5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

メリー「私達自分の仕事忘れてない?」貞子「え?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:24:15.97 ID:WLjpfLhs0
【一作目】
貞子「やっぱ私が一番人気よね♪」メリー「あ゙?」

【二作目】
貞子「座敷わらしちゃんのぱんつの色をなんとしてでも確認する」


伽椰子「仕事…?」

花子「なんのこと?」

メリー「ええ!?なんで完全に忘れてるわけ!?」

貞子「んーと…あ!あれね!」

貞子「バイト」

メリー「ちっがう!」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:25:31.35 ID:UXifi3b9T
花子「街のゴミ拾い」

メリー「やったことないでしょうが!」

伽椰子「本日の…ぱんつの色の報告…」

メリー「え?今日は赤紫…って違う!何言わせんのよ!」

貞子「ひゃー相変わらず色の選択が凄いねメリーちゃん」

花子「彼氏でもできたんじゃない?」

貞子「あはは、それはないと思…ハッ!まさか刃物男君兄弟!?」

伽椰子「兄弟まとめて…いただきとは…」

メリー「もう…いいから一旦黙って…」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:26:26.40 ID:WLjpfLhs0
過去スレこれか?あ1は代行な。

貞子「やっぱ私が一番人気よね♪」メリー「あ゙?」
http://www.logsoku.com/r/news4vip/1365286422/

貞子「座敷わらしちゃんのぱんつの色をなんとしてでも確認する」
http://www.logsoku.com/r/news4vip/1365849033/

4 :>>3ありがとうございます:2013/04/21(日) 20:27:53.67 ID:UXifi3b9T
メリー「そうじゃなくて!それぞれ元の役割があるでしょ!」

メリー「貞子はビデオ見せて色々したり!」

メリー「花子はトイレに引きずりこんで色々したり!」

メリー「伽椰子は家に入居してきたのを色々したり!」

貞子「メリーちゃん…」

伽椰子「そんな卑猥なことを…ここまで躊躇なく…」

花子「卑猥なぱんつを穿くと性格まで卑猥になるのね…」

メリー「うっ…ぐす……」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:29:44.11 ID:UXifi3b9T
貞子「わぁ!また泣かせちゃった!」アセアセ

メリー「ふぇ……真面目に…真面目にやってよぉ…」

花子「よ、よーしよしよし」

伽椰子「泣かない泣かない…」ナデナデ

メリー「うー…」

メリー「と、いうわけよ!仕事忘れてるわよ仕事!」ビシィッ!

貞子「おお復活」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:31:17.31 ID:UXifi3b9T
花子「さて、復活したところで一つ言っておきたいんだけど」

貞子「私達一度もそんな仕事やったことないよ?」

伽椰子「その…通り…」

メリー「………」

メリー「えっ?」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:33:11.37 ID:UXifi3b9T
メリー「トイレに潜んでたりは…」

花子「しないわよ。不潔じゃない」

メリー「テ、テレビの中から出てきたりは…」

貞子「そんな超能力みたいなことできないよー」

メリー「入居者を…呪い殺したりは…」

伽椰子「人殺し…ダメ…ゼッタイ…」

メリー「なん…だと…?」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:35:03.09 ID:UXifi3b9T
貞子「勝手に噂立てられたり映画作られたり迷惑だよね」

花子「全くよ。困ったものだわ」

伽椰子「謝罪を…要求する…」

メリー「そんな…じゃあ…律儀にやったことがあるのは…私だけ…?」

花子「え、まさかあんた人殺したの!?」

メリー「しっしてないわよ!殺そうとも思ってないし!」

貞子「ふぅん…」

貞子「よし!じゃあやってみようか!メリーちゃんの仕事!」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:36:16.55 ID:VTECnTeV0
猿食らわないように気をつけてな

支援

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:37:25.73 ID:UXifi3b9T
メリー「え!?」

花子「なに、本当に人殺しなんてする気?」

貞子「まっさかー家の前まで行って怖がらせるだけだよ」

伽椰子「でも…標的の電話番号が分からないと…どうしようもない…」

貞子「そう!だから番号を知ってる人に…」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:39:25.92 ID:UXifi3b9T
八尺「くぅっ…!強い…!」

冥王グェルヴォラス「フハハハ!!!貴様などに我は倒せん!!!!!」


アンアンアン♪トッテモダイスキ♪


八尺「あっグェル君ちょっとストップ」ピッ

冥王グェルヴォラス「ぬう…真剣勝負の邪魔をするとはどこの不届き者だ…」

八尺「もしもし…え?今は家でゲームしてますけど…」

八尺「はい…グェル君と一緒です…」

冥王グェルヴォラス「はっしゃん、ポテチ開けるぞー」

八尺「え?一人になれって…あ!何勝手に開けてんの!」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:41:22.68 ID:UXifi3b9T
八尺「切れちゃった…」チラッ

冥王グェルヴォラス「コンソメ味うめえ」

八尺「………」

冥王グェルヴォラス「ん?どうした?」

八尺「消去<エリミネイト>!!!!!」

冥王グェルヴォラス「おいちょっ…!」シュン

八尺「食べ物の恨みは恐ろしいんだよ…グェル君…」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:43:49.72 ID:UXifi3b9T
花子「あの子あれ使っちゃうんじゃないの?消去…だっけ」

伽椰子「あれは…瞬間移動の技だから問題ない…」

貞子「さー始めようか!まずは花子ちゃんから!」

メリー「でもさ、声でバレちゃうんじゃないの?」

貞子「ボイスチェンジャーを用意したから大丈夫!」

花子「じゃ、掛けるわよ」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:46:11.14 ID:UXifi3b9T
八尺「もーあの短い時間で半分以上も食べてる…」


アンアンアン♪トッテモダイスキ♪


八尺「あっまた電話」ピッ

八尺「もしもしー」

花子『私メリーさん。今…どこだっけ…え?三丁目の薬局?了解了解』

花子『コホン。今三丁目の薬局にいるの』

八尺「え?え?メリーさんなんですか?でも声がちが…」プツッ

八尺「また切れた…」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:48:24.12 ID:UXifi3b9T
花子「ふわービビったー」

メリー「いきなり怪しまれたんじゃないの…?」

貞子「八尺ちゃんなら無理やり納得してくれるよ。じゃあ移動しよっか」

伽椰子「次は…どこに…?」

貞子「んー…じゃ、ローンソで」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:50:37.51 ID:WLjpfLhs0
ちょっとだけ支援。

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:50:43.24 ID:UXifi3b9T
八尺「なんだったんだろうさっきの…」


アンアンアン♪トッテモダイスキ♪


八尺「わっ!きた…」ピッ

花子『私メリーさん。今ローンソの前にいるの』

八尺「あっあの!イタズラ電話ならやめt…」プツッ

八尺「…はあ」

八尺「またかかってくるんだろうな…」

八尺「となると…最後は…」

八尺「…どうしよう」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:51:57.79 ID:UXifi3b9T
貞子「んー良い感じだねー」

花子「もう充分怖がってるだろうし次が最後でいいんじゃない?」

メリー「そうね」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:53:16.61 ID:GIWMQpf90
ユメもキボーもありゃしない

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:53:52.82 ID:UXifi3b9T
八尺「………」ドキドキドキドキ


アンア ピッ


花子『はやっ!…あ、いや…ゲホッ!ゴホッ!』

花子『私メリーさん。今あなたの家の前にいるの…』プツッ

八尺「っ!は、はわわわわ!!どどどどどどうすればばっばばばあば」

八尺「そっそうだ!確かこの都市伝説は扉を開けなければいいはず…」

八尺「な、なーんだ…怖がることなかったな…」


アンアンアン♪トッテモダイスキ♪


八尺「…え?」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:55:53.04 ID:UXifi3b9T
ドーラエーモンー♪


八尺「なん…で…?」ピッ

メリー『あたしメリーさん。今ゴミ捨て場にいるの…』プツッ

八尺「え?さっきとは別の声が…えっ?」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:58:04.31 ID:UXifi3b9T
貞子「いやーやり遂げた。やり遂げたねー」

メリー「今度会ったら謝っておかないとね」

花子「今頃ベッドに潜り込んで震えてるんじゃないかしら?」

伽椰子「八尺…ご愁傷様…」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:00:24.54 ID:UXifi3b9T
八尺「もう…わけが分からな…」


アンアンアン♪トッテモダイスキ♪


メリー『あたしメリーさん。今タバコ屋さんの角にいるの…』プツッ

八尺「これ…ネットに載ってた通りの…」


アンアンアン♪トッテモダイスキ♪


メリー『あたしメリーさん。今あなたの家の前にいるの』プツッ

八尺「いや…いやぁあぁぁぁあぁぁあぁああぁあああ!!!!!!!!」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:01:16.39 ID:RMCw/Y1R0
貞子って他と違って霊的なものじゃないよな
超能力でウイルス生み出せる人ってだけで

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:02:29.31 ID:UXifi3b9T
八尺「…えーと」

メリー「あたしメリーさん。今あなたの目の前にいるの」

八尺「うん、それは分かってるけど…」

メリー「あたしメリーさん。出現場所を間違えて焦ってるの」

八尺「はあ…」

メリー「あたしメリーさん。どうすればいいの?」ウルッ

八尺「ちょっ…」

メリー「あた…し…メ、メリッ…ふえぇぇえぇえぇえぇえええん!!!!!」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:04:34.63 ID:UXifi3b9T
八尺「…というわけなんです」

メリー「あたしメリーさん。ココア美味しいの」ンクンク

貞子「ふえーホントにメリーさんって居たんだねー」

花子「驚いたわ…」

伽椰子「驚愕の…事実…」

メリー「な…!ななっ…!」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:05:34.26 ID:VTECnTeV0
メリーはメリーと言う名のただの少女だったのか

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:07:14.96 ID:UXifi3b9T
貞子「うーん…でもそうなると同じ名前が二人居てややこしいね」

花子「そっちは幼女なんだからロリーでいいんじゃない?」

伽椰子「こっちのメリーも…胸の小ささでは負けてない…」

メリー「やかましい!」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:09:18.05 ID:UXifi3b9T
貞子「よし決定!よろしくねロリーちゃん!」

ロリー「あたしメリーさん。ロリーさんじゃないの」

メリー「なーに言ってんのよ。私の方が人生の先輩なんだからあんたが譲りなさい」

ロリー「あたしメリーさん。身長以外では大差ないの」

メリー「なんですってー!」

花子「早速打ち解けてるわね」

貞子「んー微笑ましい」

伽椰子「まるで…姉妹のよう…」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:12:15.20 ID:UXifi3b9T
メリー「はー!はー!な、なんて生意気な小娘なの…!」ピキピキ

ロリー「あたしメリーさん。すぐ怒るなんて子供みたいなの」

メリー「あ゙ぁん!?」

伽椰子「ところで…八尺…」

八尺「うわーん!部屋で暴れないでくだ…ん?なんですか?」

伽椰子「誰かと…仲良くゲームしてたみたいだけど…」

八尺「はあ…一応幼馴染なので…」

伽椰子「…そう…納得した…」

八尺「何を納得してワンピース引き裂いてるんですか!やめてくださいよ!」

伽椰子「………」ビリビリビリ

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:15:02.16 ID:UXifi3b9T
メリー「…で、なんでこうなるのよ」

貞子「だってーメリーちゃんが一番仲良くしてたし」

八尺「すみません。私誰かを養えるほど家にお金ないんです…」

花子「ま、頑張りなさい」

伽椰子「グッド…ラック…」

メリー「私だって今馬鹿男二人を養うのに大変なんだけど!?」

ロリー「あたしメリーさん。不束者ですがどうぞよろしくお願いしますなの」

メリー「背中にしがみつくな!」

ロリー「あたしメリーさん。今あなたの後ろにいるの」

メリー「知ってるわ!」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:17:15.86 ID:UXifi3b9T
ベッド下の刃物男「…おい、誘拐は犯罪だぞ」

シート下の刃物男「いくら女だからってロリに手を出すのはどうかと思うぜ?」

メリー「誘拐なんかしてないってば!」

ロリー「あ…あたしメリーさん…。乗り心地最悪だったの…」ウプッ

テーブル下の刃物男「顔色悪くなってんじゃねえか。ちゃんと介抱してやれ」

メリー「なんで増えてんの!?」

テーブル下の刃物男「兄貴達にこの家がオススメだって聞いてな。当分居候させてもらうぜ」

メリー「あ・ん・た・ら・ね・え…!!」ピキピキ

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:19:36.23 ID:UXifi3b9T
-数日後-


ロリー「あたしメリーさん。お菓子を食い漁ってるの」モグモグ

メリー「あぁっ!隠しておいた高級クッキーが!」

ロリー「あたしメリーさん。ベッドの上で転がってるの」ゴロゴロ

メリー「こら!布団グチャグチャにすんな!」

ロリー「あたしメリーさん。タンスの中を…趣味の悪いぱんつなの」ポイッ

メリー「外に捨てんなあぁぁあぁあぁあああぁあ!!!!!!!」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:21:23.46 ID:UXifi3b9T
メリー「だから引き取ってくれないかしら」

座敷わらし「うーん…」

メリー「お願い!このとーり!」

座敷わらし「まあその子を養うだけのお金はあるんですが…」

メリー「じゃ、いいのね!?」

座敷わらし「…ごめんなさい。やっぱり駄目です」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:23:23.25 ID:UXifi3b9T
メリー「そんなぁ…理由は?」

座敷わらし「実は私…不定期的に意識を失うことがあるんです…」

メリー「(ああ…座敷わろしか…)」

座敷わらし「結構長いこと意識を失ってることもありますし…誰かを養うなんてとても…」

メリー「そっかー…」

座敷わらし「すみません…」

メリー「いいのよ、仕方ないわ」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:25:19.56 ID:UXifi3b9T
メリー「もう…どうすればいいのよ…」

メリー「ってあれ!?ロリーは!?」

ロリー「あたしメリーさん。今あなたの後ろにいるの」

メリー「わっ!びっくりした…どこ行ってたのあんた」

ロリー「あたしメリーさん。クッキー食べちゃったから買いに行ってたの」

メリー「…これあのクッキーと違うじゃないの」

ロリー「あたしメリーさん。見分けが付かないの」

メリー「…はあ」

ロリー「あたしメリーさん。ごめんなさいなの」シュン…

メリー「いいわよ別に…もう怒ってないから」

ロリー「あたしメリーさん。ありがとうなの」パアァ

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:27:32.61 ID:UXifi3b9T
メリー「うわさっむ…ほら、早く帰るわよ」

ロリー「あたしメリーさん。了解なの」トコトコ

メリー「…ねえ、ロリー」

ロリー「あたしメリーさん。どうしたの?」

メリー「…クッキー、ありがとね」

ロリー「あたしメリーさん。…どういたしましてなの」ニコッ



Fin

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:28:34.11 ID:UXifi3b9T
終わりです
これ誰も居なさそうwwwwww

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:28:56.23 ID:VTECnTeV0
ちゃんといるぞ
お疲れさん

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:41:18.40 ID:GIWMQpf90


16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)