5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

何故、ニートはラノベ作家を目指したがるのか?

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 10:54:41.97 ID:n8qa/17R0
坊やだからさ

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 10:55:30.73 ID:Hnu7GQv40
お手軽お手ごろ簡単便利

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 10:56:03.79 ID:1XTrbmm40
妄想書いてりゃ金入るからな

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 10:56:29.57 ID:Ras5NihH0
芸人がテレビ出てるの見て「あんなの遊んでるだけじゃん俺にも出来る」と思う心理に近いんだろうな

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 10:57:25.86 ID:819iAuY40
実際にニートの駄文が売れちゃってるから

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 10:57:47.93 ID:MtOwamQu0
オタ文化が好きで、ていうかむしろ自分の知識がその方面しか無いんで
なんとかそこいらにしがみ付いて行きたいんだけど絵も描けないし
プログラミングや専門知識も何にも無いし文章だったら書けると思い込むから

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 10:58:03.10 ID:nzvCgXtw0
イラスト→描けね
音楽→作れね
文章→書ける!!!!!!

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 10:58:44.14 ID:wWEI9oPF0
でもVIPのSS(笑)と同レベルだよねラノベって

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 10:59:31.30 ID:J7sk9eLV0
趣味の延長線だから簡単だと思いがち

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 10:59:38.58 ID:7fGgAq4k0
>>7
駄文だけどな、、、

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:00:01.03 ID:IEz5Mdm60
プログラムの勉強のほうがよっぽどお前ら向きなのに
小説とか数文字書いて、語彙力の無さに絶望するわ

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:00:19.33 ID:GKMhTs4o0
簡単にアニメ化するしな

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:00:40.18 ID:CWYGbHES0
趣味としてやるのが良いでしょう。職業にはできないなとても

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:01:11.46 ID:Ras5NihH0
ただ動機としては別にいいんだよね
何か読んで「これでいいなら俺でも書けるわ」って作家になった人は昔からいくらでもいるから

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:01:55.38 ID:+gysrZ3V0
>>8みたいな意見を鵜呑みにしちゃうから

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:02:32.23 ID:hRQbXU4j0
VIPのニートがラノベ作家を目指すラノベを書くとしたら
ここのレス丸ぱくりで名無しをヒロインの名前にするだけでほとんどいけるんじゃねえの

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:02:56.60 ID:xv4aHdaa0
今はラノベ作家になるほうが漫画家になるより難しいかもしれん

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:03:16.48 ID:J7sk9eLV0
書きあげるのがまた難しいのである

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:03:46.71 ID:prxfKmNl0
なんもしてないより幾らかマシかとは思うz

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:03:54.72 ID:XAocGzMJ0
全てがFになるの人もそんな理由で描き始めたんだよね
大学教授だけど

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:03:54.78 ID:uywUBQAr0
出版までたどり着けば上出来

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:04:09.17 ID:/OBa8o2pO
ニートだけど泥棒になりたいわ
本当は殺し屋になりたいけど無理だから泥棒になろうと思ってる

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:04:40.38 ID:Ras5NihH0
>>16
いけると思うよ
作家になるかどうかなんてそこで「いけるんじゃねえの」って言ってるだけで終わるか
実際にやっちゃうかの差しかないと思う
それだけの差とは言っても絶対的な壁なんだけど

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:05:23.54 ID:dd9gmfPW0
>>20
あの人はもともと同人(二次創作かは知らんけど)活動してたよ
嫁もそういう人だし 家族に読ませるために書いたやつを出版社持ってったら「売るわ」って

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:06:08.12 ID:3auMi2Gv0
何かやってる感を出したい

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:07:03.40 ID:M5tQhZgA0
最初の一文で飽きるわ
設定作ったら満足

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:08:25.07 ID:kiyV6PoF0
思うだけで挫折

書いてる途中で挫折

書き上げるが一次落ちばっかりで挫折

デビューするが売れずに挫折

アニメ化するが原作レイプで何故か原作者まで叩かれて挫折

マゾ向けすぎワロタ

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:10:23.68 ID:95FkPek60
よっぽどラノベに特化した才能じゃない限り
普通の文芸作品も書けるだけの能力ないと
しんどいんじゃないかな
当たっても漫画ほどもうからなさそうだし

図書館戦争の人とかのコースが一番いいんじゃない

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:10:24.96 ID:+OQ1ec6l0
設定→考えた
文章→書ける
さてやるか→数ページいかずに挫折

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:13:29.29 ID:xv4aHdaa0
ラノベを馬鹿にする心理って嫉妬だろうね
実際才能と努力がないと無理だから

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:16:16.73 ID:wqeierNm0
腐女子も声優になりたがってる奴多いよな

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:17:37.44 ID:95FkPek60
声優もアニメ仕事だけじゃなくて
一般のナレーションもできるようなやつの方が
よさそう

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:17:42.88 ID:3auMi2Gv0
>>31
多いな
逆に声優になりたがるキモオタってあんまり見ない気がする

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:18:38.69 ID:prxfKmNl0
>>30はまさにこのスレタイに該当する人物
そして挫折したに違いない
ちょっとその道かじると苦労が分かるから批判したくなくなるんだろ

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:20:36.65 ID:O7Wx9q120
実際ニートがラノベ作家になった例はあるの?

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:21:49.37 ID:aDc3fiez0
まぁ書きゃあ良いっつーもんでもないしな

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:22:06.63 ID:kiyV6PoF0
実際問題、センスがあるならニートの方がチャンスはあると思うけどな
社会人とかより書ける時間が多く取れるから、真面目にやれば文章力が上達するペースは速い

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:25:08.63 ID:CWYGbHES0
SAOって元はネット小説だったんだろ?
作者は元は素人だったの?
それともプロがネットで書いただけ?

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:27:19.41 ID:aDc3fiez0
>>37
そんな一つの事に真面目に取り組める奴がニートなのかよ

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:27:24.73 ID:KtGB3rgT0
全てを失ったニートが夢見る一発逆転の最後の希望なんだ…ほっといてくれ…

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:28:29.96 ID:KtGB3rgT0
芥川賞の人で、ひたすらニートしながら小説書いてた人いたよね

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:28:30.35 ID:kiyV6PoF0
>>39
ニートでも好きなことならガンガンやるだろ
書くのが楽しいって人じゃないとそもそも作家なんて無理

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:28:57.09 ID:VjaONn7nP
でも一本書き上げろと言われて書けるのはニートでもほんの一握りだろ
お前らも中高生の頃妄想をノートに書き綴ってただろうけどきっちり物語に出来なかったろ?

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:30:35.18 ID:T4l/RsDbO
SS書いてる連中は一応ちゃんと完結させてるしあれ応募したら良いんじゃね?

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:31:19.36 ID:CWYGbHES0
まぁ夢を見ることは良いことだ。
多くの人もこういうが、思うに、そのほとんどは本音では馬鹿にしている気がするので、公言しないのが吉だな。
また、成功率が低いんだから失敗した場合のケアは必要だ。
ようは、仕事しながら余暇で目指せ。

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:31:50.23 ID:Ras5NihH0
>>44
応募しても駄目だと思うよ
むしろネット上で公開してみんなに読んでもらった方がいい
そういう意味ではスレに晒すだけとか次につながりにくいから辞めた方がいいと思うんだよな

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:31:52.91 ID:KtGB3rgT0
>>44
SSでもたまにめっちゃ上手い人もいるよな

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:32:32.71 ID:95FkPek60
いまならamazonで出版とかできるから
やるだけやってみたらいいかもな

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:34:05.78 ID:CWYGbHES0
名前「セリフ」

というのじゃない、地の文があったりするタイプのSSって滅多に見ないが

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:34:50.82 ID:prxfKmNl0
この界隈でSSって銘打ってるやつSSじゃないから

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:36:30.45 ID:766SdWX+0
ニートが憧れる(自称する)3大職業
・作家
・声優
・不労所得者

最後のは職業って言うにはちょっとアレだが

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:37:16.33 ID:CWYGbHES0
不労所得って元手何円あったらできるんだろうな

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:37:22.78 ID:KtGB3rgT0
てか、作家目指すってことは一応就活だから、その時点でもうニートじゃなくね?





と言う詭弁

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:37:28.39 ID:kiyV6PoF0
>>44
SSは行間開けてるから1スレ分まとめても大した分量じゃない

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:40:17.41 ID:766SdWX+0
不労所得者って一括りにしたけど
要は自称パチだけテクっていけるしwとか言うパチプロとか
FXでウン千万儲けてるから働かなくていいしwとかいってる連中

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:41:00.43 ID:O7Wx9q120
>>41
確か一回も働いた事ないと言ってたな

可能性はないわけじゃないんだな
ただ作家になるまで長い時間がかかりそうだ…

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:42:17.89 ID:UYVMOJ1u0
http://i.imgur.com/h4mxx.png
このスレ順には悪意を感じます

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:42:23.67 ID:ktwxj9QF0
ほぼ地の文だけでSS書いたら全力でスルーされたし
まぁ内容が問題と言うのもあるが

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:42:47.97 ID:CWYGbHES0
>>55 それも不労所得に入るのか。てっきりビル貸しとかかとオモタ

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:43:00.37 ID:VmH9vEGeO
>>51
医学部再受験も多い気がする

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:43:27.37 ID:766SdWX+0
趣味で仕事のストレス発散兼ねて、FF11のエロSS書いてた時期あったな
でも流石にああうのでカネ稼ごうとか思うやつの気が試練

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:43:38.84 ID:prxfKmNl0
昨今のラノベ購読者はセリフの文しか読まない
だから地の文も1人称で、セリフの延長にしないと読んでもらえない

みたいな話きいた

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:44:43.02 ID:ktwxj9QF0
詩人か、高等遊民か、でなければ何にもなりたくない

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:44:49.26 ID:SN6k1IZz0
>>61
エロSSうp

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:45:26.07 ID:MaAeeAql0
めんどくさがりは小説家向いてるんだってよ

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:45:57.25 ID:CWYGbHES0
>>62 もしそれが本当なら
名前「セリフ」
形式のラノベが量産され始める日も近いのか……

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:48:02.73 ID:qAJXznYG0
>>24
推理小説ぅ〜?
それくらい書けるわー!→第一回メフィスト賞受賞
モノが違う

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:48:34.76 ID:WYpweMcN0
何も勉強せず書ける文芸ジャンルが
昔私小説今ラノベ

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:51:14.62 ID:766SdWX+0
>>64
ミスまん保管庫ってとこに何個か保管されてる

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:52:32.77 ID:YnBgcotD0
>>62
まおゆうか

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:52:34.90 ID:BLbmtPO60
ニートだと資料と想像だけで全部書かないといけないから
普通に書くより難しそう
でも人物とかはネットの知り合いとか元にしたらいけるか

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:52:44.05 ID:d8qDI0EW0
>>67
それでいて、全てがFになるはそのままゲーム化されてんのに改変なく使われてる事なんだよな…

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:54:00.83 ID:CWYGbHES0
>>71 確かに、平凡な高校生とか大学生とか書けないわ。

そこでファンタジーですよ

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:54:14.58 ID:BLbmtPO60
ラノベ作家目指して書き始めたら
ニートから無職にランクアップできるね!

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:55:58.11 ID:uZPtLMNq0
PCさえあれば創作活動できるから

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:57:00.45 ID:d8qDI0EW0
>>73
ゼロから想像するわけにもいかんだろう
たまに張られる専門用語ばかりのFFのコピペがあるが、
ああいうのを全部自分で考えて、尚且つそれを自然に文章に取り入れないといけない

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:57:03.11 ID:KtGB3rgT0
藤子不二雄か誰かの言葉で「僕は落ちこぼれの描いた漫画こそ読んでみたい」ってなかった?
あの言葉は泣けた…

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:57:24.23 ID:BLbmtPO60
壁に血で文字を書けばPC無くてもいける!

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:58:45.51 ID:CWYGbHES0
>>76 "ああいうの"を考えるのが好きなんだけどな、個人的には。むしろそういうの考えるのが好きじゃない人はラノベ目指す意味はないかと

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:00:07.88 ID:MaAeeAql0
>>77
俺も泣いた
ガセって知ってもっと泣いた

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:00:31.35 ID:XPayjOBu0
お前らも中二ノートほじって捻り出せばこれくらい出来るだろ


・日本で1,2位を争う魔法名家の生まれ
・骨折や出血多量の致命傷を負っても一瞬で再生できる能力と
一人で戦艦を一瞬で消滅させる、世界に殆どいない戦術級の能力の持ち主
・そのせいで普通の魔法を使うのに少し手こずる
・普通の魔法が苦手なだけで実戦は負け知らず、小さい頃から軍隊に所属して働き
忍者の師匠が居て格闘術も最強クラス
・学校の成績はトップクラスで見ただけで相手が魔法を発動する前になんの魔法かわかる
・魔法発動前に、術式がわかるから、発動前なら魔法消去できる
・研究が大好きで、学生なのに魔法史を覆し、名前が後世に残るような大発見を何度もしている
・幼い時に改造された人間魔法兵器で、最強になったが精神が破壊された
・親の会社(魔法アイテムメーカー)で研究してて、利益に多大な貢献
・戦闘力・研究成果ともに世界トップクラスなのに、それを隠して高校に通ってる
・主人公固有のTNT換算20メガトンの戦略級攻撃魔法で敵の軍港を近隣都市ごと吹き飛ばす
・分解や再生に関する魔法なら何でも使える
・それ以外の魔法は魔法式を構築するのに時間がかかりすぎて実践では使い物にならない
・しかし魔法式を丸ごと脳に植えつけることによりむしろ常人より早く魔法を使える
・↑は四葉家の秘匿技術なので世間にバレてはいけない
・物体を原子単位で分解→E=mc^2で、質量をエネルギーにできる。
・物体を原子単位で復元→肉体も物体も再構成可能。発動体が壊れても、これで復元。
・さらに、天才の主人公にしか使えない擬似魔法により、たいていの魔法は再現可能。
・ちなみに兄は戦略級魔法師で妹が戦術級な
兄の通り名は「破壊神(ザ・デストロイ)」
特殊な「眼」により隠れている敵をすぐに見つけ出したり見えない攻撃を察知することができる
「眼」を誤魔化すことができるのは「この世に存在しないモノ」のみ
・妹のキスで、魔法の制限が解除される

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:02:40.93 ID:VEFssWH60
>>77
それは、「落ちこぼれが全身全霊を掛けて描いた漫画」ってことで
「落ちこぼれが適当に描いた漫画」じゃないんだけどね

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:02:59.04 ID:d8qDI0EW0
>>79
誰だって空想は好きだし楽しいもんだよ
ただ、発表となると個人的な楽しみとは世界が違う。人に伝える才能と努力が要る

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:03:54.49 ID:O7Wx9q120
>>79
その“ああいうの”をあれこれ考え過ぎて
説明に必死になるあまり文書がただずべり。
なんてパターンがたまにあるよね。
そうなると読む方は苦痛しか感じない

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:04:28.06 ID:BLbmtPO60
>>81
俺の中二時代は設定厨だから主人公の情報は少ない!

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:04:44.22 ID:prxfKmNl0
筆が妄想に追いつかないパターン

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:05:10.66 ID:vVMoxksY0
>>81
意外と練ってあってワロタ

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:05:26.32 ID:CWYGbHES0
>>83 >>71状態との比較として言ってるだけなんだがなぁ。
伝える能力が根本的に劣るというのなら、ラノベに限らず何やってもダメだ

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:05:53.66 ID:95FkPek60
戦争とか描こうとすると
嘘の戦争でも説明大変だもんな
皇国の守護者とか
その辺をハッタリとかファンタジーでぼかして
勢いとキャラの魅力で読ませる能力がラノベにはいるんだろうな

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:06:00.50 ID:YnBgcotD0
>>87
既存ラノベのコピペ

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:06:42.39 ID:d8qDI0EW0
>>88
うん、知ってて言ってる
比較してファンタジーの方が、というのは肯定できないから

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:06:44.28 ID:XPayjOBu0
>>87
既製品の設定コピペなんだぜ。真に受けるなよ

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:07:13.33 ID:vVMoxksY0
>>90
これ物語破綻しない?

どうやったって主人公がパッパラパーで終わるんだが

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:08:45.77 ID:CWYGbHES0
>>91 お前はニートと一般人の比較をしてないか? 俺はニートが現代劇を描くかファンタジーを描くかの比較をしてる

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:09:23.82 ID:d8qDI0EW0
>>89
現実の歴史小説でも、たまに解説のせいで文章がダレる事あるんだよなあ
宮城谷昌光なんかはその辺ほとんどしないからいいが
海音寺潮五郎は酷い。もうお前その解説だけ最後のページで「※」付けてまとめてくれってレベル

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:09:46.53 ID:prxfKmNl0
説明しよう!

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:10:02.84 ID:BLbmtPO60
やめてくれ!

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:10:05.04 ID:Ras5NihH0
>>94
それもそうだしファンタジーをどういうものだと思っているかもお互い違ってそう

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:11:55.10 ID:d8qDI0EW0
>>94
誰が、でも大差ないよ
ニートだろうが一般人だろうが>>76の問題がある

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:12:25.06 ID:95FkPek60
>>95
漫画は絵でそういうのを説明できる場合もあるから
なかなか良くできたフォーマットだと思う

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:12:43.28 ID:CWYGbHES0
リアル  一般人  ニート
 ・      ・      ・









        ファンタジー
           ・

こんな感じで、ニートは一般人と比較してリアルから離れてるが
ファンタジーと離れてるのはお互い様だからなぁ

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:13:25.03 ID:BLbmtPO60
ファンタジーというと別の世界と価値観を描くイメージ
説得力を出すのが難しそう

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:14:00.34 ID:CWYGbHES0
>>99 うんだから、そういう能力がニートは劣るってんならニートは何やってもダメだね。
で、同じニートが現代劇とファンタジーやるの、どっちがマシなのかって話なんだけど

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:14:40.34 ID:95FkPek60
ファンタジーにリアリティをもたらすのは
現実の体験だったりするよな

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:14:54.22 ID:jkUl4NtM0
VIPのSSを出版社に送りつければいいんだろ?
俺でもできる

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:14:59.17 ID:d8qDI0EW0
>>101
半分同意権だわ
リアルってニートにないわけじゃない。何より自伝書くわけじゃないんだから
何よりそういう言い方するんなら問題になるのはニートじゃなくて引き篭もりだろ

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:15:40.43 ID:Ras5NihH0
>>101
そう
こういう風にファンタジーを位置づけることもできるし
実はファンタジーと言えどもメタファーとして現実を描いているだけなので
むしろ社会構造に詳しくないと書けないから非ファンタジーより難しいという考えもある

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:15:40.94 ID:WYpweMcN0
ファンタジーつっても上橋菜穂子の異世界冒険ファンタジーから池澤夏樹のマジックリアリズムから澁澤龍彦の幻想文学までピンキリだからな

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:16:09.78 ID:bkbP2mC50
ニートがラノベ作家目指すんじゃなくてラノベ作家にニートが多いんじゃね

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:16:34.94 ID:64kkSHv2O
誰かチョーク食べるコピペ貼ってやれ

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:16:38.68 ID:prxfKmNl0
ニートが「これファンタジー以外じゃありえんだろwww」
って思ってることがリアルでありえることだったりして

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:16:55.91 ID:d8qDI0EW0
>>103
第三者がどっちがマシ、と言える根拠は誰にもないよ。そんなの書き手次第だ

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:17:53.29 ID:CWYGbHES0
>>107 リアルのメタファーとしてのファンタジーとそうじゃないファンタジーってあるんじゃない?
個人的には前者好きだけど。

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:18:03.75 ID:qFwARP9B0
昔っからダメ人間は作務衣着て作家目指すとか言ってたもんよ

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:18:47.73 ID:CWYGbHES0
>>112 お前さっきから難癖つけたいだけだろ。んなこと言ったらお前の発言も全部意味なくなるぞ。

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:19:38.48 ID:DIv5wgzhO
ニートは頭悪いしつまらないことしか言えないから創作活動とか無理

VIP見ててもニート
特におっさんのレスがいかにつまらなく下品で下らないかわかるだろ?

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:20:14.14 ID:d8qDI0EW0
>>108
封神演技みたいに史実を元にしたファンタジーもあるし、
その元ネタを使った小説もあるが、これも史実に沿った一種の創作だからなあ

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:21:15.60 ID:qFwARP9B0
ファンタジーはありえない話じゃないぞ
それはつくり話だ
ファンタジーはありえそうな話

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:21:39.38 ID:rqg0KJj90
>>81
厨二すぎワロタwwwww
ラノベってこんなレベルの設定なの?

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:21:39.66 ID:DIv5wgzhO
実際ニートや無職の小説書いてる奴も実績ある作家で労働者だからね

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:21:48.07 ID:d8qDI0EW0
>>115
前の発言は否定しないよ。でも>>112も一つの意見だが、それについては?
お前さんの意見に関してはこっちの方が根本的じゃね?

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:21:51.90 ID:CWYGbHES0
つくり話をファンタジーと呼んでも良いと思うが

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:22:24.39 ID:WYpweMcN0
>>117
現役作家で言うと酒見賢一とか佐藤亜紀とかだな
そういやどっちも日本ファンタジーノベル大賞とってるな

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:22:55.83 ID:48DZ5wOH0
大体作家なんて食えるのは一握りだからニートが目指すもんじゃないんだけどな
ちゃんと他に食える仕事やりながらも創作したくてたまらん人が時間を見つけてやるもの

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:23:11.55 ID:rqg0KJj90
昔の私小説家なんてニートと似たようなもんだろ?

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:23:39.12 ID:CWYGbHES0
>>121 俺としては成功率、、もっと具体的に言えば、出版に至る確率などを念頭に入れてたが。

で、お前はさっきからどうしても俺を論破したくて仕方ないみたいな雰囲気を感じるんだが、
何か気に障ることでもあった?

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:24:13.51 ID:PQfFJBbe0
何千何万という作品の中から選ばれてデビューした作品が大抵はゴミ屑
みたいな出来なのはある意味凄いことだよな

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:24:29.46 ID:DIv5wgzhO
>>125
ちゃんと小説で食ってるんだからニートとはミジンコとティラノザウルスくらい違う

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:24:51.53 ID:95FkPek60
>>125
いわゆる書生さんって
今の高学歴ニートが社会に柔らかく受け止められてる状態に見えるな
書生っぽって言葉もあるから
反感がなかったわけじゃないと思うけど

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:25:14.63 ID:O7Wx9q120
ファンタジーにしろ現代劇にしろ、
物語って結局、人対人なんだよね

人間関係や些細な感情の表現、
読者に共感してもらえる「こういう人間いるよねって人」
そういうのを書く場合コミュニケーションが少ない
ニートは圧倒的不利だよね。

そういう点ではファンタジーを書いて
世界観で魅せるしか方法もないかもね。
その世界観も読者に共感してもらえるものじゃないといけないだろうけど、

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:25:57.79 ID:ivVIAndvO
きもいから

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:26:36.19 ID:sa0Jpvdf0
まぁ、食っていけるようなラノベっていう商品つくれればニート脱却できるんじゃね?
商品にならないからニートなんだろ

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:26:44.00 ID:ErUZxxK50
>>4
あと「俺もボーカルなら出来る」も

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:26:51.01 ID:DIv5wgzhO
VIPのSSとか自分語りスレ見ても

リアリティが全然足りないから書いてる奴がニートだとかリアル風ホラ話だとかはすぐわかる

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:27:45.50 ID:IZY3aHUM0
そんだけラノベ書きがナメられてんだろ

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:28:19.55 ID:txhxR86L0
ゲームクリエイター     → プログラミングの勉強とかしたくない
漫画家アニメーターイラレ → 絵描く練習とかしたくない
ラノベ作家           → 文章なら書けるわwww
声優               → 声なら出せるわwww

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:28:38.18 ID:48DZ5wOH0
世界観こそ人生経験要りそうだけどな
ニートの作る世界なんてそれこそ既存作の劣化コピーにしかならんのと違うか

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:29:05.33 ID:DIv5wgzhO
>>130
そうそう

あとニートは文章もヘタだしセリフ回しとかもキモいしな

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:29:59.04 ID:eO+2KBoa0
どうせドブに捨てる人生なんだから短期バイトで色んな世界みれば捗る

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:30:13.72 ID:+Ay6x0ZR0
>>136
実は文章もかなりの技術がいるんだけどな。
新卒学生でまともに意味が通る文が書ける奴がほとんどいないらしい。

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:30:22.77 ID:ErUZxxK50
>>60
入ってからが大変なんだぞバカヤローと言いたい

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:30:23.53 ID:CWYGbHES0
>>134 一応言っておくが、全部をクロ認定するのは、判別できる事とは違うからな

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:32:42.20 ID:DIv5wgzhO
>>142
ニートの浅知恵なんて普通の人間なら誰でも見破れるってのwwwwwwwwwwww

騙されてんのは同じニートだけだバカwwwwwwwwwwww

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:32:49.00 ID:3auMi2Gv0
要するに現実逃避

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:34:29.49 ID:rMft47uT0
>>132
商品にならなくても作ってたらニートじゃない!

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:34:43.02 ID:DIv5wgzhO
あとニートは鼻にかかったキモ声だから声優も絶対無理wwwwwwwwwwww

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:34:44.77 ID:rqg0KJj90
結局は才能の問題だな
ニートでも天才なら面白い文章が書ける

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:35:11.88 ID:CWYGbHES0
>>143 答え合わせのしようがないから自分の判別が正しいかどうかわからんわ

自分が正しいと思い込むことなんてそれこそニートでもないとできないな

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:35:56.18 ID:DIv5wgzhO
>>147
ニートに天才などいない

全員漏れなく平均以下の能無し

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:36:12.56 ID:VmH9vEGeO
これほど「俺にも出来そう」と思わせるものは他になかなか無いだろうな

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:36:31.59 ID:5caYp8O60
おおよそ日中パソコンの前にいて、その状態から抜け出したいけれど
抜け出すのが億劫で怖い。

そういうわけで現状の、そのパソコンの前に座っている状態から文字通りまったく一歩も動くこと無く
始められて、尚且つ現実から逃避しつつ、大逆転を夢想する最良の手段の一つとしてのラノベ作家。

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:36:50.37 ID:95FkPek60
高卒で少年漫画描いてるような人は
社会経験が乏しくて実質ニートみたいなもんで
青年漫画に移行できないとかいうね

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:36:57.41 ID:ktwxj9QF0
>>134
逆じゃね?
リアリティーがあるのは作り話だろ
実際にあったことはリアリティーがない
語り手が、現実を担保にしているから、説明や描写が必要ない
作り話なら、変な行動原理で動く人がいたら
その理由を考えなきゃならないけど
現実に見たのであれば、変な人がいたで終わる
そもそも、語り手が純粋な客観性を獲得できない以上は
信頼できない語り手にならざるを得ない
おかしなことでも、それが当たり前として育っていれば認識も歪んでいる
それを二重底としてちゃんと底が見えるようにするには
語り手の認識全てを共有できなければ無理だろ
二重底を二重底として読者が認められるのは作り話だから

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:38:02.90 ID:DIv5wgzhO
>>148
自分で判断出来ず解答集がないと何も理解出来ないあたりがニートだなお前wwwwwwwwwwww

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:38:23.29 ID:CWYGbHES0
てめぇそんな詳細情報覚えてっこねぇだろっていう自分語りはあるよな。
そいつの記憶力次第だから断言はできんが

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:39:11.42 ID:sa0Jpvdf0
>>152
会社員やったことないからな

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:39:16.25 ID:rqg0KJj90
>>149
社会不適合だけどある部分で特化してる故にニートってやつも中にはいる

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:39:36.77 ID:bPZIdRsz0
>>152
会社勤めしたことない奴が、会社で仕事をするというありきたりな姿を描けないということか?

まあ俺のことなんだけど…

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:39:39.11 ID:CWYGbHES0
>>154 悪いが、当てずっぽうゴリ押しは自己判断とは言わないんだわ。夢から覚めような

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:40:21.88 ID:DIv5wgzhO
>>153
客観性を獲得できないとか説明がないのは書いてる奴がバカなニートだから

あとリアリティの材料てのは必ずしも自分が主体じゃないからな?

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:40:40.08 ID:+Ay6x0ZR0
>>153
読みにくい文だな

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:42:19.05 ID:DIv5wgzhO
>>157
いないいない

ニートの能力はオールGだから人間様より優れた点は何一つない

すべてが平均以下の粗大ゴミ

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:43:44.54 ID:rqg0KJj90
実際、作家は昔からニート多いよ
いわゆる高等遊民で現代のニートとはちょっと違うかもしれないけど

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:44:01.17 ID:95FkPek60
まれに東大京大でてニートとかいるけどな
つうかどんだけニート煽りたいんだよw

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:44:23.74 ID:DIv5wgzhO
>>159
夢見てんのはお前だよゴミニート

社会経験がないからわからないんだな

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:44:43.48 ID:O7Wx9q120
>>81を見てると最近のラノベってひどいなぁ…
学生の時はブギーポップシリーズを読んでいたが、
まぁ似たようなもんかもな
あれは世界観というか儚さが好きだった


同じラノベでもアルスラーン戦記は今でも好きだ。
ファンタジーでもリアルに感じるんだよな(前半は)
あれはしっかり古代ペルシャの研究とかしてるからなんだろうな

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:45:38.03 ID:VmH9vEGeO
芥川賞?もらっといてやるよ

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:46:41.79 ID:DIv5wgzhO
>>164
100万歩譲った東大京大ニートがいたとしても


お前自身は何の価値もない日本のゴミだってこと自覚しとけ

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:47:51.79 ID:prxfKmNl0
スレイヤーズとかスクラップド・プリンセスとか読んでた俺には
昨今のラノベはなんか違う気がしてならない

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:47:54.80 ID:95FkPek60
勝手に人をニートにすんなよw

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:47:58.92 ID:WJbCUO0/P
藤子・F・不二雄『よく「漫画家になりたいなら漫画以外の遊びや恋愛に興じろ」だとか
「人並の人生経験に乏しい人は物書きには向いていない」だとか言われますが、
私の持っている漫画観は全く逆です。
人はゼロからストーリーを作ろうとする時に「思い出の冷蔵庫」を開けてしまう。
自分が人生で経験して、「冷蔵保存」しているものを漫画として消化しようとするのです。
それを由(よし)とする人もいますが、私はそれを創造行為の終着駅だと考えています。
家の冷蔵庫を開けてご覧なさい。ロブスターがありますか?多種多様なハーブ類がありますか?
近所のスーパーで買ってきた肉、野菜、チーズ、牛乳・・・
どの家の冷蔵庫も然して変わりません。
多くの『人並に人生を送った漫画家達』は
「でも、折角あるんだし勿体無い・・・」とそれらの食材で賄おうします。
思い出を引っ張り出して出来上がった料理は大抵がありふれた学校生活を舞台にした料理です。
しかし、退屈で鬱積した人生を送ってきた漫画家は違う。
人生経験自体が希薄で記憶を掘り出してもネタが無い。思い出の冷蔵庫に何も入ってない。
必然的に他所から食材を仕入れてくる羽目になる。
漫画制作でいうなら「資料収集/取材」ですね。
全てはそこから始まる。
その気になればロブスターどころじゃなく、世界各国を回って食材を仕入れる事も出来る。
つまり、漫画を体験ではなく緻密な取材に基づいて描こうとする。
ここから可能性は無限に広がるのです。私はそういう人が描いた漫画を支持したい。
卒なくこなす「人間優等生」よりも、殻に閉じこもってる落ちこぼれの漫画を読みたい。』

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:48:01.51 ID:Nc92ujFZO
ニートなんてのは死ねばいいと思うよ

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:48:20.06 ID:+Ay6x0ZR0
>>162
能力不足でニートやってるんじゃなくて、
会社や学校の集団生活に馴染めなくてニートやってる奴も結構いるんだけどな。
まあ親の金でニートしてる奴がクズなことは変わりないけどな。

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:50:39.67 ID:DIv5wgzhO
>>171
経験や知識や知能のない人間が取材なんか出来ると思ってんのかバカニートwwwwwwwwwwww

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:50:53.88 ID:ktwxj9QF0
>>160
だから、認識によって歪んでるって書いてるじゃん
語り手は現実を切り取って部分しか見ていないし
それは読者も同じこと
純粋な客観性なんてあり得ないだろう
そんなもの信じてる奴は馬鹿だぞ
知りえる情報、認識できる世界に限度があるんだから
読み手の認識も歪んでいると言わざるを得ない

主体がどうこうじゃないんだよ
そう”見える”、そう”見えた”という事しか語り手には語れないんだよ

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:51:56.89 ID:prxfKmNl0
そいつ触っちゃだめだよ、嘘も見抜けない能無しだよ

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:52:26.14 ID:WJbCUO0/P
>>174
社会の落ちこぼれだからこそ当たり前のことを調べられるんだよ

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:54:05.96 ID:WJbCUO0/P
読み手が感じるリアルってのは共感のことであって必ずしもそこに客観性があったり科学的であることは必要とされない

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:54:57.47 ID:qFwARP9B0
漫画制作でいうなら「資料収集/取材」ですね。
全てはそこから始まる。

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:55:04.66 ID:DIv5wgzhO
>>175
お前中学生の国語のドリルからやり直した方がいいよ


日本語もまとめに理解出来ないからお前いつまでも無職なんだよ

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:55:22.06 ID:bDxoP/u60
むしろ毎日読書して映画見て、たまには旅行に出かけててってしなきゃいけないから
ニートじゃないとできない仕事だと思うけどな

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:55:31.03 ID:5Ly6P3DS0
>>166
後半は妖魔軍が暴れだすからそれを許容できない人はそう感じるんだろうな。
あと間が開きすぎたことによる前半とのストーリーと文章の温度差に違和感を感じて物語りに没入できなくなったのかもしれないな。

ヒルメス編はワクワクするけどね

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:57:37.14 ID:DIv5wgzhO
>>177
ないな

調べ方や資料の整理の仕方、計画性

普通の人間であれば人生の中で学んでいくものが何一つまともに訓練されてないのがニート

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:58:55.27 ID:DIv5wgzhO
>>181
ゲームしてアニメ違法試聴して漫画読んで2ちゃんして寝るだけなのがニートだから無理だな

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:00:39.36 ID:48DZ5wOH0
>>171
これソースないよ、ググっても一次ソース出ない
俺Fオタで作品はもちろんインタビューとかも全部とは言わないけど結構目を通してるけど見たことない

大体、冷蔵庫に食材があるかどうかと特殊な食材を仕入れるかどうかに因果関係がないじゃん
こんな頭悪い例えF神がするはずねえ

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:01:01.53 ID:WJbCUO0/P
>>183
情報自体に目的があるわけじゃないしプレゼンするわけでもないから
調べ方を学ぶ必要なんてないじゃないか
知りたいことを知るのに高度な訓練なんて必要ない

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:02:14.97 ID:WJbCUO0/P
>>185
知ってる

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:02:36.94 ID:+Ay6x0ZR0
>>184
いやいやwそれはここだけだからw
学校なんて行ってる暇ないって言って学校行かずに漫画描きまくって
持ち込みして雑誌に掲載されたニートを知ってるよ。
ニートってだけで杓子定規でクズって当てはめるのはちょっと短絡的かな。
会社や学校に行かずに打ち込みたいことがあるからニートしてる奴もいる。

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:03:14.58 ID:WJbCUO0/P
>>188
それニートじゃなくて無職

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:04:01.58 ID:prxfKmNl0
>>187
それに噛み付いてる奴がいるんですわ

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:04:17.25 ID:48DZ5wOH0
>>187
知ってんならどや顔で持ってくんじゃねえよ、こんなどっかの馬鹿が言い訳するために作ったようなコピペ
F先生の墓参りしに旅行いったレベルのオタクとしては腹立つんだよ

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:04:56.78 ID:O7Wx9q120
>>182
後半も嫌いじゃないんだけどね〜
早く続き出して欲しい

前半は人対人の争いで面白かったけど、
後半は妖魔とか出過ぎて、
もう魔法とか伝説の武器とかで解決するしかない感じが少し残念に感じる。

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:05:04.41 ID:/G9Ga3cJ0
ぼくはまっすぐに、わき目もふらずにライトノベルコーナーに向かいます。
そこには様々なライトノベルで溢れています。隅っこに”ゼロの使い魔”を発見!困ったことに、棚にさされています。危険信号!
本はおおよその場合”ひらづみ”でないと売れないのです。直立不動で待ち続けます。そうこうするうちにお客さんがやってきます。
そこでいよいよ”販促”の開始です!本をパラパラとめくるお客さんに聞こえるか聞こえないかの声で、小さく呟きます。 「ゼロ」
するとお客さんは、怪訝な顔で僕を見つめます。食いついてきました!そこですかさず、再び呟くのです。
「の使い魔」
僕は棚にさされたゼロの使い魔を取り出し、お客さんの前に突き出します!
「はい?」
「女の子。可愛い。犬。魔法」
そんな素敵ワードをサブリミナルのように呟きながら、ぐっとお客さんの手に”ゼロの使い魔”を握らせます。
「な、なんですか?」
「いいから」
「よくないですよ。なんですかこれ」
「ゼロの使い魔」
「いやタイトル聞いてるわけじゃなくて」
「ルイズちゃん」
「何それ」
「出てくるから」
「だから・・・・・・」
「ルイズちゃん」
「あのね?」

「ル  イ  ズ  ち  ゃ  ん」

このような地道な努力が実を結び、ゼロは125万部を突破しました。他の作家さんに真似されたら大変なので、あまり公にはできませんが・・・・・・。

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:05:43.64 ID:ktwxj9QF0
>>180
当たり前だけど、知らないことは知り得ないんだよ
語り手から見れば意味不明な行動をとる人がいたとして
実はそこに深い理由があっても、それを語り手は知りえない
だから、説明することが”できない”
ただ、そういう行動をした、それを語り手が見たという現実があるだけ

で、読者の方も知らないことは知り得ないから
それに類する経験をしたことがある読者からみればそういうものだと映るが
そうでない読者からすれば、件の変な行動をとった人間の行動原理が意味不明な支離滅裂なものに映る

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:09:02.21 ID:5Ly6P3DS0
>>192
確か次がラストだろ?前半7巻、後半7巻の構想を変えてなければだけど。
アルスラーンが殉死するのはもう決定稿だろうからさっさと終わらせてくれとは思うね

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:11:43.15 ID:WJbCUO0/P
>>191
創作に必要な情報の手掛かりを自分の中
つまり過去の記憶から探してくるか
あるいは自分の外
つまり世界から探してくるかの違いの話なんだから言い訳だなんだというのは違うと思うけどね
実際Fは世界中駆けずり回ってネタを探してきたじゃないか

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:12:35.56 ID:O7Wx9q120
>>195
し…死ぬとか聞いてないぞ!

そっか〜終わるなら早く出してくれよ
何年待たせるんだよ、まったく…

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:14:45.54 ID:O7Wx9q120
>>184
お前…ニートに親でも殺されたのか?

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:16:11.91 ID:48DZ5wOH0
>>196
何言ってんだ
冷蔵庫に食材があっても作りたい料理の材料がなきゃ結局探しに行くだろ
今ある食材で特に使いたいものがなければ探しに行くだろ
F先生もそうしてきたはず

それを
>多くの『人並に人生を送った漫画家達』は
>「でも、折角あるんだし勿体無い・・・」とそれらの食材で賄おうします。
こんな乱暴な理論で短絡的に決めつけるなんて馬鹿だろ
だから嫌いなんだそのニセコピペ

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:16:14.02 ID:95FkPek60
>>198
多分仕事が辛くてたまらない昼休み中の人だ

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:18:10.96 ID:5Ly6P3DS0
>>197
12か13巻で、ナルサスがアルスラーンの後姿を見て、何かは明確にされてないけど予感めいたモノを覚えるシーンが
あったから死ぬと思う。

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:20:49.43 ID:Ok57i9ZI0
自分より下のものを見つけて口汚く貶す事でしか
己の存在価値を見出せない可哀想な人

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:20:53.95 ID:bDxoP/u60
まあ、2chに入り浸るやつは作家にはなれないだろうな
ワナビスレの住人とか

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:21:51.69 ID:3auMi2Gv0
何喧嘩してんのお前らww

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:23:11.67 ID:WJbCUO0/P
>>199
主張の主眼は創作をする上で人並みの人生を送る必要はないということなんだし
実際食材探しにいかないエッセイマンガが増えてる現状を考えるとあながち的外れとも思えないよ

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:25:12.92 ID:95FkPek60
>>203
新都社のやつらとか普通にデビューしてなかったっけ

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:26:56.75 ID:Ras5NihH0
食い違った議論のいいサンプル

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:29:39.92 ID:rqg0KJj90
まあ、ニートでも何でも作品が面白けりゃそれでいい
東大卒の弁護士が書いたとしてもつまらなきゃ意味が無い

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:35:15.71 ID:48DZ5wOH0
>>205
私小説なんて大昔からあるわ

ただまああれだ、思ったけど、
女とろくに会話したこともないヤツじゃないとハーレムものは作れないって話か?
そういう意味ならまあいいや、そりゃそうかもなって思うよ

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:37:29.54 ID:FVrEikUU0
お前らラノベ作家馬鹿にするけどさ
舐めすぎ
お前じゃなれねえよ

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:37:32.93 ID:31YTJzoU0
>>8
少なくとも伸びるSS書けなきゃダメだな

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:40:12.57 ID:VpDtZ89m0
ダウンタウン松本も根暗な奴の方が大体面白いと言ってる

ただホンマのヒキコモリとかはあかんやろけどな、とも言ってるけど

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:40:23.01 ID:WJbCUO0/P
>>211
SSで伸びるって突っ込みどころが多過ぎるか物凄く痛いか荒らしに纏わり付かれないと無理じゃないかな
出来のいいものを淡々と投下していくと殆ど反応が得られないケースもあるし

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:41:17.68 ID:+qBiNYRSO
今はラノベのが漫画家より難しいと言われているからなあ
漫画家はある程度読めるレベルだったらとりあえず声を書けてくれるらしいからな
まあラノベや漫画家目指すよりプログラマーのがいいとおもうけどね

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:44:04.04 ID:QrdxR3rW0
話考えるだけなら俺でも出来るとか思ってしまうんだろ

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:45:20.85 ID:KGne5ITG0
>>213
面白いのは丸一日保守されてたりするし反応もいいよ

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:45:57.04 ID:txhxR86L0
漫画の市場規模>>>>>ラノベの市場規模なのに
ラノベワナビの数>>漫画ワナビの数みたいな感じだからな
確率で言ったらラノベ作家の方が競争激しそう

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:46:29.17 ID:rqg0KJj90
漫画家やアーティストにも社会不適合者は多いよな
手塚治虫は医学生時代に指導教授から「お前は医者になっても医療ミスするだろうから漫画家になった方がいい」と言われたとか

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:47:24.40 ID:kiyV6PoF0
>>217
漫画は絵が描けて話を作れないといけないからな
ラノベなら話だけでいいから楽とか思っちゃうんだろう

新人賞の一次で8割から9割の応募者が落ちるとも知らずに

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:47:33.26 ID:SCADJCwv0
枝葉ばっかり繁らせて最終的にオチは縦読みで「釣りでした」で終わるんですね

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:48:25.92 ID:KGne5ITG0
新人賞とかはまず文章成立してないのとかもかなり来るらしい

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:52:30.76 ID:48DZ5wOH0
二次落ち作品読んだことあるけど相当無理だった

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:53:47.94 ID:WJbCUO0/P
>>216
長保ちはしてもレス数はさほど伸びないのが多いという意味

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:55:15.42 ID:95FkPek60
>>222
それは二次でも読めたもんじゃないってこと?

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:55:43.71 ID:diP9rK/U0
物語を書くには経験が必要だろ?
いったい何の経験があるのかな?

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:55:49.00 ID:WJbCUO0/P
>>221
そういうのが>>219の言う落ちる8割から9割の大半らしいからね

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:57:49.23 ID:+Ay6x0ZR0
ラノベ書きたいとか言ってる奴は、小難しい設定とかキャラに凝る前に、
本多勝一とかが書いてる文章の書き方系の本を見て、誰が読んでもわかりやすく辻褄が合う文章を書けるようになれ。

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:58:30.32 ID:O7Wx9q120
ラノベ作家志望者で70回落選してる人がいたけど、
それぐらい普通なのかな?

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:59:43.98 ID:ktwxj9QF0
文章は書けば書くほど下手になる
ソースは俺

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 13:59:46.88 ID:Ras5NihH0
>>228
そういう人もいるだろうね
普通かどうかは分からん

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 14:00:00.48 ID:WJbCUO0/P
>>225
火を描くのに必要な手段には
自分の中にある火についての記憶を掘り起こすことと
実際に火を起こしてみることの二通りがあって
経験ってのは前者を指す
後者は取材

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 14:00:44.97 ID:S2c8JK6M0
俺思ったんだけど言っていい?






















こんな糞スレで駄弁っていないでさっさと作品作れよニートどもwww

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 14:01:52.28 ID:kiyV6PoF0
>>228
新人賞は年間10回以上あるだろうから、7年投稿し続けてるって考えたら珍しいってほどではないと思う

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 14:02:22.99 ID:64kkSHv2O
川上未映子のヘヴンが嫌いだ。百瀬やコジマのいかにも小説内人物といったキャラクターがムカつく。小説内人物らしさが気に食わない。
そして、この小説でなによりも憎らしいのがいじめの描写だ。
ちまたの書評によると、この作品のいじめ描写は真に迫るものだとされている。リアリティーがあるらしい。
どこがだよと思う。特にひどいのは冒頭のチョークを食べる下りだ。この本によればチョークには味もにおいもないらしい。
馬鹿を言うんじゃない。断言してやる。川上未映子はチョークを食べたことがない。チョークを食べたことがあればこんな描写にはならないはずだ。
俺はチョークを食べたことがある。こんなことを言うとだいたいの奴はいじめられていたんだと思うだろうがそうじゃない。
チョークを食べるなんて馬鹿げた事態に至ったのは、俺の癖のせいだ。小学校の低学年のころ俺には鉛筆の尻の部分をかじる癖があった。
どういうわけか鉛筆を持つとあの尻の木肌が露出した六角形部分をがじがじとやりたくなるのだ。授業中だろうと構わずに鉛筆に歯をたてその細い木材を唾液でどろどろに濡らした。
もちろん教師には注意された。しかし、怒られたときこそ止めるものの、また俺はすぐにがじがじとやり出す。
そんな不毛なやりとりを繰り返し教師は業を煮やし、鉛筆の尻にチョークの粉をつけるという作に出たのだった。
黒板のチョーク受けには、粉となったチョークがたまっている。白や黄色、赤がまじりあって微妙な色合いを醸し出していた。
俺から取り上げた鉛筆をそこにつける。唾液をまとった鉛筆の尻には面白いほど粉がはりついた。
粉をぬぐうことは許されなかった。きや、たとえ教師の目を盗み、机の下でハンカチで粉をふき取ることができたとしても噛む癖を発動させた瞬間それを見咎められ、またぞろ粉まみれにされる。
こうなると、もうチョークもろとも鉛筆をかじるほかない。意地というのでもないのだろうが、それでも当時の俺は鉛筆をかじった、チョークの味を感じながら。
たしかに俺はチョークを食べ味わったのだ。鉛筆をコーティングしたチョークの粉を口に含んだのだ。だが、あいにくとその味をはっきりとは記憶していない。
とはいえ、このチョーク作戦が功を奏し鉛筆を噛のを辞めたことを考慮すると、チョークはまずかったはずだ。あれだけの執着を退けたのだから無味無臭というわけがない。
だから断言できる。川上未映子は想像だけであの文章を書いたと。チョークなど食べようと思えば簡単に食べれる、なのにその手間を惜しんだ。所詮その程度というわけだ。
だが俺は違う、チョークを食べたことがある。味の記憶はあいまいだが食べたことがあるのは事実。
そして、もうひとつ俺には川上未映子と決定的に違う点がある。俺は行動できる。あいまいな記憶を根拠に彼女を批判するなどというアンフェアだ。
だから俺は行動する。曖昧なことがあるのならはっきりさせればいい。想像で済ませたりはしない。ちゃんと体験してやる。
さてここで問題になってくることがある。チョークの種類だ。コーラがペプシとコカコーラでは味が異なるようにチョークの成分の差が味に影響しないわけがない。
料理だって隠し味ひとつでおいしさが変わる。含有成分のわずかな差異を感じ取れるほど人間の舌は敏感にできている。
そこで俺は中学時代の思い出を引っ張り出してくる。教卓に置かれたチョークの箱を見ながら俺は友人に言った。「はごろもフーズ」と。箱のHAGOROMOの文字からの連想だ。
中学時代に使われていたのは羽衣文具のチョークだった。羽衣文具。この会社をインターネットで検索しててみると、チョークのトップブランドだと記されていた。チョークの全国シェアの70%を占めるというデータもあった。
ほとんどの学校が羽衣文具のチョークを使用していることになる。とするとヘブンで登場したのも羽衣のチョークでまず間違いないだろう。俺は文房具店に行き羽衣文具の白チョークを箱で買った。教卓に置いてあったものと寸分たがわぬなつかしいデザイン。
家に帰り箱を開く。みっしりと詰まった白い円柱のなかから一本をつまみゆっくりと引き抜く。
煙草のような形状だが、指先に伝わる感触は硬い。側面がかたい光沢を放っている。硬質さのわりに軽く、その質感といいラムネを思わせる。噛めば容易に砕けそうだ。
底面部は切りそろえた際の名残なのか、きめの細かな粉をまとっていた。それを払い俺はチョークを丸ごと口に入れた。ひといきに噛む。それは。無味無臭だった。

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 14:03:17.38 ID:AL7aZx8E0
ラノベで成功しても漫画よりも上限は低いのか
最近は漫画でも原作だけしてる奴も多いしそっちの方がいいって場合もあるんじゃないの
報酬は原作と絵どうやって配分されるのか知らないけど

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 14:03:39.44 ID:64kkSHv2O
飯食い終わってもまだやってたから自力で探してきたわ

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 14:03:41.74 ID:LZMbb6kR0
もう一つのスレの方がまともっぽいな

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 14:03:52.92 ID:p//1/Ejq0
>>231
取材でもいいけどね
問題は、本物の火の暖かみを知っているかどうか
写真の火では熱を感じることができない

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 14:04:51.85 ID:3k0qYic8i
>>228
それ毎回違う作品送ってるの?だったら凄いな

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 14:06:13.00 ID:WJbCUO0/P
>>235
上限を言い出せばどちらも青天井だよ

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 14:09:38.30 ID:O7Wx9q120
>>239
んー、たぶん。
知らない人だけどブログ見て密かに応援してる。

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 14:10:32.14 ID:+Ay6x0ZR0
>>237
誘導してよ

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 14:10:53.44 ID:WJbCUO0/P
>>238
エスパー魔美の親父が火炙りに遭う人を描くのに人を焼く必要は無いって言ってたのを思い出した
想像の及ばない範疇を想像で補うことこそ創作の醍醐味だと思うよ
そこに至るまでは実践が必要だけど
自分だけが知っていて他のみんなが知らない事実なんてものがあるのかも疑わしいんだから

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 14:21:22.69 ID:Am6lj2DT0
>>193
これは天才だわ

65 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)