5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

江藤「おはよう榊原君!」 恒一「あ、おはよう江藤さん」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 17:46:00.28 ID:hGW7JAnc0
江藤「いやぁ今日もいい天気だね」

恒一「……………………」

江藤「どうしたの? 黙っちゃって。早く教室行かないと予鈴鳴っちゃうよ?」

恒一「……いや、なんだか最近江藤さんに話しかけられること多いからさ」

江藤「もしかして嫌だった?」

恒一「そんなことないよ。でも、なんでかなー、って」

江藤「決まってるじゃない。榊原君のことが好きだからだよ」

恒一「え!?」ドキ

377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:22:57.45 ID:FPwlgb6jP
風見さんと対抗できた恒一さんなら・・・

378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:23:39.42 ID:ilmDDB980
でも杉浦さんにはフルボッコにされてたし

379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:25:41.62 ID:mrmkLRn60
恒一「江藤さん!! 早く逃げるんだ!!」




    ――『ハァハァ……ぅぇぁぁあっ!!』ドスッ!!――




江藤「ああ……いや……いや」フルフル

恒一「江藤さん?」




    ――『ひゃげう!!!』ブシュウウウウ――




江藤「あ……うあ……」ガタガタ

恒一(クソッ、どうしたってんだ一体!? 江藤さんの様子がおかしい!)

380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:27:20.70 ID:lVKRPPWJ0
>>378
女の子には紳士だから

381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:28:14.35 ID:FPwlgb6jP
>>378
アレは半ば不意打ちだったところもw

382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:31:42.07 ID:mrmkLRn60
男「ほら! 当たると痛いよ? 刺されると血が出ちゃうよ?」

男「ほらほらほらほらほら!!!!」ブンブンブンブン

恒一「くっ!」サッサッサッ

男「早く死んじまえよ!!!」

恒一「わっ」ガッ

  ビターン!

恒一「うっ……(転んでしまった。早く起きないと!)」

男「ひぃやはぁぁぁぁぁあああっ!!!」ブンッ

恒一「クソッ!!」ガシッ

男「お前……生意気だな。僕が誰だか知ってるのか?」ググググ

恒一「し、知るかよそんなこと(ほ、包丁が目の前に……っ!)」ググググ

男「ここ数年、世間を騒がせてる大スターだぞ?」

恒一「何ぃ? ……くっ!」

男「新聞で読んだことないか? 『また夜見山市で出没! 今月で被害者は○人目』ってな」

恒一「ま、まさか!?」

383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:32:39.71 ID:FPwlgb6jP
怜子さんの敵討ち来たこれ

384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:36:51.97 ID:N9tTYmbOO
覚醒するのか

385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:37:17.96 ID:ilmDDB980
あの恒一似のイケメン通り魔か

386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:37:32.18 ID:mrmkLRn60
男「その通り。絶賛、夜見山を恐怖で支配している史上最凶の通り魔、それが僕のことさ」ニヤァ

恒一「お前があの……」

恒一「あの通り魔なのか……?」

男「なんだ、ビビったか?」

恒一「お前が……」

男「良い冥土の土産になったろ? だが安心しろ。後でちゃんと、そこの彼女もお前の元に送ってやるからさ」

恒一「………………」

男「だからお前は、一足早くあの世に行ってろ!!!!」ブンッ

  ガシィィッ!!!

男「何!?」

恒一「……お前のせいで」ボソッ

男「くっ!?」グググ

恒一「お前のせいでどれだけの被害者が無念のうちに死んでいったか……どれだけ多くの人が辛い目に遭ったのか……分かってるのか?」

恒一「お前は夜見山に取り付くもう一つの災厄だ」

男「なんだと? 何を言ってやがる?」

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:42:23.24 ID:mrmkLRn60
恒一「もう、これ以上……この町で災厄は起こさせない!!」

男「こいつ!!」

恒一「うおおおおおおおおおおおお!!!!!!」

  ドゴッ!!!!

男「ぷぎゃっ!?」

恒一「ハァ……ゼェ……今のは江藤さんを怖がらせた分」スクッ

男「お、お前えええええ!!!!」

恒一「もう一発はお前に殺された被害者たちの分だ!!!!」

   ドゴオオオオオオッ!!!!

男「ぐぇぁあああぁぁぁ……っ!!??」

388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:44:20.72 ID:Md5EQRVm0
恒一△

389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:44:41.43 ID:12ADBG5K0
これは江藤さんの分これは江藤さんの分これは江藤さんの分これは江藤さんの分
これは江藤さんの分これは江藤さんの分これは江藤さんの分これは江藤さんの分
これは江藤さんの分これは江藤さんの分これは江藤さんの分これは江藤さんの分
これは江藤さんの分これは江藤さんの分これは江藤さんの分これは江藤さんの分

390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:45:42.62 ID:KZFSNntY0
俺らならサクッと刺されて死んでるんだろうな
ていうかその前に美少女とデートまでこぎつけられないんだろうな

391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:48:32.97 ID:mrmkLRn60
恒一「ハァ……ハァ……」

男「か……はっ」バタッ

恒一「江藤さん!」

江藤「あ……ああ」ガタガタ

恒一「江藤さん!! 怪我はなかったかい!?」ユサユサ

江藤「!!!」ビクッ

江藤「い……いや……」

恒一「江藤さん?」

江藤「いや……いや! いやぁ!!」

恒一「どうしたんだ江藤さん? 落ち着いて! 僕だよ! 榊原だ!」

江藤「包丁が……」

恒一「包丁?」

江藤「血まみれの包丁……ああっ、やだ……先生が……先生の首が……っ! あああああ」

恒一「!」

恒一(まさか、血がついた包丁を見てトラウマが蘇ったのか!?)

392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:51:27.39 ID:LQYG8Mxc0
もうやめて榊原くん!! もうそいつ死んでるから… かと思った…

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:55:10.35 ID:mrmkLRn60
江藤「血が……血があんなに出てる……顔についた血が取れないよ……やだ! やだやだやだ!! いや――」

恒一「江藤さん!」ダキッ

江藤「!!!!」

恒一「大丈夫だ江藤さん……もう、災厄は終わってるんだ」

江藤「はっ……あっ……さかき……ばら……くん」

恒一「ここは公園で、あの日の教室じゃない。災厄は終わったんだ。江藤さんが怖がる必要はないんだよ」

江藤「……終わった? 災厄、終わった、終わったの? 終わったんだよね……?」

恒一「そうだ。だから安心して。それに、通り魔も僕がやっつけたからさ。僕が江藤さんの傍についてる。僕が傍にいる限り、江藤さんを守ってあげるから……」

江藤「守る……榊原君が?」

恒一「うん」

江藤「……そっか……安心……私、安心した……榊原君が傍に……傍にいてくれる」

江藤「……榊原君……」

恒一「なんだい?」

江藤「……ありがとう」

恒一「ああ」

394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:57:02.02 ID:hGWFYRchO
>>390
ていうかその前に美少女がいない

395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:59:07.54 ID:mrmkLRn60
恒一「……どう? 落ち着いたかな?」

江藤「……うん。もう大丈夫。榊原君のおか――」

男「ハァ……ハァ」ギラリ

江藤「榊原君!! 後ろ!!」

恒一「え?」クルリ

男「し、死ねええええええ!!!!」

恒一(ナイフ!? まだ凶器を隠し持ってたのか!?)

男「えぇやぁぁああああああ!!!!!」

 「そうは問屋が卸さないんだなぁ」

  ガッ!!! 

男「ぐえっ!!」ズダーン

「決着は着いてるのに、往生際が悪いぜ?」

恒一「君は……」

水野「よう」

恒一「水野君!」

396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:00:52.15 ID:ilmDDB980
イケメンが増えた!

397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:01:05.63 ID:LQYG8Mxc0
水野さんやないっすか

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:02:29.60 ID:rrSmnsjV0
なんと

399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:05:14.08 ID:mrmkLRn60
前島「二人とも、無事かい?」

江藤「あ、前島君も」

男「クソオ!! 離せ!! うあああああ!!!!」

水野「おとなしくしてろよ、犯罪者」

恒一「どうして君たちがここに?」

前島「どうしても何も、公園の外を歩いてたら変な雄たけびが聞こえてさ。見てみたら、君たちが包丁を持った男に襲われてるじゃないか」

水野「だから一緒にいた米村に近くの交番まで走ってもらって、俺たちはお前たちを助けるためにここまで来たんだよ」

恒一「そうだったんだ」

水野「もっとも、その前に榊原がこいつを一度のしちまったし、警察もすぐ来るだろうから俺たちはお邪魔にならないよう陰で見守ってたんだが……」

江藤「お邪魔って?」

前島「いや、こいつ倒した途端、ハリウッド映画のラストみたいにいきなり抱き合い始めたじゃないか君たち」チラッ

恒一・江藤「え?」 

恒一・江藤「……あ////」カァァ

恒一・江藤「〜〜〜〜っ////」ババッ

400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:11:18.49 ID:mrmkLRn60
前島「まさか2人がそんな関係になってるとは知らなかったよ」

恒一「こ、これは別にそういうわけじゃ……!」

江藤「そ、そう! ちょっと事情があってあんな風になってただけで……!」

水野「ま、どうでもいいが油断してんじゃねぇぞ? 俺たちが近くにいたから事無きを得たものの」

恒一・江藤「……す、すいません、、、」

米村「おーい! 警官連れて来たぞー!」

前島「お、米村だ」

警官「凶器を持った男がいると聞いて来たんだが」

水野「こいつっす」

男「チクショウ!! 離せ!! この無能どもが!!」

恒一「この男、例の連続通り魔です。本人がそう名乗ってました」

水野・前島・米村「ええっ!?」

401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:17:33.45 ID:mrmkLRn60
警官「お前がそうなのか? ふん、お前の悪事もここまでだな。ほら立て」

男「クソッ……」

前島「驚いたな。あいつが例の通り魔だったのか」

米村「まったくだよ」

水野「まさかこんな形で通り魔事件の犯人が終わるなんてな」

恒一「うん、終わったんだよ」

水野「あん?」

恒一「……これで本当に、すべてが終わったんだ」

恒一「ね? 江藤さん」

江藤「うん。そうだね……」

江藤「後は……」

―――――
―――
――

402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:18:07.28 ID:B5b1WPGQ0
支援

403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:18:29.25 ID:tIe+WtaP0


404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:24:02.32 ID:ilmDDB980
後は?

405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:24:12.58 ID:mrmkLRn60
――
―――
―――――

  それから一週間後・市内の市民プール

恒一「えーっと……」キョロキョロ

鳴「榊原君。こっちよ、こっち」

恒一「あ、見崎!」タッタッタ

鳴「遅いわよ。どこか行ってたの?」

恒一「うん。ちょっと、お墓参りにね」

鳴「お墓参り?」

恒一「ああ」

鳴「……なんでまた?」

恒一「良い機会だと思ってさ。今までずっと負い目があって行くのを避けてたんだけどね……」

恒一「謝罪して、あと江藤さんが大会で頑張れるよう見守ってほしいって頼んでおいたよ」

鳴「そう……」

406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:30:20.94 ID:efQs3Tly0
支援

407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:30:34.32 ID:mrmkLRn60
恒一「だからもう大丈夫。江藤さんなら……やり遂げられるはず」

『ただ今より、女子自由形100m決勝を行います』

鳴「あ、来たみたいよ。ほら、江藤さんもあそこに」

恒一「江藤さん……!」

『位置について、用意!』

恒一「……」ゴクリ

 パン!!!

『各選手、スタートしました! おおっと、5番レーンの江藤選手出だしから早い!!』

恒一「行け」

『しかし、後から2番の山田、続いて4番の田中追い上げてくる! これは接戦です!!』

恒一「行け!」

408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:31:04.35 ID:kPiWRw7rO
C

409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:36:22.69 ID:mrmkLRn60
『あーっと、江藤選手抜かれました! しかし勢いは衰えてない!』

恒一「頑張れ!」

『2番、4番、5番、50mを超えて横一列に並びました!』

恒一「君ならできる江藤さん!」

『ここで4番、引き離されました! 2番の山田選手と5番の江藤選手、両者一歩も譲りません!』

見崎「………………」

『ゴール直前! 果たして優勝はどちらでしょうか?』

恒一「江藤さん!!」

『ゴオオオオオル!!!! 優勝は江藤選手です!!!」

恒一「やったああああああああああ!!!!」ガタッ

410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:42:23.52 ID:mrmkLRn60
見崎「やったわね、江藤さん」

『優勝おめでとうございます、江藤選手! 一言お願いします!』

江藤『ハァ……ゼェ……』

江藤『じゃあ……ハァ……応援してくれた友達に……ハァ』

江藤『ありがとう!』ニコッ

恒一「江藤さん……」

見崎「……」フッ

恒一「おめでとう……」グスッ

鳴「あらあら。男の子が泣いちゃって」

恒一「な、泣いてないよ! 見崎の意地悪!」グスッ

鳴「ふふ」

411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:48:16.49 ID:mrmkLRn60
―――
―――――

恒一「今日はよく頑張ったね、江藤さん」

鳴「お疲れ様」

江藤「えへへ、2人ともありがとう」

鳴「練習の成果が出て良かったわね」

江藤「うん。本当は……また溺れたりするんじゃないか、って不安も少しあったんだけど、どうやら完全に克服できたみたい」

恒一「じゃあもう、心配する必要もなさそうだね。これでまた好きに泳げるね」

江藤「うん楽しみ! って言いたいところなんだけど、その前に受験があるんだよねぇ」

鳴「あ、そっか。受験あるの忘れてた」

恒一「おいおい」

江藤「もういっそのこと受験諦めて、残りの半年遊びまくっちゃおうかな?」

鳴「それ名案かも」

恒一「ちょっと2人とも! 何言ってるの!? 将来がかかってるんだよ!?」

412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:48:38.42 ID:ksjK53mP0


413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:56:11.53 ID:mrmkLRn60
江藤「じゃあさ!」ガシッ

恒一「うおっ」

江藤「マンツーマンで勉強教えてよ? この前約束したよね? 一緒の高校行こって」チラッ

鳴「!」

恒一「あ、ああ、もちろんいいけど……(急に腕組まれてビックリした)」

鳴「…………」

鳴「私も」ギュッ

恒一「え? どわっ!?」

鳴「私も榊原君と同じ高校行くつもりだし、もっと勉強時間増やしてほしいな?」

恒一「そ、それも別に構わないけど……(急に手を握られてビックリした)」

恒一(ていうか僕今、何気に両手に花状態?)

414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:00:42.48 ID:913prbG40
うほ

415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:02:10.91 ID:mrmkLRn60
鳴「ただ、江藤さんは頭良さそうだし、一人で勉強した方が捗るんじゃないかな?」

江藤「そういう見崎さんこそ、独学の方が伸びるタイプだと思うけど」

見崎・江藤「ぐぬぬ」

恒一「ちょっ、よく分からないけど睨み合うのはやめなよ。見崎も江藤さんもなんで僕と2人だけで勉強したがるの? 3人一緒の方が楽しいじゃない」

見崎・江藤「でも……」

恒一「そう思わない?」

鳴「ま、榊原君がそう言うなら……」

江藤「仕方ないかな?」

恒一「うんうん、分かればいいんだ。それが一番だよ」

恒一(にしても二人とも、いつまで僕にくっついてんだろ? なんか恥ずかしいんだけど////)

416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:11:14.62 ID:mrmkLRn60
江藤「見崎さん」

鳴「?」

江藤「貴女とはこれから色んな意味で張り合うことになりそうだし、先に忠告しておくね」

鳴「……へぇ? 何かしら?」

江藤「トラウマを乗り越えた江藤悠は絶対無敵。勉強にしても恋にしても――」






江藤「私、絶対負けないからね!」






                                                      終わり

417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:11:31.96 ID:B5b1WPGQ0
乙!

418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:12:18.34 ID:mrmkLRn60
無駄に長くなってしまったけど、ここまで付き合ってくれた人ありがとう。
合宿不参加組のモブキャラとはいえ、江藤ちゃんも意外と魅力的な部分いっぱい
あるので今後何かと気にかけてくれると嬉しいです。

つまり何が言いたいかっていうと、江藤ちゃん可愛い。

419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:13:20.82 ID:913prbG40
乙! 江藤さん可愛い

420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:15:04.17 ID:ilmDDB980
乙〜

421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:15:16.41 ID:dbMUiYth0
乙!おもしろかった!

422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:20:58.59 ID:zcOqEgBy0


423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:21:27.67 ID:llUoyYwY0
乙!

424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:24:08.51 ID:Md5EQRVm0
江藤さんかわいい
これは選ばなくてもハーレムでも良いな


425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:25:24.21 ID:zYD0DL190
乙。見崎と女子のクラスメイトが仲良くなるSSって意外と少ないから、そういう面でも良かった。

426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:36:26.68 ID:Llzk3wrni


175 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)