5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ハルシュタイン閣下「私たちの日常を撮影する!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:04:05.09 ID:6reG0fQs0
閣下「全宇宙を統べるため、日夜ロボットを操り活動を続ける、我ら<<黒い月>>は」

閣下「銀河最後の砦、地球に対しての侵略活動を展開中なんだけど」

閣下「キサラギという予想外の抵抗力により、進捗状況は順調とはいえない状態でいる」

マコト「……」

タカネ「……」

ヤヨイ「……うぅ」

イオリ「……ちっ」

閣下「……そこで考えたんだけど、私たちの日常風景を撮影して、地球に公開する、というのはどう?」

マコト「……はい?」

タカネ「……何と」

ヤヨイ「……? ……?」

イオリ「はぁ!?」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:06:58.71 ID:DJTZczxL0
ヤヨイ「うっうー! まるで意味が分かりませんー!」バッサバサ

閣下「いや、聞くところによると、地球人には私たちのファンもひそかにいるらしくって……」

閣下「そういうの利用してイメージアップできれば、支配もしやすくなるかなって」

マコト「……閣下、あなたは疲れているようです」

タカネ「はぁ……久方ぶりの幹部召集……何事かと思えば」

イオリ「ただのジョークを言うためにとか……とうとうパンクしちゃったのかしら?」ヤレヤレ

閣下「ちょっと! ジョークなんかじゃないし、仮にも私、総統なんだよ!? トップなんだよ!?」

ヤヨイ「もうちょっと分かりやすく説明してほしいかなーって」

イオリ「ヤヨイ、聞くことなんて何もないわ」

マコト「閣下は近頃、地球の文化・文明に侵されすぎな気もします。それも相当アングラな」

閣下「そんなんじゃないから! ていうかまず話聞いてよ!」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:09:15.21 ID:DJTZczxL0
閣下「いい? 今回のイメージアップ作戦は、あくまで私たちの活動に大いにプラスになることなんだよ!」

閣下「キサラギの操縦士の双子が使う『希煌石(キラジェム)』のパワー源は『心の力』と推測されている」

閣下「それはあの地球上の人間たちの心の力が、キサラギのパワーに強く影響するということを意味するんだよ」

タカネ「……確かに戦闘風景が映像として放送された時、キサラギの強さは計り知れないことになっていましたね」

イオリ「あいつらが『アイドルヒーロー』なんて呼ばれるのも、それが所以ね」

閣下「じゃあ、私たちに対する敵意を削いじゃえば、キサラギ攻略は非常に容易になるんじゃないのって話!」

ヤヨイ「いまいちピンときません〜……」

マコト「地球人全体の戦闘意志を奪えば、アミマミの力量に関わらずキサラギの力は落ちる可能性が高い、と」

閣下「その通り! そのために地球人に『あ、こいつらそんなに悪い奴らじゃなくね〜』って思わせるんだよ!」

マコト「……閣下、やはり地球のアニメは一日3本までに……」

閣下「え、ちょ! それは無理!

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:09:56.32 ID:H9nGe3x70
ほうほう

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:11:27.06 ID:DJTZczxL0
イオリ「……はぁ」

ヤヨイ「イオリちゃん、分かった?」

イオリ「目的はね……でも、方法に納得がいかないわ」

ヤヨイ「にちじょうふうけいって、いつも通りってことだよね?」

イオリ「そうよ。でも、それがイメージアップなんかにつながるとは、やっぱり……」

閣下「イオリ、やっぱりイオリは研究が足りてないよ」ズイ

イオリ「……どういう意味よ?」

タカネ「私にも説明を」

閣下「タ、タカネまで……うん、わかった」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:13:58.27 ID:DJTZczxL0
閣下「……いい? これはもしかしたら、知りたくなかったことかもしれない」

閣下「けれど、やっぱりこれは向き合わなくちゃいけない現実……」

イオリ「もったいぶってないで早く言いなさい」

閣下「……後悔しない?」

イオリ「ハルシュタイン、私を舐めないで」

閣下「……分かった。じゃあ心して聞きなさい。地球人はね……」

イオリ「……ゴクリ」

閣下「地球人は……っ」

閣下「……たいてい変態、なんだよっ……」

イオリ「……はい?」

タカネ「―――っ!」ブワッ

マコト「タカネ、気持ちは分かるけど、どうかこらえて」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:15:09.19 ID:D/NiLOAB0
かわいい

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:16:11.24 ID:DJTZczxL0
閣下「もっと直接的に言うと、地球人は全体的に、私たちのことを性的な目で」

イオリ「ストーーーップ!! え、じゃあ何!? だから!?」

閣下「だから、私たちの日常風景を撮影して」

イオリ「おかしい! ノンステップでそこに行けるのがおかしい!!」

マコト「閣下、やはり地球の娯楽禁止令の方は実施という方向で」

閣下「無理! それは絶対認められないよ!」

閣下「ていうかおかしいでしょ! 敵のことを知るという大事な作業なんだよ!?」

マコト「尾を引きそうなので」

閣下「」

イオリ「納得できないわ……」

閣下「イオリ、悪いけどこれ、決定なのよね」

タカネ「まだ見ぬあなた様……」ポロポロ

イオリ「……超最悪……」ズーン

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:18:25.67 ID:DJTZczxL0
―――翌日

閣下「というわけで撮影開始よ。ごきげんよう、ちっぽけな地球人たち」

閣下「私がハルシュタイン。宇宙征服を目標に活動する組織の総統ですよ、総統!」

閣下「今日は、のちにあなたたちの完全支配者になる私たち<<黒い月>>の日常風景を紹介します!」

閣下「私が創った圧倒的な支配構造! 口先だけの自由に踊らされる愚民どもに、新たな世界を見せてやるわっほい!」

閣下「きっとこの圧倒的なシステムにたちまち、反抗する気力は奪われることになるよね」

閣下「最後まで視聴することは義務だよ。まぁ、心して見なさい!」


閣下「というわけでやってきました! ここは私の側近、マコトの部屋の前です」

閣下「マコトはその凛々しい外見と物静かな雰囲気とは裏腹に」

閣下「非常に強い情熱と愛嬌を兼ね備えた、とても優秀なエージェント。組織内のファンクラブも盛んだね」

閣下「まぁ前置きはほどほどにして、早速入るよ」

閣下「マコト! マコト〜!」ウィン

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:20:17.35 ID:DJTZczxL0
閣下「あれ、寝てる。マコト、起きなさい。撮影はもう始まってるよ」ペチペチ

マコト「う…うぅ〜ん……」

閣下「……珍しいね、マコトが寝坊するなんて」

閣下「ほらマコト! これ、一応地球人に見せるんだからね」

マコト「えぇ〜?…うぅ〜ん…地球じ…………あぁっ!!」ガバァ

閣下「やっと起きた〜! あ、ピンクのフリフリパジャマだ!」

マコト「か、閣下!? 何で部屋の中に…うわあああ!!」ジタバタ

閣下「落ち着いてマコト、今なお撮影機器【アイ・ウォント-映像-】はあなたを見てるのだから」

マコト「その浮いてる円盤、カメラだったんですか!? ちょ、ちょっと、一旦撮影止めてください!」

閣下「それはできませ〜ん!」ケラケラ

マコト「うあぁ〜もう、ボクのキャラがー!!」タッタッタ

閣下(これは…ファンクラブにもまわしておくべきだよね!)

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:22:55.75 ID:DJTZczxL0
閣下「ちょっとは落ち着いたかな、マコト?」

マコト「えぇ、おかげさまで」キリッ

閣下「ふふ、よろしい。けど、さっきの状態でも私個人としてはアリだと思ってるよ?」

マコト「……一刻も早く忘れてください」

閣下「アニメ制限を解いてくれたら検討しようかな〜」

マコト「…一日7本」

閣下「25本!」

マコト「…13本」

閣下「…13…1クールか…………まぁ、了解かな」

マコト「感謝します」

閣下「じゃあ、忘れるように努力するからね!」

マコト「いやもう、無意識でいてください!」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:27:13.83 ID:b5PnFMsY0
期待

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:28:21.56 ID:DJTZczxL0
閣下「マコトの一日もまた、朝食から始まる。メニューは何かなー?」

マコト「最近は地球環境での行動も考慮して、食生活から変えています」

マコト「今日のこれは『牛丼』という料理なのだそうです。」

マコト「アミ・マミのいる島国の、ポピュラーで安価な料理らしいですよ」

閣下「ふぅん……朝から、というのは少し重そうだけど大丈夫?」

マコト「これぐらいじゃないとエネルギーは補えませんよ」

閣下「……ま、パフォーマンスに影響が出なければ何だっていいんだけどね」ジィー

マコト「……あの、閣下」

閣下「ん?どうしたの?」

マコト「……一口だけ、食べてみます?」

閣下「え、いいの!?」パァー

マコト「あはは、そんなに見つめられたらさすがに分かりますよ」

閣下「のヮの;」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:30:19.81 ID:DJTZczxL0
マコト「朝食の後はフィジカルトレーニングです」

閣下「そういえば、通しでマコトのトレーニングを見るのってずいぶん久しぶりじゃない?」

マコト「そうでしたね、最後に披露したのは、まだボクの髪が短いころでしたから」

閣下「……ちょっと久しぶりに競い合ってみる?」

マコト「え、閣下!? さすがにボクのメニューは無茶ですよ!」

閣下「大丈夫! 一操縦士として、これでも鍛錬は欠かしていないし」

マコト「……あくまでボクはいつも通りで行かせてもらいますよ」

閣下「へぇ、自信満々だね! 今に見てなさい、その顔を汗で醜く光らせて、直立さえ不可能なほどに疲弊させて跪かせて、その頭を足で踏んづけて……」

―――1時間後

閣下「」チーン

マコト「ふぅ…ふぅ…だから、言ったじゃ、ないですか」

閣下「はぁっはぁ……くそ〜…やっぱり体力落ちてるか〜……」ムクリ

マコト(……意識があるだけ充分ですよ)

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:32:09.62 ID:uCL9UxWB0
http://i.imgur.com/yYWzS.jpg
http://i.imgur.com/hxvam.jpg
http://i.imgur.com/1Lwb8.jpg


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:32:19.34 ID:DJTZczxL0
マコト「シャワー上がりました。サッパリしました」

閣下「こっちもバッチリ撮りました」

マコト「……閣下?」

閣下「冗談だよ。だからそのメタモった顔はやめて」

マコト「……お戯れも程々に。ところで閣下は、汗を流さないのですか?」

閣下「必要ないよ〜! この服は万能だから」

マコト「まぁ、よいのであれば無理強いはしませんが」

閣下「それに私の汗は、生物であれば特上の芳香として認識されるらしいし〜」

マコト「? そんなの初耳ですけど」

閣下「え? イオリがそう言ってくれたんだけど……」

マコト「……ふふっ」

閣下「え、ちょっと、何今の笑い?」

マコト「いえ、イオリがそう言うなら、それで間違いありませんよ。閣下の汗は芳香を発しています」ニヤニヤ

閣下「うーん……ちょっと引っかかるけど、まぁいいや」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:35:40.82 ID:DJTZczxL0
マコト「FTの次はコーチングです」

閣下「下々の教育だよね。私もちょくちょく見回ってるけど、最近何か変わったことは?」

マコト「最近は……やはり地球文明のことを学習したことで、今までにない」

マコト「例えば閣下と同様、アニメやゲームが流行ったりしています」

閣下「わお、それはいい傾向だよ!」

マコト「どこがですか……最近は会話についていくことさえ苦労してるんですから」

マコト「出会いがしらに『闇に飲まれよ!』と言われる気持ちが分かりますか? どう聞いても挑発でしょう、上司に向かって!」

閣下「あぁ、それはただのあいさつだから」

マコト「それはすでに知識として頭に入れました! 問題なのはそのような……」ガミガミ

閣下「え、ちょっと待って」

マコト「待ちません! この際ですから、いつも以上に詳細な近況を報告させてもらいます!」

閣下「そ、そんなー!」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:38:28.60 ID:DJTZczxL0
―――30分後

閣下「……」ズーン

マコト「要するに、我らが支配者として君臨するには……おや、どうされました? 閣下」

閣下「…………フン!」プイッ

マコト「……閣下?」

閣下「…………マコト…………嫌い」ツーン

マコト「!?」ガーン

閣下「私だって私なりに苦労してるのにさ、問題ばっかり口うるさく言ってきて……」イジイジ

マコト「あ、あの……閣下? お気を確かに……」

閣下「いいよ、下々の事はマコトの方がよ〜っぽど把握してるんだし?」

閣下「そりゃあ報告義務だってあるしさ、こうなるのも……仕方ないのは、分かってるけどさ」

閣下「やっぱりさ? ……ちょっとは私もさ? ……文句以外も……聞きたいっていうかさ……?」ジワッ

マコト「……閣下……」

閣下「……グスッ……マコトはやっぱり……ちょっと私のこと……」

マコト「……」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:40:29.17 ID:xBFfB4DJ0
かわいい

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:41:00.84 ID:DJTZczxL0
マコト「……閣下、大丈夫ですよ」ギュッ

閣下「……」

マコト「ボクは確かに、小言を言うことが殆どです」

マコト「ですがそれは、すべてボクが閣下を信頼しているからに他ならないのですよ」

閣下「……」

マコト「……冷たいと感じたなら謝ります。辛いと感じたなら助けます」

マコト「だけどボクがあなたのことを嫌っているのではと感じたなら、それは間違いなので、閣下はボクに謝ってください」

閣下「マコト……」ウルッ

マコト「安心してください。ボクはいつだって、あなたの味方ですから」ギュウ…

閣下「うぅ……マコトォ…ぐすっ…ごめんね……」ポロ…ポロ…

マコト「よしよし……」ナデナデ


マコト「ところで、まだアイ・ウォント回ってますけど、いいんですか?」

閣下「え?」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:43:42.53 ID:ib8dqQoYO
支援は紳士のつとめ…で良いのか?

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:43:59.53 ID:DJTZczxL0
閣下「さて、気を取り直してどんどんいきまっしょい!」

マコト「えぇ、そうしましょう」

マコト(あのあと閣下は速攻でカメラをオフにして、今度は恥ずかしさで泣きついてきた)

マコト(およそ10分程度、閣下はボクの胸で泣いていたけれど、それが映像としては残らない)

マコト(結局、閣下の泣いたシーンはものの10数秒しか撮影できなかった)

マコト「……」

マコト(これはなおさら、情報管理課には無編集でお届けするように根回ししておかなきゃ!)ニヤリ

閣下「? 何をニヤニヤしてるの?」

マコト「いえ何でも。ところでボク、そろそろコーチングに向かわないといけないのですが」

閣下「あ、あぁ!そういえばそんな話だったよね!」

閣下「それじゃ、さっさと行こうよ!」

マコト「……ふふ……はい、行きましょうか」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:46:56.00 ID:DJTZczxL0
マコト「ボクが教えるのは、主に格闘術ですね。ロボット操縦に直結もします」

マコト「地球には武道というジャンルの中から、さらに流派という枝分かれがありますけど……」

マコト「ボクが扱うのは、その中でも『空手』と呼ばれるものに近いです」

閣下「アミ・マミのいる島国のどこかで生まれたやつだよね。かわらわりとか知ってるよ」

マコト「えぇ、それは演武という方向で発達したものですけれど」

マコト「ボクたちがやってるのは、もっと戦闘の技術として……」ペラペラ


閣下(……なんか眠たくなってきた)ウトウト

マコト「……で……というものもあり……」

閣下(マコトはすっかりアイ・ウォントに向かって話始めてるし……いいかな?)

閣下(今日はちょっと気合い入れて早く起きすぎちゃったし……部屋の隅でいいや)ユラァリ

閣下「おやすみ……」コテン

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:49:01.09 ID:DJTZczxL0
マコト「ふぅ……それじゃあ、今日の練習は終了!」

生徒たち「ありがとうございましたー!」

マコト「お疲れ様。さて、すっかり放置しちゃってた閣下は―――と」

閣下「スゥ…スゥ…」

マコト「あはは、すっかりおやすみだ。……アイ・ウォント、しっかり撮っちゃってよ?」

マコト「……これは、ファンクラブにもまわさなきゃね」

生徒「睡眠中の総統閣下……これは…いいものだ」

マコト「コラ、閣下にそのような卑しい感情を向けることは許さないよ」

生徒「も、申し訳ございません!」

マコト「……どうせなら、もっと清らかで、晴れやかなことを思いなよ」

生徒「清らかで、晴れやか……申し訳ございません、それはどのような……?」

マコト「……例えば尊敬。例えば忠誠。あとは……愛情、とか?」

生徒「愛情、ですか……」

マコト「もちろん、変な意味じゃなくてだよ?」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:51:53.82 ID:ib8dqQoYO
支援は生徒のつとめ

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:51:59.95 ID:DJTZczxL0
生徒「……マコト様は、本当に閣下のことを大事に思っていらっしゃるのですね」

マコト「……そうだね。きっと、命だってかけられるよ。本人に言うと怒られちゃうけど」

生徒「もちろんです。総統閣下の方針は『仲間第一』と聞き及んでいます」

生徒「その総統閣下が、その中で最も信頼しているあなたの命をないがしろにするような言葉を」

生徒「たとえそれがマコト様本人の口からでたものであっても、許すはずがありません」

マコト「……そうだね」

生徒「少しでも犠牲を減らすために……このような、回りくどい作戦も実行中なのですよね」

マコト「……ふふ、本当に……手のかかるお方だよ」

生徒「その割には、随分嬉しそうですね?」

マコト「そりゃそうだよ……ていうかキミ、ちょっと調子に乗りすぎだよー」ブー

生徒「あはは、これは失礼しました。……それでは、自分はこれで。失礼します」

マコト「うん、お疲れ……」

マコト「……嬉しそう、か……」

マコト「……」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:54:25.65 ID:DJTZczxL0
―――

マコト「閣下、そろそろ起きてください」

閣下「むぅ〜ん…ヴぁー…」

マコト「はい、寝ぼけてないで! 撮影中ということを忘れているのではないですか?」

閣下「……日常風景の撮影がコンセプトだし〜……」

マコト「これではさすがに、逆に地球人の士気を上げることになりそうですよ? 弱そうだって」

閣下「……それは困る」ムクリ

マコト「それでよろしい。コーチングは終了しました。さぁ、帰りましょう」

閣下「すぅ、ヴぁ〜〜〜〜ぃ……ふぅ、ちょっと寝違えたかもしれない」

マコト「固い床でしたからね。しかたないですね」

閣下「うぅ〜ん……やっぱり睡眠って必要! 無理な早起きは禁物ってことだよね?」トテトテ

マコト「そういうことですね」スタスタ

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:56:17.50 ID:DJTZczxL0
閣下「そういえば、そろそろ夕食の時間だよね」

マコト「えぇ、そうです。そろそろ準備もできてるころでしょうし、早く特別食堂に……」

閣下「……マコトはどうするつもり?」

マコト「…ボクは、中級食堂ででも済まそうかと」

閣下「じゃあ私もそうする!」

マコト「なりません」

閣下「どうしてさ!」

マコト「総統閣下としての威厳や、その他には報告事項が溜まっているとの報告がありました、などの理由で」

閣下「うえ〜……」

マコト「ご辛抱ください。ボクも食事が終わり次第応援に向かって……」

閣下「それじゃあ、一緒に特別食堂で食べようよ! どうせ合流するんだし、問題ないでしょ?」

マコト「……それは……」

閣下「……今日は、なんだか一人で食べたくない……」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 00:58:40.11 ID:DJTZczxL0
マコト「……はぁ……仕方ないですね。今日だけですよ?」

閣下「本当!? やったー!!」

マコト「……まったく、本当に手のかかる……」

閣下「ん?何か言った?」

マコト「いえ、何も。さぁ、早く行って、仕事をすませましょう」

閣下「そうだね〜♪」スキップ〜

マコト(そういえばこうして、一日中一緒にいることって、本当に久しぶりだな〜……)

マコト(……たまには、こんな日もいいね)

閣下「マコト! 早く行くよ!」

マコト「……」

閣下「……マコト?」

マコト「……はい、ただ今!」タッタッタ

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:00:44.46 ID:DJTZczxL0
―――総統閣下の寝室

マコト「……閣下……起きていますか」

閣下「スゥー…スゥー…」

マコト「……寝てしまいましたか」

マコト「……」

マコト「……今日は、ありがとうございました」ペコリ

マコト「まるで昔のように、階級差に縛られずに行動できた気がした一日でした」ナデナデ

マコト「昔のように食事をして、昔のように笑い合って」

マコト「……閣下が泣いたところなんて、本当に久しぶりで……とても懐かしかったです」

閣下「スゥー…スゥー…」

マコト「……」

マコト「会食終了と同時にアイ・ウォントを切ってくれて本当に良かった」

マコト「こんなトップシークレット……情報管理課にだって任せられやしないですから」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:01:13.14 ID:xBFfB4DJ0
はるまこ支援

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:03:11.47 ID:DJTZczxL0
閣下「ヴぁ……ヴぁ……」

マコト「……閣下? 起きているのですか?」

閣下「…スゥー…ぅぅん…」

マコト「……」

マコト「……はぁ……もうあなたは眠っているというのに、敬語というのも変…だよね」スク

マコト「……ハルシュタイン……ううん……」スタスタ…ピタリ

マコト(……突き進むしかない。迷いを捨てて。もう戻れないのは分かってる)

マコト「……ハルカ」クルッ

マコト(でも今日くらいは、また昔のように、こう呼びたい)

マコト「……へへ……おやすみ、ハルカ」…ウィン

閣下「……スゥー…スゥー…」

マコト(……さて、明日も頑張ろう!)スタスタ

                          ―――マコト編終わり―――

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:05:12.70 ID:D/NiLOAB0
はるまこイイね!

34 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2012/08/25(土) 01:05:27.31 ID:yivQRB/t0
こいつぁ珍しい
支援

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:06:31.61 ID:DJTZczxL0
―――翌日

閣下「ふあ〜…ふぅ…。取るに足らない地球人の皆、ごきげんよう」

閣下「宇宙最強の集団<<黒い月>>の総統、ハルシュタインとは私のこと!」

閣下「昨日は私の右腕であるマコトとの一日を撮影したよね。いやぁ、楽しかった」

閣下「この調子で他の幹部たちも、一日一緒に行動していこうと思うんだよ」

閣下「おそらくこれが2ファイル目とかに別けられるはずだけど」

閣下「どうせ全部見るつもりでしょ? まぁ細かいことは考えずに、今日も頑張っていくわ!」


閣下「というわけでここは幹部、ヤヨイの部屋の前だよ!」

閣下「ヤヨイは幹部の中でも異質の存在でね、基礎能力は皆無に等しいんだけど」

閣下「それを補って余りある特徴でもって、私の側近にまで上り詰めた子なんです」

閣下「結論、かわいいということで、早速入ってみようかな!」

閣下「ヤヨイ! ヤヨイ〜!」ウィン

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:08:52.73 ID:DJTZczxL0
閣下「ヤヨイ! 起きてれぅ〜?」

ヤヨイ「はい、起きてますよー!」

閣下「お、優秀! マコトは昨日、ものの見事にお寝坊さんだったからね」

ヤヨイ「でもマコトさん、一昨日は夜遅くまで働いてたの知ってます!」

閣下「当然私も知ってるよん! だから茶化すだけにしておいたんだよ」

ヤヨイ「うぅー? いじめはめっですよー?」

閣下「分かってるってば」

ヤヨイ「だったらいいです! それじゃあ、いつものアレ、いっときましょう!」

閣下「お、これも久しいね。はい、いいよ」

ヤヨイ「うっうー! 行きますよぉ〜? はい、たーっち!」

閣下「タッチ!」パン

ヤヨ閣下「いぇい!」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:09:35.85 ID:xBFfB4DJ0
俺「いぇい!」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:10:35.94 ID:DJTZczxL0
閣下「ところでヤヨイ、今日の朝食なんだけど」

ヤヨイ「朝食? どうしたんですか?」

閣下「うん、なんだか地球の食べ物でね、ビビっと来たものがあって……」

閣下「はい、コレあげる」つ『もやし』

ヤヨイ「……」

閣下「とっても安価な、庶民の友らしいよ!」

閣下「もちろんヤヨイがそうだって言うわけじゃないけど……これを見た瞬間、」

閣下「ほんとに、言葉では説明できない閃きのようなものがあったんだよ!」

ヤヨイ「……ありがとうございます」

閣下「あ、あれ? あんまりうれしくない?」

ヤヨイ「……はい、正直あんまり……」

閣下「そ、そうなんだ……あはは、それはごめんね」

ヤヨイ「い、いえ! ハルシュタインさんが謝る必要はありません!」

ヤヨイ「ただ……ちょっと昔を思い出しちゃっただけで……」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:12:43.59 ID:DJTZczxL0
閣下「そっかー……ヤヨイにもいろいろあるんだね」

ヤヨイ「あ、でもそれで、ハルシュタインさんが遠慮する必要はありませんから、」

ヤヨイ「いつも通りディアーンッと構えていてください!」

閣下「ディ……? ……うん、分かったよ。ありがとね、ヤヨイ」ナデナデ

ヤヨイ「えへへ……」

閣下「それじゃあ、朝食にしよっか! あ、別に無理してもやしは使わなくていいよ」

ヤヨイ「そうですか? それなら、下級食堂に行きましょー!」バッサバッサ

閣下「下級食堂? え、ヤヨイは幹部でしょう?」

ヤヨイ「はい! あの……別に、お金に困ってるわけじゃないんですけど、何となく落ち着くので!」ペカー

閣下「へ〜、そうなんだ」

ヤヨイ「きっとハルシュタインさんも病みつきになりますよ! おいしくって安いです!」

閣下「おぉ、楽しみだね〜」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:14:36.11 ID:DJTZczxL0
―――下級食堂

閣下「わぁ、何気にここで食事するのは初めてかも」

ヤヨイ「それはいけません! 最近は地球の食べ物もメニューに入ってきてて」

ヤヨイ「すっごくじゅうじつしてるんですから! 来なきゃ損ですよ!」

閣下「わ、分かったよヤヨイ……ちょっと怖いよ」

ヤヨイ「あっ…ごめんなさい」

閣下「ううん、いいよ。それで、おすすめとかはある?」

ヤヨイ「おすすめですか? それならやっぱり最近追加された地球産の……」

ヤヨイ「アレです! 塩パスタ!」バァーン

閣下「塩パスタ……それはどんなものなの?」

ヤヨイ「ももぎきはいちげんにごとかず、です!」

閣下「何それ? 呪詛?」

ヤヨイ「違います! 見たら分かるっていう意味の……こ…ことわざ? です!」

閣下(百聞は一見に如かず、のことかな。百=ももってところからぶっ飛んでるね)

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:16:07.76 ID:DJTZczxL0
閣下「モグモグ……」

ヤヨイ「どうですか、ハルシュタインさん! おいしいでしょ!?」バッサバッサ

閣下「……ウン、オイシイヨ」

ヤヨイ「良かったですー! この素朴な味が病みつきになります!」ペカー

閣下(……正直言ってまずい。味しないし…けど、ヤヨイが笑顔になるならいいかな)

下っ端A「お、おい見ろよ! 総統閣下とヤヨイ様がこのようなところに!」

下っ端B「ヤヨイ様はともかくとして、総統閣下が……! 偵察の一環であろうか?」

閣下「ううん、密着取材みたいなものだよ。幹部だけの、ね!」

下っ端C「へぇ、今回はまたどういった風の吹き回しで?」

閣下「あれ、聞き及んでない? 地球人の戦意喪失のためのプロジェクトだよ」

下っ端D「そういえば掲示板に張ってありましたね。では今日はヤヨイ様の番ですか」

閣下「うん。あ、でも私はしっかりとあなた達も見てるからね。手を抜いたらダメだよ?」

下っ端E「これは光栄なことだ。では今日もいつも通り、しっかり仕事するとしましょう」

閣下「よろしい。しっかり頑張るんだよ!」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:16:43.93 ID:xBFfB4DJ0
下っ端になりたい

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:17:38.89 ID:l8+3cn8ZO
某笑顔動画にあるMMD再現アニメにでてくる伊織が可愛いすぎてふく

支援

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:18:36.33 ID:DJTZczxL0
ヤヨイ「朝ごはんが済んだら、次は子供たちのお世話をしに行きます!」

閣下「子供たちの世話、か……それは、何をするの?」

ヤヨイ「えっと、歌を歌ったり、一緒に踊ったり、遊んだりします」

閣下「何だかすっごくヤヨイらしいね! それはお仕事?」

ヤヨイ「そうですけど、でも私的には、なんだかそんな感じはしないです」

閣下「極端な話、遊んでるんだもんね」

ヤヨイ「はい! みんなの成長を見るのって、やっぱり楽しいですよ」

閣下「そっかぁ……そうだね、私も今日は頑張ってみよう」

ヤヨイ「あ、でも〜、子供たちはまだハルシュタインさんのこと知らない子も多いので」

ヤヨイ「やっちゃダメなことしたら、すぐに私に言ってくださいね!」

閣下「うん、頼りにしてるよ」グッ

ヤヨイ「任せてください」ペカー

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:18:40.32 ID:0dEoU7Ij0
マコトは仲間の死に人知れず涙を流すタイプの幹部

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:20:37.29 ID:DJTZczxL0
子供A「パッと舞って!」

子供B「ガッとやって!」

子供C「ちゅっと吸って?」

ヤヨイ「ζ*'ヮ')ζ<はーん」

閣下「今の本当に噛んでたら権力使ってたかも」

ヤヨイ「えへへ、きちんとボーダーラインは教えてありますよ!」

閣下「はぁ……心臓に悪い」

子供D「おねーちゃんも遊んでくれるの?」

閣下「ん? 私? 私は〜……」チラッ

ヤヨイ「はい、ほどほどなら大丈夫ですよ!」

閣下「うん、お許しが出たから遊ぼうか!」

子供E「わーい!」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:23:03.76 ID:DJTZczxL0
閣下「―――そうじゃないわ。もっとこう……自分が上だって意識しながら……」

閣下「『そ こ に 跪 い て !』」バーン

子供たち「ウッドワーッ!!!!!!」ズザァ

子供たち「カッコーイッァ!!」ズイーン

閣下「っていう感じで!」

ヤヨイ「ちょっとハルシュタインさん! 何教えちゃってるんですか!」バサバサ

閣下「え? ダメだったかな?」

ヤヨイ「ダメですよ! 子供たちがみんな王様になっちゃったらどうするんですか!」

閣下「え〜? ないない!」

ヤヨイ「あるんですよ! ハルシュタインさん、自分の影響力をもうちょっと分かってください!」

子供F「そこにひざまずいてー!」

閣下「……あ〜、そんなに、かな……あはは……ごめんなさい」

ヤヨイ「……もう、子供たちとのお遊びは終了の時間です。そろそろ出ることにしましょう!」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:28:03.67 ID:DJTZczxL0
ヤヨイ「はい、今日のやらなきゃいけないことは終了しました!」

閣下「あ、そうなんだ? それじゃあ、次はどうするの?」

ヤヨイ「えっと、次にやるのは、実はまだ決まってません!」

閣下「え、それじゃあ、いつもは何をしてるの?」

ヤヨイ「いつもはステーション内をブラブラしてみて、困ってる人がいたら手伝うってことをしてるんです!」

閣下「へぇ〜……」

ヤヨイ「だけど、今日はハルシュタインさんも一緒だから、それは無しです」

閣下「あれ、どうして?」

ヤヨイ「あうー……実は私、手伝おうとしても、力不足でやっぱりできない〜ってなることが多いんです」

ヤヨイ「力はないし、技術だってありません。知識も、ほとんどないし、頭もよくないです」

ヤヨイ「そんな私がなんでそれを続けてるかって言うと……」

ヤヨイ「私が行ったことで、みんなが笑顔になってくれるからなんです」

ヤヨイ「結局はみんな、何も知らない私が来たことで手間が増えたはずなのに、それでも楽しそうに笑ってくれるからなんです」

閣下「……」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:30:30.88 ID:DJTZczxL0
ヤヨイ「ていうことは、きっと私のお仕事って、みんなを笑顔にすることなんじゃないかなーって思うんです」

ヤヨイ「……多分なんですけど、私は今日、ハルシュタインさんから離れちゃいけないんです」

閣下「?」

ヤヨイ「それは、やっぱりお仕事しているみなさんの視察もしたいかもしれないですけど」

ヤヨイ「でも今日の私は、もうハルシュタインさんのお手伝いで手一杯ですから」

閣下「ヤヨイィ……」

ヤヨイ「だから今日は、ハルシュタインさんと一緒にいて、ハルシュタインさんを笑顔にしようと思います!」

閣下「ヤヨイひいいいい!!」ダキッ

ヤヨイ「はわっ!? 」

閣下「ヤヨイはかわいいなぁ!! ヤヨイはいい子だなぁ!!」スリスリ

ヤヨイ「ちょ、ちょっとくすぐったいです……」

閣下「もう十分スマイル分けてもらってるよー! 素晴らしいよー!」

ヤヨイ「えへへ、なんだかハルシュタインさん、さっきの子供たちより子供ですー!」ナデナデ

閣下「たまには……たまにはいいでしょ〜……」

ヤヨイ「もちろんです! カメラの前ですけど、バッチリ甘えてくだ」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:33:32.06 ID:DJTZczxL0
閣下「さぁ、そろそろ夕食だね」

ヤヨイ「そうですねー!」

ヤヨイ(あのあとハルシュタインさんは、すぐにカメラの電源を切って、泣いちゃいました)

ヤヨイ(『まただー』って言ってましたけど、昨日も同じようなことやっちゃったのかな?)

ヤヨイ「……」

ヤヨイ(えへへ、でも一瞬でも撮れてたはずなので、それで良しとしますー!)ペカー

閣下「何ニヤニヤしてるの? ほら、早くヤヨイの部屋に!」

ヤヨイ「ふぇ? どうしてですか?」

閣下「ふふん、今日は私、ヤヨイと食べたいな〜って」

ヤヨイ「えぇ!? 大丈夫なんですか?」

閣下「うん! 食品管理課には今日の私のは作らなくていいって言ってあるから」

ヤヨイ「そうなんですかー」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:34:30.44 ID:ib8dqQoYO
支援は紳士のつとめ

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:35:50.72 ID:DJTZczxL0
ヤヨイ「……それじゃ、今日はアレを作ってみることにします!」

閣下「アレ?」

ヤヨイ「はい! ちょうど今朝、ハルシュタインさんが持ってきてくれたのもありますし……」

閣下「?」

ヤヨイ「とっても久しぶりに、もやし祭りを開催しようと思いますー!」

閣下「お、おぉ! なんだか凄そう!」

ヤヨイ「えへへ、とはいっても、大量のもやしを特製ソースで炒めて食べるだけなんですけど、とってもおいしいんですよー!」

ヤヨイ「! あ〜……えっと……本当はもやしじゃない、また別の食材を使ってたんですけど」

ヤヨイ「びっくりするぐらい似てるので、もうもやしのままいっちゃえーってことにしました!」

閣下「はぁ〜、楽しみだな〜」

ヤヨイ「それじゃあ、レッツゴー!」バッサバッサ

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:37:52.74 ID:DJTZczxL0
―――ヤヨイの部屋

閣下「お〜い、ヤヨイ? もしかして寝ちゃった?」

ヤヨイ「ぅっぅー……ぅっぅー……」

閣下「あはは、おかしな寝息……あ、そうだ。アイ・ウォント、パワーオフ」

ウォント『ビウー………ン』

閣下「……」

閣下「……ヤヨイは、かわいいなぁ……」

閣下「みんなを笑顔にするのが役目、かぁ……真似できないよね」

閣下「まぁ、だからこそ基礎能力を度外視してまで、幹部にしたんだけどね」

閣下「ヤヨイはそのまま、そのまま頑張ってね」ナデナデ

閣下「……そろそろ、帰ろうかな」

閣下「おやすみ、ヤヨイ! もやし、おいしかったよ!」ウィン

ヤヨイ「スゥー…スゥー…」

                  ―――ヤヨイ編終わり―――

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:39:37.73 ID:bQDNzFhg0
閣下!


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:39:51.50 ID:DJTZczxL0
あと伊織と貴音が残ってますけど、限界なので寝ます
明日、落ちてたらスレ立ててでも残り投下するつもりです
読んでくれてありがとうございました

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/25(土) 01:42:21.46 ID:ib8dqQoYO
乙でござった!
このまま保守すべきか否か

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)