5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

兄「おお、いもうとよ。しんでしまうとはなさけない」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 22:44:07.09 ID:6UGAv9K70
兄「よっしゃあボス倒したぁ!」

妹「もー、ゲームで騒がないでよ子供じゃないんだからさー」

兄「身体は大人、心は子供!」

妹「最悪じゃん」

兄「大人になっても子供の心を忘れないのが大事だと思いまーす」

妹「恥を知るほうが大事だよ」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 22:46:01.98 ID:6UGAv9K70
兄「なにこのイベント。理不尽すぎる」

妹「世の中、そんなもんだよねー」

兄「知ったふうな口をききよる。妹のくせに」

妹「兄貴よりはかしこさが上だからな」

兄「レベルアップしなければ!」

妹「まず経験値を得ないとね」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 22:48:46.37 ID:6UGAv9K70
兄「働こっかなぁ……」

妹「がんばれー」

兄「ダ●マの神殿が現実にもあればなぁ」

妹「ハロ●ワークだね」

兄「遊び人に転職したい」

妹「いや働けよ」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 22:54:14.74 ID:6UGAv9K70
兄「いやいやいや、いいのかい? 働いたら妹ちゃんと会う時間が減っちゃうんだぞ?」

妹「あたしは一向にかまわないけど」

兄「愛しい妹が冷たい!」

妹「気持ち悪い」

兄「ほんとに冷たい!」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 22:56:16.78 ID:6iV5JWLN0
みてるからはよ

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 22:57:40.96 ID:JM8PPNZB0
妹「・・・・・・」

兄「・・・ってあれ・・・?マジで冷たくね・・・?」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:00:17.94 ID:6UGAv9K70
兄「このダンジョン難しすぎる」

妹「池袋駅よりマシでしょ」

兄「そこは梅田地下街じゃないのか」

妹「ひとつの駅なのにあれってのがすごいんじゃん」

兄「いったこともないくせに」

妹「ぐぬぬ」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:05:59.76 ID:6UGAv9K70
兄「現実にも回復呪文があればいいのに」

妹「MPがないじゃん」

兄「現実でMPってなんだろ」

妹「……記憶?」

兄「呪文いらねえわ」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:10:01.84 ID:6iV5JWLN0
ぐぬぬかわいい

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:11:43.97 ID:VfKAqpNz0
支援

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:13:14.10 ID:6UGAv9K70
兄「なんで魔王ってお城から出てこないんだろうな?」

妹「ひきこもりなんじゃない?」

兄「お前が魔王だったのか……!」

妹「あたしは引きこもりじゃねーよ!」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:19:35.52 ID:6UGAv9K70
妹「なに、あたしが魔王だとしたら兄貴が勇者だとでも?」

兄「うむ。妹への愛が世界を救う!」

妹「ニートに世界が救えるの?」

兄「お前だけでも救ってみせるさ」

妹「なにそれ。ださ」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:22:37.37 ID:6UGAv9K70
兄「写真撮ろうぜ!」

妹「え、やだ」

兄「即答!?」

14 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】(1+0:15) :2012/11/10(土) 23:25:11.41 ID:YiCpDjny0
支援

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:28:53.56 ID:6UGAv9K70
妹「なんでいきなり写真?」

兄「いやほらさ、ダチとかに妹のこと聞かれたときにさ……」

妹「兄貴、友達いたんだ」

兄「いるわ阿呆!」

妹「すっごく意外ー」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:35:43.30 ID:6UGAv9K70
兄「ほらそういう訳だからさ。俺の妹がこんなに可愛い! て自慢させてくれよ」

妹「なに、兄貴シスコン? きもっ」

兄「綺麗な姉ちゃんがいたらシスコンだったかもな……」

妹「変態。死ね」

兄「黙れぺたんこ」

妹「くたばれッ!」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:41:44.64 ID:6UGAv9K70
兄「まぁまぁ貧乳には貧乳の良さがあるとして、写真撮ろうぜ!」

妹「貧乳ゆーな! ……ったくもー仕方ないなー」

兄「よーし、じゃあハイチーズ」パシャッ

妹「えっ兄貴は!?」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:48:36.33 ID:6UGAv9K70
兄「むふふ。お兄ちゃんと写真撮りたいかい? 妹ちゃん」

妹「ちっ違うし!」

兄「はーいよしよし。撮りまちょうねぇ」

妹「寄んな撫でんなにやつくな!」

兄「ハイチーズ!」

妹「えへへ♪」パシャッ

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:55:37.41 ID:6UGAv9K70
妹「ねぇ兄貴」

兄「ちょっと待ってこのボスむっちゃ強いヤバイ」

妹「……あたしがさ、いなくなったら、兄貴は泣くかな」

兄「よし、倒した! で、なんて?」

妹「なんでもないよー兄貴のバーカ」

兄「母さん妹が反抗期です」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:00:17.73 ID:ZpnD23DF0
やめろ

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:01:14.90 ID:bSyzHPAO0
兄「いい天気だなぁ」

妹「兄貴、就職しないの?」

兄「よし、妹よ。散歩にいくぞ」

妹「現実と向き合えよ兄貴」

兄「いやぁほんといい天気だ」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:04:25.91 ID:NuwpAcmg0
ほのぼのしてて良い感じ

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:06:24.89 ID:bSyzHPAO0
兄「大丈夫か? 寒くないか?」

妹「へいき」

兄「そか」

妹「兄貴」

兄「ん」

妹「……いい天気だね」

兄「おう」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:07:02.32 ID:aswLtiWd0
鬱展開の予感

25 : 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(1+0:15) :2012/11/11(日) 00:07:58.94 ID:eZz63N1r0
ほのぼのスレだよな…?

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:11:44.56 ID:bSyzHPAO0
妹「ごめん、ちょっと疲れた」

兄「すまん」

妹「いいって。ちょっと寝てれば戻るし」

兄「うん。すまん」

妹「もーいいってばー。ちょっと疲れただけだよ」

兄「うん。……うん」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:15:37.94 ID:bSyzHPAO0
兄「おーさむさむ」

妹「寒いなかご苦労」

兄「無駄に偉そうだな妹よ」

妹「お姫様だからね。とらわれのお姫様」

兄「俺が助けてやるよお姫様」

妹「無職には無理」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:21:39.14 ID:bSyzHPAO0
兄「無理じゃない」

妹「えっ?」

兄「俺が助ける。絶対助ける」

妹「な、なにさ。……じゃあ、約束ね」

兄「任せておけ! お兄ちゃんは勇者だから!」

妹「無職でしょ」

兄「言うな」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:25:34.45 ID:+Ucwjv0k0
おい…

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:27:01.77 ID:BUaA5p3q0
この展開は

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:27:25.41 ID:bSyzHPAO0
妹「旅行いきたいなー」

兄「よし、明日出発だ」

妹「早いよ! どこに? って聞けよ!」

兄「どこに?」

妹「んー、海がきれいなところ」

兄「サルガッソ海?」

妹「どこなの!?」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:28:35.94 ID:eZz63N1r0
今頃やっと理解したわ…
そういうことなんか…

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:29:03.35 ID:7BuB1MlX0
これはアカン

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:29:18.42 ID:3vy9QB5r0
パンツ履いている

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:30:25.42 ID:xQV0LO530
なるほど、遊び人ってのも・・・

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:33:04.66 ID:bSyzHPAO0
兄「誰と行くんだよ、って決まってるか」

妹「うん。お父さん、お母さん、ダイスケで」

兄「俺は!? 犬より俺でしょ!?」

妹「兄貴、ダイスケの写真みせて」

兄「スルー!」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:34:07.17 ID:uehsvvmi0
これはアカン

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:34:40.67 ID:NuwpAcmg0
今頃わかってしまった
俺の理解力の無さに泣いた

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:37:32.00 ID:twWKG/fD0
スレタイが怖い

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:38:37.44 ID:7Qv7g+8W0
病気ってことね

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:40:03.57 ID:bSyzHPAO0
妹「あーダイスケかわいーなー」

兄「お前のほうが可愛いよ」

妹「しらねーよ」

兄「照れるな照れるな」

妹「てれてねーよ」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:44:42.81 ID:bSyzHPAO0
妹「兄貴、この本の続き買ってきて」

兄「当然のように兄をパシるんじゃない」

妹「仕方ないじゃん、外は寒いし」

兄「だから断ってるんですよね」

妹「無職に拒否権はない!」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:48:18.07 ID:bSyzHPAO0
兄「この前言ってた本買ってきてやったぞー」

妹「え、ほんと?」

兄「あたぼうよ。兄ちゃんが嘘ついたことあったか」

妹「ありまくりじゃん。前のマンガ、続き貸してくんないし」

兄「ああ、あれ、休載」

妹「まじっすか」

44 : 忍法帖【Lv=24,xxxPT】(1+0:15) :2012/11/11(日) 00:48:38.25 ID:Yubso1PX0
愛犬の写真見せろってことは、隔離されてるってこと、入院しているってことかな・・・

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:53:48.64 ID:bSyzHPAO0
兄「ラストダンジョンむずすぎだろ」

妹「仕様ですし」

兄「作ったの誰だよ出てこい!」

妹「魔王じゃないの」

兄「お前だったのか」

妹「私だ」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:56:52.10 ID:Q/ln2suo0
フラグビンビンで泣いた

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:01:33.94 ID:bSyzHPAO0
兄「妹よ! 愛する兄のお出ましだ!」

兄「………」

兄「いないのか」

兄「なぁ。知ってるか。俺がほんとうにお前のことを大事に思ってるって」

兄「信じたくねえよ。なんでお前がいなくならなくちゃならないんだよ。なんでお前なんだよ」

兄「誰だよ、教えてくれよ、誰をやっつければいいんだよ、どこに悪者はいるんだよ」

兄「嘘だろ。お前がいなくならなくちゃならないなんて、嘘だろ」

兄「ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう……」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:02:28.96 ID:fIBIw+jE0
oh・・・

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:09:31.32 ID:bSyzHPAO0
妹「……あれ、兄貴」

妹「寝てるし。まったく、そこは病人のためのベッドだっての」

妹「もう。兄貴は仕方ないなぁ……」

妹「ねぇ、兄貴」

妹「いつもありがとう。あたしが今でも笑ってられるのは、兄貴のおかげだよ」

妹「あたしはいなくなっちゃうけど、……けど、忘れないで」

妹「あたしが大好きだってこと―――お兄ちゃん」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:11:06.96 ID:e1iddf060
泣いた

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:13:07.34 ID:3vy9QB5r0
   /.   ノ、i.|i     、、         ヽ
  i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |
  |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |
  i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|
   iイ | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i.
   .i i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、 
   丿 `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi.
  /    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ
  'ノ  .. i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ  (まだだ、まだ耐えるんだ…)
 ノ     Y  `--  "    ))  ノ ""i    ヽ
      ノヽ、       ノノ  _/   i     \
     /ヽ ヽヽ、___,;//--'";;"  ,/ヽ、    ヾヽ

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:13:19.10 ID:mKBmxHE/I
なんだこれ

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:14:42.61 ID:bSyzHPAO0
兄「妹ーマンガ買ってきたぞー」

妹「え! 休載じゃなかったの!」

兄「実はまた連載していたのだ」

妹「休載がやられたか……」

兄「くくく、やつは四天王のなかでも最弱」

妹「すぐに第二、第三の休載が……」

兄「もう数えきれないよ!」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:15:28.96 ID:Q/ln2suo0
C

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:18:35.36 ID:3hkeAJM/0
がんばれ

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:20:41.61 ID:bSyzHPAO0
兄「妹よ。お前ちょっとやつれてるんじゃないか」

妹「そんなことないよ」

兄「でやーっ真実の姿を映し出す鏡!」

妹「ぐあーやーめーろーっ」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:21:28.37 ID:NuwpAcmg0
結末は一体どうなるやら・・・

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:23:52.37 ID:KuLJiufIO
ちょっと涙出そう…

59 : 忍法帖【Lv=24,xxxPT】(1+0:15) :2012/11/11(日) 01:26:32.26 ID:Yubso1PX0
なんで寝る前に開いたんだろう

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:26:52.23 ID:bSyzHPAO0
妹「んーたしかに痩せたかなぁ」

兄「ちゃんと飯食ってるのか?」

妹「まぁ、食べてるよ。あんまり美味しくないけど」

兄「俺はおかわり三回するぞ!」

妹「聞いてねーよ」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:32:53.09 ID:22P2Vtoi0
        \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___
   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________
   |l  \::      | |             |、:..  |[], _ .|:[ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | |    ∧,,,∧ .   |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | |   (´・ω・`)    ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::    そうだ
   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::   これは夢なんだ
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::    ぼくは今、夢を見ているんだ
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::   目が覚めたとき、
   |l    | :|    | |             |l::::   ぼくはまだ12歳
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::   起きたらラジオ体操に行って、
   |l \\[]:|    | |              |l::::   朝ご飯を食べて、涼しい午前中にスイカを食べながら宿題して、
   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::   午後から妹とプールにいっておもいっきり遊ぶんだ・・・
   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::   
   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:35:16.47 ID:bSyzHPAO0
妹「兄貴、タイクツ」

兄「了解、はぁっ!」

妹「それは前屈」

兄「あぁ、主に女性が履く防寒用の薄布の、」

妹「それはタイツ」

兄「いいんだ……どうせ俺なんか、ゴミカスのようなやつなんだ……」

妹「そだね」

兄「鬱屈だよ!」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:42:12.49 ID:bSyzHPAO0
兄(昨夜、妹は発作を起こして意識を失った)

兄(今は小康状態だが、会って話せそうになかった)

兄(俺は家でひとりでゲームをすすめた)

兄(時間が進むのが遅い)

兄(妹は、大丈夫だろうか)

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:46:11.81 ID:dmvovSzh0
やめたまえ

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:50:01.89 ID:bSyzHPAO0
兄「よう、けんじゃのいしが入り用か?」

妹「あぁ、兄貴。ひさ、しぶり、だね」

兄「会いたくてしかたなかったろう」

妹「まあ、ね」

兄「どうした妙に素直だな。風邪か」

妹「風邪、じゃ、ねー、よ。まぁ、はやく、マンガ、読みたいから」

兄「マンガ目当てかよ!」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:51:49.47 ID:NuwpAcmg0
だいぶ弱ってるな がんばれ

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:55:47.66 ID:bSyzHPAO0
妹「ね、兄貴」

兄「なんだ。あんまり無理して喋んな」

妹「じゃ、兄貴が、しゃべって、よ」

兄「まったく注文の多いお姫様だぜ」

妹「お姫様、じゃ、ないし。魔王、だもん」

兄「じゃあ魔王様、古い国のおはなしをしましょう。むかしむかし、あるところに……」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:00:03.24 ID:bSyzHPAO0
兄「そうして、国は平和になったのでした。めでたしめでたし」

妹「………」

兄「寝てるし」

兄(妹は薬のせいでいつもぼうんやりしているようになっていた)

兄(俺がお見舞いにきても、起きないこともあった)

兄(もとから小さかった手が、ますます小さくなっていく気がした)

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:03:18.23 ID:X+5tAlKo0
C

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:04:21.48 ID:eZz63N1r0
途中で寝てしまえばほのぼので終われたのに…

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:07:08.71 ID:bSyzHPAO0
妹(真夜中に目が覚めることが増えた)

妹(誰もいない病室で、意識がはっきりしないまま時計の音を聞いてる)

妹(部屋に満ちる静寂に、急に心細くなる)

妹(昼間に意識を取り戻すと、いつも兄貴が手を握ってくれてるのに)

妹(寒い)

妹(とても、寒かった)

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:08:18.13 ID:Q/ln2suo0
なんか泣きたい

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:12:41.82 ID:bSyzHPAO0
兄「俺、参上」

妹「わ、う、あ、兄貴」

兄「なにをわたわたしている妹よ。いついかなるときでも明鏡止水の心でだな……」

妹「あ、ほ」

兄「最後まで喋らせて!?」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:19:21.06 ID:hwIpZWZm0
適当に殴ったら死んだ、みたいなショボい内容だと思って開いたのに・・・おおぅ

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:19:23.63 ID:bSyzHPAO0
妹「兄貴、まだ、そのゲーム、やってんの?」

兄「ラスボスが倒せないんだよ。何回魔力を解き放つんだよ」

妹「そこ、が、ニートの、げんかい、か」

兄「限界を突破してこそ、男だ!」

妹「だから、とっぱ、できて、ないん、じゃん」

兄(妹はくすくすと笑った)

兄(点滴の針が刺さった細い腕を見てられなくて、俺は目をそらせて笑い返した)

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:22:56.46 ID:NuwpAcmg0
泣きそうだ

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:24:34.44 ID:KuLJiufIO
見てる

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:24:35.23 ID:fIBIw+jE0
バッドエンドだけは・・・カンベンしてや

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:25:32.75 ID:bSyzHPAO0
妹「あに、き」

兄「なんだね妹くん」

妹「何キャラ、だよ。さいきん、まいにち、きてる、よね?」

兄「家にいてもつまらんし、外は寒いからな」

妹「あした、も、きて、くれる?」

兄「あーどーかなー仕事が忙しいからなー」

妹「だまれ、むしょくの、くせに」

兄「はい、すいませんでした。明日も来ます」

妹「よろしい」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:30:57.15 ID:bSyzHPAO0
兄「じゃ、今日は帰るわ」

妹「うん。また、あしたね」

兄「おう。また明日なー」

兄(小さく手を振る妹に応えて、俺は病室を出た)

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:33:11.91 ID:O9hpVfgh0
それが

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:33:49.10 ID:GpCMn/kZ0
最期だった

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:37:27.01 ID:bSyzHPAO0
兄(それが、妹との最後の会話になった)

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:38:46.78 ID:GpCMn/kZ0
マジか

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:43:12.92 ID:NuwpAcmg0
そんなのって

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:44:11.63 ID:bSyzHPAO0
兄(その夜に、妹は息を引き取った)

兄(俺は実感が湧かなかった)

兄(通夜をして、葬式をして、妹が骨だけになっても)

兄(俺は妹が死んだということを受け入れられずにいた)

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:50:22.36 ID:bSyzHPAO0
兄(遺品整理の際に、妹が家族それぞれに宛てた手紙が見つかった)

兄(もう指に力が入らない頃に書いたらしい。文字は乱れていて、読むのに難儀した)

兄(俺は部屋に戻って、ひとりでそれを読んだ)

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:51:25.14 ID:KuLJiufIO
そんな……

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:54:24.29 ID:pF9gBcss0
兄「という小説を書いたんだが」

妹「殺さないでよ!」

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:55:03.91 ID:bSyzHPAO0
妹『兄貴へ』

妹『兄貴には、えーと、なにを書いたらいいのかわかんないな』

妹『あたし、小さいときから、兄貴に遊んでもらってたよね』

妹『外で遊べなくなっても、兄貴はあたしと遊んでくれたね』

妹『入院してからも、兄貴が来てくれて、楽しかった』

妹『すごく嬉しかった』

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:56:31.73 ID:Bvf2B8s/0
うう・・・

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:00:00.33 ID:bSyzHPAO0
妹『ごめんね』

妹『ごめん』

妹『いなくなっちゃって、ごめん』

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:01:56.82 ID:FtE/7jVP0
SAOおもろい

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:06:14.02 ID:bSyzHPAO0
妹『ほんとのこと言うと、しんじゃうのはこわいよ』

妹『さみしいよ』

妹『でもね』

妹『兄貴が毎日来てくれたから、あたしは幸せだった』

妹『ありがとう』

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:12:05.40 ID:bSyzHPAO0
妹『ありがとう、兄貴』

妹『ばいばい』

妹『ps.はやくしゅうしょくしろよ』

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:13:01.50 ID:pihigsdk0
ないた

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:14:19.27 ID:KuLJiufIO
これはやばいな

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:17:25.75 ID:bSyzHPAO0
兄「うるせえよ、ばか……」

兄「ごめんじゃねえよ……」

兄「謝るのは俺のほうだろ」

兄「お前を助けるって言ったのに。絶対助けるって約束したのに……っ!」

兄「約束守れなくて、ごめん……!」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:23:21.82 ID:bSyzHPAO0
兄(それでも俺は涙を流せなかった)

兄(それから、かじりつくようにがんばって就職し、妹の死から一年が経った)

兄(俺は一年間レベル上げに徹していたあのゲームで、ラスボスに挑んでいた)

兄(あんなに強かったボスをあっさりと倒して、エンディングを迎える)

兄(エンディングで勇者は、今までの道のりをたどりながら故郷へと帰っていく)

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:26:22.22 ID:O9hpVfgh0
そして

29 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)