5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

マミ「思いでのティロ・フィナーレ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 21:02:43.77 ID:1e/DzIBuO
マミ「これでとどめよっ!」

まどか「マミさんっ」

さやか「いっけー!」

マミ「ティロ・フィナーレ!」

まどか「わぁ…!」

さやか「やったー!」

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:00:02.50 ID:x27qc4Fq0
>>108
頭がやられて大丈夫じゃなくなったマミさん…

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:00:12.48 ID:W7//APp8O
マミ「ママ、らすとちゅーちんぐは、いたりあ語なの?」

母「ううん、英語よ?」

マミ「いたりあ語なら何て言うの?」

母「えっ?イタリア語?」

マミ「うんっ」

母「え…なんだろう?フィナーレ…?」

マミ「ひなーれ?」

母「うーん…ちょっと調べてみるね」

マミ「わかったー」

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:00:40.03 ID:wiTXpcl10
ラストシューティングだったらマミってもどうということなかった

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:02:23.56 ID:xZlNKEY50
最高のフィナーレをー

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:03:10.13 ID:W7//APp8O
母「最後の銃撃…よね?えーと…」

マミ「…」ワクワク

母「あった、これは…て、ティロ…?」

マミ「てぃろ?」

母「うん、ティロ・フィナーレね」

マミ「てぃろひなーれ!」

母「ふふっ、どう?今度はかっこいい?」

マミ「うん、かっこいい!」

母「そう、良かったね」

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:03:12.06 ID:iuylLaUx0
ソウルジェム装着箇所を腹のあたりにしとかないとマミった後のラストシューティングは無理だぜ

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:06:06.66 ID:W7//APp8O
マミ「えへへ、てぃろひなーれ!」

母「気に入ったみたいね」

マミ「ママ、悪い人が来たらマミがてぃろひなーれでマミを守ってあげるね!」

母「ふふ、ありがとう。頼もしいわ」

マミ「てへへっ」

母「でもね?ママだけじゃなくて、みんなも守らなきゃね」

マミ「うんっ、ママもパパもお友だちも、マミがてぃろひなーれで守ってあげるの」

母「うふふっ、頑張ってね?」

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:06:57.15 ID:xZlNKEY50
てぃろ・ひなあられ

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:07:13.31 ID:8KxxXT690
ティロティロ

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:07:47.65 ID:wiTXpcl10
頭が

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:09:07.06 ID:W7//APp8O
マミ「うん、がんばるー!」

母「それじゃあママと約束しよっか?」

マミ「やくそく?」

母「うん、マミが大きくなった時、大切なお友だちが困っていたら助けてあげてね」

母「そして、そのお友だちと仲良くするのよ?」

マミ「うん、やくそくするー!」

マミ「マミ、お友だちを守って仲良くするね!」

母「ふふ、いいこいいこ」

マミ「えへへ」

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:12:18.04 ID:W7//APp8O
まどか「もう買い忘れたものはないよね?」

さやか「うん、ばっちりよ!」

まどか「それじゃあ帰らなきゃ」

さやか「うん」


さやか「あと少しだね」

まどか「うん…あれ?ほむらちゃんだ」

さやか「うわ、また出たよ」


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:15:05.83 ID:W7//APp8O
ほむら「………鹿目まどか、美樹さやか」

さやか「で、なに?マミさんに用でもあんの?それともあたし達に?」

まどか「さやかちゃん…」

ほむら「あなた達に忠告しておくわ」

さやか「なに?また魔法少女になるなとか?」

ほむら「…そうじゃないわ」

さやか「じゃあ何さ?」

ほむら「戸締まりはしっかりしておきなさい」


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:18:09.72 ID:W7//APp8O
さやか「はぁ?」

まどか「あっ…」

ほむら「魔法少女とは言え、巴マミは中学生よ?万が一のことが起こったらいけないわ」

さやか「…あ」

ほむら「次からは気を付けなさい」

さやか「…う、うん。ごめん」

まどか「もしかして、ほむらちゃんが見守っててくれたの?」

ほむら「………」

シュンッ

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:21:05.91 ID:W7//APp8O
まどか「あっ…」

さやか「き、消えた!?」

まどか「ほむらちゃん…」

さやか「これも魔法なの?」

まどか「うん、たぶんそうだよ」

さやか「それよりも、まさかあいつがマミさんを見守ってたって言うの?」

まどか「うん、絶対そうだよ」

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:22:14.03 ID:8KxxXT690
ほむほむ

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:25:18.59 ID:W7//APp8O
さやか「……意外だなぁ」

まどか「ほむらちゃん、ありがとう」

さやか「あいつ、良いやつなのか、そうじゃないのか分かんないんだよねぇ」

まどか「ほむらちゃんは悪い子なんかじゃないよ?良い子だよ」

さやか「なんで分かるの?」

まどか「わたしも、ほむらちゃんとあんまり話したこと無いけど…」

まどか「でも、なんとなく分かるの」

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:27:06.50 ID:W7//APp8O
さやか「ふーん?まぁ良いやつに越したことは無いんだけどね」

さやか「…もっと話してくれれば色々分かるのにさ」

まどか「さやかちゃん…」

さやか「それなら友だちにだって…」

まどか「うん…そうだね」

さやか「まぁこの話はまた今度!早くマミさん家行こっ!」

まどか「…うん」



128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:30:07.42 ID:W7//APp8O
マミホーム

まどか「おじゃまします」

さやか「次からは気を付けなきゃね」

まどか「うん。マミさんはまだ眠ってるのかな?」

さやか「寝てるんじゃないの?」

マミルーム

まどか「失礼しまーす…」

マミ「すぅ…すぅ…」


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:34:06.87 ID:NH9noK5b0
さん付けで呼んでるけどマミさんって俺よりずっと年下なんだよな・・・

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:34:25.33 ID:W7//APp8O
さやか「やっぱ寝てるね」

まどか「うん」

マミ「お母さん…」

まどか「!」

さやか「マミさん…」

マミ「…ん?」パチッ

まどか「あっ…」

マミ「あら…鹿目さん…美樹さん…?」

さやか「ごめんなさい、起こしちゃいましたね」

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:34:36.53 ID:P995uBrj0
マミさんはぁはぁ!!

マミさんかわいいよぉ!!
支援支援

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:35:17.35 ID:wiTXpcl10
>>129
マミさんはマミさんだろ、なに言ってんだ?

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:35:33.88 ID:lKjSmoDV0
>>129
俺なんてさかなくんさんより年上だぜ

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:36:17.37 ID:W7//APp8O
マミ「ん…」

まどか「マミさん、ティラミス買って来ましたよ」

マミ「ティラミス…?あっ!」

マミ「ご、ごめんなさい…寝ぼけてて…」

まどか「あっ、いえ、そんな…」

マミ「買ってきてくれたのね?ありがとう」

さやか「熱はどうですか?」

マミ「…うん、お陰さまで随分楽になったわ」

さやか「そっか、よかった」

まどか「でもまだ安静にしとかないと…」

マミ「ふふ、そうね」

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:39:05.28 ID:W7//APp8O
さやか「あたしティラミスの準備してくるねー」

まどか「うん、お願い」

マミ「美樹さん、ありがとう」

まどか「わたしは…あれ?」

マミ「どうしたの?」

まどか「マミさん、グリーフシード置きっぱなしですよ?」

マミ「えっ?グリーフシード?」

まどか「ほら、こんなところに」

マミ「あれ?なんでそんなところに…?見せて?」

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:42:45.54 ID:W7//APp8O
まどか「はい」

マミ「…?このグリーフシードは見覚えないわ」

まどか「えっ?」

マミ「これも、これも、これも…私は知らない…」

マミ「これは一体…?」

まどか「あっ、もしかして…」

マミ「!」

まどか「そのグリーフシードはほむ…」

マミ「暁美さん、来てくれたのね」

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:45:10.08 ID:W7//APp8O
まどか「えっ?なんでわかったんですか?」

マミ「ふふ、ほらこの髪の毛」

まどか「あっ、それって…」

マミ「うん、これは間違いなく暁美さんのものだわ」

まどか「ほむらちゃん…!」

マミ「でも、どうして暁美さんが?」

さやか「さっきあいつと会ったときにマミさんのこと話したから…かな?」

さやか「なんでグリーフシード持ってきたのかは知らないけどさ」

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:47:27.50 ID:lKjSmoDV0
確かにあんだけ髪の色違えば分かるよな

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:48:15.45 ID:W7//APp8O
まどか「きっと、ほむらちゃんなりのお見舞いなんじゃないかな?」

マミ「…そっか、ありがとう」

マミ「暁美さん…!」

さやか「…不器用なやつ、もっと話してくれてもいいのにさ」

さやか「それなら、あたしだって…」

マミ「そうね、もっとお話しできれば暁美さんとも仲良くなれると思うわ」ニコニコ

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:51:29.95 ID:W7//APp8O
さやか「あはは、嬉しそうですね」

マミ「うん、嬉しいわ。だってあの暁美さんが私のところに来てくれたんだからね」

まどか「ほむらちゃん、ずっとマミさんのこと見守っててくれたんですよ」

マミ「えっ?そうなの?」

さやか「まあ、本人は何も話さなかったから本当かどうかは分からないけどね」

まどか「でもっ」

さやか「うん、わかってる」

マミ「今度、改めて暁美さんとお話ししたいわ」

マミ「お礼しなきゃね!」

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:54:29.13 ID:W7//APp8O
まどか「うん、わたしもお話ししたいなぁ、きっとお友だちになれると思うもん」

さやか「…ま、あたしもついでに、一応」

まどか「てぃひひ!素直じゃないんだから」

さやか「い、いいじゃん別に!」

マミ「うふふっ」

さやか「それよりも、ほらっティラミスですよ」

マミ「わざわざごめんなさい」

まどか「良いんですよ、いつものお礼です」

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:54:47.89 ID:w6YxQR1a0
ティロフィナーレシリーズ書いた人とは別の人?

143 :>>142俺があのレベルのSSを書けるはずがない:2012/02/13(月) 00:57:07.70 ID:W7//APp8O
マミ「ありがとう、嬉しいわ」

さやか「はい、どうぞ」

マミ「うん、いただきます」

まどか「美味しいですか?」

マミ「うん…」

さやか「あれ?マミさん?」

マミ「………」ポロポロ

まどか「ど、どうしたんですか?美味しくなかったの?」

マミ「…ううん、とっても美味しいわ」

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 01:00:11.24 ID:W7//APp8O
さやか「じゃあ何で?」

マミ「ちょっと懐かしくってね」

まどか「懐かしい?」

マミ「うん、昔を思い出したの」

マミ「小さい頃にね、私が病気になった時はよくお母さんがティラミスを買ってくれたのよ」

さやか「あっ、だからティラミス食べたかったんだ!」

マミ「ええ、懐かしくってついね」

マミ「……それに、誰かに看病してもらったのも久しぶりでね」

まどか「マミさん…」

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 01:02:04.67 ID:8KxxXT690
てぃらてぃら

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 01:03:04.92 ID:W7//APp8O
マミ「私、ずっとひとりぼっちだったから…だから、今とっても幸せなの」

マミ「でも、今はもうひとりぼっちじゃないのよね?」

マミ「鹿目さんと美樹さんが看病してくれて…暁美さんもお見舞いに来てくれたんだもの」

さやか「マミさん…!」

マミ「ありがとう、鹿目さん、美樹さん」

マミ「私、今凄く幸せよ!」

まどか「えへへ、ありがとうございます」

さやか「てへっ、嬉しいね」


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 01:05:06.73 ID:W7//APp8O
マミ「ふふっ」

まどか「マミさん…わたし、さやかちゃんと考えたんです」

マミ「えっ?」

まどか「わたし達、まだ叶えたい願いも、魔法少女になる決心もつけられないんです」

マミ「…そうよね、無理して契約する必要なんて無いもの」

まどか「でも、マミさんの側にいることはできるから…だから」

マミ「!」

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 01:08:09.37 ID:W7//APp8O
さやか「だから、あたし達マミさんを精一杯支えたいんです!」

さやか「それくらいしか出来ないけど…でもっ!マミさんの力になりたい!」

さやか「いつか魔法少女になった時も、ずっとマミさんと一緒に…!」

マミ「美樹さん…鹿目さん…」

まどか「全然役に立てないかもしれないけど…わたし、少しでも役に立てたらなって」

まどか「マミさん…ダメですか?」

マミ「ううん、ダメだなんてそんなっ」

マミ「すっごく嬉しいわ…!ありがとう!」

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 01:10:41.18 ID:8KxxXT690
やったー!

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 01:11:06.86 ID:W7//APp8O
まどか「マミさん…!」

マミ「あなた達は最高の後輩よ!」

さやか「最高の後輩…か」

マミ「えっ?」

さやか「えっ?あ…う、嬉しいんですけど、マミさんにとってあたし達は…その」

さやか「後輩で、友だちじゃないのかな…って」

マミ「…!」

さやか「あはは…」

まどか「マミさん…」

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 01:14:32.41 ID:W7//APp8O
マミ「……そうよね、後輩よりも大切なものだもんね」

マミ「ごめんなさい、美樹さん、鹿目さん」

マミ「あなた達は、最高のお友だちよ!」

まどか「えへへ、マミさん!」

さやか「そうこなくっちゃ!」

マミ「うふふっ」

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 01:17:16.95 ID:W7//APp8O
マミ(そうよね…私はひとりぼっちなんかじゃない)

マミ(だって、私のことを想ってくれるお友だちがいるんだものね)

マミ(私、本当に幸せよ!)

マミ(鹿目さんに、美樹さん…きちんと話し合えば暁美さんとだって)

マミ(それに…佐倉さんとも、またいつかは…!)

マミ(だから私、これからも頑張らなくっちゃ!)

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 01:19:47.37 ID:wiTXpcl10
あんあん!あんあん!

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 01:20:41.53 ID:W7//APp8O
その後

まどか「がんばれー!マミさーん!」

さやか「いっけー!」

マミ(まだ私はお母さんとお父さんに会いにはいけないわ、ごめんなさい)

マミ(お母さん、私…約束したよね?)

マミ(私が大切なお友だちを守るって)

マミ(だから、またいつか会うその日まで待ってて)

マミ(私はまだまだ死ぬわけにはいかないもの)

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 01:23:08.87 ID:W7//APp8O
マミ(大切なみんなを守るために)

マミ(この幸せな気持ちを守るために)

マミ(そして、ずっと仲良しでいるために!)

マミ(だから私はこれからも戦うわ)

マミ(お母さんが考えてくれた、この思いでの必殺技でね)

マミ「ティロ・フィナーレ!」

おわり

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 01:23:25.51 ID:8KxxXT690
乙乙乙

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 01:24:20.83 ID:iuylLaUx0
乙ティロ

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 01:24:46.59 ID:wiTXpcl10
乙・ フィナーレ!


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 01:26:10.27 ID:g234cQ0p0
                       __ - - - - 、
               fヽ、 /´ヽr ´        ヽ、
      .,r   , -――‐‐ヽヽj/  ,´ ヽ      ヽ ヽ
  rヽ  /.|| ./´      、 `/  |   `     ヽ、 ヽ,rヽ
  \\//.|.|´         ;  |   |   { ヽ、lヽ 、  ヽ_{  }_
   ゝ-r`ヽ|.|   '  ∧   |ヽヽ | /|  |, -‐‐|-ヽ、  .(_`_※´_)
  ./ // |ヽj  { .|_/-‐‐、 | --、 lr ヽ |、 ,.-‐-  }  }-{ ji .,}
 /     | |  | |/ ,-,、 ヽ |  .リ`、 ._ヽ     .ノ }  ノ丿´l ,r-――‐ヽ
/    | |\、  |、 (匕j.  ' 、´丶:"´ ,    ゙゙  j/r´ィ´       {
/|   | |、 ゝ  |        ゙゙ ; "   ,    ´.//    ___ _ r
  | |  | |、ヽf`ヽ ヽ""    ( `  ノゝ、 `   ,ィ´イイ´   ./´ , r--――-、
  | |ヽ ||.| `、|` -ヽ、| __rェ    ./ノ`、_ ` _ィ"  _ヽ/  ./-,r´       ヽ
  || ヽ|.|  `  /´ヽ-f {`i`i`jノ、ゝエ-'ィ´ /´  `ヽ/_/   _,r- ――‐´
  |  ヽ    /´ ` ヽ、   .}二`|´   ´      } -、 /´`ヽ-----、___
          |    `ゝ、  { .k゙ `ヽ        .}  ヽ――――‐ノ ノ
         _j     )  ̄/ _ヽ\   //´ ./        ./ /
         ー‐―-、kー‐´´ ̄  ゝ ___/  ./       //´
          |    `ヽ      /     ./       ( ´
          .|        _ ィ ´       /
           ``ー――‐ ´  .}       /
             ヘ、`tソ    {       ゝ,
            f.`ソ \    |        ソ}´}
            ヘ`ノ   ヽ、_ /.|       ヽ'"、
           rヽ'       .|          .\

51 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)