5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

まどか「さやかちゃんの子供が出来た」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/07(火) 03:36:34.67 ID:6IvZzoUU0
さやか「まどか、お腹なんてさすってどうしたの?腹痛?」

まどか「出来ちゃったみたい。」

さやか「え、何が?」

まどか「さやかちゃんの子供」

さやか「え」


みたいな



365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 20:58:27.19 ID:Yb8HTPGY0
マミさやきた〜
しゃぶしゃぶ展開オナシャス

366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 20:59:20.62 ID:z4jiODgVP
まさか貴重なマミさやエロスレになるとは…

367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:01:28.77 ID:nhjncc1M0
マミは続ける。

マミ「知ってるでしょ?でも、あなたが私の仲間になってくれた。わたしはひとりじゃなくなったの、あなたのおかげでね」

だんだんと、マミの目が潤んできている。

マミはゆっくりと、ひとつづつさやかの制服のボタンをはずしていく。

マミ「その時から、私はあなたのことが好きになってしまったの。すごくね」

マミの告白が終わった時、とうとうブラウスのボタンが全て外れてしまった。

368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:03:40.99 ID:z4jiODgVP
情欲に潤む瞳…いい…

369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:05:42.96 ID:b6/1LR1e0
マミさやきてたー

370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:07:05.61 ID:Yb8HTPGY0
お前らしこってないでレスしろ

371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:07:10.64 ID:nhjncc1M0
マミ「あなたに助けられるたび、魔女を倒すたび、どんどんあなたへの想いは大きくなっていったわ」

スカートのホックを外し、ファスナーをおろす。

スカートはさやかの足もとに落ちた。

マミは抱きつくようにしてさやかの背中へ手を回し、ブラのホックも外した。

マミ「ここ、硬くなってるわね。かわいいわ、さやか」

そう言ってマミは、さやかの乳首を舌で転がす。

372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:08:23.63 ID:Yb8HTPGY0
http://26.media.tumblr.com/tumblr_lva12wny7H1qzos8io1_500.jpg

373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:08:36.54 ID:anNLE5hj0
QBの魔法少女全員陵辱が見たい

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:10:37.84 ID:1Aw9R8Pd0
>>340
つまり、杏子の本命はマジでマミさんだったってこと?

375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:10:42.14 ID:eWuj08ANI
>>178
ピッチャー「くらえ!残像投法!!」
バッター、びっくりして飛びあがり、股間から頭を出す。
「どっかに飛ばされたら単身赴任で行けよな。」

376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:11:34.14 ID:nhjncc1M0
さやか「ん・・・ぁ・・・マミさん・・・あぁっ・・・」

マミの愛撫にさやかは敏感に反応する。

マミ「鹿目さんはどんな愛し方をしていたの?教えて、さやか」

胸を揉みながら、マミはさやかの耳元で慈愛に満ちた声で囁く。

さやか「そんな・・・言えるわけ・・・んっ」

マミ「教えなさい・・・さ、や、か」

377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:16:31.06 ID:nhjncc1M0
今度はさやかの名前を強調して言った。

さやか「ぁ・・・ん・・・まどかには・・・いつも乱暴に・・・してました・・・」

上下関係を確認させられたせいか、さやかは正直に言った。

マミ「よくできました♪ちゅ・・・じゅる・・・」

さやかが言うことを聞いたので、ご褒美代わりにさやかの耳を舐める。

マミはまどかから全てを聞いていた。

378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:17:25.79 ID:z4jiODgVP
さやさやマミマミ

379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:21:21.18 ID:nhjncc1M0
聞いた上で、さやかへの想いを爆発させたのだ。

マミ「あなたはもう、私のものよ。鹿目さんにも、佐倉さんにも渡さない」

そう言うとマミは、さやかの下半身へと右手をのばした。

下着越しでもわかるくらいに、そこは濡れそぼっていた。

さやかは俯いていて、表情は分からないが耳まで赤くなっている。

マミ「私の愛撫で感じているのね。うれしいわ」

380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:24:08.01 ID:Yb8HTPGY0
ほむらの名前を出していないということは…

381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:25:34.67 ID:nhjncc1M0
下着越しに秘部をこすりながら言う。

マミ「ねえ、さやか。気持ちいいでしょう?」

さやかの顎を持ち上げて三度目のキスをする。

一度目のように舌を入れてみたが、今度は拒絶されなかった。

むしろ、さやかの方からマミの舌を求めてきた。

マミ「ちゅ・・・ちゅぱ・・・ん・・・んん・・・ちゅ」

382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:30:16.45 ID:nhjncc1M0
キスをしている間も、右手はさやかの秘部をこすり続ける。

さやか「あっ・・・ゃ・・・気持ちいいです・・・」

さやかの目も快感に潤んでいる。

それを確認すると、マミはさやかの前にしゃがみ込みショーツを一気に下ろした。

マミ「ちょっとやりにくいわね・・・」

マミはリボンを操り、ほぼ直立状態だったさやかの左足だけを持ち上げた。

383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:32:56.16 ID:EHh4v9X90
ティロティロ

384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:35:37.86 ID:nhjncc1M0
熱く濡れたさやかのそこは、マミが欲しかったものだ。

マミ「あら・・・まだ綺麗なのね」

まだ毛の薄いさやかの秘部を、マミは丁寧に舐めていく。

さやか「あ・・・あ・・・マミさん・・・」

一番敏感なところを避けながら、マミは舌を這わせる。

ゆっくり、ゆっくりと。

385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:36:15.37 ID:z4jiODgVP
さやさや!

386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:36:30.08 ID:Yb8HTPGY0
静かに静かに幕は切り落とし

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:39:28.16 ID:nhjncc1M0
さやか「マミさん・・・ぁっ・・・お願い・・・もう・・・あっ」

マミの焦らしに堪えられなくなったさやかは懇願する。

マミ「どうしたのかしら?私にどうして欲しいの?」

尚も、触ってほしい部分を避けて舌を這わせる。

さやかは自分で腰を動かし、マミの舌を求める。

が、マミはそれさえも避けながらさやかの秘部を舐め続けた。

388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:44:53.33 ID:jhEYo15o0
させかちゃんさやさや

389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:44:58.55 ID:nhjncc1M0
さやか「もうだめっ・・・ハァハァ・・・マミさん・・・お願い・・・します・・・ハァハァ」

さやか「クリ○リスを・・・ハァハァ・・・いじめてぇ・・・」

待ってましたとばかりに、マミはさやかの陰核を責める。

さやか「あっ・・・ああっ!気持ちいいっ・・・マミさんっ・・・気持ちいいっ!」

だんだんとさやかの声が大きくなっている。

さやかの絶頂が近いことを感じたマミは、舌で押さえつけるように陰核を舐めた。

390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:50:41.34 ID:nhjncc1M0
さやか「あぁっ!!もう・・・もう、いく!!!ああああああ!!!」

アダルトビデオのような声を上げながらさやかは果てた。

マミ「あはっ・・・さやか、気持ちよかったかしら?」

さやか「あ・・・あぁぁ・・・んふっ・・・ちゅ・・・」

全身を痙攣させながら余韻に浸るさやかに、マミはまたキスをした。

マミ「今度は私が気持ち良くなる番よ」

391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:51:42.89 ID:z4jiODgVP
マミマミ!

392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:55:01.51 ID:nhjncc1M0
マミは自分のスカートをたくしあげ、大きくなった肉棒を見せつける。

さやか「ぇ・・・ぁ・・・マミさん?これ・・・」

マミ「言ったでしょう?これを生やせるのはあなただけじゃないって」

自らもショーツを脱ぎ捨てた。

再びリボンを操作し、今度はさやかの右足も持ち上げた。

さやか「待って・・・マミさん・・・あたしまだ・・・」

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:55:32.45 ID:EHh4v9X90
ティロティロッ

394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:56:03.91 ID:z4jiODgVP
着脱自在、さすが魔法少女だ

395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 21:59:15.82 ID:nhjncc1M0
さやかの言葉を無視し、マミはさやかのそれより大きな肉棒を膣口にあてがう。

マミ「ええ、そうね。知ってるわ」

まどかの時も杏子の時も、さやかが責めだということを。

マミ「みんな初めは通る道ですもの」

ゆっくりと亀頭を沈めていく。

さやか「まって!痛い、痛い、痛い痛い痛い痛い痛い!!」

396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 22:03:25.85 ID:nhjncc1M0
マミ「あなたの中、キツくて気持ちいいわ・・・ん・・・」

あまりの痛さに、さやかはもう声を出せない。

歯を食いしばって耐える。

マミ「ここね・・・?さやかの処女膜」

途中、進まなくなったところで腰を止めた。

涙を流し、歯を食いしばるさやかの顔はとても可愛く見えた。

397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 22:03:59.24 ID:nhjncc1M0
ちょっと時間がないので駆け足で行きま

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 22:04:17.85 ID:z4jiODgVP
さやさや

399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 22:04:22.61 ID:qBoYQHh+0
お前が何様だよ

400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 22:06:58.89 ID:e8G8s8a90
ふむ

401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 22:09:18.65 ID:nhjncc1M0
さやか「く・・・・う・・・・ああああああ!!!!!!」

一気にさやかの処女膜を破ると、マミは容赦なく腰を振った。

マミ「さやか・・・さやか・・・気持ちいいわ・・・」

高まる快感に実を任せ、ガンガンとさやかの膣を突く。

マミ「すごい・・・止まらない・・・あっ・・・・あっ・・・」

何十回、何百回もピストンを繰り返すうち、さやかも少しずつではあるが、快感を覚えてきていた。

402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 22:09:48.37 ID:z4jiODgVP
じっくり読みたいが完結しないよりはいい。
さやさや

403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 22:09:49.23 ID:EHh4v9X90
ティロッティロッ

404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 22:13:03.51 ID:nhjncc1M0
さやか「マミさん・・・マミさん・・・」

マミ「さやか・・・私・・・もう・・・」

さやか「あたしも・・・気持ちいいっ・・・あっ・・・あっ・・・あっ!」

マミ「さやか・・・さやか・・・ああっ・・・イク・・・・イクぅぅぅぅぅ!!!!」

さやか「あああああああああぁぁぁぁぁ!!!」

どくん、どくんとマミの肉棒から出た精液がさやかの子宮に流れ込む。

405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 22:18:05.15 ID:qV54QSan0
まどさやかあんさやならまだしも全く関係ないオナニーはじめんなよゴミ

406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 22:18:32.29 ID:nhjncc1M0
マミ「ハァ・・・ハァ・・・」

さやか「あ・・・あぁ・・・いっぱい出てる・・・」

マミ「この世界から魔女が全て消え去るまで、私が守ってあげるわ」

その日からさやかは、マミの愛を子宮で受け止めるだけの人形と化した。

ソウルジェムが濁らないようマミに管理されながら、さやかは明日もまたマミに犯されることを望み股間を濡らした。

おわり

407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 22:19:45.62 ID:EHh4v9X90
乙乙乙

408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 22:20:07.31 ID:nhjncc1M0
じゃ、俺のオナニーは終わったんで寝ます。

誰か>>1の描いたところまで巻き戻して続きヨロ

409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 22:22:15.69 ID:1Aw9R8Pd0
これはこれでいいとおもうわ、乙

410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 22:24:21.93 ID:b6/1LR1e0
乙乙
マミさやをありがとう

411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 22:26:15.89 ID:z4jiODgVP
乙!!
マミさやまみさや!

412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 22:35:11.17 ID:2L2dSxnJ0
ありがとう
そしてありがとう

413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 22:44:27.88 ID:Yb8HTPGY0
ほし

414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/08(水) 22:46:27.51 ID:Wi5g2cWV0
あんあん出てない



82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★