5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

百合少女「メリーさんの電話……?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:48:22.19 ID:AByqGyrg0
 その日、両親と妹は旅行に出かけてて、私一人だけが家にいる状態だった。
一人でいるのが好きな私は朝から気分がいい。今日は何て素晴らしい日なんだろう。
 
 だけど楽しい時間は過ぎるのが早いもので、溜まってたドラマなんかを見たりして一日を過ごしてしまった。

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:49:30.83 ID:AByqGyrg0
お母さんが作ってくれてた夕飯を食べ終え、私はいつもより遅くにお風呂に入った。

女「ふぅ……」

 プルルルルル。洗濯かごの中で衣類にまみれている私の携帯が鳴った。
こんな時間に誰だろう。今は10時。友ちゃんかな? 悪いけど今はでれないや。
 居留守を使うことにしたのだが、まだ、なぜか、携帯が鳴り響いている。
もう数分立った。いい加減にしてよ。どんだけ私のこと好きなの。

女「うるさーい!」

 ピタッ、と着信音が止まった。この時は不思議なこともあるんだな、とだけ思っていた。
 
 友達じゃなかったのはこの後知った。

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:49:33.75 ID:UdXfhCf90
百合喰いメリーかと思った

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:50:03.37 ID:AByqGyrg0
 お風呂から出たあと、自分の部屋でテレビを見ながらくつろいだ。

TV「――」

女「ふわあ。そろそろ寝ようかな」

 電気を消して、ベッドに潜って就寝についた。


――プルルルル。

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:50:36.61 ID:AByqGyrg0
女「んぅ……?」

 携帯が鳴り始めた。短針は深夜一時を指している。なんでこんな時間に……。
まだ眠気が覚めてない状態で携帯をとる。画面を見ると知らない電話番号が表示されている。なんとなく、電話に出なければいけないと思った私は携帯を耳にあてた。

「あたしメリーさん」

女「えっ?」

「今ゴミ捨て場に居るの」

 プツリ。

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:51:14.19 ID:8kICZYQE0
今度はメリーさんか

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:51:32.49 ID:AByqGyrg0
女「え、嘘……」

 短いスパンでまたかかってきた

「あたしメリーさん」

「今タバコ屋さんの角にいるの……」

 近くのゴミ捨て場から私の知っているタバコ屋までは数十キロもある。
ありえない。十秒もかからずにだなんて。

女「そ、そんな……」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:52:07.71 ID:9nwiriAS0
楽しみにしてた
全力支援

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:52:09.69 ID:b11Me2V00
このシリーズか…

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:52:14.12 ID:u//AQjGz0
期待

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:52:34.53 ID:ddd81CX7O
待ってた

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:52:37.30 ID:AByqGyrg0
 そして
「あたしメリーさん。今あなたの家の前にいるの」
という電話が。

 少女は急いで玄関に向かった。
思い切って玄関のドアを開けたが、誰もいない。
やはり誰かのいたずらかと思った直後、またもや電話が……


「あたしメリーさん。今、あなたの後ろにいるの」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:52:43.55 ID:aIHbtLq10
支援

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:52:48.74 ID:60BHhsq4O
羊飼いの?

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:53:14.39 ID:AByqGyrg0
女「え……?」クルリ

女「!」

 少女の背後にいたのは金髪の可愛らしい女の子。少女と同じくらいの年齢だろうか。
大きな目は怪しく、青く光っている。真っ白な肌は人形の様な美しい顔立ちを際立たせていた。

女「かっ……!」

女「か、かか……!」

 メリーは驚きのあまりで声も出ないであろう少女に襲いかかろうとした。
 
 ――その時。

女「かっ、かあいい!!」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:53:58.66 ID:AByqGyrg0
メリー「!?」ビクッ

女「かあいいかあいいぇええあああああああああ!!」ガバッ

メリー「えっ、ちょ、いやあああああああああああああああ!!」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:54:14.47 ID:c6MRGy6g0
八尺様の人だな

18 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/22(火) 01:54:26.91 ID:G40rXsvD0
wktk

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:54:31.73 ID:5ZaqUi3s0
支援

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:55:32.29 ID:9bNlVX1l0
明日はー

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:58:04.89 ID:9nwiriAS0
しえん

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 01:59:36.02 ID:AByqGyrg0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜自室〜

メリー「……」グスン

女「ご、ごめんなさい」

女「あまりにも可愛くて……」

メリー「もっ、もういいから! 出会ってからわずか数分で何千回も聞いたから!」

女「ごめんなさかわいい……」

メリー「……っ!////」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:00:02.19 ID:wabH25y+0
このシリーズおもろいから好きだわ

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:00:20.84 ID:AByqGyrg0
 あの後メリーさんは気絶。少女がチャンスと思い、自室へ連れ込んだ後ベッドで寝かせていたのだが、メリーさんは急に目覚めるとぽろぽろと泣き始めた。怖かったらしい。

 なぜか自分もベッドに入っている少女はメリーさんと添い寝をしている。

女「もうこんな遅くですし、泊まっていきますか? いや、泊まるしかないだろう」

メリー「貴方はなんで平然としてるの……」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:01:27.25 ID:AIjShRfb0
八尺様の人か
期待

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:03:09.24 ID:AByqGyrg0
 メリーさんは殺せばよかったと後悔するのだが、どうも、決まりが悪い。
なんだか、昔こいつを何度も見たことがあるような気がするからかもしれない。

女「実はメリーさんの噂は聞いていたんです。それがまさか……こんな可愛らしい、いや、お美しいお嬢様だったとは……いやはや……一本取られましたな」

メリー「な、なによ……///」

女「あ、あれ?/// まんざらでもないように見えたりして……///」

メリー「正直……嬉しいわよ。こんな可愛い可愛い言われるの、久しぶりだしね……」

女「えっ……///」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:03:54.39 ID:AByqGyrg0
女(まさか、相思相愛だなんて……というかこんな早くにくっつくとは……。今までの私ならなんやかんやあったはずだったのに……。あれ? 私何言ってるんだろう?)

メリー「ちょ、ちょっと! 急に黙らないでよ!//」プンスカ

女「え、えっと……///」

女「私も、好きです……///」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:04:10.98 ID:aIHbtLq10
支援

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:07:54.60 ID:9nwiriAS0
しえん

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:08:48.77 ID:8kICZYQE0
メリーさんちょろい

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:10:11.10 ID:AByqGyrg0
メリー「はっ?」

女「えっ?」

メリー「い、いや、そういう意味じゃなくて……///」

女「え、あ、す、すみません私……///」

 女は顔を真っ赤にさせるとメリーさんに抱きついて顔を隠した。

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:10:51.98 ID:AByqGyrg0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

女「メリーさん。髪の毛綺麗ですね」サラサラ

メリー「うん。あたしの自慢なの」

メリー(そういや、あたしのご主人様だった女の子も髪の毛が特にお気に入りだったな……)

女「くんくん」

メリー「そうそうこんなふうに……って! ちょっと!///」バシッ

女「あう」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:16:33.23 ID:AByqGyrg0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
女「えへへ……」ギュ

メリー「……」

女「メリーさんあったかい……」

女「メリーさんいい匂い……」

メリー「あ、あれ……」グスン

女「? メリーさん?」

メリー「……」ポロポロ

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:17:07.00 ID:AByqGyrg0
 メリーさんはやっと思い出した。
この少女は私のご主人様だった女の子だ。
引っ越す際、荷物をまとめるため泣く泣く私を手放すことになってしまったんだっけ。
ほんとは髪の毛が伸びる私を気味悪がった両親が無理矢理捨てさせたんだけど……。
女……、いや、女ちゃんは最後まで泣いてたっけ。手放さかったっけ。嬉しいな。何で私女ちゃんのせいにしたんだろ。

女「メリーさん……」

メリー「……」

 そんなあの子とたまたま出会うなんて……。大きくなったなぁ……。っていうか私と同い年か。

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:17:38.65 ID:8kICZYQE0


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:18:47.26 ID:AByqGyrg0
女「ん、あれ?」ポロポロ

メリー「?」フキフキ

女「ご、ごめんなさい。な、んか、私も、ほんと、何、これ……あはは」ポロポロ

メリー「女、ちゃん……」ギュッ

女「……メリー……メリー、ちゃん……?」

メリー「うん。うん……あたし、メリーだよ……」

メリー「……今、あなたの傍にいるよ」

〜完〜

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:20:57.34 ID:c6MRGy6g0
乙ー

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:21:10.18 ID:Rrhnt4mP0
乙なのー

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:21:53.85 ID:aJG41vB90
よー頑張ったおつかれりんこ☆(白目)

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:22:42.18 ID:wabH25y+0
おつ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:23:49.08 ID:8kICZYQE0
乙い!

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:23:56.94 ID:aIHbtLq10
イイハナシダナー

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:30:36.56 ID:AByqGyrg0
〜後日〜

チュンチュン

女「んぅ……」

メリー「えへ……可愛い」プニ

女「ん……メ、メリーちゃん……?」

メリー「……ねえ」

女「……?」

メリー「……すごく気持ちよかったね……///」ボソッ

女「///」カァッ

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:32:30.96 ID:AByqGyrg0
 今、私はメリーさんとお付き合いをしています。
昔のようにお互いを「ちゃん」付けで呼びあっているんです。きゃっ///
だけど、昔みたいな人間と人形の関係は捨てて、同じ立場で愛し合っています。
あ、だけどそういうプレイは燃えます。
 メリーさんは私以外の人間が居る時人形のフリをしていますが
(もちろん大きさは変わらないし人間味があるので気味が悪い)、妹にはバレてしまいました。倒れました。
 まあそんなこんなで今も……。

メリー「ほら、お着替えしましょうねー///」

女「やっ///」


〜完〜

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:33:52.99 ID:9bNlVX1l0
>>44
ん・・・?
んん!?
お、お、これもしかして
新しいSSの終わり方コピペ誕生の瞬間じゃね?
ヤベーな

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:34:06.86 ID:9nwiriAS0
乙!
女の方がお人形なプレイかw
「あなたの傍にいるよ」がすごくよかった

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:35:21.71 ID:9bNlVX1l0
超面白かった
だからこそ>>44は改編して絶対世に出してやるからな
これは凄いコピペになりそうだぞ!

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:35:42.10 ID:0KpITpEY0
   /.   ノ、i.|i     、、         ヽ
  i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |
  |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |
  i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|
   iイ | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i.
   .i i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、   /    /   /  | _|_ ― // ̄7l l _|_
   丿 `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi. _/|  _/|    /   |  |  ― / \/    |  ―――
  /    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ     |    |  /    |   丿 _/  /     丿
  'ノ  .. i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ
 ノ     Y  `--  "    ))  ノ ""i    ヽ
      ノヽ、       ノノ  _/   i     \
     /ヽ ヽヽ、___,;//--'";;"  ,/ヽ、    ヾヽ

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:36:07.04 ID:AByqGyrg0
マジか。早めに寝るわ。おやす

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:36:11.30 ID:zrV7VAitO
おつ
今回もすごくよかった

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:40:20.71 ID:FLZ7uwVK0
お疲れ
さぁ次は花子さんでいこうか

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:42:12.45 ID:sppj15SQ0


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 02:54:53.64 ID:ddd81CX7O


14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)