5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

魅杏「イチロウ?イチロウじゃない!?」P「はい?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 03:09:33.09 ID:M5518sYtO
魅杏「なんで店に来なくなったのよ」

魅杏「べ、別に寂しいってわけじゃなかったけど」

P「あ、あの」

魅杏「何?」

P「人違いじゃないかなーって」

魅杏「…言ってて楽しいの?その冗談」

P(どうしよう…)

雪歩「…」

P(雪歩の目が怖い…)

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 03:10:43.20 ID:1sM6dt/C0
くぅ〜疲れましたw これにて完結です!
実は、ネタレスしたら代行の話を持ちかけられたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、まどか達のみんなへのメッセジをどぞ

まどか「みんな、見てくれてありがとう
ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

さやか「いやーありがと!
私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

マミ「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

京子「見てくれありがとな!
正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

ほむら「・・・ありがと」ファサ

では、

まどか、さやか、マミ、京子、ほむら、俺「皆さんありがとうございました!」



まどか、さやか、マミ、京子、ほむら「って、なんで俺くんが!?
改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終わり

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 03:17:27.33 ID:M5518sYtO
「次撮影はいりまーす」

魅杏「あっ、はい」

P「あっモデルさんなんですか?」

魅杏「…とっくの昔に話してることなんだけど」

P(うわぁこの人の目つき人切れそうだなぁ)

雪歩「あ、あの!」

魅杏「え…?な、何…?」

雪歩「ぷ、プロデューサーが困っているのでやめてあげてください!」

P(雪歩はいい子だなぁ)

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 03:23:43.49 ID:M5518sYtO
P「すいません、本当に知らなくて…多分人違いだと思いますよ」

魅杏「…もういい!イチロウのバカ!!」

P「あっ…ちょ、ちょっと」

雪歩「はうっ…私、強く言い過ぎちゃったでしょうか…」

P「いや、そんなことないよ…多分俺のせいだと思う」

雪歩「うう…怖かったです」

P(さっきの人、泣いてたな…)

P「でも本当に覚えがないし…」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 03:29:41.84 ID:M5518sYtO
P「と、いうことがあったんですよ」

小鳥「へえ〜、なんだか不思議な話ですねえ」

P「あっ今日もオリコン一位だ」

小鳥「プロデューサーさんが来てからうちは昇り調子ですね、社長」

社長「ああ、今でもキミをスカウトした時を思い出すよ」

社長「街を呆けた顔でフラフラ歩いていたねぇ」

P「ええ、いくら俺でもそんなまさか…確かあのときは…あれ?」

P(あの時…俺は何をしていた?)

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 03:35:20.97 ID:M5518sYtO
P(俺がスカウトされたのって一年前だよな?)

P(それより前って俺何やってたっけ?)

P「音無さん、俺の履歴書見せてください!」

小鳥「え?はい、どうぞ」

P「なんだこれ…白紙じゃないか…!」

社長「うむ、その過去を振り向かない姿勢が採用の決め手だったね!」

小鳥「ひょっとしてプロデューサーさん…」

P「な、無いんです俺…」

P「社長にスカウトされる直前までの記憶が…」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 03:38:41.87 ID:Q+SaB3mx0
なんてこった

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 03:39:56.43 ID:b7zPDNn20
まさになんてこった

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 03:42:16.42 ID:dhWFy70x0
アイリがかわいい

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 03:43:54.18 ID:1zM3rOwj0
レイカ貰います

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 03:46:26.32 ID:M5518sYtO
P「幼少の記憶とかは…ある」

P「親の連絡先も知ってるし、電話したら…まあ当たり前に繋がった」

P「母さんの話じゃ前はフリーターだったらしいけど…」

P「あれ?ここどこだ?」

受付「いらっしゃいませ、ようこそドリームクラブへ」

P「え?あ、いや…俺は別に飲みに来たわけじゃ…」

受付「あら?お久しぶりですね」

P「俺のこと知ってるんですか?」

受付「はい、お客様には一年ほど前までご愛顧頂いていましたから」

P「一年前まで!?」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 03:48:13.13 ID:dhWFy70x0
アイリが一番可愛いのだが、亜麻音ちんのポワポワした感じと抱き心地がよさそうな肉付きが捨てがたい

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 03:49:08.29 ID:b7zPDNn20
いやいや魔璃ですよ。邪道と見せかけて王道な子ですよ彼女は

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 03:53:45.71 ID:M5518sYtO
P「あ、あの…俺の名前わかります?」

受付「登録名ドリーム・イチロウ様ですね」

P「朝会った人が言ってたのと同じ名前だ」

受付「ここにいらしたのも何かの縁ですし、もう一度会員証をお渡ししますね」

P「あ、ありがとうございます」

受付「ご一緒する女の子を指名してください」

P「朝会った子!?」

受付「本日も魅杏さんですか?」

P「も?」

受付「お気に触ってしまったのでしたら申し訳ございません。以前からよく指名して頂いていたので」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 03:57:43.02 ID:7VhoGUwO0
ありそうでなかったクロス

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 03:58:55.98 ID:r72duzhP0
???「なんだ…人違いか……!」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 03:59:05.27 ID:M5518sYtO
雪「あれえ!?お兄ちゃんだ〜!?」

P「あれ?魅杏…さんじゃないの?」

雪「魅杏ちゃんはね〜、今別のお客さんで忙しいんだ〜」

P「は、はぁ?」

雪「でも良かったぁ〜お兄ちゃん全然来てくれないから嫌われちゃったのかと思った♪」

P「うわぁ!ちょ、ちょっと抱きつきは…」

P(少しサービスが多すぎないかこの店…)

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 04:12:10.37 ID:M5518sYtO
P「あ、あの…」

魅杏「…」

P「な、なんか喋んない?今日寒いなーとか…はは」

魅杏「…それで」

P(うわぁ…めっさ怒ってるよ…)

魅杏「覚えてない子のこと指名するなんて素敵な偶然ね」

P「怖い顔でそういうこというのやめよう」

魅杏「だいたいなんにゃのよ!」ETS

P「にゃ!?」

魅杏「わらしのヒトミシリなおしてくれるっていってにゃにゃ!」

P(猫語だ…)

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 04:16:36.84 ID:M5518sYtO
P「ま、まあまあ落ち着いて」

魅杏「ふーっ」

P「威嚇しない威嚇しない」

魅杏「なんれおぼえてにゃいのよ…」

P「いや、なんでか俺にもわからなくて…」

魅杏「あんにゃに…たのしいたのしいっていってたクセに」

P「それで聞きたいんだけど俺って一年前どうだった?」

魅杏「スケベだった」

P「スケ…ッ」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 04:24:04.51 ID:M5518sYtO
春香「で、手掛かりは得られなかったと」

P「…スケベだったらしいことしか」

伊織「…フケツ」

P「まてまて!今日までの俺の仕事ぶりを見てきただろ!」

伊織「胸をタッチされたことがあるわ」

春香「あっ…私も」

雪歩「はうっ…で、でもプロデューサーになら…」

千早「私はないのだけれど」

貴音「私もあります」

響「自分もだそ」

やよい「わたしもですー」

真「ボクも」

真美「真美も→」

千早「私はないのだけれど」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 04:26:27.89 ID:b7zPDNn20
くっ

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 04:28:00.82 ID:8J89Vo3b0
ちーちゃんには72かが足りなかったんだろう

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 04:31:20.62 ID:M5518sYtO
美希「許せないの!」

P「おう、美希おはよう」

美希「ハニー観念するの!」

P「何を?」

美希「浮気の現場だよ!ほら」

春香「写真だね」

真「これが噂の魅杏さん?」

伊織「性格キツそうね」

響「…」

伊織「何よその目は!?」

千早「男ってスタイルしか見ないのかしら…」

美希「この人誰なのハニー!」

P「俺にもまだよくわからんのだよ」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 04:36:12.76 ID:M5518sYtO
P(さて、またまた珍しく仕事で魅杏さんと鉢合わせたわけだが)

魅杏「…ね、ねえイチロウ」

P「はい?」

美希「むーっ」

魅杏「その子は?」

P「うちのアイドルの美希です」

美希「むーっ」

魅杏「腕に抱きついて、随分仲がいいみたいだけど」

P(なんでこの人まで機嫌悪くなるかな)

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 04:43:47.74 ID:M5518sYtO
P「おやメールだ」

P「シゲ?誰だっけソイツ、まあいいや」

『なんとびっくり、今日街で自称アンドロイドに会ったんだよ!』

『しかもその子、お前を探してるらしい』

『未来からの刺客かもしれん!注意しろよ!』

P「とりあえず『宛先間違えてますよ』と送っておこう、恥ずかしいメールだなぁ」

貴音「どなたからの『めぇる』でしたか?」

P「ん?間違いメールだったよ」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 04:44:47.71 ID:b7zPDNn20
ゲームでもシゲってぶっちゃけこういう扱いよね

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 04:47:32.60 ID:vNMI+yTw0
セッチャンダヨー

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 04:58:27.12 ID:M5518sYtO
アイリ「音声を照合、断定」

アイリ「発見なのです!」

P「はい?」

貴音「なんと」

アイリ「イチロウ様を遂に見つけたのです」

P「またイチロウ呼び…ドリームクラブ関係の方?」

アイリ「はいなのです、お久しぶりなのです」

P「ゴメンね、俺記憶なくて」

アイリ「なんと!イチロウ様は記憶をなくされているのですか!?」

貴音「なんと!そうなのですかあなた様?」

アイリ「せっかくイチロウ様のアンドロイドとして帰ってきたのに、ハカセになんと言えば…」

貴音「なんと!」

貴音「あなた様、『あんどろいど』とは何でしょうか?」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 05:15:44.82 ID:M5518sYtO
アイリ「初めまして、アイリなのです」

貴音「これはご丁寧に、四条貴音と申します」

アイリ「登録完了なのです…はっ!?お客様からはフシギな匂いがするのです!」

P「不思議な匂い?」

アイリ「簡単に要約しますとこの惑星に存在する人類とは別の人類の匂いなのです!」

P「ゴメン…よくわからない」

アイリ「更にかいつまんで話すのでしたら匂いとは…」

P「わかったこの話はやめよう」

アイリ「残念なのです」

貴音「まこと、面白い方ですね…ふふ」

P「人と言っていいものかは微妙だが…まあ機械でできた人だもんな」

貴音「なんと!こちらの方は『ましーん』なるものなのですか?」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 05:19:54.81 ID:rp9BnUJK0
お料理するのー

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 05:24:39.86 ID:M5518sYtO
P「アンドロイドが家に来ました」

社長「ほう、それはすごいねえ」

小鳥「プロデューサーさん冗談言ってないで仕事しましょう?」

P「本当なのに…」

雪歩「あの…あれから記憶探し、上手くいってますか?」

P「いやー、昨日から家に住むことになったアイリちゃん曰わく」

アイリ『ワタクシにスケベという言葉を教えてくれたのです!』

P「とステキな笑顔で言われました」

伊織「最低」

P「まてまて、すぐそういうこと言うのよくない」

雪歩「…っ」

P「ど、どうした雪歩…?腕にしがみついて」

雪歩「んーっ」

あずさ「あらあら、やきもちですね〜うふふ」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 05:25:28.38 ID:3M2QFxrqP ?S★(765573)

無印ドリームクラブではドリームクラブよりもお金稼ぎや仕事にハマってしまって
ギャンブルで当たってからはドリームクラブ費用をギャンブルで賄うようにしてましたら負けに負けて所持金がマイナスに突入して
それでもギャンブルを続けてましたらエンディングまでの残りの期間を全て仕事に回したとしても返せない程のマイナスがついてしまいましたわ

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 05:31:47.09 ID:vNMI+yTw0
無印なのかZEROなのか……
1年前だからZEROの頃に常連だったのだろうか

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 05:32:53.99 ID:M5518sYtO
受付「いらっしゃいませ、ドリームクラブへようこそ」

P「すいません受付さん」

受付「はい?」

P「俺、前の記憶が無いんです」

受付「それは大変ですね」

P「何か大切なことを忘れてる気がして…何でしょうか」

受付「そういえばお客様は前回の期限間近に何かをなさってたようでしたよ?」

P「何か?」

受付「すいません、それが何かまでは分からなくて…」

P「いえ、ありがとうございます」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 05:41:18.24 ID:M5518sYtO
雪「ん?セッちゃんの顔に何かついてる?」

P「うーん」

雪「きゃっ♪お兄ちゃんセッちゃんに見とれてるんだ♪」

P「ねえセッちゃん」

雪「なあにお兄ちゃん?」

P「俺が一年前にやろうとしてたことって何かな?」

雪「セッちゃんとお菓子屋さん!」

P「お菓子屋さん!?」

雪「そだよー、セッちゃんが作ったお菓子をねーお兄ちゃんが売るの♪」

P「えっ…そうだったのか?」

雪「そうらよー!なんかもんくあんろかー!」ETS

P「いたいいたい!無いです無いです!」

雪「よおーし、じゃあきまりらからね♪おにーちゃんはセッちゃんのおむこさん♪」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 05:48:50.35 ID:M5518sYtO
雪「えへへ〜きょねんはにがしちゃっらけろ、もうにげらんらいからね♪」

P(アカン…このままでは役所に連れてかれる)

真美「むむ、兄ちゃんが怪しい女児に連行されてるよ!」

亜美「な、なんだって→!」

真美「兄ちゃんのピンチだよ亜美!」

亜美「真美のマイスゥイート兄ちゃんがほかの子に取られちゃ一大事だかんね☆」

真美「うあうあ→!今はそんなこと言ってる場合じゃないっしょ→!」

亜美「さあ助けに行くよ真美!」

真美「あーっ待ってよ亜美→!」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 05:54:16.95 ID:mMbQZ5b80
あみまみが3人に

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 05:56:23.33 ID:M5518sYtO
真美「待てーい!」

亜美「兄ちゃんは亜美たちの兄ちゃんっしょ→!」

雪「セッちゃんとお兄ちゃんの邪魔しちゃダメだよ」

真美「大体婚姻届貰ったって使えないっしょ→」

亜美「女の子の結婚できる年齢は16才からっしょ→」

雪「お兄ちゃん、この子たち何言ってるのー?」

P「亜美、真美、この人成人女性だから」

真美「はははまたまた」
亜美「どうみても亜美たちより年下っしょ→」

雪「せ…セッちゃん…」

雪「セッちゃん子供じゃないもん!」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 05:59:23.00 ID:zVMgo5qb0
しえん

40 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/28(月) 06:01:21.41 ID:2BPcwwZY0
なつかしい
無印を少しやってた記憶が蘇ってきた

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 06:02:25.44 ID:M5518sYtO
雪「うーっお兄ちゃんはセッちゃんのだもん!」

真美「な、なにを→!」

亜美「なんだと→!」

雪「お兄ちゃんはセッちゃんとお菓子屋さん開くの!」

真美「兄ちゃんは真美たちとトップアイドル目指すんだよ→!」

亜美「兄ちゃんは真美のお婿さんになって亜美のホントの兄ちゃんになるんだよ→!」

P「どうしよう…これどうみても三人ともお子ちゃまだよ…」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 06:08:21.56 ID:hyPyhvK40
両方好きだし完走してくれたら嬉しいなーって

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 06:14:01.87 ID:8GJ4NhiQ0
この調子だと緑の眼鏡とローソンの不人気コンビが来るな

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 06:17:12.32 ID:M5518sYtO
亜麻音「イチロウさん?セッちゃん?」

雪「あっ亜麻音チンだ〜」

P「おおっ見事な華のあるお嬢さん!」

真美「そして兄ちゃんは見事に鼻の下が伸びてるね」

亜美「悲しい男のサガだね」

雪「亜麻音チン!双子ちゃんがセッちゃんからお兄ちゃんを取ろうとするよ!」

亜麻音「えっ?い、いけないと思います…」

真美「亜麻音ちん!あの合法ロリ的な人が兄ちゃんを真美たちから取ろうとするよ!」

亜麻音「ええっ…い、いけないと思うよ…?」

P「こら三人とも、亜麻音さん困ってるだろ」

亜美真美「ごめんなちゃい」

雪「セッちゃん悪くないのに…」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 06:19:32.75 ID:9/qZvJo80
魁皇に見えた

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 06:30:43.38 ID:M5518sYtO
雪「むーっお兄ちゃんは絶対渡さないよ!やっと帰ってきてくれたんだもん!」

亜麻音「あの…イチロウさん、私も…イチロウさんにいてほしいです」

玲香「話は聞かせて貰たで!」

みお「ほな」

魔璃「ふふふ…全面戦争よ…」

るい「あらあら」

真美「あ→!な、仲間を呼ばれたよ亜美→!」

亜美「こんなこともあろうかとこちらも援軍を呼んでおいたのさ→!」

春香「どうしたの?」

千早「亜美、話ってなに?」

律子「忙しいのだけど」

あずさ「あらあら、うふふ」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 06:32:36.48 ID:8GJ4NhiQ0
見てますよー
のヮの

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 06:40:17.82 ID:7VhoGUwO0
ナオ「きみのすーがーたーはー」
真「ボクにーにーていーるー」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 06:40:42.57 ID:M5518sYtO
千早「…」イター

玲香「…」バイーン

千早「」

真美「千早お姉ちゃんがやられた!」

亜美「ムチャしやがって!」

みお「うちらに返してくれへんやろか?」

律子「無理です」

るい「うふふ…」

あずさ「あらあら…」

雪「こっちの勝負にはふれないでおこうか」

亜美「怖いもんね」

真美「うんうん」

春香「あっお菓子どうですか?」

亜麻音「ありがとうございます」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 06:58:23.54 ID:M5518sYtO
わいわい

P「あいつらいつの間にか仲良くなってるな」

受付「あっお客様」

P「あれ?受付さん」

受付「そういえばこちらに見覚えがありませんか」

P「アイドル事務所の一覧?」

受付「一年前、最後に入店された際に忘れていかれたものです」

P「…!」

理保「イチロウくーん!」

P「あれ?人気グラドルの理保ちゃん?」

理保「やっと事務所を移れることになったよー」

P「いったい何の話だ…?」

理保「えっ?イチロウくん覚えてないの?」

P「ごめん、なんだか記憶喪失みたいで」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 06:59:10.72 ID:XKo5IGMH0
ドリームクラブのSSとかはじめてみた

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 07:12:15.80 ID:zM3X5zK10
初代しかやってないなあ
麻雀とスペシャルえでぃぴょん買おうかな

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 07:12:23.75 ID:M5518sYtO
理保「えっとね、一年前の最後の入店の日」

魅杏『夢みたいだね、夢みたいだね♪』

P『それにしてもみんなとっても歌がうまいよね』

魅杏『ほ、誉めてもなんも出ないわよ』

P『うそじゃないよ!アイドルとしてもやっていける!』

魅杏『ね、ねえ…この後暇?』

P『よーし、オレがみんなのプロデューサーになる!』

魅杏『えっ?ちょ、ちょっと!』

P『今からみんなのために事務所を探してくるよ!』

魅杏『今日で期限切れちゃうのよ!?イチロウ!イチロウっ!!』

理保「こんな感じでみんなのアフターのお誘い断って、飛び出していったんだよ」

P「そ、そんなことが…」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 07:22:49.85 ID:dFNNrjimO
受付さんを攻略できないバグ

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 07:23:13.61 ID:M5518sYtO
魅杏「イチロウ、思い出したの?」

P「うっすらと」

魅杏「…そう」

雪歩「ぷ、プロデューサー…魅杏さんたちのプロデューサーになっちゃうんですか?」

P「…いや、それもないよ」

魅杏「…今のあんたにはその子たちが大事ってことね」

P「うん、悪いけど…魅杏ちゃんたちとの約束は…」

社長「いや、いいんじゃないかい?」

P「えっ?」

社長「キミほどの腕があればやれないこともなかろう、無論先方が良ければだけれども」

受付「こちらも、業務に差し支えない程度でしたら…もともと殆ど皆さん副業ですし」

社長「なに、150人以上プロデュースしているプロデューサーもいるらしいし出来るさ」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 07:34:09.62 ID:+89plqn/0


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 07:35:13.66 ID:M5518sYtO
小鳥「大分賑やかになりましたね」

P「ええ、まあ」

雪「はいお兄ちゃん、あーんっ」

真美「あ→!セッちんばっかずるいっしょ→!」

ナオ「たぁっ!」

真「でりゃっ!」

律子「ちょっと!事務所内で稽古しないの!」

春香「お菓子いりますか?」

受付「どうもありがとうございます」

魅杏「あ、ありがとう」
雪歩「はうっ…」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 07:42:11.29 ID:sY1SVKbl0
遥オナシャス

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 07:47:48.23 ID:M5518sYtO
魅杏「い、イチロウ」

P「ん?」

魅杏「一年前の続き、今から時間ある?」

P「あるけど」

魅杏「一度しか言わないからね…私、あなたのことがs」

雪歩「プロデューサー、お茶がはいりましたぁ」

雪歩、魅杏「……」

小鳥「平和になったと思いきや、水面下での戦いは続いていくんでしょうね…」

社長「音無くん顔色が悪いけど大丈夫かい?」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 07:51:23.93 ID:M5518sYtO
私はzeroはあすかとセッちゃんしか攻略してませんのでzero勢は出せんかったです


おちまい

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 07:52:39.27 ID:NkDFSQTg0


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 07:56:54.57 ID:zsTo+5B+0


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 08:08:31.07 ID:+Yf1TKs/0


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 08:21:27.82 ID:hyPyhvK40


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 09:12:05.72 ID:o15YwRNO0
よかった乙

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)