5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

朝起きたら妹がいなくなっていた

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 08:56:05.40 ID:CDM6Pg6B0
確かにいたはずなのにいない

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 08:57:01.32 ID:CDM6Pg6B0
妹は俺の隣の部屋で寝ていたはずなのに
朝起きたらもぬけの殻になっていた
妹の所持品はひとつもなかった

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 08:57:13.63 ID:DQMEkfBM0
奇遇だな俺もだ

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 08:57:35.21 ID:kpchvocgO
向こうの世界でお前を待ってるよ

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 08:58:32.10 ID:CDM6Pg6B0
親は普通に食事をしていた
妹の話題は一切なかった
そんなに朝早く、妹がいないなんて明らかに異常なのに

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 08:59:34.06 ID:CDM6Pg6B0
俺は少し怖くなって
結局親には何も聞けなかった
そのときは友達とどこかにいったか
あるいは親とけんかしたのじゃないかと思っていた

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:00:43.59 ID:ugjK5EEs0
爆発待ち

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:00:43.97 ID:CDM6Pg6B0
俺も春休みだったので
その日は外に出て
一人で映画とか見て遊んでた
夕方帰宅した
妹はまだいなかった

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:01:41.00 ID:CDM6Pg6B0
俺はまあいいやと思ってテレビとか見てた
そのうち夕食になった
妹はまだ帰ってこない
親は黙々と飯を食っていた

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:02:44.46 ID:CDM6Pg6B0
時計の針が9時を回った
俺はさすがにやばいんじゃないかと思った
親は暢気にバラエティー番組とか見てた
しかたがないので俺は妹に電話をかけることにした

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:03:55.37 ID:CDM6Pg6B0
妹に電話した
『おかけになった電話番号は、現在使われておりません』

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:04:44.21 ID:9HJkWHLS0
なにこのスレ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:05:12.35 ID:CDM6Pg6B0
俺はおやおやと思い
かけなおそうとしたが
単に登録してある番号に自動でかけただけなので
掛け間違えということはまずない
それでももう一度かけてみたが、結果は同じだった

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:05:45.58 ID:9SyD3JTa0
心配になった俺は妹の通っている学校に走って行った
すると教室で悶える妹の声が聞こえてきた

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:06:13.04 ID:Ys9ulCNH0
>>13
誘拐かもよ?
妹さんでしょ。ありえるよ

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:06:13.31 ID:CDM6Pg6B0
俺は、妹はとうとう親に携帯を解約されたと思い震えた
前々から妹は、携帯の使いすぎに親から注意を受けていた

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:07:10.85 ID:CDM6Pg6B0
俺は春からなんてことになってしまったのだと思い
しばらく部屋の中でうろうろしていた
そのうちに時計は11時を回った

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:07:51.85 ID:CDM6Pg6B0
さすがにまずいだろうと思い
親に話を聞こうかと思ったらもう寝ていた

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:09:28.15 ID:Y5/mKT0o0
まとめ転載禁止

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:09:55.46 ID:CDM6Pg6B0
俺はこの状況だと
親は妹の居場所を知っているなと思った
でないかぎり、ここまでの余裕はありえないからだ
おそらくは友達の家だろうと思った

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:11:03.73 ID:HCKaUtLO0
なにこれこわい

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:11:20.74 ID:CDM6Pg6B0
妹には特に仲のよい友達が二人いた
どっちも小学校からの付きあい(妹は今年中3)で
いつも一緒にいた

23 :ロリコン代表:2012/04/07(土) 09:11:36.30 ID:dD9fVP8QO
ちんちんおっき

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:11:52.05 ID:Ys9ulCNH0
朝から冷や汗かいた

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:12:15.43 ID:CDM6Pg6B0
もちろん学校にほかの友達もいるだろうが
とまるとまられの関係になってくると
彼女たちしか考えあたるふしはなかった

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:12:30.15 ID:TgMHYWCu0
今抜いたばっかなのに

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:13:42.11 ID:CDM6Pg6B0
よくよく考えると
その前の日
夜妹は親ともめていたような記憶があった
俺が自分の部屋でゲームをしていたところ
下の階(俺と妹の部屋は2階にある)
で争うような声が聞こえてきていた

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:14:46.80 ID:CDM6Pg6B0
恐らくそこで大喧嘩となり
妹は家を出るとか言ったのだろう
そして友達の家に行くとでも言ったのだろう
本来なら親はここで止めるべきだ
友達の両親に迷惑がかかるからだ

29 :まさる 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2012/04/07(土) 09:15:49.14 ID:KXEx7Mur0
空気抜けたんだろ

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:16:08.21 ID:Ys9ulCNH0
>>28
お前がとめればよかったのに…

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:17:04.63 ID:CDM6Pg6B0
しかし妹は以前にもその友達の上に何回か泊まったことがある
妹も向こうの親にまで家出をしたから泊めてくれとは言わないだろうから
適当に2、3泊でもさせておけば機嫌を直して帰ってくるだろう
そう判断したのかもしれない

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:17:26.86 ID:Gwd6Qqj7O
なんだ二次元か

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:17:54.93 ID:CDM6Pg6B0
結局俺は親には何も聞けなかった
最近親と妹は険悪なムードになっていたから
あえて俺がそこに突っ込むと、とばっちりを受けるのではないかと恐れたためだ

34 :まさる 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2012/04/07(土) 09:18:35.37 ID:KXEx7Mur0
ケンカの末、親が妹を絞め殺して捨てちゃったってオチ

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:18:47.04 ID:CDM6Pg6B0
まあ親が余裕なうちは大丈夫だろう
俺はそうたかをくくり、そのまま寝た

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:19:39.48 ID:CDM6Pg6B0
翌朝、妹はやはりいなかった
この日、両親は親戚関係の用事があるとかで家にいなかった
俺は一人で朝食を食った

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:20:16.08 ID:t/2LMK4l0
へい

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:20:42.27 ID:CDM6Pg6B0
そうしているうちに少し精神に余裕が出てきたので
俺はケーブルテレビのアニメとか見て意気を高め
そのまま妹の部屋に入った

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:21:08.85 ID:FN/8Uq9BO
ふむ

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:22:18.77 ID:alg7Evlp0
節子、それ妹やない
絵や

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:22:18.81 ID:Ys9ulCNH0
で?で?

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:22:19.81 ID:CDM6Pg6B0
妹の部屋は物置のようになっていた
親の所持品が詰め込まれていた
昨日、俺が外出していたうちにそうされたのだろうか
俺はしばし呆然とした

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:23:36.37 ID:CDM6Pg6B0
俺はここまでやるのかと目頭が熱くなった
これはもう解決しないんじゃないかと暗澹たる思いとなった
こんなことされては、妹はもう帰ってはきまい

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:24:57.29 ID:MJdoU0tD0
もとからいないんだよ・・・
>>1はどうやったら元に戻るんだ・・・


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:25:05.94 ID:CDM6Pg6B0
俺は下の階に降りて座り込んだ
つけっぱなしになっていたテレビではまだアニメをやっていた
俺はぼんやりそれを見ていた
30分ほどそうしていると、わずかに元気が回復してきた

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:26:39.59 ID:CDM6Pg6B0
俺は意を決して、妹の友達に電話をすることにした
妹の友達の家の電話は、控えを取っていた(さすがに携帯の番号まではしらない)
俺はそのうちの一人(甲子)の家に電話をかけた

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:28:17.35 ID:CDM6Pg6B0
『はい○○です』
年配の女性の声がした
母親だろう
俺はこの段階で、ああしまったなと後悔した
俺と妹の友達とは、直接には関係がないので
どう考えても不審者と思われるのではないかと思ったからだ
だがこうなっては引き返せない

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:29:11.36 ID:GQGrY7Ic0
誰も興味ないからその辺にしとき

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:29:28.32 ID:CDM6Pg6B0
「あ、すいません」
『はい?』
「あ、あの、僕、甲子さんの友達の兄ですが」
『・・・・はい?』
「甲子さんいらっしゃいますでしょうか?」
『・・・・・・・』
『・・・・はあ』

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:29:52.63 ID:Ys9ulCNH0
>>48
俺は見てるぞ

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:30:33.62 ID:CDM6Pg6B0
母親と思われる人物は、やはり少し警戒している感じだった
しかし結局は甲子にかわってくれた

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:31:07.47 ID:D3IlIGwA0
俺にも妹がいた・・・脳内妹だけどな

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:31:44.24 ID:CDM6Pg6B0
「もしもし」
『・・・・・・はい』
「あ、あの、○○です」
『はい?』
「○○(妹の名)の兄の」
『はい?』
「あの」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:32:25.51 ID:CDM6Pg6B0
甲子の声は明らかに不機嫌そうだった
俺はこれはまずいと思い
さっさと用件だけ聞いて切り上げようと思った

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:33:26.05 ID:5nDhWOEm0
見てる

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:33:37.34 ID:CDM6Pg6B0
「あの、妹来てないですか?」
『え?』
「僕の妹が、そっちに泊まってないかと・・・」
『ちょっとすいませんどちらさまですか?』

57 : :2012/04/07(土) 09:33:40.54 ID:tbF/EhinI
朝からちんぽの先っちょに冷や汗かいた

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:34:08.86 ID:q04L15JEO
おまえ前にも何回も語りスレたてたろ
設定バラバラで

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:35:36.33 ID:i7qO/wRa0
存在が抹消されていたんですねわかります

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:35:49.98 ID:CDM6Pg6B0
「え、や、あの、○○(妹の名)の兄ですけど」
『・・・・・・・』
「ごめんなさいね急に電話とかしたりして。妹急にいなくなっちゃったんで」
『・・・・・いなくなったんですか』
「はあ、昨日からいなくて、まだ家に帰ってきてなくてですね、そちらにとまってるんじゃないかって」
『大変ですね』
「ええそうですね」
『知りません』
「え?」
『そういう人のことは知りません』

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:36:20.66 ID:Ys9ulCNH0
>>60
これは・・・

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:36:37.52 ID:CDM6Pg6B0
(ガチャ)
(ツーツーツーツー)

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:36:50.64 ID:c5dTQD7S0
ハルヒ消失みたい

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:37:24.12 ID:CDM6Pg6B0
俺は心が折れた
根っこの軸辺りのところからボキリと折れた
しばらくツーツー音を、自分に罰をかすかのように呆然と聞いていた

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:39:12.23 ID:CDM6Pg6B0
実は、甲子とは何回か顔をあわせたことがあるのだが
俺の印象ではやさしめのおとなしい子だった
妹の話では成績もいいらしい
にもかかわらず、かなり冷たい対応をされた

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:40:13.05 ID:7Sa5rBF40
爆発成分が足りない
やりなおし

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:40:17.43 ID:ZpEXZ1Vj0
C

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:40:34.55 ID:CDM6Pg6B0
これはやはり俺のやりかたがまずかったのだろう
いきなり自宅にわけのわからない男(少なくとも向こうにとってはそうだろう)
から電話をかけてこられて、気分のいい少女がいるわけがない
俺も本来ならそのようなことはしたくない
しかし事情が事情だけにしかたがなかったのだ

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:41:01.65 ID:c5dTQD7S0
面白いオチちゃんと考えてくれよ

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:41:16.13 ID:tbF/EhinI
>自分に罰をかすかのように呆然と聞いていた
泣いた

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:42:33.13 ID:CDM6Pg6B0
俺はまたアニメを見ていた
そうしているうちに徐々に思考力が戻ってきた
確かに俺のやりかたはまずかった
しかしながらもし泊まっているなら、あんな対応の仕方はしまい
必ず泊めたと言うはずだ
ならば妹は甲子の家にはいない
俺は再び腰をあげた
今度はもう一人の友達の、乙子の家に電話をするのだ

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:42:47.08 ID:uGu1t/sw0
お前の妹なら今俺の隣で寝てるぞ

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:45:22.45 ID:CDM6Pg6B0
『はい、△△です』
再び年配の女性の声
またしても親にあたってしまった
俺は若干ひるんだが、ここまできたのだと腹を決めた
「あ、あの自分は○○と申しますが」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:46:40.75 ID:CDM6Pg6B0
『・・・・はあ』
「あの、僕の妹が、お宅のお子さん・・・・乙子さんの友達なんですけどね」
『・・・・はあ』
「ちょっと聞きたいことありましてね」
『・・・・え?』
「ちょっと、かわっていただけたらありがたいかと」
『・・・・・え?』

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:49:09.35 ID:CDM6Pg6B0
「いやあのちょっとですね」
『なんであなたにかわる必要があるんです?』
「いやあのちょっと聞きたいこと」
『あなた誰ですか?』
「いや僕はお宅のお子さんの、乙子さんの、友達の兄で・・・」
『そんなの、じゃああなたの、何?弟?妹?』
「あ、妹です」
『じゃあその妹さんを挟んで電話してくださいよ』
「あ、その妹がいまいなくてですね」
『知りませんよそんなの』

向こうの親は、完全に不機嫌だった

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:51:26.75 ID:CDM6Pg6B0
「あ、あの妹ですね」
『は?』
「僕の妹ですね」
『何?』
「そっちに泊まってませんかね?」
『はあ?』
「泊まって・・・」
(ガチャ)
(ツーツーツー)

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:52:43.71 ID:CDM6Pg6B0
俺は今度はもうだめだった
携帯を放り捨ててしばらく泣いた
惨めな思いがした
そもそも俺は引きこもり体質で
しらない人間に電話をかけるようなことはあまりしないのだ

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:54:23.62 ID:CDM6Pg6B0
俺は一時間ほど思考停止して、部屋の中で転がっていた
何度か妹の顔が頭をよぎった

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:55:39.60 ID:CDM6Pg6B0
昼過ぎになった
妹は帰ってこない
俺はふらふら家を出て
公園にたどり着いた
公園では小さな女の子が遊んでいた

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:56:13.90 ID:8Nvwf7zo0
なんだラノベか

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:56:31.65 ID:CDM6Pg6B0
俺はベンチにすわり、その女の子を眺めていた
昔の妹に見えた
女の子は一人だった
さらおうと思えばさらえるなと思った

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:58:23.27 ID:CDM6Pg6B0
妹はさらわれたのかもしれない
俺はそう思った
親が冷淡なだけに、その可能性はないものと思っていたが
完全に否定しきれるわけではない
俺は段々落ち着かなくなってきた

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 09:59:05.09 ID:TgMHYWCu0
さ ら え

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:00:01.04 ID:IQokWL5vO
神SSの予感
まとめよろ

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:00:19.20 ID:CDM6Pg6B0
俺は家に帰り
もう一度妹の部屋に入った
なにか手がかりになるようなものがないかと考えたためだ
親の荷物を掻き分け掻き分け
妹の所持品を探した
1時間くらい探し回った
何もなかった
妹の持ち物は何一つ見つからなかった

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:00:42.69 ID:uQp4brqWO
はよはよバンバン

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:02:35.68 ID:CDM6Pg6B0
「おおう」
俺は苛立ち大声を上げた
ここまでやることはないだろうと思った
いくら仲がこじれたからといって、これが親のやることだろうか
これではまるで引越しではないか

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:03:01.06 ID:c5dTQD7S0
文の書き方変えればラノベだね!

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:04:03.33 ID:CDM6Pg6B0
俺は意を決して親に電話をかけた
電話には母親が出た
『なに?』
「・・・」
『なにか用?』
「・・・」
『ちょっと』
「あのさあ」
『何?』
「○○(妹の名)さあ」
『・・・・』

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:05:53.57 ID:CDM6Pg6B0
「○○どうしたの」
『・・・・』
「これほんとうにマジでなさげなんだけど」
『・・・・』
「こういうことをされるとね、ほんとうに」
『○○って?』
「ん?」
『○○って何?』
「何って」
「あなたの娘ですよ」
「そして俺の妹ですよ」
『ハハハ』

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:06:27.29 ID:CDM6Pg6B0
『あんたに妹とかいないでしょ』
「・・・・」

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:08:18.47 ID:tbF/EhinI
>>90
俺が変わりに電話してやるから番号晒せ

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:09:16.03 ID:CDM6Pg6B0
ああ、そうなるのか
俺は憤激した
いくらなんでもそれはないではないか
「いや、いるんだけれどもね」
『うん』
「いや、いるでしょうよ」
『へえ』
「この状況は本当によくないから」
『へえ』
「はやく妹呼び戻してくれよ」
『今日ちょっと帰りが遅くなるから』
「はあ?」
『夕食は、弁当でも買って食べて』
「はあ?」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:12:24.84 ID:CDM6Pg6B0
「いや、飯どころじゃないから」
「妹どうするんだよ妹」
『ハハハ』
母親は酔っているようだった
電話の向こうからは人が騒ぐ陽気なこえが聞こえてくる
親戚と飲み会をしているのかもしれない
『○○(俺の名)頭大丈夫?』
「は!?」
『なんか寝ぼけてるの?』
「は!?」
『もう切るからね。じゃあね』
「ちょっと」
『明日には帰るから』

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:13:55.14 ID:CDM6Pg6B0
家庭が崩壊した
俺は確信した
家庭が崩壊したのだ
俺はこれは相手にならぬと思い
最後の望みをかけて父親に電話をかけることとした

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:16:08.46 ID:CDM6Pg6B0
『どうした?』
「妹」
『ん?』
「妹返してくれよ」
『ん?』
父親も酔っている様だった
「分かってるんだろ?」
『ふう』
「酒なんか飲んでる場合じゃないだろ」
『いいだろ』
『いいだろ、今日はいい日なんだから』
「妹いなくなってるのにいい日なわけないだろ」
『妹ってなあに?』

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:17:59.99 ID:CDM6Pg6B0
「妹は妹なんですけど」
「○○(妹の名)」
「頼むからそんなやついないとか言わないでくれよ」
「おとといまで一緒に生活してたじゃないか」
『うん』
『うんうん』
「妹」
『あっ、あれか』
『あれは、売ったわ』

98 : 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2012/04/07(土) 10:18:05.86 ID:v9Qjc2hw0
C

99 : 【Dnews4vip1325824959774961】 :2012/04/07(土) 10:18:27.04 ID:IyDJkcIv0
え?





え?

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:19:30.16 ID:FN/8Uq9BO
オリエントさんの出番か

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:20:02.64 ID:CDM6Pg6B0
「売った?」
『売った』
「売ったって何?」
『200万で売ったわ』
「誰に?」
『そんなん知らんわ』
「知らんって」
「おいふざけんなよ」

俺は何が何やら分からなくなり、自分でも信じられないほどの大声で叫んだ

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:20:20.08 ID:tbF/EhinI
>>97
江戸時代ですねわかります

103 : 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2012/04/07(土) 10:21:05.64 ID:v9Qjc2hw0
マジキチss?
それとも世にも奇妙な系?

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:22:07.14 ID:FN/8Uq9BO
オリエントさんのは50万くらいだろカス


盛ってんじゃねーよ

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:23:08.03 ID:CDM6Pg6B0
「売ったとかマジでふざけんなよ!!」
『・・・・』
「売ったとか時代じゃないだろうがよ!なにしてくれてんだよ!!」
『・・・・・・おい!』
電話の向こうからは苛立たしげな声が返ってきた
『大声を出すな』
『親戚がおかしな顔してるだろ』
「しろよ!むしろするべきだ!おかしなことになってんだから!」
『嘘だよ!嘘ついたんだ!』
「嘘?」
「嘘であんなこというのかよ!」
『何だ?お前こそなんなんだ?』

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:26:56.65 ID:CDM6Pg6B0
父親は何かまじめな様子で怒り出したようだ
『妹、妹とか言ってふざけてたのはお前だろ』
「は?」
『お前に妹なんか、おらんじゃないか』
「またそういうのはやめてくれよ!」
「頼むからやめてくれよ!」
『・・・・・』
『・・・・・・お前大丈夫か?』
「はあ!?」
『お前本気で言ってるのか?』
「はあ!?」

107 : 【Dnews4vip1325824959774961】 :2012/04/07(土) 10:28:00.87 ID:IyDJkcIv0
どういうこと?

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:30:05.45 ID:qYGkmCHa0
藤子不二雄の短編集みたい

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:30:08.65 ID:CDM6Pg6B0
『もうちょっと分からんから、今日はもう早く寝なさい』
「分からんのはこっちだよ」
「妹、俺の妹どうしたんだよ」
『おらんもんは、どうもできんわ』
「いや今さっき売ったって言ったろ」
『いないものは売れないだろ』
「いや本当にからかわないで、ほんとうのことを」
『○○!!(俺の名)』
『もうよく分からんから、ふざけてるならやめにしなさい。本当に妹がいるとか思い出したなら、危ないから
寝るか病院に行くかしなさい』
「いや妹」
『とにかく、明日早く帰ってくるから』

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:31:47.08 ID:CDM6Pg6B0
「妹・・・」
『○○!!』
『いいか、お前に妹はいない』
『いないんだぞ!!』
「・・・・・・」
『もう切るからな』
「い・・・」
『切るからな!!』
「・・・・」
(ガチャ)
(ツーツーツー)

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:33:00.06 ID:CDM6Pg6B0
俺は、部屋の中でのた打ち回った
終わった
何もかも終わってしまったのだ

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:34:46.26 ID:CDM6Pg6B0
時計は6時を回った
よく考えると昼飯も食っていなかったが
食欲はなかった
俺は床に転がりながらケーブルテレビのアニメを眺めていた
胸糞が悪くなってきたので途中から海外映画チャンネルに切り替えた
いったい、何がどうなってしまったのか?

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:36:02.29 ID:JgZaUs7Q0
なにこれこわい

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:36:25.24 ID:CDM6Pg6B0
親は「妹を売った」と言った
そんなことはあるはずがない
いくらなんでも時代が違う
人身売買などまかり通っているわけがない
かりにあったとしても、俺の親はごく普通の一般人だから
そんな業者に伝手があるわけがない
特に借金を抱えていた様子もないから、妹を売る必要もない

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:38:53.91 ID:CDM6Pg6B0
なら、それは嘘だ
しかし近いことはおきているのではなかろうか
俺は考えた
妹の部屋はもぬけの殻と化していた
まるでそこに存在していなかったがごとく
すべての所持品とともに消え失せていた
どこかに引きとられたのではなかろうか
「売った」
というのは言いすぎであるにせよ
もしかしたら養子にでも出されてしまったのかもしれない

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:40:18.27 ID:CDM6Pg6B0
「うわあ」
俺はパニックになりかけた
妹なのだ
2日前まで一緒に暮らしていた妹なのだ
こんなことが起きていいはずがない
俺は頭を掻き毟った
部屋の中をうろうろ歩き
家中をあさった

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:42:12.91 ID:CDM6Pg6B0
家の中からは、妹の持ち物はやはり見つからなかった
どうしてこんなことができたのか
本や、アクセサリーや、歯ブラシのひとつでも残っていてもよさそうなものだが
それらが何一つ見当たらなかった
俺は妹が最後にいた夜のことを思い出した

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:42:47.91 ID:EeL4RC15Q

まさかとは思いますが、あなたの言う「妹」とは
あなたの想像上の存在に過ぎないのではないでしょうか
もしそうだとすれば、あなたが統合失調症であることに
ほぼ間違いないと言うことができます



119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:43:49.71 ID:3TcWtUTR0
統失怖ぇー

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:44:21.94 ID:3OnMI44G0
>>118
ネタバレやめろよ

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:45:04.97 ID:CDM6Pg6B0
あの夜俺はネットゲームをしていた
ヘッドホンを頭につけていたので、物音はほとんど聞こえてこなかった
さらに俺は前の日の夜からぶっつづけでゲームをしていたこともあり
その夜の8時過ぎには力尽き
ベッドに入って爆眠してしまっていた
翌朝目をさましたのが朝の8時
この間12時間の記憶は一切ない

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:48:02.84 ID:EeL4RC15Q
見え見えの展開書く方が悪い
つまらん

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:50:04.26 ID:CDM6Pg6B0
だから、その間に誰かが妹を
妹の荷物一切合切ごと運び去っても
俺にはそのことを感知できる余地はなかった
妹に最後に会ったのはその日の午後6時半ごろ
両親とともに早めの夕食をとった際だ
妹は何かむっつりしており、一言も発しなかった
それは両親もおなじで、なにかよそよそしさを感じた
しかしそのとき俺は
ネトゲに狂う俺を家族ともども敵視してそうなっているものと思い込んでいた

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:53:17.11 ID:CDM6Pg6B0
しかし、あの時、家族の間ではもう重大なことが起こってしまっていたのかもしれない
何が悪かったのだろうか
俺の妹は、そこまで悪い人間ではない
最近では友達とよく遊びまわるようになり、携帯の使用に関してたびたび怒られることもあったが
それ以外で何か親から見切りをつけられるような
決定的なやらかしはしていないはずだった

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:55:41.29 ID:CDM6Pg6B0

少なくとも俺にとってはあれはかわいい妹であった
最近そっけない態度をとられることもあったが
時としては甘えてきた

大事な妹であった
それがなぜこんなことになってしまったのか

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:56:58.31 ID:IJvl3iZU0
やっと追いついた
『本当に妹がいるとか思い出したなら』にものすごい伏線があることを期待

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:58:16.71 ID:kC6Lnb8WO
>>126


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:58:29.83 ID:CDM6Pg6B0
妹はもしかしたらいなかったのかもしれない
俺は急にそんなことを考えた
妹は悪い人間ではない
だが、俺の両親も実はそこまでおかしな人間ではないのだ
それがあそこまで明らかな否定の態度をとる
とすると、むしろおかしいのは俺ではあるまいか
妹など実は、存在しなかったのではあるまいか

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 10:58:58.24 ID:EGCl8i+i0
>>126
「思い出した」を「思い出す」とかミスリードしてんだろ
思い始めるってことじゃね

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:00:20.33 ID:CDM6Pg6B0
2日
2日会っいないだけだ
しかしこの2日は、今の俺には大きかった
「あなたに妹はいませんよ」
「いたと思っているのは、あなたの頭がおかしくなったからですよ」
こう3時間ほど説得されれば
「はいそうですね」
と納得してしまうかもしれない
「うわあ!」
俺は叫んだ

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:00:51.01 ID:2TMcx6fy0
            _,,, --──- 、
          /::::::::::::::::::::::::::::....  `ヽ
    _,,,  /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... 丶
   <´   `Y、_:::::::::/:::::::::::::::::::::iヽ:::::::':、::::::...  、
   〉  '''‐〈  ノ、_/:::::::::::/:::::::::::゙、 \::::ヽ:::::..  、
   〈 / ̄ノ    !::::::::::::|ヽ:::::::::::゙、  ヽ::::゙、::: 、 、
   /::;;;;;;;/ /∨ |:::::::::::::|.\\::::::ヽ  \|:::: !ヽ 、
  /:::::::;;;〈_     |::::::::|::::|  ゝヽ、;;\  ヽ::: j ヾj
  ,':::::::::;;;;;;;; ̄`''''´;|:::::::|、:::!ィてテヽ       ゙、/
. l::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;::| 〈  {:::::::}       !
. !:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::;r‐゙、;;:゙、  ゝ‐'     ,   |
. !:::::::::;:::::;;;;|、;;;;;;:::{ ー\:ヽ. xxx        ノ          ,_
  {::::::::i;:::::::;;l \;;;::`ー-、\|     ヽ==‐  /:|           | .)  グッ !
.  ゙;:::::::i゙、:::::;゙、 `''ー-ニ;;_ゝ        ./::::::::l         ./ .|___
   ゙、:::{、ヽ:;:::::\_ ,,,,ノニ/、_ 7'''''  ̄´ .|:::::::i:j         ., ' ´ __)
   ヽ::゙、\ヽ:;;:::::_}\      ̄j、_    |:::: /゙ .,, --、___ /     -イ
    \!  ` _ノ   \   /二、}  _, -‐''´   / /        -イ
            ) ,,. -  - 、 , -─‐'"´       l |   /`  ̄ ´
        / / -‐.   /             │ | ''"l
         / ' /                      ヽ丶ノ

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:01:58.34 ID:CDM6Pg6B0
「うわあ!」
俺は床の上で手足をバタバタさせた
まずい!
これは実にまずい
「否!」
俺は叫んだ
いた
妹はいたのだ
確かにこの世に存在していた

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:03:06.39 ID:EGCl8i+i0
否!

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:04:01.21 ID:CDM6Pg6B0
証明・・・
俺はぐらぐら立ち上がった
証明してやらねばならない
妹が存在したという事実を証明してやらねばならない
誰かに対してではない
俺自身に対してである
俺が疑えば最後、妹は完全に帰ってこなくなる気がした

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:05:20.09 ID:bT7kHEc90
おいおいこれからバイトなのに…
続けて下さい

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:06:06.60 ID:CDM6Pg6B0
俺はもう一度家中をあさった
やはり何も出てこなかった
しかしこんなことがあってもいいものだろうか
いくらなんでもこれはおかしいのではないだろうか
30分ほどして、俺の心はもう折れていた
やはり妹はいなかったのではないだろうか
ネトゲのやりすぎで頭がおかしくなったのではないだろうか
俺はポタポタ泣いた
玄関でただひとりポタポタと泣いていた

137 : 忍法帖【Lv=24,xxxPT】 :2012/04/07(土) 11:06:12.05 ID:n8nWwK9k0
ゴミ箱の中も探したか?
妹関係のゴミがあったかもしれんぞ

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:08:10.50 ID:CDM6Pg6B0
「いいやいいや!」
10分ほど泣いた後俺は飛び上がった
物だけではないのだ
妹の存在を証明するものは、単に彼女の所持品だけではない
パソコンのデータだ
俺の画像フォルダには
何枚か妹の画像が入っていた
あれを見れば妹が存在することは誰の目にも明らかではあるまいか

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:09:25.73 ID:CDM6Pg6B0
俺は狂喜して自分のパソコンに噛り付いた
あせりでマウスがうまく動かせなかった
マイドキュ→マイピク→画像フォルダにたどり着くまで、異常に時間がかかった
しかしこれで解決する
解決するのだ

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:09:36.43 ID:kZIfjt3W0
200万とかなかなか高級だな

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:10:08.11 ID:amtZGpY70
ワクワク

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:11:24.97 ID:CDM6Pg6B0
とうとう画像が開けた
俺は椅子から転げ落ちそうになった
妹はいなかった
いやいないというのは正確ではない
確認できなかった
妹がいたはずの場所は、紺色に塗りつぶされていた
フォトショップで加工されたらしい

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:12:47.44 ID:PqtdF4eK0
うわぁぁあああああああ怖えええええ

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:12:51.17 ID:CDM6Pg6B0
そこに妹
あるいは俺にそう思わせる人物がいたことは間違いない
紺色は、いやらしいことにほぼ人型の形状で塗られていた
「なんだこれは!?」
俺は絶叫した
「だれがこんなことやりやがった!」

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:13:25.55 ID:amtZGpY70
自分で人型に塗ってたってことかね?

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:14:42.05 ID:EGCl8i+i0
ありがちな展開なのに落しどころが読めない

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:15:23.66 ID:CDM6Pg6B0
俺はさらにほかの画像もしらべた
俺のフォルダには
妹関連の画像が30枚ほど入っていたはずだ
それをすべて引っ張り起こす
俺は自分の足が震えるのを感じた
画像はこれでもかというほど、すべてが人型の紺に塗り上げられていた
そこに映っていたと思われる妹は、どこにも見出すことはできなかった

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:17:12.35 ID:CDM6Pg6B0
「こんなことがあっていいわけがない!!」
俺は頭を抱えた
これは俺のパソコンだ
俺の部屋においてある俺のパソコンである
いったい誰がこんなことをしたのか
俺のパソコンにはパスワード設定等はほどこされていない
だから、侵入しようと思えばそれば可能であるのだが
できる人間は限られている
まず、両親くらいしか思い当たらない

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:18:03.63 ID:anbTMi5zP
いいぞ

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:19:43.16 ID:i7qO/wRa0
俺は迷わず両親のとこへ行った
ですね

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:19:55.09 ID:CDM6Pg6B0
「やったのか?」
「あいつらやりやがったのか?」
いや
ここで俺はあることに気がついた
妹はいた
いたのではないか?
もし妹がいなかったとするなら
この画像はなんだ
俺はなんでこんな画像を持っている?
俺のフォルダに入っている99%の画像は2次元で
3次元の画像といえば俺がネット上で面白いと思って拾ってきた数枚と、この「妹関連」の約30枚しかないのだ

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:23:56.05 ID:CDM6Pg6B0
ネット上で集めたものは
どれもプロかそれに類する存在が作成したものらしく
いずれもクリアで見ていて気分がいいものであった
それに対して「妹関連」の画像のほうは
いかにも素人が安いデジカメ映したものらしく
画質は悪いし少々の歪みも見られ
妹でも映っていなければあえて保存する価値があるもののようにはまったく思えない
それに加え、この不自然きわまる加工処理である

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:26:12.42 ID:CDM6Pg6B0
画像には映っていた
何か俺にとって重要な意味をなす人間がである
さらにそれを隠そうとする別な意思の存在があった
強く容疑がかけられるのは俺の親
そして両親は妹の存在を強く否定している
これらの材料をつなぎ合わせると
もっとも適切と思われる結論は
「そこに俺の妹が映っていた」
というものである

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:27:38.99 ID:CDM6Pg6B0
しかし俺は落ち着かなかった
それは直接的な証明にはならない
期待も入り混じった推測に過ぎない
やはり妹の顔をダイレクトで映した画像なり何なりが出てこないと話にならない
何かなかったか
ほかになかったか
俺は画像に限らずマイドキュ全体を引っ掻き回した

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:29:58.52 ID:CDM6Pg6B0
結局何も出てくる気配はなかった
俺は落胆しかけた
しかし俺はまたあることに気がついた
俺がいじくっているものはパソコンである
そしてパソコンから得られるのは保存しているデータだけではない
ネットにアクセスできる
「そうかそうか」
俺はうれしさのあまり笑った
妹は、ブログを有していたはずである

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:31:50.07 ID:CDM6Pg6B0
俺は妹のブログにアクセスした
「○○の○○な日々」(仮名)
はたして、ブログはあった
「おお!?」
思わず声が漏れた
その画面をスクロールしていく
記事がすべて消えていた

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:33:09.93 ID:OC7TEWH40
妹どうこう以前に俺がきちがい

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:33:55.03 ID:CDM6Pg6B0
妹はこのブログを1年ほど続けていた
そして日々の日記や画像を3日に1回ほどのペースで乗せていたはずなのだ
それがすべて消去され
まっさらな状態になっていた

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:35:56.65 ID:CDM6Pg6B0
「またか」
「またやられたのか」
俺は唸った
しかしこんなことができるということは
そいつは妹のパスワードを知っていたのだろうか?
仮にそれが俺の親だったとしても、なぜそんなことができたのか
俺ですらパスワードまでは知らなかったのに
そんなことを考えながら意味もなくスクロールし続けていると、俺の目にあるものが入ってきた
「最新のコメント」
と書かれている

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:36:05.22 ID:amtZGpY70
面白い

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:36:35.04 ID:b13pYhUu0
てっきり「俺」が狂ってるだけかと思ったが違うのか
面白いSS

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:37:02.46 ID:amtZGpY70
ドッキリとかむ夢オチは勘弁な

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:38:53.94 ID:CDM6Pg6B0
投稿者○メ○○(仮名)
『○○ちゃん(妹の名)今日は楽しかったねー。あさってはお堂に行くんだよね。いっしょにいこうねー』

投稿時刻は、数時間前となっていた

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:38:57.79 ID:b13pYhUu0
猿か?

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:40:27.93 ID:CDM6Pg6B0
「ほうら見ろ!」
俺は叫んだ
「ほうらやはり妹はいたではないか!」
俺は椅子をけって立ち上がり
イチローがバットを構える真似をしてガッツポーズをとった

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:40:47.75 ID:Ox7Lxo820
ハルヒの消失みたいな展開なんやろ

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:40:50.09 ID:n/EfZB760
16066
525

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:42:56.51 ID:CDM6Pg6B0
「いるぞいるぞ」
「妹はいるぞ」
俺は再び椅子に戻り、パソコンを睨み付けた
投稿時間は数時間前となっている
これはいったいどういうことだろうか
妹のブログをいじくった人間は、このコメントだけは見逃したということだろうか
いやそうではあるまい
俺は首を振った
恐らくはその人間が記事を削除した後に、このコメントが書き込まれてしまったのだろう
向こうはその後このブログを確認しておらず、ゆえに削除ができていないのだ

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:43:52.53 ID:12+0egGC0
予想外におもしろいです

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:44:49.89 ID:dNDL3qda0
記事がないのにどこにコメントするのっていう

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:45:27.93 ID:CDM6Pg6B0
「ええとええと」
俺はいま何をするべきか考えた
とりあえずそのコメントを捕らえた画面を画像として保存する
さらにデータはUSBに保存しポケットに入れる
これでもう誰もこのデータを改ざんすることはできないはずだ
次に俺は投稿者○メ○○についていじくった
このブログから、この人間に接触することはできないかと考えたためだ
しかし、そのような機能はつけられていないようだった

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:47:51.92 ID:CDM6Pg6B0
次に俺はこの○メ○○をグーグルで検索した
当てにするつもりははなからなかったのだが
あるブログが引っかかった
そのブログのプロフィール名が、ちょうど○メ○○となっていた

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:49:00.21 ID:uqT+yDtQ0
なんかwktkする展開だな

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:49:40.39 ID:Ve36VyFh0
面白いな
先が気になる

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:49:46.91 ID:E+voU+Pu0
>>7
だからお前はROMってろ

>>43
テメーが荒らしてるから勢いが減らないんだよボケが

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:49:48.64 ID:CDM6Pg6B0
俺はすぐにそのブログをあさり読んだ
珍妙なブログだった
普通だった今日何があって
どこで遊んで、何を思ったというような書き込みがなされ
食事の画像等が入っていそうなものだが
このブログにはポエム(?)と思われるような短文が
一日2、3回のペースで書き綴られているだけであった

177 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2012/04/07(土) 11:49:51.39 ID:rrVd9g2y0
もう時期歯医者なんだよおおお


続けろください

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:52:38.95 ID:CDM6Pg6B0
ゆえに、この人間の素性
年齢や性別といった情報を特定することはできなかった
しかし俺はこれを書いているのは若い女性ではないかという気がした
そのポエム(?)の中には、やたらと、「星」「花」「魚」に関連するワードが登場していた
成人男性がこれをやっているとなると、ちょっと気持ちが悪い気がした
もっともそれは、妹に接触した経験のある人物がそんなやからであってはならないという
俺の願望が、俺にそう思わせているだけかもしれなかったが

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:56:18.79 ID:CDM6Pg6B0
そこで俺は、妹のブログのコメントに戻った
『○○ちゃん(妹の名)今日は楽しかったねー。あさってはお堂に行くんだよね。いっしょにいこうねー』

と書かれてある
ここから読み取れることは
・○メ○○は今日妹と遊んだ
・あさって○メ○○と妹は「お堂」に出かける
この二点である
ということは少なくとも妹は現段階では存在し生きていることとなるし、またあさって遊ぶ余裕もあることになる

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:57:02.28 ID:V31/vmRE0
妹ください

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 11:58:20.13 ID:CDM6Pg6B0
俺は少しだけほっとした
得体の知れない人身売買業者に売り渡されたわけでは少なくともないらしい
しかしながら一体何をしているというのか
人がこんなに心配しているというのに、遊びほうけて
しかもあさってまで遊びの予定を入れて
遊ぶ?
ここで俺は少しいやな予感がした
あさっては「お堂」に行くとは書かれているが、それが「遊び」であるとはかかれていないのだ
そもそも「お堂」とはなんだろうか

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:00:53.99 ID:CDM6Pg6B0
「お堂」といわれてすぐに思い至るのは寺院などである
あまり「遊び」に行くような場所ではない
そんなところに一体何の用があるのか
俺は再び「○メ○○」のブログに移る
やはり奇怪なブログだ
真っ黒な背景に、文字はピンク色
トップ絵は、自分で描いたのか誰かに頼んだのか分からないが
三日月のイラストがでかでかとのせられていた
気のせいかその表面のいやにリアルなクレーターが
笑っている顔を形成してるように見えた

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:00:54.09 ID:4Owi2knN0
しえん

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:04:04.90 ID:CDM6Pg6B0
はたしてこの「○メ○○」はまともな人間であるのだろうか?
どうも怪しい人物なのではあるまいか
だとしたら妹は、そんな輩に誑かされ、引きずり回されていることになりはしまいか
俺はたちまちいやな思いに支配されていった
「○メ○○」のブログをめぐっていくと、右隅にアクセスフォームがあった
ここに文字を打ち込むと、メールとなって向こうに届く仕組みになっているらしい
おれはそこに投稿してみることにした

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:06:26.96 ID:CDM6Pg6B0
その場合、何を書けばいいものか
俺は一瞬「実の兄だが妹はどうしているのか?連絡先を教えてほしいし家に返してもらいたい」
とダイレクトに伝えようかとし思いとどまった
相手はわけの分からない人物だ
刺激を与えへんな行動に移られてもこまる
なにより返信があるかどうかさえまったく不明だ
俺はとりあえず試しとして、偽りの人物を装い文章を製作することとした

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:07:54.82 ID:CDM6Pg6B0
「○○(妹のネット名)の友人です〜。○○のブログが急に消えてびっくりしてます。連絡もなんかつかないし・・・
○メ○○さんは○○の知り合いですか?なにか知っていることがあったら教えてください〜」

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:10:17.45 ID:CDM6Pg6B0
われながら下手な芝居であるように感じられた。イメージとしては女子中学生あたりを装ったつもりだが
いまどきの子供は絵文字を多用するだろうし、ちょっとその気になればすぐに見透かされそうな文章である
しかし少なくとも自分が実の兄であるという、最低限隠すべき情報だけは守られている
向こうもその事実を断定することまではできまい
不審に思われればそれまで、運良く返信が帰ってくればそれでいい
俺はそう思い送信ボタンを押した

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:10:52.38 ID:n/EfZB760
>>8,53
9182
12419
11408

>>148,169
9195
2299
329

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:12:31.13 ID:CDM6Pg6B0
10数分後
俺の携帯がなった
俺は向こうからの返信用にと記しておいたアドレスは、俺の携帯のものであったので思わず飛び上がりそうになった
しかし、携帯を開いてみれば、かかってきたのは電話であった
見慣れぬ番号であった
090ではじまっており、携帯のものらしい
通常そのようなものはとらないのだが、状況は状況である、俺は受信のボタンを押した

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:13:37.54 ID:nLp8YmqB0
うわ怖い

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:15:04.48 ID:CDM6Pg6B0
『・・・・・・・』
「もしもし」
『・・・・・・・・』
「もしもし?」
『・・・・・・・・』
電話の主は何も言って来ない
無言電話なのだろうか?気味が悪かった。
しかしこの状況である。俺は根気よく呼び続けた
「もしもし?」
『・・・・・・・』
「あんた、俺の妹について何か知ってんの?」
俺は思い切って、ダイレクトに尋ねた

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:15:30.77 ID:EwV6hIUL0
支援

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:15:30.69 ID:GkyuHWdO0
連投規制支援

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:17:44.06 ID:FXQt6bjL0
こわい

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:17:51.37 ID:CDM6Pg6B0
『・・・・・ぁ』
電話の向こうから、小さな声が漏れた
若い女のものであった。さては「○メ○○」だろうか
「あんた○メ○○さん?」
俺はさらに思い切って聞いてみた。
『え?』
「○メ○○さんじゃないの?」
『・・・・・・いいえ』
「じゃあ誰ですか?」
『私は、乙子です』

196 : 忍法帖【Lv=24,xxxPT】 :2012/04/07(土) 12:19:06.28 ID:n8nWwK9k0
支援

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:19:26.68 ID:CDM6Pg6B0
俺はあっと思った
乙子
言うまでもない、妹の親友の一人である
今朝彼女に電話をかけたのだが、そのときは親に門前払いをくらい
接触自体できなかった乙子である
その乙子が自分から電話をかけてきたというのだ

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:20:56.53 ID:mmoGX5eN0
面白い

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:21:54.19 ID:CDM6Pg6B0
「あ、ええと、乙子さん?」
『・・・・・・・はい』
「本当に、乙子さん?」
『はい』
「あの、ええと、○○(俺の名)です○○(妹の名)の兄の」
『はい』
「あ、それは大丈夫なんですね?」
『・・・・・・はい』
「あ、電話ありがとうございます」
『はい』
「妹について、何か知ってる?」

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:23:05.29 ID:anbTMi5zP
おもしろい

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:23:43.14 ID:CDM6Pg6B0
『・・・・・・』
「妹について何か」
『・・・・・・』
「急にいなくなっちゃって・・・・」
『・・・・・・』
「そっちに、泊まってたりする?」
『いいえ』
「今日会った?」
『いいえ』
『昨日、会いました』
「昨日?」

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:25:33.70 ID:CDM6Pg6B0
昨日
昨日と言えば、妹がいなくなった最初の日である
そんな日に、乙子は妹と会っていたというのだ
「ええと、それほんと?」
『はい』
「ほんとうに昨日会ったんだね?」
『はい』
「それはどこで・・・」
『駅です』
「駅?」
『○○駅』
○○駅はこの辺では一番大きな駅である

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:27:29.86 ID:IzRyfuKS0
おもろい

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:29:04.91 ID:CDM6Pg6B0
「駅のどのあたり?」
『駅というか、その隣に商業施設の入った大きなビルありますよね』
「あるね」
『その三階の、洋服屋のあたりで』
「洋服屋ですか」
『はい』
「何か、しゃべりました?」
『こんなところで、偶然会ったねって・・・・向こうも、少し驚いたような顔をしていて』
「それから?」
『これからどうするの?って、私は尋ねました』
「すると?」
『旅行に行くって』

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:31:17.34 ID:CDM6Pg6B0
「旅行?旅行ですか?」
『はい』
「どの辺りに?」
『なんでも、海に行くとか行ってました』
「海・・・海ですか・・・・・」
『それから少し田舎を回って、それから本当に行きたい所に行くんだって言っていました』
「行きたいところ・・・」
『ずっと前から行きたい場所があったんだって・・・・』
そのような場所など、聞いたこともない

206 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2012/04/07(土) 12:31:18.42 ID:rrVd9g2y0
しえん

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:31:24.90 ID:dO7TCffo0
頑張れ

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:33:39.35 ID:CDM6Pg6B0
「そのときはね、その時は甲子ちゃんはいたの?」
『いえいません』
「ああ、じゃあ甲子ちゃんはそのこと知らないんですね」
『知らないと思います』
「じゃあ、その時はお互い一人であって、そのまま分かれたわけですね」
『一人・・・いえ一人ではありません』
「え?」
『○○ちゃん(妹の名)、ほかの人と一緒にいました』
「ほかの人?」
『大人の、男の人です』

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:33:40.52 ID:RqqS7ZCq0
なんだこれ
引きずり込まれる文章だな

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:36:28.31 ID:CDM6Pg6B0
「え?」
「え、それ本当ですか?」
『本当です』
「あの、それまさかとは思うけど、うちの父親ではありませんか」
『いいえ、○○ちゃんのお父さんには何回か会ってますけど、絶対に違いました』
「え、え、じゃあ・・・・」
『私、変に思って、聞いたんです。その人誰?って』
「はい」
『そしたら、○○ちゃん、おじさんだって』
「おじさん?」
『はい』
「どういうおじさんなんでしょうか?」
『分かりません、単におじさんだって。私は、親戚の人か何かだと思って、それ以上は聞けなかったから』

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:39:38.80 ID:CDM6Pg6B0
「どんな人だったんです?」
『それが、あまりよく分からないというか』
「え?」
『すその長いコートを着ていました。灰色のコートです。背は高かった。でも顔は、シルクハットって言うのかな、そういう帽子を深く
かぶっていて、よく分かりませんでした』
「・・・・・・・・」
『ただ、白いあごひげは生えてました。だから、年は結構行っていたと思います』

白ひげを生やした年配の長身男性
いない
俺の知るかぎり、うちの親戚関係には該当する人間はいなかった

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:44:35.23 ID:CDM6Pg6B0
俺は頭が白くなりかけた
何者だろうか
もしや「○メ○○」だろうか
なんにせよ、ただ事ではない。下手すれば誘拐の可能性もあるのではないだろうか
『もしもし?』
しばらく黙り込んだ俺を不審に思ったのか、乙子が呼びかけてきた
「あ・・・・すいません」
『とりあえず、今私が知っているのはそのくらいです』
「いやありがとう・・・・ありがとうございます・・・・・」
『○○は・・・・』
「帰ってきてないんですよ。あなたが会ったという日から」
『・・・・・・・・・』
「それにしても、よく僕の携帯番号が分かりましたね」
『○○ちゃんに、教えてもらいましたから』
「え」
『その、会った際に』

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:47:57.01 ID:CDM6Pg6B0
「妹が?」
『はい』
「それはまた・・・」
『正確には、教えてもらったというかなんと言うか』
「え?」
『ちょっとした、メモみたいなものを渡されて』
「メモ?」
『はい、そこに、あなたの番号と、そして2,3短文が』
「短文?どんなものですか?」
『・・・・・』
「どんなものですか?」
『・兄の番号にかけて・親にはかけないで・サソリだけは絶対信じないで・・・・・・この3文です』
「・・・・・・・」

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:48:33.32 ID:cKwLYTWH0
おもしろい

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:52:58.88 ID:CDM6Pg6B0
『あの・・・・すいません』
「え?」
『私が、あの時止めておけば・・・・ちょっと胸騒ぎがあったものですから』
「・・・」
『それで、親から、あなたから電話があったって聞いたもので、ああ、やっぱりと思って』
「・・・・」
『すみません』
「いえ、あなたが謝ることではありません」
『でも』
「いえ、よく教えてくださいました」
俺は正直気が気じゃなかったが、とりあえず乙子に対する礼節だけはわきまえておこうと思いました
「いや、ほんとうに助かりました。どうもありがとう」
『いえ・・・』
「また、何か聞くかもしれません。その時は、この番号にかけてもいいですか?」
『はい』
「それでは、また・・・・」
『はい』
『すいませんでした』

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:53:32.70 ID:b13pYhUu0
サソリ

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:54:49.98 ID:RqqS7ZCq0
こうゆう小説書きたいな

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:54:50.72 ID:velU4b/VO
なかなか引き込まれるものがある

219 ::2012/04/07(土) 12:55:20.48 ID:CDM6Pg6B0
ちょっと考えていた以上に長くなり
時間が無くなってしまいました
今日はもう出かけなくてはならないので
申し訳ありませんが一旦ここで区切ります
続きは今日の夜の11ごろ書きます
お付き合いいただきどうもありがとうございました

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:55:31.67 ID:nLp8YmqB0
座の

221 ::2012/04/07(土) 12:56:05.25 ID:CDM6Pg6B0
×11ごろ
○11時ごろに書きます

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:56:20.93 ID:dNDL3qda0
>>219
がんばれー
面白いから応援してるぞー

223 : 忍法帖【Lv=38,xxxPT】 :2012/04/07(土) 12:56:37.48 ID:cjOcl3Kp0
>>219
保守する?それとも夜またスレ立てる?

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:57:34.64 ID:1LVj74Wi0
支援

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:57:44.45 ID:EwV6hIUL0
>>219
是非続けてくれ

226 ::2012/04/07(土) 12:57:45.40 ID:CDM6Pg6B0
>>223
11時まで保守はきついと思うので潰していいです
また立てます

227 :!ninja:2012/04/07(土) 12:58:38.79 ID:cjOcl3Kp0
>>226
了解

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 12:58:42.80 ID:i+/hTFKD0
おもしろい(小並感)

229 : 忍法帖【Lv=32,xxxPT】 :2012/04/07(土) 12:59:46.51 ID:S1nM9LHp0


230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 13:00:17.09 ID:i7qO/wRa0


231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 13:00:33.00 ID:QYAuSMlHO
新スレでもこのスレでも1時迄残っています様に
気にしながらも仕事頑張ってくる
一旦乙でした


232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 13:00:35.53 ID:dO7TCffo0


233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 13:03:10.28 ID:MI9pzxLY0
乙! また夜に会おう。

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 13:04:16.37 ID:i7qO/wRa0


235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 13:10:33.39 ID:wpAzfW2Q0
おつん

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 13:12:45.22 ID:+TlFYBtE0
面白かった
これはぜひ完結してほしい

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 13:16:46.73 ID:6Mcd5mx50
だがほしゅ

238 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2012/04/07(土) 13:21:14.76 ID:rrVd9g2y0


待ってるぞ

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 13:24:33.70 ID:GkyuHWdO0
乙乙

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 13:32:56.50 ID:HRS8Hz8u0


241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 13:42:29.02 ID:nNipNoZSO
世にも不思議なみたい

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 13:58:39.78 ID:6ym2ApNq0


243 : 忍法帖【Lv=36,xxxPT】 :2012/04/07(土) 14:01:22.81 ID:CXhvFWXj0


244 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 :2012/04/07(土) 14:08:16.36 ID:cat0ko5N0
保守

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 14:12:14.60 ID:vnSDpaB40
保守


246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 14:20:32.31 ID:h6yBNxkE0
なんか読みいってしまったよ
しえん

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 14:21:10.08 ID:x1LwE50+0
何故か知らんけどNHKの月のワルツ思い出した

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 14:35:32.22 ID:x1LwE50+0


249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 14:40:30.20 ID:SqmBSkEr0


250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 14:51:12.94 ID:uqT+yDtQ0
最後までこの勢いで書いていってほしい

251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 15:00:39.04 ID:Oz466KnaO
ほしゅ

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 15:20:07.76 ID:Vaqhn/7F0


253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 15:36:39.69 ID:tiNcQ3n70


254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 15:53:11.52 ID:nLp8YmqB0
h

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 15:55:22.63 ID:8SDzrIwu0
読んだ
乙!妹見つかるといいな!

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 16:12:20.69 ID:k62tqtKG0
wtgれ

257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 16:31:24.21 ID:k62tqtKG0
sgれdhrtfz

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 16:39:06.53 ID:OaRHYVxyO
まとめサイトで読んで来ちゃった

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 16:49:43.20 ID:F52hioDr0
これはおもしろい

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 16:54:44.40 ID:m4pgrm7L0
なんだこれ
こんなの2chに書いてないでどっかの出版社に持ってけよ

261 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2012/04/07(土) 16:59:24.48 ID:rrVd9g2y0


262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 17:00:32.11 ID:GLRHz45H0
保守

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 17:02:37.97 ID:GLRHz45H0
保守

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 17:06:12.37 ID:10nLd1Uj0


265 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2012/04/07(土) 17:23:02.80 ID:rrVd9g2y0
しゅ

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 17:23:21.70 ID:888HD28q0
保守

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 17:26:22.31 ID:888HD28q0
ho

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 17:37:46.59 ID:uqT+yDtQ0
SAY HO!

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 17:39:52.50 ID:0ZcFefQ70
ふひほ

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 17:44:02.78 ID:d4e7QHpB0
保守

271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 17:54:13.48 ID:K3LS9E9Z0
ほす

272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 18:02:26.71 ID:vzjFRXSP0


273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 18:06:00.86 ID:j/MIkypb0
ほしゅ

274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 18:17:33.91 ID:12+0egGC0
まだのこってたかww

275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 18:17:56.72 ID:3n8fNSNJ0
まとめられたのか
妙なのが大量にアフィから流れ込んでこなければいいけどな

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 18:37:55.62 ID:Oz466KnaO
のこってるとは…

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 18:49:08.65 ID:vFT/HeUZ0
ほす

278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 19:02:22.66 ID:ArOwPCwN0
ゴミ速かGOMIPPER速報か

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 19:12:01.34 ID:ArOwPCwN0
age

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 19:17:10.24 ID:EGCl8i+i0
まだ終わってねーのにまとめたのか
カスだな

281 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2012/04/07(土) 19:21:40.66 ID:r/88URTI0
保守

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 19:26:48.97 ID:RhTcbtYwO


283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 19:30:49.56 ID:bT7kHEc90
バイトから帰ってまだあったか…
面白いよ、支援

284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 19:39:36.52 ID:Ox7Lxo820
間に合ったか

285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 19:55:56.61 ID:xb5zSpTa0
危ないぞ

286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 20:09:12.34 ID:wSY5otEe0


287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 20:14:32.85 ID:12+0egGC0
ほほほ

288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 20:16:14.97 ID:HRS8Hz8u0


289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 20:22:43.96 ID:RhTcbtYwO


290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 20:34:58.24 ID:wSY5otEe0


291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 20:51:04.13 ID:wSY5otEe0


292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 20:58:45.77 ID:m4pgrm7L0


293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 21:14:54.60 ID:i+U8/pj/O


294 : 忍法帖【Lv=25,xxxPT】 :2012/04/07(土) 21:15:22.13 ID:n8nWwK9k0
ほしゅ

295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 21:15:55.49 ID:j/MIkypb0
ほし

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 21:28:14.91 ID:Oz466KnaO
ほしゅ

297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 21:30:50.88 ID:qGeBa+m3O
今北産業

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 21:43:22.98 ID:lvFfcMztO
>>297
11時まで帰ってこない
だから
よめ

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 21:50:24.48 ID:qrclZfyQI
釣りですか

300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 22:00:43.01 ID:K3LS9E9Z0


301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 22:09:08.72 ID:QZ0ScWPD0
ほしゅ

302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 22:11:22.55 ID:amtZGpY70
もうすぐだな…

303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 22:18:35.31 ID:gsYh4rOB0
まとめで呼んで飛んできた

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 22:30:37.09 ID:F52hioDr0
(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 22:39:06.49 ID:R1mvmMuG0
>>298
的確過ぎ濡れた

306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 22:41:57.58 ID:fsKJXdTw0
ほす

307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 22:45:28.43 ID:XKAFMubT0
保守


308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 22:46:51.82 ID:dEsUhFsFO
なんだ天才か

309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 22:47:35.28 ID:anbTMi5zP
まだ?

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 22:48:04.72 ID:HZpkAiKo0
やばい なんか心臓が痛いんだけど

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 22:48:30.88 ID:bMbAkm920
あと少し


312 ::2012/04/07(土) 22:52:11.85 ID:CDM6Pg6B0
まさかまだ残っているとは思いませんでした
保守していただいた方有り難うございます、長々と面倒をかけ申し訳ありませんでした
残りの分は、できれば今日終わらせたいのですが、もしかしたらまた終わらないかもしれません
その時はすいません

313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 22:53:15.67 ID:GkyuHWdO0
おーーー おkおk

314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 22:53:31.35 ID:fsKJXdTw0
キター

315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 22:55:20.59 ID:23Ft7c6l0
まってました!

316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 22:55:27.59 ID:R1mvmMuG0
はよはよバンバン

317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 22:55:38.23 ID:j/MIkypb0
おかえり!

318 ::2012/04/07(土) 22:56:30.54 ID:CDM6Pg6B0
俺は乙子との電話を切った
心臓の鼓動がどうしようもなく高まり、しばらく何を考えてよいのか分からなかった
とにかく、想像以上にまずい事態になっていることだけは伺えた
白い髭を蓄えた長身の男
何者かは分からないが、そんなものと自分の妹が今この瞬間も遠出をしているかと思うと寒気がした
しかし
そんな中、俺は胸の奥からこみ上げてくる
謎の熱い念も同時に感じ取っていた

319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 22:57:12.69 ID:0otXxFSbO
ね、寝れなくなった

320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 22:58:25.92 ID:iLQXU6RR0
               _.. ..‐::´/
             _/::::::::::::/
           _/:::::::::::::/ ____
         ,..::::´::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::._/
       /:::::::::::::::::| ヽ、:::::;::::::::::::/
       /:::::::::::::::::::::|´|ヽ   |/_:::.::/
  _ .. -─':::::::::::::::、::|`'   ,   .!::∠
  `'' ‐-.._:::::::;-‐、`(●)  (●) |::::`::-、オッス!オラ○○歳無職童貞!
 =ニ二::::::::::::::::|6    \___/、| -──` 将来がやべえ状態だってのに
    ‐=.二;;;;;`‐t    \/  ノ       なんだかすっげえワクワクしてきたぞ!


321 ::2012/04/07(土) 22:59:09.90 ID:CDM6Pg6B0
これはなんだろう
荒い息をつきつつ、その正体を把握しきるまで俺は数分を要した
どうやらこれは、安心感であるらしい
馬鹿な
この状況で、何に対する安堵か
俺は自分で自分を殴りたくなった
この一日いろいろなことがありすぎて、感覚が麻痺してきたのだろうか

・・・いや、そうではない
俺は考え直した
そうではない
この安心感には列記とした理由がある
乙子から電話があったという事実である

322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:00:12.49 ID:K3LS9E9Z0
きたか

323 ::2012/04/07(土) 23:00:50.20 ID:CDM6Pg6B0
乙子
俺の知る数少ない妹の友人
その彼女から電話があり、彼女は妹の存在を明確に認めていた
のみならず、会ったとさえ言った
それも、妹が俺の感知する領域から姿をくらました
昨日においてである
これは何よりも強力な、妹という人間の、存在証明になりはしないか

324 ::2012/04/07(土) 23:05:10.15 ID:CDM6Pg6B0
もちろん、これも俺が本当の意味で捜し求めていた、直接的な証拠ではない
例のブログだって同じことだ
いずれも、俺の妹の存在を正面から捕らえ焼き付けているとは言いがたい
俺が真にほしいのは、やはり妹の姿を直に映した、写真や映像、そういった類のものだ
ブログは他人でもかけるし、人の話は偽れる
しかし
俺は一人でにやにや笑った
さすがに十分だろう。これを疑うのはもはや精神疾患レベルだ
何が悲しくて乙子が妹の存在を偽らねばならぬというのか

325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:05:51.06 ID:mmoGX5eN0
おかえりー!

326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:07:57.88 ID:Vaqhn/7F0
さぁ、謎解きの続きだ

327 ::2012/04/07(土) 23:08:37.49 ID:CDM6Pg6B0
そんなことをする利益は彼女にはないし、この絶妙のタイミングでそんなことが行えるとも思えない
よし、あえて念を入れて疑おう
彼女もまた存在しないものとする
今かかってきた電話は、妹が存在していたこととしたい俺の妄想だとしよう
では、俺の携帯に残る着信履歴、乙子の番号は何だ?
これも妄想か?
では明日、乙子に会いに行ってみることとしよう
彼女はそれを拒むまい
彼女は俺の知る限りとてもおとなしく
それも甲子のおとなしさとはまた別物で
見るからに心優しい人物であった

328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:10:39.25 ID:DB0/fY1H0
どうなってんだ??

329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:11:18.16 ID:Pr0HGir9O
仕方ない付き合うか

330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:11:22.23 ID:BdSgWgvv0
きたか

トリつけとけよ

331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:12:45.90 ID:bMbAkm920
きたか

332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:13:19.56 ID:69ZEEnSS0
がんばれ


333 ::2012/04/07(土) 23:13:28.80 ID:CDM6Pg6B0
甲子のおとなしさはどちらかといえば優等生が見せる表面的なものといった感があった
今朝の電話での冷たい対応で、俺の中でそのイメージはさらに強化されていた
普通に接していれば、良好な対応を見せるが、一歩踏み込めばすぐにガードを固める
それが甲子であった
それに比べれば乙子は、こう言うとなんだが押していけばそれを拒みきれず
ずるずるとこちらのペースに合わせてくれるお人よしさを感じさせる人間であった
しかも、この状況である
俺が明日、会いたいといえば、恐らくは会ってくれるだろう
そして会えた暁にも、まだ俺はそれを疑うのか?
乙子の存在が俺が見せる妄想だと、まだ否定するのだろうか?
ありえない
俺が人として生きていく以上、自分が認知する世界をそこまで疑うことはできないし、第一ナンセンス極まる。
乙子は普通に存在している。そしてそうである以上は、彼女の口から出てきた妹もまた、存在しているはずである

334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:15:28.47 ID:gsYh4rOB0
というか、マジだったら、乙子危なくね?
こういう場合って1の妹の情報を知った乙子も消されたりしないのか?

335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:15:42.75 ID:6HZ6nr9JO
いちいち描写がずれているのは『俺』がおかしいことの伏線なのは確定的に明らか

336 ::2012/04/07(土) 23:16:16.88 ID:CDM6Pg6B0
「よしよし、いいぞ」
俺は一心地ついた
とりあえず、妹が存在していなかったなどというSF映画まがいの事態ではなさそうである
しかしそうなるとやはり
俺は現実に引き戻された
存在している妹は、得体の知れぬ男の手の内にあることになる・・・
ここで俺の心は完全に冷め切った
なんとかしなければ
なんとかして妹を取り戻さねば
どうしようもなく、気が焦った

337 ::2012/04/07(土) 23:18:58.37 ID:CDM6Pg6B0
白髭長身、シルクハットの男
こいつは一体何者であろうか?
父親は妹を200万で売ったといった
あれは本当の話だろうか?
だとするなら、その相手はシルクハットの男だったのだろうか?
人が人の子を売り買いする
そんなことが、今の日本で起こりえるのだろうか

もしや、親公認の援助交際・・・
考えたくもない閃きが、脳裏をよぎった

338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:19:46.14 ID:ZsH36Zg10
心拍数がやばい

ドキドキしてきた

339 ::2012/04/07(土) 23:20:54.79 ID:CDM6Pg6B0
しかしだとすれば200万
この額はあまりにも高額すぎはしないだろうか
俺もそんな世界のことはよく知らないし、知りたくもないのだが
いってもせいぜい10万かそこらが関の山ではあるまいか?
だとすればそれを超える譲渡
例えば、金銭による養子縁組の設定という線はどうだろう

340 ::2012/04/07(土) 23:23:25.87 ID:CDM6Pg6B0
しかしそれはそれで性急すぎる気がする
養子となればそれなりに法的な手続きが要るはずだ
仮に俺に内緒で進められていたとしても
どうしてもそれなりの雰囲気は親や妹の顔に出てくるはずである
彼らはそこまで演技派ではない
俺の知る限り、彼らがそういった不審な様子を見せることは一度としてなかった

341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:25:01.88 ID:69ZEEnSS0
リロードばかりしてしまう…

342 ::2012/04/07(土) 23:27:28.12 ID:CDM6Pg6B0
大体、乙子の話にあった妹の話しからしておかしい
妹はその男と行動をともにしつつ、「行きたいところに行く」と言っていたらしい
ここからは、妹がどうも能動的に男に付き従っていた感じすら伺える
だが、俺の知る妹という人間は、大変警戒心が強く
他人に対し心を許すことは滅多になかった
恐らくは短期間でまとめられた、そんな養子縁組の相手男性に、そうおとなしく付いていくわけがない
仮に無理強いさせられたとしたところで、その場合は今度はふさぎ込んでいるはずだった

343 ::2012/04/07(土) 23:29:44.19 ID:CDM6Pg6B0
では、男は妹がある程度心を開くに足り
なおかつ養子縁組といった、重大な関係性を結ぶには至ることのない人物ということになる
たとえるなら、それこそ本当に、遠い親戚に旅行に誘われたといった、そういう線である
それであるならどれだけいいか・・・
俺は一瞬、その線を心の底から信じたくなった

344 ::2012/04/07(土) 23:33:19.73 ID:CDM6Pg6B0
だが違う
俺は首を横に振った
それにしては不審な点が多すぎる
大体、妹が乙子に渡したメモは何だ?
『・兄の番号にかけて・親にはかけないで・サソリだけは絶対信じないで』
親戚と旅行に行くだけの人間が、こんなものを言伝るだろうか
そもそもこの程度の文を、どうして言葉で伝えない
相手は実の親友である
理由は簡単であろう
口で伝えなかったのではない。伝えられなかったからだ。
言うまでもなく、シルクハットの男の監視下にあるから・・・

345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:35:58.53 ID:ZM8+j2Dd0
今日中に終わってくれると嬉しい

346 ::2012/04/07(土) 23:36:04.59 ID:CDM6Pg6B0
シルクハットの男、これはやはり普通の人間ではないだろう
ただ、強引に引きずりまわせれているわけでもない
少なくとも妹には、この男についていくだけの何らかのメリットはあった
しかしその中で、メモを友人に渡す必要性はあった
そのメモの中身は、男に知られれば都合の悪いものであった
そしてそのメモは他でもない、この俺に当てられたものなのである

347 ::2012/04/07(土) 23:38:02.17 ID:CDM6Pg6B0
メリット
ではそれは何であろうか?
旅行に行く、旅行に連れて行ってもらうことであるだろうか?
それは考えにくい
妹は警戒心が強い割りに行動力は高く
行きたいところがあるなら一人ででも行ってしまう女だ
彼女のそんなところが、近頃の両親との不仲の原因にもなっていた
仮に場所が海外であっても、彼女は一人で行くだろう

348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:38:48.39 ID:lW0murEY0
わくわくで全身かゆくなってきた

349 ::2012/04/07(土) 23:40:52.36 ID:CDM6Pg6B0
経済的な問題
それを問われるかもしれない
しかしその線もないのだ
半年ほどまえ、彼女は俺に自分の通帳を見せびらかしてきたことがある
残高は40万を超えていた
目を丸くする俺に、彼女はお年玉を溜め込んだのだといっていた
しかしそれにしても高すぎる
同じ分のお年玉をもらっているはずの俺の貯金はせいぜい数万だ
親戚が差別的なあつかいをしたのか、何か秘密の収入源があるのか
その時は少なからず怪しく思ったものだが
なんにせよ、40万もあればほとんどの外国には余裕でいける
彼女が金にこまりこの男に泣きついたとは考えられない

350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:42:36.75 ID:4DoUMuVLO
うちの姪も関西人のところから帰ってこないなあ
ズコバコやってガキの一人でもできたら慌てて帰ってきそうだからよくわかる

351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:42:41.91 ID:69ZEEnSS0
348
ん… 自分がいる

352 ::2012/04/07(土) 23:43:32.10 ID:CDM6Pg6B0
何より確定的な事柄として
妹はそれなりにプライドの高い人間であった
兄として断言できるが、彼女を金で買うことは恐らくはできない

買おうとすれば、すぐにその下心を見透かし
裏路地で出くわした猫のごとく姿をくらまし、二度とその人間の前に姿を現しはしないだろう
だとするとなんだ
彼女がシルクハットの男についていった理由はなんだ
俺は頭を抱えた

353 ::2012/04/07(土) 23:46:11.39 ID:CDM6Pg6B0
ここで俺はとりあえず、相手を○メ○○に移すことにした
今俺が頼れる情報源は乙子と、この○メ○○の二人しかいない
乙子からはがんばればまだ情報を引っ張り出す落ちはありそうだが
仮にも女子中学生相手にそう頻繁に電話するわけにも行かない
とりあえずは残った○メ○○からせめて行くのが筋だと思った
俺は何の気なしに、○メ○○がコメントを残した妹のブログに移動することとした
ここで俺は再び、ひっくり返りそうになった

354 ::2012/04/07(土) 23:47:06.88 ID:CDM6Pg6B0
『アクセスいただいたブログは存在しないか、削除されております』

真っ白な画面に青い文字で
ただそう記されていた

355 ::2012/04/07(土) 23:49:07.96 ID:CDM6Pg6B0
「ええっ!?」
俺は声をあげた
『存在しないか、削除されている』・・・・?
俺は時計を見た
最後にこのブログを見てから、まだ2時間足らずしかたっていない
その間に妹のブログは消えてなくなったというのか?
いやというより
もしかしてあのブログは、最初から存在していなかったのでは・・・?

356 ::2012/04/07(土) 23:51:41.02 ID:CDM6Pg6B0
「そうだそうだ!」
悪い疑念に支配される前に、俺はある事項を思い出した
USB
俺はあのブログを画像として保存し、それをUSBに残していたのだ
俺は震える手でポケットにおさめられたUSBを引っ張り出すと
何度か失敗しつつもパソコンに差込み
件の画像が取り込まれているはずのファイルを開いた
はたしてその画像は、存在していた

357 ::2012/04/07(土) 23:54:12.63 ID:CDM6Pg6B0
妹のブログは画像となって
確かにUSBの中に存在していた
画像の中には、○メ○○のコメントも残されていた
「よし」
俺はひとつため息をついた
あのブログが俺の妄想であるという可能性はこれでなくなった
あのブログは存在していた
だということは
俺が目を離した2時間程度の間に、あのブログは何者かによって削除されたのである

358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:54:43.50 ID:ZsH36Zg10
最近のラノベ作家にこの文章見せてやりたいな

359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:56:00.12 ID:ew9eJ9jr0
まあでも正直妄想患者の始まりってこんなもんじゃないかなと思ったりする

360 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2012/04/07(土) 23:56:16.97 ID:r/88URTI0
>>358
イズルにな

361 ::2012/04/07(土) 23:57:10.66 ID:CDM6Pg6B0
「畜生」
俺はうめいた
畜生、一体誰の仕業だ?
親か?それともシルクハットの男か?
なぜブログそのものを削除した?これまでは記事を消すだけに留めていたのに
理由に心当たりはあった
○メ○○のコメントだろう
あのコメントによって、妹と過去に接触のあった人物が、その情報をブログに残す可能性、いや危険性を
敵は認識するようになった
ならばということでブログごと焼き払ったのであろう
だが、であるとすれば
俺は小さく笑った
敵の対応は、一足遅かった

362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:57:25.77 ID:Pr0HGir9O
お兄ちゃんあたし大丈夫だから・・・

363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 23:57:45.41 ID:Diyrg58DO
追いついた
早めに寝かせてくれよ

364 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/04/08(日) 00:00:01.59 ID:+GY4Xi8H0
>>362
せつこお!

365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:00:30.84 ID:Q1o85r/f0
おにいちゃあああん

366 ::2012/04/08(日) 00:01:10.60 ID:BrUnAr6I0
事実、○メ○○のコメントは、俺という人間に読み取られた
そして俺は、恐らくは○メ○○本人のものと思われるブログも認識している
もはや、ほぼすべての情報が失われた妹のブログに用はない
今更削除したところで意味はないのだ
しかし危ないところであった
俺は送球がわずかにずれたおかげで本塁生還に成功したランナーのような高揚感に襲われていた
あと2時間遅ければ、俺は○メ○○にたどり着くことはできなかった
ならば、この○メ○○を生かさない手はあるまい

367 ::2012/04/08(日) 00:03:13.11 ID:BrUnAr6I0
そこで俺は○メ○○のブログに移動した
一瞬まさかと思ったが、さすがに○メ○○のブログのほうは健在であった
敵もさすがに○メ○○のパスワードまでは知りえないものと見える
俺は先ほどもちら見した○メ○○のブログを再び読み返した
やはり、奇怪というより他ない内容であった

368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:04:37.17 ID:n+pqi+wO0
○メ○○というのも何かの伏線なんだろうか
甲とか乙とか使ってるなら単に丙とかでもいいだろう

369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:06:33.66 ID:PJpJzOoNI
http://blog.livedoor.jp/vippuppu-vippuppu/lite/archives/5185841.html
もうやられてるよ

370 ::2012/04/08(日) 00:07:31.27 ID:BrUnAr6I0
○月○日
冬の朝。枯れていくベテルギウス。さび付いた少女は泉の辺で、静かにネコザメの頭蓋骨を愛でる。シクラメンの花びらが散っていた

○月×日
孤独なスピカ。私も寂しい。私はあなたに会いたいと強く願う。水槽の中でなつくノコギリザメに、あなたの面影を感じる
この日ターメリックを食す

371 ::2012/04/08(日) 00:09:02.82 ID:BrUnAr6I0
このようなポエムもどきが
延々と書き綴られているのだ
日記は、半年ほど前から始まっていた
これがもしシルクハットの男であるとするなら
俺は吐き気を覚えた
こんなものを紡ぎだす精神構造の男など、想定もしたくはなかった

372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:11:13.96 ID:Q1o85r/f0
寝たいけれど寝蓮

373 ::2012/04/08(日) 00:11:15.66 ID:BrUnAr6I0
こんなものに特に意味があるとは思えない
しかし、頼れる数少ない情報源ではある
俺は嫌悪感を募らせつつも、とにかくこのブログを読んでいくこととした
そのとき、新しいほうから読んでいくこととしたのは
そのブログがありがちな
新しい記事のほうが上に、前に出てくる仕組みのブログとなっていたからである

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:11:17.11 ID:GAxSv5fY0
>>94
必死な奴多すぎwwwww
お前はもうレスすんな

375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:12:27.38 ID:8rt7XlMT0
おもしろい
読んでるよー

376 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2012/04/08(日) 00:13:47.67 ID:3BMKI9Fc0
紫炎

377 ::2012/04/08(日) 00:14:59.55 ID:BrUnAr6I0
3月○日(2日前)


私はボラリスの光を受け、恵みを浴び、一体となった。
恐れるものは何もない
浜辺に干からびたサソリが一匹、満足げに転がっている
サフランの花は、もう満開だ

378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:16:13.07 ID:gyVO38Ga0
サソリだけは信じないで

このメッセージと何か関係があるのか?

379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:17:59.38 ID:Q1o85r/f0
>>378
どう信じるんだ…
謎大杉

380 ::2012/04/08(日) 00:18:24.73 ID:BrUnAr6I0
「サソリ・・・・?」
俺の目が止まった
サソリ
なぜサソリなのだ?
これまでこのブログのポエムもどきに常に取り上げられてきたのは3種類のカテゴリー
星、花、そして魚に属する何者かだ
このポエムでも、ボラリスなる星と、サフランという植物の名は記されている
しかし、あるべき魚類の名がない
そして、代わりに居座っているのは、「サソリ」
この生き物が魚でないことなど、保育園の子供にすら理解できるであろう

381 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2012/04/08(日) 00:19:12.76 ID:3BMKI9Fc0
この>>1ならこんなに広げた風呂敷を畳める、絶対

382 ::2012/04/08(日) 00:20:34.39 ID:BrUnAr6I0
『・サソリだけは絶対信じないで』
妹が俺に残した謎のメッセージ
いやでもその存在を思い起こさぬわけにはいかなかった
しかも、そのワードがあらわれたブログの日付は他でもない
俺が妹と最後にあったその日なのである
これはただの偶然だろうか・・・?

383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:21:15.33 ID:5dKkz0nM0
結末が気になってきた

384 ::2012/04/08(日) 00:22:34.64 ID:BrUnAr6I0
妹は、その日俺と夕食時に顔を合わせた後行方をくらました
その後の足取りはまったく知れない
いや、正確には、乙子の証言を借りれば
妹はその翌日○○駅にいた
○○駅・・・・
俺はそこで強く悔やんだ
その日、まさかこんな事態になるとまでは思っていなかった俺は
暢気に映画を見て遊んでいた
その映画館は、○○駅から徒歩3分のところにあったのだ

385 ::2012/04/08(日) 00:24:55.58 ID:BrUnAr6I0
俺が遊んでいる間に
妹は何者とも知れぬシルクハットの男
最悪の場合○メ○○と行動をともにし
恐らくは列車に乗ってどこかへ消えていったのだ
なぜ
なぜあの時映画などみず、駅へ行かなかった
無論、状況が知れてない以上、俺がそんな行動を取れる道理はない
しかし、もし駅へ足を運んでいれば、妹と出くわし、そんな薄気味の悪い男から妹を引き剥がすこともできていたのだ

386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:24:57.97 ID:Q1o85r/f0
くやしすぎるやん

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:26:51.38 ID:cDgDWxET0
創作だよね?

388 ::2012/04/08(日) 00:27:06.63 ID:BrUnAr6I0
「○○(俺の名)」
そう言って妹は、俺のことを呼び捨てにした
それが常だった
「お兄ちゃん」などと呼ぶことはほとんどなかった
しかし俺はそれを受け入れていた
警戒心が強く、他者に心を閉ざすことの多い妹がそんな物言いをする時点で
逆に考えればある程度この俺には気を許していたことが確かだったからだ
そんな妹が、俺はたまらなくいとおしかった

389 ::2012/04/08(日) 00:29:09.35 ID:BrUnAr6I0
「まったくなんでもうこんな」
俺は幼児のような舌の回らぬ発音で叫ぶと
しばしキーボードをめちゃくちゃにたたいた
画面上に意味のない文字の羅列が次々に浮かび
打ち所が悪かったのかよく分からないウィンドウが次々に発生しては画面を埋め尽くしていった
2、3分たって、俺はようやく沈静化した

390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:29:31.34 ID:4JTVeyto0
しえん

391 ::2012/04/08(日) 00:31:39.21 ID:BrUnAr6I0
「よし」
俺はひとつ深呼吸をした
こうなれば○メ○○のブログを徹底的に調べるまでだ
特にあの「サソリ」なるワードには注意したい
2日前以外にも、あのワードが登場した日付はあるのか
あるとすればそれはいつなのか
その線を意識し、俺は○メ○○の不気味なポエムに目を走らせて行った
実際のところ、「サソリ」は他にも登場していた

392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:32:08.86 ID:ftTNGM9v0
つ4円

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:34:23.82 ID:OVKtxWEi0
わくわくする〜

394 ::2012/04/08(日) 00:35:27.21 ID:BrUnAr6I0
「サソリ」はその日以外にも計4回登場していた。
最初はブログが開始された直後
時期にして今から7ヶ月前
次がその一ヵ月後
その次がその2ヵ月後
最後がその2週間後である

395 ::2012/04/08(日) 00:37:07.02 ID:BrUnAr6I0
「サソリ」はいずれも何の前触れもなく
まるでそれが当然であるかのごとく
本来ならば魚類が収まるべき位置に平然と居座っていた
これを含むポエムの内容は
やはり解読する気もなくすほどそっけなく、また珍妙なものであった

396 ::2012/04/08(日) 00:38:38.43 ID:BrUnAr6I0
むしろ俺が注目したのは
3回目に「サソリ」が登場した日付である
俺はこの日付に、思い当たる節があった
11月○○日
この日は、妹の中学校で文化祭があった日であった

397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:39:32.28 ID:ZjOTL/Qv0
支援支援

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:40:27.28 ID:tRbt4glf0
ちょっとこわい

んだけど気になる

これは魅力的



399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:41:03.99 ID:8rt7XlMT0
こんなとこで書いてないで小説書けよ

400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:41:04.68 ID:OVKtxWEi0
本出たら絶対買うわ


401 ::2012/04/08(日) 00:41:19.76 ID:BrUnAr6I0
その日俺は、妹の学校に行った
学校は地元の公立中学で
すなわち俺自身の母校でもあるのだが
もはや卒業し(当時俺は高一)部外者になってしまった身の上では
「関係者以外立ち入り禁止」をつよく歌う学校の敷居は高く
外部のものにも侵入が許されるその日以外
立ち入ることのない場所であった

402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:41:26.05 ID:CtQJQatRI
これ本にすべき

403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:41:49.68 ID:J8lF6xt20
わくてかd(^_^o)

404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:42:49.50 ID:gyVO38Ga0
サソリってある日は○○メ○が妹と接触した日とかか?

405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:42:53.49 ID:cDgDWxET0
怖いけど引き込まれる

406 ::2012/04/08(日) 00:43:07.70 ID:BrUnAr6I0
出店を冷やかしがてら母校参り
という考えもなきにしもあらず出であったが
この日の俺の目的はやはり妹であった
妹のクラスはこの学園祭で演劇の出し物をすることとなっており
妹はその中でそこそこの役を得たと聞かせれていたのだ

407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:44:56.38 ID:Z6NBXzwHO
このレベルなら、マジて賞レース勝ち抜けるんじゃまいか
エロが書けるなら即エロゲライターもやれる気がする
プロの戯れって言われても納得する

408 ::2012/04/08(日) 00:46:25.89 ID:BrUnAr6I0
その劇に関しては、実はあまり思い出したくはない
言ってしまうと、その劇は少々失敗に終わってしまったのだ
それも、生徒が台詞を忘れたといったほほえましい類のものではなく
どちらかと言えば質の悪い失敗である
あれは、恐らく照明効果の過剰演出のせいであろう
俺自身そう認識しているし、演劇を鑑賞した他の当事者からもそういった声がもれ聞こえていた
ピンクとエメラルドグリーンの光を短時間に何度も交互にフラッシュする場面があり
いわゆるポケモンの「ポリゴン事件」とでもいうのであろうか
気分を悪くした観客が多発した

409 ::2012/04/08(日) 00:48:59.21 ID:BrUnAr6I0
といっても救急車で病院送りになるほどの被害者はおらず
10名程度の生徒と保護者が嘔吐感を覚え、トイレに駆け込んだ程度であったから
新聞に載るようなことにはならなかった
しかしながら学校として不名誉なことであるにかわりはなく
後に全体集会で校長は謝罪し
監督にあたった妹の担任はかなりきつくしかられたらしい

410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:51:13.34 ID:OVKtxWEi0
見てる人いる??

411 ::2012/04/08(日) 00:51:22.43 ID:BrUnAr6I0
見ている俺としても
劇の途中で悲鳴が聞こえたり
顔を真っ青にして口を押さえつつ走り去っていく保護者の姿等を見ていたものだから
決していい気はしなかった
妹の演技はよくできていたと思う
しかし、この興醒めのあまり、その感慨も中途半端なレベルで終わってしまった
これが、3回目に「サソリ」が登場した日付に起きた事柄の大体の顛末である

412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:51:30.04 ID:gyVO38Ga0
今更で申し訳ないんだけど>>14の意味だれか教えて
ちょっと読解できぬ

413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:51:32.53 ID:ZsXnMKLU0
俺は見てるぞ

414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:52:19.01 ID:8rt7XlMT0
サソリとシルクハットの男が貝木で再生される

415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:52:26.67 ID:ZsXnMKLU0
>>412
ヒント ID

416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:52:28.46 ID:NG4/tKws0
俺も見てる 

417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:52:42.70 ID:qJHg4w2c0
>>410
みてるよ

418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:53:21.56 ID:+GLOXRx30
>>412
俺もよくわかんないんだけど、
幻聴ってことかな?

419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:53:32.83 ID:yCgvZmp6O
くそゆとり多すぎだろ死ねよ

420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:53:38.44 ID:OVKtxWEi0
>>412

ID違うくね?

421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:53:52.04 ID:ZjOTL/Qv0
見てるぞ

422 ::2012/04/08(日) 00:54:39.00 ID:BrUnAr6I0
そこで俺はある事実に思いあったった
この日、俺は演劇終わりの妹の姿を写真に捉えている
劇の行われた体育館の裏で、友達と談笑しているところを映した者だ
このとき妹は、俺に見せることのない朗らかな笑顔を浮かべていた
俺は少し嫉妬にかられ、その感情もあったからだろうか
ついついカメラを向けてしまった
妹はすぐに怒ったようなしぐさを見せたが、友達を前にしていることもあったのだろう
家で見せるような高圧的な物言いをすることはできず、最終的におとなしく写真に納まった

423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:54:53.55 ID:gyVO38Ga0
>>415 >>420 oh... さんきゅ

424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:55:49.16 ID:CGOUrd5DO
こういうのは完結してからまとめろよ
単行本は全巻揃ってから一気に買うタイプなんだぞ俺は

425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 00:57:00.94 ID:bPjlidfc0
急に出てきたポリゴンでちょっと安心した

426 ::2012/04/08(日) 00:57:12.29 ID:BrUnAr6I0
一方友達のほうはといえば
役割をこなしきった達成感から来る高揚に支配されていたのだろう
友達の兄とはいえあくまで赤の他人の、しかも年上の男性であるこの俺にレンズを向けられても
さして嫌がるようなそぶりも見せず
それどころかピースサインまでして
それなりにのりのりと被写体と化したものだ

あの写真
たしかあの写真は、俺の画像フォルダの中に入っていたはずだ

427 ::2012/04/08(日) 00:59:24.55 ID:BrUnAr6I0
無論、その写真が大体どのようなことになっているかはすでに分かっている
妹は紺色に塗りつぶされた影と化しているのだ
恐らくは親の仕業ではないかと思うのだが
ひとの大切な画像にひどい仕打ちをするやつがいた物だ
にわかに沸いた怒りに胸をたぎらせつつも
俺は問題の写真をもう一度見てみることにした
今度は妹の存在に限らず、その全体を隅々まで注意深くである

428 ::2012/04/08(日) 01:00:46.83 ID:BrUnAr6I0
「は・・・・?」
「は?」
「なんだこいつ!?」

俺は驚愕に目を丸くした

429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:00:47.95 ID:bPjlidfc0
やっと追いついたC

430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:01:25.05 ID:ZjOTL/Qv0
怖い怖い

431 ::2012/04/08(日) 01:01:56.30 ID:BrUnAr6I0
写真の隅に
ある人間、恐らくは男が映っていた
恐らくはというのは、深めにかぶられたシルクハットゆえ、その顔がよく分からないためである

432 ::2012/04/08(日) 01:03:01.09 ID:BrUnAr6I0
そのロングコートに身を包んだ恐らくは男は
こちらから目こそ見えぬものの
顔の向きから
どうも画面右よりの
妹たちの方を見ているようであった

433 ::2012/04/08(日) 01:03:50.32 ID:BrUnAr6I0
「いるじゃねえかよ!」
俺は叫んだ
「こいついるじゃねえかよ!」

シルクハットの男
なのであろう
そいつは写真に写りこんでいた

434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:03:54.46 ID:U47xNtjO0
いいよいいよー
ワクワクドキドキすんぜー

435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:04:03.20 ID:UowJ0M+K0
来たか!!

436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:05:36.88 ID:PiubbtBa0
こいついるじゃねえかよ!

437 ::2012/04/08(日) 01:06:33.16 ID:BrUnAr6I0
男は妹たち(肝心の妹は紺の影・・・)の斜め後方
距離にして8メートル程度の位置にいて
じっと彼女たちを見つめている様子だった
そのさらに後ろには校舎の建物が映っており
何も知らぬ様子の
いや知らぬのは当然なのだが
生徒と保護者が
平和な顔をしていきかっていた

438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:07:51.14 ID:tRbt4glf0
どきがむねむねするわ

439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:08:13.20 ID:bPjlidfc0
>>436
結婚してやんよ!に通じるモノがあるな

440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:08:25.91 ID:VJdEm1nS0
支援

リングの高山竜司みたいに、外の世界に行ってたりして

441 ::2012/04/08(日) 01:08:34.54 ID:BrUnAr6I0
「畜生、お前かよ!」
「お前が妹を攫ったのかよ!」
「お・ま・え・が!!」
俺は思わず、画面上に映るシルクハットの男の顔面部分を
指ではじいていた
爪に鈍い痛みが走った
画面はもっとダメージが大きいだろう
繊細な精密機器だ
ヤツへの怒りをぶつけて壊しても仕方がない
俺はすぐに平常心を取り戻した

442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:09:01.62 ID:vlUAOOgD0
俺は今ひょっとしたらすごい瞬間に立ち会っているのではなかろうか。

443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:10:37.80 ID:M5zCM1a+0
これはフィクションでいいんだよな?な?そうだよな?

444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:11:23.11 ID:IGzE50viO
「こいつぅ〜☆ツン」
的な感じで想像してしまった

445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:11:42.90 ID:DKy/j0++0
なんでこんなスレがのびてるのかと思ったら

446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:11:45.43 ID:tRbt4glf0
>>444
やめなさい

447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:11:51.41 ID:OVKtxWEi0
>>444
やめろwwwww

448 ::2012/04/08(日) 01:11:56.49 ID:BrUnAr6I0
それにしても
俺はもう一度シルクハット男を眺めた
見るからに憎憎しい男だ
いや、顔は帽子の陰に隠れて判然としないが
どうせ憎憎しい顔をしているに決まっている
細身だが筋の通った長身
年はいっているようだが、若かりしころは身体能力もすぐれていただろう
あるいは、現在もその状態が健在かもしれない
コートと帽子はそれなりに高そうだった。加えて髭なぞ蓄えているということは、余財に恵まれた隠居者なのか
あるいは社会の実力者なのか・・・なんにせよ胸糞悪いことにかわりはなかった

449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:12:11.23 ID:TBbTilI70
映画化決定のAAはよ

450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:13:05.25 ID:cDgDWxET0
創作だよな?

451 ::2012/04/08(日) 01:15:23.87 ID:BrUnAr6I0
「俺の妹は金では買えんぞ」
俺は一人でつぶやいていた
「お前のような男に対しては、特にな・・・」
まったく
どうしてこんな男に妹はついていく羽目になってしまったのか
しかも、こんな画像に映り込んだりして
偶然ではあるまい
カメラを向ければそれなりにしょっちゅう映り込む頻度で、こいつは妹の後をつけていたのではないか
ならばこいつはもう変質者ではないか
「サソリ」の件といい、こいつが○メ○○である可能性もかなり高い
俺はどうしようもない悪寒に襲われた

452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:15:35.45 ID:+GLOXRx30
____   ┌┐    ________   _ _              __           _
| __, | __| |__   |____  ____|   / / | |       __|  |__   rー――┘└――‐┐
| | | | | __  __ |  ┌┐__」 |___┌┐  / / ||  /\   |__   __| |┌─────┐ !
| |_| | _| |_| |_| L  | | | r┐ r┐ | | |  / | | レ'´ /  ____」  |___ 'ー' | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|`┘
| i┐ |[___   __| | | | 二 二 | | | く_/| |  |  , ‐'´    |____   ___|.  r‐、 ̄| | ̄ ̄
| |_| |   / ヽ.    | | | 凵 凵 | | |   | |  | |   _      /   \     | | |   ̄ ̄|
|    」 _/ /\ \  | l└――― ┘l |   | |  | l__| |  / /|  |\ \__   / \_| | ̄ ̄
 ̄ ̄ く__/   \ `フ |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   | |  |____丿 <__/  |_|  \__// /\   `ー――┐
            `´ `‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐'    ̄                      `ー'   `ー───―'


453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:16:32.64 ID:MpE3wfV90
もちろんハッピーエンドだよね?ね?

454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:16:42.32 ID:TBbTilI70
____   r っ    ________   _ __
| .__ | __| |__  |____  ,____|  ,! / | l´      く`ヽ ___| ̄|__   r‐―― ̄└‐――┐
| | | | | __  __ |  r┐ ___| |___ r┐  / / | |  /\   ヽ冫L_  _  |   | ┌─────┐ |
| |_| | _| |_| |_| |_  | | | r┐ r┐ | | | /  |   | レ'´ /  く`ヽ,__| |_| |_ !┘| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|‐┘
| r┐| |___  __|. | | | 二 二 | | |く_/l |   |  , ‐'´     ∨|__  ___| r‐、 ̄| | ̄ ̄
| |_.| |   /  ヽ    | | | |__| |__| | | |   | |  | |   __    /`〉  /  \      │ | |   ̄ ̄|
|   | / /\ \.   | |└------┘| |   | |  | |__| |  / /  / /\ `- 、_ 丿 \| | ̄ ̄
 ̄ ̄ く_/   \ `フ |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |   | |  |____丿く / <´ /   `- 、_// ノ\  `ー―--┐
           `´ `‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐'     ̄          `  `´          `ー'    `ー───-′

455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:16:52.14 ID:OVKtxWEi0
そもそもエンドがあるのか・・・

456 ::2012/04/08(日) 01:17:39.51 ID:BrUnAr6I0
俺はさらにシルクハット男を睨み付けた
なんとか情報が
こいつの素性を知る上で役に立つ情報を見出したかった
とはいえ、単に帽子とコートに身を包んだ男が立っているだけ。警察ならまだしもそんな服装程度で身元を割り出せるわけもなく
すぐに俺は途方にくれたが、それでも俺は諦めがつかなかった
さらにぐいぐいと男に視線を突き刺した

「・・・・・おや?」

457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:18:42.05 ID:rVHEZWEo0
神スレじゃねーか
熱烈支援

458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:19:52.78 ID:6OGEJtJE0
久々にみる良SS


支援

459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:20:57.44 ID:IGzE50viO
シルクハットのようすが・・・・・

460 ::2012/04/08(日) 01:21:01.82 ID:BrUnAr6I0
俺はあるものに目が行った
最初は勘違いだろうと思った
しかし見れば見るほどそれは「それ」であった?
「えっ?」
「えっ?」
俺は数回叫んだ
なぜ今までそれに気がつかなかったのだろうか
恐らくは紺の影と化してしまった哀れな妹と、シルクハットの男にあまりに注意が行き過ぎてしまっていたからだろう
なにより背景の校舎の色がまずかった
その校舎の壁はレンガを薄くしたような朱色の塗料で塗られていた。それに隠される形となったのであろう
シルクハットの男の少し後ろ、同じく校舎を背景とするかたちで
そこにオレンジ色の影が立っていた

461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:21:05.88 ID:wwCWpkUg0
おもろい

462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:21:32.01 ID:ISyI/HksO
>>459
やめろwwwwww

463 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:22:02.07 ID:2GAyyFnK0
おいついちまった

464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:22:07.78 ID:OVKtxWEi0
>>459
同じこと考えてたwwwww

465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:22:25.04 ID:8rt7XlMT0
>>459
吹いただろうが

466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:22:31.01 ID:TYao3nP50
【妹(JC)がパソコンに書いてた文章(原文ママ)】
あたしが11コ上のお兄ちゃんがいます。お兄ちゃんは今、婚約中です。
あたしは鬼いちゃんが大すしなんで、ショックで泣いてしまいました。
お兄ちゃんと婚約者の前で泣きそうになって、泣くのを見られたくなかったので
自分の部屋に逃げてしまいました。
カジョノさんとお兄ちゃんがキッスしたりHしたり思いと胸がはり鮭そうでう。
お兄ちゃんはいつもあたしに野菜くていつもあたしをかわいがってくれました。
お兄ちゃん、結婚なんてしないで。あたしだけのお兄ちゃんでいて星い野に。
誰にも取られたくない。独り姫路鯛です。
苦しくてつらいです。どうすればいいですか?
【JC画像】
http://www1.kcn.ne.jp/~h-mimo/image12.jpg


467 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:22:44.80 ID:ZjOTL/Qv0
>>459
やめいwwww

468 ::2012/04/08(日) 01:23:19.01 ID:BrUnAr6I0
オレンジ色の影
というのは通常この世に存在する物象ではない
正体はもちろん、フォトショップの加工によって形成されたものだ
そして、ならばその影は、まず妹に対してなされたのと同じ意図で塗られたものに間違いない
そのオレンジの影は、写真に映りこんだ何者かを隠している

469 : ◆V.I.P.sP4M :2012/04/08(日) 01:24:44.51 ID:b4C8fWxC0
紫炎

470 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:25:35.45 ID:Ma7dHQNJ0
支援

471 ::2012/04/08(日) 01:26:24.79 ID:BrUnAr6I0
「おやおや・・・」
俺は呻いた
加工は、妹だけに対してなされていたわけではなかったのだ
では、誰だ?誰を隠そうとしている?
これは俺のパソコンだ
俺のパソコンに保存された俺の画像だ
プライベートの画像である
見るとすれば、まず俺だけだ
俺に見せたくなかったのか?
妹のみならず、あの日学校にいたほかの誰かを
誰がいるというのだ?
俺においてそのような重要な価値を持ちえる人間は、あの日あの場所には妹をおいて他にいないのに

472 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:28:53.44 ID:VJdEm1nS0
誰か>>459を解説してくれ


473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:29:09.98 ID:qJHg4w2c0
追い付いた。 

これ親なんかもアレだろ?どう伏線回収すんだろ。

474 ::2012/04/08(日) 01:29:12.55 ID:BrUnAr6I0
「なんだ?」
俺はシルクハットの男に対して問いかけた
「もしかして、恐れているのか?俺を恐れているのか?」
虚勢ではなく、真摯な疑念として俺はそれを考えた
「このオレンジの人間は、そんなに俺に知られてはまずい人間であったのか?」
「では、俺がこの写真のなかにその人間の存在を見出せば、お前の意図は、なんらかの妨害を受けることになるのか?」

隠す、という行為はそういうものである
隠せば、そのもの時代は守られるかもしれないが
それを知られてはまずいという、向こう側の弱点を露呈することにもつながりうる

475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:29:58.93 ID:OVKtxWEi0
>>472
モケポン

476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:30:40.17 ID:+GLOXRx30
>>472
ポケモンの進化

477 ::2012/04/08(日) 01:31:24.77 ID:BrUnAr6I0
「こいつだな」
俺はこぶしを握った
「このオレンジが問題だ」
標的は、シルクハットからオレンジに移行した
このオレンジの正体がつかめれば、妹は取り戻せるかもしれない
俺はオレンジを注視した
オレンジはシルクハットのすぐ近くにいる
シルクハットの関係者かもしれないし
場合によっては
妹のように、この男に連れられた児童であるのかもしれない

478 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:32:10.66 ID:L4yStk5A0
ここまでオチが読めないSSは珍しいな


ただ絶対今夜中には終わらないことだけはわかった

479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:33:06.23 ID:MpE3wfV90
これホントに全部伏線回収できんのかよ

480 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:33:30.03 ID:8rt7XlMT0
眠い…
が先が気になる…

481 ::2012/04/08(日) 01:34:08.44 ID:BrUnAr6I0
「ハーメルンの笛吹き男」
そういった文字が俺の脳裏に去来した
もしかしたらこの男は何らかの心理術に長けていて
子供を言いように手なづけることができるのかもしれない
もちろんそんな話は作り話のなかでしか成立しないものであるとは思うのだが
こいつならどうもやりかねない
そんな雰囲気が、シルクハットの男からはかもし出されていた

482 ::2012/04/08(日) 01:36:37.51 ID:BrUnAr6I0
お前も、哀れな被害者であるかもしれないのか・・・
俺のオレンジに対する意識が変わった
それまではどちらかと言えば向こうのサイドに属するものではないかと考え
敵意も覚えていたのだが
こうして見れば影から推測できる背丈も小さい
やはり子供ではあるまいか
かわいそうに
今の妹のおかれた状況とだぶらせつつ、俺は愛でるようにそのオレンジの顔付近を眺めた

「ん?」

483 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:37:35.28 ID:qJHg4w2c0
>>479
どうなるんだろうな?!

484 : ◆V.I.P.sP4M :2012/04/08(日) 01:37:38.14 ID:b4C8fWxC0
ん?

485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:38:11.84 ID:bPjlidfc0
ぶっちゃけオチは読めてるけど、それでも新たな伏線が出してくるから新鮮な気持ちで読めるしドキドキして怖くて面白い。
次々に出てくる謎が、全て考えてるオチに繋がる所も楽しい。また一つ、繋がる謎が増えたぞ。というホラーゲーのアイテム感覚

486 ::2012/04/08(日) 01:38:15.08 ID:BrUnAr6I0
そのオレンジの顔付近は、必ずしもオレンジ一色ではなかった
いや、オレンジはオレンジであるのだが、一色ではない
どういうことかというと、ある部分だけ、周囲と比較して色が薄めになっていた
しかもその部分は、おっていけば、どうもある文字を形成しているように思われた

487 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:39:40.93 ID:bPjlidfc0
なんだってー!

488 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:40:00.18 ID:ZjOTL/Qv0
寝れないじゃねーかこのやろう

489 ::2012/04/08(日) 01:40:32.10 ID:BrUnAr6I0
「『∀』だ」
俺はつぶやいた
よく笑っている人間の顔文字の、口の部分を表記する際に用いられる、あの『∀』だ
ええと、あれはなんと読むのだったのかな
俺はしばらく考え込んだ
どこかでその読み方も学んだ記憶がある

490 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:41:02.16 ID:yC3Psgpr0
ターンエー

491 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:41:16.33 ID:rVHEZWEo0
>>485
その通りだわなんか怖くてハラハラする
見る推理ゲームだな

492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:41:31.83 ID:8rt7XlMT0
(∀)

493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:41:32.74 ID:TBbTilI70
すべて

494 ::2012/04/08(日) 01:42:03.37 ID:BrUnAr6I0
「ああそうだ」
「ターンエー」だ
すこし考えた後、俺は思い出すことができた
ターンエー
アルファベットのAの文字がひっくり返っているからターンエーというらしい
これを学んだのは
『∀ガンダム』を見たのがきっかけだ

495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:42:07.48 ID:IGzE50viO
(´∀`)

496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:42:25.28 ID:qJHg4w2c0
ここで突然月光蝶

497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:42:45.76 ID:ZjOTL/Qv0
このガンダムすごいよおおおおお

498 : ◆V.I.P.sP4M :2012/04/08(日) 01:43:21.70 ID:b4C8fWxC0
( ´∀`)

499 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:43:47.64 ID:TBbTilI70
俺寝るわ
乙置いとくから終わったら
俺の文まで乙しといてくれ
つ乙

500 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:43:48.46 ID:/Btga6wP0
やっと追いついたこの展開は胸圧

501 ::2012/04/08(日) 01:44:51.03 ID:BrUnAr6I0
この文字が
しかも顔の部分に使われているせいだろうか?
オレンジの影は笑っているように見える
「ふざけた改竄しやがって!!」
俺の中に、新たに強い怒りの念が生まれた
これが子供なら、妹のように連れ去られた被害者であるはずだ
笑っているはずがない
笑っていられるわけがない
そんな人間をオレンジで塗りつぶした上、その顔にこんな工作を加えるなど
その人間の人格を蹂躙する行為としか思えなかった

502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:45:24.69 ID:yC3Psgpr0
まさか妹が黒歴史に葬られるとは思わなかった

503 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:47:43.46 ID:VJdEm1nS0
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙

504 ::2012/04/08(日) 01:48:42.98 ID:BrUnAr6I0
相手はどんな精神の持ち主だろう
もはや完全に以上である
子供の心、尊厳などこれっぽっちも考慮に入れない
彼ら自分の意のままになる物としか認識していない
人格構造上欠陥のある危険人物
そうとしか思えなかった
このオレンジの子供は
恐らくはもうこの世にいない
そんな気がやけに強くした

505 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:50:14.81 ID:VJdEm1nS0
ドキドキ

506 ::2012/04/08(日) 01:50:54.02 ID:BrUnAr6I0
俺は目じりに涙があふれてくるのを認識した
何とかしなくては
一刻も早くなんとかしなくては
まだ
まだ時間はある
○メ○○の書き込みを信じるなら
妹にはまだあさってまで時間がある
俺は必死になって、こんどは紺色の影
妹を覆うそれのほうへ目を移した
こちらにも、同じような文字が刻まれていないかと考えたためだ

507 ::2012/04/08(日) 01:51:43.14 ID:BrUnAr6I0
もし、妹に対しても顔に「∀」なら・・・
俺は考えた
殺してやる
シルクハットを見つけ次第
どんな手段を使っても殺してやる

508 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:51:45.72 ID:GAxSv5fY0
ID変わっても臭いでわかるわ

509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:53:39.29 ID:BjFOIOuO0
眠れない

510 ::2012/04/08(日) 01:53:46.15 ID:BrUnAr6I0
そして、こちらにも
同様の文字はあった
やはり頭部付近に
それは刻まれていた
ただし
妹の場合は
「∀」ではなかった
そして「∀」などと比べれば、日本人にとって非常に目にする頻度の高い
ある一文字の漢字が記されていた

「人」
である

511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:54:33.33 ID:+2VgyESb0
ほう

512 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:55:17.92 ID:/Btga6wP0
小説になったら絶対買うレベル

513 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:55:19.16 ID:qJHg4w2c0
ヤバい…くそ眠くなってきちまった 
明日ってか今日9時からバイトなんだよなぁ

514 ::2012/04/08(日) 01:56:04.69 ID:BrUnAr6I0
「人だあ?」
「人だと?」
どこまで
どこまで人を馬鹿にすれば気が済むのだろうか
「人」
それが人であることなど、とっくの昔に分かっている
というか俺の妹だ
俺の妹が何か?人以外の何者かにでも見えるというのか?
それこそ「サソリ」にでも見えるというのか?
ふざけるな
俺の妹だ
俺の大切な妹なのだぞ

515 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:56:38.90 ID:IGzE50viO
(´人`)

516 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:56:50.10 ID:L4yStk5A0
今夜どころかこのスレで終わるのかどうかさえ怪しいな
いや、別にいいんだけど

517 ::2012/04/08(日) 01:58:02.23 ID:BrUnAr6I0
案の定終わりそうにありません
時間をかければ終わることはできるのですが
夜も遅くなったのと、眠いという人が多いので申し訳ありませんがここまでにさせてください
続きはできれば明日の、やはり11時から書かせていただきたく思います
勝手を言って申し訳ありません

518 :!nanja:2012/04/08(日) 01:58:18.52 ID:O1mvHMvK0
支援

519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:59:09.28 ID:U47xNtjO0
>>517
朝かい?夜かい?
とりあえずお疲れ様

520 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:59:21.92 ID:i3Okfnju0
やっと追いついた
支援

521 : ◆9gZbpEeOT. :2012/04/08(日) 01:59:29.76 ID:BrUnAr6I0
スレはさすがにもう無理して保守しなくてかまいません
自分で立て直せますので
立て直す場合は同じスレタイで立てます
一応本人確認用にトリップ作っておきます

522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 01:59:50.61 ID:qJHg4w2c0
>>517
11時って23時じゃなくて昼間のか??

523 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:00:04.19 ID:L4yStk5A0
>>517
昼?夜?
夜なら新スレでの方がいいかもね

524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:00:50.56 ID:PiubbtBa0
>>517
無理すんなよ

525 : ◆9gZbpEeOT. :2012/04/08(日) 02:01:07.28 ID:BrUnAr6I0
>>519
夜です
なかなか終わらなくて大変申し訳ありません
本当は先日の午前中で終わると思っていたんですがちょっと予定がずれました
また明日の23時に続きを書きたいと思います
興味のあられる方はお付き合いください・・・。

526 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:01:45.04 ID:U47xNtjO0
そうかー楽しみにしてるぜー

527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:02:21.35 ID:8rt7XlMT0
楽しかったよ
明日また待ってる!
おやすみ

528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:02:34.39 ID:qJHg4w2c0
>>525
楽しみに待ってる! 
スレタイ同じにしてくれよ。

529 : ◆9gZbpEeOT. :2012/04/08(日) 02:02:57.25 ID:BrUnAr6I0
長々お付き合いいただき有り難うございました
本日はこれで失礼させていただきます・・・。

530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:02:59.76 ID:VJdEm1nS0
乙 おもしろかった。続き期待してるぜノシ

531 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:03:31.01 ID:L4yStk5A0
こりゃあとでログ掘り起こすことになるな・・・
とりあえず乙

532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:04:18.34 ID:IGzE50viO
>>525つ乙
おもしろかった!


533 : ◆V.I.P.sP4M :2012/04/08(日) 02:05:40.90 ID:b4C8fWxC0


見るよ

534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:07:13.67 ID:7LJHrLEu0
支援

535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:07:28.65 ID:ISyI/HksO


引き込まれた

536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:08:22.96 ID:eyf7L93W0
これすげえ面白い。
読みいっちゃうわ

乙!

537 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:09:22.89 ID:ftTNGM9v0
月曜日入学式なのにどうしてくれんだ

538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:10:28.77 ID:fU4wBG3V0


539 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:12:32.24 ID:7juwUXJmO

夢中になって読めた
明日には完結を望む

540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:12:42.65 ID:ftTNGM9v0
月曜日入学式なのにどうしてくれんだ

541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:14:19.94 ID:bPjlidfc0
>>510
怖えええええええ

乙。トリップなくても文章で判るよっていいたい位ぞくぞくしたよ。
これでやっとトイレに行けるかもしれない。

542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:16:29.18 ID:ho1Zdbp60


543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:18:06.46 ID:eBkeNXo80
今読みオワタ
乙ですた

544 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:24:45.43 ID:R2dQYv0OQ
実は∀はターンエーとは読まない
∀ガンダムだけ

545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:26:08.33 ID:VL1/CuJl0
気になってしゃあない


546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:26:47.78 ID:5PHF07SCO

あしたが楽しみだ

547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:31:54.27 ID:pqnHkCHl0
おつ
やっと寝れる

548 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:34:15.90 ID:Hd8JmU6J0
引き込まれすぎて涙出てきた

549 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:34:26.08 ID:bJJi1VRl0
せっかく引き込まれてるのに 否! やめてwww

550 : 忍法帖【Lv=25,xxxPT】 :2012/04/08(日) 02:35:30.46 ID:RMbDUiju0

続き気になりすぎてやばい

551 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/04/08(日) 02:39:40.52 ID:+GY4Xi8H0
乙カレー!

552 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 02:49:34.27 ID:ta4WC6Hh0
安価でループのやつ以来のワクワク


あれどうなった

553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 03:03:21.36 ID:P1x1pbcN0
>>1は今も妹を探しているんだろ

554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 03:05:08.12 ID:Yplr2WPu0
昼間は妹を捜す。夜は自伝を綴る
多忙な>>1だぜ

555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 03:09:13.36 ID:o2pYQW+70
女未

556 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 03:25:16.87 ID:3gP5nmLw0
夜勤なのに読んでしまった。。。
こえー。

557 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 03:50:07.10 ID:3RLJUW4x0
爆発した

558 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 04:11:04.42 ID:C1Y/EQrw0
>>1
俺のワナビ心に火がついた。
ありがとう

559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 04:16:37.04 ID:BEuY5sdBO
オチが読めた

だが、動機がわからんのとちょっとピースが足りない
まだまだ伏線は出てくるだろうな



560 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 04:52:44.49 ID:ADSla7YA0
>>1

>>499>>1乙」


561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 05:51:00.55 ID:ZsXnMKLU0


562 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 05:57:53.44 ID:gyVO38Ga0
ほお

563 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 06:19:45.24 ID:t2XW4vwJO
続きが気になりすぎてパネパねぇwwwwww

564 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 06:22:13.17 ID:jZgFfXLp0

○メ○○はシメサバで再生しています

565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 07:06:30.06 ID:OqhdDXRC0
エメラル

566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 07:46:43.12 ID:HfzupE0h0
注連縄

567 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 08:12:42.48 ID:WHZlyVXA0


568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 08:33:34.25 ID:MK8brBuqO


569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 08:38:59.93 ID:wFzT5sEi0
  ∧_∧
  (´・ω・`)     n 乙
 ̄     \    ( E) 
フ アフィ /ヽ ヽ_//

570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 08:46:59.74 ID:CGOUrd5DO
サメジマ

571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 09:03:05.94 ID:DHC5ALO50


572 : 忍法帖【Lv=8,xxxP】 :2012/04/08(日) 09:09:41.96 ID:3BMKI9Fc0
保守は難しいんじゃないか?

573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 09:15:36.84 ID:KlHSV+/KO


574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 09:17:46.08 ID:81+zcc8U0
ネメシス

575 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 09:24:52.65 ID:jZgFfXLp0
ああ、鮫島か!

576 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 09:26:10.69 ID:pKMljvp30
今北産業

577 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 09:27:21.90 ID:q0Yuyj/5O
待ってるぞ

578 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 09:29:48.08 ID:UqGVovZLO
>>576
夜続編
面白いから
読んでこい

579 : 忍法帖【Lv=8,xxxP】 :2012/04/08(日) 09:30:49.58 ID:3BMKI9Fc0
>>576
まだ続きは無い
取り敢えず
読め

580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 09:48:16.08 ID:yY8MSnDl0
2夜連続“〜朝起きたら妹がいなくなっていた〜(酉付けとけよ)”スペシャル乞うご期待!

581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 09:50:38.49 ID:LP9frorYO


582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 09:58:28.83 ID:2LJz9va80
ゆとりは今起きて昨日のレス見てるんだろうな・・・。






俺だけど

583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 10:08:07.37 ID:Gt/WbTf80
追いついた
続き気になるな

584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 10:22:16.38 ID:/oeHYQIW0


585 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 10:24:15.19 ID:voX9Shl9O
いやいやなかなか >1 乙 この後も頑張ってくれ


586 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 :2012/04/08(日) 10:25:00.91 ID:ULm6DVyP0


587 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 10:31:25.39 ID:wxG1+wUG0


588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 10:33:02.04 ID:q1U3mt/C0


589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 10:34:16.59 ID:VJdEm1nS0
実写化したらおもしろいだろう

590 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 10:37:54.95 ID:2LJz9va80


591 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 10:52:26.96 ID:LP9frorYO
アメリカ

592 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 10:54:05.50 ID:tRbt4glf0
なんか嬉しい

何故だ

593 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 10:54:32.32 ID:P8H3Gg1Y0
シベリア

594 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 10:55:24.35 ID:ZQHhtJa70
保守

595 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 11:03:19.31 ID:oViIFQ2v0


これは支援

596 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 11:16:50.76 ID:eBkeNXo80
あと12時間くらいか

597 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 11:17:33.20 ID:VJdEm1nS0
新しくスレ立てるって言ってたから保守はいらんぞ

598 : ◆V.I.P.sP4M :2012/04/08(日) 11:19:48.12 ID:b4C8fWxC0
なんだかんだいって朝まで残ってんじゃねえか

599 :ロト6:2012/04/08(日) 11:20:30.10 ID:lxhks8Q30
ほす

600 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 11:27:12.17 ID:YreqZu6G0

支援


601 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 11:30:18.75 ID:r4pQjnak0


602 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 11:30:54.48 ID:wqPIpE6Q0
これはまとめに載る

603 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 11:33:16.85 ID:8rt7XlMT0
みなさんおはよう
保守乙
>>1さんよろしく

604 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 11:34:49.66 ID:KV2sIdMIO
サイレン

605 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 11:37:05.72 ID:m4/ALwiH0
保守


606 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 11:38:13.83 ID:ZsXnMKLU0
>>602
もう載ってる
http://blog.livedoor.jp/vippuppu-vippuppu/archives/5185841.html
http://blog.livedoor.jp/vippuppu-vippuppu/archives/5203443.html


607 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 11:44:20.66 ID:IStfDEjz0
>>433
>>441

この辺のテンションが江頭みたい

608 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 11:52:45.26 ID:OEPLvYMI0
>>606
糞なまとめブログ荒らそうぜ

609 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 11:54:00.32 ID:US1UJC6p0
>>608
もしかしたら>>1がまとめの管理人だったりしない?

610 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 11:57:01.01 ID:lqEp6CaW0
それでもこの続きが読めればどうだっていいのよ

611 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 12:15:55.85 ID:2J/UIR2J0
っじぅg

612 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 12:18:34.33 ID:SMg8cUrq0
まとめから来ました^^
VIPのみなさんよろですv

613 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 12:21:29.92 ID:ZjOTL/Qv0
一乙

614 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 12:30:01.69 ID:US1UJC6p0
>>612
Androidのオススメアプリ教えて
21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/04/08(日) 02:44:41.50 ID:SMg8cUrq0
>>16
ガラケ機能要らないなら買い
ICSは標準ブラウザとchromeが便利すぎる

2chMate 0.8.1.41 dev/samsung/Galaxy Nexus/4.0.2/15.8MB/64.0MB



615 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/08(日) 12:40:56.13 ID:d15SpHhS0
追いついた。確かにかなり広げすぎの感もあるな。
どれぐらい、どうやって回収してくれるのかを、wktkしながらみている。
今夜も期待しているよ

132 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★