5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

綾乃「千歳に告白しようと思うの」 結衣「え?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:06:30.81 ID:GrmBkwMf0
結衣「綾乃って京子のことが好きなんじゃなかったの?」

綾乃「そう考えてた時期もあったわ」

綾乃「でも、冷静に考えて見たらいつも傍に居る千歳のことを好きなる方が自然かなって」

結衣「理屈はわかるけど…」

結衣「で? なんで私に言ったわけ?」

綾乃「もう歳納京子にちょっかいは出さないから、あとは船見さんが監禁するなりレイプするなり好きしてオッケーよ」

結衣「しないよ! 何いきなり変なこと言ってんの!?」

綾乃「あらそう? まぁ、それはついでなんだけども」

結衣「ついでで人の人格をいじらんでくれ」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:10:03.78 ID:LfCP0f0a0
はい

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:10:30.42 ID:GrmBkwMf0
綾乃「千歳を家に呼び出したいんだけど…」

結衣「うん。好きにすれば?」

綾乃「船見さん、悪いけど千歳を呼んできてくれないかしら」

結衣「いや、なんでだよ。自分で呼べばいいじゃん」

綾乃「ちょっと恥ずかしくて…告白する練習もしたいし」

結衣「練習なら電話で呼び出して、家に来る間にしときゃいいじゃん」

綾乃「おねがい、船見さん!」

綾乃「言うこと聞いてくれたら歳納京子の誘拐、手伝ってあげるから!!」

結衣「だから、しねーって言ってんだろ!!!」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:11:30.59 ID:PSEAxGlEO
おっ

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:14:30.60 ID:GrmBkwMf0
結衣「…結局、呼び出す役目を押し付けられてしまった」

結衣「仕方ない。千歳に連絡して………」

結衣「………」


結衣「くそっ、このまま綾乃の思い通りに行くのも面白くないな」

結衣「私の人格をあれだけイジって二人仲良く幸せゴールインってか? ざけんなコラ」

結衣「…よし。これはちょっとしたイタズラだ。綾乃が悪いんだからな。ふふふ…」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:15:47.23 ID:LfCP0f0a0
いいね

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:16:51.68 ID:GrmBkwMf0
〜綾乃の家〜


綾乃「(千歳の写真を持ちながら)…ふぅ」


綾乃「わ、私は…あなたの笑顔を見てると、幸せな気持ちになれるの!」

綾乃「………普通すぎるかな? もっとインパクトが必要かしら」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:18:49.23 ID:GrmBkwMf0
綾乃「あなたのことが好きって気づいた時、自分でもびっくりしたわ!」

綾乃「でも、本気なの!」

綾乃「わ、わ、私と………」


綾乃「つ、つつつ付き合って!!!

綾乃「どつきあって!」

綾乃「私と、一緒に突き合ってほしい!」


綾乃「……どれもイマイチね。最後が一番マシかしら」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:20:05.79 ID:20JR0DR10


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:22:18.55 ID:GrmBkwMf0
ピンポーン

綾乃「はううう!? き、来たあああああああああ!」



千歳「綾乃ちゃーん。来たで〜」

綾乃「こ、こんにちはです!」

千歳「どないした? なんか変やで」

綾乃「私はいつも変よ!」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:24:13.38 ID:vvfGlEUOP
                    __  _(   
                 /へへヽ   ` ∨ }
          \     | ノ人ソ人 ハソハレヘ  |     ./
          \     レル゚OヮO从゚ヮ゚<リ \\   /     (⌒'⌒)
       (   ._\   /i l i} {i l i\   ) ) ../   __\/_(
    ヘ/⌒⌒ヽへへ\<_0JJつしし0_> |/ /    /へへヽ   ` ∨ }
   | |ノ人ソ人)人ソ人)\         ../      .| ノ人ソ人 ハソハレヘ  | 
   | ノ八>゚ヮ゚ノ>゚OヮO从  \∧∧∧∧./    __レル゚OヮO从^ヮ^<リ\\
   // ム(つ∠E∞/]つ    <   あ >     |≡≡)O.  oo   O(≡) )|
  (( ,:'"  ノハ レ〈.」       <   や >     `┳(_)―(_) (_)―(_)━┳
  .,,;;'___,,,,ノノハヒ/ヒl      < の ち >    .,..,..┻, ..,...,...,....,....,..... ,.,., ,..,,┻.,..,..
 ───────────< 予 .と >──────────
     (  zzz        < 感    >   , ‐ 、   - 、
. ヘ/⌒⌒ヽ  __     < !!!!!   > ィ.´ァ        ヾ 、
. | |ノ人ソ人/へへ ヽ    /∨∨∨∨/  ./          .ヘ ヽ
. | ノ八>-ヮ-ノ人ソ人ヽ |  /     ,ィ´   ./            .ヘ .ヘ
.//ノ(ノ'⌒と(从-ヮ- 从 /       /     l ハ.    , 、  .l    .ハ  i
(( ノ    ⌒`-と. /        'イ/   ムL__   ム斗、 l     l .l
  (_,,.--、__._,,.--. /          .l.  ,┬::::┬ 、 / ┬:::::┬    l {
   (_,(_ノ_.(_,( /           ヘ .r 、 !::::::ノヽ ヽ{ r弋::::ノ、ヘ ∧/ ヘ
                         iィゝ{/    _ノ⌒(_      y∨ l. ,、ヘ
                           ,ィ (     _      ./   ,l j ∨
                              l  j
                                ∪ o
                                  0

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:25:22.36 ID:GrmBkwMf0
千歳「そ、そか…それにしてもアレやねぇ」

千歳「綾乃ちゃんの家までの道、複雑すぎていつまで経っても覚えられへんね」

綾乃「私もよ」

千歳「いや、綾乃ちゃんは覚えんとまずくない!? 自分の家なんだから!」

綾乃「そ、それもそうね…」

千歳「で、今日は何の用? うちを家に呼び出すなんて」

綾乃「あ、あ、あの、その、それはね――」

千歳「まぁ、事の顛末は船見さんに聞いとるんやけどね」

綾乃「え?」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:28:39.70 ID:GrmBkwMf0
千歳「綾乃ちゃんがうちに相談事っていったら、大体きまっとるやん?」

千歳「ズバリ、恋の悩みごと! ちゃうか?」

綾乃「う、うん…まぁ」

千歳「ほれほれ、話してみ? うちが聞いたるで〜」

綾乃「あなたから言っていいわよ」

千歳「いや、うちは悩みないよ! 何勝手に悩み持たせてん!?」


千歳「そもそも綾乃ちゃんが呼び出したんやん」

綾乃「ご、ごめんね…ちょっとテンパってて」

千歳「しゃあないなぁ。まぁ、今日はゆっくり聞かせてもらう覚悟や。大丈夫!」

綾乃「あ、ありがとう…千歳。……そんなところが好きよ」ボソッ

千歳「はい?」

綾乃「アッー! な、な、なんでもない!」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:30:22.55 ID:PSEAxGlEO
しえんやで

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:30:22.37 ID:vvfGlEUOP
アッー!?

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:31:27.55 ID:GrmBkwMf0
綾乃「あ、ああ! そ、そうだ! ちょっと寒くない!? 暖房つけていいかナ!?」

千歳「お、おう…好きにしてええよ」

綾乃「えーと、リモコンリモコン…どこいったかな」キョロキョロ



千歳「……ん? 綾乃ちゃん、その手に持ってるの何?」

綾乃「え?(千歳の写真を持ち)」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:33:18.27 ID:LfCP0f0a0
ンアッー!(≧Д≦)

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:34:06.97 ID:GrmBkwMf0
綾乃(…ああああああああああああ!!?)

綾乃(千歳への告白内容考えてたら、写真握りしめっぱなしじゃん!?)

千歳「見せて見せて〜、何これ?」ピッ

綾乃「そ、それは…!」


千歳「………うちの生着替え写真?」

綾乃「よく撮れてるでしょ」ウフフ

千歳「どうやって撮ったん!?」

綾乃「あなたが更衣室で着替えてる時、こっそりと音の鳴らないよう改造したカメラで」

千歳「盗撮ですかっ!? しかも、準備万端やね!」

19 : 忍法帖【Lv=28,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/10(木) 20:34:21.12 ID:7+tkX1UJ0
4

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:34:58.48 ID:gq3oimed0
支援

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:35:44.21 ID:8AygOZ1DO
千歳ちゃんの口調がおかしい

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:36:48.69 ID:cfJTb6oF0
      __
    /へへヽ
☆。 |ノ人ソ人) 
:.   レルO-Oノル  姉さんと杉浦さんを支援
/ ̄ヽ/,― 、 \ o。。
| ||三∪●)三三mΕ∃
\_.へーイ \ ゜゜゜
*.:..  (_)(_)
::..   ☆:.°+

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:38:16.32 ID:GrmBkwMf0
綾乃「今まで撮ったなかでも最高の出来栄えよ。いつも眺めているの」

千歳「怖いなぁ!? 綾乃ちゃん、ちょっとウチ悪寒はしったわ!」

綾乃「千歳にあげるわ」

千歳「いらんわ!」

綾乃「大丈夫。ネガなら残ってるから何枚でも複製可能よ」

千歳「そう言うことを言ってんじゃないよ!?」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:40:44.97 ID:GrmBkwMf0
千歳「ちょっとウチ、綾乃ちゃんとの友達関係考えなおさないとアカンかも…」

綾乃「そ、それより、相談を受けてくれるのよね!?」

千歳「え? ああ〜…そうやったね。さっきの話のインパクト強すぎて忘れとった」



千歳「しかし、アレやね。綾乃ちゃんも歳納さんを諦めて、違う子にするって船見さんに聞いた時はほんま驚いたわ」

綾乃「船見さん、そんなことまで話したのね」

千歳「うん。…で? 新しく好きになった子って誰?」

綾乃「そ、それは……」チラチラッ

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:41:43.15 ID:8CAKL9LwO
いつもとボケツッコミが逆だな

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:42:28.47 ID:cfJTb6oF0
支援

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:44:37.31 ID:GrmBkwMf0
千歳「恥ずかしがらずに言うてみ〜? うちがバッチリカッチリきいたるさかい」

綾乃「で、でも…恥ずかしいぃ……」

千歳「ほほ〜、そこまで言うほど……大好きなんか?」

綾乃「………うん」

千歳「抱きしめたりしたい?」

綾乃「むしろ私のモノにしたいわ。私色に染めてやりたいわ」

千歳「そりゃちょっと怖いわぁ…」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:47:36.06 ID:GrmBkwMf0
千歳「名前を言うのが恥ずかしいなら、どんな雰囲気の子くらい教えてくれへん?」

千歳「何もわからないんじゃ相談にも乗れんよ〜」

綾乃「そ、そうね…髪は短めで」

千歳「おお、ショートカットで」

綾乃「綺麗な銀髪で……」

千歳「へぇ〜、うちと同じかぁ」

綾乃「メガネをかけてて……」

千歳「眼鏡っ子かぁ…地味くない?」

綾乃「…………」ジー





綾乃「全然。最高に可愛いわ」

千歳「そ、そか…なんでウチを見るん?」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:50:33.42 ID:GrmBkwMf0
千歳「で、いつ告白するん?」

綾乃「今日……かな」

千歳「思い立ったなぁ…ファイトやで! 綾乃ちゃん!」

綾乃「…ありがとう。がんばる」

千歳「……」

綾乃「……ドキドキしてきた」

千歳「大丈夫かぁ?」

綾乃「わたし、こういうの慣れてなくて…どうすればいいか」

千歳「……ふむ」





千歳「しゃあない。ウチが付きおうたわ!」

綾乃「ええええええええ!!? 付き合ってくれるの!!? マジで!!!!????」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:51:40.06 ID:zeQJE08WO
支援

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:52:43.39 ID:LfCP0f0a0
C

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:54:16.23 ID:GrmBkwMf0
千歳「綾乃ちゃん一人じゃダメやろー?」

綾乃「うん…ひとりじゃ、ダメかも。…あなたが一緒に居てくれないと」ゴニョゴニョ

綾乃「でも、千歳。ほんとに私で良いの?」

千歳「いや、私で良いのって言っても、付き合うって言うたら綾乃ちゃん以外おらへんやろ」


綾乃(来たあああああああああああああああああ!!)

綾乃(我が世の春がきたああああああああああああああああああああ!!!)

千歳(……あれ? そういえば?)時計を見る


千歳「ごめん! 綾乃ちゃん、ダメやわ!」

綾乃「へ?」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:57:22.32 ID:gq3oimed0
この綾乃ちゃんガチレズやないか(憤慨)

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 20:57:45.69 ID:GrmBkwMf0
千歳「ちょっと急用思い出したわ!」

綾乃「そ、そんな…用ってなに?」

千歳「今日、(家族と)映画を見に行く約束しててん」

綾乃「今日、(彼女と)映画を見に行くですって!!?」

千歳「いや〜、ウチが行こう行こうって無理言って誘ったんやけど」

綾乃(千歳から誘ったの!!? いきなり浮気!?)

綾乃「……じぇらしー」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:00:44.28 ID:GrmBkwMf0
千歳「ああ、安心してええよ。綾乃ちゃんの話はちゃんと聞くで?」

千歳「どうせ遊びの一環やし」

綾乃「遊び? そ、そうよね…私以外の女となんて遊びに決まってるわよね……」

千歳「綾乃ちゃん、さっきからブツブツどないした?」

綾乃「はぁぁ〜〜〜……やっぱ告白するの、やめようかな」

千歳「なんで!?」

綾乃「千歳がそんな尻軽な女だと思ってなかったし…」

千歳「うち、尻軽なん!?」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:03:32.06 ID:GrmBkwMf0
千歳「待って、綾乃ちゃん! いきなりダメって言ったのは謝るからさ。そんな簡単に諦めんといてよ」

綾乃「千歳……」

千歳「ええか? そういうことはな。やってみるまでわからへんで! 最初からあきらめるのはアカン!」

千歳「この世には、叶わない恋なんてないんやからっ!」

綾乃「……………」


綾乃「その言葉、責任もちなさいよ」

千歳「え?」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:07:27.47 ID:GrmBkwMf0
千歳「ま、まぁ…ともかく。ウチが協力したるから、一緒に告白の仕方を考えようや?」

綾乃(だから目の前に居るんだって…)

千歳「結局、恋愛なんてのはな。『好きです、ドン!』と押せば一発なんや!」

千歳「ようするに押しや! 押しが、肝心なんやで!」

綾乃「押し倒す…か」

千歳「いや、押し倒したらアカンよ?」


千歳「それとな。相手が恥ずかしがったりしたら
    『動揺してるあなたも好きよ』とか『モジモジするキミもいい』とか、いろいろな」

綾乃「恥ずかしがってるあなたを見ると性欲を持て余す…」

千歳「綾乃ちゃん、マジメに告白する気ある?」

綾乃「もちろんよ!」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:08:24.03 ID:fS3wq9e60
  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < いいぞ
|   ト‐=‐ァ'   .::::|    \_____
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:11:38.23 ID:sAALLomo0


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:11:45.30 ID:GrmBkwMf0
千歳「とにかく…相手のフォローを忘れずにな。その小さな心遣いが、相手との距離を縮めるコツや」

綾乃「わかったわ」

千歳「じゃあ、実際に練習してみよか。ウチ、相手役やるから」

綾乃「なん…ですって…?」

千歳「だから、かる〜い気持ちで『好きです』って言ってちょーだいな」

綾乃「言えないわよ!! そんな軽い気持ちで!!!! ふざけてるの!?」バンッ

千歳「なんでそんな怒っとるん…ただのリハーサルやん」

綾乃「いや、だって、それじゃ、まさに本番……!」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:15:55.35 ID:GrmBkwMf0
千歳「まさに? なに?」

綾乃「あうあう……」

千歳「んじゃ、相手役が来たところから始めるで。準備いい?」

綾乃「…うん」

千歳『どうもこんにちは〜。お招きいただいて光栄です!』アッカリーン

綾乃「なんで赤座さん?」

千歳「誰でもええやん。ほら、続き!」

綾乃「こ、こんにちは…」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:16:53.22 ID:gq3oimed0
綾乃ちゃんカワユス(*´ω`*)

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:17:35.29 ID:iSlpLykvi
支援

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:19:17.78 ID:GrmBkwMf0
千歳『それで、杉浦先輩。今日は何のご用ですか?』

綾乃「きょ、今日は…そ、そ、その………」

千歳「」

綾乃「あ、あなたのこと………す、す、…………」








綾乃「……って! そんな簡単に言えるわけないでしょよおおおお!!」ガシャーン

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:22:19.57 ID:2nrpqiCw0
支援

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:22:31.89 ID:rKDalZ4Q0
お前のことが好きだったんだよ!

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:22:33.13 ID:mGR85d/O0
いいねぇ

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:22:45.20 ID:GrmBkwMf0
千歳「ちょ!? いきなり暴れ出さんといて!」

千歳「あ、そか! もしかして、綾乃ちゃん。赤座さんのことが好きなん?」

綾乃「えっ」

千歳「だから、緊張するわけか! そかそか…うんうん。気が回らんかった。ごめんなー」

綾乃「ち、ちが……」

千歳「じゃあ、モノマネやめるわ。ウチ、いつもどおり普通にしとくから!」

綾乃(さらに状況が悪化―――!?)

綾乃「そ、そ、そんなの余計言えないわよ!」

千歳「なんで!?」

綾乃「だって、そのまんまじゃない…」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:22:56.48 ID:mGR85d/O0
>>46
ファッ!?

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:26:52.35 ID:GrmBkwMf0
千歳「なにわけわからんことを…ちゃんとやって! ほら!」


綾乃「ちゃんとやってるわよ!」


千歳「だったら、マジメにやってーな!」


綾乃「マジメにやってるわよ!」


千歳「本番のつもりでやって!!」


綾乃「既に本番よ、この状況!!!」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:29:32.85 ID:GrmBkwMf0
千歳「も〜、どないしたらええねん」

綾乃「どうにもならないわよ…」

千歳「…わかった。だったら、ウチが見本を見せたる!」

綾乃「えっ」

千歳「まずはな、相手の目をジッと見つめる!」ジー

綾乃「………////」

千歳「なに照れとんねん」


千歳「そして、おもむろに手を取るんや!」ガッ

綾乃「あっ」

千歳「(綾乃の手を握りながら)…好きです。付きおうてください」

綾乃「はい」

千歳「うん、ナイスアドリブ!」グッ

綾乃「えっ?」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:29:37.91 ID:PSEAxGlEO
これはええで〜

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:34:06.61 ID:GrmBkwMf0
千歳「こんな感じでやればきっと上手くいくって。綾乃ちゃん、可愛いんやから」

綾乃「ちょ、ちょ、ちょっと! 今のもう一回!」

千歳「見本? ええよ。ちゃんと覚えるんやで」

千歳「まずは相手の目をよくみて」ジー

綾乃「……////」

千歳「そんで、好きです!って言うんや」

綾乃「手はとらないの?」

千歳「え? ああ、はい」ガシッ

綾乃「……////」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:38:26.89 ID:GrmBkwMf0
綾乃「千歳。わたし、告白する勇気が出てきたわ」

千歳「それはよかった。付きあったかいがあるっちゅーもんや♪」

千歳「ほな、ウチそろそろ帰るから。あとは頑張りや?」

綾乃「ちょちょちょ! ちょっと待って!」ガッ

千歳「おおう? どしたん?」




綾乃「……………ずっと好きだったわ」

千歳「うん、いい感じやね。それで行けばOKやから――」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:42:30.01 ID:NlaC0D0h0
はよはよ

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:42:30.43 ID:GrmBkwMf0
綾乃「いつもいつも、傍に居てくれて」



綾乃「この想い、もっと早く気づきべきだった」



綾乃「あなたと、一緒にいたい」




綾乃「―――千歳」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:45:28.85 ID:GrmBkwMf0
千歳「………え?」


綾乃「………」


千歳「…綾乃ちゃん。何言うとるん?」


綾乃「………」


千歳「エイプリルフールは、まだまだ先やで?」


綾乃「………結婚が、できないところは残念ね」


千歳「」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:47:39.05 ID:vvfGlEUOP
きましたわー

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:49:12.04 ID:GrmBkwMf0
千歳「……………えええええええええええええええ!!?」

綾乃「もう放さないわ。千歳」

千歳「いやいやいやいやいやいやいやいや!!」

千歳「おかしいって! なんでウチなん!? もっと他にええ子いっぱいおるやろ!?」

綾乃「動揺してるあなたも好きよ」

千歳「そんなフォローいらんわ!」

綾乃「相手のフォローをしろって言ったから」

千歳「そ、そやけど……」

千歳「そんなこと言われたら、うち、綾乃ちゃんのこと友達と思えへんようになってまう」

綾乃「恋人同士だものね」ウフフ

千歳「」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:49:28.84 ID:yav9wQus0
綾千ってお茶の名前みたいだな

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:51:29.80 ID:gq3oimed0
ウフフ

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:52:36.03 ID:GrmBkwMf0
綾乃「あ、そうだ。わたし、恋人同士になったら真っ先にやりたいことがあったの」

千歳「……なに?」

綾乃「一緒に遊園地に行くの。いいでしょ?」

千歳「…うち、恋人同士になるって許可だしてへんよ」

綾乃「そんな!? 千歳は私のこと嫌いなの!?」

千歳「…………」

綾乃「いいじゃない! 一回だけだから! 先っぽだけだから!」

千歳「なんやねんそのいいわけ!?」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 21:54:49.67 ID:GrmBkwMf0
綾乃「おねがい! 私の夢だったの!」

綾乃「好きな子と一緒に行くのが……」

綾乃「おねがい、千歳……」

綾乃「それさえ叶ったら、もうあなたのこと好きだなんて言わないから………」ウルウル


千歳「………」



千歳「………綾乃ちゃん。泣かないで」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:02:28.45 ID:GrmBkwMf0
綾乃「千歳ぇ……」

千歳「……までなら、許したる」

綾乃「え?」






千歳「キスまで…なら許したる」

綾乃「………ッ!!」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:05:31.03 ID:OZDen4p60
良い所でVIPが落ちやがったw

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:05:39.95 ID:GrmBkwMf0
綾乃「ち、千歳えええええええええええええええええええええ!!!」


綾乃「あなたやっぱり、最高に可愛いわああああああ!!」ガバッ


千歳「ちょ!!? キスまでやって言うたやろっ!」

綾乃「千歳えええええええええええええええええええええ!!!」

千歳「…まったく。綾乃ちゃんは、うちがおらんと本当にダメなんやから」


★おしまい★

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:08:59.76 ID:Ba6tb+8i0
乙やで!

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:09:12.48 ID:OZDen4p60
乙!!!!

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:09:15.49 ID:GrmBkwMf0
おまけ


結衣「ちくしょう…なんだこのオチ!?」

結衣「結局、上手くいってるじゃないか!!」

京子「結衣〜、なにやってんの?」

結衣「ちくしょう、綾乃め……これ、私のおかげで成功したようなもんじゃね?」

結衣「ちくしょう、京子の誘拐、マジで手伝ってもらおうかな……」

京子「えっ」



★本当に おしまい★

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:09:45.78 ID:OZDen4p60
おまけww

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:10:00.29 ID:NlaC0D0h0

もっと書いてもいいのよ

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:11:00.74 ID:8CAKL9LwO
最高だった


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:11:26.39 ID:GrmBkwMf0
途中書き込めなくなってちょっと焦った
書いてる内にギャグを書きたいのか百合を書きたいのかゲシュタルト崩壊していったでござるの巻
でも、ゆるゆりはこの二人の絡みが一番大好き!

また後日、綾ちと物のSSを書く予定なのでよろしくおねがいします

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:11:37.41 ID:vvfGlEUOP
乙!
やはり綾ちと最高だ

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:12:18.05 ID:OZDen4p60
>>73
楽しみに待ってるぜ!乙!

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:12:57.02 ID:sAALLomo0


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:15:13.28 ID:PSEAxGlEO
やで乙!

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:17:20.54 ID:U+wcLeXRi
あやちととは……
素晴らしいな乙

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:17:52.46 ID:ochouc1J0
                           ,, ´ ̄ ̄`⌒   、
                      /            \
                     /     /          ヽ
                    /     /             
                      /       /       !\
                      /      /´| }!   ,i!│ ∧|ヽ }    i
                 / / il /  l ハ   / Vィ气≧zV      |
                ノィ /  ハ/>、乂И :| 彳nイハヽア     |
                /´//|  |∠イ_ノ矣 、\レ 乂ーソ 犲     {
                ∩ i ハ   |ヘ代、_ノリ }‐ {    / ノ'     ぃ
              l l-、-、_/、 |ヽ_,,`ニ´ ノ ' ゝ    /     ハ',
        rzミ───‐^ ヘJ ∪ニ}ハxxx}ハ  / ⌒ 、   //    |  }}
        L0ノ二二二二二二二ノノxx〃ノ  {    : 〃 i     } ノ'  うおおおおおお!乙だああああ!!
             |    〈ノ´ノ  \´   ヽ  丿 {{/V  ノノ
        (⌒⌒)  ,'     /  ト、  い 、        | ノ /
         \/  /    _ ノ   \乂\{ノ >‐l` ´   斗≪
                /   /   x─=ニニニニノ     ヽニ≫、、
             _,/   |┐ / `ヽ二二二二ニヽ     |ニニニ≫、、
          /::::   /:|r─     \ニニニニム >‐< |ニニニニニ/
        {(_斗彡イ:::::/        寸ニニニニム二ニニ|ニニニニア',
        ';::::::::::::::::::::::::《ニミ、         寸二二二∧二ニ|ニニニア  }
        \::::::::::::::::::::リニム           \二ニニ∧ニニ!ニニ/   / /
            |:ヽ:::::::::::::〃ニニム           \ニニ弍ニ| ア´   { {  _/^ヽ
            |::::::::::::::::〃マニニ∧,ィ彡        `<ニヽj/     | i_{´! 二 ',
            |:::::::::::::::::::::::::VニニY |             ̄|      |ニコ┤_  }
           弋::::::::::::::::::::::少ニア 乂            爪        |ニコ { _   '
          ` ー‐≪爿/   〈           .::::::.      |─| ~/   |
                                .:::::::::.     |:::::ハ {   |

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 22:22:22.00 ID:fS3wq9e60


28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)