5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

咏「嫉妬してるえりちゃんが見たい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:02:40.80 ID:VfeIykiuO
oCnOiGIj0

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:04:23.65 ID:zMtFL+ti0
支援やでー

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:04:28.93 ID:QpDu9Eop0
朝まで残ってるといいな

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:05:00.68 ID:oCnOiGIj0
>>1
ありがとうございます

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:05:25.98 ID:BEiYJXek0
支援

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:06:57.42 ID:qoIT+vua0
http://uproda.2ch-library.com/6498909D3/lib649890.jpg

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:07:21.68 ID:oCnOiGIj0
恒子「急に呼び出されたと思ったらそれかい…」

健夜「あはは…」

咏「いやいや、由々しき問題だぜ?知らんけど」

恒子「はいはい、惚気っすね」

咏「違うんだって!マジなんだって!」

健夜「どうしたの?」

咏「いや、だってさ…えりちゃんが嫉妬だぜ?」

恒子「はぁ」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:07:58.98 ID:BEiYJXek0
しえ

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:10:32.38 ID:oCnOiGIj0
咏「見たいじゃん」

健夜「………うん?」

咏「見てみたいじゃんか!」

恒子「……ふーむ?」

咏「あの…生真面目でガッチガチに堅いえりちゃんだよ?」

健夜「うん…二人が付き合いだした事にビックリしたもん」

恒子「“あの針生さんが!?”“しかもあの三尋木プロと!?”ってね〜」

咏「こーこちゃん?あの三尋木プロってどーの三尋木プロだい?」グリグリ

恒子「すんません、すんません」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:11:16.01 ID:BEiYJXek0
支援ぞ

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:14:08.20 ID:oCnOiGIj0
咏「ったく……」

健夜「まぁ…たしかに、えりちゃんが恋愛してるだけでもビックリだし、それで嫉妬……かぁ」

咏「気になるっしょ?」

恒子「……………」

咏「んだよー珍しくノリ悪いねぃ」

恒子「いや……なんか。怖そう」

健夜「?」

恒子「生真面目だからこそ、その。なんだ。“こうじゃなきゃ駄目”ってルールとか。作ってそうじゃん?」

健夜「それは偏見だよ……」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:14:32.48 ID:e49hpSOz0
支援

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:17:03.77 ID:BEiYJXek0
しえ

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:18:41.56 ID:pc3P3E1m0
恒子「そりゃ、そうだけど……うーん」

咏「ま、それでさ。二人に協力して貰いたくてね。急に呼んだってわけ」

健夜「協力?」

咏「しばらく夜遊び付き合って」

健夜「はぁ!?」ガタッ

咏「飲んだりカラオケ行ったりするだけだって!」

恒子「……そんで?」

咏「えりちゃんにさ。“今日は遊んでくるー”って。態度もちょっち素っ気なくしてみようかねぃ」ニヤニヤ

健夜「うわぁ……」ヒキ

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:19:41.66 ID:BEiYJXek0
咏えり支援

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:21:03.52 ID:ZC8nO0Lm0
このうたたんは畜生

17 :あれ?IDかわった:2013/03/27(水) 02:22:03.10 ID:pc3P3E1m0
咏「それをしばらくやってたら、えりちゃん嫉妬してくれるんじゃないかねぃ〜知らんけど」

恒子「……ヤンデレ化とかしちゃっても知りませんよぉ?」

咏「んん?…いやー、むしろ上等だねぃ」ニヤリ

恒子「えっ」

咏「そんだけ愛してくれてんなら、落とした甲斐があったってもんよ!知らんけど!!」ババーン

健夜「おおー……」

恒子「……そういうもんっすかねぇ」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:25:41.02 ID:BEiYJXek0
へこむ咏たん期待

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:27:01.38 ID:pc3P3E1m0
咏「なんだよー協力してくんねーの?」

恒子「いやいや、こっちに文句言われちゃ溜まったもんじゃ…」

咏「協力してくれたらその日は全部奢るぜ?」

恒子「やりましょうかァ!!」バァン

健夜「えええええええ!?」

恒子「なに?いつから?いつから?」

咏「明日ヒマ?」

恒子「ドントコイ晩飯ィ!!」

咏「うっしゃあ!!」

健夜「……あー、うん。明日ね。オッケー」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:30:30.94 ID:pc3P3E1m0
〜翌日

えり「おはようございます、三尋木プロ」

咏「あーうん、おっはよー」

えり「本日もよろしくお願いします」

咏「おっけーおっけー」

えり「…………」

咏「…………」

えり(………?)

えり(なんか、違和感……なんだろう)

咏「………」ゴソゴソ

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:33:13.26 ID:FcrMkoxAO
言ってみるもんだなぁ
全力で支援するわ

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:33:29.60 ID:BEiYJXek0
支援

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:35:01.10 ID:pc3P3E1m0
えり(……あ、そうだ。いつもなら……)

えり『本日もよろしくお願いします』

咏『もぉーえりちゃんはかったいねぃ〜。“よろしくねっ”くらいの軽さで良いんだよ』

えり『は、はぁ……?』

咏『笑顔で“今日もよろしくねっ咏さん♪”リピートアフターミー』

えり『いや、しませんよ…』

咏『ちぇー見たいのにー』

えり『馬鹿なこと言わないでください』

咏『知らんしー』

えり(……みたいな茶化が入って、なんだかんだ会話を……)

咏「…………」カチカチ

えり(……携帯いじってる……)

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:35:46.38 ID:BEiYJXek0
咏さんが携帯持ってるのって想像しにくいな


持ってないわけないんだけど

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:38:30.96 ID:pc3P3E1m0
えり(いや、会話を、とまでは言わないけれど…)

咏「………」カチカチ…

えり(これから仕事だってのに、携帯いじってるのは、失礼なんじゃない?)イラッ

咏「………」カチカチ

えり「……あの、みひろ…」

プルルル

えり「っ!」

咏「あーいもしもーし」

えり(音、切ってないの……!?)

咏「ん?今夜?ヒマヒマー。なに、晩飯!?行く行く!」キャイキャイ

えり「…………」イライラ

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:41:49.79 ID:pc3P3E1m0
咏「あーい、んじゃまた今夜ねーぃ」ピッ

咏(くふふ、コカジさんに電話してもらうように頼んで、からの目の前で夜の約束!どうよ!?)

えり「………三尋木プロ?」

咏「お?」(もう動き出した!?)

えり「スタジオでは携帯電話電源は切っておいてください。マナーですよ」

咏「………へーい」ブスー

えり(まったく……)

咏(ちぇっ、真面目ちゃんめ)

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:42:26.08 ID:FcrMkoxAO


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:47:21.64 ID:pc3P3E1m0
〜夜

恒子「んで、成果は?」

咏「まだまだ。一回くらいじゃ全然」

健夜「ま、そうだよね」

恒子「そっかぁ〜。明日もするんですか?」

咏「おー。明日、大丈夫?」

恒子「夜でしたら、モチ!」グッ

健夜「私も一応大丈夫」

咏「んじゃ、明日も頼むねぃ〜」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:51:25.16 ID:pc3P3E1m0
健夜「また電話、する?」

咏「そーだなぁ〜」

恒子「電話?」

咏「おー、えりちゃんの目の前でー」カクカクシカジカ

恒子「ふんふむ、うーん。それだけじゃあ、ちょっとヌルいんじゃないですか?」

咏「おっなんかアイディア?」

恒子「ここはですね〜……」

咏「ふむ……」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:53:49.81 ID:BEiYJXek0
しえ

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:54:27.89 ID:pc3P3E1m0
〜翌日

咏「…………」カチカチ

えり(また、携帯いじってる……)イライラ

ブーブー

咏「あい、もしもーし」ピッ

えり(あ、マナーモードになってる…)

咏「お、すこやーん!どしたの?」

えり(……すこ、やん?)

咏「今夜?暇だよーなになに?…一緒にカラオケ?オッケー楽しみにしとくわ!サンキュー!」

えり(…………)

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:56:09.65 ID:FcrMkoxAO


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 02:57:45.74 ID:pc3P3E1m0
咏「〜♪」ピッ

えり「……あー、えっと。三尋木プロ?」

咏「ん?」

えり「えっと、聞いてしまったのは申し訳ないのですが、その…今の電話は…?」

咏「ああ、すこやんから、遊び行こーって」

えり「すこやん……小鍛治プロ?」

咏「そーそー」

えり「……ずいぶん仲良くなられたんですね?少し前まで“コカジさん”って……」

咏「え?……ん、あー、まぁ。色々ねー」

えり「はぁ……」

咏(効果、アリかな〜?知らんけど!)

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:02:49.75 ID:pc3P3E1m0
えり(小鍛治プロ、ねぇ……)

えり(あんまり話したこと無いけど…麻雀実況のお仕事をしている身としては)

えり(私も、仲良く…と、いうか。知り合いくらいにはなっておきたいなぁ…)

えり「三尋木プロ」

咏「ん?」

えり「小鍛治プロと、どこへ?」

咏「カラオケだよー。なに?気になる?」

えり「まぁ、少しは」

えり(へぇ…小鍛治プロ、カラオケ好きなんだ…意外)

咏(効いてる効いてる♪)

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:03:07.80 ID:BEiYJXek0
しえ

36 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/03/27(水) 03:06:33.59 ID:mTMhXnOK0
すこやんと仲良くなって咏タンが嫉妬するのきぼう

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:06:36.28 ID:pc3P3E1m0
〜夜

恒子「どうでした!?」

咏「おう、バッチリっぽい!知らんけど!」

恒子「うっしゃあ!!」

咏「この調子でどんどんいくぜ〜!明日はどこ行こっか!」

健夜「あ、ゴメン。明日はちょっと…」

咏「え?マジ?」

恒子「私は平気っすよー」

咏「んじゃ、明日は二人かー。この前の店で良いっしょ?」

恒子「うぃっす!ゴチになりまっす!」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:08:16.11 ID:wVl5SbP6O


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:09:10.00 ID:FcrMkoxAO


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:09:41.01 ID:G/QPkr7q0


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:09:56.11 ID:pc3P3E1m0
〜翌日

ブーブー

咏「あい、もしも……」

恒子『はぁーい愛しのこーこちゃんでぇす!』

咏「ブッ」

えり「!?」

恒子『ちょ、吹き出すのってひどくないっすか』

咏「いや、だって…プ、くく……」プルプル

えり(ど、どうしたんだろ……)ドキドキ

恒子『妬かせるなら、ちょっとはそんな素振りも見せなきゃだめですよー?』

咏「あー、なるほどねぃ…」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:14:50.19 ID:pc3P3E1m0
恒子『んじゃま“今夜、いつもの店で。楽しみにしとけよ?”くらいの…』

咏「ブハッ!」

えり「っ!?」ビクッ

恒子『だーもぉ!台無しじゃないっすかー!』

咏「ご、ごめ、プ、く、はははっ…」プルプル

えり(な、なんなの一体……)

咏「んじゃ、今夜、いつもの店で。…っ…クク…た、たの……アハハッ」プルプル

恒子「駄目だこりゃ」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:17:06.36 ID:pc3P3E1m0
〜夜

恒子「三尋木プロ!!」バァン

咏「おぅっ!?」ビクッ

恒子「やる気あるんですか!」

店員「ビールおまちー」

咏「うぃーっす」

恒子「ちょいちょいちょい!」

咏「いや、あるよ?あるある。あるって」グビグビ

恒子「ウソつけぃ!」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:18:53.32 ID:FcrMkoxAO


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:20:25.70 ID:BEiYJXek0
しえ

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:21:18.33 ID:pc3P3E1m0
恒子「もぉー三尋木プロ!」

咏「んんー?」

恒子「嫉妬、されたくないんですか?」

咏「されたいに決まってんじゃん」

恒子「いーや、そうは見えないね!」

咏「そーかい?」

恒子「…いやさ、ちょっとこの前見ましたよ。三尋木プロと、針生さん」

咏「ん?」

恒子「前と。どこが変わったんですか!?」

咏「えっ」

恒子「付き合う前とほっとんどかわんないじゃないですか!!」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:22:33.57 ID:BEiYJXek0
支援ぞ

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:24:58.34 ID:pc3P3E1m0
咏「そ、そうかねぃ?知らんけど」

恒子「そーっすよ!“付き合ってる”って設定があるだけ!なぁんも変わった雰囲気なし!」

咏「い、いやいや。えりちゃんはちゃんと愛して……」

恒子「……くれてます?」

咏「……あれー?なんかあったかなー?」

恒子「っでっしょう!?針生さんからは何て呼ばれてるんですか!」

咏「三尋木プロ……あれっ?」

恒子「…今こそ、愛を確かめるチャンス!」

咏「ふおぉ……!?」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:25:34.47 ID:PFxiLfgV0
ふおぉえん

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:26:23.28 ID:BEiYJXek0
支援ァ!

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:27:02.59 ID:pc3P3E1m0
〜翌日

えり「おはようございます、三尋木プロ」

咏「おっはよー」

えり「本日もよろしくお願いします」

咏「よろしくぅ〜!」

えり(……あ……)

咏「ん?」

えり「今日は、いじってないんですね」

咏「なにを?」

えり「携帯」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:29:59.57 ID:pc3P3E1m0
咏「あ、あー。さすがにねー、行儀悪いかなーって」

えり「やっとわかりましたか」

咏「いや、わかんねーけど」

えり「わかってないんですか」

咏「いやいや。わかんねーけどわかったって」

えり「どっちですか……」

咏「とりあえず、スタジオで携帯はマナー違反ってね」

えり「はい、その通りです」

咏「ふふんっ」ドヤッ

えり「誇ることじゃありません。常識です」

咏「常識とか知らんし〜」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:32:14.42 ID:1vCmmB7O0
S

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:32:49.85 ID:pc3P3E1m0
えり「まったくもう。あなたは…」クスッ

咏「あはは〜」

えり(……あれ?)

えり(なんだか、久しぶり…会話、するの)

えり(最近は、始まる前は電話して…本番終わったら、すぐどこかに行ってたから…)

咏「いやー、やっぱいいねぃ」

えり「は、はい?」

咏「えりちゃんと、話してるの!」

えり「!」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:33:23.21 ID:BEiYJXek0
支援

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:35:38.89 ID:pc3P3E1m0
咏「ね、えりちゃんも思わん?」

えり「わ、わたしは……別に」

咏「えー楽しくないの?」

えり「それは……その」

咏「んん?」

えり「…そんなことより、ほら。資料ちゃんと見ました?」

咏「お、話を反らしたねぃ。アヤシイなぁ〜?」

えり「な、なにがですかっ」

咏「知らんし〜」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:40:22.93 ID:BEiYJXek0
ただのバカップルじゃねーか!

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:40:41.48 ID:pc3P3E1m0
えり(……ばか。ちゃんと、言えばいいのに)

咏「んで、資料?が、なに?」

えり「あ、ええと…」

えり(三尋木プロとの会話は、楽しいって。もっと、お話したいって)

スタッフ「そろそろ本番でーす!」

えり「あ、は、はい!」

咏「お、そろそろかー」

えり(……今日、勇気を出して…夕食に…誘ってみようかな)

えり(そこで、言おう。ちゃんと……素直に)

スタッフ「本番5秒前ー、4、3……」

えり(………よしっ)

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:42:32.64 ID:BEiYJXek0
問題発言OAクルー!?

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:48:17.26 ID:Yw7+gF960
楽しみ

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:48:41.95 ID:pc3P3E1m0
〜本番終了

咏「ふぃー!外の空気はうまいねぃ!」

えり(結局、言えずに外まで来てしまった……)

咏「さぁーて、と」

えり「っ!」(言わなきゃ!)

咏「じゃ、」

えり「あ、ああああのみひりょぎぷろっ!」

咏「…………」(噛んだ……?)

えり(………ばか………///)カァァ

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:52:06.59 ID:PFxiLfgV0
アナウンサーがそれじゃあねぇ…

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:53:23.21 ID:BEiYJXek0
しえんぬ

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:55:06.70 ID:pc3P3E1m0
咏「あ、あー。どしたん?」

えり「は、はいっ!あの、えっと……」

えり(今夜、暇ですか?……ううん、なんだか違和感……今晩、一緒にお食事でも?…これかな。でも硬っ苦しい?じゃあ、えーと、えーっと)

えり「こ、こんやっ……」

健夜「う、咏ちゃーん!」

えり「っ!!」ビクッ

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 03:58:12.75 ID:pc3P3E1m0
咏「お、すこやーん!」

健夜「はぁ、はぁ…ごめん、待った?」ゼェゼェ

咏「ううん、えりちゃんと話してたから。ね?」

えり「え……え……?」

健夜「そ、そうだったんだ。…その。ええと…」

咏「んじゃ、晩飯行こっかーすこやん」

健夜「あ、う、うん…」

えり「あ……」

咏「じゃねー、えりちゃん」

えり「っっ……」

健夜「…………」

えり「……ぃ……」

えり「いって、らっしゃい…です…」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:03:58.17 ID:pc3P3E1m0
………………

えり「…………」

えり「……なによ、いってらっしゃいですって……」

えり「……ばかみたい……」

はやり「あれー?」

えり「っ!」

はやり「やっほーえりちゃーん☆」

えり「ぁ、瑞原、プロ……」

はやり「……どうしたの?」

えり「べ、べつに……なんでもありません」

はやり「……うーん……」

えり「……………」

はやり「……ね、えりちゃん?」

えり「……はい?」

はやり「このあと、ヒマ?」ニコッ

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:07:53.50 ID:pc3P3E1m0
……………

はやり「さぁーて、飲むぞーっ☆」

えり「…………」

はやり「えりちゃんもっ!ほらっ!」

えり「わたしは……」

はやり「もぉ、そんなしょんぼりした顔してちゃ、メッ!」

えり「え……」

はやり「お姉さんが奢るからっ!ほらっ」

えり「……瑞原プロ……」

はやり「すいませーん、焼酎ひとっつー☆」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:11:24.57 ID:pc3P3E1m0
はやり「んもう、遠慮しなくていいんだよ?」

えり「いえ、あの…ほんとに、飲めないので…」

はやり「じゃあ、こんなのは?サワー系。甘くて美味しい☆」

えり「でも…」

はやり「すいませーん梅サワーひとっつー☆」

えり「あ、ちょっ……」

はやり「そんなしょんぼりした顔するくらいなら、酔って酔って吐くまで酔って、吐いて嫌なことも吐いちゃお☆」

えり「…………」

はやり「ね☆」

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:18:58.97 ID:pc3P3E1m0
…………………

えり「スタジオ内で携帯とかっ!あまつさえ音も切らない!酷いと思いませんかっ!」

はやり「そーだねー☆」

えり「それで、ヒック、毎晩のように遊びの約束!それで本番で“知らんしー”って!そりゃ知らないでしょうよ遊んでるんですから!」

はやり「そーだねー☆」

えり「たまに話しかけてきたかと思ったら“常識なんて知らんしー”って!また知らんしーですよ!ヒック、しかも、常識を!」

はやり「そーだねー☆」

えり「ひどすぎるとおもいませんかっ!!」

はやり(まさかサワーで酔っちゃうとは…☆)

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:21:26.54 ID:PFxiLfgV0
支援

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:25:14.46 ID:pc3P3E1m0
えり「ったく、三尋木プロは……なんでわたしがこんなにイライラしなきゃならないんだろ…!」ムカムカ

えり「それもこれも、三尋木プロが悪いんですよっ…ん、んくっ」ゴクゴク

はやり「……ね、えりちゃん」

えり「はいっ?」

はやり「それで、なんであんなところで一人でしょんぼりしてたのかな?☆」

えり「あ……」

えり「…………」プイッ

はやり「……うぅん……☆」

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:27:25.38 ID:BEiYJXek0
しえ

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:30:04.00 ID:pc3P3E1m0
はやり「さっきから聞いてると、咏ちゃんが夜遊びしてるのに怒ってる…のかな?」

えり「いや、それだけじゃなくっ」

はやり「はいはい、電話とかね。それって遊びのお誘い電話でしょ?」

えり「それは…たしかに…」

はやり「それじゃあ、えりちゃんは一緒に遊びたいの?」

えり「ちがいます!!夜に遊びなんて、次の日もお仕事があるのにっ」

はやり「あーはいはい。それじゃ、えーっと。誘われなくて寂しいのかな?」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:32:55.42 ID:BEiYJXek0
支援だよー

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:34:50.49 ID:pc3P3E1m0
えり「誘われ……いえ。別に、それは気にしてませんが……」

はやり「じゃあ、なんだぁ?」

えり「え……と……わかりません……」

はやり「……………」

えり「なんで、自分がこんなにイライラしてるのか…三尋木プロが、どこで遊んでようと、別に……」

はやり「んーと……じゃあ、誰と遊んでるか、かな?」

えり「誰、と……?」

はやり「たしか…健夜ちゃん、だったよね。毎晩のように遊んでる相手は」

えり「ぁ……っ」ズキッ

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:37:55.50 ID:wh7T227J0
ここからえりちゃんがはやりんにNTRれる展開オナシャス

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:38:12.08 ID:pc3P3E1m0
はやり「………なるほど☆」

えり「? ??」

えり(なんで、今……?)

はやり「えりちゃん、健夜ちゃんに妬いてるんだー☆」

えり「やいて……る……?」

はやり「咏ちゃんと健夜ちゃんが一緒に遊んでるのがつまんないんでしょ☆」

えり「……?」

はやり「あ、えーっと、つまり……うーん」

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:39:34.27 ID:BEiYJXek0
いいぞー

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:43:45.87 ID:pc3P3E1m0
はやり「えりちゃんは、咏ちゃんと付き合ってるの。恋人同士」

えり「そ、それは…」

はやり「黙って聞く。…咏ちゃんと一緒にいるべきなのは自分なのに、咏ちゃんが最近構ってくれない上に、健夜ちゃんとばっかり遊んでる」

えり「…………」

はやり「“なんで構ってくれないの”って、怒ってるんじゃないのかな?」

えり「そ、それはっ」

はやり「好きなヒトがいる女のコは、無意識にでもそう思っちゃうんだよ☆」

えり「そ…そう、なんですか?」

はやり「そうそう☆」

えり「…………」モヤモヤ

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:45:26.02 ID:BEiYJXek0
支援

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:46:00.43 ID:BEiYJXek0
支援

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:48:11.23 ID:pc3P3E1m0
はやり「自分に、素直になりなよ☆」

えり「…………」

えり(そう、なのかな……)

えり(構ってくれないのが、不満なのかな……)

えり(なんとなく、そうじゃない気がする…なんだか、もっと、こう……)

えり(暗い、感じの……暗い、くらい……)

えり「…………」

はやり「?」

えり「…………」クタッ

はやり「ほぁッ!?」

えり「……ん……すぅ……」zzZ

はやり「……寝ちゃい、ましたか……☆」

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:49:19.29 ID:BEiYJXek0
支援

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:52:58.25 ID:BEiYJXek0
しえ

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:53:26.41 ID:pc3P3E1m0
〜数日後

咏「…………」

恒子「ん?どしたんすか、三尋木プロー」

咏「いやー…わかんねー」

健夜「?」

咏「最近、やっとというか、なんつーか。効果、出てきたかもしんないんだけどー」

恒子「おっ、ついに!」

咏「なんか…えりちゃん様子オカシイんだよねー」

健夜「……?」

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:58:07.74 ID:pc3P3E1m0
恒子「ふむ?」

咏「なんつーか…挙動不審?」

恒子「なんじゃそら」

咏「なんか、この前の作戦がかなり効いたらしいねぃ。知らんけど」

恒子「おっ“針生さんの目の前で仲良さげにしてみよう大作戦”、ここにきて成功ですかっ!?」

健夜「……実は、私も少し……」

恒子「え?すこやん?」

健夜「なんというか…こう、たまにすれ違うときとか…ほんと、あんまり会わないし、ちょっとしたときなんだけど…」

恒子「うんうん」

健夜「なんだか……視線が」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:58:15.84 ID:BEiYJXek0
連投すっか

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:58:44.79 ID:3EUDM9pT0
なるほど

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:59:09.90 ID:BEiYJXek0
C

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 04:59:41.24 ID:BEiYJXek0
C

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:00:12.24 ID:BEiYJXek0
C

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:01:10.92 ID:BEiYJXek0
C

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:01:30.34 ID:C8Z1RpfV0
支援

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:01:57.12 ID:BEiYJXek0
C

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:02:29.58 ID:BEiYJXek0
C

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:02:46.98 ID:3EUDM9pT0
はよ

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:03:00.12 ID:BEiYJXek0
C

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:04:10.67 ID:BEiYJXek0
C

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:04:25.03 ID:pc3P3E1m0
咏「視線?」

健夜「うん…ほんの少し、見られてるかなー…って。ほんとに、少しなんだけどね」

恒子「すこやん自意識過剰〜」

健夜「こ、今回ばかりは、そうだといいなぁ…」アハハ…

咏「うーん…こりゃ、もう一回カマかけてみるかい?」

健夜「えっ!」

咏「だって、こんなん不完全燃焼じゃん」

健夜「そ、そうかもしれないけど……!」

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:05:02.13 ID:BEiYJXek0
C

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:05:33.85 ID:BEiYJXek0
C

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:07:09.32 ID:BEiYJXek0
C

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:07:53.14 ID:BEiYJXek0
C

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:08:08.68 ID:pc3P3E1m0
恒子「うぅーん…」

咏「な?」

恒子「……ガンバ、すこやん」ポムッ

健夜「えええええっ!?」

恒子「ここは、カマかけてみよう!」

健夜「で、ででででも!でもぉぉ……!」

咏「頼むっ!ヤンデレならヤンデレで、ちゃんとえりちゃん甘やかすから!」

健夜「そ、そういう問題!?」

恒子「ほらー、三尋木プロがこんなに頼んでるんだよー?」

健夜「うぐ……で、でも!」

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:08:31.05 ID:BEiYJXek0
C

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:09:52.36 ID:BEiYJXek0
C

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:10:22.79 ID:BEiYJXek0
C

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:10:32.28 ID:pc3P3E1m0
恒子「なにさーまだなんかあるの?いっちゃえよー」

健夜「いやいやいや、カマってどうするの?何する気?」

恒子「えっ、あ、うーん…」

咏「前と一緒じゃダメなん?」

健夜「それは、その……なんか違うよ」

咏「わっかんねー…」

恒子「…たしかに…なんか、違う」

咏「全てがわかんねー……」

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:13:08.22 ID:pc3P3E1m0
恒子「ここは…三尋木プロと針生さんの二人の方がいいかなー」

健夜「」ホッ

咏「つまり?」

恒子「んーと、だな……」カクカクシカジカ…

咏「ふむふむ……ほほー、なるほど!」

恒子「これで、念願の…」

咏「ついに嫉妬するえりちゃんかぁ!」

健夜(だ、大丈夫かなあ……)オドオド

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:13:37.71 ID:BEiYJXek0
ついに

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:14:49.81 ID:BEiYJXek0
しえん

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:15:44.47 ID:C8Z1RpfV0
しえん

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:16:59.59 ID:pc3P3E1m0
〜翌日

スタッフ「本日は終了でーす、お疲れ様でしたー!」

えり「お疲れ様でした」

咏「おつかれぃ〜」

えり「…あ、資料、片づけますから…」

咏「お、サンキュー」

えり「いえ…」

咏「っあ〜…疲れたぁ〜」ノビー

えり「お疲れ様です、三尋木プロ」

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:17:19.21 ID:BEiYJXek0
しえ

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:18:59.74 ID:pc3P3E1m0
咏「うーん、こういうときは飲みにでも行きたいねぃ〜」

えり「はぁ…」

咏「明日は、オフだしなぁ〜」

えり「…………」

咏「よっし、飲みに行こーっと」

えり「…………」

咏「すこやんはヒマかな〜?」

えり「っ…!」ビクッ

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:19:53.74 ID:3EUDM9pT0
なるほど

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:21:16.94 ID:BEiYJXek0


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:23:08.46 ID:pc3P3E1m0
咏「この前の店、すこやん気に入ってたからまたあそこ行こーっと」

えり「…………」

咏「そうと決まれば……っと、電話はマナー違反だったねぃ。ちょっと外行ってくらぁ〜」

えり「…………っ」

咏「んじゃ、…」

キュッ

咏「…っと」クンッ

えり「…………」

咏「……えりちゃん?」

えり「…………」

咏(袖摘んだまんま、うつむいて固まっちゃった)

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:24:28.36 ID:C8Z1RpfV0
可愛い

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:26:35.87 ID:BEiYJXek0
しえ

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:26:57.46 ID:pc3P3E1m0
えり「………ないで………」ポツリ

咏「ん?」

えり「いか、ないで……」

咏「え……」

えり「………っ」パッ

咏「………えりちゃん?」

えり「わた、…―――ッ」ジワッ

咏「えっ」

えり「わ、た……っ、ヒッ…ク…ぅ、うぅ…グスッ…」ポロポロ

咏「」

咏(泣いたーーーッ!!!?)ガーン

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:31:07.00 ID:HtM212SM0
これって前スレとかあるんですか?
あったら書き終わったら教えてください><

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:32:54.25 ID:pc3P3E1m0
えり「ぅ、うぇぇ……グスッ…みひ、ろ……ヒック…ぁぅ…」ポロポロ

咏「え?え?ちょ、えりちゃーん…」オロオロ

えり「うぅー……っ……」グスン

咏(やっべ、完全に予想外だった!)

えり「わ、わた…ヒック……わた、し……グスッ、…そん、なに……ぅぅ…ヒック……」

咏「お、落ち着いてよ、ね、えりちゃん…」ナデナデ

えり「わた、…ヒック、ぅぅ…そんな、に……ヒック……みりょく、……グスッ、ないですか……?」

咏「……え……?」

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:40:02.67 ID:pc3P3E1m0
えり(数日、色々考えた)

えり(構ってくれないから、寂しいから。そんな理由では、やっぱりスッキリしなかった)

えり(でも、この間…小鍛治プロとすれ違ったときに、気づいた)

えり(小鍛治プロは…小柄で、髪もサラサラで。なにより…女性らしかった)

えり(いわゆる、守ってあげたくなるような…そんな女性)

えり(そんな魅力、わたしには…ないから…きっと、三尋木プロは、わたしなんかより……)

えり(……でも、三尋木プロは…こんなわたしに、好きだと言ってくれた。じゃあ…もう……)

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:42:32.57 ID:XQk6EFZ+0
いや、それはない

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:43:00.45 ID:pc3P3E1m0
えり「飽き、ちゃいましたか…?…グスッ、…それ、とも…ヒック、きらいに、なった…?」

咏「え?ええ?」

えり「わたし、いっつもおこってて、…グスッ、いいとこ、ないし…っ…」

咏「え、えりちゃんっ」

えり「もう、わたし、あなたのとなりにいちゃ……っ」

咏「えりちゃんッ!!」

えり「っ」ビクッ

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:47:10.78 ID:pc3P3E1m0
咏「そんなわけないから!」

えり「ふぇ…?」

咏「えりちゃんに魅力がないとか!飽きたとか、嫌いになったとか!無いから!!」

えり「…ヒック、ほん、と……?」グスッ

咏「ほんと、ほんとっ!!」コクコクッ

えり「………き………」

咏「え……?」

えり「すき、なの……グスッ、みひろぎ、ヒック、プロが……すき……!」

咏「」キュンッ

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:51:33.57 ID:M7gyutzb0
俺「」キュン

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:52:10.19 ID:pc3P3E1m0
えり「これからも…グスッ…すきで、いいですか……?」

咏「も、もちろん……///」キュンキュン

えり「あなたの、こいびとでいて、いいですか………?」クスン

咏「と、と、とーぜん…だろ…」ドキドキ

えり「……ぁぅ……」グスッ

咏「えりちゃんは、私の、コイビトっ!」

えり「ぅ……うぅぅ〜!」ポロポロ

咏「だぁーも、泣くなよぉ〜!」ヨシヨシ

えり「みひろぎぷろぉ〜!」ギュゥー

咏「おーおー、三尋木プロだぞー」ナデナデ

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:54:57.03 ID:pc3P3E1m0
〜報告会

咏「っつーわけでぇ〜」デレデレ

恒子「惚気だね。ハイ、解散」パンパン

咏「まてまてまて!!」

恒子「いやー、うん。おめでとう!祝福する!おめでとう!!」

咏「でっへへ〜」デレデレ

恒子「解散!!」

咏「待てっつーの!!」

健夜「…………」ニガワライ

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:58:18.59 ID:PFxiLfgV0
あんな前髪パッツンにもしそこなったようなアラフォーに魅力なんてねーだろw

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 05:59:26.50 ID:pc3P3E1m0
健夜「うん、なんというか……おめでとう?」

咏「はっはっはー!あのあと大変だったんだけどねぃ」

健夜「?」

咏「大泣きしたえりちゃんなだめて、泣き止んだと思ったら今度は全力で謝ってきてさ」

健夜「あー…」

咏「“咏さん”って呼んだら許してやるっつったら顔真っ赤にしちゃってさ〜」デレッ

健夜「…………」

咏「すんごい時間かけて、やっと呼んで貰えて……」デレデレ

恒子「かいさーん……」

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 06:01:59.28 ID:pc3P3E1m0
健夜「あ、あー、えっと、ところでさ」

咏「ん?」

健夜「嫉妬するえりちゃん、ってのは、結局……」

咏「…………」

咏「あ」

健夜「…………」ニガワライ

咏「結局、アレは嫉妬とは違う……のか。知らんけど」

恒子「いや、してたっすよ。嫉妬」

咏「えっ!?」

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 06:06:20.28 ID:pc3P3E1m0
健夜「あれは、えりちゃんが咏ちゃんに飽きられてないか不安になっちゃった…って感じで」

健夜「嫉妬、とは少し違うんじゃないかなぁ……」

恒子「いやいや、してたじゃん。嫉妬」

咏「なにっ、どこっ!どこっ!?」

恒子「すこやんに」

健夜「……うん?」

恒子「すこやんの……魅力? に嫉妬してた」

咏「……………」

健夜「……………」

恒子「いやー、針生さんも変わってるよねー。すこやんが魅力的ってさー」

咏「み……」

咏「認めねーぞそんなオチィィィィ!!!」

健夜「ちょ、ちょっとこーこちゃん酷くない!?なにも言い返せないけどさ!!」

おわり

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 06:11:42.43 ID:GvbUCxmu0

すこやんは麻雀さえ打たなければ魅力的だよ

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 06:12:24.02 ID:M7gyutzb0
アラフォーかわいい

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 06:12:55.74 ID:pc3P3E1m0
支援読んでくれた方ありがとうございました
すこやんもえりちゃんも魅力的だと思うよ!

>>122
ないよー

>>36>>76
書きたいけどそれよりも寝たい

138 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/03/27(水) 06:21:03.68 ID:SXjiiqyhP
あとでよむほ

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 06:21:31.21 ID:GvbUCxmu0
>>137
えりちゃんと一緒に寝るといいよ

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 06:30:49.25 ID:wh7T227J0


えりちゃんかわかわ
また書いてくれ

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 07:05:00.57 ID:PFxiLfgV0
おつ

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/27(水) 07:56:25.91 ID:TMZddClJ0
最近若いのより咏えりやふくすこの大人の百合にハマったから面白かった
おつん

39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)