5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

六花「中二病でも恋がしたい!」 岡部「なんだと!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:14:26.80 ID:xCsYFqsP0
初書きです
建ったら書きますね

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:14:42.16 ID:4zkej8S00
しね

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:15:57.92 ID:v3XmNr6E0
しね

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:16:14.60 ID:aIRPIQTk0
闇の炎に抱かれて消えろ

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:16:54.35 ID:xCsYFqsP0
2012 12/27


岡部「今年も終わろうとしているな…」

紅莉栖「早いもんよねぇ…」

ダル「つか僕らの映画っていつやるん?来年?」

まゆり「映画〜?何の事〜?」

岡部「そッ、それは機密事項だっ…!」

ダル「僕が主人公のだ〜りん的なのをキボンn…


ガチャッ!(ドアが開く音

???「ぬるぽ」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:17:34.97 ID:7ee4aZxH0
このスレッドは天才チンパンジー「アイちゃん」が
言語訓練のために立てたものです。

アイと研究員とのやり取りに利用するスレッドなので、
関係者以外は書きこまないで下さい。

                         霊長類研究所

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:17:44.73 ID:vkd9AER50
            _       |    |
 \      ─ ̄ /       |_ _ |─
            /     ─ ̄|    |           _─
 / ̄ヽ     / _       |     |   _ _ ─ ̄
/    |    ∠- ̄ ヽ      |   ヽ、|
     |          |     |
    /     /ヽ、 /      ヽ_─ー
   ノ      ヽ_/

                          _    |         | _ \\       |
       _ ─ 、       _ _─ ー ̄ /   |       ─ー| ̄           | _
  _─ ̄     ヽ            /     |          |             | ̄
            |            /      |          |  / ̄ヽ、    _ |_
           /  _─ー 、    |       |/ヽ        |      /  /   | \
          /         )    ヽ      || ヽ    /  |  ヽ_     |    |  ヽ、
       ─ ̄       -─'      \    |   \_/   |    ─ー   \_ノ

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:17:58.73 ID:xCsYFqsP0
ダル「えっ??」

まゆり「んー?」

紅莉栖「ガッ」

岡部「誰だっ!!!」


六花「私は邪王真眼の担い手…小鳥遊六花」


まゆり「じゃおう…?」

ダル「え?り、六花たん!?どうしてこんな所にいるん?本物?ハァハァ…」

紅莉栖「誰よそれ…ていうか何でドア開いてんのよ!」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:18:06.33 ID:UpiTiFOg0
ダルが主人公のだ〜りんとかプレイヤーに対しての拷問だろjk

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:18:42.92 ID:xCsYFqsP0
バッ(携帯を取り出す音


岡部「俺だ…あぁ邪王真眼だ、あぁ問題無い。俺がくい止めてみせるさ。エルプサイコングルゥ…」


―――ピ


岡部「貴様、機関が遣わしたエージェントか!!」

ダル「オカリン違うお。六花たんはアニメ『中二病でも恋がしたい』のヒロインなんだお!」


岡部「フフッ…そうか貴様タイムマシンが狙いか。だがそうはさせん!」



六花「中二病でも恋がしたい」

岡部「なんだと!?」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:19:33.29 ID:xCsYFqsP0
ダル「アニメでは一度も言わなかった台詞ktkr!!」


岡部「貴様今恋と言ったのか?」


六花「そう。私は恋人を探している」

ダル「はい!!僕がいるお」

紅莉栖「橋田あんたじゃ無理よ。まあ岡部に恋人なんて必要ないわよね(チラッ」

岡部「無論。この鳳凰院凶真は孤高なるマッドサイエンティスト…そのような馴れ合いは要らぬ」


ダル「確かに六花氏には勇太氏という恋人がいるもんな…」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:19:53.83 ID:hiF9L8Bk0
あげ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:20:33.37 ID:xCsYFqsP0
六花「ゆ…勇太は恋人ではない、け、契約者だ」


まゆり「あ、赤くなった〜照れてるのかな〜?


六花「ぁう…うるさいっ…!」


ダル「どう見てもデレデレです本当にありがとうございました!そして爆発しろぉ!」


岡部「六花とやら、俺の事が好きなのか?」


紅莉栖「ちょ、何言ってるのよ岡部っ!!」



六花「違う。私が言ってる恋人というのは仲間のこと。」


岡部「仲間だと?」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:21:27.28 ID:Gfu2MYZN0
あのコピペ↓

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:21:28.33 ID:xCsYFqsP0
六花「そう。私の目的を達成するにはある戦いを勝ち抜かなくてはならない。だから仲間が必要」


紅莉栖「ほっ(そういう設定ね、厨二病乙)」


岡部「貴様の目的とは何だ…まさか世界征服か?フ…この混沌たる鳳凰院凶真がいる限り、貴様の目的は果たせぬ」


六花「私の目的は…



…境界面上の…………不可視境界線(シュタインズゲート」

岡部「しゅシュタインズゲート…だと!?」


六花「そう。私の目的は不可視境界線に辿り着くコト…だがそのためには聖戦を勝ち抜かなくてはならない」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:22:20.45 ID:UpiTiFOg0
中2繋がりか、六花を中2と言っていいか分からんが

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:22:24.07 ID:xCsYFqsP0
岡部「…!!」


ダル「まゆ氏、紅莉栖氏何言ってるかわかる?」


紅莉栖「ちょっと意味わかんないですね」


まゆり「まゆしぃには難しくて理解できません〜」


岡部「フフフ………」


紅・ま・ダ「!?」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:23:03.29 ID:xCsYFqsP0
岡部「フゥーハハハ!!そういうことか、全てが繋がったぞ!!六花の言うことが真実ならばシュタインズゲートは実在するのだな!?」


六花「ある。必ず」


岡部「俺はそこに辿り着くための聖戦(ラグナロク)に勝利すべく選ばれたのだ!!」


岡部「これが運命石の扉の選択というのならば…甘んじて受けよう…!」


ダル「またそれっすか〜つなシュタインなんとかの時点で意味不明なんですな」

紅莉栖「はいはい妄想乙」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:23:42.16 ID:xCsYFqsP0
六花「その心意気に感謝する、ありがとう」

岡部「だが、」


六花「?」


岡部「まだ貴様の実力が知れていない。一つ手合わせを願おうか、邪王真眼」

六花「いいだろう…私も貴方の力が気になっていたところ」


岡部「フ…まゆりっ!未来ガジェット6号だ!!」

まゆり「は〜い(手渡す」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:23:52.07 ID:alLr68BV0
1週間前から変なことが起こってるちょっと聞いてくれ。

最初に言っておくが俺は妄想癖でも総合失調症でも病気でもなんでもない。
笑わないでくれよ。ガチだ。


最近猫の忍者に狙われてる。

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:23:55.29 ID:QIlklZUv0
支援

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:24:21.69 ID:xCsYFqsP0
岡部「このサイリウム・セーバーに敵う相手はいない」


ダル「オカリン本気っすかぁ?」


六花「では始めよう、


爆ぜろリアル、弾けろシナプス―――


岡部「教えてやろう、決して敵わぬ相手がいることをッ!!!!!」


BANISHMENT THIS WORLD!!

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:24:41.64 ID:KwcRstr10
遅い

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:25:15.47 ID:xCsYFqsP0
〜♪

岡部「くらえ…狂気の剣(マッド・ブレード)!!」

ブンッ

六花「遅いッ!…暗黒衝撃(ダークマター・ブレイク)!!!」


岡部「ぐはっ…コイツ俺の剣を砕いたというの…がはぁッ!!」


紅莉栖「(こいつら傘と棒で何やってんのかしら…)」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:25:17.94 ID:HlRD37+z0
いいコラボ
がんばれ〜

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:25:52.77 ID:xCsYFqsP0
岡部「参りました!!!」

ダル「はやっ!」


六花「余裕(ドヤァ」


岡部「馬鹿な…俺の奥義『GーBACK』が敗れるなど……」


紅莉栖「またその自爆技ね」

まゆり「じばく、じーばく、じーばっく♪」


岡部「俺の負けだ…。やるではないか小鳥遊六花」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:26:23.70 ID:xCsYFqsP0
六花「邪王真眼は最強」


岡部「では六花、いや邪王真眼(イビル・アイズ)よ。貴様をラボメンNo.005に任命するっ!」


ダル「マジで?」

まゆり「やったねラボメンが増えたよオカリン!」

紅莉栖「ちょっと待って!私は認めないわ!!」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:26:54.43 ID:xCsYFqsP0
岡部「何だとセレブセブンティーン」

紅莉栖「セレセブいうな!ラボメンは4人で決定なのよ」


岡部「焦るな助手、005は代理だ。聖戦が終了するまでのな」


岡部「さぁ邪王真眼よ、これを受け取るがいい」



六花「これは…白衣?」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:26:56.34 ID:alLr68BV0
____   r っ    ________   _ __
| .__ | __| |__  |____  ,____|  ,! / | l´      く`ヽ ___| ̄|__   r‐―― ̄└‐――┐
| | | | | __  __ |  r┐ ___| |___ r┐  / / | |  /\   ヽ冫L_  _  |   | ┌─────┐ |
| |_| | _| |_| |_| |_  | | | r┐ r┐ | | | /  |   | レ'´ /  く`ヽ,__| |_| |_ !┘| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|‐┘
| r┐| |___  __|. | | | 二 二 | | |く_/l |   |  , ‐'´     ∨|__  ___| r‐、 ̄| | ̄ ̄
| |_.| |   /  ヽ    | | | |__| |__| | | |   | |  | |   __    /`〉  /  \      │ | |   ̄ ̄|
|   | / /\ \.   | |└------┘| |   | |  | |__| |  / /  / /\ `- 、_ 丿 \| | ̄ ̄
 ̄ ̄ く_/   \ `フ |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |   | |  |____丿く / <´ /   `- 、_// ノ\  `ー―--┐
           `´ `‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐'     ̄          `  `´          `ー'    `ー───-′

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:27:24.65 ID:xCsYFqsP0
紅莉栖「なっ…ちょっとそれは私のサブよ!!」


岡部「さあ共に手を突っ込んで立とうではないか!!」

六花「ふえっ…?手を…??」

ダル「あ、六花氏別に卑猥な意味じゃないお」


六花「ぁう…//」


紅莉栖「岡部!この子照れてるじゃないの!」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:27:33.77 ID:qY/uh7Ni0
                ハ{::::::::/::::::::::::::::::辷,_:ヽ:::\:::::::::::::::::::::::::::}/:::::::::::::::人ノ丿
                  ∧/⌒ヽ─-::::::::ユ  /^ー-ニ:;_:::::::::::::::::::ノヘ:::::::::::彡::/
              / :∨ ハ ':::::::::爻   {    /⌒^'ー--‐¬}弌-ァ<⌒ヽ
                /  /ハ  l }:::::彡     {    {        ,リ } {:{::l ヽ ',
.               /   /  ∨ }::リ   __       {        / / 从:{ ハ} :}
                ', /     ', }::l    ⌒^弌、   ヽ        / ハ::::}/ }
             ∨ ,rヘ //∧:l     l朷トミ≧ュ_     _,x≦ /ノ乂 /
             /  V  /////ハ    `¨ - 'j `-‐´ /f拆テァ ああ、俺だ
          ノ「   / ////'  ̄ ̄)           / ^¨  ′ '
           /  |:  / /./  / ̄'.'.          ,′    / 新スレを支援した
    _.. -‐'^ / |: l  {/  ≠::::; -‐- 、    ,   :     /│
. -‐''^        ││ ./  ∧:/   . - \    ヽ ノ   / }| 機関の妨害が入っている!気をつけろ!!
            l | ./  //  /:::::::ヘ ┘rー-  .._   .     リ
            ∧〈 {  '   /_,. -─ヘ.  `二ニ´ /     / 取り合えず、
           / ヽ',       '´  ,.‐ァ寸  ; ; / |   }/
     \     /   }         / /   `ー++チ'  │  /  このまま観測するとだけ伝えておこう………
       \         {         {       //|     | /
        \       {         }_   _彡 |    l }   ………エル・ブサイ・コングルゥ………!!

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:27:47.02 ID:bZ/nVMWn0
何番煎じだが支援

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:28:10.13 ID:xCsYFqsP0
岡部「フゥーハッハハハ!!!これが知性と恍惚のポーズ!!フゥーハハハ!!」


六花「ふーっははは!!」


まゆり「六花ちゃんノリノリだねぇ♪」


紅莉栖「駄目だこいつら…早くなんとかしないと」

ダル「二人とも中二病、乙」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:28:49.28 ID:xCsYFqsP0
紅莉栖「ぐぬぬ…(岡部と邪気眼娘が急に仲良くなるなんて嫌よ!)」


紅莉栖「!…そうだタイムリープマシンで過去に戻って…」


カチャッ…


紅莉栖「よしっ…」

岡部「おい何をやっているのだ助手!」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:29:04.10 ID:UpiTiFOg0
脳内再生余裕だは
支援

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:29:41.44 ID:5pPBMDaX0
牧瀬氏ペロペロしたいお
オカリンなんかには渡さないんだお!

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:29:54.49 ID:xCsYFqsP0
紅莉栖「岡部!あなたを救って見せるからね!」


紅莉栖「跳べよぉぉぉぉお」



・・・・数十分前


紅莉栖「ぷはぁっ…(戻ってきた」


岡部「どうした助手、悪い夢でも見たか?」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:30:25.07 ID:xCsYFqsP0
紅莉栖「岡部…(ここでドアの鍵を閉めればあの邪気眼娘は入ってこられないはず…!」


ガチャ


紅莉栖「ふぅ…」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:31:22.48 ID:xCsYFqsP0
岡部「ふむ、今年も終わろうとしているな…」

紅莉栖「早いもんよねぇ…」

ダル「つか僕らの映画っていつやるん?来年?」

まゆり「映画〜?何の事〜?」

岡部「そッ、それは機密事項だっ…!」

ダル「僕が主人公のだ〜りん的なのをキボンn…

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:32:16.70 ID:6Id5XKdB0
くぅ〜疲れましたw これにて完結です!
実は、ネタレスしたら代行の話を持ちかけられたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、まどか達のみんなへのメッセジをどぞ

まどか「みんな、見てくれてありがとう
ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

さやか「いやーありがと!
私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

マミ「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

京子「見てくれありがとな!
正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

ほむら「・・・ありがと」ファサ

では、

まどか、さやか、マミ、京子、ほむら、俺「皆さんありがとうございました!」



まどか、さやか、マミ、京子、ほむら「って、なんで俺くんが!?
改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終わり

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:32:39.26 ID:xCsYFqsP0
ガラッ(窓を開ける音




ダル「えっ??」

まゆり「んー?」

岡部「誰だっ!!!」




紅莉栖「まさか!!」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:33:53.47 ID:xCsYFqsP0
六花「私の眼……………見る?」


紅莉栖「結構!」

どこっ

六花「ふぁっ」



終わり

見てくれた方ありがとうございましたm(__)m

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:34:12.87 ID:bZ/nVMWn0


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:35:26.22 ID:UpiTiFOg0


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:37:35.35 ID:0DIzAMb+0
え?w

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:37:40.51 ID:OVTeE3He0
だーりんってダル主観なん?

やりたかったんだが萎えるな…

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:37:58.48 ID:PaT0FBQmO


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:39:22.48 ID:KwcRstr10
終わるのはやすぎ

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:40:45.23 ID:xCsYFqsP0
>>48

短くてすいません・・

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/27(木) 01:47:09.56 ID:hiF9L8Bk0
失速具合がアニメ本編の三倍以上や・・・・

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)