5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

妖刀名刀軍刀のwktkする話きかせてよ

1 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:08:54.90 ID:Fy2H1NVV0
wktkしたいです

2 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:09:30.92 ID:eNtOkD/D0
文字みるだけでwktkしちゃう

3 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:11:50.27 ID:SjQb401Ri
妖刀魔羅切り

4 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:12:37.81 ID:eNtOkD/D0
>>3
kwsk

5 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:13:05.46 ID:Ym17nN77i
資料置いとくわ
http://i.imgur.com/N3Lus.jpg


6 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:13:22.63 ID:1N+upC9S0
国宝に指定されている三日月宗近という刀の作者である三条宗近には
朝廷から作刀を命ぜられたが満足のいく刀を打てずに困っていた
三条宗近を助けるため、彼の氏神である稲荷明神が童子に化けて相槌を打ったという逸話がある
ちなみにこの刀の名は小狐丸といい九条家が秘蔵していたとされるが、現在の所在は不明。
そもそも伝説のたぐいらしい

7 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:14:16.51 ID:S7GT78nU0
徳川の人間が腹を切った刀は大抵「村正」

8 :俺雑 ◆dhhGlr53wI :2012/01/19(木) 12:14:19.85 ID:ULT1jp710

   ∠ ̄\
   /    ヽ
   / /⌒⌒ヽ)
  ( ( ´・ω・)) 村正
   / __]つ]つ
  ノ  |  |
 ゝ__ノ(_)

9 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:15:57.53 ID:gjjj4Qzp0
俺の股間には封印されし幼刀ムラマラがうんたらかんたら

10 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:17:20.62 ID:1N+upC9S0
国宝指定されている童子切という刀の国宝指定された際の正式名称は
太刀 銘安綱(名物童子切安綱)附糸巻太刀、梨子地葵紋散太刀箱
という糞長い名前
ちなみにこの刀試し切りの達人が死体を6体重ねて切ったところ
下の台までぶった切ったという話もあるぐらい切れ味がいいらしい

11 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:17:52.78 ID:1N+upC9S0
>>9
まだ幼いのかよ…

12 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:18:06.31 ID:eNtOkD/D0
なにそれカコイイ

13 :以下、名無し様にかわりましてVIPがお送りします:2012/01/19(木) 12:18:20.29 ID:xNAcyMun0
もうロストテクノロジー

14 :俺雑 ◆dhhGlr53wI :2012/01/19(木) 12:18:41.58 ID:ULT1jp710

   ∠ ̄\
   /    ヽ
   / /⌒⌒ヽ)
  ( ( ´・ω・)) 日本刀だけだとちょっと厳しいな
   / __]つ]つ
  ノ  |  |
 ゝ__ノ(_)

15 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:21:04.85 ID:lkyX1nCl0
>>7
三河の人間のほとんどが村正使ってたからな

「自殺者の着衣のほとんどにYKK製のファスナーが使われている」
と同じレベル

16 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:22:23.42 ID:n+wgdSuQi
天下三名槍って響きがいいよな

17 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2012/01/19(木) 12:22:50.08 ID:60je/oV10
トラックのイタバネを利用した軍刀はおれずまがらずよくきれる。をハイレベルで達成していた。

18 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:23:27.23 ID:9PjPQ7690
南京だと一本で100人斬り殺せるそうな

19 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:26:09.73 ID:1N+upC9S0
刀その物から少し外れるが
品質などを認める(褒める)際に使う
折り紙つき という言葉は
刀剣類鑑定の一大権威である本阿弥家が
刀を定した際に奉書紙を二つ折にし
この刀は○○であるなどいわゆる鑑定書として使っていたことから
転じて使われるようになった

20 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:26:43.49 ID:eNtOkD/D0
>>19
なるへそ

21 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:30:43.22 ID:XPQHxpQji
髭切りって対になってる刀あったよね

22 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:31:41.66 ID:sX5Ou18v0
>>10
附(つけたり)以降は刀身そのものではなくて、付属してる拵えとか箱の名前だから分けて考えるべきかと
そういう風にセットで指定するのは刀に限らずよくあることよ

23 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:31:47.04 ID:+6uEZQ380
五郎正宗の打った刀の内の一本は質流れして行方不明

24 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:32:19.59 ID:DE4A8ksN0
これは興味深いスレ

25 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:32:47.06 ID:7VN59Bsl0
木の陰で雨宿りしていた立花道雪を雷が襲った時、道雪は所持していた刀千鳥でその雷(雷神)を切ったとされる。
実際に切ったかどうかははっきりしていないが、道雪は雷に打たれ半身不随になりながらも生きていたため、人々は道雪が雷を切った、雷神を斬ったなどと噂したという。
この事件の後、道雪は千鳥の名を改め雷切としたといわれている。


ウィキペディアより抜粋

26 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:42:11.79 ID:Xk+Mcstci
ニッカリ

27 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:42:59.16 ID:1N+upC9S0
天叢雲剣(草薙剣)
言わずと知れた三種の神器の一つ
伝承では須佐之男命が出雲国で八岐大蛇を退治した際に
尻尾から出てきたとされている
ちなみにこの刀一度盗難の被害に合っているらしい
犯人は新羅人だったらしいが
盗んだ後に嵐にあい結局持ち帰ることが出来ずに捕まった
動機は草薙剣の力を持って新羅再興を狙っていた


28 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:43:04.57 ID:YRRkDgNZi
蜘蛛切じゃね

29 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:45:29.43 ID:9Osk42CLO
八丁念仏団子刺し

という刀があってだな


30 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:48:05.44 ID:IJnjPswwO
>>21
膝丸

31 :俺雑 ◆dhhGlr53wI :2012/01/19(木) 12:50:38.29 ID:ULT1jp710

   ∠ ̄\
   /    ヽ
   / /⌒⌒ヽ)
  ( ( ´・ω・)) シグルイのあの刀のモデルだっけ?
   / __]つ]つ
  ノ  |  |
 ゝ__ノ(_)

32 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2012/01/19(木) 12:53:30.03 ID:ojyvR+yC0
刀の作り方には、甲伏、割込み、本三枚、四方詰などがあるが、これらは新刀期になって良い鉄が取れなくなってから発達したもの。

33 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:53:43.98 ID:xZtR8Nad0
普通、他の国の剣は鋳造して成型→鍛造で完成だけど、日本刀の手間のかかり方は尋常じゃない。
まず地金。
炭素量の少ない「柔らかい鋼」を背に「硬い鋼」を刃として組み合わせる。だから切れ味は鋭いのに、折れにくい。
んで、鍛造。
槌で打って鋼を圧着し、形を整え、鍛造効果で硬度は増す。でも背側の鋼は柔らかいから、砕けにくく、しなやか。
しかも脱酸効果もあって鋼の純度は上がる。
そして熱処理。
水焼入れするんだけど、焼き入れ速度(鋼を冷ます速度)が速ければ速いほど、鋼は硬く・もろくなる。
だから刀身に泥を塗り、刃だけを露出させて焼き入れ。(刀の刃紋はこれで出来る)
当然刃先は硬くなるが、刀身は冷却速度が遅いのでしなやかさを保つ。
工学とか知らない人にとっちゃワケワカメかも知れんが、この技術は成立年代的に考えてオーバーテクノロジーもいいとこ。
こんな武器が戦でのサブウェポンだったんだから、日本恐ろしい・・・。

34 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:57:28.54 ID:7VN59Bsl0
>>33で書かれてるのは新刀と呼ばれる江戸時代になってからの製法で
オーバーテクノロジーと言われてる技術はそれ以前の古刀と言われるもので
製法が刀匠や土地によってバラバラで再現が不可能。最近の研究で
古刀にはカーボンナノチューブやチタンが含まれている事がわかったが製法は不明。

35 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:58:21.27 ID:cKBbDSf7O
日本刀の起源は韓国ニダ

36 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 12:59:12.99 ID:sX5Ou18v0
>>27
その盗難の話は後々神話化されて、犯人を八幡大菩薩が追いかけて蹴り殺した、なんて話になったり
草薙剣は壇ノ浦で海中に沈むんだけど、
そのときのことも後にはヤマタノオロチ(龍王)が安徳天皇に化身して剣を龍宮城に取り返しにきたと考えられた

37 : 忍法帖【Lv=38,xxxPT】 :2012/01/19(木) 13:02:41.81 ID:8YOjVGr30
石灯籠斬り
洋刀七本斬り

38 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 13:06:23.84 ID:EDAFYM0ii
誰が悪食の話頼む

39 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2012/01/19(木) 13:08:18.08 ID:As7tt7bw0
古刀期の作刀方法については故小林康宏刀匠によってほぼ再現されている。

40 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 13:08:46.26 ID:ZMYpj/Ym0
伝説でもなんでもなく胴七つ切断した刀がある
兼房という刀工が作った

41 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 13:20:13.80 ID:FQMox9uoO
斬るところとか見てみたいな

42 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2012/01/19(木) 13:22:53.17 ID:HM5W+HZ20
試しきりは、死体を重ね腹部を両断する。この為、柄は頑丈に鉄輪で束ねられ、重い鍔をはめ、しこだちで振り抜くという特殊な技法が使用された。


43 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 13:28:07.17 ID:yjuWj3a20
髭切丸は、人の首を落とした時、その髭まで一緒にスパっと切断したので
そう名付けられた(´・ω・`)

44 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2012/01/19(木) 13:30:39.58 ID:HM5W+HZ20
刀でめくぎ穴の多くあいているものは、柄に巻く鮫皮が江戸期には高価だったため皮の穴に合わせて穴をあけなおしたことが原因であることが多い。


45 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 13:38:50.82 ID:yjuWj3a20
田舎の骨董屋行くと、日本刀って案外ゴロゴロしてるw
一振り欲しいものだな(´・ω・`)

46 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 13:46:22.91 ID:qTDRJZjPO
よく漫画や小説で沖田総司が菊一文字則宗を使ってたなんて話があるけど実際は違うんだよな

47 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2012/01/19(木) 13:47:03.31 ID:HM5W+HZ20
戦時中に軍刀として、すりあげられたものは多くが刃渡り二尺一〜二寸ほどになっている。

48 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 13:56:35.66 ID:Nszisjeo0
国宝級の刀が結構な数火事で消失してる

49 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2012/01/19(木) 13:57:11.73 ID:3j20d3J70
試刀で有名なのは幕末に行われた松代藩の荒試し。
もっとも耐久性が高かったのは山浦真雄作。

50 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 14:18:09.93 ID:e50t+XUW0
八丁念仏団子刺し

日本の名刀。雑賀孫市が織田信長と戦った石山合戦の奮戦ぶりに、家康が惚れ込んで後年、千石で水戸家に付属させたという。この孫市の子孫の家に伝来していたという刀。
斬った相手が念仏を唱えながら八丁(約872m)歩いていったところで、体が真っ二つに割れたという。そこから「八丁念仏」とついた。
「団子刺し」は、確かに斬ったはずなのにおかしい、と孫市がおいかけていった際、杖のように刀をついて歩いていくと石が団子のように串刺しに刺さっていたからだという。
明治維新後に水戸家が買い上げたが関東大震災で焼けてしまったという

これはきな臭ェw

51 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 14:28:23.84 ID:eNtOkD/D0
>>50
やだ//カッコいい///

52 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 14:57:21.08 ID:yjuWj3a20
311で結構流されちゃったのかねぇ(´・ω・`)

53 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 15:01:57.38 ID:h3ZbkUXvO
蛍丸

押し切りはせべ

にっかり青江

54 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 15:07:18.66 ID:3rwSb+eV0
>>27
天下五剣の流れかと思っていたが違うのか

55 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 15:15:46.47 ID:eNtOkD/D0
名前がカッコいいわ……

56 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 15:16:00.28 ID:yKRKcAEx0
真柄太郎太刀
戦国当時は刀は最終手段であったが馬上で振り回していたという化け物じみた持ち主とその刀
さらに他にもこういった刀を使うのがいたからすげえ

57 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 15:16:59.49 ID:HNvV/ePG0
>>56
刀は最終手段とか言う説が極論すぎただけ

58 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 15:21:34.45 ID:67bPhst70
鞍切り影秀
伊達政宗の刀 朝鮮でチョンと馬の鞍ごと馬切ったからこの名前になった
そのあと家光によこせって言われたけど家臣の物を欲しがる殿様とは何事か!って怒った

59 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 15:21:55.48 ID:w4q2xS+Y0
>>5
これなんて史料だ
ほしい

60 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 15:26:52.76 ID:FqQZysvR0
>>56
嘘だろ
http://uproda.2ch-library.com/478466VCp/lib478466.jpg

61 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 15:27:35.00 ID:yKRKcAEx0
>>57
すまん書き方が変だった
槍だの長巻だのじゃなくて敢えてこんな太刀を馬上で操れたってのがすごいと思うんだ

62 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 15:27:46.41 ID:FqQZysvR0
嘘だろ・・・
http://uproda.2ch-library.com/478467hTw/lib478467.jpg
書き込み早漏した

63 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 15:29:39.60 ID:eNtOkD/D0
>>62
長い!
カッコイイ!!

64 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 15:32:07.21 ID:yKRKcAEx0
>>62
使用した疵があるんだと
馬上ってのは姉川合戦図屏風から

65 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 15:32:44.67 ID:ZfvZpDzg0
刀と太刀は基本的に同じであるが、太刀をイ凧いたとき銘が外側にむくのが太刀で差した時銘が外側にむくのが刀。

外形的には腰反り少切っ先が太刀であることが多い。

66 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 15:34:27.06 ID:HNvV/ePG0
>>61
太刀は馬上で扱うためにあの形状なんだが

67 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 15:35:23.30 ID:67bPhst70
真柄直澄だろ
こいつたしか185cm越えのデブ大男だったんだよな

68 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 15:35:37.39 ID:HNvV/ePG0
>>62
あ、これを馬上でか・・・すげぇ・・・

69 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 15:39:40.50 ID:9PjPQ7690
>>62
遠心力で馬が振り回されてこけそうだな
昔のお馬さんってちっちゃかったらしいし

70 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 15:44:51.78 ID:HNvV/ePG0
>>69
たぶんそういう振り回し方じゃなかったんだろ

71 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 16:00:35.32 ID:ZfvZpDzg0
ルイスフロイスの日本史に日本の騎士は合戦の時は馬からおりて戦うといった記述がある。

全てではないにしろ、かいた本人が直に見たものでなければ、想像が入っているかもしれないな。

72 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 16:09:09.92 ID:yKRKcAEx0
まあそれはフロイスにも言えるがな
時代もさらに違うし

馬上じゃなかったとしてそれでもやはりあの太刀で戦ってたっていうのはロマンを感じる
単純な怪力だけじゃなく技術もあったんだろうなあ

73 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 16:09:09.94 ID:FqQZysvR0
>>5のやつでもう一枚あったのを以前保存したはずなのにみあたらない

74 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 16:29:30.03 ID:rqiB5c8s0
侘助

切り付けた物の重さを倍にする刀
一度切れば倍、二度切ればそのまた倍
やがて重みに耐えかねた相手は地に這い蹲り、詫びるかのように頭を差し出す
ゆえに侘助  


75 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/19(木) 16:44:37.73 ID:FqQZysvR0
>>74
ただ達磨状態になるから地を這うようになる姿しか思い浮かばなかった

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)