5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

佐天「パンツを湿らせる能力かあ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 18:12:28.33 ID:s3ZokCu00
佐天「・・・・」

初春「・・・・」

佐天「・・・・ぐすっ」ポロポロ

初春「さ、佐天さん泣かないでください!」

佐天「なんでこんな変な能力なんだろ」グスッ

初春(私も人のことは言えませんがものすごくどうでもいい能力・・・)

初春(しかもパンツ限定・・・・)

佐天「きっと・・・ぐすっ みんなに・・・笑われちゃう・・ ひくっ」

初春「だ、だだだ大丈夫ですよ佐天さん、えっと、冷静に考えれば使い道がきっとありますって!!」

佐天「どんな?」

初春「・・・・・」

佐天「うわあああああん学園都市なんて出ていってやるうううう!!!」

初春「お、おちついてください佐天さん!!」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 21:46:41.45 ID:s3ZokCu00
ちょっとご飯食べてくる

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 21:47:17.65 ID:wvNNewGdO
浜面…

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 21:53:21.94 ID:wvNNewGdO


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 21:57:32.88 ID:zyP9u9Q60


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 22:01:15.37 ID:wvNNewGdO


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 22:01:46.40 ID:zyP9u9Q60


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 22:04:42.73 ID:wvNNewGdO


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 22:06:09.04 ID:s3ZokCu00
食蜂「御坂さんって着替える時に周りの目を気にしたことないのぉ?」

御坂「え?」

食蜂「御坂さんがどんな下着つけてるかなんてとっくに噂になってるわぁ☆」

御坂「なんてこった・・・・・」

食蜂「真似する子がいるくらいだもの、もう少し見られている自覚を持ってほしいわぁ☆」

御坂「うぅ・・なんかすごく恥ずかしい・・・・」

食蜂「ま、私くらいになると改竄力でどうとでもなっちゃうんだけどぉ☆」

御坂「なんか腹立ってきたわ、あんたその下着返しなさい」

食蜂「やあよお!」

御坂「か・え・し・な・さ・い!!」ギリギリ

食蜂「やあん!そんなに抱きしめないでえ!ここ女子トイレの個室よぉ☆」

御坂「じゃあ問題ないじゃない!はやく返しなさい!」

食蜂「私今下着つけてないんだけど?」

御坂「だからなんだ」黒子「オネエサマァ?」

御坂「え?」

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 22:09:18.45 ID:s3ZokCu00
黒子「ココデナニヲサレテマスノォ?」

御坂「く、黒子ぉ!?」

食蜂「ルームメイトさんの登場ねぇ☆」

黒子「ワタクシトイウモノガアリナガラ・・・」

御坂「いや、これは違うっていうかあんたなんてこと行ってるわけ?」

食蜂「ふふふ、おもしろいことになってきたわぁ☆」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 22:12:05.38 ID:k+5bLmF20
アンジェレネがいまいち
あとはすばらしい

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 22:16:47.49 ID:3vJfhgtN0
素晴らしい
禁書も捨てたもんじゃない

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 22:18:44.08 ID:s3ZokCu00
滝壺「むぎのすごくかわいい」ハァハァ

麦野「やめてたきつぼぉ・・そんなとこぉ・・・」

滝壺「やめてほしい?」クチュクチュ

麦野「ひゃん!」ビクッ

滝壺「どう?ここをこうされて体をのけぞらせているむぎのをわたしはいとおしくおもう」クチュクチュ

麦野「だめよぉ!!だめなのよぉぉ!!」ビクン

滝壺「本当にだめならもっと抵抗できるはず」クチュクチュ

麦野「あっ!!ああんぅ!!」ビクンビクン

滝壺「はあ、むぎのがかわいくてたまらない」チュッ

麦野「んっ!! ぷはっ たきつぼぉ・・・」ハァハァ

滝壺「ふふふふ、もっと良くしてあげるねむぎの」クチュクチュ

麦野「そこぉ・・・・だ・・・めぇ・・・・」ガクガク

滝壺「むぎのがたくさん気持ちよくなれるように何度でもやってあげるね」クチュクチュ

麦野「はぁ・・・ んっ!! あぁ・・・あっ!!」ビクンビクン

滝壺「むぎのがきもちいとわたしもきもちいい」ペロッ


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 22:19:45.07 ID:8buR+HDT0
何がどうしてこうなった








もっとやれ

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 22:20:20.64 ID:rN3gWOnx0
インデックスさんはまだですか?

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 22:23:43.15 ID:fLc1Wne20
いいねいいね

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 22:25:11.82 ID:wvNNewGdO
>>89
英国に帰還した

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 22:26:30.76 ID:s3ZokCu00
一方通行「俺は・・・俺は打ち止めどころか・・・たまたま見かけただけのやつをここに連れ込ンじまった・・・」

一方通行「だれか教えてくれェ・・・俺は・・・俺はどうすればいいンだ・・・」

一方通行「確かに・・・確かに俺はあいつらとヤリてェ!!1」

一方通行「だがなァ・・・・くっ・・・」

一方通行「そォだ、こういう時こそLOを見るンだ・・・そこに答えがあるはずだァ・・・」


アンジェレネ「とうっ!三回転ひねりとびこみです!!」クルクル

ザパーン!!!

打ち止め「すごいすごい!!ミサカもやってみたい!!」

アニェーゼ「危ないので真似しやがらないほうがいいです」

打ち止め「と、言われて黙っていられるミサカではないのだ!!」

アニェーゼ「あーあ、無茶しやがりますねー」

アンジェレネ「お、やる気ですか?」

打ち止め「もちろん!」

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 22:35:04.41 ID:s3ZokCu00
ルチア「あの方はどこへ行かれたのでしょうか・・・」

オルソラ「ルチアさん、お寒いのでしたらそのマントを羽織るのがいいのでございますよ」

ルチア「あ、はい」パサッ

オルソラ「まあまあ、白いマントが良く似合っているのでございますよ」

ルチア「あったかい・・・・まるであの方の・・・・」

オルソラ「それで、ルチアさんとアニェーゼさんはどこへ行かれたのでございましょうか?」

ルチア「はっ!いけない!あの二人を探さなくては!!」

オルソラ「まあまあ行方不明なのでございますか?」

ルチア「ええ、とにかく、突然消えてしまったので手がかりはないのですが急いで探しましょう!」

オルソラ「一大事なのでございますよ」


削板「どうやらまだ終わらないようだな」

削板「おそらくあの子と似たような格好してるんだろうな・・・」

削板「よし!ここは俺が根性であの子を陰ながら手助けしてやるぜ!!」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 22:45:12.16 ID:s3ZokCu00
上条「はぁ・・・・なんとか落ち着いた・・・・」

神裂「さすが秘薬ですね」

五和「ええ、私が刺した槍傷がまるで嘘のようですね」

上条「えっと、二人がその格好をしてくれるのはありがたいんだけどさ・・・」ジー

神裂「ですからそうじっと見ないでください」モジモジ

五和「恥ずかしいんですから・・・」モジモジ

上条「その・・・二人のその格好で・・・ぬれた所を見ているとですね・・・」

神裂「あうぅぅ・・・」モジモジ

五和「////////」モジモジ

上条「我慢するのが・・・つらいです・・・」

神裂「・・・・」ドキドキ

五和「・・・・」ドキドキ

神裂「こほん、ここは私が責任を取るしかないようですね・・・」

五和「いえ、女教皇様のお手を煩わせるわけにはいきません、ここは私が」

上条「あれ?これはひょっとして・・・」

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 22:49:47.73 ID:s3ZokCu00
黒子「オネェサマハコンナトコロデジョオウト・・・」

御坂「何わけのわからないこと言ってるのよ!」

食蜂「だめよ御坂さん、もう私たちの関係は隠せないわ」

御坂「はぁ?」

食蜂「御坂さんの手でぐちょぐちょにされたこの下着が何よりの証拠・・・もう・・・全部話しましょぉ?」

黒子「!!!!」

御坂「ちょっと!!それはあんたが!!」

黒子「なあああにをふざけたことをぬかしてますのおおおお!!!」

御坂「え?」

食蜂「え?」

黒子「私なんてお姉さまのことを考えただけでここまで下着を濡らすことができますのおおお!!!」

ベッチョリ

御坂「うわあ・・・」

食蜂「うわぁ・・・」

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 22:53:11.89 ID:s3ZokCu00
滝壺「ほら、むぎの、まずはやさしくここを吸って?」

麦野「うん・・・ちゅぱ」

滝壺「ふふふ・・むぎのあかちゃんみたい」ナデナデ

麦野「ふぅ・・ん・・・ちゅぱちゅぱ」

滝壺「むぎのかわいいよ」ナデナデ

麦野「にゃあん・・」ウットリ

滝壺「口はなしちゃだめだよ?」

麦野「うん、ちゅぱ」

滝壺「もうずっとむぎのとこうしていたい」ナデナデ

麦野「ちゅぱ たきつぼぉ・・・ れろれろ」ハァハァ

滝壺「むぎのはあまえんぼさんだね」ナデナデ

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 22:53:59.48 ID:kfW6ES/EO
黒子w

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 22:59:37.85 ID:s3ZokCu00
打ち止め「はー、つかれちゃったよってミサカはミサカはご満悦!」

アンジェレネ「ふう、泳ぎ疲れましたね」

アニェーゼ「少し休みましょう、それにのども渇きましたね」

打ち止め「お、冷蔵庫に飲み物を発見!ってミサカはみんなにお配りしてみる」

アンジェレネ「ありがとうございます」

アニェーゼ「お、コーラですか、これはうれしいですね」プシュ

一方通行「目の前に・・・ぬれた水着姿の幼女が三人・・・・」

一方通行「もちろン・・・・」

ギンギン

一方通行「これは・・・・もォ・・・・・」

クワッ

一方通行「もォ我慢の限界だァ!!!」

打ち止め「ん?」

アンジェレネ「はい?」

アニェーゼ「何ですか?」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:03:27.89 ID:s3ZokCu00
一方通行「俺はお前らとらぶらぶちゅっちゅゥゥゥゥゥゥ!!!!」ピョーン

轟!!!!!

一方通行「ごっ!!がああああああああ!!!!!」

打ち止め「え?何何!?」

アンジェレネ「何が起こってるんですか!?」

アニェーゼ「窓の外から誰かが!!」

一方通行「くっ、何が・・・起こったァ・・・・」ヨロッ

削板「よーう、根性のねえことしてるじゃないか」

打ち止め「誰?」

アンジェレネ「さあ?」

アニェーゼ「あれが日本の文化のHATIMAKIというやつですか、初めて見ました」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:06:19.71 ID:s3ZokCu00
削板「てめぇのような根性の無い軟弱なやつはこの俺がじきじきに叩き潰してやる!!」

一方通行「あン?なァにふざけたことぬかしてるンですかァおい、おまえおもしれェこと言うやつだなァ」

削板「俺は少しも面白くないがな、こんなところに女の子を監禁するようなやつに正義も根性もあるわけがない!!」

打ち止め「あれ?ミサカたち監禁されてるの?」

アンジェレネ「そういえば私たちは突然ここにつれてこられたわけですし・・」

アニェーゼ「間違ってないかもしれませんね」

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:09:11.30 ID:JE6+tLrM0
HATIMAKIがHENTAIに見えた

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:10:47.54 ID:s3ZokCu00
神裂「五和、何もあなたがこのようなことをする必要はないのですよ?」

五和「いえ、女教皇さまこそ」

上条「ごくり・・・」ジー

神裂「こ、こら上条当麻!あなたは目を閉じていなさい!」プルン

上条「と、言われてもですね、お二人の生おっぱいが目の前にあるこの状況でそれは無理じゃないかと」ゴクリ

五和「お、おねがいですから上条さん、せめて目を閉じてください!」プルン

上条「は、はいぃ・・・ど、努力しますぅ・・・」ジー

神裂「お、お願いですから情けと思って・・・」プルン

五和「そうですよ、お願いです」プルン

上条「わ、わかった・・・目を・・・閉じる・・・」グヌヌ

上条(くそっ、二人がおっぱいでしてくれるのをこの目で見ることができないなんて!!)

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:16:01.94 ID:s3ZokCu00
黒子「さあお姉さま!!私は女王以上に敏感ですわよ!!ですからお姉さまの手で!口で!舌で!黒子を堪能してくださいまし!!」

御坂「・・・・」

食蜂「・・・・」

黒子「お姉さま!焦らしプレイというやつでございますわね!それもまた一興!ですが黒子はもう止まりませんの!」

黒子「見てくださいまし!この足元に広がる水溜りを!!」

チャプチャプ

御坂「・・・・」

食蜂「えいっ」ピッ

黒子「あふん!」ビクッ

黒子「・・・・・・」ポー

食蜂「寮に帰って部屋を隅々まで掃除してなさい」

黒子「ワカリマシタワ」ヒュン

御坂「あ、行っちゃった」

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:17:03.32 ID:fi8Rgd5jP
>>101
ようおれ

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:22:06.31 ID:TBvtdw89O
保守

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:22:52.13 ID:s3ZokCu00
食蜂「これで今回の件はチャラねぇ☆」

御坂「もともとあんたに貸しなんて作りたくもないわよ」

食蜂「あらそう?」ピッ

バチッ

御坂「いたっ!」

食蜂「本当なら御坂さんの記憶を改竄したいんだけど、やっぱり私の改竄力じゃ御坂さんには通用しなわねぇ☆」

御坂「確かにある意味助かったけどそうやってホイホイ人を操作したりするのやめなさいよ」

食蜂「まあいいじゃない」

御坂「・・・・そんなことしてると本当の友達ってできなくなるわよ?」

食蜂「・・・・」

御坂「ねえ」

食蜂「なあに?」

御坂「今度遊びに行かない?」

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:23:51.93 ID:fLc1Wne20


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:26:37.06 ID:s3ZokCu00
一方通行「がっ・・・はぁ・・・なンでだ・・・なンで反射できねェ・・・」

削板「まだわからないのか?」

一方通行「何ィ?」

削板「お前のように幼女を拉致監禁して己の欲望を満たそうとする外道なんかに俺が負けたら・・・」

削板「世も末だからだよおおおおおおおおお!!!!」

一方通行「チクショオオオオオオオオオオ!!!!!」

削板「くらえええええ!!!俺の全身全霊をこめた!!」

削板「超!すごいぱああああああああああああんち!!!!!!」

轟!!!!

一方通行「ごっがあああああああああああああ!!!!!!!」

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:31:01.93 ID:s3ZokCu00
食蜂「・・・・どういう風のふきまわしかしらぁ?」

御坂「なんとなくそう思っただけよ」

食蜂「私はゲコ太に興味なんかないわぁ」

御坂「別に私の趣味はゲコ太だけじゃないわよ?」

食蜂「そぉ?」

御坂「そうよ、ね、別に嫌じゃないでしょ?」

食蜂「・・・・・」

御坂「やっぱり・・・だめ?」

食蜂「しょ、しょうがないわねぇ、付き合ってあげるわぁ」

御坂「そ、ありがと!」

食蜂「/////////」

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:38:06.59 ID:s3ZokCu00
ガチャッ

ルチア「シスターアンジェレネ!!シスターアニェーゼ!!」

オルソラ「無事でございますか!!」

打ち止め「あれ?どなた?」

アンジェレネ「シスタールチア!」

アニェーゼ「シスターオルソラも!?」

ルチア「ほっ、」無事でしたか・・・」

アンジェレネ「どうしてここがわかったんですか?」

オルソラ「ここのことが記された地図を子供に託した方がいらっしゃったのでございますよ」

アニェーゼ「へえ、それは誰だったんですか?」

ルチア「地図を持ってきた子供も知らない人が私たちに渡すように言っていたとしか・・・」

ルチア「是非お礼が言いたいのですが・・・」

打ち止め「大丈夫、その人はきっとまたみんなの前に現れるはずだよ!ってミサカは胸を張っていってみる」

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:38:55.05 ID:tGcJAa0a0
世界は百合の炎に包まれたな

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:41:08.54 ID:fLc1Wne20


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:42:00.73 ID:s3ZokCu00
オルソラ「と、いいますとどういうことなのでございましょうか」

打ち止め「ふふん、あれはきっと学園都市に現れたニュー・ヒーローさんに違いないのだ!」

アンジェレネ「ニュー・ヒーロー・・・・」

アニェーゼ「まあどうせあのHATIMAKIの人でしょうからそれはひとまず置いてですね」

ルチア「やっぱりあの人・・・・」ポー

アニェーゼ「こほん、いいですか?」

ルチア「あ、はい」

アニェーゼ「この人をどうするかってことです」

一方通行「 」

アンジェレネ「と、言ってもここにつれてはこられましたけど私たちはここを満喫したわけですし・・・」

アニェーゼ「ですが一応それなりのけじめというか・・・」

打ち止め「うー、ここはミサカが保護者として責任を持つから許してほしいってミサカはお願いしてみる!」

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:45:57.30 ID:s3ZokCu00
オルソラ「まあ、特に被害を受けたわけではなさそうなのでそれでよろしいのではないかと提案してみるのでございますよ」

アニェーゼ「ま、しょうがねーですね、とりあえずこのホテルをもう少し堪能させてもらうことで手を打ちましょう」

アンジェレネ「賛成です!」

ルチア「あの方・・・今どこへ・・・・」

打ち止め「ほらほら、あなたも一緒に楽しもうよってミサカは手をとってエスコートしてみる!」

ルチア「え?あ、ああはい、ぜひ私も参加させていただきます」

オルソラ「ふふふ、たまにはみなさんと遊ぶのもよいものなのでございます!」

一方通行「  」



削板「どうやら無事に解決したみたいだな」

削板「だが俺はまだまだ戦い続ける!!俺の根性でみんなが笑顔になるその日まで!!」

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:48:06.10 ID:BKrNojdW0
初春がLv.5になったらどういうこと出来るの?

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:49:05.19 ID:oQTTgvgs0
>>115
都市中の女が潮吹き

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:49:23.30 ID:s3ZokCu00
上条「そ、それじゃあ・・・」キュッ

神裂「その・・・やさしくしますので・・」

五和「痛かったら言ってくださいね?」

上条「ああ・・・」

ドキドキ

上条(まさか神裂と五和がふたりでおっぱいで・・・・)

上条(俺は・・・俺はなんて幸せなんだ・・・・)

ガブッ

上条「へっ!?」

禁書「むふふふふふ、とうま、私がいない間に何をしようとしているのかな?」ガジガジ



118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:50:15.27 ID:3tC2MCTz0
アグニなんとか

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:50:56.24 ID:s3ZokCu00
神裂「・・・・」ソソクサ

五和「・・・・」ソソクサ

上条「ふ」

禁書「ふ?」

上条「不幸だあああああ!!!!」

禁書「その言葉は聞き飽きたんだよ!!」

がぶうううううううううううううううう

上条「ぎゃあああああああああああ!!!!!!」

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:52:57.83 ID:s3ZokCu00
佐天「いやー、調子に乗って湿らせるだけのつもりが滴り落ちるまでになっちゃってさー」

初春「もう!佐天さんったら!」

佐天「はあ、でもこの能力いたずらにしかつかえないのかなあ・・・」

初春「そんなことありませんって・・・ん?」


強盗「近づくんじゃねえ!それ以上近づくとこいつの命はねえぞ!!」

人質「いやあああだれかあああ」


初春「そうだ!佐天さん、あいつのパンツを思いっきりぐちょぐちょにしてあげてください!」

佐天「う、うん えいっ!」

ジワッ

強盗「ん?何だ?お、お漏らし!?」

初春「やつがひるみました!この金属バットを!!」

佐天「うん!」

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:55:32.27 ID:s3ZokCu00
初春「必殺!!」

佐天「佐天ホームラン!!!」

ゴキッ!!

強盗「ぐはっ」パタッ

佐天「やったよ初春うううう!!!」

初春「佐天さんの能力がちゃんと役にたったじゃないですか!」

佐天「うん!すごくうれしいよ!!」

人質「どうもありがとうございました!」ペコリ

佐天「いえいえどうも・・・えへへ・・・」

初春「能力は使い方ひとつってことがわかったじゃないですか!」

佐天「うん、あたしこの能力をもっとうまくつかえるようにがんばるよ!!」

初春「その意気です!!」

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:58:11.59 ID:s3ZokCu00
佐天「あたしの能力で幸せになる人もいるかもしれない!」

初春「そうです!」

佐天「少しでもたくさんの人を幸せにできるように!!」

初春「佐天さんの戦いはまだ始まったばかりです!!」




滝壺「むぎのの口の中あたたかくて・・・もっと舐めてあげたい・・」チュッ

麦野「ぷはっ、ああん・いじわるしないでぇ・・」

滝壺「ふふ、じゃあやめていいの?」チュッチュッ

麦野「やぁ・・・やめないでぇ・・・」ハァハァ

滝壺「それじゃあもっとかわいがってあげるね」チュパッ

麦野「もっとぉ・・・・んっ・・・ぷはっ」

滝壺「ふふふ・・・・」

おわり

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:59:10.43 ID:9S0BPYu10
いい終わり方だ

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/07(金) 23:59:35.95 ID:TOzDBgQL0
食蜂さんは御坂とちゅっちゅしないです?

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 00:01:05.00 ID:x8GSTUsB0
むぎのんエロかわいい
おつ

48 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)