
男「……」
女「……」

男(おい! 何ぼーっとしてんだよ!)
女「……あ、ああ」
男(ったく、何考えてたんだよ)
女(ツインテールってあるだろ)
男「……?」
女(ツインで満足せず、頭一周するくらい作ってさ)
男「……」
女(それでアイススケートの要領で回転飛びしたらヘリコプターに見えるかな、って)
男「くっそどうでも良い!!」

先生「男ォ!」
男「すみません!!」
女「……」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 11:28:03.63 ID:mmbcTOo70
 夜 男宅 寝室


女「桃鉄やろう」モゾ
男「……」
女「……」
男「……」
女「……」
男「うわああああああああああ!!」
女「……」
男「お前どっから出てくんだよ!!」
女「深夜だぞ……静かにしろ」
男「……」

女「それより桃鉄やらないか」
男「……なんで桃鉄」
女「カップルが世間を忍んで休日の夜に嗜むものと言えば桃鉄しかないだろう」
男「え、嫌だよ。眠いもん」
女「寝ながらでもぎりぎり出来るのが桃鉄の良いところ。さあ、100年の旅へ」
男「それ徹夜どころか、終わったら丁度寝る時間がもう一回くるレベルだろ!」
女「そしたらもう100年やれば良い」
男「……」

女「本当の『今夜も寝かさない』を教えてやろう!!」
男「『今夜は』!! 『今夜は』!!」
女「さあプレイヤーネームを決めるんだ」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 11:48:40.54 ID:mmbcTOo70
男「……」
男「うーん」
男(そろそろ冬物は整理した方が良いか)
男「ただ最近まだちょっと寒いんだよなぁ……」
男「……」

男(もうちょっとだけ冬物で頑張――)
男「いやいや!」
男(そんな事言ってるとすぐに夏きちゃうしな! ちょっと寒いのは我慢して、衣替えしよう)

男「……えーっと、これは冬物」
男「これも冬物かな」
男「これも」
男「これもどっちかってーと冬物かな」
男「これも冬物」
女「……」
男「これも……しまっておこうかな」
男「これで最後か。割とあったな」

男「これをまとめて詰めて……よし」
男「最後に言うことは?」
女「……お前の服から匂いが失せたら出てくる」
男「おやすみ」

 パタン

男「よし! じゃあ春物だすか!」ガパッ
女「……もう春か」ムクッ
男「……」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 12:20:50.95 ID:mmbcTOo70
だいたい半時間に1保守で十分かな
一時間でも余裕でもちそうだが……

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 12:25:44.93 ID:f2wItl+90
落ちないのは結構だけど、これはこれで寂しいもんだな

避難所に書いてくれれば代行するよ
と言ってみるテスト

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 12:39:16.61 ID:mmbcTOo70
確かにほとんど書き込まれないなら保守する意味もないし、来週にまとめて投下した方が有意義だ




 男宅

男「……」
男「……」
男「……」
男「……?」 ブルルルル

題名:紙がない
内容:

男「……」
男「……」
男(どうしろと)
男「!」 ブルル

題名:間違った
内容:紙もない

男「?!!」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 12:52:07.52 ID:f2wItl+90
>>61
規制のせいでこうなってるなら暫くはこの状態が続くだろうし、いっそシベリアに立てた方がいいかもしれぬ

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 13:02:10.57 ID:mmbcTOo70
大規模規制なんて今まで何度もあった
今回はたまたま朝を迎えちゃっただけ
今まで通り金曜の夜に立てて、書き手が書きたいだけ書いたら落ちる、で良いと思ふ

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 13:12:53.47 ID:71c9aj4Mi
シベリアは一度行ったら二度と戻ってこないイメージ

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 13:30:43.99 ID:mmbcTOo70
男「……」
女「……」
男「……」
女「……」

女「布団から顔出したときにお前の顔が見えるのって」
男「……」
女「ストローから飛び出したら口の中だった、と似てるのかなぁ」
男「……」
女「……」
男「……」
女「……」
男「……さぁ」
女「……」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 14:04:35.51 ID:mmbcTOo70
 スカイダイビング中


男「……」
女「……」
男「……」
女「……」パクパク
男「?」

女「……」パクパク
男「?(何言ってるか聞こえん)」

女『ケシゴム オトシ シヨウゼ』バッ バッ

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 14:46:10.37 ID:mmbcTOo70
女「……」
女「……」

 コロコロコロ

女「……」
女「……チッ」

男「何やってんだ(´・ω・`)」
女「流しそうめんに対抗して流しおにぎりをいつかやろうと思ってるんだが、なかなかうまく転がらんもんだな」
男「まぁ、ご飯だしな」
女「おむすびころりんとはいかんか」
男「雪玉だって実際雪山の頂上から転がしたら転がらないんだろ?」
女「……うーん」
男「よっぽど傾斜をきつくしないと」
女「いっそ回転寿司にするか」
男「……ベルトコンベアで?」

女「それで良いじゃないか! 回転寿司に対抗して回転おにぎりだ! 具を変えれば良い!」
男「凄く安上がりな回転寿司ってイメージだが」
女「これはいける! 店を出すぞ!」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 14:58:05.01 ID:f2wItl+90
避難所より
124 :以下、名無しにかわりましてシュールにお送りします [sage] :2013/04/27(土) 14:35:38 ID:MuXLP0Sw
ttp://www18.atpages.jp/surice/cgi-bin/source3/sur0679.jpg

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 15:02:44.44 ID:FK5BcHQD0
>>68オツ

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 15:08:18.99 ID:71c9aj4Mi
かわいい

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 15:28:26.93 ID:mmbcTOo70
にゃ〜ん(無添加)

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 16:06:33.98 ID:mmbcTOo70
女「お前、腕時計はしないんだな」
男「なんだよいきなり」
女「腕時計はなるべくした方が良いぞ」
男「今はスマホがあるしな」

女「社会人になって、職場でもポケットからスマホを出して時間を見る気か?」
男「うっ」
女「今のうちから腕時計をつける癖をつけておいた方が良い」スッ
男「これは……」
女「私からのプレゼントだ。普段世話になってるからな」
男「マジで! ありがとう!! なんかすごい高級感がある時計だな」
女「ここのボタンを押すと、指パッチンの音が出る。もう指パッチンに失敗して場の空気を凍らせる事もない」
男「この重厚さが男らしいな! ありがとう!」
女「おい聞け」

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)