5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

P「お前ら人間じゃねぇ!」 ゆきぽ「ぽえ!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 20:58:48.22 ID:UZfC1jXl0
人影のなくなった深夜、住宅街から声がする

???「ごめんね…」

なにかを謝罪しているらしい

???「でもこうするしかないの…」

女性はそうつぶやくと何かを置いて立ち去った

???「本当に…ごめんなさい…」

冬が訪れる少し前の出来事だった

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 02:52:34.17 ID:wmqyu9hR0
(´;ω;`)

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 02:53:03.72 ID:gjSpYJ9m0
冬馬「もう少しで……………………届いたぁ!!」ギュッ

ちひゃー「」ゴロッ

冬馬「?」

ちひゃーから何かが落ちた

だがそれを気にしている余裕はない

冬馬「くっ」

全力で部屋から逃げ出す

冬馬「ごほっごほっ」ハァハァハァハァ

警備員「なにやってるんですか!自分から火災に飛び込むなんて!」

冬馬「それより消防と救急はまだか!?スプリンクラーは!?火災報知機は!?」

警備員「消防と救急は今こっちに向かってます!防火設備はなぜか機能しないんです!!」

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 02:53:07.33 ID:7Tc4ir4Q0
どうなるんだ(´・ω・`)

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 02:54:40.37 ID:BOD0Qiw70
支援

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 02:55:22.42 ID:hmQAC0+r0
マイクかブラシか…(´・ω・`)

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 02:56:54.77 ID:7Tc4ir4Q0
く・・・起きてられない(´・ω・`)エレ速辺りに載ってくれたら嬉しいな

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 02:58:02.85 ID:gjSpYJ9m0
冬馬「おい!ちひゃー!」ペチンペチン

ちひゃー「」

冬馬「しっかりしろ!死ぬんじゃない!」ペチンペチン

ちひゃー「」

冬馬「返事しろよ!」ユサユサ

ちひゃー「」

冬馬「お前を置いて仕事に行った俺が悪かったから!」ユサユサ

ちひゃー「」

冬馬「頼むよ…目を開けてくれ…」

ちひゃー「」

警備員「…」

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:03:03.38 ID:gjSpYJ9m0
その後すぐに消防が来てちひゃーは動物病院へと運ばれていった…

火も他の部屋に多少燃え移ったぐらいで、被害はそこまで拡大しなかった…

─鎮火から数時間後・冬馬の部屋─

目の前にはちひゃーに買ってやった首輪が落ちている

しかし焼け焦げが酷く「ち…ゃ…」以上は読めなかった

冬馬「…」

ここでの思い出が全て燃えてなくなってしまった

冬馬「あの…原因ってなんだったか…わかりますか?」

消防隊隊長「出火元はテーブルの上の可能性が高いですね…ですが火災原因になるようなものが…」

冬馬「電球が落ちて火がでたとか?」

消防隊隊長「それはないですね。部屋の電気が消えてたという報告もありますので」

冬馬「え?部屋の電気が消えてた?」

消防隊隊長「はい。ですから卓上になにか燃えそうなものを放置して外出したとかはないですか?」

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:08:03.22 ID:gjSpYJ9m0
部屋の電気を消して…

ローソクを吹き消す…

そして火災が発生したのは俺が帰ってきた瞬間…

冬馬「テーブルの上には……なにがあったんですか……?」

消防隊隊長「判断できるのは…皿が二枚とフォークが二つですね」

確か皿に移したままフォークも一緒に冷蔵庫に入れたはずだ…

ということはちひゃーが俺を驚かせようとして…

でもそれならなんでちひゃーはすぐに逃げなかったんだ…?

まさか自分で消そうとして…

ゴロンッ

冬馬「マイク!?」

確かちひゃーを見つけたとき、何かがちひゃーから落ちた気がした

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:09:31.09 ID:tEQvaFfQ0
ちひゃーは普通に飼いたい

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:09:50.91 ID:PAjgP3jQ0
泣かせんなくそ

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:13:24.49 ID:gjSpYJ9m0
これを持ってたせいで脱出が遅れたのか?

待てよ

さっき火事に気づいて部屋に飛び込んだ時…

鍵を開けてないにも関わらず扉が開いた…

ということは一度部屋を出たはずだ…

まさかこれを取りに戻ったのか!?

冬馬「このっばかやろーーーー!!!!!!!!!」ドンッ

消防隊「どうしたんですか!?」

冬馬「どうしてお前は!?こんなものの為に!!」ドンッドンッ

消防隊「やめて下さい!」

冬馬「くっそーーーーー!!!!」ドンッ

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:18:22.61 ID:gjSpYJ9m0
─動物病院─

冬馬「…」コツコツ

ちひゃーに聞きたかった

本当にマイクを取りに戻って逃げそこなったのか!?

本当ならなんでそんなことをしたのか!?

たとえ返事がないにしても

ちひゃーに直接言いたかった

ガチャッ

獣医「あ…先ほどのペットの飼い主さんですか?」

冬馬「はい…」

獣医「あの子は72番の檻です…」

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:18:51.35 ID:wmqyu9hR0
くっ

174 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/02/16(土) 03:19:26.09 ID:HAyJ0leI0
うぉう……

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:23:00.98 ID:gjSpYJ9m0
─動物病院・病室─

冬馬「…」

ちひゃー「」

冬馬「本当に…ごめんな……」

ちひゃーの顔を見ると言いたかったことが全て消えた

代わりに一人にしてしまった罪悪感に包まれる

ちひゃー「」

冬馬「お前を置いて…出かけちまって…」

ちひゃー「」

冬馬「ちひゃー…」

ちひゃー「」

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:23:30.78 ID:PAjgP3jQ0
嘘だ

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:28:03.23 ID:gjSpYJ9m0
冬馬「お供え物には…あの店のケーキ持ってってやる…だからせめて…向こうで食ってくれ…」

ちひゃー「くっ?」パチクリ

冬馬「牛乳も供えてやる…安心して眠ってくれ…」

ちひゃー「くくーっ!」

冬馬「じゃあな…ちひゃー…」

ちひゃー「くっ!くっ!くー!」

冬馬「!?」

ちひゃー「くっ♪」

冬馬「お前…生きてたのか!?」

ちひゃー「くっくー」

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:29:46.02 ID:wmqyu9hR0
防御力は高いからね

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:31:33.96 ID:BOD0Qiw70
支援

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:33:07.29 ID:gjSpYJ9m0
冬馬「おい!先生!どういうことだ!?」

獣医「ん?気がつきましたか…救出が早かったおかげで、ただの一酸化炭素中毒で気を失ってただけですよ」

冬馬「ちひゃー!ちひゃーー!」ギュッ

ちひゃー「くっ!」モゾモゾ

獣医「念のため後遺症がないか数週間入院してもらいますが…」

冬馬「死んだかと思ってた…」ギュッ

ちひゃー「くくぅ!」モゾモゾ

獣医「聞いてるかな?」

冬馬「ほんとに…生きててくれて良かった…」ギュッ

ちひゃー「くっ!くくーっ!」モゾモゾ

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:36:42.76 ID:PAjgP3jQ0
はよ

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:37:00.48 ID:1ikECT4B0
だぜ!

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:38:25.96 ID:gjSpYJ9m0
─『天ヶ瀬冬馬マンション火災』事件から一ヶ月・NEW冬馬マンション─

冬馬「お前…新しいマイク買わなくていいのか?」

ちひゃー「くっ!」

冬馬「元から繋ぐことがなかったとはいえ…それ壊れてんだぞ?」

ちひゃーに渡したプレゼント『マイク』

しかしそれは火事のときの放水で壊れてしまっていた

ちひゃー「くくっ♪」ギュッ

冬馬「お前がそれでいいってんならいいけどさ」

ちひゃー「くっくー」ピヨーイ

冬馬「ボールもバットも全部焼けちまったもんなぁ…買い直しか」

ちひゃー「くっ」ペシペシ

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:44:26.13 ID:C//MBM23P
バカだけど、かわいいのが家族ってもんだよね

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:45:43.50 ID:1ikECT4B0
かんけーし!

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:47:48.75 ID:gjSpYJ9m0
冬馬「まぁいいか。どうだちひゃー、退院祝いにケーキでも買ってやろうか?」

ちひゃー「くっ!?」ビクッ

冬馬「大丈夫だよ!このマンションはブラックウェルカンパニー製じゃないからな!火がついたらすぐにスプリンクラーが消してくれるさ」

ちひゃー「くくぅ」ビクビク

冬馬「それにこれからは仕事行くときも一緒だ!ただし邪魔したら檻だからな?」

ちひゃー「くっ!くー!」ピョン

冬馬「じゃ、この間食えなかったチョコレートケーキを買いに行くか!」

ちひゃー「くーっ」

冬馬「ちひゃー!」

ちひゃー「くっ?」

冬馬「これからもよろしくな!」ナデナデ

ちひゃー「くっくー♪///」

よろこぶちひゃーの首には、焼けて名も読めない首輪が太陽の光を浴びて光っていた

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:48:27.73 ID:gjSpYJ9m0
                                         /
                                         /
                                        /
                                        /
                __  r'ヽ、ヘ、_           /
                 _ `ヽ、 `<、  `ー、'└、___ .  ´
              >: `ー`: : : : `ァ─、 `                  /
              .  ´ : : : : : : : r'⌒ー´ ̄`ヽ                .  ´
           /: /` : : : : : : : : ` ー 、 ______.   <´
          /: : /: : : : : : : : : : : : : : : |: : :ハ: : : : : : : : : : : :<⌒`
.      /:. : :./: : : : : : : : : : : |: :. :. :.i≧レ'^`iハ: : : : : : : :ヽ: : `\
    /: :. :. :./: : : : : : : : : : : : |: :.:. :. |    ハ: ト、: : : : : : : ト、: : i¨`ヽ、_
   /: : : : : : :|: : : : : : : : : : : : /: : : : /     i:.| i : :. :. :. :.|: i: : レ' ̄/
   \\_: : :|: : : : : : : : : : : イ,-─-、      レ' ̄ト、 : : : : |:<ヽ |:./
    \ :〈:.:.:.|: : : : : : : : / /' : :/         iト、: : : : ハil : 〉´
      〉 `ヘハ: : : : : :.イ ノ'}:/             | i: : :/: :l/
      〉: : : : ト、: :/ |  xrテミゞ、      xテ'´ゞ、/l: :/ /
      `y: : : l:.:`´: : : |  xxx           xx i': |/:ハ
        /:. :. :.|: : : : : : |                   l: : : : : i
     / : : : : |: : : : : : l`ヽ、       、ノヽ_,   <|: : : : : |
.    / : : : : : |: : : : : : ト、|:.:.:` 7_7 r、-‐  : : : : :|: : : : : |
    / : : : : :. :.|: |: :. :. :.|: :\: : / y´>lヘ : : : : : : : :.|: : :. :.ト}
.   /: : : : : : : : Vト、:. :.:.:|: : : : :/\/|\_} : : : : : :. :.|: : : :人
  /:. :. : : : : : : : :jハト、:.ヽ:.:.:.:/    L `ー┐: : :. :.|: : :/:.:.:.\
. / .イ: : : : : : : : : : : :\\i:. :.|   __」`ヽ/`7_: :.:.|: :/: : : : : :\
 j.' |: : : : : : : : : : : : : : : :/、|__/:.:.:L -──-|ノ ̄`Y ̄ ̄ ̄jメ
    |: : : : : : : : : :.:. :. :./   `ヽ_r'、|
.    \:. : : :. : :. :. :./       `´
.     \: : : : : /
       `ヽ、/

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:50:00.42 ID:wzx9p8Ks0
黒井社長責任問題やろなぁ

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:55:05.45 ID:bRSuIWmsO
スレタイイミフ、そして何で虐待匂わせる書き方した?まあ一言だけ




つっっっっまんねええぇぇぇぇ

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:56:15.53 ID:1ikECT4B0
だぜ!

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:56:55.63 ID:gjSpYJ9m0
一人と一匹の物語は始まったばかり

これからもこの奇妙な生き物との生活が苦難の連続であることは間違いない

それでもこいつと生きていこう

天ヶ瀬冬馬はそう決意した

   __, --------- ,,,__
  /:::::::::::::::::.::::,、,、::::::::::::::::i:::::ヽ
  /::::::::::/i:::;イ:::/⌒^ヽ:i:::::::::::i:::::::l
 /イ::::::/ |/ レ'  ''"´ ',}ヽ::::::::i:::::::l
   {::::/7::::|    ィ''::::::ヾヽiヽ}:::l::l
.  /レイ ',:::::|    .|::::::::/  |::::::::|::|
.  i:::/  ̄      ̄ ̄   l::::::::|::|:
.  |:::ヽ、   △   __  イ|:::::::l:::|
  |:::::|{ヾ '‐-..,, --(_ ) )゛'‐|:::::::l::::|
  {:::::|{:: ̄゛'‐.△::△  ノ/|:::::::|:::::|
.  {::::l{:::::::::::/  .|      |:::::::|::::::|
   {::::l:::::::::::|  .人    /|::::ノ::::::::ヽ
   レヘl:::::::::::ト、/::::::\/::::::|;イ:::::::::::::\
   ム;;-─ ¨亡7 ̄ ̄て_ノ¨ ─--z__ノ

Happy End

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:58:41.52 ID:1ikECT4B0
      / ̄ ̄ ヽ
     ,'       ヽ
     |         }
     |         | l~! 乙
     }       「ll  | | 
    /       /   / ヽ
  /      ー、   {  /
 /          \  〉 ヽ
 |            \|    }
 |                |
 |                |
 |                |
  ヽ          、     !
   |          |\_/

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:58:51.16 ID:3tiiptZWO
面白かった

が、スレタイは何だったんだよ

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:59:21.22 ID:wmqyu9hR0
いい話だった
ほんと長い時間乙

しかしスレタイなんなんだよwwww

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:59:58.34 ID:4go3IlKd0
は?








は?

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 04:00:29.68 ID:Yb9Pf9Bv0
おつなの

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 04:01:00.62 ID:SYUhEX0+0
最初に捨てたのは千早?

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 04:01:41.22 ID:1ikECT4B0
P「空気だ!」

あふう「なの」

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 04:02:06.17 ID:bcT9PMKRO
乙ん

がスレタイ関係ねえぇぇぇ

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 04:02:42.42 ID:gjSpYJ9m0
スレタイは置いといて…

来週あたりにもう一本書こうと思ってるんだけど、このSSのちひゃー視点っていう案があるんだ
需要ある?焼きまわしっぽくなるからやめたほうがいい?

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 04:03:47.44 ID:wmqyu9hR0
恐らくカットした部分のゆきぽ編も足すなら

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 04:06:56.77 ID:4go3IlKd0
頼む
スレタイの意味を教えてくれ

頼む

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 04:07:40.97 ID:bRSuIWmsO
いらないに一票

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 04:12:04.05 ID:WPz0vt9m0
需要云々よりお前がどうしたいかで決めろよ

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 04:14:44.41 ID:gjSpYJ9m0
>>204
そうするわ

こんな時間まで支援ありがと

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 04:15:57.95 ID:+3absKQTO
キモいな二度書くな、クズ。さっさと死ね

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 04:19:52.28 ID:gjSpYJ9m0
>>197
一応千早

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 04:25:53.80 ID:oRUFn8RE0
これ書いてたの>>1なのか
…スレタイと全く関係なくね?

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 04:30:12.77 ID:MyCA/QGR0
スレタイのゆきぽに釣られて開いたらゆきぽが出なかったのになぜか和んだ

79 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)